浮気調査 その10 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

さてもう三月に入り、浮気・不倫の調査がぞくぞくと入ってきました。ホワイトデー前後に相談と浮気調査が増えるんです。また、月末になると引っ越しのシーズンに入るので、浮気調査だけではなく、盗聴器調査などの依頼も増えます。
若い女性はやはり盗聴器が不安なようで…。とても怖いですよね。

例えば賃貸のマンションには、前回住んでいた住人が盗聴器を仕掛けて引っ越していくこともたまにあります。なので、一人暮らしに関わらず、家族でももちろん賃貸のマンション・アパートを新しく借りようと考えている人がいましたら、盗聴器調査をしていてもいいかと思います。ひどい結果にならないように…。

さてそんなこんなで、もうすぐ春も近づいてまいりましたね。探偵調査員は冬がやはり苦手といいますか、調査を進めるうえで、雪が一番大敵なのです。道の渋滞やらで対象者を見逃してしまうという恐れがありますので…。なので雪も解け、春が近づくとホッとしております。

今回調査の依頼者は、40代の女性薬剤師。子供はいないらしい。50代旦那の浮気を疑っての調査依頼となります。

なぜ依頼をされたのか理由をお聞きしました。

「主人とはいい夫婦関係です。夜の営みもそれなりにあるんですが。でも最近、残業だと言って、帰りも遅いんです。22時近くなんです。わたしもそれなりに貯蓄もあるし、もし主人が浮気をしているんなら、一人で生きていきたいんです。主人のこと信じたいという反面、本当に浮気をしていないのか知りたい。なので、調査をお願いしたいのです。主人が浮気をしていないという証拠がないと、主人のことを嫌いになってしまうから。」

なるほど、御主人を愛しているからこそ浮気をしていないという証拠がほしいということですね。そんな理由でご依頼される方もいますしね。しかしもし結果がクロだった場合はどうするのだろう…。離婚を考えていたり、慰謝料を手に入れるつもりなら浮気調査をしてもいいかと思うが、愛しているなら浮気調査をするよりも、修復に力をいれたほうがよいかと思うが。

それを奥様にお伝えしたら、やはり事実が知りたいと言うので、了解しましたとお伝えしました。

さっそく調査を開始致しましょう。仕事の帰りが遅いと言う事なので、アフターを重点的に張り込みます。

奥様からの情報では、御主人は某役所にお勤めのお堅い職種のようです。なので、役所は17時30分には業務終了になるので、朝帰りも多々あるなんて疑うにきまってるじゃないですか!

役所付近に山ちゃん号をとめて、しばらく張り込みします。すると、18:00前に御主人が職場からでてきました。基本、電車通勤らしいので、相方に御主人の尾行をしてもらいます。そして、山ちゃんは相方からリアルタイムに情報をいただいて、車両にて写真撮影に動きます。

相方から連絡が入りました。○○駅で御主人が電車を降りたそう。自宅の近くの駅よりも3本も早めに降りたんだな…。どこへ行くのやら…。すると御主人はタクシーを待っている様子。相方は御主人を目視できる場所でじっと身をひそめて、山ちゃんもすぐに相方のいる現場に向かい、相方をひろいました。

御主人がタクシーに乗り込んで、どこかへ向かいます。山ちゃんはタクシーを尾行しますよ。なかなかタクシーを尾行するのは、気が張りますが。

尾行を続けること20分。すると、御主人がついた先は、とある会員制の高級ジム。時間19:00前。

ここのジム、個室があったりジャグジーがあったりととってもよさそうなジム。とても有名なんですここ。しかし、山ちゃんは会員じゃないので、中には入れない…どうしようか…。すると、相方が、事務員の○○さんがこのジムの会員らしいという情報を思い出しました。おっ、ならその○○さんを呼んで、ジムの中を調査してきてもらおうじゃないか!

○○さんとは、元は探偵調査員だったんですが、事情がありいまはちょっと事務員さんでやっておられる方。あっ、女性ですよ。こんなときに○○さんが事務員でいてくれてよかった~。

すると、相方がすぐさま○○さんを連れて来てくれました。仕事がはやいな~。元調査員なので、ノウハウはわかっているはず。○○さんも潜入調査なんて久しぶり〰!!!といって、なぜだかウキウキな様子。○○さんにあとはまかせて、山ちゃんと相方は車の中で待機としましょう。

○○さんがジムに潜入して一時間が経過しました。すると、ジムで一汗かいた○○さんがでてきました。山ちゃんの車と合流しました。すると、驚きの一言が…。

「お疲れ様です!あ、証拠写真はバッチリとれました!でもなんというかクロというかなんというか…」

とはっきりしない様子。え?はっきり言ってくれないかな…。と山ちゃんが問い詰めると…。「対象者は、ゲイでした…」はっ、今なんと???

これは予想外の発言!そりゃクロというかグレーというかなんというか。

潜入捜査をしてくれた○○さんの調査結果によると、御主人はジムのむきむきなインストラクターと個室でイチャイチャ。もう○○さんもなにか見てはいけないものをみてしまったという気持ちだったそう。隠しカメラでの撮影もバッチリでした。すると、御主人がさっぱりとした顔でジムからでてきました。時間は21:30すぎ。ジムの営業時間はめずらしく明け方4時までやっているらしい。後をつけると、御主人はそのまままっすぐ自宅に帰っていかれました。

今日はこれでいったん引き揚げて、明日もう一度引き続き御主人を張り込みましょうか。

さて、翌日は御主人はジムに行かずにおうちへ直帰。次の日に張り込み持越しです。

そして、翌日。御主人を張り込んでいると…やはりあのジムへ向かいました。事務員の○○さんには現場にきていただいて、さっそく再度ジムへ潜入してもらいましたら…。

やはり、むきむきインストラクターの男性と個室でイチャイチャ。ジャグジーのお風呂でイチャイチャ。すると、清掃員のおばちゃんに聞いてみると、あのインストラクターは男性が好きで有名という情報を掴みました。

ジム内の証拠写真も手に入れて、スッキリした様子で事務員さんがジムから出てきましたのですぐさま事務所へ戻りました。写真をチェックすると、もうなんだか禁断の花園みたいな感じでとても見ているこっちが恥ずかしくなる写真でした。というよりは、気持ち悪い…。

浮気や不倫にもいろいろな形があるんだな~。と事務員さんと話していたら、事務員さんはわたしが奥様の立場だったら、自分の主人が男と浮気なんてしていたら、とても落ち込みますわ。。。とのこと。男に負けたなんて恥ずかしくて誰にも言えない。。。ですと。

さっそく調査報告書を作成して、奥様に連絡し翌日事務所へ来てもらいました。