カテゴリー別アーカイブ: 名古屋の浮気調査

浮気調査 5 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

みなさまこんにちは。

突然ですが、浮気調査団のチーターズってご存知ですか???

アメリカのリアリティTVで放送されている同名の浮気調査番組です。

ある日本の某番組でこのチーターズが放送されており、仕事のひとやすみで事務所で拝見しておりました。チーターズというネーミングもすてきです。。。(笑)

ま、簡単な話、老若男女の依頼人が恋人、配偶者の浮気の調査を依頼し、チーターズという名前の探偵事務所が調査、報告。依頼人と調査対象者との直接対決が見どころとなっております。80代のおじいちゃんが、孫位歳の離れた彼女の浮気調査依頼など。。。おじいちゃん元気ですね。。。

番組の流れとしては、最初に依頼人が対象者の浮気を疑うようになった理由を話します。その後番組が調査した結果を司会者のジョーイ・グレコが、依頼人に淡々と報告。依頼者が結果に怒り狂っているとき、見計らったように、グレコの最後の決め台詞がおもしろいんです!「では…今から乗り込みますか?…」はい、10人中10人が、「もちろん!!!」といいますわね(笑)その後対象者を尾行していた調査員にグレコが連絡をとり、依頼人と共に浮気現場に問答無用で乗り込み、直接対決をする。

この直接対決、本物なの?っていうくらい依頼人や調査対象者、浮気相手などがお構いなしに暴れております。放送禁止用語や罵る言葉などもすさまじいです。ボディーガードのようなムキムキの外人さんがたくさん止めに入ったり、もう見ていて笑いがでてきます。。。流血なんてなんのその。

自宅に監視カメラも設置し、遠くからハイテクビデオカメラで撮影をし、キスをしているところやBARでいちゃついているところ、もうなんでもありという場面も普通に放送しちゃっているというところがアメリカンな感じ❤

騒動終結後、そのカップル及び浮気相手の顛末がどうなったのかのレポートも放送して頂いて後味もすっきりさっぱりです(笑)

蘭子の今までの浮気調査では、依頼者より浮気現場をおさえたらすぐに連絡ください!!!という方は少数ですがいました。しかし、このときの依頼者の思考回路はヒート寸前。万が一ということもあるので、お断りさせていただいておりました。このチーターズをみて、今後もお断りさせていただくことを誓いましたよ・・・さっちょんだけで阻止できる自信がありません!

しかしこのチーターズ。お酒のつまみにはいいあてになります。よかったらご覧くださいませ。

いままでの調査のなかで山ちゃん的に印象深かったといいますか、何年たっても忘れられないような事案が何件かあります。

まずは一つ目。。。

あれは、5年前になります。

依頼者は34歳のOL女性、2人の子供あり。御主人の浮気調査でのご依頼でした。依頼者は、もう事務所にくるなり頭の中がヒートアップしており、御主人にもですが、浮気相手に対してものすごい怒りを表わしておりました。依頼者は、ぜったい社内の女と浮気している!!!と叫んでおりました。携帯をみると、「うさこちゃん」という名前で番号が登録されており、その「うさこちゃん」とのメールの内容で浮気を疑いだしたそう。そこで、不貞行為の際の写真を証拠とし、その浮気相手の女に慰謝料を請求しようと言う事で今回弊社にご依頼されてきました。

結果としましては。。。黒でございました。40代のとても落ち着いたお綺麗な女性との浮気現場をおさえることに成功。二人でラブホテルに入り、にこにこ笑顔で出てくるところの場面をバッチリ。これは浮気で間違いございません。

依頼者に連絡し、事務所に来ていただきました。まずは、黒ということで結果をお伝えします。そして、調査報告書を提出すると。。。その調査報告書をみながら依頼者の顔がみるみる青ざめて、手も震えています。

山ちゃん「どうかされましたか。。。?」

依頼者「この写真は間違いないの?」

山ちゃん「え。。。それはどういう意味ですか?」1

なななななな、なんと、御主人の浮気相手は依頼者の実の姉!!!こんな、火曜サスペンスみたいなことってあるのですね!!!もう、依頼者の落ち込み具合といったら。。。(涙)

山ちゃんの軽はずみななぐさめなんて全然耳にはいっていない様子でこちらもどうしていいかわからずに、なんだかごめんなさい、こんな事実をお伝えしてしまって。。。という感じになりました。

 

男・女なんて色恋にぼけてしまうと、なんでもありなんですね。この調査でよーくわかりました。その後の依頼者と浮気相手のお姉さんとの関係がちゃんと修復されたのかな。。。とふと考えたりします。

このほかに、浮気調査に少し考えることがありましたのでご報告致します。。。

依頼者は、20代後半の奥様。子供は1歳の女の子。御主人の浮気調査のご依頼でした。

奥様は、見た目がとてもけばけばしく派手で、全身ブランド品で固めており、バッグもCHANELチェーンバッグのお高いものでした。しかし、1歳の娘様の洋服は、山ちゃんがみてもボロボロ。まあ、一歳児なので食べ物で汚したりとか仕方ないのでしょうが、洋服の生地もくたっとしており色褪せて、いろんなところがやぶれていたり穴が開いていたり。。とても、奥様からは想像もできないくらいボロボロの洋服を着せられているようでした。その娘様はにこりとも笑わず、面談中は終始無表情。山ちゃんや他の女性調査員がお相手をしても、無表情。まあ、知らないおじさん・おばさんなので緊張していたのでしょうね。。。

奥様は、年下の御主人が浮気をしていると思い込んでおり浮気相手との不貞行為の写真を証拠とし、御主人・浮気相手の二人からたくさんの慰謝料を払ってもらい離婚する!という計画でした。

まずは、御主人の張り込みです。その張り込みをしている間、奥様は夕方に外出し朝帰りはもちろん。奥様は夜のお仕事をされているようでした。家事などしている様子がありません。掃除・洗濯・お子様の保育園の送り迎え・買い物のすべて御主人がされているようでした。

奥様が朝帰りをした土曜日。朝10時頃、御主人はお子様を連れて少し遠くの公園へ行かれました。そこで待ち合わせていたのは。。。見た目はすごーく素朴なんですが、とても優しそうな女性でお弁当をもって待っておられました。その女性にお子様もとても懐いており、お子様とボール遊びをしたりとはたから見たら本当に幸せな家族だと思いました。いちおう写真におさめて。しかし三日ほどの張り込みでも御主人の不貞行為はありませんでした。グレーゾーンですね。

その素朴な女性を調べましたら、同じ会社の事務の独身の女性でした。その女性と会う日は決まって公園です。もちろん娘様も一緒。ただの会社のお友達なのでしょうか。

しばらく張り込みを続けます。。。

最終日

次の土曜日にも御主人を張り込み致します。相変わらず依頼者は朝帰りして夕方まで寝ているのか分かりませんが、天気がいいのに自宅から一歩もでてこない。その代わりに御主人が娘様を公園へ連れ出し遊んであげる。とそこにはやはり、素朴な会社の同僚女性が一緒にいるという結果でした。もちろん不貞行為という場面は見られませんでしたね。

その後、依頼者をお呼びし、調査報告書をお渡しいたしました。依頼者は、その調査北酷暑をみるなり、とてつもなく残念そうに「はあ、これじゃ慰謝料がっぽりとれないじゃない。。。」とポツリ。とくに御主人や相手に対して公園で会っておられることに怒りというものはなく、しっかりした証拠がとれなかったことにとても残念なようでした。

山ちゃん、浮気という行為は絶対に許しませんが、あんたのような女では浮気されても仕方ないわ。と口に出してしまいそうでした。

しかし娘様がとても心配です。あの無表情は愛情不足なのでしょうか。実際、御主人と依頼者は離婚をして御主人がたくさんの愛情で娘様を育てていってほしいなぁと山ちゃんの勝手な思いを巡らせてしまいました。

また明日も元気に山ちゃんが張り込みしますよ!!!

浮気調査がまた入りそうな予感。

毎日暑い中の張り込みで熱中症にならないようにとても気を付けている山ちゃんです。

といっても今回の張り込みはデパートの中なんですが。。。(笑)涼しくて最高ですよ~。

さて、今回のご依頼は、40代会社員の男性。物静かなやさしそうな御主人です。某デパートの紳士服売り場でお勤めされている30代後半の奥様の浮気調査です。最近、奥様の帰りが0時を過ぎることが多いらしく。理由としましてはありきたりな会社の飲み会やママ友との飲み会などなど。しかし、その会社の飲み会の日に、知らない男性が運転する車から奥様が降りてこられるのを近所の仲良しパパが偶然に見かけたと言う情報が入ったらしく。浮気を疑ってのご依頼ですね。

今日で張り込み三日目なのですが、やはり特に動きがなく。一昨日と昨日の張り込みも特にこれといってありませんでした。奥様も仕事を終えてから買い物をして帰宅。たまたま飲み会がなかったのですね。なので、時間も調査費ももったいないので、職場での張り込みに切り替えました。人の出入りが激しいデパートなので、山ちゃんがお客様を装って一日中デパートにいても第三者に特に不振がられることはありませんね。

紳士服売り場という事でたくさんの男性客を相手にとてもすてきな笑顔で愛想よく接客しております。

お昼休憩に入られたようです。すると、店長らしきすらっとした清潔感あふれる男性が奥様の元へこられました。二人は仲良さそうにお話をしてます。すると男性がその場を離れ歩き出しました。その数分後、奥様も男性を追うように歩き出します。はいここで山ちゃんの尾行が始まりますよ~。ここでいかに気配を消すか。探偵のテクニックが問われるのです。

男性が、奥の人気が全然ないとある事務室に入って行かれました。周りを気にしながら。そのあとを、奥様もまわりをキョロキョロしながら入って行かれました。山ちゃんずっと前から、カバンに仕込んだ小型ビデオカメラで絶賛録画中でございます~。

事務室の中でなにが行われているかは分かりませんが、まあたぶんクロでしょう。30分ほどすると奥様がいそいそと部屋からでてこられました。はい、服装や髪形を整えております!!!化粧も若干落ちているようです。その後を追うように男性はバサバサになった髪を整え、ネクタイもしっかりと締め直しております。

そうです、彼らは外で会うようなことはあまりせずに、自分たちが勤めている職場で浮気を行っていたのです。なかなかの確信犯です。店長という立場を利用し職場でやりたい放題の男性。こりずに二人は帰り際に、人目を避けるように隠れながらさよならのキスをしておられました。これももちろん録画中。さっそく事務所へ戻り報告書を作成しなくては!!!

翌日、御主人をお呼びし、調査報告書と動画をみていただきました。

すると、御主人涙をボロボロとこぼし「うおおおお~!!俺は裏切られた~!!!こいつら訴えてやる~!!!男の家庭も勤務先にもばらしてなにもかもめちゃくちゃにしてやる~!!!」と急に豹変されました。びっくりした~!!!

山ちゃんは御主人を落ち着かせて自宅へ帰っていただきましたよ。。。長年信じていた伴侶に裏切られてその事実を受け入れられないのは仕方がないですよね。。。はたから見ていても胸が苦しくなりました。

浮気。最初は軽い気持ちでも、いつの間にか家族はもちろんまわりの人間までも巻き込んでしまうおそろしいものなんです。山ちゃんは絶対浮気なんてしないと心に誓ったのでした。

こんな物語を読んだことがあって、どうも腑に落ちないというか、どっちかに転がって欲しい!という勝手な思いが浮かんだのを覚えています。

こんな話だったような記憶です。

“わたしは名古屋に在住する30代前半のパート主婦です。子供は二人。小学三年生と一年生の男の子が二人です。主人は会社員で職業柄勤務時間もバラバラ。寂しくないといったらうそになります。でも、主人が家にいるときは会話もありますし、スキンシップもなくはないです。下の子が小学校へ入学したのですが、近所で一緒なクラスになった男の子ととても仲良くなりました。そして、そのご両親とも家族ぐるみで仲良くなりわたしの家の庭でバーベキューをしたり、一緒に公園へ遊びにいったりととても楽しい毎日でした。その御主人が農業をやられているということで、形が悪いお店に出荷できない野菜などをよくうちにくれたり本当に良くしてくれる御主人でした。また、御主人はうちの息子たちにも優しくて息子たちも本当に懐いていました。御主人をYとします。しばらくしてYとLINEをするようになりました。最初は野菜をいただいたときのお礼だけをさせていただいていました。しかし、たわいもないLINEをするようになり、わたしはとても嬉しくYからの返事を待つようになりました。わたしも、おはようやおやすみ、今何してるの?など自分から入れたりしていました。だんだんとYに対して気持ちが変わっていきました。主人が家にいるときはYとのLINEを見られないようにロックをかけたり、いつもは放置していたのですがお風呂場まで持ってきたり。。。LINEの内容は特にあやしいものではないのですが、私とYとの関係を知られたくない、誰にも邪魔されたくないという思い一心だったのでしょう。朝、ゴミ捨てでYに会うと少しのおしゃべりもとても嬉しく会えるのを楽しみにしている自分がいます。子供を理由につけて、バーベキューやピザパーティなどの集まりでYに会いたくてたまらない自分がいます。最低な親だと思いながらYに対しての気持ちがおさまりません。それどころかますます気になる存在になっていました。ある夜、YからLINEがきました。「今度二人で飲みに行かない?」という内容でした。実際、主人は一滴もお酒が飲めませんし、Yの奥さんも弱いし。私とYは大の酒好き。それだけが理由だと思いますが、私はYからの誘いがとても嬉しく、すぐにOKの返事をしました。主人には、会社の仲良し女子たちと飲み会があると子供たちをお願いしました。

いよいよ約束の日。午前中からそわそわしてしまい心ここに非ずでした。主人と子供たちの夜ご飯の用意をして出かけました。Yとは現地集合。Yが予約してくれたいい雰囲気のダイニング居酒屋に向かいます。少し早くついてしまったので、車の中でYを待ちます。YからLINEがきました。「いまどこ?」駐車場の車の中にいることを告げると、Yが車の助手席に乗り込んできました。心臓の鼓動が早くなるのが自分でものすごく分かりました。いったい自分はどうしてしまったのか。いつもの自分じゃないみたい。Yと一緒にお店に入ります。個室を予約してくれたみたいで少しほっとしました。もし誰かにみられたら。。。

Yとはたくさんのお酒を楽しみました。まずはビールから。それからはワインや焼酎、最後には冷酒。Yも私も最後はふらっふらになってしまいました。

とりあえずYがお会計を済ませて私たちは店をでました。私の車に乗り込みこれからどうするかを話しました。私の中ではまだ帰りたくない、もっと一緒にいたいという気持ちがこみ上げてきました。こんな抑えきれない気持ちになることは最近はなかったので、ドキドキが半端なかったのを覚えています。でも私からはYにそんなこと言えないし。

そのときYが、「もうそろそろ帰ろうか、御主人と子供たちも待っているし。。。」と。このとき、ふと我に返りました。私は既婚者で家には大事な主人、かわいい子供たちが帰りを待っているのに。そしてYは私に対してなんの感情もないのだと確信しました。

後日、Yの奥様から私にLINEが来ました。あの二人で飲みに行った日に探偵を雇ってYと私を張り込みしていたそうです。そのLINEをわたしは読んですぐに奥様と直接会ってお話することになりました。

実は、奥様も次第にYと私たちの仲が良い関係、LINEする頻度が多くなってきたのを不安に思っていたそうで、「探偵を使って調べてしまった。そして二人にはなにもないことを知って、探偵に依頼したこと、私に対して申し訳ないことをしました。。。」と謝ってこられました。

奥様を不安にさせてしまってとても申し訳なかった気持ちでいっぱいになりました。。。

正直なところ、私は多少なりともYのことを恋愛対象としてみていた部分もあったので、私の方が奥様に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。奥様には「気にしないでください」とだけお伝えしました。Yは愛されているんだなと、私の入る余地なんてまったくないことに改めて気づかされました。

大きな代償を伴う前に気付いてよかったです。それ以来Yとは、個人的に連絡をとらずに家族ぐるみでよい近所付き合いをしています。”

ね?!近所の旦那、どういうつもり~!って、なんで酒の席に誘った~!?

って。思いませんか?本当にただお酒を飲みたかっただけ?

また、こんな話しも聞いたとがあったな。

“昔、ある友人から探偵事務所を利用しようと思い、料金等を調べていると告白されたことがある。私が知る限り、彼女の旦那様はそれはそれは物腰柔らかく、腰の低い某大手企業に務めるエリートサラリーマンで「あの旦那様が、浮気!?」と驚いた。でもすぐに「やっぱりお金があると、女に走るのね。エリートも実は大変なんだ」と、密かに彼女を羨ましく思っていた私は納得しかけたところ、彼女は意外なことを言い出した。「今までの人生の中で、一番好きだった人(男)が、今、どうしているか知りたい」と。探偵事務所、イコール浮気調査と思っていた私には、意外な言葉だった。彼女いわく、あの時は、プライドや色々なものが邪魔して自分の気持ちを正直に伝えることが出来なかったけど、今だったら、あの時、あなたを好きだったのと言えると。探偵事務所ってそんなこともやっているんだ~と思い、私もネットで色々みてみた。そしたらあるわあるわ!「あなたの初恋の人を探します!」とか、「忘れられないあの人は、今!」とか。よくテレビで芸能人が、昔、好きだった人を探してもらって、スタジオで告白するといったような番組があるが、その同じようなことが、私達、一般人でもお金さえ払えば、出来るということに感心した覚えがある。でもそんなお金どうするの?と尋ねたら、今迄のヘソクリを使うとのこと。私は、ちょっと彼女のことが心配になった。だってもしそんなことが旦那様にバレたら、あの大人しそうな旦那様も黙ってないに違いない。まあ、真正面から怒りはしないかもしれないが、面白くはないだろう。あるいは旦那様だって、だったら俺も!と言わんばかりに、昔の忘れられない人(女)を、探偵事務所を使って探しだすかもしれない。そんなことになったら、今の彼女の幸せな専業主婦生活ががらがらと崩れていき、今度は、浮気調査を探偵事務所に頼まなくてはいけなくなるなんてことも考えられる。今度会った時には、彼女を考え直させなければ!と思っていた。でも、遅かった。彼女は探偵事務所に本当に調査を依頼し、大好きだった彼を見つけてしまったのだ!彼女の晴れ晴れとした顔を見て、何か嫌な想像をしてしまったが、なんの事はない。彼女の話によると、その彼の今の姿を写真で見て、「えっ!これが彼?」と驚き、今の旦那のほうがずっとイイ~と思い、その彼には連絡を取らなかったそうだ。そして、自分の選択は正しかったのだと確信して、スッキリしたらしい。探偵事務所は、今の幸せを再確認するのにも役立つみたいだ。”

探偵って、単純に浮気調査だけでなくて、いろんな使い方があるんだな~って感じませんか?

また、こんな話しを聞いたこともあります。

“浮気された話や浮気していることを自慢気にインターネットで暴露している人をよく見聞きします。実際に自分がされた、もしくはされている立場になれば軽はずみに口にはできないはずですが、人間とは不思議なもので自分だけは大丈夫と甘い考えを持ってしまいがちです。誰かに起こりうることはいつか我が身にも降りかかるかもしれないと頭に入れておきたいものです。私は結婚して8年目になりますが、交際中から今まで浮気を疑わなかった日なんてありません。そう言うととても悲しい人間みたいですが、実際に信じることができないので仕方ありません。それは二人の出会いが原因であり、おそらく一緒に生きていく限り消えない思いなのでしょう。私達夫婦はお互いに交際相手がいると分かっていながら交際を始めました。いわゆる浮気です。しかもダブル不倫ならぬダブル浮気です。お互いに当時交際していた相手と別れるまでの1ヶ月ですが浮気していた事実は変わりません。愛する人に浮気の影を感じたり怪しい言動が見られたら、一番最初にやってしまいがちなのが携帯電話のチェックではないでしょうか。私はこれまで何度も見てしまった経験があります。初めのころは相手を信じられない自分が許せない気持ちと相手を疑ってしまった罪悪感でいっぱいになり、見てしまったことを白状していました。そこで更にお互いの不信感が募ってしまうのだと気づきました。かといって見ないと不安になってしまうため気づかれないようにこっそりと確認していました。ロックをかけない人なので初めはやましいことが無いからだと思っていましたが、ここまで何も出てこないと上手く証拠隠滅しているのではと疑ってしまいます。最近携帯電話に指紋認証式のロックがかけられる物が登場していることに驚きました。もし交際相手や結婚相手が指紋認証のロックをかけていたら何もなくとも疑ってしまいそうです。更に驚いたのが、主人が最近その携帯電話に機種変更したことです。ネット検索してみると指紋認証のロックを解除する抜け道もあるらしく、いざとなったら試してみたいなと思っています。たった一回の浮気でも信頼関係は修復するのがとても難しいものです。”

そう言えばそんな夫婦を沢山見てきたなって、改めて感じますね。

そうそう、こんな話しを聞いたこともありますね。

“就職と同時に生まれ育った実家を巣立って独居を始めて10年の月日が経過しました。
だんだんと仕事にも慣れ始め、部下も増え、また他社との会合や飲食の席などに参加することも多くなり、先輩や上司などから夜のお店などにも数多く連れて行っていただく機会が増えました。そんな状況で、連休などにならないとなかなか実家には足を向けない日々が続いていたのですが、先日、同僚と一緒に居酒屋で盛り上がって駅までの道を歩いていると、よく見馴れた人が若い女の子を連れて笑顔で歩いているのが目につきました。一瞬、何事か訳が分からなくなってもう一度その人の姿を凝視すると、間違いなく私の父親でした。父がよりにもよって私よりも若い女の子を連れて歩いているのを見てしまったわけです。浮気という言葉が私の脳裏に浮かびました。次の日、さっそく私は電話で母にそれとなく「お父さん、最近変わった様子はない?」と尋ねてみました。すると母も何か感じ取っているようで「ちょっと気になることがあって・・・」との返事。そこで私は、家族が下手に動くとその気配を感づかれてしまってまずいと思ったので、友人からよく評判を聞いていた探偵社に出向いて相談に乗ってもらうことにしました。探偵社ではまず担当者の人がじっくりと私の悩みに耳を傾けてくださいました。私が見た父の姿がもしかすると別人だったり、あるいは私の見間違いであってほしいとする願いを残しながらも、しかし私には浮気という行為は家族への裏切りであり、絶対に許されないという強い想いもありました。そんな中、探偵社さんでは父の行動パターンなどを把握して貰った上で、通常よく使われる浮気調査のパターンでの捜査をお願いしました。その大半を占めるのは、父の退社後の行動を尾行したり張り込みしたりしてもらうことにあります。そしてもしも例の女性との浮気場面があればカメラなどでしっかりと現場を撮影してもらいます。探偵社には優秀なスタッフや撮影機材なども揃っており、とても頼もしい存在となりました。
それから一週間に渡る浮気調査において、すぐにその瞬間はやってきました。探偵社の調査によると、父は週に二度もその女性と密会しており、そのうち一度はホテルへ入る場面も証拠に撮られていました。私と母は探偵社のスタッフの方に付き添いをお願いした上で父にその証拠を突きつけることにしました。すると、動かぬ証拠を前に、最終的に「悪かった。もう二度と逢わないから、許してくれ」と頭を下げました。母はこの時、離婚も視野に入れていたと言います。しかし動かぬ証拠を前に潔く頭を下げる姿に、一度の過ちは許そうと決意したそうです。この状態がずっと続いてくれれば良いなと思います。複雑な心境ではありますけどね。まずは事態を解決に導いてくれた探偵社さんに感謝します。”

家族が元通りになるのがいいと感じる人もいらっしゃるでしょうが、一度ヒビが入った関係というのは、なかなか難しいもので、夫婦と言えども難しいのが実際ではないでしょうか。

子供としては、両親が仲良く今まで通りに過ごしてくれるのが安心ではあるのでしょうけれど。

 

 

 

浮気調査 4 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

探偵って悩み相談室的な所もあるんですよね。

例えばこんな相談から。

”会社の営業マンだった夫と会社の親睦会で出会い結婚して、今年で2年目になります。結婚してからも私は仕事を続けたのもあり、お互いに給料はそれぞれ自己管理をしていたのです。家賃や生活費はそれぞれ折半、交通費や交際費などはそれぞれの給与からとしています。貯金もそれぞれがしておりました。そしてこの前、妊娠が判明し、産休に入る前に今後の家計やりくりをどうしようかと思っているところ、ふと夫の通帳がリビングのテーブルの引き出しの中に入っていたのを見つけてしまいました。悪いと思いつつ中身を見てみると毎月決まった額が、どこかに振り込まれていたのです。それも結構な額でした。定期預金は別に引き落とされていたので、定期預金ではないはず。。。
帰宅した夫に、自分の妊娠の話よりも先に夫の通帳を見てしまった事。毎月決まった額(けっこうまとまった額)をどこに振り込んでいるのかを問いただしました。
すると、申し訳なさそうな顔をしてこういいだしました。なんと夫は人妻と不倫をしていた過去があり、その当時は夫とわたしはまだ結婚しておらずわたしもまったく気が付きませんでした。その不倫の結果、不倫相手の夫にばれてしまい慰謝料を請求されたらしいのです。その結果未だに慰謝料を払い続けているのだと告白してきました。結婚して2年たっているのにそんな支払をしていることに気づかなかった私も私ですが、その後に自分が妊娠した事を話すのをためらう程の衝撃でした。普通に考えて、これから子供が生まれるにつれ養育費が必要になっていくのに、毎月慰謝料を支払っている夫が力になってくれるのか。そもそもあとどれくらい慰謝料が残っているのかが分からず、どうしたら良いのか未だに悩んでいます。”

旦那さん、やってくれますね!!

しかし、良くあるタイプ!!隠すつもりはなかった、言い出せなかった…ってね。

いやいや、一番先に言えや!!って話。

夫には妊娠している事を伝えましょう。過去は過去として、夫とじっくり話し合いましょう。産まれてくる子供さんを一番に考えてあげてください。
今の体重計っていろんな機能がついていてかなり高性能ですよね。付き合って半年になる一人暮らしの彼氏の部屋に遊びに行った時、 脱衣所に最新の体重計があり、興味があったので自分の体重を計ってみることにしたのです。
起動させ、自分の情報を設定しようといじってみると、彼氏の情報の他に、女の名前で「まりこ」という登録がある事に気づいたのです。

その「まりこ」の生年月日は平成5年8月2日。。。彼氏は昭和63年生まれ。。。

しかも一番最近の記録が昨日の日付でした。昨日は、会社の親睦会があるから会えないと言っていたのに。。。

もしや…と思い、彼氏に体重計に登録されている「まりこ」は誰かと聞いてみました。
すると、彼氏はサラッと「姉貴」と答えたのです。姉貴が自分より若いはずないですよね。
その時、姉ではなく浮気だと確信しました。
でも、その日はちょうどわたしの誕生日だったので、一旦この件はスルーにしたのですが、婚約も考えていた彼氏だったので、その婚約も迷っている次第です。。。

はい、そのまりこは浮気相手だと思われます。

ただの友達が脱衣所にある体重計を使用しますか?使用するなら、お風呂入る前後に使用しますよね。ということは、彼氏のお風呂に入る仲ということです。

なのでもし婚約を考えている相手なら、一度探偵事務所に依頼してみてもいいかも。結婚してから浮気癖のある男だともっとめんどくさいことになりかねませんからね。

また、こんな相談も…

”私の兄夫婦は共働きでまだ小さい甥っ子を私の住んでいるマンション近くの保育園に預けています。わたしもたまにはお迎えに行ったりもするぐらいです。義理の姉はちょっと体が弱いというのもあり、義姉の仕事が終わって子供を迎えに行く前に、ちょっとした休憩をとりたいというので、私の部屋で休んでもいい?とお願いされました。
部屋を貸すことに特に嫌だと思わなかったのもあるし、義姉は私に気を使って夕食を作って冷蔵庫に入れておいてくれたりするので、一人暮らしで残業の多い私にはかえってありがたかったのです。 しかし、ある日兄が突然私の部屋を義姉に貸さないように、と渡していた合鍵を持って来ました。
いったいどうしたのかと聞いたところ、義姉は私の部屋で浮気をしていたというのです。子供を迎えにいく前に、私の部屋で浮気相手と落ちあい、そこで楽しんだ後に子供を迎えにいっていたそうです。
浮気に気がいって、甥っ子の迎え時間が遅くなることがずっと続き、保育園の園長先生のほうから兄に注意が入ったことから発覚したらしいのです。
驚きはもちろん、まさか義姉が浮気相手と使っていたベッドに、知らずとはいえ私が毎日使っていたことなんです。
そちらの嫌悪のほうが大きかったです。本当の姉のように慕っていたのでとてもショックでした。
程なく兄は義姉と離婚しましたが、その時の慰謝料の一部が私にも支払われて、私はそのマンションを引っ越しました。ベッドももちろん買い換えました。。。”

なんという義姉なんだろうか。そんなことが普通にできる義姉は浮気にはまってしまったんでしょうね。浮気にはまる人は周りが見えなくなるほどまで、はまってしまい人生を破たんさせてしまうのです。浮気・不倫はしないに限るが、するならほどほどに。。。

はたまた、このような相談も…

”妻(30代)が浮気してました。というか、浮気のようなものをしてました。これは浮気になるのかならないのか?妻と結婚して5年目。夫婦の会話も子供のことばかりで、夜の営みも回数もぐっと減り、お互いが家族のような関係でした。でも、それはそれで幸せでした。しかし、わたしの友人が名古屋の繁華街で妻と一回りも若い男が腕を組んで歩いていたのを見かけたと言う目撃情報が入りました。すぐさま妻を問いただしましたら、なんと、疑似恋愛というものをしていたらしいのです。不貞行為すらしていないらしいのですが、一緒に食事したり、手をつないだり、ドライブしたりという普通のカップルがすることを実際にするらしいのです。でも必ず不貞行為は絶対してはいけないというお約束があるらしく。だから許してください、離婚はしたくないですということでした。これで本当に不貞行為はなかったのかどうかは分からないのですが、妻を信じてもいいものでしょうか?”

うーん、その不貞行為があったかどうかは奥さんとその男性にしか分からないですよね。すでに御主人にはばれてしまったので、また会って不貞行為を行うかどうか調べるのはなかなか大変なことですし。しばらく、何事もなかったように過ごしてみて、しばらく奥さんを泳がせておきましょう。そして忘れたころに探偵を雇ってみて調べてみてもいいんじゃないかな。

そんなこんなで、探偵はこんなことを考えるのです。

浮気は無くならない。だから、ばれない方法は無いものか…。

探偵がこんなことを言っては身も蓋もないが…。

浮気が絶対ばれない方法その①

さてこんなご相談を頂きました。「絶対に浮気がばれない方法ってありますか?」探偵調査員にこんなことを聞く友人も友人ですが、プロであるわたしたちが言う絶対に浮気がばれない方法を少しですがお伝えいたしましょう。

まずは相手とのメッセージは全て削除してください。相手とはFacebookメッセージでやりとりをしたほうがいいかも。LINEだとアカウントを乗っ取られてLINEの内容がバレバレになってしまうおそれがあるので。いつ・どこで会うかといった必要最低限の情報の行き来にとどめておきましょう。

会ってからお互いの目の前でスレッドごと削除。徹底して痕跡を消していきましょう。『後でメッセージを見返して余韻に浸る』なんていうのも若干憧れると思いますが、それはリスクが高すぎます。

Gmailをプライベートで使う人は多いですが、Yahoo!メール派はマイナーな印象があります。だから、Yahoo!メールで新規にアカウントを作り、それで連絡を取り合うのもいいでしょう。Yahoo!メールならさすがに奥さんにもバレないみたいですよ。

あえてマイナーなものをセレクトするのは賢い選択。

浮気が絶対ばれない方法その②

たとえ相手と帰る方向が一緒でも細心の注意を払いたいので、基本的に現地集合・現地解散を徹底。お店や施設の中で合流し、その後は時間差を設けて別々に出るんです。

万一、お互いの知人に彼と一緒にいるところを見られると、決していいことにはならないので、街をふたり並んで歩くことは絶対だめです。

一旦待ち合わせ場所に入ってしまい、そこから別々に出て行けば、ふたりの関係性がバレる心配はかなり減らせます。絶対に人に見られたくない場合、この方法を使ってみては。

浮気が絶対ばれない方法③

夏はむしろ怪しくなりますが、秋冬は常にマスクを装着。ふたりともです(笑)。マスクを付けているだけで、だいぶバレにくくなると思いますね。一般的なアイテムですが、目立ちたくないときには重宝します。探偵調査員としたら、マスクが一番嫌なアイテムです。

自分や相手がもしなくしてしまったときのために、2〜3枚は持ち歩きましょう。

変装=サングラスを思い浮かべる人も多そうですが、それよりも手っ取り早い、かつナチュラルなのがマスク。常日頃から緊急時のために持ち歩くといいでしょう。伊達メガネと合わせるとより一層変装度がアップ。

できることなら安全な恋を普通に楽しみたい――と感じますが、必ずしもそう転ばないのが恋というもの。もし、リスクのある恋をするときは、気を張ってくださいね。

 

また、こんなことで相談が寄せられることもあるんですよね。

休日に仕事?っていう奥さまから探偵への相談。

最近、主人が携帯電話でコソコソと話す事が多くなり、トイレに行くときもお風呂に行く時も携帯をはなそうとせず、休日に仕事だと行って家を空ける事も多くなりました。私は主人の浮気を疑うようになり、何か証拠をつかんでやろうと思っていたある日、主人が携帯を忘れて会社に出かけました。私はチャンスとばかりに携帯を見てみると、ある写真を発見しました。そこには、若い女性を仲良く写っている主人の姿が。見た瞬間これは絶対に浮気だ。間違いないと確信しました。私はこれからどうすればいいか悩み、友人に相談する事に決めました。友人も昔ご主人に浮気をされ、今は離婚しています。友人に電話をすると早速アドバイスをくれました。「写真だけでは証拠として弱いから、探偵に頼んで浮気を決定づける証拠をつかんだ方がいい。私が以前頼んだ探偵社を紹介するからすぐに行きなさい」と。友人が電話をしてくれて、後日私は探偵社にむかいました。対応してくれたのは感じの良いスタッフの方で、私の話を親身になって聞いてくださいました。そして料金から調査方法まで丁寧に説明していただき、私は改めて探偵社さんに調査を依頼することになりました。そして調査を依頼してから数週間後、探偵社さんから事務所にきてほしいと連絡がありました。急いでかけつけると浮気の証拠がつかめたとのこと。証拠写真を見せてもらうと前に私が携帯で見た若い女性と主人がホテルに入っていくところでした。これで浮気に間違いまりません。私は事実を知った以上主人を許せる事ができず、離婚する事にきめました。将来の事等いろいろ考えるところもありますが、騙され続けるより事実を知る事ができて本当によかったと思います。探偵社の皆さんには本当に感謝しています。

はたまた、こんな相談的な話もあるんです。

友人が彼女のことで調べたい事があるそうで、本人ばりに、どの探偵事務所がいいのか調査したみたいで。その友人は何に悩んでいるのかというと…。

現在の彼女と交際して4年になるのですが、そろそろ婚約したいと考え初めていたのですが、最近彼女が携帯電話をずっと触ってメールをしていたり電話をしているので不審に思っているとのことだったのです。
彼女と交際して4年になるので、相手も婚約のことを考えていると思うのですが、プロポーズして断られるというのは絶対に嫌で、メールしたり電話している相手が男性だったりしたら結婚と思い上がっているのは私だけになるのは嫌だと言う事で、浮気調査のために探偵社に相談したいということなのだそう。
その友人も探偵会社など依頼してこともないし、知り合いもいないので自分もその気になっていろいろと調べていると、探偵業界は個人事業主ばかりで一人でやっている人がほとんどで、事業所の所在地を公開していない場合などは、転送電話を利用してあたかも事業所があるかのように装っていたり、実際に行ってみると事業所がなかったりすることもあり、契約書を交わさずに調査費用を前払いで請求してきてろくな調査をすることがなく、結果を報告してくるような悪徳探偵会社もあることがわかったのだそうです。

それで、結局、探偵は長年の実績があるところに相談しにきたって、話していました。

いろいろ調べてくれて、ここの探偵にたどり着いくれたんですね。有難いことです。
ある探偵社などは浮気調査の費用が完全成功報酬制と通常調査プランの2種類あり、完全成功報酬制は相談者と成功の定義をしっかりと打ち合わせした後に調査料金を提案し、成功の定義に達することができなければ調査料金はもらわないなど、通常調査プランは1時間2,500円から5時間65,000円と金額が明確になっていて、調査を依頼して調査が終わった後に莫大な調査費用を請求される心配もないのが安心できそうなところもあるって、話ししてくれました。

よく調べている人もいるものなのですね。

相談された友人にも話をして、私ども探偵社に彼女の浮気調査を依頼が来た訳です。最近彼女が携帯電話を触ってメールしていた相手がすぐにわかり、電話していた相手は男性だったのですが、彼女が昔からしっている男性で私よりもいろいろなことを相談している相手であることがわかり、相談の内容についても、友人との婚約についての相談で一緒にやっていけるかの相談をしていたことがわかって、 それを知った友人は浮気をしているのではないかと疑った自分を恥ずかしく感じたと言っていたそうです。
我が探偵社のスタッフは、浮気調査や離婚調査のプロで様々な事例をしっていて、友人の相談についても誠意をもって対応してくれ、結果浮気していないこがわかり、友人も不安な気持ちなく婚約を進めていけるので探偵社にお願いしてよかったとおしゃってくれましたよ。

それが大人なのかな…って思う事ないですか?
こんにちは!探偵さん!!
ある依頼人が、今日は「人探し」をお願いします。って相談に来たんですね。
その人は、年齢の割には身体能力が高く、若者に決して引けを取らないスポーツマンです。毎日のようにトレーニングルームで筋トレをして、週二のサークル「バドミントン」も休むことなくこなし、空いた時間には自転車走行、ウォーキングと体力増進に邁進していた人がある日突然姿をくらまし、消えてしまいました。私に会いたくなくて消えたのだと思うのですが、ただ元気かどうか、病気してないかどうかが気がかりです。とまあ、こんなような依頼も探偵さんの所には舞い込んできたりするんですね。

人生長く生きていればどうにもならないこともあって、それはそれで受け止めなければいけない。それが大人と言われるもの。ならば、私はまだまだ子供ですというのです。どうしても諦めきれない。いつか必ず思いは成就されると信じてしまいます。必ず神様はよき方向に導いてくださると。そう信じるのは浅はかでしょうか。そう考える私とは裏腹に、きっと彼はどうにもならないことは諦めて、今の生活を守る方を選んだのではないかと思うのだそうです。まあそれは私本位の考え方だと思いますがと客観的に考えてはおられましたが…。
今から思えば、それは単なる浮気だったのかもしれない。と、話しているうちに気持ちが整理されてきたのでしょうか。浮気=遊び。だから、安易にそうなった。結婚しているいい大人が別の人と再婚を考えて付き合うわけがない。という結論に至ったようです。(ってか、その人結婚してる人だったんかい?!)人の思惑なんてほんとはわからない。ああでもないこうでもないと思うだけ。いろんなことを想定しながら、自分を納得させる材料を並べ立てるのだと。今の現状を乗り切るためにそうしなくてはいられなかったようだ。そうして、探偵としてはなを調べることもなく、思いのたけをぶちまけて納得したのか、帰っていかれました。

浮気癖のある男性は少なからずいるようで…。
夫の浮気癖は結婚した当初からありました。ということでした。今まで私が我慢してきていたのですが、さすがに何回もされると、どうにも気持ちの整理ができなくて、離婚という言葉が頭をちらつくようになりました。結婚して数年が過ぎましたが、私も働きにでるようになったことで、夫と離婚という形になっても、なんとか一人で暮らしていく経済力はあることも背中を後押ししたと思います。今までの、精神的苦痛のことを考えて、有利な立場で離婚をしてやろうと思っていたため、探偵社に依頼することを考えたのだと言います。インターネットで探していくうちに、ある探偵社のサイトにいきついたのだそう。それが、ここってわけだ。その探偵社のサイトを最初見たときに、一番安心できたのが探偵業届出番号がしっかりと掲載されていたところだったのだそう。また、彼女が依頼しようと考えていた浮気調査についても、しっかりと料金が記されていることもあって、どの調査にどのくらい必要なのか、その相場を知らないだけに探偵社の親切なサイトに、ここでお願いすることに決めましたということでした。夫の浮気の信憑性があった彼女としては、浮気現場の確実な証拠が欲しかったこともあって、それほど長期間の調査は依頼されませんでした。この探偵社に限ったことではないですが、調査期間が長ければ長いほど費用がかさんでいくため、ある程度の行動パターンを自身で調べていたこともあって、短時間で効率的な調査を依頼することで、それほど費用はかからないで済んだという訳です。どのくらい浮気の確信があるかによっても違ってきますが、探偵社に依頼する費用はバカにならないため、自分で調べられることは調べておくことが依頼する際のポイントだと私自身も思います。依頼した探偵社のスタッフはとても優秀で、調査内容についても納得のいくものでしたとおしゃってくださいました。これからのことをしっかり考えていかなくては…と言っておられTたので、またいつでもご相談下さいねと声をかけました。

こんな依頼もありました。

奥さまについての依頼でした。奥さまはは出産をしてから、しばらくは専業主婦として家庭にいていつもおとなしい恰好をしていましたそうです。しかし、子供が2歳になったころから仕事に復帰し、半年ほどたったころから、奥さんの残業が増えるようになったのだそう。そして、それまでおとなしい恰好しかしなかった奥さまが、スカートばかり履いて、ピアスをしたり、化粧が濃くなるなどおしゃれに気を使うようになりました。そのころから常にどこに行くのにも携帯を持ち歩き、ロックまでかけるようになりました。もともと子供がおなかの中にいるとわかったときから、夫婦の関係は淡泊でしたが、依然にもまして近づくのも彼女は嫌がるようになったと言う事なのです。そこでもしかして浮気をしているんじゃないかと疑いをもちはじめたのだそう。そしてある日、意を決して私は探偵社に浮気調査を依頼したのだということです。
探偵社が浮気の調査を行いました。探偵社の調査によると、奥さまは毎週同じ曜日の仕事帰りに、職場の同僚とホテルへ行っていました。疑っていたものの、真実を突きつけられると目の前が真っ暗になりとてもショックだったそうです。探偵社からは複数の写真を撮影しました。写真に写っている男は、依然から妻の会話によく登場する人物で、信頼していた人だっただけにもショックをうけられたそうです。知らないままでこれから過ごすよりも良かったと思います。とも、おしゃって下さいました。探偵社に調査をしてもらったおかげで、相手の男を突き止めることができ、不倫をやめさせることができましたとも。このまま知らなければ、ずっと二人の関係は続いていたと思います。ここでわかっただけで、2人の関係に終止符を打つことができ、私たち夫婦の再出発ができるきっかけにもなりました。と、感謝の言葉をかけて頂いたのです。

妻の不貞が疑わしいので調べて欲しい。という、依頼。
妻と出会ったのは社会人になってからでしたということ。2年ほど付き合ったあと、恋愛結婚でみんなに祝福されて結婚されたそうです。当時は幸せの絶頂でしたが、やっぱり結婚して年月が経つと愛情や新鮮さがどんどん薄れていって、今ではすっかり冷え切った夫婦になってしまったそうです。結婚して7年が経ち、僕としてはもう妻と離婚して新しい人と人生を始めるのもいいと思っていました。幸か不幸か僕たちには子供がいなかったからその気になればすぐに離婚に踏み切れました。だけど、僕は慰謝料を払うことは絶対に嫌だったんです。だから探偵社に慰謝料を払わなくても離婚できる方法を相談しに来ましたということです。自分で言うのも何ですが、僕はいい夫をやってきたと思っています。妻に暴力を振るったり浮気をしたことは一度もないし、仕事も真面目にこなし、毎月決まった金額を家計に入れて何不自由ない生活を送れるようにしてきました。休みの日には家族サービスをし、家事も積極的に手伝いましたと主張されていました。そしてこう続けます。しかし妻は専業主婦のくせに家事は適当だし、家に帰っても夕飯がないことも珍しくありませんでした。そのうち夜も出歩くようになり、無断外泊も当たり前のようにするようになり、他に男がいるのは明白な状況でしたからね。そんな女と離婚するのに慰謝料を支払うのはまっぴらだったので探偵社に相談しにきたんです。そんなこんなで、探偵が妻の行動をしたら、面白いぐらいにいろいろ証拠が出てきました。これなら裁判になっても僕が慰謝料を支払わなければならないような事態には絶対ならないという安心感があるくらいです。逆に妻から慰謝料が取れるぐらいだと話もしました。このような結果が出せたことで、探偵社を使って情報や証拠を集めておいて正解でした。何もしないままだったら、専業主婦の妻にはそれなりの慰謝料を支払わなければいけませんでしたからね。探偵社のおかげで妻の不貞の証拠はしっかり掴めましたし、あとは自分に都合のいいタイミングで離婚を切り出せばいいだけです。探偵社の報告書はすごく早く仕上がってきたし、丁寧で見やすく、しかも詳細がすごく書かれていて丁寧なものでした。さすがプロだなと思う仕事ぶりでしたおしゃってくださいました。結婚生活が終わることに後悔もありませんし、妻の不貞の証拠を握れて、自分に有利に離婚が進められそうです。とも、おしゃっておられました。結婚生活もどちらかの意思の変化によっては、あっけないものです。

助手席のシート位置で浮気に気が付く人もおおいようです。
こんな依頼です。

”主人は車通勤をしているのですが、その車の助手席の様子がおかしいのです。
以前は助手席のシートの位置が変わることが無かったのですが、最近位置がずれているので私が乗る際に位置を直さなければならないのです。
一度主人に「助手席に誰か乗った?」と聞くと、「取引先に行くのに部下を乗せた」と言っていたので安心していたのですが、ここのところよく位置がずれているのです。
しかも思いっきり前にずれているので体型が小柄な人が乗ったんだと思います。
あまりにも何回も続くので「浮気をしているのでは」と思うようになりました。
そこで迷ってはいましたが探偵社さんに浮気調査を依頼することにしました。”

という依頼。
たまたま自宅の郵便ポストに探偵社さんのチラシが入っていたことから、相談をしに来たようなのですが、とても親身に相談にのってくれ、高額なイメージのあった浮気調査の料金が思ったよりも高くなかったのということで依頼をすること決めて下さったようです。
結果はやはり予想していた通りでした。若い女の子と浮気をしていたようです。
正直とても悲しかったとおしゃっていた奥さまですが、真実を知ることが出来たので探偵社さんには本当に感謝しています。地域密着型の探偵社だったので、急な調査依頼だったにも関わらず快く応じてくださって、とても感謝しています。とおしゃってくださいました。

こんな依頼も受けます。
主人が不倫をしているようです。どうも最近様子が変でした。急に身なりに気を遣ってみたり、家に帰っても携帯でメールをやりとりしていたり、出張や残業も増えました。また主人の悪い癖がでたようです。もう子供もできたというのに、あまりにも女癖が悪すぎます。少しとっちめてやろうと思います。そこで、身動きがなかなか取れない私は、探偵社に浮気調査を依頼しようと思ってということです。それいいと思います!いろいろ調べるのが仕事の探偵ですから。話を聞くと、調査してもらいたいのは、旦那さまの不倫の事ではなくて、あくまでも不倫相手の身元だと言うのです。浮気をする主人も主人ですが、それを相手にする女の方にも腹が立つらしいのです。最初は身元を調べて乗り込んでやろうかと思いましたが、探偵として止めました。「そんなことをしてもあなたが惨めになるだけです。仕返しがしたいとお考えなら慰謝料を請求してはいかがでしょう。」とそんな風にアドバイスしました。奥さまも冷静に考えてみれば、探偵さんの言う通りです。的確なアドバイスをして下さり、本当に感謝しています。と、言われました。しっかり調査することができたらお金を支払う成功報酬制なので、安心して依頼できましたし。とも。女から慰謝料をもらって、そのお金で支払いをするつもりなのだそうですよ。どうして男はこうも浮気ばかり…と思っていたら最近は女性も増えているのだそうです。寂しい人が増えているんでしょうか?

そんな事を思っていたら、今度はご主人からの調査依頼です。
妻は専業主婦です。しかし前までは毎日完璧に家事をこなしていた妻が最近では家事をおろそかにして、外出する事が多くなっている事に気がつきました。
最近は、化粧も濃くなって、服装も少し派手になってきている事も感じていました。わたしは、家事をおろそかにして、何をしているのかが気になって、妻を調査してもらう事に決めました。そこでいろいろ調べた所こちらの探偵社さんを見つけました。無料相談を受け付けていたので、ここで相談に乗って貰おうと思いましてと。まずは、対象者の話を聞いて、気になっていたという調査費用も希望の予算に合っていたようで、完全成功報酬制で調査依頼をうけたのです。調査した結果、御主人が出社した後に、妻がお洒落をして出かけて行く姿を探偵はみのがしませんでした。そのまま対象者の後を追いました。対象者は男性と待ち合わせをしていたようで、その男性と合流してから、食事に行き、そのままホテルに入って行きました。ご主人はもしかして浮気をしているのでは無いかとも考えていましたが、少しの望みをもってはいたようです。浮気が事実だと言う事を報告すると、ショックを受け落胆しておられました。ただもう少し事実の証拠を集めたいということでこのまま継続して調査依頼されたのです。その後も、ご主人が出社した後に、対象者はその浮気男性と会い、ホテルに入る姿と、数時間後に二人でホテルから出てくる姿の証拠を押さえました。
探偵社から、浮気調査の報告を受けてこの先離婚に向けて考えていますということでした。離婚するとしても十分な証拠が揃っているのでこの浮気調査をして良かったとおしゃっておられました。
家事がおろそかになった理由が、他の男性との浮気だったなんて本当に驚きましたともおしゃっていました。決定的な証拠を掴んで貰って感謝しているともお者ってくださいました。今回は完全成功報酬制で調査を依頼されいて、結果が出せましたので、最初の提示通りにお支払い頂くことになりました。迅速で確実な対応をしてくれたのでお願いして良かったとおしゃってくださいましたよ。

そしてまた別の浮気調査の依頼です。
”私には会社で仲良くしている同僚がいるのですが、その同僚が浮気をしているという噂を聞きました。同僚とは何でも話せるつもりでいましたので、その噂には大変驚きなんとか真実を知りたいと思うようになりました。しかし、非常にデリケートな問題でもあるので、どのようにしたらいいのかわからずにいました。会社の中でこの浮気についての噂ばかりが広がり、職場では相談できる人もいませんでしたし、1人で問題を抱えていたのです。そこで、思い切って、探偵社に調査を依頼することに決めました。”

ということなのです。

ホームページには、どのような事例に対応してくれるのかなどが詳細に書かれていたのでこの探偵社ならば、信頼して調査をお任せできるのではないかと感じたのだそうです。実際に浮気の調査なども沢山事例がありますし、料金についても明確に書いてあるので安心して相談してくださったそうです。
同僚と非常に仲がよかったこと、今後どうしていきたいのか、何を調査したいのかなどについても親身になって話を聞いてくれたことで本当に相談してよかったと感じることができたということです。さらに、こんなお手紙も頂きました。

”実際に調査をしてもらったのですが、報告書がとても早いことにも驚きました。さすがにプロの方たちの仕事だなと感激しました。結局、同僚の浮気は噂ではなく事実でした。真実は私にとっては残念な結果でしたが、本当のことを知ることができてよかったと思っています。噂話だけでは私はどうしても納得できませんでしたし、真実を知ることができたことで同僚にアドバイスなどをしてあげることもできるようになりました。相談していなければ、今もまだもんもんと1人悩んで、混乱していたままだったと思いますから。地域密着な業務をしている探偵社さんだからこそ、ここまでスピーディーに対応してくれたのだと思います。今後ももしなにかトラブルなどがあれば、相談していきたいと思っています。信頼ができるとうことは、今の時代とても大切なことです。”と。このような手紙を頂くと、浮気調査なんて人のいけないところを目の当たりにするばかりで、人間不信にもなりそうな所ですが、人間のいい部分にも触れられて改めてこの仕事頑張って来てよかったと思う訳ですよ。

こんな浮気調査もあるんですよね。

自分が見立てたものとは別なもので、気が付く事…。
”夫が仕事で単身赴任をすることになりました。私と子供と二人だけの生活で月に2回夫が帰ってくるという生活が続くことになりました。
夫が帰ってくると、真っ先に子供と一緒に遊んで、夫が帰ってくるときはいつも楽しいものでした。でも一年もすると少し気になることがありました。それは夫が帰ってくる度に、私が見立てたものとは別なものに変わっているのです。
ネクタイや靴下から始まって、背広やズボンまで、単身赴任のときに持っていったものとはぜんぜん違うものを着ていて、そんなことで夫のことを疑うのもどうかと思った私は何も言わないでおりました。
しかし、それから少しして、単身赴任から帰ってきた夫が、無意識に知らない女性の名前を語りました。夫は気が付いていなかったのですが、浮気を確信した瞬間でした。
万が一夫の浮気が私の思い違いだった場合に備えて、探偵社に調べてもらおうと考えた次第です”と。

探偵社にいらした奥さまは、ご主人浮気調査をすることにしました。
夫を疑いたくないという気持ちは大きかったそうですが、このままもやもやしていてもいやなので、しっかり調べてもらいたいと考えたようです。
それからしばらくして、探偵社から証拠書類をお渡ししました。ご主人が浮気をしている証拠を出されて、信じたかったけど、やっぱり浮気をしていたのかとがっかりされていました。しかし、探偵社に調べてもらいはっきりすることができたので、とても良かったといっておられました。それからご主人とは離婚を進めるたまに調停を行うことになったそうです。ご主人の浮気の証拠がしっかりとしたものだったので、どうにか勝って慰謝料も予想以上にもらえそうだと教えて下さいました。お子様と二人で仲良く暮らしていってほしいと願うばかりです。

 

単身赴任での浮気は多いのか?
こんな依頼もありました。

”夫が遠方に単身赴任に行っています。
はじめの頃は特に変わった様子が無かったのですが、この頃なんとなく夫の様子がおかしいのです。休日に電話をしても出なくなりました。昔であれば休日は家でゴロゴロしているタイプだったのに、どうやら家にいないのです。平日の夜に連絡しても電話に出なかったり。後から折り返し電話が来ることも少なくなったのです。単身赴任中に浮気をしているのではないか、と思うようになりました。そのため調査をしてもらいたいと思い、探偵社さんにお願いしました。探偵社さんを選んだのは、友人が以前に浮気調査をしてもらっていて、とても対応が良かったと言っていたからです。早速、探偵社さんにお願いしたのですが、他の探偵社さんに比べて格段に料金が安いことに驚いてしまいました。”ということで…。

どんだけ、単身赴任中の浮気って多いのよ?って突っ込みたくなる気持ち分かります?
そして、調査開始です。調査の結果はやはり黒でした。単身赴任先でしっかり浮気をしていました。
女で一人で子供の面倒を見てきたのに、この結果には本当にがっかりしてしまいましたと、奥さま。本当ですよね!子育てを任せきりにいておいて、自分は目の届かぬ所で浮気をしているだなんて!
しかしながらこのまま真実を知らないよりは、本当の事を知ることが出来て良かったと思っています。とも奥さまはおしゃっておられました。

 

探偵を知っていても、実際のところどのような依頼が来るのかは、探偵しか分かりませんよね。探偵さんの所にはどんな依頼が来るんでしょうか。と、相談に来られた人に聞かれたこともあります。もっぱら、探偵のイメージで多いのは浮気調査がナンバーワンに浮かんできますが。旦那さんに浮気されて、といっても、浮気されたんじゃなく、浮気されてるのかなあという疑惑に悩まされる。でも、それがわかったところでどうなんでしょう。浮気は止められ、奥さんの所に戻っても家庭円満に生活できるのでしょうか。一度裏切られた思いというのは消えるものではないと思うのですが。その辺のところの心理といいますか、気持ちは人それぞれなので何とも言えませんが。探偵さんは、そんな浮気で悩んでいる人の相談に乗り、旦那さん、あるいは奥様の浮気を調査し、証拠を上げる。そこで、浮気は終わり、まあ多額の慰謝料なんぞも発生するのでしょうか。いずれにしろ、解決の道へと事は終結される。そんな探偵屋さんという職業も、人の明暗、幸、不幸を見せられる、何とも煮え切らない職業だなあって。相談者さんにそんな気持ちをもってもらちゃって。

彼女曰く、探偵さんの所の依頼も結局は浮気調査がほとんどなんじゃないの?って。40代、50代に突入した夫婦は、なぜか夜の営み回数が少なくなってくる、あるいはゼロになるんですよね。まれにいつまでもラブラブの夫婦もいるかもしれないので一概には言えませんが。それには妻に問題があるのか、夫は妻に対して性欲を感じない?その辺の原因は追求してみないとわからないですけどね。ところがどっこい、男の人って何歳になっても「H」は好きな気がします。奥さんには興味が無くなったにしても、根本的には「H」は好きなんです。女性よりも男性の方が「H」は好きな気がします。なので、夫は浮気をするんではないか。妻は浮気ではなく不倫になるのではないかなあと私は思います。いやいや独身の男に走るかも知れないぞ?夫の浮気の場合は、ただの「H」だけですから、妻が夫の浮気調査を依頼し、発覚しても、「はい、ごめんなさい」で元の鞘に収まる。妻の場合はそうはいかない事が多いみたいですね。その人曰くですよ?日常の不満やら、夫に対する不満やら、現実の世界から目をそらしたい、現実逃避とでもいえるかもしれない。そこから不倫が始まるケースがあったりする。我ながら女性であるが故に、女性の方が複雑であろうと思ってしまいます。もう一つ感じることは、女性よりも男性の方が家庭を大事にする、子供を大切に思う、そんな気がします。まあ、私の周りの方たちがたまたまそうであったからということもあるかもしれませんが。
探偵さんも、人に合わせた、いろんなパターンでもって調査・報告をされるでしょう?ご苦労さまです。なんて言われて。

結局、世間話みたいな感じで終わったのですが、探偵に何しにきたん?って最後疑問が残りましたね…。

娘婿の外泊が増え…なんて、依頼もあるですよ。
依頼者は”少し前から気になることがあり、自分なりにも調べていたのですが、なかなか結果を得ることができませんでした。その悩みは娘婿のことです。
少し前から娘に相談されていたのですが、娘婿が毎週のように外泊するようになっているとのことでした。
そして、その理由もはっきりと話したがらず、とても悩んでいるようです。
今後もこのようなことが続くようであれば正常な婚姻関係を続けていくのは難しくなりますし、関係を改善させるためにもなぜ外泊をしているのかを確かめておく必要があります。外泊となるとやはり浮気なども心配されますし、そういったことがあれば、さらに関係が悪化してしまう可能性もありましたので、思い切って、娘婿の調査を調査のプロである探偵に依頼することにしました。
まずは信頼できる探偵社を探さなくてはいけなかったのですが、いろいろと調べてみたところ東海地方ではこちらの探偵社の評判が良かったので、探偵社に依頼することにしました。相談は無料で、電話や面会で行なってくれるらしいとのことで、まずは相談に出向き、最近娘婿の外泊が多くなっていることを相談したのです。”と。
そして、相談された後もこのようにおしゃっておられました。”探偵社では相談にも親身に対応してくださいましたし、これなら信頼できると確信しました。それからプロの調査となると費用についても心配があったのですが、こちらでは低価格で対応してもらうことができたのも安心して依頼できました”と。
その後、しばらくしてから本格的な浮気調査を行いましたが、間もなくして浮気の証拠となる写真を撮ることができました。”今後どうするかは当人同士で話し合いとなりますが、有利となる証拠を取ることができ、結果はショックでしたがよかったのかもしれません。お世話になりました。”ということでした。人生、本当にいろんなことがあるな…。

指紋認証、が怪しいなということで、浮気調査の依頼しようかと思いましたっていうのもあります。
相談内容はこんな感じです。”夫の様子がおかしくなったのは3ヶ月前からでした。休日出勤が増えて、身だしなみに気を使いだしたからです。それまでは土日祝日に仕事に行くなんてことはほとんどなかったし、ましてや身だしなみなんて気にする人ではなかったです。寝癖をつけたまま出勤するなんてことは日常茶飯事だったのです。その夫が出かける前に熱心に鏡の前で髪の毛を整え、香水をかけているのです。怪しいというのはもすぐに感じ、私は女性の気配を探りました。夫の鞄を夜中にチェックして、携帯電話もこっそりと見ようとしました。しかし、携帯電話を見ることができなかったのです。以前とどこにでも適当に放置していた電話でしたが、それにしっかりとロックがかけてあるのです。しかも指紋認証です。私は浮気を確信しました。朝起きた夫に、指紋認証のことを問い詰めると、「会社の仕事のことを外部に見られたらいけないから」との返答でしたが、私は見せるまでは会社に行かせないと玄関に立ちふさがりました。その日重要な会議がある夫は無理にでも通ろうとしましたが、私も譲りませんでした。夫はしぶしぶ携帯を出して、「降参しました」と私に誤りました。まだ身体の関係までいっていないと言っていましたが、真実は分かりませんが。携帯電話を指紋認証にしたら浮気を疑うべきだと確信しました。”ということらしいのですが、その女とその先別れたとしても、ご自身の将来に離婚という選択肢があるのなら、今回その行動が必ずしも吉と出るかというのは分からないものです。

現時点で浮気を阻止できたとしても、そういった癖のある人はその先も浮気をする可能性は高いです。なので、悔しいですが、泳がせておいて浮気の証拠をつかんでおくと言うの選択肢の中に入れてはどうでしょうかという話を探偵としてさせてもらったこともありました。

証拠残しておくのと、置かないのとでは後あと事の進みが違ってきますから…。

みなさんこんにちは。毎日毎日浮気・不倫調査が立て続けに依頼がきます。今回、とても驚いたことがありました。これだけの浮気・不倫調査を行っておりますと、、、あっ、以前にもご依頼いただきましたよね~という方もいらっしゃいます。理由としましては、山ちゃんの調査内容が裁判に提出した際すばらしかったらしく、また浮気調査をお願いしたいという依頼者がけっこういます。ということは、同じ相手を調査するということもあり、なんだか依頼者とは顔なじみになるというか。。。親近感がわくというか。。。しかし、いち探偵調査員としては山ちゃんは私情ははさまない主義なので通常通りの張り込みいたします。

さて山ちゃん思うのですが、同じ相手を浮気調査するということは、やはりその相手は前回の浮気を反省をしていない。もしくは、生涯浮気・不倫をやめられない人間なんですよね。「不倫は文化だ」みたいな頭ん中になっているのだろう。こんな相手とはさっさと縁をきったほうが依頼者のためだと思うのですが、こんな中年じじいに説教されてもいやだろうしね。なので、山ちゃんは前回に続きご依頼いただきましてありがとうございます~という感じですね。

今日も新たな浮気調査がはいってきました!ありがとう!!!

またリアルに報告します!!!

浮気調査 3 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

さて今回もまた浮気調査が入りました。50代の女性、パート勤めです。

子供はすでに成人しており、自宅では御主人との二人きりの生活だそう。

御主人が浮気しているかもしれないため、調査をしてほしいという内容でした。御主人は土木作業員で、日中はずっと外仕事です。

そこで、御主人がまったく帰って来なくなってしまったそうです。しかし、女性の影は薄々気が付いていたらしいのですが、気が付かないふりをしていたそう。

やっぱり二人で余生を過ごしていきたいと思っていたらしいのだが。

御主人がまったく帰ってこないなんて、どこに住んでいるのか。とにかく御主人の居所を探し出して、女の影があるのかないのか調べてみよう。

御主人が突然自宅へ帰って来なくなってしまい、所在調査と浮気調査をしてほしいと依頼が入りましたので、調査開始しました。

結構簡単に御主人の居所が分かりました。御主人は、浮気相手である30代の女性のマンションに半同棲というかたちで住んでおりました。

その女性は長年浮気相手として関係を持ち、最近その女性が妊娠したということで御主人は責任?を取る形で、同棲しているのでしょうか。

調べた結果、やはり浮気相手は妊娠しておりました。しかし、結婚という形はとらずに、認知して養育費を支払うということで話はついているそうです。

なんという結果でしょうか。

奥様に調査報告書を提出しました。浮気相手が妊娠しているという結果にとても驚いておりました。

そして、認知をして養育費を支払うなんて、その産まれてくる子供がかわいそうだとおっしゃるのです。やはり、子供には両親が必要だと言うのです。

「うちはもう子供は成人して立派に育ちました。それはやはりあの人がしっかりとした父親でいてくれたからだと思います。なので、わたしはあの人に離婚を伝えようと思います。そして浮気相手と再婚し、産まれてくる子供にしっかりと父親としての役割をしてほしいと思います。」

わたしはとても驚きました。浮気された人からこんな言葉がでてくるなんて…。すばらしい女性だと思いました。

今回の調査も無事に終了しました。またご報告します。

浮気調査は立て続けにくるんですよね…。

また今回も浮気調査が入りました。

20代の若い女性からの依頼です。見ると、お腹がふっくらしている。。。?

しかし男性からもしかして妊娠している?なんてやぼな質問をするのはナンセンスですよね。とにかくどんな依頼なのか聞いてみましょう。

「わたし、今無職なんですが、妊娠六か月でして。旦那も同じ歳の22歳です。いわばできちゃった結婚です。最初は妊娠にとても喜んでくれたんですが、最近帰りも遅く、土日もまったく家にいないんです。でも旦那の稼ぎで生活してるので、問い詰めることもできなくて。。。でもわたしの両親はわたしが小さい頃に亡くなっており、旦那の両親も所在不明で、頼れるのが旦那しかいないんです。でももし浮気しているのなら、離婚して旦那と浮気相手にそれぞれ慰謝料を請求したいと思ってるんです。またできれば料金のほうもお安くしていただけるとありがたいです。貯金を切り崩して今日は来たので…」

さて、私の予想はぴったんこ。

赤ちゃんがいたのですね。

身重の若いママからの旦那の浮気調査が入りましたので、さっそく調査を開始しました。まずは旦那の情報を奥さんから確認してみると…。

年齢は奥さんと同じ歳の22歳。

勤め先は、バリバリの土建屋の現場監督です。

現場監督は収入が結構いいらしく、金遣いは荒そうです。

乗っている車も、白色のセダン車でバリバリの改造車でありました。

これはやんちゃ坊だな。見た目も短髪の金髪で見た目三代目のような出で立ち。

しかし、身重の嫁さんをほっぽって遊び歩いているなんてありえません!さっそく浮気調査開始です!

さて土建やさんのやんちゃ坊の御主人の浮気調査が終了しました。

結果は「シロ」でした。御主人、産まれてくる子供のために友人を通じて紹介された日給のバイトをしていたのでした。

基本、現場監督なので、お給料は人並み以上にあるらしいのですが、御主人は後輩の面倒見がいいため、昼ごはんや飲みに行ったりのお金を出してあげているそうです。

これでは貯金もままならないでしょうね。

しかし、バイト行くなら行くと奥様に正直に話してくれればいいものの、男気の強い御主人は黙っていたのでしょう。

とにかくクロでなくてよかったとホッとした山ちゃんでした。

身重な奥さまに、クロって伝えるのがどれだけ苦しいことか…。

すぐに調査報告書を作成して依頼者に提出しなくては…

後日、依頼者に事務所に来てもらいましたよ。

なんだか以前よりお腹がおっきくなっていました。その後の御主人の様子を聞きましたら、やはり土日は家にいないということ。

行き先は仕事だしか言わないので、確実に浮気してます!と叫んでいました。

いやいや、本業とは違うけど、本当に仕事だったんだって!!

普通なら、そこそこ稼いだいてさらにバイトだなんて考えられないのは、理解出来ますけどね。

さて、調査報告書をお見せいたしました。

すると、依頼者は号泣しました。

そして、夫を信じれなかった自分が情けないと悲観してました。

この世の中には、不倫や浮気が蔓延してなにが正しくてなにが間違っているかなんて分からなくなっている人達がたくさんいると思います。

ちゃんと伝えることって難しいんですよね。

事実を伝えてそれを信じてもらいたいなら、日頃の生活態度をしっかりすることですよね。

これで調査終了しました。

また依頼が入りましたら、ご報告しますね。

 

30代の専業主婦の女性から浮気調査の依頼が入りました。結婚して3年の御主人が最近浮気をしているんじゃないかということ。

なぜ浮気を疑うようになったのかまず聞いてみましょうか。

「わたしは専業主婦ですが、最近は週に二日ほど、駅前の花屋さんでバイトをはじめました。子供もほしいのですが、なかなかできなくて…。不妊治療にはお金がかかるらしいので、主人には内緒で不妊貯金をしようと思いまして、バイトをはじめました。すると、ある日忘れもしない10/1、午後14:15、駅の入り口から主人が小さなスーツケースを持って出てきました。そういえば、昨日は名古屋市内に泊まりで出張があると言っていたので、その帰りかと思いきや、隣には若いロングヘアの女性も同じく小さなスーツケースを持って歩いていました。見た目はとても親密そうでした。だって。。。手をつないでいたのです。わたしでもわかりました、この二人はなんだかの関係があると。その日はわたしが先に家に帰って、夜に主人が帰ってきたので、駅でみかけたことは何も言わずに、出張おつかれさま、一人で出張だったの?と聞くと、そうだよ、一人だったから大変だったよ。と言ったのです。これで疑惑が確証に変わりました。わたしもいい年ですし、もし主人が浮気しているなら離婚を考えます。子供ができないのも、もしかしたら主人に原因があるかもしれませんから。なので、浮気調査をお願いします。」

了解しました!さっそく調査開始です!

その御主人と隣にいた女性が何者かも調べつつ、御主人の尾行を開始しましょう。

すると、さっそくわかってきました。

御主人と隣を歩いていた女性は同じ職場の後輩独身女性でした。その女性とは社内不倫をしており、かれこれ二年ほど不倫関係が続いているようで、その女性は御主人と結婚を考えているらしいです。

その泊まりの出張というのも、御主人と女性は同じ日に有給休暇をとり、一泊旅行を満喫していたということです。そんなことをしていると、会社内部に2人が不倫しているなんてすぐにばれてしまうだろうに。。。

しかし、その週は、たくさんの社員がそれぞれ有給休暇をとっていたため、あまり公に疑われることはなかったみたいですな。

そしてその女性は、周りの友人たちにいま付き合っている彼が奥さんともうすぐ離婚してくれるというから、それまでわたしは待つと言いふらしているそうです。

再婚を考えているということか。

あとは二人の不貞行為を証拠として写真を手に入れるぞ。

奥様からの情報では、御主人の帰宅時間は毎日だいたい夜の8時から遅くても10時とのことです。基本営業まわりなので、お客様から急に呼び出しがかかることもしばしばあるそうですが。。。

山ちゃん情報ですと、御主人の会社は毎週水曜日はノー残業デーを設けているそうなので、水曜日は定時の17:30には全社員は強制で帰らないといけないそうです。

17:30以降は社内の電気が全て消えるそう。となると、水曜日だけ早く帰ってくるなんてことがないそうなので、御主人と後輩女性は水曜日に浮気をしている可能性が大いにある為、今週水曜日に張り込みを行う事としよう。

少しでも奥様の調査料金を下げてあげることも僕たち名古屋探偵の器量と言いますか。。。

問題の水曜日になりました。水曜日は、基本ノー残業デーなので、全社員は一斉に17:30を過ぎると会社を出てきます。

会社のそばに山ちゃんと相方と車で張り込んでます。

17:50ごろ、御主人と同僚とその浮気相手である後輩女性とその同僚である女、計4人がでてきました、4人は仲良さげに、談笑しながら歩いています。

駅の方へ向かっています。すると、4人はタクシーに乗り込みました。

すぐに山ちゃん号もそのタクシーを尾行します。この時間帯はなんせ車が多く、渋滞もあるため、尾行が難しい。。。

もし見失ったときのために、相方がビックスクーターでついてきていますが。

4人が乗るタクシーは駅からほど近いオシャレ居酒屋へ到着しました。4人は店内に入っていきました。しばらくは待機としよう。。。

御主人・御主人の同僚・浮気相手である後輩女性・その後輩女性の同僚の女性、計4人が駅前で一台のタクシーに乗り込み、駅からほど遠いオシャレ居酒屋に入店してから一時間半が経ちました。

探偵っていうのは待機時間が長いから、それに我慢できる忍耐強さがないときついものがあるんだな。山ちゃんは忍耐強さには自信があります。

真冬の中、エンジンを止めた車の中で7時間待機した事もあったな~。あの時は一人だったため、携帯トイレを持参し、頑張りました。

すると、タクシー二台が店の前に到着した模様。しばらくすると、4人がほろ酔い気分ででてきました。

うん、もう見た感じ、それぞれ女性は男たちに寄りかかり、ただの同僚という関係ではないことは一目瞭然です。

すると、決まっているかのように綺麗に二対二に別れて、各々タクシーに乗り込みました。あ、もちろん御主人はあの駅で奥様が見かけたという後輩女性でした。

となると、あの4人組はそれぞれが男女関係であることが可能性あるということだな。とにかく、御主人が乗りこんだタクシーを尾行だ!

しばらく走ると、とあるデザイナーズマンション前で御主人と後輩女性が乗っているタクシーが止まりました。

御主人と後輩女性が抱き合いながら降りてきました。ということは、ここは後輩女性の住まいという事だな。現在の時刻、PM19:40。

二人は三階の一番奥の部屋に入っていくのをカメラでしっかり確認できましたよ。山ちゃんは、そのマンションの郵便受けを確認すると、三階の一番奥部屋、315号室となりますね。その315号室の苗字を確認出来ました。

「山下」あの後輩女性は山下という名前なんだな。

山下さんがいったいどういう人物なのかも少々調べておく必要があるな。とりあえず御主人が部屋から出てくるまでひとまず待機します。

また待機か。。。では少し探偵業についてお話しましょう。探偵業に憧れて入社したいと言う若者が最近めっきり少なくなったように感じますね。

いちおう求人募集はかけているんですが、まったくといっていいほど人が来ないです。

やはり、給料と労働時間が見合っていないという理由かもしれませんね。でも私たちは、給料や労働時間よりも探偵業そのものに魅力を感じる人に調査員をやってほしいと思ってます。

そして面接のときに、以前働いていた会社の悪口や内部事情をペラペラしゃべる人には探偵業は向いていないと思います。やはり探偵業は個人情報がをたくさん扱う業種ですし、いつ情報漏えいするか分かりません。

あっと、現場で動きがあったようだ。

すると、PM22:20頃マンション前にタクシーが一台来ました。

御主人が乗るタクシーだろうか。ビンゴ。御主人が315号室から一人で出てきました。

これで、御主人と後輩女性が浮気をしている証拠をバッチリとつかむことが出来た。御主人は、奥様が待つ自宅へタクシーで帰っていったとさ。

翌日、我々は山下という相手を調べることにしました。山下さんは、会社内では有名な既婚者キラーと呼ばれているそうです。

隣の芝生はよく見えるじゃないけれど、人様のものがほしくなるというやっかいな女らしいです。

そして、男性側の家庭が崩壊した事を確認すると、めんどくさいことに巻き込まれたくないからなのか、山下さんから別れを切り出すと言うとんでもない女だそうです。山下さんをよく思っていない元同僚からのしかし、今回は違って御主人に対しては本気らしいのです。

まあ御主人は背も高く、顔もまあまあイケメンだし。

後日、依頼者である奥様を事務所へ呼んで、結果報告しました。すると、浮気相手の写真をみて見覚えがあるというもの。

以前よく、御主人の計画で、御主人の同僚とその後輩女性が依頼者宅へ夜ご飯を頂きに来ていたそうです。

奥様はてっきり、御主人の同僚とその後輩女性がいい関係なのかと思っていたそう。しかしそれはまったくの想像違いだったということですね。

後輩女性はもしかしたら、カモフラージュでその御主人の同僚とご飯を食べに来ていたのかも知れません。計画性を疑います。

奥様の結論としては、離婚をし、御主人と後輩女性それぞれに慰謝料を請求したいというものでした。年月を考えると二年という不倫関係はとても長く、精神的にもつらいということ。

不妊に悩んでいるときに不倫を行っていたということにも、とても怒りを感じるということでした。

なので、山ちゃんの信頼する某弁護士さんを紹介させてもらうということで今回の調査は無事に終了です。

また依頼が入ったら報告します!

 

20代の妊婦の女性から御主人の浮気調査が入りました。

まあ、奥さんが妊娠中は御主人が浮気をするのは少ないことではありません。

奥さんとしては、主人が浮気しているのは女のカンというか、間違いないだろうから、浮気相手を特定してほしいという要望がありました。

まあ妊婦さんということでもし浮気相手が発覚したらおなかの赤ちゃんのことが心配だったので、浮気相手が発覚したらまずはどうするかを聞きました。

すると、離婚は考える。

精神的苦痛を与えられたということで、浮気相手に慰謝料を請求する。

主人と二度と会わないように念書を書かせる。

浮気相手がもし結婚していたなら、その家族にも浮気の事実を伝えるというものでした。

なかなかの制裁ですが、とにかく御主人の調査を開始しましょうか。

御主人の情報を聞きました。

御主人はタクシー運転手の30代。

基本給料もそこまで高くなく奥さんが身重ですが、パートで生活費を支えているそうです。

これまた厄介な相手だな。。。と思いました。

タクシー運転手は常に移動するし、時間も不定期なんです。なのでかなりの労力を要すると思いました。

となると、調査料金も多少多くなってしまいます。

その点を依頼者に伝え、それでも調査をしてほしいということだったので開始です。

調査料金は、浮気相手からの慰謝料で補てんするという考えだそうです。

常に移動するということなので、タクシーにGPSを取り付けてわれわれはその周辺で張り込むというやり方でやってみようということになりました。

名古屋市内にある居酒屋で食事を終えたわれわれは御主人のタクシー会社に電話し、御主人を指名してわれわれはお客として乗り込みました。

なにも知らない御主人は、お客様から指名されるなんて今までなかったので驚きましたと言ってましたよ。

見た目もイケメンでさっぱりとし、背も高そうな感じでよくしゃべり、とにかくしゃべりがうまい!走行中に、小型GPSを後部座席のすみに取り付けを完了しました。あとはGPSの位置を頼りに行くしかない。

御主人のタクシーにGPSを取り付けることに成功したわれわれは、何食わぬ顔でタクシーを降り、御主人の位置を喫茶店で確認です。

御主人のタクシーは名古屋駅のタクシー停車場所で停まったのを確認出来ました。お客待ちをしているのだろうな。

しばらく動きがないです。

しばらくたつと、タクシーが移動しました。

名古屋の繁華街へ向かっているのだろうか。われわれもそのGPS付近に向かいます。しかし今19:30という時間は、名古屋の繁華街の道路はとても混んでいるのだ。。。われわれの車もまったく動かない。

なので、奥の手で、相方に連絡し、ビックスクーターで追跡をしてほしいと連絡をした。相方にタクシーの位置情報をメールで送り、相方は現場に急行してくれた。相方とは電話で常に情報がわかるようになっている。

御主人のタクシーを目視で確認できたという連絡がきた。

タクシーの後部座席にお客が乗っているはずなのだが、誰も乗っていないというではないか。

となると、われわれのように指名で誰かに呼ばれて向かっているということか。相方には引き続き尾行をお願いした。

タクシーを尾行すると、タクシーとある場所につきました。

超高級建物でした。その車庫の中にタクシーは入っていき、シャッターが閉められてしまいました。この建物はいったいなんなのか。これは調べてみる価値ありそうだな。

まずはインターネットでみてみよう。

調べるとこの建物は名古屋で有名なデザイナーのオフィスということがわかりました。あ、もちろんそのデザイナーは女性ですよ。

その女性はとてつもない資産をもっており、もしかしたら御主人と不倫相手というかお遊びの関係を行っているのか。。。

これでは不貞行為の証拠を押さえるのはむずかしいな。

建物には何か所も防犯カメラが設置されているし、セコ〇も入っているようだ。これはなかなか手ごわい。。。しかし勤務時間中に業務そっちのけでこの建物内で長時間いるということはあやしい関係も可能性があるという訳だ。

いったん、依頼者にこの件を報告して今後の調査をどうするか確認してみよう。

依頼者に事務所にきていただきました。

以前よりもお腹が大きくなってきており、動くのも大変そうでした。まあとにかく、今の御主人が業務中に何をされているという件をお伝えすると。。。

依頼者も知っていたデザイナーと御主人が浮気している可能性があるなんて信じられない様子でした。

しかし、そんな資産家相手に浮気で訴えるなんてできない!とにかく、主人に調査をした件を伝えて、主人から穏便に別れてもらうように言います!と若干逃げ腰です。

そして、もう浮気調査は必要ないです!といって帰って行かれました。浮気相手がなかなかの大物だと、妻である女性も強気で行くことはできないのでしょうか。。。

志半ばといった感じではあるのですが依頼者が浮気調査をやめるとおっしゃるのでは、いやいや続けましょうなんて言える訳もなく。。。

これで調査は終了です。

またご報告します。

 

さて、みなさんこんにちは。

名古屋は今日はいいお天気です。尾行するにはもってこいの日ですね。

さて今日もまたもや浮気調査が入ってきました。

 

はい、そうこういっているうちに、浮気調査の依頼がありました。

 

 

また報告します。

さて、みなさんこんにちは。

名古屋は今日はいいお天気です。尾行するにはもってこいの日ですね。

さて今日もまたもや浮気調査が入ってきました。

クリスマスが近くなってくると不倫や浮気をしている男女がざわつきますからね。

イベント時期にいるはずの人がいないということに敏感な人たちがわれわれ探偵に浮気調査を依頼してくると言う訳です。

今回は35歳パート女性。

子供は小学生と保育園児の二人のお子様をお持ちという事です。御主人が仕事の都合で、今年四月から独身寮を借りて単身赴任をしているらしいのですが、最近御主人の様子がおかしいということ。

奥さんは子供もいるため寮に行ったのは引越しのときの一度だけ。あとはほとんど行くことがないそうです。

浮気を疑う理由を聞いてみると、単身赴任というが、車で片道40分ほどなので、平日はちょくちょく帰ってきていたそうです。

しかし、先月から仕事が忙しくなってきたからという理由で、ほぼほぼ自宅には帰って来なくなってきたそうです。

たまに帰ってくるとなると、月二回ほど。子供達に会いに帰ってくるという感じだそうです。

帰ってきても携帯を肌身離さずに持ち歩いており、ロックなんてかかっていなかったのに、指紋認証のロックをかけるようになったそうです。

これはあやしい。。。浮気を疑う第一段階です。

そして、単身赴任をすることになったということで、単身赴任手当がつくと思いきや、それもない。御主人に確認すると、会社の業績が悪いから、今年から手当はつかなくなったということでした。

そして、お金の使い方がひどくなった。

いちおう、一人暮らしということで食費として月に7万渡しているそうなのですが、月途中になるともう食費がなくなったから、少しお金がほしいと言うようになったそうです。

そして、たまに自宅に帰ってきてお風呂に入ると下着のパンツがないという始末。パンツなしで寝ることもあるそう。寮にもパンツがないということで、じゃあどこに置いてきているのか?と聞くと、ああ、寮にある!寮にたくさんパンツあるよ!としどろもどろになって言い訳を言うそうです。

もう奥さんとしては疑う理由がたくさんあるので今回浮気調査をお願いしたいということです。

 

了解しましたとお伝えし、御主人の仕事場と寮の住所をお聞きしました。さっそく明日から浮気調査開始です。

まずは、御主人の張り込みです。

さて、御主人の寮にいくといっけん普通のアパートのようでした。

そこで、夕方から張り込みを開始しました。すると、御主人らしき男性が帰ってきました。その横には。。。若い女性。

腕を組んで歩いています。

二人はアパートの部屋に入っていきました。これはもう浮気で間違いないです。

その若い女性がいったい何者なのかを調べる必要がありますね。

とにかく張り込みを続けましょう。翌朝、8:00過ぎに御主人がアパートからでてきました。

仕事へ行くようです。

その30分後、若い女性がでてきました。

こちらも仕事へ行くようです。

若い女性の尾行を開始です。

すると、若い女性が到着した場所。。。御主人と同じ会社でした。

社内不倫を行っていたと言うことか。

とりあえず引き続き張り込みをしましょう。

すると、夕方18時すぎに若い女性がでてきました。

そして、若い女性の張り込みを行いました。女性は自分のマンションに帰っていきました。女性は一人暮らしのようです。

すると、それから30分ほどしたとき、御主人が女性のマンションに現れたのです。お互いの部屋を行き来しているという訳か。

となると、彼女の部屋に御主人の下着がたくさん置いてある可能性が高い。だから、自宅へ帰ったときに自分のパンツが無いと言う訳か…。

御主人は女性のマンションに泊まって朝そのまま会社へ向かいました

これで御主人の不貞行為は確定です。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しましょう。すると、依頼者からこの調査報告書は証拠としてとりあえずわたしで持っていますとのこと。一度、御主人と不倫相手が御主人のアパートで逢引きしているところを子供達連れて乗り込んでやろうと思います。

とおっしゃってました。しかしそれは子供たちの教育上あまりよくないだろうから、おすすめしないでおきました。

やはり、奥さんとしては御主人の浮気を目の当たりにしたら、必ずしも平常心ではいられなくなると思います。

もしかしたら殺意までうまれてしまう可能性だってあります。

乗り込むのであれば奥さんだけで乗り込んだらどうでしょうか?

子供をまきこむのはダメです。

依頼者はそうですよね。。。とあまり納得されていないように帰って行かれました。

これで浮気調査終了です。

また依頼入りましたらご報告しますね。

はい、そうこういっているうちに、浮気調査の依頼がありました。

もうすぐでクリスマスということもあり、浮気・不倫調査が結構入って来るようになりました。女性側もなにか感づくんでしょうね。

はたまた、敏感に察知するシーズンなのかも?

今回の調査は40代の女性です。

御主人が間違いなく浮気をしているのですが、相手がだれかを調べてほしいと言うことでした。

御主人は、普通のサラリーマンで、月五万円のお小遣いを渡しているので、金銭的には余裕がないはずなのに、浮気の匂いがするというのです。

ここ最近、LINEの通知に山下さんという名前でLINEが入って来たのをたまたま見たそうです。

すると、中身が見えたので見ると…

夫の携帯のLINE通知が山下さんという名前で入って来た。

その内容は…

「昨日はすごくいい夜だった。。。❤」

という内容だったそうです。昨日というと、会社の取引先との急な接待で、帰りが明け方になった日じゃないか!

ということで、依頼者はすぐに夫は浮気している!

と察知したそうです。山下さんが女性なのか男性なのか名前だけでは判断できないですが、❤マークがはいっているということは女性でしょうな。

山下さんという名前に身に覚えもないそうですし、御主人の会社に電話して山下さんという女性はいますか?と聞いてみたら、いないという返事だったそうです。

となると、山下さんという人物は誰なのかを調べて、慰謝料を請求したいということでした。

さっそく御主人の浮気調査を開始しましょう。

御主人の会社は月~金曜まで19:00までで、基本土日は休みらしいのです。前回の山下さんからのLINEがきたのは木曜日。

となると、水曜日に会っていたということになります。

しかし、たまたま水曜日ということだったのかもしれないので、基本的に月からの張り込みを開始しようか。

それとも御主人が帰りが遅くなるという連絡が依頼者に入ってから動くことにしようか。。。となると、御主人の車にGPSを取り付けておくことがいいだろう。依頼者に御主人の車内の後部座席の下にGPSを取り付けることはできるかを確認してみたら、OKの連絡が入ったのでGPS取り付けてもらうことにしよう。

翌日、GPSを依頼者にお渡しし、設置の仕方を教えてあげました。

とても簡単に取り付けられるのに依頼者は驚いていました。後程、依頼者より無事に設置しましたと連絡がありました。

すると、さっそく御主人に動きがありました。

今週の土曜日は、会社のイベントで地方まで一日行かなくてはならなくなったというもの。

このような急な出張が多くなったそうです。

県外にも行ったりするそうですよ。うむあやしい。。。

休日出勤・終日不在ということですね。

名古屋から目的地の場所は高速道路で片道一時間ほどのところらしいのです。

となると、GPSで位置確認をしてなにかあってすぐに動くというにはちょっと無理があるかもしれない。。。となると、土曜日の明け方くらいから張り込み開始して、尾行するほうが間違いないな。。。と思い、せっかくのGPSがあるんだが、張り込みをさっそく開始です。

 

土曜日の明け方三時にご自宅へ張り込みを開始しました。

御主人の車がまだ停まっていることを確認しました。

すると、朝5時に動きがありました。御主人がスーツを着て車に乗り込みました。我々もさっそく行動開始だ!

御主人はインターに向かうようです。

すると、インター手前の無料駐車場に停まりました。するとなんと、そこですでに待機していた同年代の女性が御主人の車の助手席に乗り込みました。こいつが山下さん?確証はないのでなんとも言えません。

だってだって会社の仲間で一緒にイベント会場へ向かうのかもしれませんから。。。しかしその割にはひらひらの派手めはワンピースを着ている。

あたかも今からおデートのような…。

とりあえず彼らの行く先を突き止めないと。

車は高速道路をひたすら走ります。

すると、車内で助手席の女が御主人の肩に頭を置いているのが確認出来ました。グレーゾーンだな。

もしかしたら居眠りで頭が寄りかかってしまったのかもしれないし、もしかしたら車内でいちゃついているのか。

今の段階ではなんとも言えないのでしばし尾行を続けよう。

高速を40分ほど走らせると、インターを降りました。どこへ向かうのか。

すると、案の定、インター降りてすぐのラブホテルに直行しました。

わざわざ県外まででてラブホテルに行くなんて、ばれるのを警戒しているのか。もしくは浮気に慣れていて警戒心が強いのか。

とにかく、女性が一体何者なのかを突き止めないと。。。

御主人と女がラブホテルからでてきたのは、夕方16時すぎ。

そこからまたもや高速道路に乗り、待ち合わせした場所で女性が降りました。いったんここで対象者をチェンジです。

女性の住まいが分かりました。とあるマンションです。そこで一人暮らしをしているようでした。ポストの名前を見てみると。。。ビンゴ!山下さんでした。未婚なのかはたまたバツイチなのか。

その女性の勤め先も分かりました。御主人の会社の近くの中華料理屋さんで働いているようでした。

未婚ですが、内縁の夫のような男が中華料理屋を経営しているとのことです。その手伝いをしているのが女性というわけです。

そして驚愕の事実が分かりました!

御主人とその女性との浮気関係はなんと15年という年月なのです。

な、長い。。。15年前に御主人がその中華料理店に会社の同僚と食べに行ったのがきっかけで、奥様から色仕掛けで声をかけたということでした。

いままでだれも気付かなかったことがおそろしい。。。

調査報告書をすぐに作成し、依頼者に提出しました。

もちろんLINEの山下という宛先が浮気相手だったということも。

すると依頼者は御主人が浮気をしていたことについては、まあまあご立腹でしたが、なんと15年という年月の間、ずっと自分が騙しつづけられていたということにものすごく怒っておりました。

結果としましては、御主人とは離婚をし、御主人・その浮気相手の山下という女性から慰謝料を請求すると言ってました。

山ちゃんの知り合いの弁護士を紹介し、依頼者は納得の上帰って行かれました。

さて調査無事に終了しました。

また報告します。

また、別件の浮気調査です。

御主人と女が住んでいる自宅へ行くと、赤の軽自動車が止まっていました。

この車は女のだそうです。となると、今は自宅にいるということだな。しばし待機です。

しばらくすると、御主人と女がでてきました。

手をつないでいます。近所の目とか関係ないんでしょうねえ。近所の人に聞き込みをすると、近所の人みんな噂していました。女が入り浸り、奥さんは精神的におかしくなって家をでた。

女は年齢が40代らしいです。

しかしどこからやってきたのかは誰も分からない。。。やはり尾行して居場所を突き止めるしかないな。

二人は近くのスーパーへ向かいました。

買い物しているようです。はたからみたら夫婦のようです。若干女が若く見えます。いったいいくつなんだろう。

買い物を終えた二人が自宅へ帰ってきました。しばらくすると、女が一人ででてきました。赤い軽自動車に乗りました。さっそく追跡開始だ。

女は、とあるショッピングモールに到着しました。

裏の出入り口から入っていったのでもしかしたらこのショッピングモールのどこかで働いているのだろうか。

山ちゃんもショッピングモール内を歩いてみよう。

しばらくモール内を詮索していたら、女がいました、フードコートのうどん屋さんで働いているようでした。裏の出入り口で張り込みを続けます。

夕方、女が買い物袋を下げて出てきました。

どこへ向かうのか。すると、女はとあるアパートへ到着しました。一階の101号室。小さい子供が乗るような三輪車が置いてある。

女は子持ちなのか。

しばらくすると、とび職のような男が101号室に入っていく。もしかして女の夫か。となると、女は家庭もちで、御主人と女はダブル不倫ということか。

ダブル不倫ということで、女にも慰謝料を請求する事は可能だろうから、さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告だ。

後日、依頼者と息子さんが事務所にこられました。

なんと息子さんも自分の父親が女を自宅に入れている事にとても信じられない様子でした。

父親に一度そんなことはやめろ、母さんのことを考えろと言ったらしいのですが、まったく聞く耳をもたなかったそうで…。

なのですぐにお母さんを自分の自宅に避難させたそうです。

これで離婚が成立すれば、息子さんも父親とは親子の縁を切るつもりだそうです。

さっそく、山ちゃんの知り合いの弁護士さんを紹介してこれで調査終了です。

奥さんはよく我慢してきたな。

長年の我慢した結果がこんなことになってしまうなんて。でも離婚して奥さんの体調が良くなればいいなと思いました。

また依頼入りましたら連絡します。

 

さて今日は、30代の女性からの依頼です。

浮気調査をしてほしいということですが、御主人は依頼者と同じ職場で働いているいわば社内結婚というやつらしいのですが、その御主人が浮気をしているんじゃないかと疑っての依頼です。

依頼者と御主人は課は違うため、ビルの階も五階と六階でそれぞれ別々で仕事をしているそうです。

じゃあなぜ御主人の浮気を疑ったのか理由を聞いてみました。

「わたしと主人は課が違うため、お互いの仕事内容も仕事仲間もあまり把握してないのです。

社内結婚というやつなので、周りもわたしたち夫婦のことを話したりもしないのです。

とある日、主人と同じ課のわたしと同期の子とばったり廊下で会いました。すると、同期生はこういったのです。

「昨日おたくの御主人有給休暇とってたね。なになに夫婦二人でデートでもしたの?」わたしは耳を疑いました。主人は昨日私より先に得意先に行かないといけないからと朝早くにスーツ来てでていったんですから。わたしは顔が引きつっていたと思います。同期生は何かを察したのか、じゃあ。。。といってその場を後にしました。でも主人に嫌われたくないから主人に聞くこともできないんです。でもそれから主人に対して疑いの目しかないのです。仕事で遅くなる、休日出勤しないといけない、全てにおいて浮気を疑ったしまうのです。仕事もミスばかりで職場の誰にも相談できないのです。これではダメだと思い探偵にお願いしようと思いました。もし主人が浮気していたら離婚を考えています。まだ子供もいないし、やり直しがきく歳だし。。。どうぞ宜しくお願い致します。」

了解しました。さっそく調査開始だ!

 

同じ職場で働く夫婦。御主人のちょっとした嘘で今回浮気調査となりました。

御主人は奥様に仕事にいくふりをして自宅をでて、でも実際は有給休暇をとり会社を休んでいた。

とにかく、御主人の尾行を開始だ。

御主人の勤務時間は、朝八時~夕方六時くらいらしいのです。

職場環境は、御主人の課は女性が5人、男性が3人。課を統括している課長が40代の女性ということです。

女性が上司とは珍しいですね。女性が多い課らしいですな。その女性5人は失礼ながらみんなおばさまというかなんというか。。。浮気相手にはちょっと。。。という方たちです。

とにかく勤務終了後、御主人の帰りが遅くなる日もしくは休日出勤する日を重点的に尾行だな。

依頼者から御主人が明日の金曜日、会社の接待で遅くなるという連絡が入ったそうな。明日、夕方から会社付近で張り込みを開始しよう。

金曜日になりました。会社付近で山ちゃんと相方で待機中です。

会社の前は名古屋市でも有名なビジネス街なので人通りも車どおりもとても多いです。

となると、渋滞などを考えると、二人体制で張り込みをしたほうがいいかと…。

さっそく18:00になりました。

御主人が出てきました。一人のようです。

すると会社前でタクシーをつかまえてタクシーに乗り込みました。

タクシーでどこへ向かうのか…。さっそく追跡開始だ。この時間帯ものすごい車の数だ。見失わないように気を付けなくては。。。

 

御主人が乗るタクシーを尾行します。

すると、到着しました。とある高級和食料亭でした。

ここは一見さんお断りというお店。凡人の山ちゃんが入れるようなお店ではないので、しばし待機です。

二時間ほど経過しました。すると、御主人と小柄なストレートヘアの女性が一緒にでてきました。二人で過ごしていたことが分かりました。

あの女性は一体何者なのか…。

すると、呼んでいたタクシーに2人は乗り込みました。

また尾行開始です!名古屋の繁華街のタクシー追跡はかなりのテクニックがないと見失ってしまう可能性があるので、山ちゃんは車、相方はバイクにチェンジし双方で追跡です。

タクシーを追跡している途中、事故が起こったらしく、ものすごい渋滞していました。と、尾行していたタクシーが急に進路変更し、山ちゃん号で追跡することが不可能になってしまった。すると、すぐに相方のバイクで追跡開始です。

こんなとき、バイクって本当に優秀だ。相方のGPS機能を確認し、山ちゃんもすぐさま移動です。

相方から連絡が入りました。

名古屋のインターチェンジ付近のホテル街に御主人とストレートヘアの女性が乗るタクシーが向かっているそうです。

となると、ラブホテルで不貞行為ということか…。山ちゃんもその付近に向かいます!

しばらくすると、相方から連絡が。

二人の乗るタクシーはラブホテルに到着し、二人はホテル内に入っていったことを確認、もちろん証拠の写真も撮影できたとの報告がありました。

よかった~。すぐに現場へ山ちゃんも到着です!

相方とラブホテル付近で合流しました。

相方に聞いてみると、御主人よりもその小柄でストレートヘアの女性が御主人にぞっこんな感じがしたそうです。

しかも御主人よりも年上だろうとのこと。しばし待機です。

深夜一時すぎに、御主人と女性がホテルからでてきました。

二人は一緒にタクシーに乗り込み、名古屋駅で女性だけがタクシーを降りました。対象者チェンジだ。この女性の身元を確認しよう。

女性は名古屋付近の高級マンションに入っていきました。セレブなのか?すごいな。一旦事務所に戻って朝一女性の職場を調べることにしよう。

明け方、女性の高級マンション付近で張り込みです。

すると、朝六時にスーツを着たあの女性がでてきました。さっそく尾行開始だ!

すると、女性の到着したのはななななんと。。。御主人が勤める会社!という事は、あの女性は御主人と同僚という事か!

聞き込みをしていくと分かりました。

あの不倫相手の女性は御主人の課の上司の女でした。年上の上司と御主人は社内不倫を行っていたのです。

これは奥様も驚くでしょう。さっそく調査報告書を作成して、依頼者に報告です。

 

御主人の浮気相手が年上の女上司だったことが分かりました。

調査報告書を作成し、依頼者である奥様に事務所へ来ていただきました。

調査報告書に載っていた、御主人と浮気相手の写真を見るなり「こ、この人は!」ととても驚いた様子でした。

奥様も浮気相手である女上司のことを知っていたようでした。なんと、以前に奥様と御主人と女上司で食事に行ったことがあったんだとか…。

なにか御主人に不満があったらすぐに私に言いなさい。叱っておくから…という事まで言われて、連絡先も交換していたそうです。

今回の浮気の相談もしていたそうです。女上司からは、御主人は真面目に仕事をしているしあなたの考え過ぎよ。

御主人を信じてあげなさいという言葉が返ってきたそう。

まさかこの上司が浮気相手だなんて考えすらしなかったので、奥様はそれはそれは落ち込んでいました。離婚をし、慰謝料を女上司に請求し、会社の上層部にも社内不倫をしていたということをばらしてやるつもりです…と言ってました。

修羅場になりますね。

これで調査は終了しましたので、また報告します。

また別件の浮気調査です。

今週末はいよいよクリスマスです。名古屋は雪は全然降ってないので、ホワイトクリスマスにはならないかもとしれませんが、われわれ調査員にとって、雪は大敵なのです。このまま降らずにいってくれ。。。

さて今日は、浮気調査が入ってきました。

依頼者は、30代の女性です。同棲している彼が浮気をしているみたいです。依頼者は看護婦さんで、勤務時間も夜勤があったり日勤があったりとバラバラなようです。彼はというと、以前はサラリーマンだったのですが、上司ともめて会社を辞め

とある日、夜勤が終わって朝方買い物をして帰ってくると、彼はでかけてていなかったそうです。依頼者が部屋に入るとなんだか違和感がしたそうです。特に寝室。いつも彼は起きるとベッドの布団がぐちゃぐちゃのままらしいのですが、綺麗に整えられていたそうです。

彼女にしたらありえないのです。あんなズボラで自分の脱いだ服も脱いだままの彼が、ベッドの布団をきれいに直すなんて、同棲してから一度もなかったらしいのです。そこで彼女は彼が浮気をしているんじゃないかと女の勘が働いたそうで彼の浮気を疑い出したそうです。

そこから彼女は彼を監視するようになったそうです。しかし、看護婦の仕事が忙しいためずっと尾行する訳もいかず…。彼が浮気していたら問い詰めて別れを切り出そうと思っているそうですが、探偵を使わずに一度調べてみようと思ったそうです。彼がニートになってから、スマホを買ってあげたそうです。そのスマホについているGPSを使って調べてみることを試みたが、彼の行動範囲がコンビニかゲーセンか自宅のみ。これでは浮気している証拠にもならない。

彼女の決意は、お金ならあるので、彼が浮気しているという確実な証拠がほしいので調査して欲しいとの依頼でした。

 

さっそく明日からニートの浮気調査を開始しよう。しかし、ニートの分際で彼女に生活させてもらっている上に、浮気するなんてとんでもないヒモ男だ…。

依頼者の今週月曜日からのシフトは、夜勤です。夜21時に出勤し、朝方6時に帰宅となっているよう。よし、その夜勤の間、ニートをマークだ。

依頼者のマンション付近で張り込みます。すると、依頼者が出勤のためにマンションからでてきました。さあて今からニートの張り込みが開始です。すぐにしっぽをつかめればいいが。

 

夜22時すぎになりました。ジャージ姿のボサボサ頭のニートが出てきました。我々がついていきます。すると、近くのコンビニでお酒やお菓子やつまみを大量買いしていました。買い物を終えたニートがマンションに帰ってきました。しばらくすると、若い男と若い女性二人の三人がマンションに入ってきました。夜だと言うのに大騒ぎしています。すると、そのグループはニートの部屋に入っていきました。宅飲みが始まるのだろうか。

これはしばらく待機だな…。

深夜二時になりました。すると、さっきのグループが出てきました。あれ?女が一人いない。若い男と女がくっつきながら歩いて行ってしまいました。

となると、あの部屋にはニートともう一人の女の二人っきりということになる。女が出てくるのを見張らなくては。

 

明け方5時。女がニートの部屋から出てきました。これで不貞行為が行われていた証拠を手に入れることができました。しかし、宅飲みしていて、酔いつぶれてしまいただ寝ていただけとか言われてしまう可能性があるな…。なのでもう少し張り込みする必要があるため、明日も引き続き張り込みだ。

火曜日はマンションとコンビニの行き来だけでした。水曜日も同じく。

木曜日。依頼者が出勤のため家をでたあと、すぐにニートに動きがありました。しかしまあだんだん調査をしていくとこのニートに腹が立って仕方がないのです。依頼者は一生懸命仕事をしているのに、こいつといったら仕事もせずに毎日ジャージしか着ずに、そして浮気をするなんて…。さっさと証拠を掴んでやりたい!

掴みました…。

 

ニートが家をでたのは、22時前。徒歩です。ニートの向かった先は、とあるマンション。誰のマンションだろう。このマンションの住人はあの女か。しばらく待機としよう。そして、依頼者に電話。いま彼のGPSは動きがあるかを確認してもらうと…なんとGPS情報は自宅のままだそう。ということは、ニートは携帯を自宅に置きっぱなしにして行動しているということか。自分の持つ携帯にGPS機能がついているということが分かっていてあえて自宅に置きっぱなしにしているんだろう。となると、悪知恵だけはしっかりついているニートということになるな。確信犯だな…。しかし彼女が探偵調査員を雇ってまで調査をしているなんて思ってもないだろう。

 

あれからニートが誰かのマンションからでてきたのは、明け方の5時過ぎでした。そしてそのまま自宅へ急いで直帰しましたよ。我々はニートが向かったマンションの住人を調べる為に、引き続き張り込みです。朝9時すぎに住人がやっと出てきました。見覚えのある顔でした。やはりあの宅飲みしていて、ニートと一夜を共にした女の自宅マンションだと言う事が分かりました。結果としてはニートとあの女は浮気をしていたということです。彼女が一生懸命働いていた時に…。

その数日間はニートはやはり携帯を所持せずに、浮気女の家で不貞行為を行っていました。さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しましょう。

次の日、依頼者が事務所に来られました。調査報告書をみると、依頼者は笑っていました。こんな男に騙されていた自分が情けないと…。そしてこんな浮気を見抜けなかったことにも。

さっそく別れを切り出して、帰ってからすぐにでもニートの荷物をマンションの外に出しておこうと決意されたそうです。依頼者は、とても芯がしっかりしている女性で、ニートに同情もなにもないそうです。自分の稼ぎがいいから、ニートをこんな風にしてしまった。わたしが別れることによってニートもしっかりした男になってくれるだろうという思いもあるそうです。

す、すばらしい。。。しかしまあ別れて一番困るのはニートだろうな。

これで調査終了です。またご報告しますね。ではみなさま2017年もどうぞ宜しくお願い致します。!

また別件の浮気調査です。

さて2017年もやはりたくさんの依頼が入ってきております。

ありがたい限りです。今日は名古屋はいいお天気。張り込み日和です。

本日の依頼はこんな内容です。。。

35歳男性からのご依頼です。職業は自衛隊。結婚しており、子供は小学生の男の子が二人。奥様はパートをされているようです。自衛隊ということもあり、住んでいる市の隣に駐屯地があるため、ご主人だけ単身赴任をしているようです。まあ単身赴任といっても車で40分ぐらいで帰れるため、形だけの単身赴任らしいのです。業務が早く終われば自宅へ帰るし、遅くなったら独身寮に帰るという風な形をとっていたらしいのです。

 

単身赴任した当初は、奥さんは自宅にいつ帰って来るの?今日は帰れないの?とすごくひつこかったらしいのです。依頼者もちょっとうんざり気味だったそうです。なので帰れるときも独身寮に帰ったりしたりと、奥さんと距離を置いたそうです。

しばらくしてから奥さんの様子がおかしくなったみたいです。やはりあまり帰らないと子供たちが寂しがるそうなので、週5日ぐらい帰っていたそうです。すると奥さんからこんな言葉が…。「こんな毎日帰ってきても大丈夫なの?呼び出しされたらすぐに仕事に向かわないといけないのに…。しばらく帰るの控えたら?」と言われたそうです。

依頼者は驚いたそうです。当初はいつ帰って来るの?とすごく言ってきたのに、今ではまったく正反対のことを言うなんて…。もう一つ不信感を感じた出来事がありました。

単身赴任をしている自衛隊のご主人からの浮気調査のご依頼です。

御主人は、ある日子供達二人とランチに出かけたそうです。すると子供達二人が車の後部座席でこう話していたそうです。「明日もママ夜でかけるのかな…。ぼく寂しいよ…。」

御主人は、その会話に違和感を感じたため子供達に尋ねたそうです。「え、なんだい、ママは夜出かけているのかい?」すると子供たちはバツが悪そうに黙ってしまったそうです。御主人は優しくこう言いました。「ママには絶対なにも言わないからパパに言ってごらん」

すると子供達から驚愕のことを聞いてしまったのです。

 

子供さんたちからの話によると、御主人が自宅へ帰ってこない日は、奥さんは子供達のお風呂やご飯が済んだあとに、自分は一緒になにも食べずに、お風呂も子供達だけで入らせてそれが終わると、ママはちょっと買い物に行くからお留守番しててね。といって一時間から二時間ほどでかけるらしいのです。毎日ではないそうですが。週三回ほど。それは決まって御主人がいない日らしいのです。子供達はママからお菓子やDVDを与えられているのでしばらくは大人しくしているそうです。しかし下の子はまだ小学一年生のためやはりしばらくするとママがいない時間を過ごすことに、寂しいといってお兄ちゃんに泣きつくそうです。お兄ちゃんも不安の中弟を慰めてお母さんの帰りを待つそうです。

 

子供達から聞いた話で御主人は奥様の浮気を確信いたしました。しかし、これといった証拠がない…。一度だけ今日は自宅へは帰らないと奥様に伝えておいて、内緒で帰ったこともあったそうです。カマをかけたということですな。しかしそのときは奥様は自宅にいたらしく不発に終わった。浮気の証拠を手に入れることはできなかったそうです。

御主人としては子供二人をほったらかして他の男と自分がいない夜に遊び歩いている奥様を到底許すことはできないそうで…。もし本当に浮気をしていたという確実な証拠を手に入れたなら奥さんには離婚を提示し、子供たちの親権を手に入れたいそうです。そして奥様には自宅からは出ていってほしいとのこと。子供たちのことを考えると両親の離婚に加えて住まいも変わってしまうと相当なストレスになってしまいかわいそうなので、ひどい言い方かもしれないが、原因を作った奥さんには出て行ってもらうのがベストだと思っているそうです。

 

とにかく奥さんの浮気調査を開始しましょう。たぶん奥さんは御主人が帰ってこない確実な日を狙って不貞行為に及んでいるような気がします。なので、ご主人に目ぼしい日程を決めてもらい、奥さんにこの日は絶対帰らないということを伝えてもらい、ピンポイントでその日の張り込みを開始しましょう。

さてそのピンポイントの日になりました。自宅でしばし張り込みです。PM19:50、奥さんが動き出しました。車に乗ってどこかへ出かけます。我々も追いかけます。

着いた先は、閉店したとあるショッピングセンター。そのショッピングセンターはもう閉店しているが、同じ敷地にあるコンビニが空いているため、駐車場も解放されていてチラホラ車も止まっています。すると、奥さんがとあるミニバンの横に車を停めました。そしてそのミニバンの助手席に乗り込みました。運転手は若い男性。さっそく奥さんと男性は抱き合いいい感じとなっています。ビンゴです。その後二人は近くの古びたラブホテルに入っていきました。

 

ラブホテルに入っていった奥さんと若い男。でてきたのは二時間後。二人はショッピングセンターで別れて奥さんは途中コンビニでお菓子を大量に買って自宅へ帰って行かれました。子供達への口止め料か…。

相方はミニバンの若い男の尾行を行いました。男の素性が分かりました。近所のガソリンスタンドで働く男だったのです。その男と奥さんはガソリンスタンドの店員とお客さんという関係だったそうですが、店員の男から奥さんに近づき奥さんと浮気関係にもっていったそうです。同じ店員から聞き出した情報です。その男はお客に手を出すということで有名らしいのです。しかし男はガソスタの経営者の息子らしく、誰も止めることもできないということです。奥さんもどうしようもない男に引っかかってしまったということですな。

 

依頼者が事務所に来ました。お子さん二人も一緒です。お子さん二人は別室で相方とゲームで遊ぶことにしよう。

依頼者に調査報告書を提出しました。依頼者はとても怒りに震えていました。子供達二人を自宅に置いては自分は若い男と浮気だなんて、とても裏切られたような気分だと嘆いていました。すぐに離婚手続きを進め、奥さんにはすぐに出て行ってもらわなくては…と話していたので、山ちゃん少々おせっかいかと思いましたが、少し離婚は待ってみてはどうでしょうか?と言いました。依頼者は「なぜですか?」というので、相手の若い男の女癖の悪さを伝えました。浮気をする奥さんも悪いですが、その男の目に入ってしまったのも運の悪さかと…。本気では無く、ただの遊びの可能性もあるし、お子さん二人のためにも一度話し合ってみるのもいいかも知れませんが…と話をしました。

依頼者は少し考えて、子供二人のことを考えて今一度話し合ってみますと冷静さを保って帰られました。

これで調査終了です。また新たな依頼が入りましたらご報告致します。

浮気調査が終わったと思ったら、また浮気調査です。

さて、本日もまた浮気調査が入りました。依頼者は、60代のご夫婦です。奥さんは60代にしては若々しく、はっきり話す感じです。御主人はその横にそっと座りずっと奥さんの話をうなずきながら聞くと言う感じです。さっそく依頼内容を聞きましょう。

「今回調べてほしいのは次男の嫁なんです。わたしたちとは別居しており、小学生と幼稚園の孫がいます。次男は職業が警察官のため毎日忙しく、嫁は以前は主婦だったんですが、最近パートではありますが働くようになりました。すると、そのパート先で、飲み会とやらが大変頻繁にあるみたいで…。そのたびに孫の面倒をみてほしいと連れてくるのです。」

 

「もちろんわたしたちも孫がかわいいので、孫たちの面倒見たくない訳じゃないんですが、あまりにも頻繁に預けに来るので…。孫たちも寂しそうにしているのです。なので嫁には直接言えないので、次男にいいました。〇〇ちゃん最近飲みに行くの多いんじゃない?って。すると、次男は自分が仕事で忙しいから、飲みに行くぐらい許してやってくれと嫁の尻にひかれっぱなしで…。だからわたしたちも次男がそういうなら仕方ないのかしらと思い、嫁が子供達を連れてくるのにはもうなにも言わずにしようと預かっていました。」

 

「しばらくしたある日のことでした。最近近所の方から、おたくのお嫁さん、知らない男性と腕を組んで歩いていたのを見たという話がありました。その方は次男の顔ももちろん知っているので、次男ではないことは間違いありませんでした。となると、嫁は浮気をしているのか?とわたしたちは疑い始めました。それからもちょくちょく孫をうちに連れてくるので、嫁に一体誰とどこでなにをするのか?と問うと、嫁は決まって会社の飲み会だから仕方ないでしょ!わたしのことなにか疑ってるんですか?と逆に怒り出してしまいました。」

「わたしたちもあまり言うと、嫁が孫を連れてこなくなってしまうことが嫌なので嫁に聞いたのはそれが一回だけでした。でも、最近特に化粧や服装も派手になっていてやはり様子がおかしいのです。嫁が誰となにをしているのかを調べて下さい。もし他の男と浮気なんてことでしたら、次男に話をしてすぐに離婚してもらい、わたしたちで孫たちを引き取ろうと考えております。どうか宜しくお願い致します。慰謝料なんていりません。孫たちの親権を手に入れればそれでいいです。」涙ながらにおっしゃっておりました。

さっそくお嫁さんを調べましょう!

まずはお嫁さんの勤め先はガソリンスタンドです。現場確認してみると、なかなか平均年齢が若い感じがします。シフト制なのかもしれませんが、パッと見、店長らしき中年と男性とバイトであろう若い男性が二人とお嫁さんという感じです。四人はとても仲が良さそうです。山ちゃんは洗車とオイル交換をお願いしました。その間に店内で店員さんたちの様子を伺います。すると、店長らしき中年とお嫁さんがとても仲が良い感じがしました。気のせいではないような感じです。男女の仲と言いますか…。二人は隠しているつもりだろうが、目で会話をしているというかなんというか…。この店長、要注意人物ということで調べてみよう。

 

お嫁さんのパート時間は、9時~16:00 明後日に飲み会があるらしいので、だいたい18:00ごろに孫たちを実家に連れてくるので、その時間帯に張り込み開始しよう。

飲み会の日になりました。お嫁さんをさっそく、尾行だ!お嫁さんがパートを終えて、子供達を保育園に迎えに行き、その足で御主人の実家へ子供達を預けていきました。

さあてここからが尾行開始です。お嫁さんが向かった先は、お勤め先のガソリンスタンド。控室に店長が入ると、一緒になってお嫁さんも入っていきました。中で何をしているのだろうか…。30分ほどすると、お嫁さんが先に出てきました。そして、どこかに向かいました。とりあえず山ちゃんがお嫁さんを尾行します。相方には店長の張り込みを引き続きお願いしよう。

 

お嫁さんが向かった先は、20分ほど離れたパチンコ屋の駐車場に車を停めました。おそらくここで待ち合わせだな。相方から連絡が入りました。店長が業務を終了し、店を出発したそうです。ここで落ち合うだろうからしばらく待機だな。相方のGPSを確認すると、やはりここへ向かっているようです。10分ほどすると、店長がパチンコ屋の駐車場に入ってきました。お嫁さんの車の横に停止し、お嫁さんはすぐに助手席に乗り込み店長の車が走り出しました。向かった先は近くのラブホテル。これでお嫁さんの浮気が確定です。証拠写真を手に入れて事務所へ戻り調査報告書を作成しましょう。

ご夫婦が後日事務所へ来られました。調査報告書をみるなり、奥さんは号泣、寡黙で落ち着いた様子の御主人は、怒りに震えていました。息子にこの調査報告書を見せて、離婚を進め孫たちは自分たちが育てていく決意をしたんだそう…。

これで調査終了です。また新たな調査が入りましたら報告します!

終わるや否や、浮気調査再び!!

 

35歳のご主人からの浮気調査の依頼です。同じ歳の奥さんが勤めている会社の上司と浮気しているんじゃないかを調べてほしいという内容でした。その上司は42歳男性で、見た目も背が高くとてもおしゃれでモテ男らしいのです。なぜ浮気しているか疑うようになったのかお聞きしました。

「以前に奥さんがその上司とLINEしているのは知ってました。すると、画面にあがってきたLINEを見てしまったのです。すると、愛しているとか会いたいとか上司ではいれないような内容のLINEだったのです。すぐに奥さんに聞きました。すると、向こうが勝手に入れてくるだけ!わたしにはなんの気持ちもない!と一点張り。おかしい…」

「しかし、子供を置いて飲み会などが最近多くて…。飲み会も18:00に行って20:00すぎには帰って来るんですが、もしかしたらその上司と二人きりで会っているんじゃないかと心配なんです。奥さんのことは信じているつもりですが、あれだけ上司から愛の言葉のLINEが来ているのでもしかしたら心変わりするかもしれないし…。誘いにのってしまうかもしれない。とにかく奥さんと上司が浮気していないかどうかの証拠がほしいのです。どうか宜しくお願い致します。」

 

さっそく奥さんと上司が浮気していないかどうかを調べてみよう。

奥さんは仕事は9:00~15:00のパートらしいのですが、飲み会が二週間に一回はあるらしいのです。こんなに頻繁に飲み会がある会社自体おかしいよな。

奥さんの仕事が終わってからさっそく調査です。奥さんの尾行を開始しよう。奥さんが17:30ごろに車に乗ってどこかへ向かいます。奥さんの飲み会会場はどこか。。。すると奥さんが到着したのはとあるショッピングモール。

 

駐車場に車を停めて中で買い物をするようです。すると、買い物をしたのは飲み物や食材。飲み会なのにおかしい。すると、車の中に戻ってしばらくすると社用車が奥さんの車の隣に停まりました。その社用車に乗っていたのは噂の上司でした。上司が奥さんの車に乗り込みました。ということは、ここで上司と待ち合わせして落ち合い、2人はこれからどこかへ行くということか…。2人をさっそく尾行だ。すると、2人が向かった先はとある居酒屋。2人でお酒を飲むと言う事か。すると上司が酔っぱらっているような感じです。このまま何もない事を祈るが…。

 

2人は近くのラブホテルに入って行ってしまいました。

さっきの買い物もこのためだったのか。残念だ~。

となると、やはり2人は不倫関係に発展してしまっていたんだな。上司もなかなかの肉食な感じだし、奥さんも一時の火遊びくらいならいいんだが。二週間に一回会う時間を作っているということは、上司の奥さんにもバレナイし。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しよう。

御主人に調査報告書を見ていただいたら、「奥さんとは離婚する方向で考えてます。そして相手の上司にもそれなりの責任を与えたいと思います。そしてパート先でこんなことになってしまったので、会社の社長にもそれなりの責任をとってもらいたいと思います。部下の監督不行届といいますでしょう。なのでどなたかいい弁護士さんを紹介してくれませんか?」と淡々と話していました。こんなにも早変わりするもんなのか…。それかなにかに吹っ切れたのか。なので、山ちゃんの信頼する弁護士を紹介して依頼者は帰って行かれました。

これで今回の調査は終了です。またご報告しますね。

また別件の浮気調査です。

30代の女性からのご依頼です。結婚を前提に付き合っている彼氏がいるそうです。付き合って10年なんですが、ようやく婚約まで進んだ矢先、依頼者の友人が彼氏が女遊びが激しくて、あんな男と結婚するのはやめた方がいいという電話があったそうです。しかし、10年も付き合ってきた彼氏とはいそうですか。と別れることもできないので、彼氏に聞いたら、そんなことは一切ない!僕を信じてほしい!ということを真剣に言われたそうです。彼氏のことも信じたいけど、友人からの言葉にも引っかかる、、、このまま結婚へ進むことができないので、誰にも内緒で意を決して探偵に調査を依頼しようと思ったそうです。

 

彼氏は工場にお勤めということで、勤務時間も不規則とのこと。夜勤以外は毎日会っているそうなので、夜勤の日を重点的に調べてほしいということ。夜勤は日中は彼氏は基本寝ているそうなのですが、依頼者は仕事をしているため彼氏の行動をまったく把握していないそうです。来週が夜勤の週になるので、その日を調査しましょう。

夜勤である彼氏は、朝8時に自宅へ帰り、夜の21時すぎに自宅をでて会社へ向かうというサイクルらしいです。ので、その朝8時~夜21時までの間を尾行しましょう

 

月曜日、特に動きなし。

火曜日、特に動きなし。

水曜部、AM11時に彼氏が自宅からでてきました。われわれもさっそく追跡します。すると、コンビニに寄りました。そこにコンビニの中にいた女が彼氏の車に乗り込みました。この女はまさか。。。

さっそく二人の乗る車を追いかけます。2人が向かった先はラブホテル。彼氏は浮気していたのです。しばし待機です。。。

三時間後が経ちました。2人の車が出てきました。彼氏はとある一軒家に車を停めて女が降りて一軒家に入っていきました。ここが女の自宅か。

 

彼氏は自宅へ戻りました。これで浮気の証拠を掴めたので、さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告です。

翌日、依頼者が事務所へ来られました。

依頼者が調査報告書をみて、手が震えていました。理由を聞くとなんと、あんな男と結婚するなんてやめた方がいいと言っていた、依頼者の友人だったのです。

その事実に依頼者は震えていました。信じていた近くにいた友人が自分の彼氏と浮気をしていた。とんでもないですね。

たくさん涙を流したあと、依頼者は落ち着きを取り戻したようで、彼氏とはさっさと別れて、友人とも縁を切ります!とスッキリした顔でおっしゃってました。

これで調査終了です。またご報告しますね。

また別の浮気調査です。

60代の女性からのご依頼です。60代のご主人が浮気しているようなので、調査してほしいという内容です。

御主人はこの春に長年勤めて来た会社を定年退職されて、その後自分の趣味に没頭しているそうです。仕事一筋で一人娘さんを育て上げたのでなにか趣味を持ちたいということで習い事を始めたそうです。習い事も週五で通っているらしく、自宅にはほぼほどいないそうです。依頼者も退職金を全て渡してもらったので、ご主人に対してあまりきつくも言えないみたいです。なぜ御主人の浮気を疑うようになったのかお聞きしました。

依頼者からのお話。。。

「30代の一人娘がいるのですが、先月娘から父親を隣の県でみかけたという話がありました。若い女性が一緒だったと。。。調べてみるとその日は、習い事のオフ会みたいなものがあるから、帰りが遅くなると言うことだったのを思い出しました。習い事には若い女性も男性もいますし、定年退職した高齢者もいます。そう考えると、若い女性と一緒だったと言うのは特におかしなことではないと思いました。しかし、それからというもの、こづかいを増やしてほしいや、渡した退職金の一部を渡してほしいということが多々ありました。」

 

「主人と結婚して30年。今までの主人はお金を使う事を知りませんでした。しかしなぜ今になってこづかいを上げろや渡した退職金の一部を手に入れようとするのか。この時初めて主人に対して不信感が湧きました。一体何に使っているの?使い道が全然分からないのです。なのでわたしはこう聞きました。そんなお金ばっかり何に使うの?と聞くと、俺の退職金なんだからさっさとよこせ!とわたしに手を挙げたのです。驚きました。あんな温和な主人が人が違ったように暴力を振ったのです。大した怪我ではなかったのですが…。結婚して初めての暴力でした。わたしは主人が主人じゃないみたいでとても恐怖を覚えました。」

 

「それ以来、やはり習い事ということで、平日のほとんどは家にいなく、土日もいないことが多くなりました。もう仲が戻るとかは分かりませんが、とにかく主人がどうしてこうなったのか。それを知りたいのです。どうぞ宜しくお願い致します。」

御主人の一週間の行動を調査しましょう。

月曜日 朝九時に出かけて、習い事であるオカリナ教室へ向かいました。お昼ごはんはオカリナ教室の仲間と食べて、昼からは絵画教室に向かいました。絵画教室が終わるのが夕方で、それからは自宅へ帰っていきました。」

 

火曜日 朝九時に出かけて、近くの健康センターへ向かいました。お昼までプールやジムをしたあとは、友人の男性と近くのそば屋に入りました。そしてそば屋でお酒を呑みだし、夕方になるとその友人と名古屋市内の居酒屋に移動しました。その居酒屋はこじんまりとしており、女将さんが一人で切り盛りされているようです。そして友人は21時ころに帰りました。御主人だけが残っているということか。すると、居酒屋は電気が消えて暖簾が中に片づけられました。おい、ご主人がまだ残っているのにもうお店を閉めると言うのか…。

しばらくすると、一台のタクシーが居酒屋の前に停まりました。

 

すると、ご主人と女将さんがタクシーに乗り込みました。女将さんは着物を普段着に着替えて出てこられました。着物を脱ぐとまた印象が変わりますね。さっそく尾行だ!

2人が乗ったタクシーは少し離れた高級焼肉店に到着しました。2人は一時間半ほど過ごし、またタクシーに乗り込みました。次の行き先は。。。ちょっとお高めのラブホテルでした。御主人と女将さんは男女の仲ということでした。これで不貞行為の証拠写真は手に入れたのでさっそく調査報告書を作成します。

あと女将さんのことを少々調べてみよう…。

調べてみると、ご主人と女将さんは二年ほど前に御主人が会社の仲間に紹介されてお店に行かれたことが知り合うきっかけだったらしいです。当初は、親父さんと女将さんの二人で切り盛りされていたそうですが、親父さんが病気で亡くなり、お店を閉めようと考えていた時に、支えてくれたのが御主人だったそうです。そこから2人の関係は変化していったようです。しかし女将さんも御主人が既婚者というのは知っていたので、やはり不倫関係になるのはとても後ろめたかったらしいのですが、側にいて支えてくれた御主人に惹かれていくのも時間の問題でした。

 

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告だ。

後日、依頼者に結果を報告しました。

「そうだったんですね。わたしのでる幕はなさそうですね。主人は真面目にずっと仕事だけの人間でした。でも娘も成人し親の努めは果たしたんですから、第二の人生をこの女性と過ごしていって欲しいです。私の方から離婚を切り出します。調査して頂きありがとうございました。」

恋をするのに年齢は関係ないんですね。依頼者自身にも第二の人生がいいものであるといいなと思いました。

これで調査終了です。また依頼が入りましたら報告しますね!

はい、また別件の浮気調査です。

30代の主婦の方からのご依頼です。御主人が浮気をしているようなので調査をしてほしいそうです。もちろん離婚する意向はありまして、お子様は3歳と5歳の女の子がいるのですが子供の親権、毎月の養育費、慰謝料がほしいというのです。御主人は40代。お勤め先はタクシー会社で運転手をされているそうです。毎月のお給料は本当に少なくて、その浮気相手からも絞れるだけ絞って請求したいというのです。なーんかガツガツした依頼者だな~とちょっと不審に思いながらも、依頼されたら調査するしかないのが探偵調査員の辛いところです。

さっそく御主人の調査開始しましょう!

御主人はタクシー運転手ということで、勤務時間はバラバラなんですが、依頼者側で把握していた勤務時間、今週は月~土までは16:00~翌朝の6時までが勤務らしいです。さっそく御主人のタクシー会社へ向かいましょう。タクシーの運転手なので、探偵車とバイクで尾行が必要になるかも…。

月曜日は雨。雨だとバイクの尾行は難しいので、車のみの尾行になります。

御主人のタクシーを確認することができました。御主人は名古屋市内を走行中です。名古屋駅で待機したりしていました。時間は23時になりました。お客を乗せていないのに御主人のタクシーは名古屋駅を出発しました。呼び出し?どこへ行くのか~?

すると、とあるマンションにつきました。すると、タクシーをマンションの駐車場に停めて御主人はマンションの一室に入っていきました。この部屋の住人を調べる必要があるな。

時間は深夜2時になりました。御主人と若い女が玄関先で確認することが出来ました。よし不貞行為確定です。とりあえずあの若い女の正体を掴まなくては。

女の正体があっさりと分かりました。御主人のタクシー会社の事務員の女でした。その女は20代。独身とのこと。自身が勤めるタクシー会社の社長の愛人ということですが、御主人とも浮気関係があったとは…。

 

翌日、調査報告書を作成して、依頼者に報告致しました。

すると、依頼者は「よかった~、これであいつと離婚できて、かずくんと一緒になれる♪」ととっても喜んでいました。ということは依頼者も夫には内緒で同時にかずくんと浮気をしていて、離婚の原因を御主人の責任にして円満離婚するために浮気調査を依頼されたということか!流石、女は考えることがなかなかえげつないです!

山ちゃんの知り合いの弁護士さんを紹介しまして、今回の調査を終了します。

また依頼が入りましたらご報告します。

また別件の浮気調査

50代の既婚者の男性からの依頼です。自分の30代の妻が浮気をしているようなので、調査をしてほしいという内容でした。

やはり20歳も年下の妻だと寄ってくる男にとても心配らしく、奥様には専業主婦でいてもらっているそうです。しかし、夫婦には子供がいないので奥様も日中することもなく、とても時間を持て余しているのも事実なので、近所のパン屋さんでバイトを始めたそうです。パン屋さんに勤める従業員さんは全員が女性なので安心して御主人もバイトを許したそうですが、そのパンを買いに来るお客さんと浮気をしているんじゃないかと疑っているそうです。

 

その理由としては、バイトをし始めてから携帯を常に触っている時間が増えたし、なんせ下着のパンティの色が派手になったんだとか。普段は白ばかりだったのに、バイトをし始めてからは、紫やら赤やらピンクやらと180度変わってしまったそうです。下着のパンティが白から奇抜な色に変わるのは、浮気をしている兆候である可能性は高いのですが…。経験からいくと、下着などに変化があるときは要注意ですね。

 

奥様のバイト時間は、朝の10時~お昼の14時の4時間です。実際にそのパン屋さんに入って山ちゃんがお客のふりをして潜入、店内の様子を見てみると、なんとパンを作る職人さんで一人男性がいるではないですか。年齢は40代前半と結構若い感じがします。このパン職人さんが男性であったという事実は、依頼者は知っていたのだろうか。となると、このパン職人も浮気相手の可能性があるかもしれないということで調べてみることとしよう。聞き込み情報で、このパン職人がパン屋さんのオーナーであることが分かりました。もちろん、既婚者で奥さんもパン屋さんで働いているとのこと。となると、身近に奥さんがいるのに、その御主人と浮気すると言うのは、奥様はなんともいえない好きものですね…。

 

パン屋のお店前で張り込みをしていると、動きがありました。奥様がパン屋の裏にあるゴミステーションにごみを捨てに外へ出てきました。山ちゃんはすでにパン屋のお店周辺の下見をしていたため、裏にあるゴミステーションのことも事前チェックしていたのです。そのゴミステーションは若干見えづらくなっていますが、ある場所では中を見ることができます。すると、その後を追うようにパン職人も出てきました。すると2人はイチャイチャし始めました。はいこれで2人が浮気しているということが確定しました。いくらお店から2人が見えなくても、このように壁に耳あり障子に目ありなんですよね。

 

さっそく奥様の浮気調査を開始致しましょう。

 

さっそく事務所へ戻り、結果報告書を作成しましょう。

後日、依頼者が事務所へやってこられました。

調査報告書をみるなり、怒り出しました。しかし、やっぱり浮気をしていたのが自分より若い男だったと言う事にショックを隠し切れない様子でした。離婚まではまだ考えていないそうですが、まずは奥様にパン屋さんを辞めさせて、もう今後一切そのパン屋に出入りしない・その浮気相手でもあるパン職人にも今後一切2人が会う事はしないという誓約書を書かせたいとおっしゃっていたので、山ちゃんの知り合いの弁護士さんをご紹介させて頂きました。

しかし、浮気・不倫をしているという事実を知ってしまってから元の夫婦関係に修復できた夫婦はあまりいないんですよね…。やはり、日々生活を共にすると、裏切られた方はふとその悪夢を思い出すのです。元の夫婦関係に戻りたいと努力はするものの、やはり時間が経つと修復できずに結局離婚してしまったという方たちをたくさん見てきましたから…。

とはいえ、今回の調査も無事に終了しました。またご報告します。

はたまた、違う浮気調査です。

30代の名古屋市在住の男性からのご依頼です。結婚を約束している20代の彼女が最近様子がおかしいということで、浮気調査をしてほしいという内容の依頼です。

彼女は婚活パーティで知り合い、お互い惹かれて付き合う事になったそうです。しかし彼女は最近会社を上司のパワハラで辞めて今は入院中のお母さんの看病をしているそうなんです。しかし、会う時間も減ってし、会う時間も減ってしまい、携帯しまい、携帯もかけてもでてこないことも多く…。一度入院している病院に内緒でいったら、受付の事務員さんにそんな人は入院していませんと言われました。おかしいと思い彼女に確認したら、転院したということでした。しかし内緒でこそこそと調べるようなことをするなんて信じられないと怒ってしまい、一カ月連絡取れていないのです。もちろん会う事も出来ていない状態。。。。

 

まず山ちゃんが一番確認したいことは、彼女に金銭の貸し借りはありませんか?と聞くと…。300万円貸しているとのこと!そんな大金をなぜ貸したのか聞くと、入院しているお母さんの治療費が保険がきかず実費になるそうで…。その治療をしないと命の危険があるからどうしよう。。。。風俗でも働こうと思っているの。。。と泣きながら相談されたそうで、そんなことを聞いたら彼氏として貸さないわけには行かないと思い300万貸してしまったそうです。しかしその彼女とは結婚を考えていたし、風俗に勤めさせることは絶対させたくなかったので、もうお金を貸す以外方法がなかったそうです。それはそうだな…。自分の婚約者が風俗に勤めるなんて言われたら、普通の男だったら助けてあげたいと思い、金銭を貸してしまうんだろうな。

とりあえず今彼女がどこにいるかを突き止めて、彼女の正体を調べてみないと…。

彼女の携帯に連絡しても留守電になるため、まったく足取りが分からない状態のなか、聞き込みから開始だな。

彼女の知り合いであろうA子さんに連絡をとってみました。すると、A子さんからこんなことを聞きました。A子さんが彼女と連絡をとったのは先週の火曜日。そのときA子さんからこんなことを言われたそうです。「もしわたしを探している人がきたら、名古屋市内のマンションにいるから探さないでと伝えてほしい。」という話だったそうです。

 

20代の婚約者が300万を持ち逃げして消息不明になったのでその婚約者がいまどこにいるかの調査を開始しましょう。これといった情報がないため、聞き込みを行い彼女がいまどこにいるかを調べるしかないのです。

すると、有力情報を手に入れることができました。婚約者が名古屋、栄にあるとあるキャバクラ店に婚約者が勤めているというではないですか!なので、すぐにそのキャバクラ店に向かう事にしよう。そのキャバクラ店は栄ではそんなに勤めている女の子が多くないお店でこじんまりしているお店でした。とにかくそのお店の前で張り込みを開始しましょう。
でも、一体誰が探しにくるかなんてわからないし、誰に恐れているのかもA子さんは分からないまま分かったと返事を

 

情報が入ったキャバクラ店へ張り込みをすると…。

婚約者がいました!これからご出勤のようです。300万も借りてそれにまたキャバクラ店で働くなんてお母さんの治療費がものすごく高いということか。

しかしその話も本当なのかどうか不明なので、もう少し婚約者を調べてみる価値はありそうだな。

一度このキャバクラ店に潜入してみておしゃべり好きのキャバクラ嬢に聞き出してみるか。店内に潜入すると、婚約者がお客様に隣に座って楽しそうにおしゃべりをしていました。ただの客といった感じでもない。しかしその横にいる男だがなんだか見たことのある顔だ…。しかしこれが思い出せない…。しばらく様子を見よう。

 

婚約者と見覚えのある客が二人でトイレに向かった。しばらくしてもでてこないから、わたしはトイレに行くふりをして2人を探した。すると、一番奥のトイレで2人がいたのを確認できた。2人は薬をやっているようだった。もしかしたら、婚約者はこの男から薬を手に入れていたんではないだろうか。

しばらくすると2人がトイレからでてきたので、わたしはそのトイレに入りなにか手がかりがないかを調べてみると、トイレのごみ箱から注射器が一本捨てられていた。これが2人が使用した注射器かどうかは分からないが、念のため写真におさめておこう。

 

わたしの隣についてくれた女の子の名前は「まき」という子だった。その「まき」に婚約者の話を聞いてみた。すると、こんな話をしてくれた。

「あの子はお金が大好きな子なの。いまも惚れているホストがいてそのホストに何千万という金額を貢いでいるみたいで…。しかもホストとシャブ漬けになっているという噂…。腕にはたくさんの注射跡があるみたいだし…。その噂はこの店でも有名なの。ホストとは健全な付き合いをしているって自分で言っているし、クスリもしていないっていうけど、そのホストがみんなに言いふらしているの。そしてあの子以外にたくさんの女性がいることも確かなの。ホストから聞いたから間違いないはず。でもあの子は目を覚まさなくて…。だからもうみんな止めることもせずにほおっている感じ。最後には廃人になってしまうんでしょうね。」

 

婚約者のまわりはなんだかやばいことになっているんだな。トイレで見つけたあの注射器も繋がった。クスリを手に入れるのにもそれなりの大金が必要だし、それらはどのように工面しているのか「まき」に聞いたら、そのお金の出どころは、やはりいろいろなモテない男を騙し、最近ではてっとりばやいt婚活パーティに登録して、お金をだまし取るための男を捜し歩いているということだった。だから勤めているキャバクラも点々とし、身元がばれたらキャバクラを辞めてまた他の土地へ移るという生活をしているらしい。なんという女だ。

 

とにかく、婚約者が身元を晦ます前に依頼者に報告しなければ。

すぐに報告書を作成し、依頼者に急がないとまた婚約者が身元を晦ましてしまう恐れがあるので、対処したほうが良い旨伝えなくては…。

翌日、依頼者が事務所へ来られたので、すぐに結果を報告しました。そして依頼者は我々が教えたキャバクラへ向かうようです。しかし単独で行動するのは少し危険な気がしますので、弁護士かなにかにきてもらってもいいと思いますと伝えました。婚約者たちはクスリもやっているかもしれないので、その件については警察にリークすると言ってました。これで芋づる式に悪い者が処罰されればいいなと思いますね。

これで調査終了しました。また依頼が入りましたら報告しますね。

 

といいながら、また浮気調査です。

40代の男性からのご依頼です。名古屋市内の飲み屋で知り合った20代の女性と付き合いはじめたらしいのですが、その女性が急に別れたいと言い出したそうです。来月結納で結婚式場も半年後の予約をし前金も支払い済みや招待状なども近々発送するつもりだったのだとか。なぜなのか理由を聞くのですが、好きな人ができたからもう別れたいというだけで、どんな相手を好きになったのかどうかもまったく分からないし、依頼者としてはここまで来て別れることはまったく考えていないそうなのです。とりあえずその好きになった相手を調べてほしいのと、どんな関係なのかを調べてほしいということです。なのでさっそく調査開始です。

 

結婚をもうすぐ控えた20代の婚約者が急に好きな人が出来たといって別れたいと言い出したので、その好きな人を調べてほしいと言う40代の男性からの依頼です。

さっそくその婚約者を尾行しましょう。婚約者は看護婦さんということで、不規則な生活をされているようです。こういった場合、なかなか調査が簡単にいくとは思いません。しかし、依頼者からシフトの分かる情報をもらったため、それに合わせて病院に張り込みをする予定でした…。が、いくら張り込みしても婚約者は現れず…。これは長丁場になりそうだ。

 

婚約者が勤務しているという病院を張り込みするが、一向に婚約者は現れず。。。これはおかしい。なので、病院内に潜入し、婚約者がいるかを聞いてみました。前に接してくれたということでお礼を言いたいという理由をつけて…。すると、医事課のほうで確認してくれたら、驚きの回答がありました。そんな人は勤務していません。退職したとかそういったこともなく、当初から勤務していたという情報がないそうなのです。これは騙された。。。。もっと早く潜入すればよかったと後悔。しかし後悔しても後も祭りなので、いったん対策を練り直さなければ。。。

 

婚約者にまんまと騙されたわたしは、いったん事務所へ戻り、対策を練る事とした。音信不通の婚約者…。しかし、泣き言は言ってられないので、婚約者の顔写真をありとあらゆる知り合いに送ることとした。もしかしたら、名古屋の繁華街でキャバ嬢でもしている可能性もあるため、そちら方に情報をお願いした。翌日、ビンゴ!名古屋の栄のキャバクラで勤めているアカネという子から連絡が入った。こいつは口も堅く知り合いも多く、我々の仕事にたまに有力な情報を流してくれるとても頼りになるやつだ。アカネ曰く、婚約者は小さな違法でもある風俗に勤めているということを聞いた。風俗店の名前と住所と聞き、われわれはさっそくその風俗店へ向かった。

 

アカネから聞き出した婚約者の勤める風俗店へ向かった。名古屋の繁華街から一本裏には行った路地にその風俗店があった。

客のふりして風俗店に入ってみる。そして婚約者を探してみると、そこで勤める女の子たちの顔写真が載っていた。それを見ると、婚約者がいた!ビンゴ!ナンバーワンの女の子らしい。受付の男にこの子はいるのか?と尋ねると、午後からの出勤になりますとのこと。なのでいったん、店をでる事にした。午後から出勤ということなので、しばらく店の前で張り込みだ。

 

アカネから聞いた風俗店の近くで、出勤してくる婚約者を待つこととした。しばらくすると、すっぴんの婚約者であろう女が店の中に入っていった。女ってのは、化粧するのとしないのとでは、だいぶ変わるため何気に人間違いをしていないか不安になることがある。なので、30分ほど経ってから、店内に入り婚約者が間違いなく入店したかを調べた。すると、婚約者で間違いなかった。これさえ押さえればあとは外で張り込みをし、婚約者の居所が分かれば調査は終了だ。しばらく待機だな。。。

 

PM18時になった。婚約者がお勤めを終えて店から出て来た。かなりまわりを警戒しているようだ。こんな対象者は、なかなか面倒くさい。ここまで、まわりを警戒するには、敵を作るような行動をしているからなのだろうか。

気を引き締めて、婚約者の後を追った。すると、婚約者はとある喫茶店に入っていった。誰かと待ち合わせをしているようだ。先に入店していた男となにやら相談しあっているようだ。男はなかなかの中年でどういった相談をしているのか、喫茶店内の席が空いていなかったため、聞くことができなかった。

 

喫茶店内で2人がなにやらこそこそと相談し、一時間ほどが経過し2人が店内からでてきた。

尾行を開始すると、二人はラブホテルへ入っていきました。これで2人が浮気をしているという証拠を手に入れることができました。

そして、その相手の男の身元を確認しなければ。すると、2人がラブホテルから出てきました。2人はそれぞれ別れましたので、我々も2人の身元を調べる必要があったので、それぞれで別れました。

相方が婚約者の尾行。山ちゃんが浮気相手の尾行。すると、浮気相手の向かった先は、とある弁護士事務所でした。相手は弁護士だったのです。この弁護士は名古屋ではまあまあの知名度だったので、この事実には自分もびっくりしました。

 

婚約者の浮気相手が弁護士ということで、なかなかのパンチ力のある事実だと思いました。しかも、その弁護士は知名度は高いが、ゲス弁護士という裏の顔も持っているようでした。それにはこちらもとてもびっくりしました。なので、この弁護士についてもう少し調べてみよう。

すると、3日後にあの浮気相手であった弁護士から文書が届きました。婚約者が依頼者より精神的苦痛を受けたと言うことで婚約破棄と慰謝料の請求をしてきました。これで繋がりました。婚約者とあの弁護士は肉体関係もありグルだったということが。2人は男女の関係となり、そして二人が一番いい結末に終わるには、こういうことだったのか…。

 

婚約者とその弁護士がグルになって、依頼者を悪者にして慰謝料などを請求しようとしていた事実を知り、わたしの友人である弁護士に相談をした。グルになっていた弁護士の悪評は有名らしく、顧客とそういったいけない関係になるということも多いみたいです。友人はやっぱりか…というリアクションだった。そんな悪評の弁護士はなんとかしないといけないと、友人が動いてくれるそうだ。

依頼者に、結果を報告した。すると、依頼者はショックを隠し切れない様子だった。新居の頭金を取り返したいのと、婚約者と弁護士をなんとかギャフンと言わせたいということだったので、友人の弁護士を紹介しました。

今回の調査はこれで終了です。またご報告します。

 

 

浮気調査 2 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

梅雨に入り、今週はずっと雨模様です。本当に張り込み尾行する際気を張ります。傘が当事者の顔を隠してしまうので、尾行する当日の朝に雨が降っていたらとても気が滅入ってしまう山ちゃんです。

本日の浮気調査依頼をご紹介します。

ご依頼主は、60代の独身男性。いきつけのキャバクラの40代のママと付き合っているそうなのですが、新しいお店を出したいということから、300万をママに貸したそうです。ちなみにその300万はご依頼主の退職金とのこと。

すると、その日から、ママの携帯に電話をしても不在が多く、折り返しでかかってはくるらしいのですが、今忙しいからしばらく電話しないで。とか言われたり。お店に行ってもママは忙しいため会えないやらで態度がガラッと変わってしまったそう。もしかしたら浮気をしているのかもしれないということで、浮気をしていた場合は貸した300万を耳揃えて返してもらいたいとのこと。

キャバクラのママは職業柄、男と一緒にいる現場を多く確認出来るであろうから、やはりラブホテルに入っていく様子を証拠として手に入れないと、同伴だとかなんとか言われてしまう恐れがある。キャバクラのママだから、口も達者だろうし。気が抜けない相手でございます。

調査開始しましたら、やはりママということでそれはまあたくさんの男性とのツーショットが多くて、なかなか証拠という証拠が手に入りません。どうしようか…。

すると、ご依頼主からママが土日店を休みにして、姪っ子の結婚式のため東京へ行くというじゃありませんか。で、本当に姪っ子の結婚式なのかどうか尾行してほしいというもの。おーっと、実は山ちゃん土日、どうしても抜けられない調査が入っているので、相方にママの東京尾行をお願いするとしよう。

土日の東京尾行が無事に終了しました。やはり、姪っ子の結婚式なんてまったくのウソ。ママは名古屋でも有名な企業の社長様と不倫旅行を楽しんでおりましたとさ。

そこから、その社長様とママの不倫関係が浮き彫りとなってきました。

社長様は既婚者なので社長様も御盛んな人なんでしょうな。

すぐさま、依頼主に連絡をし、事務所へきていただきました。そして、ママが不倫旅行をしており、不倫をしている事実をお伝えしました。

別れるつもりだし、貸した300万は必ず返してもらうと、裁判を起こすとおっしゃておりました。今回も調査完了!またね!

 

山ちゃんの相方からこんな話がありました。

「僕の友達が不倫ばっかりしてるんです。歳は30歳で、見た目もまあまあイケメンなんですが、本命の彼女を作らず結婚もせずに、人妻と不倫ばかりしているんです。やめておけ!って言っても、聞く耳もたずに…。不倫てそんなにいいもんなんですかね?調査員の僕にしたら理解できません。結局不倫をしていたという事実が発覚してもその後修復したなんてまれじゃないですか。友達は別に不倫相手の家庭を壊そうと思っている訳でもないし。でもやっぱり何かあってからじゃ遅いし、なんとかして不倫を辞めさせたいのですが…」

うーんなるほどね、でも不倫をやめることは無理なんです。だって、不倫て一種の麻薬みたいなものなんですもの。そして、自分たちが悪い事をしているというドキドキ感を感じたいというおかしな思考回路になっていくんです。たぶんその友達は、不倫といっても相手は人妻だし相手にも家庭があるから、後腐れなく別れられるのも一つの要因なのかも。でも不倫といっても、相手にはまり過ぎて泥沼化になることも多々あるのでそういったことを友達がまだ未経験だから不倫を続けているんじゃないかな。一度、不倫で泥沼化になってみて不倫をして後悔してみるのが一番の薬になるんじゃないかなと相方には伝えました。すると相方は分かりました、一度言ってみます…。といってました。友達思いなんだな~と相方をほめてやりました。

さてまた調査が入りましたらご報告致します!

さて今回は浮気調査の依頼が入りましたのでご紹介しましょう。

会社員のTくん名古屋在住、彼女(婚約者)は関東でOLをしているそうです。まあ俗に言う遠距離恋愛です。 秋に披露宴予定だそうです。

今回浮気調査を依頼された理由をお聞きしました。

「急な仕事で関東に行ったので、彼女に夕食だけでも、もしくは一目でも会えればと思い電話をしたんです。まあ遠距離なので早々会えることもできないし。本当に急なことだったんで。僕たち月2回会っている状況です。すると、彼女電話にはでてくれたんですが、仕事のトラブルで残業しないといけなくなったから食事は無理と言われました。 仕方がないと思い、買っておいたプレゼントだけ郵便ポストに入れておこうと思い、彼女のマンションに行きました。

すると、部屋の灯りがついていたので帰っているのかと思って、ピンポンと同時に玄関の扉を開けたら、玄関に男物の靴があったんです。すぐに気付いた彼女が部屋からでてきて、「ごめんなさい、会社の人と今打ち合わせをしているので部屋にあげられない」と言うので、プレゼントだけ渡して帰宅しました。

名古屋に戻り、夜中に彼女からLINEで、「誤解しないで」というメールがきたんです。 その返事についてはなにも返していないじんですが、僕は間違いなく浮気だと思います。彼女が浮気しているのなら婚約破棄するつもりで今回、おたくへ依頼をしましたので、どうぞ宜しくお願い致します。」

といった内容です。さっそく調査開始しましょう!

遠距離恋愛の彼からの依頼で、婚約中の彼女の浮気調査を行いました。彼は名古屋、彼女は東京ということで、東京まで調査しに行きましょう!

しかし、前回彼が彼女のマンションで男物の靴をみてしまったという時点で、彼女は浮気がばれないように今以上に気を張ると思われます。なので、すんなり浮気現場をキャッチできるかどうか心配なところです。

とにかく一週間の調査期間を設けて、東京へいざ!

月曜日の朝、彼女のマンション前で張り込みを開始します。朝という事で通行人たちがとても多いため、彼女を見落とさないように気を張ります。

月曜日 AM7:50:彼女がマンションから仕事に向かうためでてきました。会社はバスに乗って向かいました。彼から聞いている彼女の勤務時間はAM8:30からPM18:00という時間帯。すると、PM18:20に彼女が会社からでてきました。バスに乗ると思いきや、バス停の前に停まっていたタクシーに乗り込みました!急いでそのタクシーを尾行します。

彼女が乗ったタクシーを追いかけます。東京ということで、車が多いしとても尾行しづらい!しかし、見落とさないように、事故らないようにしっかりと距離感を保って尾行し続けます。

すると、

PM19:20

ジムにタクシーが到着しました。彼女がジムの中に入っていきました。しばらく待機時間だな。

PM21:10

彼女がジムからでてきました。またタクシーに乗って、途中、コンビニで自宅マンションへ帰っていきました。

すると、火水木金と特になにも動きがありませんでした。これは気を張っているのだろうか…。残り土日なんとか浮気の証拠を掴めることができるのか…。

やっぱり、若干浮気がばれてしまったかも?という前提で浮気調査をするのはなかなか対象者はしっぽをださないんですよね。なにも知らない前提での浮気調査のほうがよっぽど楽といいますか、やりやすいんです。

残る調査も土日となりまして、ここでちゃんとした証拠を掴まないと、この調査長丁場になる可能性があるので、しっかり張り込みまっせ!

彼女は基本土日会社が休みなので、なにか動きがあるはず。朝から張り込みいたしましょう。

すると、さっそく動きがありました!土曜のお昼にスーツと革靴を履いた長身の男性がマンションに入っていきます。もしや!と思い、マンションの住人を装って、山ちゃんもマンションロビーを通過します。すると、彼女の部屋に入っていくのを確認しました。ビンゴ!しばらく、マンションの外で待機です。

すると、夕方私服に着替えた男性と彼女が手をつないでマンションをでてきました。間違いない証拠となります。それから二人は近所のコンビニで買い物を終えてマンションへ戻っていきました。それから二人の動きはありませんでした。

日曜日の朝。二人がマンションからでてきました。都内のデパートでウィンドウショッピングして、夜にはラーメン屋さんで食事をしてから、マンションに戻ってきました。それからの動きはありませんでした。

ついでと言いますか、どうせならと月曜日の朝まで張り込みをしましたら、スーツに着替えた男性が一人ででてきました。そのまま会社へ行くようです。男性の会社名もしっかり調べることができました。

後日、依頼者をお呼びし、調査報告書を提出しました。まず、彼女は週末のみ浮気を行っている。そしてその男性は彼女の勤める会社の得意先の営業マンであること。男性は未婚。彼女が婚約中ということを知りつつ、男性が自宅に泊まったりしているのかどうかは不明。

依頼者はやっぱりな…という表情をしてました。そして、結婚式の招待状を発送する前でよかったと多少安堵の表情をしてました。彼女にこの調査報告書をみせて、別れることを伝えるとのことでした。

これで調査終了です。また依頼が入りましたら報告しますね!
お付き合いありがとうございました。

じめじめとした梅雨も終わり、夏がやってきました!

夏といえば海!山!川!BBQ! そして浮気!

やはり夏になると、人も心も開放的になるのか、浮気が増える時期でもあるのです。理由としては夏に会社の同僚などとビアガーデンやBBQといった機会が増えるので、浮気のタイミングがバッチリ合ってしまうのです。

開放的な空気、肌の露出が男性を浮気へと走らせるのでしょう。男は単純だからね。しかし、だからといって夏に浮気調査の依頼がぐっと増えるわけではありません。夏はお盆や大型連休がありますし、家族と過ごす時間が増えるため、夫に内緒でこっそり探偵に浮気調査の相談へいく…というのがやりにくいのです。そのため、夏以降、9月頃から、夏の間に夫が浮気をしはじめたようなのですが…といった奥様からのご相談が増加します。なので、夏以降の為に、山ちゃんはうなぎをたくさん食べてスタミナ・体力をつけて夏を乗り切ります!

浮気男の友達もやっぱり浮気男だった…。

前回、浮気の依頼が入って、無事に完了したんだが…。その対象者の男の友達が、まったく別の件で、浮気調査が入った。山ちゃん、今までの調査対象者のことはずっと覚えているんだけど、前回の浮気調査はT君で、調査をしていくといつもつるんでるのがO君だったんだ。で昨日、O君の浮気調査が入ってきて…。依頼者から預かった写真をみて一発でわかったよ。お前もかいっ!って思わず叫びそうになった。。。

やっぱり類は友を呼ぶんだな~と改めて感じました。でもこういう輩たちがいるから探偵業が成り立っているという事実はありますから、ありがたいというかなんというか…。浮気をしてだれも幸せにならないんです。でもやっぱり浮気を好んでする輩たちもいるし、なかなか難しい問題ですな!

さてまた新たな依頼が入りましたら報告しますね!

 

名古屋市の30代女性より浮気調査の依頼が入りました。

40代夫の携帯電話に怪しいメールをみつけてしまった奥様が「3歳の子供の寝顔を見ながら、いつ帰るかわからない旦那を待ち続け、今頃どんな女性と一緒に過ごしているのだろうと考えると毎晩とても辛くて眠れない毎日を送ってまして……。

子供にもお母さん大丈夫?と心配されてしまい。。。」と涙を流しながら話されます。今は睡眠薬を服用しないと眠れなくなっているそうです。

そうとう思い込んでおられるようでした。

早速、探偵2名による浮気調査を開始しますと、ご主人には一人ではなく、二人の女性が浮上しました。よくまあ二人の浮気相手を相手できるな~と感心してしまいましたから。

一人の女性とは、名古屋市に住む、女性のマンションへ毎週末仕事帰りに通い、外出することなく部屋に入り浸っています。

そして明け方、マンションをでて自宅へ帰るというスケジュールです。

もう一人の女性とは、浮気調査中に週末土日に関東地方へ旅行に出掛け、仲睦まじく歩く様子は恋人同士のようであり、男性が子持ちの既婚者であるとは想像が尽かないくらい堂々とした遊びっぷりでした。

ここまで堂々だと一瞬、この男じゃないのか?という思いがありました。

ご主人は子煩悩な方なので、一層、奥様を悩ませているようでした。いっそのこと、とことん悪人であってくれたらスッパリと踏ん切りがつき、気分的にも楽なことだろうに。結果、奥様のご希望により、優秀な弁護士を紹介しました。

浮気調査が続きます。

60代の女性からのご依頼です。定年退職前の60代の御主人が浮気しているかもしれないというご相談です。

御主人が平日の帰りがおそいし、土日も仕事がたまっているといって、外出することが多くなってきたそうです。

しかし仕事一筋の御主人だったのでそれに関しては信じていたらしいのです。

とある日、依頼者のフラダンスの仲間の一人が、おたくの御主人、この前女の子と歩いているの見たわよ~というのです。

目撃場所は名古屋IC付近のサービスエリアだったそう。しかもその女の人は一回りも二回りも下のようなとても若い子だったそうです。

でも夫婦に娘と息子がいるので、もしかしたら娘さんだったのかも~と言っていたそうです。

依頼者はそれはあり得ない!とのこと。なぜですか?と聞くと、娘はアメリカ留学してあと1年も帰ってこないんですと。じゃあその娘と同年代の女は一体誰なんだ?という訳ですね。

では一度調べてみましょうと、依頼を引き受けました。

60代の御主人の浮気調査の結果を報告しましょう。

まず、サービスエリアで腕を組んだ歩いていた女の子は、会社の新入社員の20代の女でした。同じ部署で、御主人がその女の指導する立場だったため、仕事を教えたり悩み相談を聞いたりしていくうちに恋愛関係に発展したようです。

女は、御主人との子供を妊娠しており、産むようです。御主人も認知するようです。もしかしたら、御主人は依頼者と離婚をし、その女と結婚することも考えているかもしれません。

聞き込み情報としては、その女は、親しい友人にいま妊娠し、その相手は事情があって誰かは絶対言えないし、すぐに結婚はできないけど、産んでしばらくしたら結婚するかも…と言いふらしているようです。

そのことを依頼者にお伝えしましたら、奥様泣いていました。そりゃそうですよね…。娘と同じくらい歳の離れた女と浮気し、あげくのはてには妊娠させてしまい、その女と結婚するなんて、長年連れ添ってきたお返しがこれだなんてひどすぎます!

山ちゃんおせっかいかもしれませんが、御主人と浮気相手に慰謝料を請求してもいいかも…とお伝えしました。すると奥様、でもどうしていいか分かりません…と途方に暮れていたので、山ちゃんが知っているしっかりした弁護士さんをご紹介いたしました。

奥様が少しでも傷つきませんように…。少しでも明るい未来になりますように…。

 

さてもう梅雨も明けまして、夏まっさかりですね!夏になると、会社の同僚とBBQやプールに海、山登りなど行事が盛りだくさんになりますよね。

それに相伴って、不倫・浮気調査もぼちぼち入って来るんです。

今回もそんなパターンの調査依頼なんですが、30代主婦のA子さんよりご依頼ありまして…。

御主人が週一ぐらいで会社の集まりやなんやかんやで出かけることが多くなり。不審に思っていたら、御主人のスーツのポケットから、ラブホテルのライターがでてきたそうな。

問い詰めたら、会社の同期の男がもってたのをもらっただけだという言い訳めいた返事だったそう。

それからは出かけることもめっきり減ったそうなんですが、また最近になって、週一で会社の集まりという理由で出かける回数も増えたらしく…。

携帯もロックがかけてあり、これといった証拠がないため御主人を問い詰めることもできないので、今回うちに依頼に来られたそうです。

まず、奥さんに調査をしてももし不倫をしていたらどうしますか?と聞くと、御主人の収入がけっこういいそうなので、すぐに離婚とは考えていない。御主人と不倫相手を別れさせたいのが一番の希望らしいです。

調査報告書は今後もしなにかあった際に、有利に事を進めるために証拠品として手に入れておきたいというもの。

了解しましたとお伝えし、さっそく御主人の張り込みを開始いたしましょう。

御主人の浮気調査が終了いたしました。

[調査結果]御主人、会社の後輩の20代未婚女性と不倫関係でございました。御主人は、週一彼女と会っているようで、彼女のマンションに入り浸り。基本、金曜日の夜に職場から一緒に帰り、彼女宅で一泊。

土曜日のお昼に自宅へ帰るというスケジュールです。し、しかも、会社内ではもっぱら不倫関係がばれているらしく、会社内でも堂々とイチャイチャしているらしいです。なぜそんなことが可能なのか…。

その女性は、会社のお得意先の社長令嬢ということです。なるほどね…。

すぐさま、依頼者に調査報告書を提出致しましたら、奥様今日にでも子供二人を連れて会社へ乗り込んで、御主人と不倫相手に別れるように言うそうです。

調査報告書は離婚調停になった際に、証拠品として大事に保管しておきます…とおっしゃっておりました。

今回も無事に調査が終了しました。またね!

今日朝一にとんでもないおそろしいニュースが流れてきました。障害者施設に刃物を持った男が押し入り、19人もの人を刺した事件でした。その男は元職員で、辞めさせられた腹いせに、施設に入り、なんの罪もない人を刺し殺したというもの。

防犯カメラはもちろんついていたが、こんな事件に発展してしまったのはなぜか。防犯対策はしっかりしていたのかが今後の調査でわかってくるのでしょう。この障害者施設には知的障害者の方たちが多く入居していたとのこと。

とてつもない恐怖だったに違いありません。防犯カメラを設置しただけでいいというのはだめなんだろうな…。セキュリティーをしっかり厳重にしないといけないんですよね。

これ以上の被害者がでないことを祈ります…。

悲しいニュースが多いなか、依頼は変わらず入って参ります。

みなさん、自分の嫁さんがフーゾクやソープで働いていたらどうしますか?男としたらいやに決まってます。しかし、金銭的な面で家庭が大変だったら仕方ないのかな…とも思ってしまいますか?

名古屋という土地柄、フーゾクもソープもたくさんありますしね。店側からしたら人材確保も大変だと思います。だから人妻でもなんでもOKというお店も多いんです。

実際、御主人からの依頼で、奥さんがフーゾクに働いているかもしれないから調査をしてほしいという依頼が以前にありまして…やっぱりクロだったんですが、そのフーゾクに働いていた40代の奥さんから話を聞く機会があったんです。すると、こんな答えが…。

「わたしがフーゾクに働く理由はお金のためじゃないんです。お金はあります。じゃあなぜかって?出会いを求めに行ってるんです。

わたしたち夫婦はセックスレスで毎日つまらなかったのです。実際、フーゾクにくるお客さんはわたしのことをとても大事にしてくれます。主人なんかよりもよっぽど…。実際お客さんに深入りすることはないのですが、お客さんから最後にありがとうなど言われるととても幸せな気持ちになります。

なのでフーゾクでわたしの欲求を吐き出しているので、家庭仲は順調なんですよ。」とのこと。

フーゾクで働いて出会いもとめるなんて、そこらじゅうである浮気や不倫よりもよっぽどさっぱりとした関係でいいんじゃないかな?と感心してしまったのは内緒です。

30代の御主人からご依頼がありました。20代の妻が浮気をしているようだから調べてほしいという内容です。なぜ疑い出したのか聞いてみましょう…。

「最近コンビニのバイトをはじめた妻が、コンビニ仲間との飲み会の回数がとても多くて…しかし付き合いもあるから仕方ないかなと思って、快く飲み会に行かせてたんですが、とある人からSNSを通じてメッセージがきたんです。あなたの奥さん不倫してますよ…って。しかも知らない男といちゃついている妻の写真も添付されていて。それをみて間違いないと思ったんですが、妻に聞いてもそんなことするはずない!CGに決まっている!といって話が進まなかったのです。なので、探偵に依頼して調査をしてもらい証拠を手に入れたいと思ってます。だって、いちゃついてる妻の顔が僕の知らないうれしそうな顔だったのであれ見たら僕ってなんなんだろう…と思ってしまいました。調査宜しくお願い致します。」

了解しました、すぐに調査に入りましょう。

調査が終了しました。結果はクロでございました。バイト中に愛をはぐくんでいたという驚愕の事実も発覚しましたよ。バイトを始めてすぐに奥さんはコンビニの店長と不倫関係に発展したようです。

実は店長(60代)も既婚者で、そのコンビニには店長の奥様(60代)も働いているじゃありませんか。

じゃあ、誰が依頼者にダイレクトメッセージを送っていたんですか?なんとその店長の奥様でした!奥様は店長である夫とバイトの女が不倫しているのを知っており、依頼者に知らせようと思い、ダイレクトメッセージを送ってきたのでしょう。依頼者は証拠を手に入れてコンビニに出向き、皆と話をしてみようと思いますと言ってました。

そしてすぐに妻にはバイトを辞めてもらう!と言ってました。

身内が同じコンビニで働いているのにバイトの女に手を出す店長はとんでもない鬼畜野郎だってことですね!

今回も調査が終了しました。またご報告します!

 

社内不倫になるきっかけでダントツに多いのが会社の飲み会です!

単なる会社帰りの飲み会というよりも、忘年会や新年会、歓迎会といった二次会まで用意されているような飲み会の時に、不倫関係に陥る可能性があります。

飲み会ではお酒も入っていつもより開放的になってしまうから、という理由もありますが、二次会から三次会となれば当然、人数もそれなりに減ってきて気がつけば終電もない時間になってしまいますよね?

もしその数人の中に気になる人がいたとします。終電がなくなればタクシーを使う他ありませんので、途中まで相乗りという事もあり得るわけです。最後まで残っていた相手がもしその気になる人だとしたら、いけない関係と分かっていても狭い車内の中、今にも手が届きそうな距離に相手がいるとしたら当然、気持ちも高ぶってしまいます。

お互い二次会、三次会のあとともなれば、相当お酒が入った状態になっているので、その勢いで雰囲気にのまれてホテルに行って一夜を共にし、不倫関係になるという可能性は高いでしょう。

思わぬ落とし穴にお気を付け下さい!

とある女性から浮気調査の依頼が入りました。その依頼内容といいますのは、夫が浮気しているかもしれない。。。その浮気を疑った理由が、とある女性のLINEのアイコンが夫とのツーショット写真だったというのです。その女性の名前は「ゆか」というのですが、もちろんLINEのトークを見ようとしたら、コーク内容は全て削除されており、トーク内容は確認出来ませんでしたとのこと。しかし、そのアイコンはころころ変えることができるので、御主人としては浮気相手と自分のツーショットの写真がアイコンになっていたらすぐさま非表示にしますよね?でも直近でアイコンが変えられていたら非表示する間もなく、奥様にそのツーショットアイコンを見られてしまい浮気を疑われるきっかけとなったんです。

しかし、浮気相手とのツーショット写真をアイコンにするなんてなんという女なんでしょうね。バレナイとでもいいますか、ばれてもいいと思うのでしょうか。ひどい女です。すぐさま調査に入った方がいいと思います。。。

そんな話をしているうちにまたしても、浮気調査の依頼が入りましたよ。

30代の男性から浮気調査が入りました。20代のパート勤めの奥様が最近、何百万もするハリーウイストンのダイヤのリングを持っていたことが分かったらしく、奥様を怪しむようになったそうです。日中はパート勤めしているため奥様がどのように過ごしているかも分からないらしく。携帯もチェックするもなにもないそうです。これといって浮気の証拠もないそうですし、でも何百万もするリングを購入できるような金銭事情でもありません。不妊治療をしており、まだ子供はいませんが、もし妻が浮気をしているなら離婚を考えております。。。とのことでした。

そんな高価なリングを購入できるなんて、それなりの財力を持った浮気相手なのだろうか。。。ハリーウィストン・・・一度みてみたい。

さて奥様の調査を開始しましょう。。。

浮気調査の結果ですが、不貞行為は確認出来ませんでした。一緒に食事に行ったりバーに行ったりというぐらいです。その相手はパート先である印刷会社の社長でした。その社長は女好きで有名で、自分の会社の若い子たちを遊び相手の食い物にしているらしいのです。しかもハリーウイストンのリングをつけている若い子たちがわんさか会社で仕事をしているらしいですよ。。。

社長の奥様は経理で仕事をしているらしいのですが、社長の女遊びには見て見ぬふりらしいのです。お好きにどうぞってかんじらしい。しかし、不倫や浮気という類ではないような。。。社長の女遊びに付き合ってあげている感じもしないでもないです。なので御主人にはシロではないが、クロでもない。グレーですね。とお伝えしました。しばらく、奥様の様子を見てみますとのことでした。

調査終了しました。また!

と思ったら、まらまた浮気調査です!!

どんだけ、浮気調査が多いのだ?!

これだけ続くというのはどういうことなのだ?
やはり、世の中が浮気にあふれているということなのか?

40代の女性からご依頼が入りました。御主人の浮気を疑っているらしくその理由をお聞きしました。

「わたしの主人は出張が多いため、月の半分が出張の場合もあります。出張先はいろいろあります。とある日、自宅に旅行の予約受付票とホテルのパンフレットが送られてきました。主人宛の郵便物だったのですが、わたしもその月に丁度友人と旅行の話があり、パンフレットを希望していたので間違って空けてしまったのです。場所は沖縄。わたしが旅行で行くのは北海道。あわてて宛名をみたら主人だったので、しばらくどういう意味なのかわかりませんでした。でも沖縄出張に行くことが過去も3回ぐらいあったし、もしかしたら出張なのかも、でもこんな予約受付票とパンフレットが自宅に郵送されたのは初めてでした。なので、もしかして浮気で女と旅行に行くのか?と疑い出してしまい、今回依頼をお願いしようと思い来ました。」

今回の浮気調査結果と言えば。。。

御主人はキャバクラで知り合った20代の女性と不倫関係でありました。そして、その女性と沖縄旅行に行く予定だったそうです。その不倫相手の女性にはかなり熱をあげており、高額なプレゼントや毎月の生活費まで渡している始末。しかもその不倫相手には、夫と小さい子供がいるんです。それは御主人は知らないらしく。完璧なひもになっていたのです。しかし、奥様にそれをお伝えするとあきれておりましたが、御主人にこの証拠とともに、不倫相手が既婚者で子供がいることを伝えるつもりですとおっしゃっておりました。

目を覚まさせてあげることが奥様は自分の努めだとおっしゃってましてわたしはとても驚きました。なんと懐の大きい奥様なのじゃ。。。こんな奥様がいるのに、若い女に走る御主人最低ですね。

さて学生が夏休みということもあり、子供がたくさんいますね~。しかもポケモンGO!が日本上陸してから、公園や人気スポットにはたくさんの子供や大人がおり、探偵の尾行もなかなか大変です。

本日浮気調査が入りました。

30代の男性からのご依頼です。奥様30代が男と浮気をしているかもしれないから調査してほしいということ。内容をお聞きしました。

奥様は最近ダイエットのために、ボクシングを習い始めたそうです。すると、週5日ボクシングに通っているそうです。子供の世話も家事もせずに。すると体型も引き締まりダイエット成功したようでしたが、体型が変わっただけでなく、服装や下着が変わったそうです。下着なんて今までつけたことないような、Tバックやドピンクに紫といった、ケバイ下着になったそう。。。

御主人の趣味?とはまったく違っていたので奥さんに問い詰めたら、ほっといて。。。という返事だったそうです。子供の面倒もみずに、家事もしなくなったそうなので、御主人もほとほとあきれているらしく、浮気しているのならば、子供の親権を手に入れて離婚をしたいと思っているそうです。さっそく調査しましょう。

奥様が浮気しているかどうかの浮気調査結果がでました。奥様、ボクシングジムの20代のコーチと不貞行為を行っておりました。しかもジム内で。。。ボクシングを2時間ほど行った後に、ジムの関係者控室で不貞行為を行っていたんです。なかなかのつわものですね

しかもそのコーチは女好きで有名なコーチらしい。下着の趣味もそのコーチの趣味で間違いないと思われます。

御主人に奥様はクロだったとご報告致しました。御主人は離婚を視野に入れて、子供の親権を必ず手に入れることが希望とのことでしたので、山ちゃんの知り合いの有能な弁護士を紹介いたしました。

さて今日も無事に調査が終了しました。またリアルに伝えますよ!

 

50代の男性からの浮気調査依頼です。依頼者は独身で、いまお付き合いをされている女性がいるとのこと。年齢は30代、名前はなおみさん。結婚相談所で知り合ったらしく、もちろん結婚前提に付き合っているらしいのですが、最近会う時間も減り、なかなか結婚の話まで進まないそうです。しかし、その女性には300万という大金も貸しているらしくもしかしたら騙されているんじゃないかという疑問も最近になってでてきたらしいのです。浮気調査というより素行調査に近いかんじですね。

さっそくなおみさんの調査を開始しましょう。

浮気調査結果ですが、なおみさんの調査が完了しました。さっそくわかったことがありました。なおみさんは日本人ではなかったのです。アジア系の方でした。それは依頼者はまったく分からなかったそうです。日本に出稼ぎにきている外国人は日本名を名乗れるんだとか。そしてなおみさんは、同じ国の男性と結婚しており、子供も5人くらいいるという事実が判明。そうです、依頼者は騙されていたんです。すぐに依頼者に調査結果を報告しました。やはり…ときおりそっち系の人なのか?と疑問に思ったそうです。すぐさま結婚相談所に連絡して、結婚詐欺にあったことを連絡しておりました。300万のお金は戻って来るかどうかわかりませんがそれだけですんだのがよかったのかもしれません。

みなさまもお気を付けください。

またまた、浮気調査の依頼です。

さて今日は名古屋市でも有名な花火大会があります。とんでもない観客数になると予想されるんですが、よりによってその花火大会に対象者が行く予定で、尾行をお願いしたいというご依頼でした。

依頼者は20代の女性で、OLさんです。そして、婚約者の彼が前々から約束していた花火大会を急に仕事が入ったと言うので、断ってきたらしいのです。必ず彼は浮気相手と花火を見に行くらしいのです!

しかし彼の怪しい行動は三か月前からなんだとか。急に約束をキャンセルしてきたり、週末は必ずデートしていたのに、仕事が忙しいからと二週間に一回とか回数も減ってきたらしいのです。LINEもなかなか既読にならなくて、疑問に思ったそう。でも結婚を前提に付き合っているので、もし浮気をしているのなら、すぐに別れたいんだとか。

本日の花火大会で彼を見失わないようにしなくては…。

浮気調査結果ですが、花火大会の浮気調査とても大変でした。もう人がすごくてしかも、山ちゃんと相方の二人で尾行だったんですが、なんせ携帯のなかなか繋がらなくてあやうく対象者を見失うところでした。

結果としましては、彼は浮気をしておりました。相手はなんと、依頼者の親友だったんです。親友はもちろん彼が自分の大事な親友と婚約していることなんて知っていたんです。これは彼も親友も2人が共謀して裏で浮気を行っていたと言う事ですね。

依頼者は自分の婚約者と自分の親友が浮気をしているなんてとても信じられない気持ちでいっぱいだったと思います。婚約が決まったときも一番に喜んでくれたのは親友だったそうです。とんでもない女だ…。でもそんな婚約者と親友は早く決別したほうがいいと思います。そして新たに明るい未来をスタートしてほしいと思います。

はい、また浮気調査はいりました。

20代後半の男性から浮気調査の依頼がはいりました。話を聞くと、男性は新婚ほやほやの今まさに幸せ絶頂期なのに、なぜ…?といったものでした。話を聞きましょう。

「僕と妻は高校からの付き合いで、半年前に結婚しました。妻は見た目は派手なんですが、とても女性らしく家庭的だったので、結婚しても大丈夫だと思ってました。しかし最近、夜に友達と飲みに行くや食事に行くと言った行動がとても多くて…。もしかしたら浮気してる?と聞いたら、やきもちやく男はきらいと言われてしまい。僕も妻に嫌われたくないのでそれからは何も言えなくなってしまって。でも、最近精神的に不安定というか、仕事も失敗ばかりで夜もろくに眠れないのです。妻が浮気しているかしていないかだけ知りたいのです。離婚は考えていないです。宜しくお願い致します。」

離婚は考えていなくて、妻がどんな相手と浮気をしているのかをただ知りたいという人もいますからね。了解しましたとお伝えしました。

さっそく妻の調査を開始しましょう。

浮気調査結果ですが、新婚ほやほやの妻の浮気を疑っての調査が無事に終了いたしました。家庭的で女性らしい妻は高校時代から浮気や不倫などをするとんでもない女だったのです。それに気づかなかったのは御主人だけ…。周りの友人からは妻の奔放的な性格は有名だったのです。浮気相手は一人ではありませんでした。山ちゃんが調査しただけで4人の男性がわかりました。その中には、けっこうな年配のおじさまもいたし、年下の草食系の男性もいました。あと高校の元彼もいました。こんな結果を知っても、妻との離婚は考えられないという御主人。妻の浮気相手が知れただけでも今夜はぐっすり眠れそうです。ありがとうございました…といって帰って行かれました。御主人がよかったなら山ちゃんもホッとしました。しかし、これから将来、妻の浮気を黙認していく御主人、大丈夫なのか?とも思ってしまいました。もしかしたら、自分の子供じゃない子を妊娠してしまったらどうするのだろうか。など余計な心配ばかりをしてしまう山ちゃんなのでした。

また、浮気調査ですが、今回少し例外的な浮気調査で…。

だいぶご高齢(70代前半)の男性から浮気調査の依頼が入りました。長年連れ添った奥様(60代後半)が浮気をしているかもしれないというもの。奥様はお勤めにもでたことのないような専業主婦だったそうで、最近はオカリナを習うために夜や土日に出かけることが多くなったそうで…。すると、奥様は家事やらもおろそかになってしまっているらしく、一度浮気をしているかどうかを調べて、離婚かどうかを決めようと思うとのことでした。歳いくにつれて、愛情が歪んでしまうお年寄りも多いんですよね。

熟年離婚は本当に最近多いんですが、70代にもなって離婚となると少し考えてしまいます。自分の介護とか…。さっそく奥様の浮気調査を行いましょう。

浮気調査結果ですが、奥様の浮気調査が終了しました。奥様はオカリナ教室で知り合った70代の男性と浮気をしておりました。その男性は早くに奥様を亡くしており、ずっと一人で生きてこられたらしいのです。奥様はそん真面目でやさしい男性に惹かれてしまい、奥様も御主人と離婚をしてその男性と一緒になりたいという思いがあるそうです。

男も女もいくつになっても恋をしますし、全然おかしいことではないのです。しかし、何十年と連れ添った相手が自分を見捨てて、他の人と一緒になるなんて、御主人としたらものすごくつらいことですよね。調査結果をみて、御主人はこう言いました。

「いままで、ずっと私を支えてくれたあいつに最後くらいはあいつのためになにかしてやりたいと思います。この結果の写真のあいつの顔をみたら、わたしには見せたことのない笑顔です。わたしといるより、あいつはこの人と一緒になったほうがいいんですよね。離婚します。」とおっしゃりました。

今回の調査はなんだかとても切ない気持ちになった山ちゃんでした。

さてみなさんこんにちわ。

今日は浮気調査が入りました。30代の女性とその母親からのご依頼です。

お腹を見ますと、妊娠しているようです。まずはお話をお聞きしました。

「私たち夫婦は不妊治療の末、ようやく赤ちゃんを身ごもることができました。主人も妊娠が分かった時は、それはそれは喜んでくれました。最近は妊娠中期ということもあり、お腹も大きくなり、胎動も分かるようになりました。すると、それ以来お腹を触ってくれることがなくなりました。そして仕事も忙しいということで、自宅へ帰ってくるのも遅く、たまには朝帰りなんてこともあります。でもわたしは仕事もしておりませんし、主人がわたしのために夜遅くまで働いてくれているし、わたしもなにも言わないようにしているんです。でも最近わたしの体調もよくなく、もう不安しかないのです。主人はまったく赤ちゃんに興味を示さずに、休日もどこかへ出かけてしまい、出産準備もなにも進めないのです。この状態で産むのはとても不安なんです。もしかしたら浮気しているのかと思い、今回依頼させてもらいました。どうぞ宜しくお願いします。。。」

お母さんも涙を流しながら、娘さんの話を聞いておりました。

嫁の妊娠中の浮気は本当に多く、よく依頼も入ってきます。たぶんクロの可能性が大きいような気がしますが…了解しましたとお伝えし、すぐに調査開始です!

浮気調査結果です。

嫁が妊娠中の、御主人の浮気調査が終了しました。

はい、クロでございました。御主人は、周りにこう言いふらしていたそうです。「妊娠中の嫁が女に見えない、もうあいつは女じゃなく、母ちゃんなんだ。

お腹もありえないくらい大きいし、見ていられない。」というふざけたことをぬかしていたらしいです。そして浮気相手は20代の女子大学生とのこと。

もちろん不貞行為の証拠も確認いたしましたし、女子大学生の身元も確認出来ました。御主人はキャバクラに出入りしており、そこでその女子大学生と知り合ったそうです。そして、貢ぎまくってその女子大学生のために産まれてくる赤ちゃんのために…と貯めておいた貯金にまで手をだして貢ぎまくっている始末。

この事実を伝えるのは、妊娠中の依頼者にはちょいと酷かな…と思いまずはお母さんに連絡を入れました。すると、娘はそんなにやわじゃないですし、わたしから話してみます、そして調査報告書をいただきに2人で参りますとのことでした。

後日、娘さんとお母さんが事務所へ来られました。前とはうってかわってお腹も大きくなっていて、娘さんの顔色もよく体調もよさそうで山ちゃんは安心しました。そして、まず調査報告書を見せる前に、御主人とはどうしようと考えているのかをお聞きしました。すると、娘さんはしっかりした口調でこう言いました。

「主人とは離婚をします。妊娠中の浮気はよくあることだと思っていましたが、2人で産まれてくる赤ちゃんのために貯金しておいたお金を浮気相手に使い込んだという事実に、とてもショックをうけましたし、主人に対していい父親になってくれるという希望は一切なくなりました。でもありがたいことに、わたしの父母妹がわたしの赤ちゃんを一緒に育ててくれると言ってくれました。なので離婚します。」

そうですか…。でしたらこの調査報告書は証拠として保管しておいた方がいいでしょう。今後、離婚請求・慰謝料請求をするときに、重要な証拠となりますので。

娘さんとお母さんは晴れ晴れとした表情で事務所を後にしました。

今回の調査も終了です!また報告しますね!

別件で、今日は浮気調査が入りました。今日はというより、今日もと言う感じですが…。

10代女性からのご依頼です。とても若く大人しい感じです。話を聞いてみましょう。

「わたしの彼氏は30代と一回り以上年上です。でも最近、わたし妊娠したみたいで…まだ産婦人科に行けてなくて。でももしできているなら産みたいし、彼とも結婚を考えています。でも彼に赤ちゃんができたかも…と打ち明けてから、わたしを避けるようになったのです。彼の携帯を見ようとしてもロックかかってみれなかったんですが。もちろん、彼が結婚をしてくれなくても、赤ちゃんは産みたいと思っています。友達には、わたしが騙されていたんじゃ?まで言われる始末でした。。。もし彼が他の人と浮気をしているかどうか調べてほしいのです。その証拠を彼に突き付けて、彼がどういう行動をするかを知りたいのです。」

了解しましたと伝えて、とにかく体を大事にしてくださいと伝えましたよ。

さっそく明日から彼氏の張り込みをしましょう。

浮気調査結果です。

30代の彼氏の浮気調査が完了しました。彼氏はなんといろんな女と遊びまくるチャラ男でした。結婚はしていないものの、そこら中の女と結婚しようなど、調子の良い事行って女の子を引き留めておくというやり口をしておる模様です。

たぶん彼氏の女遊びのせいで、心も体も傷ついてしまった女の子がたくさんいるはずです。しかし、口のうまい彼は、彼氏の友人でとんでもない悪徳弁護士とつながっており、なにか訴えられたら、その弁護士にいろいろ相談して事なきを得ているそうです。だれかこんなバカ男に制裁を加えてくれ。。。

依頼者の彼女にこの事実を伝えることは大変酷なように感じますが、彼女はどんなことにも動じませんと強い言葉をいってくれましたので、お伝えしました。すると、やはり赤ちゃんは産みたいので、この彼氏に慰謝料を請求し、子供を認知してもられないかとのご相談がありましたので、山ちゃんの知り合いの大変有能な弁護士を紹介しました。すると、彼女は本当にありがとうございますと頭を深々と下げられて帰って行かれました。

無事に元気な赤ちゃんを産んでほしいと親心がでてしまいました。。。

はたまた、こうしているうちにも40代のサラリーマンの男性から浮気調査が入りました。40代の奥様が浮気をしているかもしれないので、調べてほしいという内容でした。まずは御主人からお話を聞きましょう。

ほう。今回は奥さまに疑いを持たれているとな。

「妻は子供が小学校に入るまでは専業主婦でした。

しかし子供が小学校に入学したのをきっかけに短い時間でパートをすることになったのです。残業もないし、実際生活に困っていたわけではなかったと思います。

でも家にいる時間ももったいないということで、イタリアンレストランのパートで働くようになったのです。ランチの時間だけということでわたしもOKしました。

すると、最近ランチの時間が過ぎたのに、パートの帰りが六時とかになってしまうことが多々ありました。でも妻に聞くと、オーナーがどうしても夜の仕込みも手伝って欲しいとお願いされたら断られない。

の一点張りでした。わたしが聞いてからしばらくは帰りは早かったみたいですが、最近また帰りが六時過ぎとかという話を子供から聞きまして・・・。

もしかしたらパート先で浮気デモしているんじゃないかと思うので、今回調査をお願いしたいのです。もし浮気をしていたのなら、離婚するつもりですし、子供の親権を手に入れたいのです。どうぞ宜しくお願い致します。」

了解しました、すぐに調査を開始しましょう!

気になる奥さまの浮気調査結果です。

奥様、結果はクロでございました。

奥様は、パート先のイタリアンレストランのオーナーと不倫関係になっておりました。オーナーはシェフもしており、50代でバツ3という経歴をお持ちであり、女関係は激しいとのこと。ランチの時間が終わってから、奥様とオーナーは二人でラブホテルで不貞行為を行っており、そしてまたお店にもどり、仕込みに取り掛かるというスケジュールでした。

奥様は不貞行為が終わったらさっさと自宅へ帰るという。。。仕込み手伝えよ!って感じですが。。。

御主人をお呼びし、調査報告書をお見せいたしました。御主人はやっぱりな…という様子で、これで離婚を決意できそうですとのことでした。山ちゃんの知り合いの有能な弁護士をご紹介し、これで今回の調査は終了となりました。

勤め先での浮気・不倫率はやはり高いな。。。

さて、今日は20代の女性からご依頼が入りました。

今回は、別居中の浮気調査というものです。

御主人とは若くしてできちゃった結婚で一緒になった夫婦ですが、子供が生まれてから、夫婦仲は冷め切ってしまい、御主人は最近家を飛び出し一人でアパートを借りて住んでいるようです。御主人も同じ歳です。でも子供が生まれてからそんな家を飛び出すなんてとても無責任な男だな。

奥様としては、まだ子供もちいさいため離婚はどうしても回避したいそうなんですが…。しかし、奥様のご友人から思わぬ目撃情報が入ったそうなんです。

御主人が年配の女性と手をつないで歩いていたと。

奥様の希望は、まず御主人がその年配の女性とはどういう関係なのか、もし今回の別居をした原因が、その年配の女性が原因ならば、離婚をし、子供の親権を手に入れ、御主人と年配女性に慰謝料を請求したいために、不倫をしている証拠がほしいということ。

今回の浮気調査結果ですが…。

御主人の浮気調査が完了しました。浮気はクロでございましたし、その浮気相手は会社の上司の奥さん(たぶん40歳後半)という驚愕の事実も分かりました。

その上司は御主人を自分の息子のようにかわいがってくれるというとても素晴らしい人なんですが、その奥様と不倫関係に陥ってしまうなんて、御主人はあまり頭がいいとは言えないと思いました。

上司は、自分の妻と息子のようにかわいい部下が不倫関係になっているなんてまったく気が付いていないようです。御主人の借りているアパートもその上司の妻が払っているようなんです。いわばヒモ男になってしまっているわけですね。

奥様にこの事実をお伝えしました。すると、上司の妻は御主人に本気ではないはずなんで、一度上司の妻に直接話をしてみるとのことでした。そして、不倫関係をバラされたくなければ、すぐさま、わたしの夫と別れて下さいと言ってみますとのことでした。

小さい子供のことを考えると、やはり御主人には目を覚ましてもらって、奥さんと子供さんを一生懸命守っていってほしいですね。こういう事情があるときは、すぐに離婚!ではなく、話し合いが必要なこともあるもんです。もしかしたら、今以上にいい夫婦関係になることもあるのですから。

世の中、こんなに、浮気あるものなのかと、本当に考えさせられる世の中でございます。

30代の男性からのご相談です。嫁がスナックで働いているらしいのですが、男の影が見えるので浮気調査をしてほしいというご依頼です。しかし、スナックで働いている以上、男の影はみえて当たり前のような気がしますが。。。

しかし、ただのスナックの常連客ならいいんですが、ちょっと様子がおかしいというのです。理由をお聞きしました。

「嫁はスナックで働いて一年になります。日中は家事をしたり、わたしの父の介護をするというので日中は働きに出ることができないのです。

でもやはり金銭的に苦しいためならスナックで夜だけ働きたいという嫁からの頼みだったので、いいよと言いました。すると、日中父の介護もヘルパーさんにまかせっきりで、嫁はなにをしているのかまったく把握できない状況なんです。

介護をしてもらっている負い目で、スナックで働くのをOkしたのに。。。僕としたらスナックで働くことも本当は嫌だったんです。とにかく浮気をしているかどうか調べて下さい。そして、浮気相手も判明させてください。」

了解しました。すぐに調査しましょう!

今回の浮気調査です。

奥様の浮気調査が終了しました。

結果はクロでございました。浮気相手はスナックの常連客でした。しかし、不貞行為期間も長く、浮気相手は某大手建設会社の常務でございました。

様はお父さんの介護もおろそかに、その浮気相手との逢引きに日中過ごしておりました。しかもその常務は御主人の建材屋の得意先とのことで、御主人とも仕事の面で関係のある人でした。これはやりづらいな。

スナックや飲み屋の常連客と女の子が親密になり、浮気や不倫関係に陥ることはよくある話です。だからそのような関係はビジネスなんだという人もいるでしょう。我々から言わせると、不貞行為を確認したところで、浮気・不倫関係である証拠になるのです。でもそれがビジネスがどうかは、お互いの話し合いで決めるしかないでしょうね。

御主人にもその旨お伝えし、調査報告書を証拠品として奥様と話し合いをしたほうがいいかと…とお伝えしました。御主人も分かりましたと事務所を後にされました。

今回も浮気調査終了です。またご報告致しますね。

と、言った矢先の浮気調査…。

どんどん押し寄せる調査に、目が回りそうです。

3年付き合っている彼氏が浮気をしているんじゃないかということで、20代の女性から浮気調査の依頼が入りました。彼氏とはそろそろ結婚も考えているらしいのです。彼氏は同年代で、とある建設事務所で働いているそうです。

最近入社したと言う事で、残業も多くとても忙しそうで、会う時間もめっきり減ったそう。しかし、ここ最近、土日全て仕事で会えないと言い出す始末。そんなことありえないため、もしかしたら浮気しているんじゃないかということで、浮気調査をしてほしいということでした。ちなみに彼氏には内緒でGPSでは彼氏の居場所がほとんどが事務所になっているそうなので、自分の思いすごしかもしれないから、一度調べてもらってスッキリしたいんだとか。

ちょっとその職場があやしいので、一度調べてみましょう。

彼氏の浮気調査が終了しました。

やはり彼氏はクロでございました。会社の女社長と浮気を行っていたのです。しかも不貞行為の現場は会社事務所!ご近所から、へんな声がたまに聞こえるという情報もありまして…。

その建設事務所は女社長とその弟と御主人の三人しかいないらしいのです。その女社長、年齢は40代後半。見た感じ、ちょっとたくましいショートカットの女らしさはあまり感じられないのですが、彼氏はどこに惚れたのか…?謎は深まるばかり。それかもしかしたら、女社長からの誘いは、新人の彼氏に断る勇気はなかったのかもしれない。とにかく、調査報告書を彼氏に見せて、女社長と一生共にするというつもりかどうかを確認した方がいいのかも。

性的関係を、職場の権利を使って強要している場合もあるので。

依頼者は、一度彼氏と話してみますと言ってました。

今回も無事に調査終了!またご報告しますね!

30代の女性からの調査依頼です。

御主人の浮気調査をお願いしたいということです。御主人と奥様はとても仲が良く、浮気なんて言葉想像もしなかったらしいのですが、あることがきっかけで御主人が浮気しているのかも?と思うようになったそうです。

御主人の書斎の机の引き出しの中に、某ブランドの紙袋がはいっていたそうです。あのオレンジ色の紙袋したお高いブランドです。

(〇ルメス)大きさからしたらジュエリーだと思ったそうです。奥様の誕生日が近かったので、サプライズで誕生日プレゼントを用意してくれたんだと奥様もテンションあがったみたいです。

誕生日当日、奥様あてに御主人からもらった誕生日プレゼント。。。もちろんあのジュエリーだと思っていたら、なんと花束だったそうです。

え?っと思ったそうですが、もしかしたら後で渡そうと思っているのかな?御主人にあの紙袋は?と聞かなかったそうです。

しかし3日経ってもあの紙袋をくれない。。。すると御主人が金曜日の夜、会社の飲み会があるから帰りが遅くなるという日があったそうです。

金曜日当日すぐに、書斎の机の引き出しを開けると、あの紙袋がなくなっていたそう。会社の人にあげるような安いジュエリーではないはず。

その飲み会はうそで、誰かにプレゼントしたんだと、御主人は浮気していると確信したそうです。

しかしそれ以外にこれといった証拠もなく、証拠を手に入れて、離婚するかどうかはそれから考えるとのことです。

さっそく調査致しましょう。

御主人の浮気調査が終了しました。

御主人、高校時の元カノと浮気をしておりました。その元カノは奥様とお友達だったのです。とんでもない女ですね。

浮気がはじまったのは、ここ半年ほどで、御主人は少ないお給料でこつこつお金をためて、元カノにエルメスのリングをプレゼントしてあげたそうです。

しかし、元カノはその御主人から頂いたリングをすぐさま質屋にいれてしまったのです。となると、元カノには別に本命の彼氏がいるということか。。。

調べていくと元カノは10個上のIT関係会社に勤める彼氏がいることが分かりました。となると御主人は遊びということか。。。

その件を含めて奥様にご報告致しました。

すると、奥様は、高校の友達が御主人の元カノだったことも知らなかったようです。なんとまあ。でも元カノは御主人に本気ではないことなので、調査報告書を元カノに突き付け、これ以上わたしたち夫婦をゴチャゴチャにしたいのならば、訴えると言うそうです。

それぐらいしてもいいと思います!山ちゃんの知り合いの弁護士さんをご紹介いたしました。これで調査終了しました。またご報告いたしましょう!

どんだけ浮気が多いのか、またしても浮気調査です。

40代の女性から浮気調査が入りました。

御主人が浮気しているかもしれないので調査をしてほしいというもの。

名古屋のビジネスホテルの明細が大量に御主人のポケットからでてきたそうで…。

御主人に聞くと、出張だとかなんとかではぐらかされてしまったそうです。でも頼むから信じてほしいと泣きながら訴えて来たんだとか…。

これはあやしいと疑いがひどくなったそうです。

しかしそれからは、今までと同じようにとても優しく、子供達の面倒もよく見てくれる御主人なので、調査までする必要がないかな~と思いつつ、出張があるからと言われるたびに御主人を疑ってしまう自分にも嫌気がさしてきてしまったそう。なので、調査してもらってスッキリしたいということでした。

了解しましたとお伝えし、さっそく御主人を調べてみましょう!

御主人の浮気調査が終了しました。

御主人はなんと本当にただの仕事でした。

会社の営業マンが次々と辞めてしまい、残っている営業マンで仕事をこなしていっているそうです。

しかも会社の経営状態が悪く、自分たちが泊まるビジネスホテルの明細も、会社から未払い状態で、御主人は今のままでいいのか悩んでいるそうです。

奥様に調査結果をご報告致しました。御主人は浮気はしておらず、しっかりと仕事をされていました。それを聞いた奥様は涙を流してました。

あの人のことなにも分かっていなかった…。嫁失格だと…。でもこれからもっとあの人を支えていきたいとおっしゃってました。

探偵をしていて、浮気調査が夫婦仲をよくすることもあるんだと久しぶりに思いました。これからもしっかりと調査をしていきたいと思います。

また調査入りましたらご報告致します。

終わったと思ったら、また浮気調査が入りましたよ。

20代の男性から、付き合っている20代の彼女が浮気をしているかもしれないから浮気調査をしてほしいという依頼が入りました。

このカップルは社内恋愛を行っているらしいのですが、なんせ会社側が社内恋愛禁止らしくバレるとやっかいなので社内で2人が付き合っているということは誰も知らないらしいのです…。

しかし、彼女が書いたであろうメモ紙が落ちていたらしく、たまたま彼が拾い読んでみると、

”「たーくんへ 昨日は本当に素敵な時間をありがとう。とってもよかった…❤次はいつ会える?〇〇(彼女名)”

と書かれていたらしいのです。彼がそんなメモを受け取った記憶がなく、ましてやたーくんではないのです。

間違いなく浮気をしているということに気が付いたらしいのです。

彼女とは結婚も考えており、依頼者側の親もなかなか厳しい親らしいので、一度彼女が浮気していないかを調べてほしいと言う依頼でした。

彼女の浮気調査が終了いたしました。同じ会社で働く彼女は、クロでございました。浮気相手はといいますと、なんと依頼者の後輩のたかしという男でした。たかしは依頼者と彼女が社内恋愛をしていることを知っており、彼女に近づき二股を勧めたそうです。

たかしはちょっと気にいった女に手を出しまくりで、いい噂をききません。

たかしと彼女が二股関係だったことは、依頼者はまったく気が付いてなかったらしくとても驚いておりました。そして、彼女に一度話をしてみて、自分とたかしをどちら選ぶのかと問いてみたいといっておりました。

山ちゃんだったら、そんな二股女はこちらから願い下げだ!と三行半つけるんだた。。。このご時世男が弱くなってきていますな。

これで調査終了です。

また新たな調査は入りましたらご報告致します。
◆◆◆◆◆◆
世の中、どれほど浮気が多いのか、浮気調査が続いております。

今回の浮気調査は、40代の男性からの浮気調査のご依頼です。

結婚相談所で知り合った女性といい感じで付き合っているらしいのですが、最近会う機会もめっきり減ってしまいもしかしたら浮気をして他に好きな人ができたのか?疑うようになってしまっているそうです。

その女性は年上の50代前半。

見た目はとてもお綺麗で、子供もいなく今まで結婚もしたことなかったらしいのです。依頼者はそれについてはなぜだか信じれなかったらしくて。

でもとてもいい女性ですし、他に好きな人ができてしまったのならそれはそれで仕方がないので、調べて下さいという依頼内容でした。

50代前半のお綺麗な熟女。。。気になります!さっそく浮気調査開始致しましょう!

さてお綺麗な50代の女性の浮気調査を行ないました。

すると女性は浮気はしておりませんでした。それはそれはお綺麗でしたよ。しかし、1つ問題がありまして。。。

その女性は女性ではなかったのです。おかまちゃんでございました。基本、名古屋にあるオカマバーを経営されていて、身も心も女性になっておりますので、知らない人は本当の女性であること、前は男性だったことにまったく気が付かないでしょうな。

しかし、依頼者のことはとても大切な存在だと周囲に話しており、結婚はできないけどずっとそばにいたいと話しているそうです。

依頼者にこの事実をお伝えいたしましたら、浮気じゃなかったことにとても安心されておりました。そしてオカマだろうがなんだろうが彼女を愛していく!といっておりました。

世の中さまざまな愛の形があると思い知らされます。

さて、本日は30代後半の女性から浮気調査の依頼が入りました。

理由は、なんだかおかしくなった理由でした。

御主人は40代なんですが、メガネフレーム関係の営業マンなんですが、とにかく県外出張が多いんだとか。でも、ちゃんとその出張先のお土産も買って来てくれていたんだとか。

しかし、ここ最近は出張先のお土産を忘れたとかで買ってきてくれなくなったらしいのです。

すると、沖縄の出張が二泊三日であるということなので、依頼者が大好きな大好きな紅イモタルトをお土産で頼んだそうです。

すると、出張先から帰ってきたら紅イモタルトをくれたそうです。その数日後、なんと御主人のスーツのポケットから、ネットショッピングの明細書が入っていました。

紅イモタルトをネットショッピングで購入していたのです。となると、沖縄出張というのは嘘で、しかし紅イモタルトを買わないと怪しまれるのでネットで購入したと言うことか…。

紅イモタルトの送り先は御主人の会社になっていたそうです。これはあやしい…。しかし、これだけではもし御主人が浮気をしていてもこれといった証拠にならないし…ということで今回弊社にご依頼してきたというわけです。

御主人の浮気調査が終了しました。

沖縄出張にいくと二泊三日うちを空けて、なのにネットショッピングでお土産の紅イモタルトと注文していたということが分かり、ご依頼されてきたということで、御主人はなんと沖縄出張は行っておらずに、浮気相手の独身女性と北海道旅行へ行っておりました。

その浮気相手は高校の元カノでした。高校の同窓会で再会し、若かりし頃のあの思いがよみがえり、浮気に奔ったと言うところです。

元カノはバツイチで子供が一人いました。御主人と再婚したいと願っているらしいです。となると、御主人は依頼者と離婚を考えているのかもしれません。

とにかく、奥様に調査報告書を提出致しましたら…。とても悲しんでおりました。出張と偽って、元カノと旅行に行くなんて信じられないと…。

すぐに御主人と話し合ってみようと思っているそうです。そして、離婚となれば、御主人と浮気相手に慰謝料を請求したいと思っているようでしたので、山ちゃんの知り合いの弁護士をご紹介いたしましたよ。

今回も調査終了です。またご報告致します。

紅イモタルトで浮気がばれるなんてなかなかおもしろい…。

浮気調査の内容で面白がってはいけないと思いつつ、紅イモタルトで、浮気を勘ぐられるとは…。何がきっかけになるのか分からないものですね。

さてなんだかんだ、今日も浮気調査が入りました。

40代の男性…。なんだか見たことがある顔だな。

あーあ!一年前に奥様の浮気調査を行った方でした。あの当時は、結局奥様は浮気をされていて、でも御主人は自分にも責任があったということで、離婚はせずに様子をみるということで完了していたんだが…とにかく話をお聞きしました。

「一年前はお世話になりました。浮気が発覚した時は子供がまだ小さかったこともあり離婚せずに夫婦やり直していこうと新たに決意したのに…。

最近また嫁が浮気をしているようなのです。一年前は、もう浮気相手とは会わないという約束で誓約書も書かせました。

もしまた浮気相手と関係を持つと言う事なら、離婚し親権は自分に、そして慰謝料と双方に請求すると言うものです。

子供のことを考えると離婚は回避したいのですが、もう自分が無理です…。お願いします、浮気調査お願いします。」

二回目の奥様の浮気調査、向こうももうバレたら後がないことがわかっているはず。。。なので、すぐに行動にうつすのはなかなかこわいので、少し前準備が必要である。

基本、尾行は山ちゃんだけで行なう事はありません。

なぜなら、いくらまったく知らない人がずーっと尾行すると、誰でもおかしい?と思うはずです。なので、複数名で尾行を行います。

対象者には浮気調査が入っている事を知られては一貫の終わりなんですよね。

しかも女って、鋭い勘が働くことがあるので、今回の調査は女性調査員たちにお願いしようと思ってます。

女性だと女性しか行かないような場所でもすぐになじむはずですし。

基本は、男性対象者には男性調査員、女性対象者には女性調査員がつくようにはなっています。

さてさっそく奥様の調査を開始してもらいましょう…。

了解しました。が、二回目の調査となると、相手方はとても注意深くなるはずです。なのでこちらも気を張って調査開始致しましょう!

奥様は一年前は専業主婦だったのですが、現在はパートをされているらしいです。パート先は、ビデオ屋さんです。時間は10時から16時までです。

なので、ビデオ屋さん店内へ潜入し、パートが終わったあとも引き続き尾行をしましょう。

店内では、奥様より若干若い人達が働いています。

すると、奥様はとある男性ととても仲がよろしいようです。そのお相手はビデオ屋の店長らしき年配の男性でした。この店長をターゲットにしようか…。

16時に奥様は業務を終了して、止めてあった車に乗って出発しました。

保育園にいるお子さんを迎えにいくと思いきや…。

なんと、パチンコ屋の駐車場に車を停めました。まさか今からうつのか?

 

パチンコ店の駐車場に車を停めてどうするのかを見届けると…。

白のセダンに乗った車が奥様の停めた車の隣に車を停めましたよ。

これは待ち合わせだな。と、奥様はすぐにセダンの助手席に乗り込み、そのセダンは発進しました。

とにかくこのセダンを尾行しなくては。しかし、結構なスピードで走るんですよね。だからあまり車間距離が遠すぎるのもだめだし、近すぎるのもだめ。

これがなかなか難しいんですよね。

でもここができる探偵調査員の腕の見せ所なんです。

すると、そのセダンはやっすいラブホテルに入っていきました。

はい、ビンゴ!ただいまの時刻16:32 保育園のお迎えはいいのか?

2人がラブホテルに入って二時間…。

時刻は夕方六時。保育園のお迎えが気になってしゃーない山ちゃんです。すると、出てきました。浮気相手の顔を確認すると、やはり前に浮気が発覚してもう一生会わないと誓約書を書いた浮気相手でした。

まだ関係が続いていたのか…こいつらはちょっとした時間を作っては浮気行為に及んでいたんだな。

その後二人は別れて、奥さんは保育園のお迎えに向かいました。こんな浮気相手と不貞行為を行ったあとの女が普通に子供を迎えに行く。

女って闇が深い。

これで奥さんの浮気が確定されましたので、すぐに事務所へ戻り調査報告書を提出しましょう。御主人に伝えるのがきつい…。

しばらく待機です。

前回、浮気調査で浮気が発覚し、その浮気相手とは会わないという誓約書を書いた奥さんがまたもやその同じ浮気相手と浮気をしていたという事実が分かりました。

御主人にその事実を伝えると、御主人は泣いておられました。

小さい子供もいるのになぜ浮気をするのか、自分に至らない点があったのか、もし離婚をしても子供が一番かわいそうだろう。。。とかいろいろな思いだったでしょう。

御主人のご両親もお元気なので、子供は自分が育てたいということで、離婚・慰謝料請求・子供の親権を手に入れたいと言う事でしたので、山ちゃんの知り合いの弁護士をご紹介いたしました。

浮気癖はなかなか治らないのですよね。一種の麻薬と一緒なのかと思います。。。

さてまた新たな調査が入りましたらご報告いたしますね。では。

 

では、といいつつまたもや浮気調査の依頼が来ましたよ。

30代の女性からの浮気調査のご依頼です。

婚約している彼が浮気をしているみたいなので調査をしてほしいという内容です。来月には結婚を控えているため、早めの調査をお願いしたいということです。

彼の情報を聞きました。彼は35歳、某医療薬品会社勤務です。病院に出入りする営業マンなのですが、その病院で知り合った看護婦と浮気をしているのではないか?というもの。

しかし、その証拠はないらしいのです。1つあるとしたらLINEを受信したときに待ち受けにでたLINEの内容があやしかったから。。。というもの。

内容は、

「みさこ この前は病院にきてくれてありがとう。今度はゆっくり会いたいです。結婚しても私は全然かまわないですから。。。」

なんとも意味深げな内容ですねこれは。実のところ、看護婦と医療薬品会社のつながりはとても多いですし、そのつながりが浮気や不倫につながることもあるんです。看護婦さんはお金もたくさんありますし、日々の大変な仕事でストレスがものすごいらしいのです。

彼の浮気調査開始です。

婚約中である彼が浮気をしているのではないかという浮気調査を開始しましょう。彼は営業ということで、ほとんど外回りが基本ですし、病院内を行くことも多々あります。なので、山ちゃんと数名調査員を用意して、バレないように変わる変わる調査員を変えていかなくてはいけません。

病院内はなんせたくさんの人がいるため調査しやすいのはしやすいのでありがたいですよね。

一日数件まわる病院の中から一つだけおかしな病院が分かりました。

名古屋市内にある結構大きな病院なんですが、彼はそこの整形外科の一人の看護婦と二人だけで薬剤置場の部屋に入っていきました。

そこはあまり人通りがこないので二人でその部屋になにか行っているのは間違いありません。その看護婦の名前を調べなくては…あの彼に入って来たLINEの名前と一致すればこの看護婦と彼は浮気している可能性があると言う訳だ。

 

さて彼ととある看護婦が勤務中に、薬剤置場に2人で一時間ほど密会している事実は手に入れたので、その看護婦の名前を判明させなくては!

2人は密会が終わると、それぞれの場所に戻っていきました。

結構年配の女性調査員が整形外科の看護婦に聞き出してくれました。

その看護婦の名前はみさこ。。。ビンゴ!あのLINEの差出主はこの看護婦という事も分かりました。

となると、2人の不貞行為をしっかり証拠として出せるということはちょいと難しいんですよね。やっぱり二人でラブホテルに入っていく証拠が欲しい…。このままだと薬剤置場には業務でこもっていたとかなんとか理由つけることができる。

あとLINEも結婚しようが仕事の仲間としてはそのままの関係でいてほしいという理由をつけることなんていくらでもできる。あの看護婦もバカではないだろうから…。

とりあえず依頼者に今後もう少し調査を続けるかを確認してみようか。

決定的な証拠がつかめていないので、とりあえず浮気調査を続行するかどうかを依頼者に確認とってみました。すると、依頼者はもう少し調査をお願いしますとのこと。

やはり結婚を控えていて、旦那様になるであろう彼が勤務中に看護婦みさこといちゃこらしているなんて依頼者にしたらとてもナーバスな問題なのでしょう。

とにかく二人の不貞行為ばっちりの証拠写真がいるため引き続き張り込みをしよう。

年配おばちゃん調査員のおかげでみさこのシフトを確認することができました。

明日の月曜日からは夜勤なんだそうな。ということは、夜勤明けの日中はフリーになることからこの時間になんだかの動きがある事を願っています。。。

しかし夜勤明けということはやはり睡眠も必要だし、浮気なんてできるのかな。ましては彼は営業マンだし。

 

さて月曜日になりました。みさこが夜勤の勤務体制になりましたよ。朝から病院前で張り込み開始です。午前九時すぎ。裏口からみさこがでてきました。

さて尾行開始だ。

みさこは車に乗りどこかへ向かいます。自宅へ帰るのか。。。すると、近くのスーパーにつきました。

買い物をしている模様。朝ごはんの調達だな。お惣菜、ビールなどを大量に買い込んでいるよう。

買い物を終えると自宅へ向かうと思いきや…。

少し離れた場所にあるパチンコ屋へつきました。ここのパチンコ屋の駐車場、立体駐車場のためうす暗く、しかもまだ朝のため車の数がなんとも少ない。

これは、みさこにバレる恐れが高いため、わたしたちは離れた場所に車をとめてみさこの車が確認できる位置にいよう。

しばし待機。。。

みさこの隣に社用車の車が止まりました。

ビンゴ!彼です。彼は思いっきりスーツ姿で仕事中のように思います。

すると、彼がみさこの車に乗り込みました。そりゃそうだ。彼の社用車に乗り込むなんて、間違いなくバレるに決まってる。彼はみさこの助手席のシートを思いっきり倒して、外から見えない小細工をしやがった。

しかし大丈夫。こちとらは、彼がみさこの車に乗り込む瞬間の写真をばっちり手に入れたからな。

みさこの車は、パチンコ店付近にある、やっすいラブホテルに入っていきました。このときの写真もばっちりです。

あの彼、ホテルに入る前に助手席のシートをもとにもどしたので、顔ばっちりに写真を撮ることができました。あいつバカだ。。。笑

ここでもしばらく待機。。。

とにかく明日証拠を手に入れますように。

ラブホテルからでてきた二人を尾行します。

すると、パチンコ店の立体駐車場で2人は別れて、みさこは自宅へ帰っていきました。彼は、営業の仕事に戻っていきました。

彼は、営業まわりを悪用し、みさことの浮気を楽しんでいたのです。

彼は、もう人間的にだめだというが分かりました。

仕事をせずに浮気相手と不貞行為を行っているなんて言語道断!依頼者にはこんな男とは結婚しないほうがいいとしっかり伝えなければ…。

でも来月に結婚式を控えているのにこんなことを伝えるなんてとても重い。。。彼女は立ち直れるのかどうか分からない。でも入籍する前に分かったのでよかった。。。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しなければ。。。

 

彼とみさこの浮気が発覚したので、すぐに調査報告書を作成し、依頼者にきていただき報告致しました。

依頼者は事実を知り、泣いていた。。。そりゃそうだ。

来月には披露宴も執り行い、そして入籍する予定だったのだから。でも入籍する前で本当によかったのだ。

もし知らずに結婚をして男がボロを出して、浮気に気付き離婚をするはめになったなんて、×がついてしまうじゃないですか。そんなことなら、早めに知って、彼とみさこに慰謝料を請求して、また新たな出会いに向かって頑張ってほしいなあと思います。

そのことを依頼者にお話しすると、そうですよね。。。わたし彼とその浮気相手に慰謝料を請求して、結婚披露宴に今現在かかっているお金も全て請求しようと思います。もしまたなにかありましたら、山ちゃんに相談してもいいですか?と言われたので、もちろん!と答えましたよ。

探偵は調査して終わりではなく、アフターサービスもしっかりしてこそ良質の探偵事務所だと思います。

また依頼がありましたら、ご報告いたします。

 

はい!みなさんこんにちわ!名古屋は大雨でこんなときの調査はなかなか大変です。

そして浮気調査が入ってきました。30代の男性からです。

婚活パーティで知り合った女性と付き合う事になり、半年がたったそうです。しかし、結婚しようと言っても、うまくはぐらかされるし最近態度が冷たいんだとか。間違いなくその女性は浮気をしているだろうから、調査をしてほしいということでした。名古屋の女はどえりゃーかわいい子が多いですからね。

婚活パーティで知り合う相手はたまに結婚詐欺みたいな人もいるので、気をつけて相手を吟味しなくてはいけません。もちろん身辺調査をお願いしてもいいかもしれませんし!

さて彼女の浮気調査を開始しましょう!

婚活パーティーで知り合った彼女が最近冷たい・結婚をなかなかOKしてくれないということで浮気調査が入りまして…。

調査が終了しました。

はい!シロでした。

浮気調査で白と結果が出ると、世の中捨てたもんじゃないと思いますね~。

彼女は結婚のために料理教室や華道・茶道を習いにいっておりました。そして、人生最大の結婚披露宴でウエディングドレスを着るためなのでしょうか…。ジムにも短期で通っていることが分かりました。

こんな努力している彼女を疑っていた依頼者…。

どう感じるだろうか。

すぐに依頼者にご報告致しました。すると、依頼者は半泣きでこう言いました。彼女を疑っていたことに自分の愚かさを思い知りました。

僕も彼女に見合うように、努力します!とスキップで帰って行かれました。

彼達の幸せを願っております…。さてこれで調査終了です。またご報告しますね。

 

さてさて、探偵の調査依頼で断トツ多いのでは?!と思えるほどの調査数の浮気調査。

今回、単身赴任をされている御主人から嫁が浮気しているかもしれない。

調査をしてほしいというご依頼が入りましたよ。

御主人からのお話をお聞きしましょう。

”わたしが単身赴任をして一年が経とうとしてます。基本週末の土日に自宅へ帰ります。平日は仕事も終わる時間が遅いために、職場の独身寮を借りて月から金はその独身寮にいます。しかし、近所のパパ友に久しぶりに会った時にこういわれました。平日の結構な遅い時間に一台のセダンが止まっているけど、一回ではなくて結構な数だよ?知ってた?という内容。うちは子供が小学生の男の子二人いるんで、息子たちにそれとなく聞いてみたら、誰か来ているなんて知らない。という答えでした。もしかしたら息子たちが眠っているときに来ているのなら、分からないのも仕方がない。妻にそれとなく聞いてみたら、わたしも知っている妻の友達のゆかりちゃんだということ。白いセダンを乗っているなんて知らなかったんだが。。。ゆかりちゃんの連絡先がまったく知らないので確認とることもできず。。。でも妻は土日はずっと家族と過ごしていますし。。。でもわたしが平日仕事を頑張っているときに妻に浮気されているなんて絶対許せないのです。子供達も歳頃なのですぐさま妻の浮気を調べて下さい!”

了解しましたと伝え、さっそく妻の浮気調査を開始です!

妻の行動は基本平日の夜があやしいということですので、夜のみの調査を行います。

白いセダンがゆかりちゃんという友達なのなら問題ないのだが。。。

月曜日0時に張り込み開始です。

山ちゃんと相方の二人で自宅付近に車を停めて待機です。すると、明け方近くまでは動きはなし。白いセダン来なかったな。

火曜日0時に張り込み開始です。

この日も動きなし。

変則的に現れるようだな、白いセダン。

水曜日0時。この日も動きがないかと思っていたら。。。0:15すぎ、噂の白いセダンがやってきました。きたーーーー!!セダンに乗っていたのは、ゆかりちゃんという女性ではなく、ヒゲツラのいかつい男でした。

その男は、車から降りて家に入っていきました。

子供部屋が二階にあるので、二階の電気は消えたまま。リビングの電気点いたままです。これは隠しビデオカメラで家の中でなにが行われているか調べる必要があるな。。。そのヒゲツラ男は4:00すぎに帰っていきました。

引き続き今週末まで調べてみよう。

木曜日は動きなし。

金曜日の0:15にまたもやあの白いセダンが来ました。

ヒゲツラのあの男です。ゆかりちゃんではなさそうです。

今日は男の所在確認も行う予定です。

同じく4時すぎにヒゲツラは帰って行かれました。

おいおい、ゆかりちゃんはどうなったんだ?

よし!尾行だ!

ヒゲツラは家の近くの一軒家に到着しました。

けっこうなおんぼろ。生活感がまったくない感じの一軒家です。

明日にでもこの一軒家のことを調べてみよう。

今週のヒゲツラ男が家を訪れた曜日は、水と金曜の二日でした。

家の中でなにが行われているかまったく見当がつかないし、奥さんとヒゲツラの関係性もよく分からない。

そしてヒゲツラの正体も確認出来ない。なので、もう少し調査をして、依頼者に自宅内に監視ビデオカメラを設置するかどうかを確認したいところだ。

白いセダンのヒゲツラの住まいと思われる一軒家の周辺に聞き込み調査を行いました。

ヒゲツラは看板屋の一人親方らしく、バツイチ子供なしだそうです。

今現在は一人で暮らしているそう。年齢は奥様と同じ40歳。となると、同級生かなにかか?しかし、それを裏付けるものはなにもないため、関係性はよく分かりません。しかし、奥様とヒゲツラはなんだかの関係があるため、依頼者に今現在までの結果をお話しいたしました。

すると、やはり夜中に男が自宅内に出入りしているということは恐怖でもあり、子供達もいるためなにかあったらでは遅いのです。

早急に監視ビデオカメラを設置して欲しいということなので、御主人が奥さんと子供達が出かけるであろう土日の日に監視ビデオカメラを設置することになりました。

子供たちは少年野球に入っているため、土日は不在が多いそうです。

御主人から連絡が入ったらすぐに自宅へ伺い、ビデオカメラを設置することになりました。

土曜日は子供たちの野球の練習試合があるそうなので、御主人は自宅で仕事を片付けてしまうといい、自宅にいてくれるそうです。連絡を待つとしよう。。。

土曜日の午前九時。御主人から山ちゃんの携帯に連絡が入りました。

奥さんと子供たちはお弁当持って野球の試合に出かけたそうです。

場所は隣町のグラウンド。予定としては夕方まで帰ってこないので、監視ビデオカメラを取り付けるには今が絶好のチャンスです!

すぐにご自宅へ向かいました。

御主人にいてもらい取付に取り掛かりましょう。

調査の結果から、二階の子供部屋には必要がないと思いますので、夜中まで電気がついているリビングダイニングに一台設置でもいいかと思います。

が、御主人は寝室にも取り付けてほしいという要望がありました。山ちゃんの経験からいくと、ビデオカメラを取り付けるのに寝室は取り付けるのはあまり気が乗らないんですが、なぜだか御主人は寝室に取り付けてほしいという理由をお聞きしましたら。。。

御主人がなぜ自分たち夫婦の寝室にまで監視ビデオカメラを取り付けたいのか理由をお聞きしました。

「最近、わたしのパジャマなんですが変わった匂いがするのです。洗濯の柔軟剤ではないんです。誰かの体臭のようなものなんです。わたしは匂いに人一倍敏感でして。。。ここ最近それがひどくて。なので、もしかしたら浮気相手の匂いなのかもしれない。とにかく寝室にビデオカメラを取り付けて中でなにが起こっているのか調べてほしいのです。宜しくお願い致します。」

なるほど。それはよく分かります。

もしかしたら事が終わってから、ヒゲツラが御主人のパジャマを着てくつろいでいる可能性があるんですものね。寝室は一階なので、リビングダイニングに一台、寝室に一台取り付けることにしました。

御主人のご要望どおり、寝室とリビングダイニングに一台ずつ監視ビデオカメラを取り付けました。

一週間の録画で大丈夫だと思いますので、しばらく待機ということになりますね。

そして、御主人にはまた土日の奥様たちが不在のときに撤去させていただきますとお伝えしました。

また、先に映像チェックするのはわたしたちがしますのでとお伝えしました。御主人はすぐにでも見せてほしいとおっしゃいましたが、やはり映像内にどのような映像が写っているか分かりませんし、ましてや不貞行為ががっつり写っているのを御主人が見てしまうと、どんな行動にうつすか分かりません。

なので、一度ビデオカメラはこちらで預かり、中身をチェックしてから御主人にお見せしますので。。。と納得して頂きました。

平日のビデオカメラ撮影が終了しましたので、奥様と子供たちが外出している間にまた御主人にご連絡を頂いて、ビデオカメラを撤収致しました。

とりあえず事務所へ一旦もどり、中身チェーーック!御主人には確認後、改めてご連絡しますと事務所へ戻りました。

まずはリビングダイニングに設置したビデオカメラ。

火曜日の午前12時14分。奥様がリビングでくつろいでいます。

すると奥様の携帯がなりました。

奥様が立ち上がります。

玄関に向かったようです。

ヒゲツラのあの男が自宅に入ってきました。

どこがゆかりちゃんや!!ゆかりちゃんどこ?!

奥様はそのヒゲツラに缶ビールとおつまみを出しました。このヒゲヅラいったい何様なんだ。。。ヒゲツラは缶ビールを三本あけて、さっそく奥様とソファでいちゃいちゃ。

二階では子供たちが寝ているのに。。。

すると、2人は立ち上がり、寝室に向かったようです。寝室に取り付けたビデオカメラを見てみよう。

二台めの寝室に取り付けたビデオカメラをチェックしました。

なんと、やはり御主人の考え通り、ヒゲツラと奥様は夫婦の寝室で不貞行為を行っておりました。

これはあかんやつや。。。事が終わると、ヒゲツラは奥様が用意してくれた御主人のパジャマを着ているではありませんか!

御主人の考えが当たっていたと言う訳か。

そのパジャマを着て、またたばこや缶ビールを飲んで、明け方4時にヒゲツラは帰っていきました。

この映像見せても大丈夫か?

とにかく奥様とヒゲツラの不貞行為は証拠として手に入れることができたので、御主人に精神的にきつくない映像をピックアップして、御主人に見てもらおう。

御主人にビデオカメラの映像を書面に起こして、きわどいところはモザイクをかけました。

もちろん、奥様とヒゲツラの顔はばっちりわかるようになっていますが。

御主人は報告書をみて泣いておりました。

子供達がかわいそうだと。。。ヒゲツラまったく知らない人物らしいです。とにかく、離婚するかどうか奥様と話し合ってみてから決めるそうです。

やはり子供達のことを考えると離婚はなるべく回避したいそう。なので、もしよかったら山ちゃんの信頼している弁護士さんをご紹介し、事が円満に終わればいいなと思います。

御主人は離婚したいのはやまやまだが、子供達のこととなると、奥様が浮気しても我慢しないといけないなんて、酷ですよね。

さて今回も調査が終了しました。また新たな調査が入りましたらご紹介しますね!では!

 

浮気調査 1 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

浮気調査が入ってきました。依頼者は名古屋からほど遠い岐阜県に在住の女性からでした。
御主人が毎回毎回名古屋出張といい、浮気をしているんじゃないか、それを調査して欲しいという内容でした。名古屋の探偵を調べたら、うちの口コミが結構よかったという訳です。
出張ということで泊まるホテルは聞いているらしく。毎回同じホテルではないので、今回がどこのホテルに泊まるかはまだ決定していないそうです。さっそく調べてみましょう!

名古屋出張の多い旦那様の浮気調査ということで、今回宿泊する名古屋のビジネスホテルにて調査となりました。

そのホテルは結構な宿泊客が多くとても調査するにはなかなか大変だろうな…。
いったん、旦那様の顔写真などをしっかりみておきましょう。

依頼者からさっそく連絡がきました。なんだかぱっとしない旦那だな~。こんな男が浮気なんてするのか!でも浮気する人間にこの男はしないとかするとかまったくないんです。
しばらく、今回泊まるであろうホテル付近にて待機です。

名古屋のビジネスホテルにて御主人を発見!さっそく調査開始です。御主人は15時9分にビジネスホテルにチェックインを行いました。しばらく待機です。すると、2時間ほどすると、御主人がTシャツにデニムにジャケットという格好でホテルからでてきました。あきらかに仕事じゃないよね~。

さっそく、タクシーに乗り込んだ御主人を調査です。
タクシーを尾行するのはなかなかのテクニックがいるのですが、名古屋の道は基本渋滞が多いので、見失う事はあまりありません。
どこへ行くのかと思ったら、名古屋の繁華街から離れた住宅街でした。

スーツ姿から着替え、とてもラフな格好でタクシーに乗り込んだ御主人が向かった先は、繁華街からほどよく離れた閑静な住宅街でした。
もうこれはクロでしょー!
御主人が乗るタクシーが向かった先は、三階建てのマンションでした。

御主人はタクシーを降りると、慣れた様子で三階の一番端の部屋に入っていきました。
これはもう出張ではありませんな~。
なので、しばらく待機です。浮気相手が一体どんな人物かを調べてみることにしましょう。

御主人がとあるマンションの一室に入ってからすでに4時間。。。。長丁場になりそうな感じです。
こんなとき、一体調査員はなにをしているのか?そんな素朴な質問にお答えしましょう。
携帯のアプリのゲームをしている。。。なんてことはありません!基本、車内での調査は二人体制です。なにか、あったときにどちらかが対応できるようにする。例えば、トイレ。。。それが一番のなにかです。これは生理現象なのでもうどうしようもないですし、我慢する事もできません。あとは、周囲の目から警戒心を解き、目立たず、顔を見られずに張り込まないといけません。いつ何時対象者が動くか分かりませんし。気が抜けません。
車の中ならエアコンもあるし、シートも倒せるし快適なのではないの?
いえいえ、車のエンジンは停止させます。冬場は快適ですが眠くなり、夏場は外よりも猛暑です。かなりの忍耐が必要です。
あ、御主人がでてきました!

マンションからでてきたのは、御主人一人でした。すると、御主人はタクシーに乗り込みどこかへ向かうようです。さっそく尾行開始です。すると、御主人は予約してあったビジネスホテルに戻っていかれました。それから朝まで御主人に動きはありませんでした。
御主人は朝から夕方まで仕事をこなし、夕方18時に仕事を終えてビジネスホテルに戻っていかれました。

今日も、名古屋は灼熱の暑さです。最高気温が36度ということで、張り込みの際は熱中症にきをつけなくては。

さて、今回のご依頼は30歳の奥様。生後半年のお子様が一人いらっしゃいます。最近、急に御主人の帰りが遅くなったと言う事で、気にはなっていたみたいなのですが、御主人が浮気するようなタイプではなかったので気にしないようにしていたそうです。

先日、奥様のお友達から連絡がありました。あるブログに御主人と思われる写真が載っていたと。多少ぼかしは入っているので知っている人しかわからないであろうという写真。

そのブロガーは20歳の短大生。御主人と思われる男性をダーリン?とブログ上で呼んだり、ダーリンと旅行に行っただの、いきつけのBARでダーリンと一緒だとか、たくさんのダーリンとの日常記事をアップされていたそうです。そのお友達は、その短大生にメッセージを直接送ったそう。「そのダーリンて○○さんではないですか?もしかして不倫してるんですか?」と。すると、その記事は全て削除されてしまったそうです。怪しい!と思ったお友達は奥様にご報告したということです。

奥様はちゃんとした証拠もないまま、黙っていられなかったこともあり御主人にこの出来事をお話しされたそう。しかし、「たいした証拠もないのに人を疑うんじゃない!!!ボカシがされている男はおれじゃない!!!」とけんかになったそうです。いわゆる逆切れ。奥様はまだお子様も小さいため離婚までは考えていないそうですが。しかし、そんな浮気しているかもしれない人のごはんを毎日作って帰りをずっと待っている自分がとても辛いそう。ストレスで母乳もあまりでなくなってきたみたいです。ちゃんとした事実をしって御主人とともに今後のことをどうするか考えたいそう。子連れということで自分で張り込みもできないため、意を決して弊社に浮気調査のご依頼をされてきました。

山ちゃんが明日から張り込み致します!!!

まずは、その疑惑にあがったブログとやらを調べます。奥様から多少なりとも情報を頂いたので、ネットで検索し調べてみると、とある女性のブログにたどり着きました。その女性はブログを全て削除をしていましたが、プロフィールが残っていました。名古屋市在住の短大生。名前はMIHOとありました。プロフ写真をみてみると、幼くてとてもかわいらしい女性のようです。こんな蚊も殺せないような女性が妻子持ちの男性に手を出すなんて。。。女性はおそろしいですね。

この女性の顔しっかり覚えましたよ。

さて、次は御主人の張り込みを開始です。御主人は、平凡なサラリーマンです。御主人の会社帰りを重点に張り込み致しましょう。

夕方5時15分に御主人の仕事が終わります。そして張り込んでいると、御主人が徒歩にて会社を出発します。御主人は、基本、徒歩とバス通勤とのことでした。どうやらバス停に向かっている模様です。

すると、御主人はいつも使用するバス停とはまったく逆の方向へ歩き出しました。ついた先は某パチンコ店。その駐車場をうろうろしております。すると、御主人はある車に向かって走り出します。そして助手席へ乗り込みます。運転手をみるとあ、あの短大生ではないですか!!!やはりこの二人浮気をしているのか!!!

車の中で抱き合ったりなどの行為をいったん済ませた後、車を発進させます。山ちゃんもすぐさま車を出発させます。逃がすものか~!!!

夕方6時20分にラブホテルに到着しました。さっそうと車が入って行き二人の姿を撮影致します。

夕方7時50分に仲良く出てきました。それもしっかりとパチリ。ラブホテルでの写真はしっかりとした不貞行為の証拠となります。

御主人たちは、いったん御主人の会社へ送ってもらい御主人だけ降り、ご自分の車に乗り込んでご家族が待つご自宅へとなにくわぬ顔をして帰って行きました。こんな時間帯なら残業だったという言い訳も不自然ではないですしね。

さっそく事務所へもどり、奥様と明日お話させていただきましょう。。。

元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

当日朝一に奥様がお子様を連れていらっしゃいました。神妙な面持ちだったので、山ちゃんは調査報告書をお出しするのをためらいました。すると奥様、覚悟はできておりますので。。。と力強いお言葉が。以前に弊社にお越しになられたときよりは、なんだか精神面で強くなられてきたのか。

奥様、結果をご覧いただいて、こんな年の離れた女性と浮気なんて、主人もお遊び程度だと思いますので、調査報告書を主人に提示して、浮気相手ときっぱり別れをお願いするつもりです、だそうです。やはり、離婚という手段は奥様のなかではいまのところ考えておられないそうです。がしかし、いつかまた浮気をされた場合は、きっぱりと離婚をされるそうです。仏の顔も三度までということですね。あ、二度までです。その際は、また山ちゃんさんにご依頼させていただきますね。と、とても嬉しいお言葉を頂きました。探偵冥利につきるというもんです。

浮気した御主人には、一刻も早く目をさまして奥様とお子様を大事にしていただきたいものですね。

さて元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

すると、18時半すぐにスーツケースを持った御主人がでてきました。もうチェックアウトされたようですな。
タクシーに乗り込み、駅に向かうと思いきや…。

タクシーに乗り込んだ御主人が向かった先は…。あのマンションです。ほうほう。これは最後の出張なので浮気相手に会いに来たんだな。さっそく浮気相手の部屋に入っていきました。こちらもしばし待機です。
その後御主人がでてきたのは、翌朝5時!すると、御主人はタクシーに乗り込み駅に向かい、そのまま会社に出社したとさ。

あとは、浮気相手がいったい誰なのかを調べようと思います。まあこれに関してはすぐに調べがつくだろうから、あと少し頑張ろう!

マンションの住人は、名古屋のとあるスナックのママでした。

御主人が出張先で名古屋で飲み会があったときにそのスナックに行くことになり、そこで行ったお店がそのママでした。それから男女の関係になり、以後御主人が名古屋に出張のたびにそのママに会いに行くという関係なんだとか。御主人が行かなくてもいいような、名古屋での出張も率先して名古屋出張に行くようにしているようです。
なので、御主人の会社の名古屋出張はほぼほぼ御主人が行っているようです。
これで、浮気相手がどんな相手かもわかったし、さっそく調査報告書を作成しましょう。

御主人がスナックのママと浮気をしているのが分かりましたので、さっそく調査報告書を作成し、依頼者にご報告です。しかし、岐阜県にいらっしゃるというので、一度ご連絡し、調査報告書は山ちゃんの相方が岐阜にお持ちすることになりました。やはり直接お会いして、しっかりと結果をご報告しなければいけませんよね。
なので、これで今回の調査は終了です。すると、また浮気調査が入ってきました!新年度を迎えて、この時期いろいろ浮気や不倫に発展していくようになってくるんでしょうね。
また、ご報告します!

名古屋は連日の猛暑で張り込みをしている調査員達は頑張って熱中症に気を付けて今日もどこかで張り込みをしています。確実な証拠をつかむために!!!

さて、今回の調査は娘様(23歳)からのご依頼です。その対象者はなんと同居している実のお父様(53歳)。娘様からのお話と致しましては、娘様のご友人からお父様が若い女性と繁華街を腕組んで歩いているのを見たと言う目撃情報が入りました。一度ならまだしも二度もあったそう。しかし娘様としたら、お父様は本当に昔から生真面目で、浮気のうの字も知らないようなお方だそうです。ご職業も大学を卒業してからずっと公務員ということで毎日定時にはちゃんと帰ってきているとのことです。そして、役職がついておられるため、週一の会議があるのでそれで帰りが遅くなるくらいとのことなので、娘様としてはその目撃情報は信用できないと思っていたそう。しかし山ちゃん、その週一の会議があやしいな~と心の中でつぶやきます。

娘様、お母様にそれとなしに聞いてみると、お父様に変わったこともないし、週一の会議も帰宅時間はPM10:00すぎとかなのですが、それは昔からのことでありますし、特に怪しんでいる様子もないそうです。しかし、娘様としましては、長年信じていた父親がもし浮気なんかをしていたら、お母様にばれるとお母様が辛い気持ちになる。そうなる前に別れてほしい、お母様とお父様を思ってのご依頼でした。

さて元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

さてさて翌日の調査です。

名古屋の繁華街といえば栄。お父様はこの栄で目撃情報があったそうです。娘様にお父様の週一の会議がいつあるのかを教えてもらい張り込みを開始します。

その張り込みは木曜日ということでしたので、木曜日にお父様の勤務先から張り込みを開始致します。とりあえずは定時帰社の17:15からスタートです。

山ちゃんともう一人の調査員(おばちゃん)で車内から監視します。基本、お役所なので、お父様はバス通勤ということを娘様から聞いております。お父様がお役所からでてきたのを確認したらすぐに山ちゃんはお父様を徒歩で尾行し、おばちゃん調査員と山ちゃんは常に連絡をとりながら、おばちゃん調査員は車で移動するということです。

お役所でしばらく張り込みをしておりますと、娘様からお見せ頂いたお父様の写真とおんなじ人物がでてきました。時間は18:45。会議をしていたのか微妙な時間帯でございますが。。。ノー残業ディなのか、たくさんの職員の方々がでてこられます。お父様に近寄ってくる40代の男性と少し若そうな20代半ばの女性がいます。三人仲良さげにおしゃべりしながら歩いていかれます。部下たちの様です。すぐさま山ちゃんも、お父様たちを尾行致します。

三人はバス停につくと、40代男性は手を振りお父様と20代女性にさよならしてその場を去って行かれました。残ったお父様と女性は同じバス停で待っています。これはまさかなのか!?!?!?

すると、バスがきました。バスにお父様たちが乗り込んだのを確認して、山ちゃんも同じバスに乗り込みます。お父様と女性は隣同士に並んでイスに座っています。ぱっとみ、仕事帰りの何気ない状況のようですが。よーくみると二人が密着しているのが分かります。その様子をバッチリ撮影できるベストポジションに山ちゃんも座ります。余談ですが、対象者をバッチリ撮影できる場所を瞬時にみつけて確保することが、探偵業にとってはとても大事なことなのです。

さて2人はバスの中でどのような行為をするのか。。。人ごみを避けて浮気をする人と、あえて人ごみの中でいちゃいちゃする人、本当にいろいろですみなさま。

 

ただいま、山ちゃんバスの中で尾行中でございます。お父様と女性がバッチリみることができる席に座っております。2人は仲良くおしゃべりしていますね。特にただの仲のいい上司と部下ってところでしょうか。。。もしかしてこれはシロなのかなー。

と、ふと目線を移動させるとあらあらどうしましょ!お父様と女性がお互いの右手と左手をからませ、ふとももなどをお互い触り合っているではありませんか!お互いのバッグを目隠しして誰にも目につかないように。。。しかーし、山ちゃんが座ったベスポジはそんなこと問題なくしっかりと隠しビデオカメラで撮影しております!

しかし、はたしてこれが浮気の不貞行為に当てはまるのか。。。悩むところです。この証拠を娘様にお渡しして、はてしてそれをお父様が証拠として受け入れて浮気相手と別れるという約束をするかどうか。。。

もう少し張り込みしてみる価値はありそうですので、続けましょうか。

二人が○○バス停で降りました。そして、つないでいた手はしっかりと離しております。山ちゃんも少し距離を保ちつつ時間差でバスを降ります。すると、そのバス停から徒歩で3分ほどにある月極駐車場に女性の車が停めてあるようで、二人はその車に乗り込みます。しかし、お父様は助手席ではなく後部座席に。なかなか分かってらっしゃる。

山ちゃんは事前に連絡を入れてあった女性調査員に車で来てもらいすぐにその女性の車を尾行します。

しばらく走っていますと、やはりラブホテルに着きました。やっぱりね。。。2人がラブホテルに入る姿をしっかり撮影します。娘様はこのお父様の不貞行為を目の当たりにしてなにを思うのでしょうか。裏切られた気持ちになるのでしょうか。

二時間もすると2人が出てこられました。すると、女性の車に乗って、お父様は道中に車をとめてバス停で降りました。そうです、週一あたかも会議が終わってからバスで帰ってきたかを装って浮気相手とお父様は不貞行為に及んでいたのですね。

そうとは知らず、娘様とお母様はお父様を待ち続ける。。。この裏切り行為を許すことはできるのか。すぐさま事務所にもどり、調査報告書を作成しますよ!!!

翌日、依頼者である娘様をお呼びいたしました。娘様に、先日の調査結果をお渡しいたしました。すると娘様はぽろぽろと涙を流してこうおっしゃりました。

「心の中では父を信じていました。父は昔から生真面目で、仕事一筋で母以外愛することをしたことが無い人でした。わたしの事も本当に大事に育ててくれました。父にこの調査報告書を突き付けてその女性と無理やり別れさせるのも。。。どうしたらいいのかまだ整理つきません。母のことを思うと今すぐにでも浮気相手とは別れてほしいのが本音ですが。父の事も考えてしまう。。。」とのこと。

娘様はご両親がとても大切なのですね。浮気というものは、周りを巻き込んでしまうやっかいなものです。娘様が一人で悩まれ、今後どうしたらいいか分からなくなったら、また山ちゃんに相談でもきなさいとお伝えしました。すると娘様は少しホッとした表情で事務所を後にしました。

さてまた明日から山ちゃん張り込みがんばるど。

 

今回の調査も浮気でございます。本当に浮気調査が多い!!!みんな、挙式のときに、神父様から「一生この人を愛する事を誓いますか?」と聞かれ、神様の前ではい!!!と答えてますよね。。。 みんなうそつきだ。。。

新婚ほやほやのおとなしそうな30代御主人からのご依頼です。奥様の浮気調査の依頼でございます。その奥様40代とかなりの姉さん女房。しかも奥様はバツイチで子連れ。御主人はその奥様が浮気をしているのではないか?とのことでご依頼頂きました。子供はもう高校生ということもあって、御主人としては二人で新婚生活を楽しみたいのだが、奥様が最近、元気もなく自分と話したがらない、そして週末も留守にするようになりました。下着がTバックとか赤色パンティなどの変化があったとのことです。

御主人は、どうしていいか友人たちに相談をしたら「なんなら探偵に依頼してみたら?」といわれ弊社に来られたそう。

しかし御主人、山ちゃんに最初に言われたことは奥様に探偵なんか雇って調べたことがばれると離婚されてしまわないかとても心配されていました。でも、奥様が誰となにをしているかは絶対に知りたいとのこと。ちょっと奥様に依存している感じがしますね~。このような依頼者はもし裏切られた場合、どんな行動を起こすかがちょっぴり心配です。

明日から山ちゃんが張り込むよ~

御主人より奥様の勤め先・勤務時間などをお聞きいたしました。奥様は介護職をされています。勤務体制は三交代なので、御主人は夜勤明けの奥様の行動を調べてほしいとのことでした。夜勤は夜9時から翌日の朝8時まで勤務となります。朝8時からの奥様は家で仮眠したり、炊事洗濯などをされているそうなのですが、御主人としては、その時間帯があやしいのではないかといっております。御主人も会社を抜けて見張ることもできないらしく。。。御主人が会社から帰宅するのは夜7時とかになるみたいです。浮気・不倫をするには奥様の夜勤が終わってから御主人が帰宅するまでの時間のようですね。。。

さっそく、その時間帯で張り込みをいたしましょう。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

朝8時に奥様の会社で張り込み開始します。すると、奥様が夜勤を終えてでてこられました。すると、まずはスーパーへ寄られましたね。朝食を買いに来たのか。。。

朝8時半に奥様が、買い物を終えて自宅へ帰られました。しばらく張り込みを続けます。お子様が学校へ行かれました。すると、それを見計らったかのように中年の男性が自宅へ訪れました。奥様が玄関のドアを開けて笑って男性を自宅へ入れました。あれは誰だ。。。修理業者か?念のためカメラにおさめました。

なんだか雲行きがあやしくなってきたなーーーー。

しばらく張り込みを続けていたら、その男性が自宅からでてきたのは、夕方4時!

二人っきりで今まで自宅で何をしていたのか。。。最初はなにかの修理業者かと思っていましたが、それにしては服装がカジュアルすぎたし。。。上下ダルダルのジャージだったよ。。。

念のため、男性の写真を御主人にみていただきますか。。。その男性が何者かによっては自宅内にビデオカメラを設置したほうがよいかも。。。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

一度きりならまだしも、次の日も上下ジャージの男性が自宅へきて、長居をされておりましたので、これは確実になんかあるな。。。と思い、御主人にその男性の写真をお見せして、長時間ご自宅の中で奥様と二人っきりでなにかをされている旨お伝えしました。

すると御主人から驚きの言葉が!!!このジャージ男性は奥様の元夫だそうです。結婚当時はとんでもないダメ男だったので、離婚以来は連絡とっていないと奥様がおっしゃっていたそうです。

御主人もその言葉を信じていたのに。まさかまだ関係が続いていたとは。。。と絶句されてしまいました。

さて奥様とダルダルジャージ男の二人にて自宅内でなにかが行われているのは確かです。しかし自宅中はどうしてもみることができないため最終手段ですね。しっかりとした証拠を突き詰めないといけないので、御主人に小型ビデオカメラで、自宅内を撮影してもいいかお尋ねしました。すると、御主人は「。。。。お願いします。。。。」とのこと。そりゃこわいでしょうね。なにがうつるか分からないが、たぶん不貞行為だろうな。

では奥様がご不在のときに、御主人と山ちゃんとでビデオカメラを設置致しましょう。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

御主人が奥様が外出中に、山ちゃんを呼び出していただき、一緒にビデオカメラを設置しました。場所としましては、リビングと夫婦の寝室。明日から奥様の夜勤ということなので、夜勤が終わってから御主人が帰宅するまでの時間に合わせてビデオ録画をしましょうか。

さていよいよこの日が来ました!御主人が会社へ行く前に、ビデオカメラのスイッチをお願いしました。山ちゃんは車の中でリアルタイムにビデオカメラの映像をみます。御主人と子供さんは会社・学校へそれぞれ出発します。しばらくすると奥様が夜勤を終えて自宅へ帰ってこられました。買い物袋をもっている様子。すると、10分も経たないうちにさっそく上下ジャージの男性が自宅へ来られました。奥様は笑顔で迎え入れます。

さて、さっそく寝室に向かうかと思いきや、上下ジャージはリビングで缶ビールかなにかを飲んでいます。すると、奥様が下着姿で上下ジャージに抱き着きます。はい、これで不貞行為の証拠ばっちり撮影することができました。あっけないですねワラ

す、すると御主人から連絡が。。。いまどのような状況かと。はい、不貞行為真っ最中です!と山ちゃんも正直に答えてしまった。すると、御主人が「了解しました!!でしたら乗りこみます!」と電話を切ってしまいました!あわわわわあわ

やばいやばい、御主人が乗りこんでしまう!そうなるとこれはかなりの修羅場になるのでだめだ。とりあえず御主人が自宅へ乗り込む前に、山ちゃんが阻止しなくては!はやく不貞行為終わらせなさいよ~とひやひやしながらしばらく待っていると。御主人が息を切らして走ってこられました。

はいストーーーーーーップ!!!御主人を落ち着かせて車に乗せます。すると、御主人も少しは落ち着いたようで、小型ビデオカメラをみると言い出すので。。。動画はちょっと御主人の精神状態にはきついので、静止画でお見せしました。(まだ調査中の段階ですのでという理由で)

御主人、無言になってしまいました、すると、自宅には帰りたくないので事務所に連れてってくださいということですので、一緒に事務所へ向かいましたよ。ずっと御主人のグチを聞きながら。。。奥様とは離婚を申し出るつもりらしいです。まあそれは致し方ない結果ですね。とりあえず不貞行為の証拠はばっちり手に入れることができたので、御主人も奥様と元旦那二人に慰謝料を請求するつもりらしいです。まだ30代なのでいくらでもやりなおしがききますし。

 

さて、今回もまた浮気調査のご依頼がありました。依頼者は、30代の御主人・会社員三交代です。ということは、奥様の浮気を疑ってのご依頼です。奥様は保母さんで30代。結婚5年目で子供は二人の意向として作らないということらしいです。保母さんだが、あまり子供が好きではないらしく。。。

なぜ浮気を疑っておられるのかその理由をまずお聞きしました。すると、奥様はここ数か月毎日遅くまで働いているらしく。その保育園行事の準備やらなんやらで帰りも午前様の時がある。そしてよく自宅に電話があり、その電話の相手というと保育園の父兄からかかってくるのだと。その父兄は保護者会の会長をしており、なにかしら用事があると奥様に電話がかかってくるらしいのです。しかし最近は自宅に電話がかかってくることもピタっとなくなり特には気にはしていなかったみたいですが。。。とある日、御主人がどうしても奥様に渡したい書類があったため、奥様には連絡せずに直接保育園に寄って渡そうとしたところ。。。みてしまったのです。。。

御主人がみてしまったものとは。。。

奥様とその会長の父兄が保育園の駐車場の陰でいちゃいちゃしていたらしいのです。保育園と父兄が停める駐車場は少し離れているらしく。この時間は誰も保護者もいなかったみたいで、目撃していたのは御主人のみ。ただならぬいちゃいちゃ感だったので、御主人も奥様に声をかけることができなかったそう。黙って保育園を後にしたんだとか。しかし、御主人も奥様の帰りが遅いのももしかしたあの父兄と浮気をしているからなのか。。。と今週はずっと悩んでおられたそう。

奥様と父兄のただならぬイチャイチャ場面を目撃してしまった御主人は、ちらっと奥様にその父兄とのことを聞いてみたそうです。すると、奥様からは「父兄との関係をだめにすると保育園でいろいろとやりづらくなるので少しの仲良しは仕方のない事なの!なんなの?なにか疑ってるの???」と少し逆切れだった。

御主人としては、やはり父兄とそのような関係になるのはなんとしても止めなくては!と思い、探偵にお願いしてその浮気の証拠を突きつけてなんとか穏便に2人を別れさせたいとのこと。御主人の意地なんだろうな。了解しましたと依頼を引き受けました。とりあえず、その奥様と父兄の不貞行為を手に入れないと。。。

翌朝7時に奥様がお勤めされている保育園に向かいました。なるほど。。。保育園と駐車場がけっこう離れているため張り込みがしやすいですな。やはり、保育園付近で張り込みしていると保護者や関係者があやしんだりする可能性が高いので、山ちゃんは駐車場付近で張り込みをします。

AM7時45分くらいになると、ぞくぞくと園児と親が駐車場に車をとめて保育園に向かっていきます。保母さん3人ほどが園の玄関先にでてきて笑顔で迎えています。奥様の写真をみせていただいたので、どれが奥様かは一目瞭然でわかりました。

こんな平和な保育園で不倫たら浮気たらのドロドロな展開があるなんて想像つかない!

園児と保護者たちのピークが過ぎ去ったとき、1台の車が駐車場に停まりました。一人の男性と男の子の二人が降りてきました。ん、もしかしてこいつか?と思いました。なぜなら、保護者のほとんどはお母さんだったから。お父さんの送り迎えはこいつだけだ。山ちゃんは見張ります。

玄関に3人いた保母さんたちはいつの間にか園内に入って行った模様。すると、気が付いたのか奥様が園内からでてきました。そして、父兄と男の子と仲良くしゃべっています。男の子が走って園内に入っていきました。すると、父兄と奥様は手を握りました。なんともいえない瞬間でした。男の子の荷物を渡すときの一瞬の出来事だったので、山ちゃん以外誰も気づきもしないでしょう。これは匂う。。。

とりあえず、奥様の勤務時間は17時までと御主人から聞いているのでそれまでどうしようか。。。いったん事務所へもどり17時前に再度張り込みするか。。。駐車場で悩んでおりましたら。。。

15時ちょいすぎに奥様が私服で園からでてきました!不意打ちでしたので、山ちゃんテンパってしまいましたよ。なになに早退。。。?

奥様が車に乗り込みましたのでさっそく尾行開始です。奥様の車が向かった先は。。。保育園から20分ほど離れたショッピングセンター立体駐車場へ車が入っていきました。さてさて。奥様の車から少し離れたところへ山ちゃんの車も止めます。

奥様が向かった先は、とあるショッピングセンター立体駐車場。そこに誰かが待っているのか。それともただの買い物???。。。と、奥様が駐車した隣にあの父兄の車が停めてあるではありませんか!運転席にはあの父兄が乗っております。山ちゃんすかさずシャッターチャンス。奥様はその父兄の車の後部座席に乗り込みました。あららら。ここを待ち合わせにしたのもなんだかわかる。立体駐車場は暗いし、なんせ人の数がまばらである。

2人が乗る車を尾行します!

奥様と父兄が乗った車の行き先は。。。さて。

はい、着いた先はラブホテル。しっかり2人の顔が分かるように撮影します。奥様が後部座席に座ってようが、山ちゃんのカメラテクニックにかかればおちゃのこさいさい。ちなみに現場についたらベストポジションを確保。これ探偵調査員としては当たり前!!!

これで不貞行為確実です。一時間ほどして2人が出てきました。やはり、奥様は後部座席に座っている様子。顔も多少は確認できるし、その車に乗り込む様子も撮影できている。りっぱな証拠写真になるでしょうな。

さて帰りはもちろんショッピングセンターの立駐で2人はさよなら。奥様のその後は買い物を済ませてご自宅へ帰られました。奥様がなぜ15時帰られたのかは謎のまま。。。

もう少し調べてみますか。

さて奥様の退勤時間が17時だったのに、15時に退勤してそれから浮気タイム。

気になるので山ちゃんの好意で少し調べてみました。調べた結果。。。。。。。。。。。。。。。奥様、正職員ではなくパートだったのです。パート勤務だと15時には業務が終わるみたいです。ということは、御主人には17時までの勤務と嘘をついて15時から17時までの空いた2時間は浮気の時間にあてているのでしょうか。子供はいらないが、浮気相手はほしいということか?

とんだ御盛んな奥様だなこりゃ。

御主人を事務所へお呼びし、調査結果をご報告します。御主人は、「やっぱりそうでしたか。。。これらの証拠を保育園にも突き出して、妻と浮気相手に制裁をくわえてやります。そして保育園にも子供たちを預かるという厳粛な場所でこのような不謹慎な行為が行われていた。それを見つけることもできない保育園にもそれなりの責任を取って頂きますわ。」

男を怒らすとこわいですね。。。

さてまた新たな依頼が入りましたよ。

もう2015年もあっという間に終わり、すでに2016年がスタートです。まあ探偵調査員にはまったく関係ありませんが…。

さて今回の調査は奥さんの浮気調査。依頼者は50代の会社員なんですが、奥さんが40代後半のスーパーの店員さん。子供は4人いらっしゃるそうですが、最近その奥さんが妊娠されたそう。夫婦仲はそんなに悪くはないのですが、奥さんから妊娠したという報告をされてから、本当に自分の子なのか?という疑問がでてきたとのこと。

実際、御主人からすると夫婦の営みも月に一回あるかないかなので、それで妊娠したというのが実は驚きだったみたいですね…。ちなみになんですが、もしかしたら今の4人の子供たちも本当に自分の子供なのかという疑問まででてきてしまっているみたいです…。

まあ最近、芸能人が自分の子供と背格好が全く似ていないということに疑問を感じ、DNA鑑定をしたらその結果、自分と子供とはまったくの赤の他人だったという結果をしってしまい、涙ながらに会見をしていたのを思い出します。

御主人としては、奥さんの浮気調査の結果がもしクロなら妊娠中の子供のDNA鑑定をし、そして4人のすべての子供たちのDNA鑑定をしたいというもの。ん?、なんとも難しい問題ではなかろうか…。奥さんが浮気をしていたからといって、子供たちが自分の子供ではないかまでを調べる必要性があるのだろうか。これは山ちゃんには答えを出すのは難しい…。しかし、依頼がきた以上、しっかり調査をするのが探偵というものなんですよね。

まずは奥さんの浮気調査を先に進めて、その結果を踏まえて、お子様たちのDNA鑑定をするか否や御主人と山ちゃんで考えたいと思います。まずは奥さんの情報から…

奥さんスーパーの店員。スーパーに勤め始めたのは15年も前から。主といったところですな。年齢は49歳。見た目はちょいと太目。しかし、気が利きとてもはつらつとしている。お子さんは4人。22歳男、19歳男、12歳女、7歳女。そして現在妊娠7か月。まずは、奥さんの張り込みから開始しましょう。

さて対象者の奥さんはと。。。

勤務時間は9時~18時まで。スーパーでは主な仕事は事務、店が忙しくなるとレジ打ちをしている模様。山ちゃんそのスーパーから少し離れた駐車場で張り込みを開始します。

15時ころに張り込んでいると。。。奥さんの仕事ぶりをチェック。なかなか機敏に働いております。本当に妊婦さんなのか?というほど…。しかし、特にこれといって怪しむ様子はありませんでした。まあたくさんお客さんもいるしそれはないに等しいよな。

さて、張り込みを続けていると、18時20分ごろに奥さんが勤務を終えてスーパーからでてきました。

勤務を終えて奥様がでてきました。すると、隣には中年のおじさんが一緒です。誰だ同じ会社仲間か…?引き続き張り込みます。二人は中年のおじさんの車に普通に乗り込みました。友達?同僚?

よくわからないので、とりあえず尾行しましょか。

しばらく車を走らせると、すでに19時近くになってきたので、人気がまったくない公園の駐車場に奥様を乗せた車が停まりました。こんな夕方暗くなってきたのに公園?あきらかにおかしいので、気づかれない距離で山ちゃん号は停まります。

公園駐車場近くに車を停めて張り込みをしています。この距離感がとても難しい。暗いので暗視カメラがとても活用できます。ばれないように近づきすぎず、遠すぎず…。すると、車の中で2人が抱き着いていたり、キスをしているのが確認できました。もちろん写真にもおさめます。しばらく張り込みをすると、2人の甘い時間は終了のようで、それぞれ夜の7時頃には帰宅しました。ホテルにはいかずに。

まずこの浮気相手のおじさんが一体誰なのかを特定しなくては…。

浮気相手のおじさんについて調べてみる。。。それは容易に分かりました。その奥さんが勤めるスーパーの店長でした。だから、あんなに堂々と二人が一緒にいることができたんだな。他の従業員にしたら暗黙の了解なんだ。てことは、他におしゃべり好きな従業員に軽く聞き込みするとなにかわかるかもしれない。

こんなときはベラベラおしゃべりしそうな年配の女性従業員を見極めていろいろ聞き出せるとありがたい。山ちゃんも怪しまれないように気をつけなくてはな。

おしゃべりが好きそうな従業員を探してみると、こちらも容易に分かりました。おしゃべりが大好きなパートのおばちゃんがいろいろと教えてくれました。奥さんと店長はそれはそれはもうだいぶ昔から男女の関係らしいです。その年月はかれこれ15年前からだそう…。その店長と言っても、もう本社から全てを任されているお偉いさんのため他の従業員はなにも店長に文句も言えずに奥さんとの不倫に対しては知らんぷりといった具合。

奥さんと店長の不倫関係がかれこれ15年以上前から続いていたという情報を手に入れることができました。

ということはまさか、奥さんの子供のうち誰かしらは店長の子供ということがありえるのか?!なかなかやっかいなことになりそうだな。とにかく、奥さんの浮気はクロで間違いないから、それからのDNA鑑定調査は依頼者と相談してみようか。

DNA鑑定したところで誰も幸せになんかならないはず。一番かわいそうなのは子供たちなんだから。

翌日、依頼者の御主人をお呼びしました。そして、奥さんが働いているスーパーの店長が浮気相手であろうことを伝え、調査報告書をお渡ししました。すると、御主人はこの調査報告書を読みながら、「やっぱりな…12歳の長女と次女がわたしにまったく似ていないし、嫁にも似ていない。この店長にそっくりじゃないですか!!あなたどう思われますか!!今妊娠している子供もこいつの子供ということだな!!!」と怒り爆発。DNA鑑定は、別の会社にお願いするそうで、これにて調査は終了となりました。

その後がどうなるのか気になりますが、あまり深入りしないでおこう。

さて本年も名古屋探偵 山ちゃんをよろしく!

一月も終わりに近づきまだまだ寒い気候になっております。そんなとき、長年愛用していたダウンジャケットがやぶけてしまいました。なので、新しいダウンジャケットを新調しようとショッピングモールにでかけたのですが…。

これといったダウンが見つからない。カラーで迷うんですが、山ちゃんオレンジが大好きで。しかし、探偵調査員ということもありオレンジのハデハデなダウンジャケットを着て調査をするともしかしたら対象者に見つかってしまう恐れがあるため、やっぱり黒を選んでしまうのです。ならプライベートで着ればいいじゃん!というお言葉もでてきそうですが、急な依頼が入ると着替えに戻るということができない場合もあるし。なので、やっぱり黒のダウンジャケットで落ち着こうと思いました。

さて新たな調査が入りましたので、いってきまーす!

今日の朝のニュースで、パートナーの携帯電話をみたことがあるか?という内容でした。見る人は見るし、見ない人は見ない。そりゃそうだ。しかしそのパートナーの携帯をこっそり見る行為というのはもしかしたら不正アクセス行為の禁止等に関する法律に関わる可能性があるのです!訴えられる可能性があるということです。しかし、それはただ付き合っている関係のみ。結婚をしてその不倫証拠を集める為に携帯を見るのは罪にはならないらしいのです。なるほど…。

結果としてはただの恋人同士の方たちは携帯を盗み見してはいけません。

ということは、結婚をしている夫婦間では携帯は証拠集めでしたら罪にはなりません。なので、知らない方が良かったという人は見ない方がいいですが、それ以外の方でしたら携帯見てみましょう。知らなかった事実が発覚することでしょう。調査員としてもこの携帯にある情報は信ぴょう性もありますし、証拠として意味があります。調査もスムーズに進むことでしょう。

しかしなんでも見られたくないものはすぐさま消去しましょうね!!!それに限る!!!

こんにちは!少し寒さも弱まり、探偵調査員としてはとてもありがたいです。またまた浮気調査が入ってきましたので、ブログにアップします。

依頼者は30代の女性、A子さんとしましょう。A子さんからのご依頼は、御主人の浮気の証拠を集めて、そしてまさに不貞行為を行なっている現場に依頼者であるA子さんを連れて行ってほしいという驚きの依頼。むむむこれは…。事件性になると困るので、その現場でなにをなされるつもりなんですか?と山ちゃんは依頼者にお尋ねしました。

「いえ、これといって理由はないんですが、主人の驚く顔がみたいだけなんです。」はっ?この嫁なんだかおかしいな。しかし、小柄な女性だし、もし現場で暴れれば山ちゃんと相棒が押さえつければいいし。依頼者の要望となるとできるだけ聞いてあげたいと思ってしまいます。「その現場に行かれるということはわたしとしては賛成いたしかねます。状況をみてからでもいいでしょうか。それはこちらで判断させていただきます。おかしな行動をとられると大変なことになりかねませんのでお気を付け下さい。」とお伝えしました。

依頼者は山ちゃんの返答に対して気に食わなかったのか、とんでもなくブスっとした様子。なのでまず、なぜ浮気調査を依頼されたのかその理由をお聞きしました。

「はい、わたしと主人は高校生からの付き合いでして。結婚してからこれといった事もなかったんですが…。子供のお世話も手伝ってくれたりと本当によい主人だったんですが、最近行動がおかしいんです。残業から帰ってくるとシャンプーの匂いをさせて帰ってきたり。消費者金融でお金も借りてるみたいで…。」

「主人に聞いたらパチンコにはまってしまったと。許してほしいの一点張りなんです。でも女の勘といいますか。女の影がちらちらするんです。なので携帯の指紋認証ロックで主人が寝ている時にこっそり主人の指を使ってロック解除させたら、着信履歴はしっかり残っていました。女からの着信は会社の若い女性のみ。LINEもメールも怪しいことはなにもないのです。携帯にはこれといった証拠はありません。なので、今回こちらの探偵事務所で証拠と不貞行為の現場をおさえてください。お願いします…。」

依頼者の奥様からお話をお聞きしました。なるほど…。女のカンほどするどいものはない。了解しましたとお伝えしました。

御主人の情報といいますと。・建築士として個人事務所を営んでいる・40代・車は高級外車。

なるほど経営者ということはお金の面でも時間の面でも余裕があるということですね。ならなんで消費者金融なんかにお金を借りるのか…。疑問点だな。

謎だらけなのでとりあえず、御主人の張り込みを開始いたしましょうか。

とりあえず御主人の張り込みを開始いたしましょう。

ご自宅から車で20分ほどの高層マンションの一室を借りて建築事務所をされているということなのでそのマンション付近で張り込みを開始です。

朝9:00 すると、高級外車に乗って出勤された御主人を確認しました。建築事務所のFacebookをみてみると、従業員は御主人と二級建築士の男性と事務の若い女性の計三人でやっているみたいです。なかなか小規模ですが会社の雰囲気はよさそうですね。

会社の仲間の雰囲気もよさそうですな。マンションの一室なので山ちゃんが事務所に足を踏み入れることは難しいので、隠しカメラでも設置できるととてもありがたいですな。依頼者が事務所に出入りできるのであれば相談してみようか。

さっそく依頼者にお電話で確認してみると、事務所に出入りするのは可能とのこと。よし。山ちゃんおすすめの超小型監視カメラを設置してもらおう。これでマンション内でなにが行われているか発覚するであろう。

お昼13:15 御主人と若い女性がマンションからでてきました。御主人の車に乗ってでかける様子です。山ちゃんも尾行します。

二人が到着したところは、事務所近くの高級イタリアンレストラン。ランチということですね。まあ、経営者と従業員の人とランチというのはよくある話。そのとき御主人は真紅の箱を女性に渡していました。見た限り、高級ジュエリーブランドのカルティ○です。従業員にそのような高級ジュエリーをプレゼントするなんてなんてふとっぱらな経営者なんだ。それから二人はランチを終えてそのまま事務所へ戻っていかれました。

夕方18:45 FBでみた二級建築士の男性が事務所からでてきました。ということは、事務所には御主人と若い女性の二人っきりということか。んんんん、事務所の中を確認するのは難しい。これははやいところ、監視カメラを設置しないとな。

二人がそろって事務所からでてきたのは夜の21:00すぎ。二人はそれぞれ別々に帰宅していきました。すぐさま依頼者に連絡をして監視カメラの設置できるのはどの時間帯かお聞きしたら、深夜、御主人が就寝したのを確認してからなら可能であるとの事。よし、奥様からの連絡を待つとしよう。。。

プルルルルルルル。山ちゃんの携帯が鳴りました。深夜一時。依頼者は御主人に赤ワインをたくさん飲ませて酔わせたらしい。今がカメラ設置するチャンスです!

奥様と建築事務所で待ち合わせをします。そこで奥様に鍵をあけてもらい、監視カメラの設置を急いで進めます。

設置したのは、事務所はワンフロアなので、全てが見渡せる玄関に一台、あとは死角になるお茶室。これで2~3日の間、録画をしてそこで事務所内でなにが起こっているかすぐにわかるはず。

3日が経ちました。その日は御主人は東京出張ということで、深夜に監視カメラを撤去に向かいました。まずはわたしだけで画僧チェック。奥様には後日にでも調査報告書にまとめてお見せいたしますとお伝えしました。

すると、画像の中身というと…。はい!クロでした。御主人とあの従業員の若い女性は不倫関係にあったのです。事務所内での不貞行為も動画でバッチリうつっていました。大きなソファをベッドかわりに使用して。彼らは事務所内で愛をはぐくんでいたのです。動画を見る限り、御主人のほうが女性に対して熱をあげている感じがしました。

そして、もう1点。御主人はその女性にたくさん貢ぎこんでいたのです。CHANE○のカーボンバッグや、超高級腕時計。毎日のようにプレゼントを渡しているのです。だから、消費者金融にお金を借りなければならなかったのですな。とんでもない女だ。

。。。。。。。。。。。翌日奥様を弊社にお呼びしました。

さすがに奥様には、御主人と浮気相手の不貞行為の動画をみせるのはちょっと酷なので、山ちゃんなりにギリギリの範囲である動画をチョイスして奥様にお見せしました。

すると…。

奥様、むせび泣いておりました。大学時代からいっしょに2人で苦労してお金を貯めてやっとの思いで建築事務所を立ち上げたのに…。この女に貢ぐためにわたしは仕事をかけもちしたり頑張ってきたんじゃない!と…。でも、今回調査していただいて感謝してます。とお礼を言って帰っていかれました。

その後奥様からご連絡がきまして、御主人とは弁護士をいれて、離婚・財産分与をするらしいです。またその従業員の女性にも慰謝料を請求したいということ。なので、おせっかいながら山ちゃんの知り合いの弁護士を紹介しました。

以上で調査を終了しました。

また新しい調査が入りましたので、ご報告しますね。

さてみなさんこんにちは。さてまたもや今回、依頼を頂いたのは34歳のパート店員の女性。小学生6年生4年生1年生の子供3人いる肝っ玉お母さんです。

もちろんのごとく、対象者は35歳の御主人。御主人の浮気調査をしてほしいとのこと。そして、調査料金もできればお安くしてほしいとの要望あり。まあ、まずはなぜ御主人の浮気を疑うようになったのかをお聞きしました。ここでの情報があとから大事になることもしばしばあるんです…。

「私の主人は、食べることが大好きで大好きで。なので、お腹もメタボリックのようにでていますが、わたしもそんなよく食べる主人が大好きでしたし、お腹もなにも気になりませんでした。実際わたしもお腹でていますし。しかし、最近、ワンダーコアを自分のおこづかいで購入してお腹をへこませようと必死にしているのです。白髪も全然気にしていなかったのですが、最近は自分で白髪染めをしたりと行動がすることすることおかしいのです。昨日も、なにか二人でできる趣味をもとうよ。なにかしたいことない?とか訳の分からないメールが入ってきたりと。問いただすも何も、証拠がないのでわたしも主人に対してなにも言えません。もし浮気をしていたら、わたしは子供を連れて実家へ帰るつもりです。その際、莫大な慰謝料をもらうつもりです。なので、探偵を雇ってまでも証拠を集めてほしいのです。宜しくお願い致します。」

了解しましたとお伝えしました。

しかし、お腹をひっこめたいと思っただけで浮気と疑われて旦那さんも大変だなこりゃ。

さっそく調査を開始しましょう。

すると、さっそく御主人、仕事が終わってから女の子がいるキャバクラに行くのでもなく、スナックに行くのでもなく。とあるスポーツジムに週五で通っていることがわかりました。しかし週五のジム通いはちょっと多くないかい。痩せたいという思いが強いのか。このジムになんかあるということを察知して山ちゃんもスポーツジムの会員となって、内部調査をしましょう。それが一番手っ取り早し。

すると、わかってきましたよ。御主人、スポーツジムのインストラクターの女性Aさんとやましい関係であることがわかりました。だいぶ年上の女性ですな。そのインストラクターの女性は、見た目は40歳だが実年齢は50歳。しかし大人の女性の色香があるとかで、会員の男性陣からは人気があるんですよね。お腹のでた男は大嫌いというのが口癖ですし。ジムのシャワー個室で2人っきりであやしい行動もばっちり写真におさめることができましたしね。

さっそく、山ちゃんジムもさっさと退会して調査報告書の作成に取りかかりましょう。

翌日、奥様をお呼びして結果を報告致しました。すると、奥様、そのジムに乗り込んでやるたらなんたら…。これは地獄絵図をみそうだな。慰謝料もしっかり両者にいただいて子供三人を引き取り、再スタートするらしいですよ。さすが母は強し。

というわけで今回も無事に調査終了しました。

また依頼が入りましたら、ご報告いたします。

 

とあるイケメン議員が、育休宣言、育休推進という中で、不倫疑惑が浮上したというとんでもないニュース。しかも嫁が妊娠中で体調がよくないということで病院に入院しているときに、女性タレントを自宅へ招き入れ不倫をしていたという始末。

あらら~やってしまいましたな。なんせこのイケメン議員、男性の育児休暇を取得するたらなんたらで時の人となっているさなかこの不倫報道。とんでもない男です。またその不倫相手には一日400通というLINEメールを送っていたのだとか…。

400通なんて、計算すれば2分おきにlineをしていたことがわかる。いやいやあなた、議員活動はどうしていたんだ?高いお給料を税金でもらっているだろうに。

国民の全奥様を敵にまわしたであろう。そして議員を辞職して、奥様とは離婚になるのかどうか…。このイケメン元議員の今後が見逃せません!

みなさんこんにちわ。また新しい依頼が入ってきました。外も春のような過ごしやすい日になってきて、とても調査をするには助かります…。

さて今回の依頼者は、見た目も話し方もハデハデしいお嬢様がた二人からのご依頼です。お二人はキャバクラに勤められているようですが、そのうちの一人であるA子さんの彼氏を調査してほしいとのこと。しかし、もう一人のM美さんは「無理ですよね~ややっぱり探偵なんてやめときなよ?」とA子さんに持ちかけています。探偵を信じていない様子。

お嬢様がた二人から調査依頼の対象者についてお聞きしますと…

その彼氏とはホストクラブナンバーワンのイケメンホストとのこと。付き合いは3か月前から。そのイケメンホストが最近店に行っても避けるかのように会ってくれず、連絡もとれない状態らしく…お店に会わせろと直談判しに行くと、ボーイや支配人に無理やり締め出される始末。浮気をしているに違いないので、そのイケメンホストがいまどんな女と浮気をしているのか、その浮気相手を特定してほしいとのこと!そしてそのイケメンホストに貢いだ・貸したお金500万円を耳揃えて返してもらうとのこと。そしてその浮気相手にたぶん報復するつもりなんだろうか。

彼女であるA子さんから頂いたホストの彼のいろいろな情報を聞き、自宅マンションとホストクラブの張り込みを開始致します。

すぐさましっぽを出すと山ちゃん少し買い被っていました。すると、この彼。なかなかしっぽを出さないんですよね。ここ3日ぐらいじっくり張り込みをしているんですが、ホストクラブで仕事が終わってから自宅へ帰る、そしてまた夕方にホストクラブへ向かうという優等生ぶりを発揮。携帯についている彼のGPSもホストクラブか自宅かその二か所でしか確認できないし…。彼女から聞いていた話を全然違うじゃないかい?

ホストの彼氏の浮気の足取りがまったく掴めまくなってしまった…。

まるでこちらが浮気調査しているのが分かってしまったような…。そんな気さえします。A子さんから聞いていた情報とまったく異なっているから。これは裏があるな。もしかしたら第三者がこの調査を邪魔しているのではなかろうか。

とりあえず、三日間の調査結果をA子さんに提出することとしよう。その際はA子さんのみ事務所に来てもらうと伝えなくては…。

火曜日の午前中に、A子さんは一人で事務所へ来られました。誰にも内緒で。そして調査結果を提出しました。特に浮気らしい行動はない旨お伝えしましたら、A子さんは豹変し、そんなはずはない!あいつは絶対に浮気しているに違いないの!と言い張るばかり。じゃあなぜそう思われるのかを聞きましたら、「仲良しのホストから彼が知らない金髪女と歩いているのを見たという情報が入ったの。わたしももうキャバクラを辞めて夢を叶えたい。だからもう一度調査をしてほしい。」なるほどね。ならA子さんにこう伝えましたよ。

「とりあえず、この前一緒に来られたM美さんにはもう調査は終わった、特にあやしい証拠もでてこなかったとお伝えください。そして今回浮気調査をしたことを知っている全ての人に調査が終了した事をお伝えください。

それから、わたしとA子さんだけで極秘でもう一度浮気調査を行いましょう。そのことは誰にも口外しないでほしいです。わたしとA子さんだけが知ることです。それが約束できるのであれば、もう一度調査をしてみますが…。」

A子さん、「お願いします。絶対誰にもいいません。でも親友のM美にも言ったらダメなんですよね…?」

山ちゃん「はいそういうことになりますね。もう誰にも言わないでください。しっかりと結果を出したいのであればご協力のほどよろしくお願いします。」

A子さん大丈夫かな…。ペラっと親友に口外しないかが心配だ。

後日、A子さんに連絡をとり、以前説明したとおりしっかりとまわりを固めて頂き、浮気調査が終了したと言うことを伝えたということを確認をして、張り込みを再開することとしました。

後日、改めて彼の調査を再開すると…まあ、彼。おもしろいぐらいに普段の生活が変貌しましたよ。毎日、ホストクラブの仕事のあとはいろんなキャバクラの女の子たちととっかえひっかえでラブホテル三昧…。やっぱり誰かから浮気調査が入るというリークが入っていたんだと実感しました。調査が終わったと安心しきって本性を丸出しにしたんだろうな。じゃあそのリークの犯人はというと…。そこが一番重要だな。でも山ちゃんはすぐに誰かを特定できました。

初日に事務所にA子さんと一緒に付き添いできたM美ちゃんだった。その彼とM美ちゃんともよからぬ関係になっていたのです。まあ真剣な関係という訳ではなく、体の関係というかなんというか。でもM美ちゃんは本気だったのかもしれない。だから、初日に事務所きたときにもA子さんに調査をすることをやんわりと止めていたんですな。

山ちゃんの勘は当たっていました。M美さんが匂っていたんですもん。これにて調査が終了しましたので、A子さんにご連絡し明日にでも事務所へ来ていただきましょう。

A子さんに調査報告書とそして、M美さんが調査の情報をリークしていたこと。彼氏とM美ちゃんはよからぬ関係であったと言う事も、一緒にご報告しましたら…、A子さんショックだったようです。仮にもM美さんを親友と思っていろいろ相談に乗ってもらっていたりと信頼していたようです。やはり男が絡むと女の友情も消えてしまうのか…。こわいこわい…。今後の貢いだお金やら貸したお金やらを返してもらうのは、チーママに頼んで協力してもらうそうです。

今回の調査はこれで終わり!またがんばろう!

 

さてもう三月に入り、浮気・不倫の調査がぞくぞくと入ってきました。ホワイトデー前後に相談と浮気調査が増えるんです。また、月末になると引っ越しのシーズンに入るので、浮気調査だけではなく、盗聴器調査などの依頼も増えます。
若い女性はやはり盗聴器が不安なようで…。とても怖いですよね。

例えば賃貸のマンションには、前回住んでいた住人が盗聴器を仕掛けて引っ越していくこともたまにあります。なので、一人暮らしに関わらず、家族でももちろん賃貸のマンション・アパートを新しく借りようと考えている人がいましたら、盗聴器調査をしていてもいいかと思います。ひどい結果にならないように…。

さてそんなこんなで、もうすぐ春も近づいてまいりましたね。探偵調査員は冬がやはり苦手といいますか、調査を進めるうえで、雪が一番大敵なのです。道の渋滞やらで対象者を見逃してしまうという恐れがありますので…。なので雪も解け、春が近づくとホッとしております。

今回調査の依頼者は、40代の女性薬剤師。子供はいないらしい。50代旦那の浮気を疑っての調査依頼となります。

なぜ依頼をされたのか理由をお聞きしました。

「主人とはいい夫婦関係です。夜の営みもそれなりにあるんですが。でも最近、残業だと言って、帰りも遅いんです。22時近くなんです。わたしもそれなりに貯蓄もあるし、もし主人が浮気をしているんなら、一人で生きていきたいんです。主人のこと信じたいという反面、本当に浮気をしていないのか知りたい。なので、調査をお願いしたいのです。主人が浮気をしていないという証拠がないと、主人のことを嫌いになってしまうから。」

なるほど、御主人を愛しているからこそ浮気をしていないという証拠がほしいということですね。そんな理由でご依頼される方もいますしね。しかしもし結果がクロだった場合はどうするのだろう…。離婚を考えていたり、慰謝料を手に入れるつもりなら浮気調査をしてもいいかと思うが、愛しているなら浮気調査をするよりも、修復に力をいれたほうがよいかと思うが。

それを奥様にお伝えしたら、やはり事実が知りたいと言うので、了解しましたとお伝えしました。

さっそく調査を開始致しましょう。仕事の帰りが遅いと言う事なので、アフターを重点的に張り込みます。

奥様からの情報では、御主人は某役所にお勤めのお堅い職種のようです。なので、役所は17時30分には業務終了になるので、朝帰りも多々あるなんて疑うにきまってるじゃないですか!

役所付近に山ちゃん号をとめて、しばらく張り込みします。すると、18:00前に御主人が職場からでてきました。基本、電車通勤らしいので、相方に御主人の尾行をしてもらいます。そして、山ちゃんは相方からリアルタイムに情報をいただいて、車両にて写真撮影に動きます。

相方から連絡が入りました。○○駅で御主人が電車を降りたそう。自宅の近くの駅よりも3本も早めに降りたんだな…。どこへ行くのやら…。すると御主人はタクシーを待っている様子。相方は御主人を目視できる場所でじっと身をひそめて、山ちゃんもすぐに相方のいる現場に向かい、相方をひろいました。

御主人がタクシーに乗り込んで、どこかへ向かいます。山ちゃんはタクシーを尾行しますよ。なかなかタクシーを尾行するのは、気が張りますが。

尾行を続けること20分。すると、御主人がついた先は、とある会員制の高級ジム。時間19:00前。

ここのジム、個室があったりジャグジーがあったりととってもよさそうなジム。とても有名なんですここ。しかし、山ちゃんは会員じゃないので、中には入れない…どうしようか…。すると、相方が、事務員の○○さんがこのジムの会員らしいという情報を思い出しました。おっ、ならその○○さんを呼んで、ジムの中を調査してきてもらおうじゃないか!

○○さんとは、元は探偵調査員だったんですが、事情がありいまはちょっと事務員さんでやっておられる方。あっ、女性ですよ。こんなときに○○さんが事務員でいてくれてよかった~。

すると、相方がすぐさま○○さんを連れて来てくれました。仕事がはやいな~。元調査員なので、ノウハウはわかっているはず。○○さんも潜入調査なんて久しぶり?!!!といって、なぜだかウキウキな様子。○○さんにあとはまかせて、山ちゃんと相方は車の中で待機としましょう。

○○さんがジムに潜入して一時間が経過しました。すると、ジムで一汗かいた○○さんがでてきました。山ちゃんの車と合流しました。すると、驚きの一言が…。

「お疲れ様です!あ、証拠写真はバッチリとれました!でもなんというかクロというかなんというか…」

とはっきりしない様子。え?はっきり言ってくれないかな…。と山ちゃんが問い詰めると…。「対象者は、ゲイでした…」はっ、今なんと???

これは予想外の発言!そりゃクロというかグレーというかなんというか。

潜入捜査をしてくれた○○さんの調査結果によると、御主人はジムのむきむきなインストラクターと個室でイチャイチャ。もう○○さんもなにか見てはいけないものをみてしまったという気持ちだったそう。隠しカメラでの撮影もバッチリでした。すると、御主人がさっぱりとした顔でジムからでてきました。時間は21:30すぎ。ジムの営業時間はめずらしく明け方4時までやっているらしい。後をつけると、御主人はそのまままっすぐ自宅に帰っていかれました。

今日はこれでいったん引き揚げて、明日もう一度引き続き御主人を張り込みましょうか。

さて、翌日は御主人はジムに行かずにおうちへ直帰。次の日に張り込み持越しです。

そして、翌日。御主人を張り込んでいると…やはりあのジムへ向かいました。事務員の○○さんには現場にきていただいて、さっそく再度ジムへ潜入してもらいましたら…。

やはり、むきむきインストラクターの男性と個室でイチャイチャ。ジャグジーのお風呂でイチャイチャ。すると、清掃員のおばちゃんに聞いてみると、あのインストラクターは男性が好きで有名という情報を掴みました。

ジム内の証拠写真も手に入れて、スッキリした様子で事務員さんがジムから出てきましたのですぐさま事務所へ戻りました。写真をチェックすると、もうなんだか禁断の花園みたいな感じでとても見ているこっちが恥ずかしくなる写真でした。というよりは、気持ち悪い…。

浮気や不倫にもいろいろな形があるんだな~。と事務員さんと話していたら、事務員さんはわたしが奥様の立場だったら、自分の主人が男と浮気なんてしていたら、とても落ち込みますわ。。。とのこと。男に負けたなんて恥ずかしくて誰にも言えない。。。ですと。

さっそく調査報告書を作成して、奥様に連絡し翌日事務所へ来てもらいました。

 

 

 

 

 

 

浮気したい女

わたしはA子。

主人と結婚して10年。

子供は二人。もう子供も小学校に入ったからとても子育てが楽になった。

主人とは夜の生活は一か月に一度あるかないか。もうそんなことするのがとても苦痛なんです。なので離婚を考えているんですが、やっぱり子供のことを考えると、まだ少し離婚ははやいかな…。

なら少しでも毎日の生活を楽しいものにしたい。すると、わたしの友達が今不倫にはまっているとのこと。なにそれーーーーと言いながら、友達が話す内容がとてもうらやましくて。主人に対して持つことがないであろうの毎日潤っている生活。どうやって知り合うのか聞いたらSNSでメッセージを送り合うような仲になり、そこから二人で会うようになり、そして不倫関係に陥った。

最初は多少旦那や子供たちに罪悪感があったそうだが。でも友達はそのスリル感と新鮮さを味わいたいために、つまらない日常生活から抜け出すために不倫を繰り返しているそう。わたしもやってみたい…。

SNSで浮気相手を探すということを聞いて、わたしもさっそくしたこともないSNSを登録してみた。自分あてに「友達かも?」という人達はたったの5人しか上がってこなかった。しかもみんな女性。高校の友達のみ。

これだと浮気をしてくれる男の人には出会えるはずもない。

もっともっと男性との友達を増やしたい。どうすればいいのか?考えても分からなかったので浮気知識がある大先輩の友達に相談してみたら、教えてくれた。

まずは興味のあるグループに申請して承認してもらう。わたしはラーメン関係のグループに目を付けた。

そのグループ中に誰か友達がいれば、その 友達からグループへの追加をしてもらう方法が簡単らしいのだが、誰もいない。

なのでグループに申請をした。すると、たくさんの人からイイねがきた。すごくうれしい。

そしてその中から仲良くなってよさそうな人あてに個別にメッセージを送ってみたら?と言われていたので、手当り次第にメッセージを送った。友達になってください…と。

友達から直伝されたSNSでの不倫相手を探しだすやり方。手当り次第、自分にイイねをしてくれた男性に個人的にメッセージを送り、それで返事がきた人と仲良くなっていくというやり方。

だいたい50人ぐらいの男性に「わたしとお友達になってください。」というメッセージを送ってみた。

すると、返事がきたのはほぼほぼ全員!すごく嬉しかった。これはわたしを女性としてみてくれているということなのか。

その方たちと、自分のこと、相手のこと、ラーメンのこと、私生活のこと、たくさんのメッセージをやり取りしていった。

見ず知らずの男性たちにメッセージを送ってみたら、その中から40代の男性から、今度直接会って、お話しない?という誘いのメッセージがきた。やった!

なのでわたしはLINEを交換し、その男性とLINE上で連絡を取り合うようにした。その男性はY氏ということにしよう。

そのY氏は県内でも有名な会社の部長らしい。SNSの写真をみるとお金にはまったく困っている様子もない。ゴージャスな時計に、ピカピカの革靴。そしてピシっとしたスーツ。見た目ははげていて、少しぽっちゃり。でも話し上手でわたしはY氏に惹かれていった。

とあるSNSで個人的にメッセージを送り合うY氏から今週の土曜日、ランチでもしようか?と言われたのだが、昼は子供の送迎で難しいため、夜なら大丈夫だと返事を返した。すると、なら土曜日の夜7時に○○居酒屋で待ち合わせをすることになった。

明確な日時が決まったということで、わたしは自分の容姿を鏡でみて愕然とした。このぼさぼさの髪をなんとかしようと…。今日は水曜日。時間がない。すぐ美容室に連絡し予約をした。

いつもは自分のことは二の次に考えていたのに、今回はとても行動が早い自分に多少驚いた。

次の日に美容室の予約がとれて、わたしはウキウキで美容室に向かった。きれいになった髪をみて、Y氏はきれいと思ってくれるかとても不安だった。でもはやく会いたい気持ちもあった。土曜日が待ち遠しかった。

主人には、高校の友達と飲みに行くと伝えると、「ふーん」となーんの興味も示さずに返事をくれた。あ、本当にわたしのことなんてどうでもいいんだと思うと、旦那がとても気持ち悪い存在にかわった。

それと同時にY氏への気持ちも膨れていった。

待ちに待った土曜日。自然と朝からそわそわしてしまう。子供たちには「夜お母さんいないから、お父さんの言う事聞いてね。」と言うと、「うんわかったよ。でもはやく帰ってきてね、寂しいから…」と言われてしまった。少し罪悪感がでてきてしまった。

夕方になり、子供たちのご飯を用意してはやめに家をでました。待ち合わせ場所に6時30分に着いてしまった…。

Y氏と待ち合わせとなった場所はとてもおしゃれな雰囲気の居酒屋。どうしよう、デニムなんて履いてこなければよかったとさっそく後悔。

車の中で待っていたら、Y氏からLNEがきた。「少し仕事の関係で遅れそうです。すいません…。もしよかったら先に店に入っててください。」

先に店に入って通された個室の部屋で待っていると…。Y氏が息を切らして少し遅れてきた。

見た目もSNS上の写真でみたまんま。Y氏と向かいあって、席につくと、お互いはじめまして。と挨拶をした。最初は多少気まずかったものの、2人ともお酒が入ると上機嫌で話し出し、とても楽しい時間だった。

気付いたら11時。旦那から、「子供たちもう寝たよ。」とLINEが入ってきた。だからなに?と思ってしまうわたし。ひどい女だ。LINEを無視していたら、Y氏が「じゃあそろそろでますか?」といった。わたしは「はい…」と言うと、Y氏は「その前にちょっとお手洗いへ行きます。」というので、その場で待っていた。

すると、Y氏が戻ってきて「外へでましょう」と言うので、わたしはレジに向かったら、お店の方がもうお支払はすんでいます。とのこと。気を利かせてさっきのお手洗いのときに支払いを済ませてくれたらしい。わたしはY氏のスマートさにとても気持ちがふくれた。

わたしは外に出てY氏にお礼を伝えた。すると、Y氏はもうそろそろ帰らないと旦那様が心配されますよね。という。わたしは帰りたくなかった。子供たちももう寝たし、旦那も待っていないだろう。

「もう一件いきます?わたしがごちそうしますので。」とY氏に伝えると、Y氏は「今日はやめておきましょう。また今度の機会にお願いします。」という返事だった。わたしはがっかりして、タクシーに乗って自宅へ帰った。もしかしたらこんなおばさん嫌だったのかな。デニムで行ってしまったから…?もっとおしゃれしていけばよかった。帰ってからも悶々としていた。

家について、シャワーをあびてあがると、Y氏からLINEがきていた。とても楽しかったと。次も会いたいから今日は我慢したんだと。わたしの家族に気を使っている心遣いだったのね。そんなところのY氏のやさしさにわたしの気持ちはふくれていった。

あの居酒屋からの毎日、Y氏とのLINEがとても楽しみでしかたなかった。「おはよう」や「おやすみ」というたったそんなありきたりな言葉だけど、ちゃんと返信してくれるY氏のやさしさにわたしは溺れていった。わたしってとても単純な女だったんだと気付きました。

一週間後にY氏からLINEがきた。次の会う約束のLINEは、平日ど真ん中の水曜日の夕方どうですか?ときた。

来週の平日か~。子供たちをどうしようか。旦那はちょうどその日は水・木と泊まりの出張だったのを思い出した!隣町の実家に子供たちを預けようか。実はわたしは実家とあまりいい関係ではなかった。

よっぽどのことが無い限り、実家には行かないし、実家からも連絡がまったくない状態だった。でも、こんなチャンスはないから、母親に連絡してみよう。どうにかお願いして、子供たちを預かってもらおう。学校は朝一で母親に送って行ってもらうようにもお願いしよう。

一年ぶりくらいに、実家の母親に電話をした。変なの。実家に電話するだけで手が汗ばんでいる。プルルプルル…母親「なんか用か?」久しぶりの娘に言う言葉じゃない。だからわたしはこの家族から離れていったのだ。

でもY氏に会うためにはお願いしないといけないから、わたしはぐっと我慢した。

「久しぶり…。あのう、お願いがあるんだけど…。来週の水曜日子供たちお願い出来ないかな。わたし、仕事で水・木と出張になってしまって…。旦那も出張なんだ。木曜日の朝に学校にも送ってもらえるとありがたいんだけど…」

母親からの電話での返事は…。

「えーーーー。それやといくらかもらわないとあかんね~。まあいいわよ。孫たちにも久しぶりに会いたいし。あんたはどうでもいいんだけど。」本当に一言二言多い人だ。

だから嫌いなんだ。水曜日の子供たちが学校終わってからすぐに連れて行くことを伝えた。これで準備は万端だ。

Y氏にLINEを送った。来週水曜日OKですと。するうと、Y氏から返事がきた。とっても楽しみです。お店はまたこちらで決めてご連絡しますとのこと。

水曜日まであと五日。その間は頑張れそう!

とうとう前日の火曜日になった。この五日間本当に長かった。Y氏とのLINEもそうそうやり取りする訳じゃないから、なんとしてもY氏に早く会いたいと言う気持ちがどんどんと大きくなっていく自分がいた。

もうこの気持ちどうすればいいのだろう。旦那と別れてY氏と一緒になりたい。そんなことまで思うようになってしまっている。もう先の見えないなにかに入り込んだような気持ちだった。こんなことを思ってしまう自分がとても怖かったのも事実だ。子供たちを見捨ててまでY氏と一緒になるなんて。

旦那は出張の準備をワクワクしながらしていた。自分で買ってきたかなんだか知らないが、カラフルな下着のパンツとかいそいそとスーツケースに入れていた。たぶん出張先でなにかあるんだろう…。

でも本当に興味がない。旦那が浮気していようがいまいが。わたしにとってはただの生活費の資金源。子供たちにとったらたった一人のパパなんだろうけど。それらがあるから離婚はできないのだ。

火曜日の22:00すぎにY氏から待ち合わせ場所と時間のLINEがきた。繁華街の一角のおしゃれなイタリアンのお店らしい。時間は19:00でどうでしょうか?とのことだった。

本当にY氏はいろんなお店を知っている。今までわたしが行ったこともないような落ち着いた雰囲気のおしゃれなお店ばかり。本当に楽しみだ。

今までのつまらない生活が一転して夢のような世界を見させてくれるY氏に本当に心から惹かれていった。明日やっとY氏に会える。そんなドキドキした気持ちを抱えて眠りについた。

朝旦那がウキウキ気分で朝の5時すぎに出張に出かけて行った。あきらかに出張じゃないだろう。本当に旦那はばかだ。わたしはそんな風にばればれに浮気はしない。でもそんなことどうでもいい。

子供たちの泊まりの用意を終わらせ、子供たちに

「今日は遊びに行かないですぐにおうちに帰ってきてね。」と念をおして学校に送り出しました。子供たちは分かったよと言って、学校に向かいました。子供たちはこんなお母さん嫌いになるだろうな。そんな母親としての嫌悪感がでてきていました。

夕方、16:00すぎに子供たちが学校から帰ってきました。子供たちの荷物を積んで実家へ向かいました。車の中で、子供たちに

「お母さんおめかししてどこ行くの?とってもかわいいよ。」

と言われました。わたしはぎくっとしました。旦那より子供たちのほうがわたしのことよく見ている。びっくりした気持ちを落ち着けて、

「お母さんも会社で出張になっちゃって…。お仕事だから仕方ないよね。だから二人ともばあばの言う事ちゃんと聞くのよ。」

と苦し紛れに言いました。

一年ぶりの実家につきました。母に会うのが一番苦痛だ。さっさと子供たちを預けて出発しよう。

ピンポーン。「はーい」と母がでてきた。「ばあば久しぶり~」と子供たちはさっさと実家に入っていった。「久しぶり。今日明日子供たちの子と宜しくお願いします。」

緊張しながら話したら、母はわたしの頭から足先までなめまわすように眺めてこういった。

「あんた実家に子供たち預けてなんかおかしなことするんじゃないだろうね。よく考えなさいよ。」

 

わたしは母からでた言葉にびっくりした。やっぱりこの人にはなんでもお見通しなんだ。昔からそうだった。わたしが付き合っていた彼氏も初めて親に紹介したら、彼が家から帰ったら母はこういった。

「あの男はやめときな。あんた以外に女がいるよ。」

実際その後、ある友達から彼氏は、私とは別の子と二股をかけていたのだ。母の見る目のするどさには本当に驚かされた。

だから今回も実家を頼りたくなかった。

「はあ?どういうこと?わたしは仕事なの。変なこと言わないで。もう時間だからいくね。子供たちのことお願いね。」わたしはさっさとその場から立ち去りたかった。

わたしは急いで車にのり、スピードを上げて走り去った。

実家の母にズバリなことを言われて、気が動転したわたしは、車の中で気持ちを落ち着けるために、数年やめていたたばこを吸った。

久しぶりのたばこはわたしをクラクラさせた。でも、すごくおいしい。子供ができてからずっとやめていたたばこの味。実はこの前のY氏との食事のときに酔った勢いで一口たばこをもらったのだ。それからたばこの味が忘れられなくて、もしかしたらというときの為にコンビニで一箱買っておいたのだった。

だんだん今までの自分ではなくなるのを感じた。ただつまらない女になっていたのをY氏が特別な女にしてくれたのだ。

たばこを吸い終えてそのまま待ち合わせ場所のイタリアンに向かった。時間も18:40。ちょうどいい時間だ。早くY氏に会いたい。早くY氏に会いたい。膨らむ気持ちをおさえつつ、イタリアンのお店に到着した。18:55。

Y氏にイタリアン店に着いたとLINEを入れた。すると、僕ももうすぐ着くよ!と返事がきた。先に店内に入っていてとのことだったので、また先に店内に入り、個室に通された。本当におしゃれなお店だ…。恥ずかしながらキョロキョロしてしまいました。

Y氏が息を切らせて個室に入って来た。前回とは違ってY氏がとてもラフな服装だったのにもとてもときめいてしまった。Tシャツにチノパン、ジャケットといった格好。

料理がおいしいのはもちろん、Y氏のお話にとても引き込まれていった。とても楽しい時間だった。気づいたら午前12時前。Y氏と店をでたら、店の前でY氏が後ろから抱きしめてくれた。不意打ちだったのでとっても驚いたが、おさえてた気持ちが爆発してしまいわたしも身をゆだねた。

それから二人でタクシーに乗り込んで、隣町にあるラブホテルへ入った。最初はお互い緊張していたが、お酒も入っていたので自分をさらけだすことができた。とてもすてきな時間だった。

朝、9時に目が覚めた。私いつの間に眠ってしまったのだろう。ふと横をみると、隣にY氏の姿はなかった。メモがテーブルに置いてあったのみた。

「昨日はありがと。急な仕事が入ったから先に行くね。また連絡するね。」

わたしはシャワーを浴びて、ホテルを後にした。

ホテルをでて自宅についたのは、午前11時すぎ。誰もいない自宅がとても寂しくも感じた。自分をさらけ出すことができてY氏ととてもすてきな時間を過ごしたのに、実際自宅へ帰ってくると、子供たちに対して申し訳ない気持ちになった。どうしても母親に戻ってしまうのだ。

実家に子供たちを預けてまで、Y氏と浮気をしてしまったことに多少罪悪感がわき出て来た。でもY氏に対しても好きという気持ちがあるからもう後にはひけない自分もいた。

洗濯やそうじを一通り済んで、ソファでボーっとしていたらY氏からLINEがきた。

「昨日は本当にすばらしい時間をありがとう。こんなこと言うのを悩んだんだが、A子さんのことを好きになってしまいました。

実は妻とは今別居中で離婚調停に入る予定なんだ。もし離婚成立したら僕と一緒になってほしい。」と。

わたしはとってもうれしかった。旦那と離婚して子供たちを引き取ってY氏と一緒になりたい。そして第二の人生を歩みたいですとなにも考えず返信しました。

子供たちが学校から帰ってきたら、一目散に子供たちがわたしのところへ寄ってきて寂しかったよ。と言って抱き着いてきてくれました。ばあばはどうだった?と聞くと、ごちそうを食べさせてくれて一緒にお風呂に入ったよ。と嬉しそうに話してくれました。わたしにとって意地の悪い最悪な母親だけれど、子供たちにとってはやさしいおばあちゃんなんだね。それだけが救いだ。でも次Y氏と会うときはもう実家はお願い出来ないな。あの母だったらわたしが浮気していることがばれてしまうから。

旦那は夜中の3時に帰って来た。出張がこんなに遅い時間なのか。バレバレだっていうの。

旦那がわたしが寝ていたベッドに入ってきて、体を触って来た。わたしはあまりの気持ち悪さに「触らないで!」と旦那を突き飛ばしてしまった。

旦那は「なんだよそれ!」といってリビングのソファで寝た。もう無理だ。離婚したい。

Y氏と週一回の割合で会うようになった。もちろんどこかで食事をして、それからホテルへ…という変わり映えしないもの。でもわたしにとってはそれだけでも十分幸せだった。Y氏と一緒にいれる時間がとても楽しかった。Y氏とは、一緒になったらどんな家に住んでとか、子供は一人はほしいねなど、ワクワクしながら話していた。

Y氏との不倫関係が約一か月ほど済んだときだった。わたしの携帯に非通知で電話がなった。でてみると、低い声の男の人だった。

「もしもし、○○A子さんですよね?こちら、名古屋探偵調査会社です。今電話よろしいでしょうか?あなた、Yさんと浮気してますよね?なので、これからあなたに慰謝料を請求し、そして今後一切Yさんと関わらないという約束をしていただきます。それらに応じない場合は裁判を起こします。」といったものだった。

わたしは話がつかめなかったので、震える電話を切ってしまった。すると、また非通知からかかってきた。わたしは怖かったので、電話を無視していた。どうしよう。慰謝料ってなに?誰に相談すればいいの?わたしは、すぐに友達に電話をした。SNSで知り合ったY氏と不倫をし、探偵事務所から電話があったことを伝えた。友達はそれはやばいから、一度探偵事務所の人と直接話をしてみたら?とのことだった。電話が鳴りだしてから五日たっていたので、いまさらこちらからかけてみるのもどうしようかと迷っていたら、自宅のチャイムがなった。

玄関のインターホンにでてみると郵便配達のおじさんでした。

「○○A子さんで間違いないですか?」といって、とある封筒を渡してきました。中身を見てみると、名古屋探偵調査会社からの手紙だった!

「わが社の電話に応じていただけないということでしたので、文書にてご連絡致します。Y氏の奥様より調査依頼が入りまして、Y氏とあなたが不貞行為を行っているという証拠を手に入れました。なのであなたに慰謝料を請求致します。

請求金額につきましては、折ってご連絡いたします。」という内容だった。。。なにこれ。Y氏の奥様って別居中じゃなかったの?離婚する予定じゃなかったの?

すぐY氏に連絡をした。電話にでない。どういうこと?わたしは狂ったようにY氏に電話をかけた。

もうどうしようもできなかったので、仕方なしに名古屋探偵調査会社におそるおそる電話をかけた。すると、一人の男性がでてきた。とても低い声で落ち着いた様子だったのでそれが逆にわたしには恐怖だった。「すいません、そちらからお電話と手紙をいただいたものなんですが…。どういうつもりなんですか?理由をおしえてください。」このときわたしは冷や汗でびっしょりだった。

男性「あーーー!!!A子さんですか!(たぶん忘れていたような感じだった。。。)Yさんの件でお送りした手紙受け取って頂けたんですね。ありがとうございます、ご連絡頂きまして…。これでご連絡頂けなかったらご自宅へ直接伺おうと思ってたところでしたよ。でしたら、電話ではなんなので直接お会いしてお話しませんか?そのほうがお互いにとっていいと思いますが…。いえいえ取って食おうなんておもってませんから。こちらも仕事なんで…。どうでしょうか?」

わたしは正直悩んだ。会ってなにされるか分からないしもしかしたらY氏の奥様がその場にいるかもしれない。それを考えるととても怖い。その場に奥様がいないかを男に確認すると、「いえ、お会いさせて頂くのはわたしとA子さんだけの二人です。YさんもYさんの奥様は来ないですよ。安心してください。」

それを聞いて少し安心した。なので会う事に了解した。そしてその男性と日時と待ち合わせの場所を決めた。今週末の土曜日、13:00。場所はとある古びた喫茶店だった。男性のほうから指定されたのだ。

探偵の男と会う約束が決定したが、Y氏から一向に連絡がない。いくらかけても「ただいま電話にでることができません。」だった。LINEで名古屋探偵調査会社から電話や手紙をきたことを伝えたが既読にもならない。

どうしたのか?なにかあったのか?Y氏と連絡がつかないとなると、土曜日はなにも分からないまま私だけで行かなくてはならない。それは無理だ。でもまた約束をキャンセルするとあの探偵の男からなに言われるか分からない。

とにかく今週土曜日まではY氏からの連絡を待つことにし、なぜ探偵に会う事なってしまったのかを聞きださなくては。そして、奥様とは離婚するはずじゃなかったのか?を聞きたい…。なぜこんな探偵の男から連絡がくることになってしまったのか…。わたしはY氏に騙されていたのか。なにがなんでもY氏にも土曜日、同席してもらわなくては。

浮気をしてこんな目に遭うなんて想像もしていなかった。悪い事と分かってはいたが、あの時の自分は完全に頭の中がお花畑になっていたんだから。

今日が探偵事務所の男性を会う土曜日だ。あれからずっとY氏から連絡がやはりなかった。

やはり私は騙されていたのか。でももうそれしか考えられない…。

約束の時間となった。13:00に古びた喫茶店についた。ここはクロワッサンがおいしいと有名なところだった。よく思い出してみると昔よく旦那とデートで使用していた喫茶店だった。旦那と結婚して子供が出来たらここの喫茶店にクロワッサンを食べにこようね。と話していたのに。

そんなことまでもわたしは忘れかけていたんだ。あのころの旦那はとても優しく、そして私をとても大事にしてくれた。いつから冷め切った夫婦になってしまったのか。マスターに通された奥の席で男がくるまでボーっと考えていた。

ソファーに座って携帯を見ながら待っていたら、マスターのいらっしゃいという声が聞こえた。よれよれのスーツをきてボサボサ髪の男性がこちらへ向かってきた。なるほど、この人が探偵の男か…。その男から名刺をもらった。

「名古屋探偵調査会社 調査員 山下」と記載されていた。まずはその男はマスターにホットコーヒーとクロワッサンを注文した。少し無言の時間が流れた。私はどのように話を切り出せばいいか分からなかった。その男はたくさんの書類をテーブルの上に置いた。

男「ここはクロワッサンがおいしいんですよね。ご存知でしたか?」

なにを言い出すのだこの男は…。でもこの言葉がいいきっかけになったのは間違いなかった。

私「クロワッサンがおいしいのは知ってます!あの、そんなことはどうでもいいんです、Yさんの奥様が裁判を起こすってどういう意味ですか?私はYさんがまだ離婚していなかったのは知ってはいましたが、もう別居中だし離婚調停に入ると聞いていました。なので私が慰謝料を支払うのは納得がいきません。騙されていたのは私の方です!」

男「そうおっしゃいますが、Yさんが別居中とおっしゃったのは確実な情報なのですか?奥様は別居はしていないとおっしゃっていますよ。夫婦仲も円満だそうです。そして調べたらY氏とあなたは不倫をしていた。事実としてはYさんと奥様はまだ夫婦関係が続いているのです。その関係中に不貞行為を行ったということでA子さんは奥様に多大な精神的苦痛を与えたのです。なので、慰謝料を請求されても仕方がないのです。そして、今後一切Yさんと関わらない。それらにもし応じられない場合は奥様は裁判を起こすつもりです。」

私「それだとYさんが私を騙していたということなるじゃないですか!なのに、私に慰謝料を請求するなんておかしいじゃないですか!!!」マスターもびっくりするくらい大きな声を出してしまった。

男「仮にYさんがA子さんを騙していたとしても、A子さんが不貞行為の相手であることには間違いないんです。ちゃんと奥さんと離婚調停中というのが本当なのかどうかを調べなかったA子さんにも問題があるのです。Yさんの言葉だけを鵜呑みにして浮気に奔ってしまったあなたの責任なんです。」

「なにも事実を確認しなかったあなたにも問題があるんですよ。」

私はなにも言い返せなくなってしまった。そのとき、思い出しました。Y氏からきたLINEがありました。証拠になるはず!

私「じゃあ、YさんからきたLINEの内容に別居中で離婚調停に入るという証拠が入ってるんですけど。これは証拠になるでしょう!」

男「…なるほど…そのLINEは残っていますか?ちょっと見せてもらってもいいですか?」

私は男に携帯を提示した。男はだまってY氏と私のやりとりのLINEを眺めていた。

わたしは男に震える手でY氏から入って来たLINEを見せつけた。

男「なるほど…。まず解り易く説明しますと、今の現状ではA子さんが不貞行為を行ったということについては事実ですよね。それに伴い“その不貞行為が故意または過失”があったかどうかが肝心なんです。このLINEの内容によるとA子さんはY氏に騙されていたが、多少の過失があったということになる可能性がありますね。いやいや、故意のほうが悪質とされて慰謝料も高額になるんですよ。過失ということで判断されれば、慰謝料も少額になるんです。ちなみにA子さんはY氏とどうなりたいのですか?きっぱりと別れることができますか?」

男から今後Y氏とどのようになりたいかを改めて聞かれた私は…。

私「Y氏と肉体関係があったことは事実です。そして、私の夫婦仲も冷め切っており、Yさんに心の拠り所を求めていたのも事実です。多少の恋愛感情も持ってしまった。でもそれは、Y氏が奥様との関係がよくなかったという言葉を聞いていたからです。そして、奥様の辛い気持ちを考えるとYさんとの関係を続けていくことはもうできません。奥様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

これがわたしの本心だった。

男から今後Y氏とどのようになりたいかを改めて聞かれた私は…。

私「Y氏と肉体関係があったことは事実です。そして、私の夫婦仲も冷め切っており、Yさんに心の拠り所を求めていたのも事実です。多少の恋愛感情も持ってしまった。でもそれは、Y氏が奥様との関係がよくなかったという言葉を聞いていたからです。そして、奥様の辛い気持ちを考えるとYさんとの関係を続けていくことはもうできません。奥様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

これがわたしの本心だった。

男「そうですか。分かりました。このLINEの画像を証拠としてとらせて頂いてもいいですか?YさんはA子さんを騙して不倫関係になろうとした。奥様にお見せして、A子さんの慰謝料請求がどうにかならないか掛け合ってみます。減額ができればいいほうかな…。まあ過失があるということで、多少の慰謝料請求はあるかもしれませんが、そのときはお願いしますね。あともう一つ、今後一切Yさんと会う事、連絡を取る事を一切しないという念書を一筆書いていただけますか?」

最初は頼りなさげだった探偵のこの男はたんたんと話しを進めていき、私はもしかしてkの男、実は頼りになる男なのか?と少し見直してしまった。そして私はためらうことなく、男が用意した念書に署名捺印をした。

男はクロワッサンを真ん中からほおばりながら、「あなたも大変ですね。不倫する男なんてろくなもんじゃないんですよ。まああなたも騙されたとはいえ、お互い様と言いますか。あなたもご家族がいるんだから、もう少し責任ある行動をとったほうがいいですよ。じゃあまた進展がありましたらお電話致します。」といってコーヒーを一気に飲み干してあわてて店をでていった。

探偵の男が喫茶店を去ってからしばらくボーっとしてしまった。

私もクロワッサンを注文して、いろいろ考えた。旦那と向き合っていなかったのは自分だったのだ。旦那を思いやる気持ちが欠けていたのだ。だから、旦那も浮気に奔っているのだと思う。全部身から出た錆びなんだ。

でも、旦那が浮気している証拠なんてなにもない。もし離婚してほしいと言われても私は拒否することもできないし離婚は仕方がない。私がY氏と浮気していたことは正直に話してみようと思う。

探偵の男と話し合いが終わって家に帰ると、子供たちと旦那が楽しそうにゲームをして待っていた。こんな当たり前の風景が無くなるのはとてもつらい。でもそれを失うような不倫をしてしまった私の責任であるし、自業自得なのだ。なので、私は気持ちを切り替えて普通に「ただいま~。」と言って、晩御飯の支度に取り掛かった。子供たちと旦那がおなかすいた~と騒いでいる。なので今日は旦那と子供たちが大好きなハンバーグにしよう。

子供達と旦那が好きなハンバーグを食べ終わり、久しぶりに四人でみんなでお風呂に入って子供たちが寝たあとに、旦那がワインを飲んでいた。「お前も飲む?」と言われて、「うん。」と向かいに座った。

子供たちが寝た後は本当に静かだ。

「あ、そうだ!」

と言って、旦那のカバンに中から何かを取り出した。

「この前の出張先で買って来たんだ。出張から帰ってから渡そうと思ったんだけど、お前機嫌悪かったから…。いつもありがとうの気持ち。気にいってくれるといいんだけど。」

わたしは間違っていたんだ。旦那が浮気していると思い込んでいたわたしは間違っていた。もう全てを失ってしまうだろう。あの何気ない生活・子供たち・すべてだ。

旦那は私が尋常じゃない位泣いていたことになにかを察知したようだった。

「なにかあったのか…?」笑顔だった旦那の顔がとても心配そうな顔にかわった。今話すべきではないだろうけどもう隠すのは限界だ。もう仕方がない。

浮気をしていたのはわたしだけだったんだから。

私は涙をこらえて旦那に伝えた。

「ごめんなさい、SNSで知り合った男性と浮気をしてしまったの。

でもその男性が離婚調停中ということで私も浮気に奔ってしまったんだけれど、その男性の奥様が探偵を雇って証拠を集めて、私に慰謝料を請求すると言われたの。まだいくらか分からないんだけど…。こんなことになって本当にごめんなさい。

でも浮気をした理由なんて特にないの。ただ寂しかったから。でももうその男性とは会わないという約束をしたわ。私たちもう無理よね。」

私が泣きじゃくって心配そうだった旦那の顔が今にも怒り出しそうな厳しい顔にかわっていった。

「そうだったのか。僕の責任でもあるのかな。忙しかったから寂しい思いをさせていたのかな。分かった。しばらく考えさせてくれ。」それだけを言い残すと、旦那は子供たちが寝る子供部屋へ行ってしまった。旦那と子供を失うやっぱりもう無理だね。後悔しかない。Y氏とのあの時間をなかったことにできるのならしてほしいと心の底からわたしは祈った。

私は旦那からもらったネックレスを握りしめて泣いた。

次の日、朝起きたら旦那と子供たちがいなかった。もしかしてでていったの!!!慌てて家中を探すと、リビングの机の上にメモが置いてあった。「ちょっと散歩行ってくる。パパより」

朝食を作って待っていよう。

「ただいま~!」子供たちの元気な声が聞こえた。作りたてのホットケーキをみるなりとても喜んだ。すると、旦那が私を呼んだ。「ちょっと外来て。」私は何を言われるのかドキドキしながら外へ出た。離婚を切り出されたらもうそれは仕方がない。

主人に呼ばれて外へでた。

「はっきり言って浮気をしたって聞いて、離婚を考えた。でも、子供達と朝、話をして、パパとママが最近仲良くないから悲しいって言われた。子供のことを考えると離婚はよくないんだろうと思ったから、離婚はしない。でも約束して欲しい。もう浮気をしない、その浮気相手と絶対会わないと。約束やぶったら次は離婚をする。それでいい?」

私は泣いてうなずいた。「慰謝料も請求されたんなら僕が払う。やっぱり相手の奥さんを傷つけたの間違いない事だから。で、かわりと言ってはなんだけど、僕が浮気相手の男に慰謝料を請求しようと思う。その探偵の連絡先を教えて。」

わたしたち夫婦は離婚という結果では無くて、わたしの主人がわたしの浮気相手であるY氏に慰謝料を請求するなんて驚いた。たんたんと話す旦那に私は少々驚きを隠しながら以前に探偵の男からもらった名刺を旦那に渡した。

あれから2か月。それ以来旦那から浮気のことや探偵の男に連絡をとったというなにも話がなくなった。わたしはもちろんあれからY氏とも連絡をとっていない。あの探偵事務所の男からも連絡がない。それが多少心配ではある。

忘れもしないあの日。

とある日、名古屋探偵調査会社と記載された郵便物が届いた。なんだろう…。宛名は私と旦那あてに二通届いた。旦那の郵便物は勝手に開けれないので、自分のだけを空けたら…。

Y氏の奥様が慰謝料請求を取り下げるといったものだった。これはいったいどういうことだろう。

旦那にすぐ連絡をした。すると、旦那は、「自分あてに届いた郵便物も空けていいからすぐに空けて!」と言われたので空けたらこう書かれていた。

名古屋探偵調査会社から主人宛に届いた封書の中身を空けてみた。

「御主人から請求された慰謝料とY氏の奥様から請求させていただく慰謝料を相殺という形でこちらも了解しました。」といった内容のものだった。旦那が探偵の男と掛け合ってくれたのだろう。

それから私たち夫婦はいい関係にもどったというか、以前よりも仲が良くなった。お互いの思いやりの気持ちを忘れないようにしようと心掛けている。

浮気なんていいことがない。浮気をしている間だけ当事者たちが楽しい夢を見れるだけ。

みんなが傷つくんだ。今回の件でよく身にしみて分かった。

でも、旦那との関係が修復できたことだけは今回の浮気でただ一つ感謝することかな。

でも、もう浮気はこりごりだ。