探偵のつぶやき その2 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

探偵のつぶやき…

どうしても出ちゃいますね…。

またもやひどい事件が起こってしまいました。

埼玉県東松山市下唐子の都幾川河川敷で16歳少年の遺体が発見された事件が起こりました。全裸で下半身と片腕が埋まった状態で、手にはあざがついていたそうです。ありえない…。死因は溺死らしいのです。いったいなにがあったのか。そして逮捕された犯人は、みな未成年で16~17歳の少年たちでした。最近、このような大人でもできないような凶悪なことを未成年である彼らは簡単にやってしまうのです。

大人だからとか子供だからとか関係ないのかも知れません。

こうしたら、こうなると言うような想像力が先まで働かないから、その場の感情で行動を抑制することが出来ないで、犯行に及んでしまうのではないかと思うのです。結果、どうしようって…。なるんでしょう。

最初は面白がってやり、だんだんエスカレートしたら死んでしまった。仲間意識が強いのか、自分が止めると代わりにやられてしまうという恐怖心から、加担してしまうのだと思います。大人が止めないから、子供たちはなにも怖いものがなく、こんなおそろしいことをやってしまうのです。

山ちゃんも出来る限り、探偵業務時はやはりあまり目立つ行動をすると対象者にばれてしまう恐れがあるので、私用では少年たちがおかしな行動をしていたら注意するようにしています。でもやっぱり注意した事によって報復が怖くないといったら嘘になりますけどね…

とは言っても、感情がとっさに出てしまう事もあるんですよね。

非常識な親子相談もありましたね…。

みなさん、住居不法侵入罪をご存知ですか?

一般宅の場合、囲いが無い場所に対しての立ち入りについては、不法侵入にはあたらないんですが、壁などにより、外部と接していない庭など明らかに、専有部と接している場所においては立ち入りについては、住居侵入罪となります。
今回、山ちゃんの知り合いの奥様からこんな相談が入りました。

「自宅のガレージに子供達が遊ぶように、ビニールプールを出して、水を張って水を温めようと日光にあてていました。二時間ほどがたち、そろそろ暖かくなったかな~?と思い、外へでてみると、見ず知らずの2歳手前位の子供がプールの中に入って遊んでいました。その母親はしゃがんで気持ちいいね~などしゃべってました。わたしはびっくりして、しかも、ガレージ内のビニールプールだったので、敷地内で入ってきていたのでとても驚きました。しかも、その子供はすっぽんぽんで水遊びパンツも履かせていなかったので、とても不衛生に感じました。

わたしが家からでてきたのが分かったのか、その母親はすっぽんぽんの子供をさっと自転車の後ろに乗せて、なにも言わずに走り去っていきました。もうわたし言葉も出なくて…すると、後日ママ友にこの件を話したら、同じことをされた人がいるとのこと!間違いなく同一人物だと思いました!

ママ友からその親の自宅住所は確認できました。いちどこの親に一言物申したいのですが、逆切れされたらこわいし。。。警察にこの親を不法侵入罪で訴えることができるのですか?という相談でした。

今回の場合は、通常出入り口から玄関前については、不法侵入にはあたりません。ただし壁や柵などを乗り越えて入った場合は、不法侵入となります。なので、ガレージの前に高い柵をつけてそれでも侵入してきたら不法侵入罪で訴えてもいいと思いますとお伝えしました。

そうは言っても、明らかによその家のプールじゃないですか?

普通じゃない感覚の人っているだな…って感じです。

そういう人って、普通の概念が違うから、真正面から訴えた所で、のらりくらりとかわされることも多いんですよね。

だから、対処法を知っておかないとですね。

この世の中変な大人が多いんだと痛感しました。。。

またまた、探偵山ちゃん、つぶやいちゃいますよ。

先週、友人との飲み会でこんな相談をされました。

「俺の彼女が俺の携帯を勝手に見ているかもしれないんですが、証拠がなくて…。携帯を勝手に見る女とは付き合っていけないので。携帯を見たという決定的な証拠がほしいのです。山ちゃんなら良い案があるかと思いまして。」

なるほどね。みんな携帯電話の中身は秘密がいっぱいですな。携帯電話を見られたらプライバシーも、秘密もボロボロ全開ですよね。方法は簡単で、とある機能設定を変更するだけで、彼女が勝手に携帯をみたかどうかがわかります。その機能は、バックライトの証明設定です。携帯電話を操作すると自動的にバックライトが点灯し、液晶画面の文字が見やすくなりますよね。そして一定時間、何も操作をしないでいると、バックライトは自動的に消えます。通常は何も操作をしない状態で1分から2分くらいでバックライトが消える設定になっていますが、これを最大値に設定します。例えば、99分など。。。すると、一度携帯電話を触ると、99分間、バックライトが消えなくなります。電源を切って、再び電源を入れても同様にバックライトが消えないのです。もし誰かが勝手に携帯電話を触ってしまえば、その事実をバックライトが教えてくれるという訳です。これだとおちおち彼女は勝手に携帯電話を見ることができませんね。しかし、これまた電池の消耗を早めますので、彼女と会うときのみにしたほうがよさそうです。

これを友人に教えてあげたらとても喜んでいました。良い事聞いた!と…。男女の付き合いっていろいろ大変なんですね。

どんだけつぶやくんだよって思われるかも知れないですけど、探偵のつぶやきはまだ続きますよ。

こんなニュースが流れておりました。

婚活サイトで知り合った女性に「俺の父親はヤクザだ」などと言い、現金2万円入りの財布を脅し取ったとして、29歳の男が逮捕された。
警視庁によると、逮捕された男は先月14日、東京・杉並区のホテルで、婚活サイトで知り合った29歳の女性に対し、「俺の父親は山口組のヤクザだ」などと脅迫。さらに、その後、一緒に乗ったタクシーで、「人質代わりにカバンを置いていけ」などと言い、現金2万円が入った財布などを脅し取った疑いが持たれている。

調べに対し逮捕された男は、「すべて弁護士と会ってから話す」と話し、容疑を否認しているということだが、今年に入り、同様の手口による被害相談が警視庁などに数件寄せられており、関連を調べている。 という事件。

婚活サイトは結婚したい人たちが、手軽に登録でき、気軽に異性を知り合うことができるサイトとして、とても人気がありますよね。実際、山ちゃんのサイトに登録しようかな・・・と考えたこともありました。しかし、こんな事件があると、やはりSNSというのは一歩間違うと、犯罪と隣り合わせなんだなと痛感しました。登録する前に、なにか証明書のようなものを提出して、就職先とか間違いないかを調べてほしいですよね。でも、なんでも偽造できる時代ですし、これじゃますます結婚しない人が増えていくでしょうな。そして少子化。高齢化社会という悪循環になっていくのでしょう。あーあ、婚活サイトじゃなく、テレビドラマのように偶然に知り合うという出会いに憧れている山ちゃんでした。