日別アーカイブ: 2020年7月15日

不倫調査 2 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

不倫調査を探偵に頼む、成功報酬なら安心!

パートナーが不倫をしていることに気が付いたとき、その証拠を確保したいと思うのは誰しも当然のことでしょう。
たとえまだ、相手と別れるか、反省を促してやり直すかは決めていなくても、その不倫の証拠を握っておくことで、どちらにしても有利な交渉が可能になるからです。
不倫の証拠をつかむと言っても、素人が簡単にできるようなものではありません。
外出するときに尾行したり、決定的な証拠を写真やビデオに収めるといっても、相手に気が付かれずに追跡する技術や、遠距離からでも確実に顔を判別できるような証拠をつかむための撮影機材などは、そう簡単に手に入れられるものではありません。
明白な証拠を握っておきたいと思うのなら、調査のプロである探偵に不倫の調査を依頼するのがいちばん確実な方法です。
さまざまな調査のための訓練や独自のノウハウを持つ探偵なら、不貞の確実な証拠を収集することが可能です。
ただ、探偵に調査を依頼する場合には、その報酬のことが気になって当然です。
調査が失敗して、何の証拠も得られずに料金だけを支払うのだけは避けたいと思うのは、当然のことです。
そんな心配をする人が多い状況の中で、成功報酬制というシステムがあることをご存知でしょうか。
この成功報酬制というのは、探偵に調査を依頼した場合でも、その調査により不倫の証拠が得られ なければ、調査に関する料金は一切発生しないというシステムです。
探偵の側としても、、調査が成功しなければ報酬を得られませんので、より調査が成功する確率が高まるとも言われています。
すべての探偵事務所で成功報酬制のシステムが導入されているわけではありまえんが、料金のことが心配という方は、成功報酬制での調査依頼を検討されてみてはいかがでしょうか。

探偵と面談の際は事前準備を

 

不倫や浮気といった問題は現代では非常に多いものとなっていますね。ただの遊びならいつか終わりが来るものですが、遊びのつもりの不倫が本気になり、相手女性に妊娠までさせ家庭崩壊を招くなど最悪なケースも最近は多くなっているのです。相手女性に夫が妊娠させてしまうと、養育費など家計を圧迫する事態になり兼ねません。さらに最悪なのは、相手女性に夫を奪われ、子どもの養育費も貰えなくなってしまうことです。そのため夫などの素行に不審な点が見られる場合、早急に不倫や不倫の真偽を確かめることは大事なことです。しかし迂闊に夫に不倫しているのではないかと詰め寄ることはしないほうが賢明のようです。そうすることで夫を激昂させ、本当に蒸発してしまう可能性が高まるからです。夫の浮気や不倫の真偽を確かめるには、夫に悟られないように行うことが鉄則です。それには、探偵などプロに素行調査を依頼するのが一番ベストだと言えるのではないでしょうか。探偵に夫の不倫調査、素行調査を依頼する際、探偵事務所では必ず事前に依頼者と面談を行います。面談では依頼者に調査ターゲットのプロフィール、怪しい点、調査内容、最近の挙動、調査の目的などについて質問が投げかけられます。特に浮気不倫調査を依頼する際、依頼者はなんとなく挙動が不審だと思ったから、なんとなく女の勘で夫が不倫していると感じたからなど、推測推量の域でなんの根拠もない状態で調査を依頼する人がいるのです。しかしこうした依頼の仕方は、探偵の調査期間、調査時間を莫大なものにしてしまいます。勿論調査期間が延びればそれだけ多くの調査費用を必要とするからです。こうした時間や費用のムダにならないように、ただ単に疑心暗鬼に駆られ何の根拠もない状態で探偵に不倫調査を依頼するのは止めたほうが良いでしょう。できれば面談の際には、夫の状況証拠、例えば毎日何時に家を出て、何時に家に戻ったか、もしくは土日に外泊したかなど時系列に沿ったメモ書きなどを持参すると良いと言えます。またある程度、夫のズボンやバッグ、財布から怪しげなレストランやホテルでの領収書を抜き取り、物証として探偵の面談時に持参すると良いでしょう。こうした状況証拠、物証を少し持参し不倫調査するだけで、探偵の無駄な動きや時間が短縮され、調査期間や費用も大幅に縮小されるのです。調査以来の前には、自分で出来る範囲の調査を行ってから探偵の面談に赴きたいものです。

 

これは知りあいの、まだまだ若い夫婦の話です。

まだまだ新婚なのに、旦那が不倫しているかもと疑っているらしいのです。
これまではガラケー愛用者だったのに、突然スマホに換えて常に持ち歩くようになったとかで。私には絶対見せないようにしているのだとか。それは怪しいかもね。休日も一人で出掛けることが多くなり、これは絶対不倫だと思い旦那と同じ会社に勤務している幼馴染に聞いてみたそうで。そういうルートって、女性って結構大事にするものなのですね。すると、言いにくそうに不倫しているかもと言ったらしいのです。相手は同年代の同僚だと言います。確かではないよと幼馴染は言うのですが、私はもう絶対だと思い込んでしまったということで。とにかく証拠を揃えて突きつけてやろうってことで、探偵の私に相談することにしたそうで…。友達のルート使ってきくだけでは、かもしれないとか曖昧な情報だけしか入ってこないですからね。普通にどの位の料金かかるの?って言うところから、始まったのですが、料金も納得できる値段だったようで、結局のところ依頼を受けることに。知りあいというのもあってか、つい熱くなって愚痴っぽい事も長々話してしまいごめんねと、最後にいっていました。
そんなこんなで、愚痴っぽい話も聞き、かなりの時間相談に裂きましたが…。知りあいということもあって、話しやすかったのだそう。結局調査の結果、同僚との不倫ではないとこがすぐに判明しました。なんと、旦那さんは自分の母親と密に連絡を取り、会いに行っていたのです。忘れていましたが、旦那はかなりのマザコンだったということでした。不倫ではなくホッとしたのですが、もうちょっと私の事もかまってよと、旦那に忠告して、その件は収まったらしいです。

 

探偵は昼間だけ活動しているわけではありません。
真夜中でも尾行調査や素行調査、張り込みなどをしています。しかし真っ暗な中でも撮影などできるのでしょうか。
そこで活躍するのが暗視カメラです。
防犯カメラなどでもよく利用されているのですが、夜の闇でも顔がはっきりと撮影できるカメラなのです。顔の特徴もわかりますし着用している服もばっちりと見えます。
フラッシュをたいて撮影することもできますが、その時は光りますので撮影していることがターゲットにバレてしまいます。

しかし暗視カメラはフラッシュをたくのではありませんのでターゲットにバレないのです。
不倫調査の場合は撮影したものが裁判所では証拠になることもあります。しかし顔が暗闇に紛れていて個人を特定できない場合には証拠にできないのです。証拠にできなければ依頼者は慰謝料をもらうことができませんので全て水の泡になります。
こうならないためにも暗視カメラが必要なのです。はっきりと撮影できればもう相手は言い逃れできません。暗視カメラひとつだけで依頼者の人生がかわるといっても過言ではありません。それだけ重要なものなのです。
これは写真の撮影もできますが、動画の撮影もできます。
そして探偵はこのような目的で利用することもあります。それは追跡の方法です。暗闇ですとどこにいるのかわからなくなります。ですので暗視カメラを使ってターゲットがどこにるのかを確認するのです。
探偵にとっては必要不可欠なものですが電気屋筋などでも販売していますしネットでも販売しており割と簡単に手に入れられるものです。
不倫は大体夜に行われます。これがなければ探偵という稼業ができないも同然です。
探偵は万が一の時のために一つだけではなく複数のカメラを持つこともあります。
また、最近ではコンパクトサイズのものもありますので長時間の撮影にも耐えられるのです。
また小さいとあまり目立ちませんのでターゲットに気づかれにくくなります。
大切な道具のひとつです。

 

「探偵とは」とネットで検索すると、「他人の秘密をひそかに調査したり、罪を犯した者を突き止めたりする者、またはその行為である。現在の探偵は人(法人又は個人)からの依頼を受けて、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により、特定人の所在又は行動についての情報を収集し、その結果を依頼者に報告する。」とうたってあります。テレビドラマに出てくる探偵さんはカッコよくて面白いんだけど、生の探偵さんのイメージって、たとえ依頼されたとはいえ、人の知られたくない部分を穿り返すみたいな職業で、しかも、その方法は陰湿な感じがして、どうも馴染めない一面がある。しかし、悩みぬいた末、探偵事務所の扉をノックする人がいて、その人の話を聞き、力になろうと動く人がいる。ある意味人助けともいえる職業なのかもしれないですね。大げさに言えば、扉をノックする人の、人生の縮図に触れる、人生を請け負う、人とかかわっていく職業ということで、そんな一面も感じながら……いやいやそんなもんじゃないですよと言われるかもしれないですけどね。とまあ、探偵業についてよくわかってないですが、世間一般では不倫調査、金銭トラブル、人探しetc……の依頼が多いというイメージがあります。

今回、「不倫・浮気」から少々感じることを綴ってみたいと思います。浮気は、ごめんなさいと言えば元の鞘に収まり、浮気相手とも別れる、まあ火遊びという感じ。不倫は、配偶者が居るにも関わらず他の人と恋愛感情に陥り、離婚をして不倫相手と結婚することもあり得る。略奪婚っていうやつですね。浮気と不倫の違いは、遊びと本気の違い。ちなみに主婦の不倫の割合は14.8%、1割以上あるらしいです。今や不倫なんて、そこいら辺にゴロゴロ転がっているような、誰でもしてるって言ってしまう人がいるほど、珍しい話でもなんでもなくなっている感じがあります。

不倫や浮気を肯定するつもり訳ではないがけれど、こう考えることもある。

若い時、20代前半に結婚相手を選び、この人が最良の人として結婚式を挙げる。あの時は最良の人だった。それが10年、20年経つ間に変化してくる。それは、10年、20年経たないときっとわからないことなんだと思います。結婚する時にわかっていたら失敗することもないだろうし、それはどうしようもない、過ぎてしまった出来事なんです。だから不倫をするのか、してもいいのかということなんですが、それも人との巡り合わせで、20代の時には出会わなかった人に40代、50代になって出会ってしまったということもあるのでは…、と。

40代、50代になってもトキメクことはあってもいいのではないかと私は思うのですが…。50代、60代の熟年カップルが「新婚さんいらっしゃい」に出演してみえることがあるじゃないですか。ときめいた時にたまたま結婚していた、形的に不倫となってしまったみたいな…そんなパターンもあると思います。結婚しているからと言って恋愛してはいけないということはないのではないか。でも、それは一方的な考え方で、常識人間にとってはいけないこととしてしか映らないことなのかもしれませんね。不倫相手は単なる遊びかもしれないし、配偶者は裏切られた思いでいっぱいだろうし、みんながみんな同じ考え方、気持ちじゃないからいろんな問題が起きる。探偵の扉のノックをたたく人もいるというわけで、お金をもらって依頼を受ける以上、全力を尽くして調査をする、依頼者の幸せを考える。

きっと探偵業って思っている以上に大変だ。

探偵で解決できることは様々あります!

探偵と言うと、身元調査、素行調査というイメージが付きまといます。確かに、企業で社員を採用する際にその人の戸籍や素性、経歴に偽りがないかなど信用調査の意味合いで利用されることが多いものです。特に個人情報保護法で個人情報やプライバシーを公に調査することは容認されなくなってきているので、こうした人に悟られず人知れず調査できる探偵の利用が増えているのです。大事な企業、大事な事業にまかり間違って、反社会的勢力の人間を採用してしまうと、資産どころか会社ごと乗っ取られたり、崩壊に導かれてしまいます。こうした最悪の事態にならないように探偵で素行調査や身元調査することは非常に大事なことなのです。また探偵で最も多く利用される動機は夫婦間での浮気、不倫調査です。離婚調停、離婚裁判といういざという時のために、探偵を使って動かぬ物的証拠を押さえておくのです。不倫現場の写真や動画があると無いとでは、慰謝料や財産分与などに大きく違いが生まれるのです。そのため探偵を利用することが後を絶たないのです。また探偵は身元調査や不倫の解決等だけに有効なのではありません。最近増えている、ご近所トラブルなどの解決にも非常に有効に働いてくれるのです。最近ご近所付き合いは希薄になっているものの、騒音やゴミだし問題などご近所トラブルが頻発するようになっているのです。近所づきあいは一切したくない、近所の人とは顔を合わせたくないけれども、トラブルを解決したいとする人々に、探偵は非常に重宝されているのです。探偵は依頼者になりかわり、騒音のするお宅にあまり刺激を与えない様クレームを伝えに行ってくれます。また時には自治会に成りすまし、ビラを作成し騒音を止めるように通達してくれるのです。本当に収拾のつかないトラブルに発展した時には、仲裁役として話し合いの場について打開策を見出し、解決に導いてくれるのです。このように現代社会のトラブルに即応する形で、サービスなどが多々用意されているのです。また探偵はストーカーや付きまとい行為にも上手く対処してくれます。隠しカメラの設置などで犯人の特定と同時に、ストーカーからの身の守り方や回避方法なども指南してくれます。時にはストーカーへの注意喚起や念書の捺印署名なども行ってくれるのです。

 

 

 

名古屋探偵に依頼 金銭トラブルの調査

自分は金銭トラブルには十分気をつけていると言う人でも、知らず知らずのうちに巻き込まれているって言う事もあるんですよね。

そんな時に頼りになるのが名古屋の探偵。

探偵というと、男女のトラブルの調査のイメージが強い人もいると思うのですが、お金に関する調査なども行ってくれるんですね。

お金に関するトラブルというと、離婚する時の慰謝料などの件もそうですが、ネットオークションでの詐欺行為や、家族が亡くなった時の遺産相続に関しても相談にのってもらえるみたいですね。人生なにかと、お金が絡んできます…。

連帯保証人ににった事で、借金を背負うことになるなんて言う事もあります。

探偵に相談のあったことなど、見て行くことにしよう。

ますは、オークション詐欺に関して。

“オークショントラブルに合い、今回探偵社に依頼しました。オークションでのトラブルはよく聞く話です。しかしオークションは以前から何度も利用していたので、まさか自分までもがトラブルに巻き込まれるとは思っていませんでした。そのとき落札したのはパソコンでした。
新品のパソコンが格安で手に入ることができるのです。気を付けていたつもりではいたものの、目の前ににんじんをぶら下げられたような浮足立った気持ちだったのかもしれません。普段はクレジットカードで購入するところを、相手に言われるまま現金で振り込んでしまいました。相手の評価が良かったので、すっかり信用してしまいました。振込後、相手からの連絡がぱったりとなくなりました。しばらくは相手が忙しいのかと気遣っていたのですが、さすがに心配になってきました。オークション詐欺にあったかもしれないなんて、恥ずかしくて家族や友人には話せません。似たような被害にあっている人が他にもいるかもしれないと、ネットで検索するのが精一杯でした。そんなとき、探偵社のサイトを見つけました。A探偵社は24時間無料相談ができるので、思い切って相談してみることにしました。そして相談員が親身になって話を聞いてくれたので、調査をお願いすることにしました。事前に見積もりと、調査内容の確認をしてくれたことも依頼の決め手になりました。早めに相談したことが功を奏したそうです。依頼から間もなく詐欺相手の居場所が分かりました。そして探偵社の相談員の立ち会いの下、相手側と話し合いをもつことになりました。事前に受けた相談員のアドバイスを参考に、相手と根気よく話し合いました。その過程で実際にはパソコンを所有していないのにも関わらず、オークションの出品をしたことが分かりました。出品後にパソコンを入手するつもりでいたのが、できなかったと言うのです。パソコンを入手するまで連絡を控えたという話は、到底信じられるものではありません。たとえそうだとしても、即返金をするのが道理です。結局お金は相手側の親族が肩代わりするという形で返金に応じてもらいました。本人は全く別の用途でお金を使ってしまったそうです。探偵社に依頼していなかったら、お金を取り戻すことはできなかったでしょう。”

こんなこともあるのですね。

さて、次は消費者金融からの督促状に関してです。

“私は、夫に消費者金融から督促状が届いたが、教えてくれないので探偵社を利用しました。消費者金融からの督促状ということは、きっと借金があるのだと察知しましたが、特に変わった様子もなく、ギャンブル好きというわけでもない夫でしたので、理由がわかりませんでした。借金に至った経緯が知りたいと思い、探偵社を利用したのです。
いろいろな探偵社の中からここを選んだのは、名前を知っていた唯一の探偵社だったからです。実績もあるようなので、きっと満足な結果が得られるだろうと思いました。私の想いは的中しました。探偵社さんに証拠を押さえてもらうことが出来ました。証拠があると夫も弁解はできませんでした。私の期待する使い道での借金ではありませんでしたが、探偵の方の心のケアと、夫のもうしないという言葉を信じて、離婚することはやめました。今のところ関係は良好で、休みの日には家族サービスするなど今まで以上に楽しい生活を送ることが出来ています。探偵社さんを利用していなければ、私の心にゆとりがなく、今頃はこんな楽しい毎日を送れていなかったと思います。探偵社さんに相談してみて本当に良かったです。”

というような、消費者金融での借金がどのようなものなのかという調査。

そして、さらには探偵に依頼をして自筆の遺言書の偽造を見破ると言う事も可能なのだそう。

資産を多く保有している人が逝去した場合、相続においてトラブルとなるケースがあります。遺言書が遺されていれば内容通りに手続きが行われるのですが、もしその遺言書が親族などによって偽造されたものだとしたら裁判沙汰に発展する可能性もあります。

パソコンなどで作成された書類ではなく自筆だとすれば偽造することは困難ですが、あまりにも相続において配分に偏りがあったり故人が日頃から話していた内容と異なる場合は、探偵に依頼をして遺言書が本物かどうかを見破ってもらう必要があります。

探偵事務所へ相談する際は筆跡鑑定を依頼することになります。裁判となった時には専門家に鑑定してもらった書類の提出が必要となりますし、相続手続きには期限がありますので速やかに探偵に依頼をして証拠を固めていく必要があるのです。親族が字体を真似て遺言書を作り出したとしても誤差率などによって本物かどうかが高い確率で判明しますので、どのような結果になるにせよ相続手続きが完了する前に探偵へ相談しておけば後悔をすることもなくなります。

調査には故人が書いた自然体の手紙などを用意しなくてはならないのですが、コピーをした書面でも複数回の複写が行われていなければ鑑定が可能となります。遺言書を改変したり偽造したりしていることが判明すれば、有印私文書偽造罪に該当しますし相続をする権利も喪失しますので、資産の配分が大きく変わるため疑念があれば探偵に依頼をして解決しなくてはなりません。

親族間でお互いが遺言内容に納得せず本物であるかを疑っているのなら、相手から鑑定書が提出される場合がありますので、その際には反論書兼鑑定書を提出することで裁判で争っていくことになるそうです。

探偵の調査は実に様々な調査が行われるのですね。

また、探偵による保険金の事実確認調査も行われるようです。

もし事故などによる保険金や賠償金額、過失の割合などで疑問をもたれた場合や、示談などでトラブルに巻き込まれそうな場合は、ぜひ探偵による保険金の事実確認調査をご利用ください。
たとえば、保険金の支払額が正当なのか、その査定を行うためには事実確認調査による証拠の積み重ねが必要です。しかし一般の方が簡単に調べられるものではありません。こういった調査は専門の探偵で行うことが可能です。
たとえば保険に関する調査では、損害保、生命保険などで不正な受給を行っていないか、また後遺障害等の等級認定において不当な内容と受給が行われているか、また休業補償を正しく申請し受給しているか、といった内容の確認と調査などを主に行います。
探偵事務所にお問い合わせいただいている具体的なご相談内容としては、たとえば保険会社が提示した過失の割合が一般的な例と比較して自分の割合が高すぎるので調べたいといったことがあるでしょう。事故の状況は一件一件異なるため、全て型にはめて割合を出せるものではありませんが、何らかの理由で不利になっている可能性があれば証拠を提出して是正することができます。
また交通事故トラブルに対して示談交渉したい場合は、探偵による正確な事実確認調査の積み重ねによる提案が必要です。したがって幅広い証拠集めが必要になります。そのほか、提示された賠償金額が一般的に妥当な金額なのかといった心配も解消することができます。
こういった探偵事務所へのご相談に対して、調査がどのような証拠を集めるのかを、具体的にご紹介します。
交通事故の原因調査の場合、当事者の方や事故現場の状況確認、および担当している管轄警察へ過失認定を判断するための確認を行います。また休損調査では、勤務先の確認と申請されている収入内容の裏付け調査を行い、さらに実際に休職した期間や休車損の確認などを行います。
つぎに医療機関への確認として、症状の診断内容に関する事実確認調査を行います。たとえば事故怪我の内容や症状との関係があるのか、また検査結果やその内容に矛盾が無いかを確認します。さらに長期休職の損害支払いをされている当事者が、実際に申請どおりの生活となっているのか、その生活状況を実際に確認します。
つぎに盗難事故に関しては、物品の東南状況、車両の盗難に関する状況や盗難の有無、車上荒らしがあった場合はそれらの状況確認を行うなどです。また事故そのものに関しては、偽装された事故ではないか、飲酒運転はなかったか、といった内容の確認を行います。
探偵はこれらを総合的に事実確認調査を行い、証拠を積み重ねていくことで、それぞれのご相談を受けた案件に関して妥当な内容であるかどうかを判断していただけるようになり、最終的に納豆の行く形でそれぞれの事案を収束させていくことができます。

また、何の気なしに連帯保証人になってはいませんか?

連帯保証人トラブルも探偵が調査可能みたいですよ。

“連帯保証人になった後にトラブルが発生してしまったことをきっかけとして、探偵社に仕事を依頼したことがあります。私には学生時代から親しくしていた旧友がいました。お互いに社会経験を積んでいき、私は一般的なサラリーマンとして仕事を行っていますが、友人は途中で独立起業を行うことを決めました。事業内容はいわゆる便利屋になり、彼は以前から手先が器用だったもので、非常に向いている事業と言うことができました。事業計画書などもしっかりと作成しており、私も友人としてアドバイスを行う場面もありましたが、事業開始から数年が経過した後に、友人は会社を大きくするために借金をして不動産物件を取得し、事業で必要としている機材類を購入することになりました。この時の借金については、私が連帯保証人としてサインをしているものですが、結局は事業を大きく展開することに無理が生じてしまい、借金を返済していくことが困難になってしまいました。直ぐに債権者から連帯保証人である私に督促状が届くようになったのですが、当初は連帯保証人になってしまったために、諦めていた部分があります。しかし、友人には他にも不動産物件を持っており、家賃収入などを得ていることが分かりました。さらに他にもいくつかの不動産物件を所有している疑いがありましたが、友人は会社を倒産させてしまい、行方が分からなくなってしまいました。そこで、捜索依頼として探偵社に仕事をお願いしたのですが、最初のコンタクトでは、私自身が上手に説明できなかったために、時間を費やしてしまいましたが、探偵社の方が、上手に話を誘導してくれた部分が大きく、何とか理解して頂くことができ感謝をしています。探偵社では、即日に調査に乗り出しており、所有していることが判明している不動産物権を足掛かりとして、友人の居場所を突き止めることができました。調査の結果を受けて、私は友人と話し合いの場を設けることができたのですが、その結果としては収入として得ている家賃収入から、毎月にわたって私に返済をしてくれることを確約することができたために、全てが正しい方向に解決させることができました。”

信じていた友人から裏切られたという気持ちはありましたが、なんとか解決方法が見つかって良かったのではないでしょうか?

 

さらにはこんな探偵の調査もあるのですね。

偽装事故の疑いで調査することもあるみたいです。

“ある日、山田太郎さん(仮名)から契約している損害保険会社に電話があった。

「自宅から出ようと思ったら二段に積んであるブロックを右前輪にぶつかってオイルがダラダラに漏れた・・・」との申告だった。探偵さんが調査をする。オイル痕は?どこにもない。その日の運転手の行動は? よくおぼえてない。いつ?漠然とした日にちだけで何日なのかが特定できない。これはあやしいと思った名古屋の探偵さんは徹底的に調査をすることを決意。まずは修理工場に調査をする。そのときに色々と話の不整合があることが判明。また破損についても「ホイルがブロックに衝突してそれが原因でオイルが・・・」と証言。実際にこんなことが起きうるのか?ここで探偵さんの結論・・・・何らかの事情で車両が故障した。そしてそれを修理工場に持ち込んだ。その修理工場が一計を案じ、「事故」が起きたことにしようと提案した。契約者はそれに一つ返事で応じた。”

とまあ、こんな調査もあるのか…。お金が絡むと間違った方向へ行ってしまう事もあるのだな。

また、会社の帳簿が合わずに…という事もあり、その調査をすることもあるようだ。

“僕は、会社の帳簿が合わず、経理社員の横領を疑いました。しかし決定的な証拠がなく、本人にそれとなく聞いても何の解決にもなりませんでした。そこで探偵社を利用することにしたのです。
その探偵社を選んだ理由は、一番信頼できそうで、捜査内容も良さそうと感じたからです。会社の社員の問題ということで、あまりこのようなケースは実績がないかなと思っていましたが、調べてみると意外とあり、しかも高い評価というのも決め手となりました。
探偵社さんは、依頼後すぐに駆けつけてくださいました。親身に話を聞いてくれましたし、肝心の捜査の方も素早くかつ素晴らしいものでした。経理社員は長く僕の会社で働く信頼していた人だったので、横領がわかり、結果は残念でしたが、真実がわかってよかったです。その人は事実発覚後、解雇となりました。今は新しい人が入社しています。探偵社さんのおかげで、その後の社員関係は順調です。僕自身も精神に落ち着けたことで、仕事に打ち込めるこちが出来ています。親身に話を聞いてくれたからこそこのようにまた順調に仕事ができているのだと思います。こういう相談はやはりプロに任せるのが良いと感じました。”

社内で調べるといろいろな私情が邪魔をして真実が見えないこともありますが、調査を仕事としている探偵が調査すると、事実が見えてきやすいと言う事はあるかもしれないですね。

夫婦の貯金の貯金が勝手に使われてしまったということで、調査される人もいるみたいです。

“夫婦でためた貯金を夫が無断で使っていました。とてもショックをうけました。何に使ったか言わない夫の真相を確かめるため、探偵社を利用することにしました。私は夫を信用していたので、結果的には残念な事実が発覚しましたが、真実を知ることが出来良かったと思います。
夫婦でためたお金の半数以上は、夫の働きによるものでしたが、私も家のこと、子供のこと、夫の両親の介護など無償の働きをしてきました。無断で使ったお金の金額的には、夫の稼ぎ部分だったため、直接問いただすことに戸惑っていました。このこと以外で夫が嫌いな理由はなかったので、関係がぎくしゃくするのも嫌でした。探偵社を利用したのは、その後の関係が上手くには親族でない第三者がいた方がよいかもしれないと考えたからです。
探偵さんは、真実の追求だけでなく、私の悩みにも親身になってのってくれました。結果的には残念な事実が発覚しました。金銭的な事は、一度改心したように見えてもまた同じ繰り返しになるという印象がある私は、その後離婚するにいたりました。おかげで、気持ちの整理ができたので、新たな一歩をよい形で踏み切ることが出来ました。貯金の方も残額は慰謝料も含め私がもらえることになりました。私は夫を信用して過ごした日々もそれはそれで良かったのかもしれないと思えるまでになりました。人間はいつまでもひっしに生きていかなくてはいけないものなのでしょうね。”

全くの他人との金銭トラブルから、身近な家庭内の金銭トラブルまで多岐にわたる調査が探偵で行われているんですね。