名古屋探偵と人探しにまつわる話

探偵をしていると実にいろいろな話を聞くことになるのです。

探偵の仕事をするまでは、そこまで人の人生の話を聞くことになろうとは思ってもみなかったのですが…。

まずは、父親の酒癖が原因で母に置いて行かれた人の話。

大好きだった母は私が小学3年のときに私と妹をおいて家をでていった。
大分から名古屋に嫁いできた母。もうずっと昔のこと。なのに、ふと母のことを思い出すだけで涙がでる。私は小さい頃から妹との二人姉妹だったため、長女の私がこの分家を継がなければならないと口癖のように聞かされていた。なにも分からない私は大きな返事でうん!と返していたのを覚えている。その返事で母がすごくうれしそうな顔をしていた。

母がこの高校に行けるといいねーと小学生のころから言っていたので、勉強して合格した。短大にいき、この会社に就職できるといいねーという会社を受けて就職した。それらを母のいいなりだったとは思っていない。母が私の為に道しるべを作ってくれたといまでも感謝している。

それからのこと。父の浮気と酒癖の悪さで母は逃げるようにでていった。なぜ私たちを置いて行ったのかは不明だ。当初は見捨てた母を恨んだりもした。

妹と母を探しにいこうとも考えた。となると、母の生まれ故郷の大分に行けば母にもしかしたら会えるのかも…しかし、名古屋から大分は果てしなく遠いことだけは小学生のわたしにもわかった。だから、探しにも行けずに、わたしと妹は暗い顔をしながら毎日を過ごしてきた。それに見かねた祖母から、私たちはお父さんといるほうが金銭的にも苦労せずに生きて行けるからという理由でお母さんは泣く泣くわたしたちを置いて行ったのだと聞いた。

小さい頃、両親は共働きだった。おそくまで保育園に妹と二人で母を待っていた。

でも、保育園の先生はとてもやさしく面倒見てくれたので寂しい思いはなかった。そして、母が仕事着姿でにこにこ顔で迎えにきてくれて近くのショッピングセンターで買い物をする。買い物が終わってからかならずアイスクリームを買ってくれた。それが毎日の日課だった。

祖母は母が出て行ってから、一緒にわたしたちと住んでくれるようになったのだが、母がいた当時は、家事の全ては母が一人でこなしていた。父は帰りも遅かったため。

母が頑張り屋さんだったということを知ったのは、私が成人して仕事をし出したときのこと。買い物先で偶然に再会した母と長年の親友だった女性から聞いた。その女性とはちいさいころからよくうちに遊びに来てくれたり、誕生日プレゼントやお年玉をくれる大好きなおばちゃんだった。だからわたしは覚えていたんだと思う。

わたしはそのおばちゃんに母の事を聞いた。こんなところで長い年月が経った今日、偶然に再会したのだから、わたしはこれは母を探し出せるというお告げかなんかだと思ったからだ。

私ができたときは、母も23歳、父も20歳と若かったため、2人の収入も少なかった。

なので、母が産後すぐに働きにでた。わたしは保育園に預けられた。その働き出した会社で母とおばちゃんは出会ったのだ。ボロイアパートに共同風呂と共同トイレ。私の沐浴はちいさい簡単な台所でバケツでされていた。そのおばちゃんはいろいろ教えてくれた。

母の頑張り屋さん、気が強いところ、正義感がものすごく強くて、でも情にもろい。おばちゃんも、わたしたちを置いて家を出て行ったことはものすごく驚いていたんだ。考えられなかったと…

しかし母と親友だったおばちゃんの話からも、母とはところどころ疎遠になったりなどで母のことを全て知っているということではなかった。父自身も結婚する前の母をほとんど知らない。父と母の結婚式には母が幼少のころに離婚した父だけが参列しただけだったそうだ。いまの父には母のことは絶対聞けない。父も母がでていってからは自分の過ちを反省したのか本当に私たちによくしてくれた。全ての罪を償うかのように。

父を恨んだこともあったけれど、父を恨んでも仕方ないし、でも母がでていった事実とわたしたちのことをどう思っていたかを知りたいだけなんだ。

私は母の両親に会ったこともないし、物心ついたときに、私にはおじいちゃん、おばあちゃんはいないの?と母に聞いたところ、「ずーっと昔に二人とも亡くなったのよ。お母さんと血のつながっているのはあなたたちだけ。」と聞いていた。

その言葉をいま考えるととても寂しい気持ちになる。母はずっと孤独を感じていたのだろうか…。

それに気づいたのはわたしが大人になってから。子供の頃はなーんにも考えずに、母に対してなぜわたしたちを置いてでていったのかを模索する毎日だったんです。

現在の母に会いたい。その思いはわたしが子供をもったころから日に日に強くなっていった。なので、わたしよりもしっかりした冷静沈着な妹に相談をしたら、探偵業者に依頼してみるとなにか調べてくれるかも!と。妹もなんだかとても張り切っている。やはり妹も母のことを気になっていたんだろう。でも、だいぶ昔にいなくなった人探しなど探偵が引き受けてくれるのかという不安もあったし、変な探偵に騙されたらどうしようかという思いもあった。

しかし、ネットで調べてみると名古屋の探偵事務所で引き受けてくれそうな事務所を発見した。なのでダメもとで電話をしてみた。すると感じのよさそうな女性がでてきた。ちょっとびっくり。ちゃんとした事務員さんのような対応だったから。一通りわたしたちの気持ちというか願いを電話で話をすると、見積もりを持って私たちのところまできてくれるとのことだった。わざわざ来ていただけるのがとても好印象だった。小さい子供がいるわたしにとっては。

探偵調査員の方と電話でお話をさせていただいてから3日が経ったとき、携帯に探偵事務所から電話が入った。今週土曜日に別件で名古屋へ来る用事があるそう。私ともちろん妹も同席のもと直接調査員の方と会う事になった。

一通り調査員の方に御挨拶をさせていただい他後に、調査員曰く、「全力でお調べいたします。見積もり内容を確認していただいてご姉妹でよくお考えになってからご検討下さい。」とのことでした。料金は1週間パックで20万円程度だった。払えない額では無かったので妹とその場で話し合い、「お願いします。」と調査員に伝えた。

たった1週間でずっと昔に所在不明である母を探し出せるのかいう不安はあったが、これはもう探偵事務所の調査員を信じるしかない。
土曜日になり少し緊張しながら、妹とあるカフェで探偵事務所の方を待った。しばらくすると、見た目が少し大柄で怖そうな男性とそれとは対照的に清潔感あふれるスーツ姿できれいなロングヘアが印象的な小柄の女性の調査員がきた。

探偵の調査結果ですが…

待ちに待った探偵事務所からの連絡が入った。調査結果が出ました…というものだった。

この1週間は長いようで短かった。また、こちらにきてくれるそう。小さい子供がいるわたしには本当にありがたい。結果がどうであれ、探偵の方たちには感謝の気持ちでいようと思った。

数日後の土曜日、以前と同じカフェで調査員の方と待ち合わせをした。わたしも妹もとても緊張していた。調査員の方が来られた。そして調査員の方から母がみつかったという第一声だった。しかし、女性調査員の方の口調はなぜだか重い。

調査員の方の口調が重かったのは…母は7年前に病気で亡くなっていたとのこと。

わたしと妹は顔を見合わせた。亡くなっているとは考えてもいなかったからだ。

母は京都に移り住み一人で生活し、一人で死んでいった。私たちを置いて出て行ってからは、京都でスーパーのレジ打ちで生計を立てていた。なんと、別れた父方の祖母に私たちへと少額の生活費を送っていたそう。私たちがちゃんと元気でやっているかどうか気になってしょうがなかったため、たまの仕事の休みがとれた際は、内緒で私たちの様子をみにきていたそう。それは後に知る。

調査結果の続き…

母が生前住んでいたアパートの大家さんが本当に良い方で、亡くなった母の葬儀も質素ながらしていただいたそう。母の遺品も少しだが現在まで保管していてくれたそう。もしかしたら母を訪ねて誰か身内の方が来られたときのためにと。しかし探偵の方が来られたことに多少驚いていらしたそうです。調査員の方は大家さんの心遣いが本当にありがたかったですねとおっしゃっていました。少しの遺品の中には生前母のつけていた日記があった。私と妹は調査員からその日記を頂いて自宅へ帰ってから二人で読んだ。

探偵調査員の方から預かった、母が生前につけていた日記。日記の表紙の母の綺麗な字がとても懐かしく思えた。小さい頃、母の字を真似てわたしも字を書いていたから。

しかしわたしと妹は多少その日記を読むことに緊張していた。もしかしたら、わたしたちのことを嫌って置いて出て行ったのではないか、または他に好きな男性ができたためわたしたちが邪魔で置いて行ったのかもしれない…という悪い結果ばかりを考えてしまう。

妹と、どんなことがこの日記に書かれていようがわたしたちのお母さんはお母さんだからね…と話し合って日記を読み始めた。

浮気をして母にひどいことをした父に対して母は父を恨んではおらずに結婚生活は幸せだったと記されていた。そして、置いて行った私たちには本当に申し訳ない事をしてしまったという謝罪・後悔の言葉が毎日のように記されていた。そして私たちの誕生日には毎年毎年プレゼントを送ってくれていたらしい。あのこたち、プレゼントは喜んでくれたのだろうか…ということが記されていた。それとは別にわたしたちのために少額の生活費も。

母は自分のバイト代がでると母は電車を乗りついで、私たちが二人で仲良く外で遊んでいる姿など、これといった長い時間ではないがほんの少しの時間だけのために今日も二人を見れて幸せだったと。私たちが入学や卒業という節目のときも母は静かにどこかで見ていたそう。日記を読み終えると妹と二人で号泣した。母は私たちを置いて出て行ってから死ぬまでずっと私たちのことを思っていたという事実を知れたことに、わたしたちは本当に良かった。そして調査をしてくれた探偵調査員の方には本当に感謝をしている。

 

居所調査の依頼が入りました。

40代の女性からのご相談です。

御主人が自宅をでていってしまい、どこかに住んでいるだろうから、居場所を調べてほしいという内容でした。

そのご夫婦には一人息子さんがいるようですが、障害をお持ちらしく、御主人はその息子さんに幾度なく暴力を振っていたらしいのです。

しかし、奥様も止めることができなかったみたいでした。そして、御主人は奥様とその息子様を置いて、家を出て行ったらしいのです。

なんて男だ…。

奥様としては、居所を調べてもし浮気・不倫をしているようなら、離婚手続きをし、親権を手に入れて、慰謝料を手に入れたいというもの。

障害者の子供がいるため働くこともなかなか難しいらしいのです。

生きて行く為に、慰謝料が必要なのだということです。

了解しましたとお伝えしました。御主人の勤め先を聞きましたのでさっそく調査開始しましょうか。

家をでていった御主人の居所調査の結果が出ました。

終了しました。御主人は、奥様が知っていた勤め先を退職されており、別の土建会社に勤めておりました。

その土建会社では月収は50万ほどであることがわかり、20代のキャバクラの女性と同棲をしておりました。つくづくとんでもない男ということがわかりました。

これはさっそく離婚の手続きをし、慰謝料・養育費を請求できるように山ちゃんの知り合いの弁護士にお願いする事となりました。

奥様はこうおっしゃっておりました。

”息子が自分が普通の子供じゃないから、自分のせいでお父さんは出て行ったの?と毎日心配しておりました。わたしはこの言葉を聞いて涙が止まりませんでした。でも今回、調査をしていただいて主人が心底最低な男だったということが分かり、わたしも気持ちの整理がつきました。息子に手を上げていた主人が恐ろしくてとても怖かったんです。息子には謝りました。守ってやれなくてごめんなさいと…。これからは息子と二人で穏やかな毎日を過ごしていけたらと思います。弁護士さんもご紹介して頂き本当にありがとうございました。”

障害者の子供に暴力をふり、そして若い女と浮気をする御主人になんだかの天罰が下ればいいなと心底思いました。

こんな 話を聞いたことがあります。

“私の父は癌で亡くなってしまいました。仕事一筋で、結構厳しいくて、頑固な父だったのですが、そんな父でも、時折みせるやさしさがとても好きでした。
母は私が物心が付く前からいなくて、父は男手一人で育ててくれました。仕事で父がいない日はとてもさびしかったのですが、父は休みの日には思いっきり私のために遊んでくれました。色々なところに連れて行ってもらったり、色々なところで遊んだり、父との思い出はとても大きかったです。そんな父に癌が発覚してから、父に恩返しのつもりで、父の介護を一生懸命しました。父がなくなったあと、父の遺品を整理していたとき遺言書が出てきて、その遺言書には私には生き別れになった兄弟がいるということを知りました。その兄弟は母が出て行くときに連れて行ってしまったということで、その遺言書に書いてあった兄弟と母を是非とも捜してもらいたいと思い、探偵社に頼みました。とても親身になって私の話を聞いてくれて、私の兄弟を探してくれることを約束してくれました。それからしばらくしてから探偵社から電話があり、私の兄弟が見つかったということでした。電話が来たあとに、探偵社の方から聞いたところによると、兄弟も私のこと探したかったけど、母の手前なかなか捜すことができなかったということでした。しかし、探偵社の人が私が探していることを教えたところ、是非とも遭いたいといって、私は生き別れになってから、実に何十年ぶりかで再会することができました。父が死んだことや、今までのことなどを話をすることができて、私はとてもうれしかったです。”

探偵って、そういう人の人生の節目節目に関わる仕事なんだな~って、つくづく考えさせられます。

また、こんな話も…。

私の大切な人が私の前から消えた。もう現れないのかもしれない。元気でいてくれさえすればいいけど。なぜあなたは消えたのですか。いつもの生活リズムを壊してまで私の前から姿を消さなければならなかった。好きなバドミントンまで休んで、どうしてそこまでしなければならなかったのですか。あなたがどう思ってそうしたのか、いろいろ詮索しても答えは出てこない。人探しはこれで終わりにします。人にはいろんな事情があって、その時々に良かれと思い、人生の岐路を選択して生きているんです。探偵さん!探偵事務所に依頼してみえる内容には暗いものが多いですか。そんなイメージが強いです。やはりいろいろ悩んで探偵事務所の門を叩かれると思うのですが、行き着くところは、心がすっきり晴れた状態に結末が来ることですね。
私にもいろいろあります。好きになってはいけない人を好きになって、どうしてもその人が欲しくてあれやこれやと試みてみる。どうしようもないことってあるんです。いつまでも思ってみてもしようがない。いい加減にわからないといけない。今後はこの失敗を教訓にして、人間的にも成長できたらと思います。でも、それは常識的に生きるということではなく、考え方はいろいろあるから、決して自分の考え方だけがすべてではないということ、すべてを受け入れられる人になる。が、何でも言うことをきくとはまた違う。自分の主張もしながら相手も受け入れる。こんなとりとめもない、何が言いたいのかわからない文章、未熟ですみません。思いつくままに綴ってしまっています。自分の中でも何かしら中途半端です。いつかこれがすっきりした文章を綴れる日が来ることを願って、私は文章作成を続けます。
探偵事務所に訪れる人たちにも、心の晴れる日が来ることを願って。いったんは閉じます不倫の結末は、男は家庭に戻り、女はすべてを失う。まるで悲劇の主人公のように。
だからといって、私は不倫を辞めなさいとは言わない。人を好きになることは死ぬまで続いてもいいと思っている。傷ついても、必ず未来はあると。たとえなくても後悔はしない。何がそこまで私を強くさせるのか。負けず嫌いと執念?ここで断念したら私は負ける、そんな思いが根底にあるのか。
頑張って生きよう!へこたれたら立ち直り、前へ進む。人探しから始まった不倫の話。去る者は追わず。人探しは終了です。

また、こんな話も。

久しぶりに会った小学生の時の友人と男同士で飲みに行き、卒業以来の他のクラスメイトとの連絡はどうしているのかなどを話していくうちに、その時の恩師とクラスメイトで同窓会を行うことになりました。
クラスメイトは連絡がついたのですが、肝心な恩師の連絡がまったくつかず、手がかりが一切なかったので友人の勧めで、探偵社へ恩師を探してもらうことにしました。
相談を無料でおこなっていて、メールや電話などで相談してから専門の相談員の方がさらに詳しく相談にのってもらえたので、とても親身になってもらえ好印象でした。
クラスメイトはほとんどの人数が集まり、あとは恩師のみだけだったので幹事になった友人とどうしたら良いのか困っていた所だったので、探偵社に依頼することができて助かりました。数日後に電話があり、恩師が見つかったと報告された時にはとても感動して、こんなに早く見つかるものかとびっくりしました。探偵社で依頼をしなければ、恩師のいない同窓会になってしまっていたので依頼をしてから、もしも見つからなかったり時間が掛かってしまったりしたらどうしようかと思っていましたが、本当に早い対応で依頼を受けてもらえたので良かったです。無事に同窓会を開くことができて、久しぶりに恩師とクラスメイトが皆で集まることができたのも、探偵社のおかげで、依頼してからとても早く見つかったことを皆に言うとクラスメイトもとても驚いていました。
自分達で探していたら、いつまでたっても見つからず結局は同窓会も集まらないで話だけで終わってしまったと思いましたし、何よりも先生がとても喜んでいて、依頼して探してもらって素晴らしい同窓会になったのと良い思い出になりました。
探偵事務所などは今までは体験したことがなく、初めての相談の時は少し緊張してしまいましたが、相談員の方がとても良い方で親身になってこちらの相談を聞いてもらえ、話しやすい方でしたのでこちらもリラックスして話ができたのが良かったです。
今までで1番楽しかった同窓会になりました。

このような依頼も受けました。

今回の依頼者は、女性 20代 会社員 依頼内容は、気になっている男性がどの場所に出入りされているのかのご依頼でした。

こちらの女性、見た目はおとなしそうですごく純粋そうな方です。その探し出してほしい男性のことは名前くらいしかわからず、もちろん連絡先もわからない。なんとかして、偶然を装い、その男性がよく行くお店でばったり出会い仲良くなりたいとのこと。なかなかの恥ずかしがり屋さんだなーと思いつつ、このようなご依頼をするということは、男性のことがかなり気になっているのでしょう。

このような調査は少しずつ増えてはきています。ただ、事件性などになる恐れがないかを考慮してお断りさせていただくことも多く有ります。依頼者とその当事者との関係性が肝心であり、恋心がストーカーに変身することも珍しくありませんから。

ということで、今回は純粋そうなご依頼のようにも思いましたが、お断りをさせて頂くことになりました。

 

また、自分の探偵社に依頼があった訳ではないのですが、こんな話を聞いたこともあります。
高校生の娘が家出をしました。最近、娘の帰りが遅いので注意したところ、怒ってそのまま家を飛び出してってしまったのです。何も持たずそのまま出て行ってしまったので、少し頭を冷やしたら家に戻ってくるかと思っていましたが、次の日になっても娘は戻ってきませんでした。娘の友人のところに電話をして聞いてみましたが、「うちには来てないよ」というだけでどこにいるか全く居所がつかめません。大騒ぎをしても子供のために良くないかと思い、いろいろ考えましたが、友人の知合いの探偵社に依頼して家出人を捜索してもらうことにしました。探偵社に依頼することになるなんてと思っていましたが、依頼して3日後、居所をつかんでくれました。私たち親が知らない先輩の家に身を寄せていたようです。怒って家を飛び出してしまった手前、帰りづらくなってしまったということでした。その話を聞き、第3者に依頼して良かったと思いました。探偵社の方は私たちが心配していること、そして子供のことを大切に思わない親はいないということを話してくださり、家まで連れ帰ってきてくれました。
たとえ親子であっても分かり合えないことは多くありますよね。こんな時に親子の間に入って第三者がいてくれて、私たちはラッキーだったのかもしれません。

人探しは本当にさまざまな場面で行われているのだなと思います。

大学生のころ、私にはとっても大切で大好きな彼がいました。しかし、その彼とは、私のわがままや自己中心的な性格のせいで別れることになりました。
そして、私たちはそれぞれの地元で就職し離れ離れになり、もうどこにいるのかもわからなくなってしまいました。
しかし、私は元彼と別れてからも、ずっと元彼のことが忘れられず、いつも思い出しては泣いていました。別れたときに、おもいきって携帯の連絡先も消去してしまったので、まったく連絡をとることができませんでした。
そして、私はあるとき、探偵社に元彼の調査を依頼しました。元彼は、探偵社の調査結果によると、地元の会社に就職していました。そして彼は今は付き合っている人も結婚している様子もないと調査でわかりました。そこで私は思い切って、彼の仕事先の近くまでいくことにしました。そして、会社が終わったあとの彼に会うことができました。私は、この日のために半年間ダイエットを頑張り、美容院にもいって、彼に今度こそは似合う女になろうと努力してきました。そして、久しぶりにあった彼は、私の変貌ぶりに驚いていましたが、こころよく話してくれました。そのあと私たちは喫茶店へ行ってしばらくおしゃべりをしました。付き合っているときと変わらない優しさと笑顔に再び出会えて幸せでした。あの頃の私たちはまだ若すぎて、勢いだけで別れてしまったけれど、今でもずっと大切に思っていることを伝えることができました。探偵社さんのおかげで、再びこうしてまた出会うことができました。これから二人の関係がもとに戻るかはわかりませんが、こうして彼に会えて、自分の想いを伝えることができました。これからもきちんと彼と向き合っていければと思っています。

家族が失踪する事って、あるんです。

こんな話も聞いた事があります。

私の父は30年前に失踪しました。それから、母は一人で私を育ててくれました。
まだ、私は幼かった為、失踪の理由は知りませんでしたが、高校生頃に親戚のオバサンから失踪理由を聞きました。失踪の理由は父の浮気でした。よくある話です。父が女の人と逃げたそうです。数年後、母と正式に離婚し、父はその女性と再婚したと私が成人してから母に聞かせれました。再婚相手との間には子供もいるそうです。私にとっては異母兄弟ですが、会いたいとも思いません。私たち親子を捨てた人の子供など知りたくもないし、会いたくもないと恨んでいました。恨んでいる気持ちは今でも変わりません。母は一人になってから大変苦労しました。その姿を長年見ていた私には恨みしか持つ事は出来ませんでした。
しかし、母は絶対に悪くは言いません。母は父から毎月送金してもらっていた為、定期的に連絡は取っていたそうです。しかし、私が20歳になった時に送金は終了し、それから父とは全く連絡を取ってはいません。母も今、どこにいるかは分からない様です。私は知る必要も無いと思っていました。しかし、母は病気になってから父の話をよくする様になりました。会いたいと言って来る機会も多くなりました。正直私は会う必要は全く無いと思っていましたが、とうとう母が危篤となってしまった為に探す決意をしたのです。最初は一人で探そうと思いましたが、やはり一人では無理がありました。そこで、人探しのプロに依頼したのです。
評判が良い探偵社で、私の友人も相談したことがあるそうです。早速、探偵社の方と相談し、私の知っている情報を全てお話しました。私が20歳の時で居場所は途絶えています。
職業も変わってしまったそうです。探偵社の方には少し時間がかかるかもしれないと言われました。出来れば、母が生きている内に会わせてやりたいので、間に合うか不安です。
見つかるまでに2ヶ月かかりました。母は危篤だったのですが、何とか持ちこたえて再会する夢が叶いました。母が本当に嬉しそうだったので、依頼して本当に良かったと思いました。それから、間もなく安らかに母は亡くなったのです。最後に母の思いを叶えてやれて良かったです。

こんな話も。

結婚式を当日にドタキャンされてしまいました。時間が迫ってきてもなかなか現れなかっので、電話やメールをしてみたのですが全く応答が無く、住んでいたアパートに行ってみたところ、すでにもぬけの殻となっていました。当然、結婚式は中止となり、その後も音信不通状態が続いていました。しかしながら、結婚式をドタキャンされてこのままでは納得が行かないので、なんとかして探し出して話を聞きたいと思い、利用した人の満足度が高くて評判の良かった探偵社を利用してみることにしたのです。このような話を人にするのはと思っていたのですが、まず親身になって聞いていただけたこと、無料相談をすることが出来たことで、これまでの経緯や今後のことについてじっくりと話を聞いてもらうことが出来ました。気になる料金についてもわかりやすい見積もりを出してもらえたので、安心して調査を依頼することが出来ました。探偵社に調査してもらった結果、音信不通だった婚約者も見つかり、その後話し合いをすることも出来ました。こんなことが実際に起こるなんて本当にショックでしたが、ドタキャンの理由など真実を知ることが出来てよかった。そんなことがあってから、もう何年経つでしょうか。未だに傷は癒えていませんが、そろそろ前へ踏み出す時なのかもしれません。

自分の所にこない依頼も数え切れないほどあるのだな…って思うのです。

人探しは人探しですが、頼るべきは探偵ではないのでは…という話を聞く場合もあります。ただ、話がしたかっただけなのかな…って言う感じ。

探偵は、人探しの枠を超えて、人生に迷っているひとの拠所的な場所なのかも知れないななんて思う事もある。

探偵さん!幸せになりたいのですが…

って話にきた女性。

少し、調査依頼の話ではないかも…とは思ったのですが。

毎日寒いし心も冷え切ってしまう季節で、春が待ち遠しい。いろんなことを考えても、まず「寒い」という言葉が出てしまいまう。もうすぐバレンタインというイベントがやってくるのに…何かをしようにも億劫になる。
クリスマスイブ、クリスマス、恋人同士のロマンティックな聖夜。何十年と生きてきて、思い出深い聖夜を迎えたことがあっただろうか。一年の世界的大イベント、恵まれたカップルには幸せなひと時だが、この聖夜なんてない方がいいと思う男女もいるだろう。幸せの二人にはなくてはならない聖夜かもしれないが、一人寂しく迎えなければならない男女には暗夜になる。一年の終わりにこのイベントはない方がいい。何とも寂しい夜だろう。クリスマス前日まではとても深く結ばれていたのに、いざクリスマス当日になって、「これはないよな。また一人かよ。」と、彼氏の心はなぜか彼女から離れていった。何がきっかけか、何が原因かよりも、「何で今なの?クリスマスが目の前に来てるじゃない!何で去っていってしまうの?」クリスマスの前だからいなくなってしまうのか?キリストがヤキモチを焼く?そんなわけない。つくづく幸せに恵まれない人だね。

なにかのセリフかと思うような話がしばらく続くのだ。

も少しだけ聞いてみよう。

私的物の考え方、男あるいは女としてこの世に性を受け誕生した以上、男子は女子を、女子は男子を慈しみ愛す。男は女を必要とし、女は男を必要とする。そして、結ばれるべき人と結ばれる。そう考えるのは、今の世の中“ナンセンス”なのだろうか。人を愛する前に自分を愛してしまう、そんな気がする。
何度も出会いと別れを重ね、出会ったときにはこの人が生涯ともに生きる人だと、出会うべくして出会った人だと思う。が、別れが訪れると、この人は出会うべきして出会った人ではなかったんだということになる。そんなことの繰り返しで、一体どこに出会うべき人はいるんだろう。多くの男性にモテるより、たった一人の人に出逢いたい。たった一人の人と生涯をともに生きたい。そこには、静かで平穏な日々、淡々としていても幸せを感じられる日々があるような気がする。そう考える人は世の中にどのくらいいるだろうか?
探偵さん、私の出会うべき人はどこにいるんでしょう?探してくださいな(^^;)

って、それを話に来たんか!?って突っ込みたくなるところではありますが、どんな依頼のきっかけになるかもう分かりませんので、じっくり話を聞く事をモットーにしている物ですからこんな話しを聞く事もよくあるんです。

 

 

 

身辺調査 1 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

こんにちわ。さてまた浮気調査。。。というか身辺調査の依頼がはいってきました。今回は、21歳の女子大学生です。調査内容は、マチナカコンパで35歳の外資系の会社に勤務している男性と知り合い付き合うことになったのですが、会える日はきまって平日の夜のみ。土日は仕事が忙しいとのことで、会ってくれないそうです。土日に電話やLINEをしてもすべて返事がないらしく依頼者の中で不信感が募ってきているみたいで今回山ちゃんに探偵を依頼することにしたそう。もしかしたらその彼氏は妻子持ちかもという心配もあるみたいで。。。もし妻子持ちだったらすぐさま別れなくてはという思いもあるみたいです。

さて今回の依頼の発端となった、マチコンでの出会い。そのマチナカコンパというものが少し気になったので調べてみることにしました。その地元で参加を希望するお店にていろいろなBARやレストランの席を借りて、初めて出会った男性とお食事をしたりお酒を飲んだりする。それで意気投合したら連絡先を交換してあとは本人たちにおまかせします。。。というようなイベントらしいですね。お店にとってもそれなりに集客できるし双方プラスになるようなとってもよさげなイベントなんですね。なんだか楽しそう。山ちゃんも参加してみたい。。。

さてそのマチコン。裏ではいろいろあるようで。。。その参加者である男性や女性のなかでサクラらしき人物も用意されていることがあるらしく。。。会費をもうけるためにイベント側がイケメンや美女のサクラを用意する場合もあるらしい。ブサイクばかりだとお客様もこなくなってしまうから

もしかしたら対象者である男性もそのマチコンが用意したサクラの可能性があるのかも。。。

とりあえずその男性の身辺調査を進めて行こうと思いますが、この依頼者が知る男性の情報が思いのほか少ない!!!あまりしつこく聞くと嫌がられるかな。。。と思って聞けないらしく。顔写真もないしほんとに知っている情報が携帯番号・勤務先しか知らないとは。。。男性の自宅もどこらへんか聞くとあっちだよ~とかあいまいな返答ばかり。これはあやしいな。。。

とりあえず、依頼者には彼氏と普段通りに会う約束をこぎつけてもらうのをお願いしました。彼氏の自宅住所もわからないというならば、依頼者にもこのような協力をお願いするほかありません。まあ、GPSでも彼氏の車にとりつければいいのですが、彼氏はいつも徒歩やバスらしい。。。

翌日、依頼者から連絡が入りました。彼氏とは火曜日の八時から○○居酒屋で会うとのこと。その居酒屋から二人がでてきて、そこから確実に彼氏の足取りをつかまなくては。。。

さてその約束の日の火曜日になりました。山ちゃんは、八時が約束時間だったので、七時半にはすでに居酒屋駐車場について張り込みを開始しました。

しばらくすると、○○居酒屋に依頼者と彼氏が八時すぎにこられました。ここでは、山ちゃんはタイミングをまって張り込みをします。やはり彼氏の車ではないみたい。依頼者が自分の車を運転して、助手席に彼氏が乗り込んでいます。やはりGPSは難しいな。

さて、○○居酒屋へ入っていった依頼者と彼氏がでてくるのをひたすら待つ山ちゃん。すると、依頼者からLINEが入りました。そろそろ店をでます。との連絡が。了解しました。

すると、22時過ぎ、依頼者と彼氏が店からでてきました。2人は車に乗り込み出発しました。山ちゃんも尾行します。

依頼者の車は、某ラブホテルに到着。これまた二人がホテルからでてくるのをしばし待ちます。

つづきます。

さてさて、探偵っていうのは忍耐と根性が必要なのです。待つことが仕事。しばらくすると、依頼者から終わりました、今からでます。とのLINEが。終わりましたってすごいな(笑)

深夜1時過ぎ、2人が乗った車がホテルをでました。山ちゃんも出発します。そして依頼者の車は、駅前へと到着しました。彼氏だけが車を降り、彼氏だけが手を振って駅構内へと入って行きました。彼氏の行動を監視します。これからが本番ですよ。

すると、彼氏は一台のタクシーをつかまえて乗り込みました。彼氏が乗るタクシーは国道○線をまっすぐに走っています。適度な距離を保ちつつ、山ちゃんの車に搭載してあるドライブレコーダーーにタクシーがしっかり映るように気を付けて運転します。すると、ある一本道に入っていきました。車も人通りも少ない一本道。これはやばいな。尾行を続けるともしかしたら山ちゃんの車をあやしんでしまうかも。なので、一旦尾行を中断します。

次の日の朝早くに再度あの一軒家に向かいました。すると、軽自動車とSUV二台が停まっていました。ばれない程度の場所にロチューしました。さて女性と子供が玄関先で彼氏がSUVの車に乗るのを見送っています。カメラにおさめます。時間は朝7時半すぎ。彼氏は会社へ向かうようです。山ちゃんの相方には彼氏の勤務先を調査してもらうため別便でバイクにて尾行です。

山ちゃんは、一軒家に彼氏以外にだれが住んでいるかを聞き込みます。近くの畑に作業しているおばあちゃんがいましたので、この方に目をつけてさりげなーく彼氏について聞き込みます。すると、そのおばあちゃんいろいろ教えてくれましたよ。

その内容とは。。。

畑のおばあちゃんからの有力情報。。。

やっぱり、彼氏は妻子もちで3年前にここに小さいですが一軒家を建てたそう。子供は小学生の女の子二人。奥様は看護婦さんだそうです。しかし一切近所付き合いをしないし、おばあちゃんが挨拶しても一切無視。らしいので、おばあちゃんその家族の悪口を言うわ言うわ。。。

結果としましては、マチコンに参加して出会った男性は既婚者というのを偽って浮気相手を物色していたのでしょう。実際、一軒家の駐車場には子供の自転車などが止まってありましたので、それらの写真をとります。

その最中に相方から電話がはいりました。

彼氏の勤務先が尾行の末判明したとの事。やっぱり彼氏の勤務先は外資系でもなんでもなく、ただの小さい町工場だそう。あららら。なにもかもを作り上げて理想の男性を演じていたってことだな。。。朝の出勤時の御主人の恰好がとても小汚い作業着だったから、その時点で山ちゃんは薄々は感づいていたがね。

これで調査を終了して依頼者に結果報告いたします。

依頼者には全て事実をお話しいたしましょうか。

事務所に戻って、調査報告書を作成し、依頼者をお呼びしました。

依頼者、調査報告書をみて、「やっぱり。。。実は彼の車に一度だけチャイルドシートが乗ってて。。。聞くと、お盆に親戚の子がきたときに乗せておいたのをそのままにしたんだ。。とかなり挙動不審だったんです。でも彼の携帯みてもなにも証拠もないし。今回調査を頼んでよかったです。わたし、はやく結婚したくて。親も病気しててはやく孫の顔をみせてあげたくて。。。彼とこのままなにも知らずに付き合っていたらずっと結婚なんてできなかったと思うし。こんな幸せそうな家族を壊すことなんて私はできない。しかも、勤務先まで騙されて。私って本当におめでたい女ですね。けどすっきりしました。彼とはきっぱり別れようと思います!。」とにっこりされて帰って行かれました。

山ちゃん、あの彼氏に説教してやりたいとつくづく思いました。

さてまた新しい調査が入ったので、山ちゃんが張り込みますよ。

 

20代の会社員の男性から調査が入りました。3年付き合っている彼女と結婚を考えているのだが、彼女は見た目も交友関係も派手なので、身辺調査を行って欲しいと言うものでした。依頼者のお母様も事務所に来られて、ぱっとみマザコンの息子をとてもとてもかわいがるというもの。見ていてとても見苦しかったのです。

男性はママが彼女のことが心配だから身辺調査をしたほうがいいというもんだから…とママの指示なんだと言ってたのがとても痛々しかったです。さっそく彼女の身辺調査を行いましょうか。

彼女は大手広告代理店に勤めるバリバリのキャリアウーマンとのこと。仕事柄、ファッションも若干派手目です。では調査を進めしょうか。

調査が完了しました。彼女はやはり見た目もファッションも派手ですが、調査した結果、嫁入り修行で、お料理・お茶・お花を習っておられました。一週間すべてこれらの習い事で忙しそうでした。浮気などしているという証拠は一切でてきませんでした。

依頼者と母親に彼女はシロだったことを伝えると、母親がちゃんと調べたの?絶対あんな派手な格好しているから、絶対浮気しているに決まってる!こんな探偵事務所はだめだ!と、訳の分からないことを言ってました。なので、依頼者に山ちゃんは言ってしまいました。

「あなたの彼女は、あなたとの結婚生活をすばらしいものにしようと努力しています。反対にあなたは、こんな母親と一緒になって彼女を疑うなんてわたしはあなたも母親もろくでもないと思いますよ。すばらしい彼女を失って、子離れできていない母親と一生一緒にいるつもりですか?少しは親離れしようと思わないのか?」

言ってしまった…。母親はとても怒ってましたが、依頼者は目が覚めたのか、母親にだまってっといって、山ちゃんの言う事を理解してくれたようでした。すてきな夫婦になれますように…

 

30代の女性からの身辺調査依頼です。

御主人の身辺調査をしてほしいというもの。

最近結婚されたと言う事で、新婚ほやほやで今が一番幸せな時期なのに、なぜこんな探偵事務所へこられたのか理由を聞きました。

「わたしが主人と知り合ったのは、某SNSで共通の趣味を通じて知り合いました。最初はメールで連絡を取り合いました。それから会うようになり、付き合いは半年と短いですが、お互いいい歳ですし、わたしも年齢的に早く子供がほしかったので、あまり考えずといいますか、主人を愛していたので結婚に踏み切りました。でも、わたしの周りはもう少しお互いのことを知ってから結婚した方がいいんじゃないの?としつこく言われたりして、少々私もうんざりしていました。わたしの周りは『そんなインターネットで知り合った男なんて訳わからないから、もう少しお互いを知ってから結婚した方がいいのでは?』なんて言われていました。でもわたしもいい年なので、若干周りの反対を押し切って結婚したというわけなんです。しかしここ最近彼の様子がおかしいのです。帰りも遅いし、休日は仕事だからといってほとんど家にいることがありません。でも私も寂しいし、しつこくまた仕事なの?と聞くと、先月はいきなり怒り出して、物を壊したりしました。私はびっくりして家を飛び出しました。でも、そんなことがあったなんて周りの反対を押し切って結婚したので、相談できるはずもありません。普段はとてもいい人なのです。優しいですし。」

しかしあの出来事がきっかけだったのか、それからちょっとしたことで自分の思い通りいかないと物を壊すと言う行動にでるようになりました。

しかも、私が独身時代に貯めていた500万が勝手に引き出されていたのです。

もう驚きました。

そんなことするのは主人しかいないので、主人にすぐに確認しました。すると、仕事でミスをしてしまい、急きょお金が必要になったからちょっと借りた。

お客さんとの話がつけばそのお金は戻って来るからいいだろう別に!と怒り出しました。

金額が高額だったので、問い詰めたかったのですが、また暴れると怖いのでそれ以上聞くこともできませんでした。

お願いします。今更なんですが、主人がどういう人物なのか調べて下さい。主人の働いている会社もよく分からない名称ですし、今考えるとなんでもっとあの人を調べて結婚しなかったのか。。。毎日そんなことばかり後悔しています。どうぞ宜しくお願い致します。」

御主人の身辺調査を開始しましょうか。

御主人の勤務先は名古屋ではあまり聞いたことがないような建設会社という事で、まずは御主人の勤務先から調べてみました。

す、すると、御主人は聞かされていた建設会社では働いていなかったのです。

というか、そんな会社は実在していないのです。。。

となると、御主人は日中や土日どこにいるのか。調べてみたらわかりました。

名古屋の繁華街にある風俗店のオーナーをしていたのです。

しかし最近景気が悪いみたいであちらこちらで借金を作っているらしく、結婚相談所に登録をしてそこで知り合った女性に言葉巧みに近づきそして、好意があると言い、そしてお金を出させるのです。

それが頻繁にあるということで、結婚相談所ではブラックリストにのってしまい、登録ができないようになったそうです。

なので、SNSを悪用して結婚したがっている女性を見つけては、お金を搾り取っていると言う訳です。

見た目は真面目そうでとても優しい御主人だったのに、裏の顔はとんでもない男だったんですね。これではお金も戻ってこないような気がします。

とにかく、依頼者にすぐ報告をしよう。

翌日、依頼者が事務所に来られました。

御主人の裏の顔をお伝えしました。

すると、もちろん離婚はしますが、このまま泣き寝入りはできません。

なにかいい方法はありませんか?というではないですか。まあ警察に相談したところで警察が親身になってくれるとは思えないし。

弁護士さんに相談してみるとなにかいい案を教えてくれるかもしれない!ということで、依頼者にはお伝えしました。

山ちゃんの信頼する弁護士も紹介しました。

これで調査終了です。またご報告しますね。

 

付き合っている彼女のお腹に子供ができたとわかり、でき婚することになりました。しかし、気になることが一つあるのです。彼女は僕にはもったいないくらい素敵な人です。そんな人が本当に僕とだけ付き合っていたなんて、正直自分でも信じられないのです。もしかしたら、他にも付き合っている人がいて、その人の子供なのかもしれないなんて疑ってしまうのです。彼女はそんな人ではないと信じたいという反面、どうしてもその考えが頭から離れません。いろいろ考えたすえ、探偵社に依頼して、彼女の交際歴を調べてもらうことにしました。調査結果で、彼女は僕以外に付き合っている人はいないということがわかりました。探偵社に結果を教えていただいた時は、本当に嬉しかったです。これで安心して彼女とのでき婚を受け入れることができます。彼女を疑ってしまい、本当に申し訳なかったと思います。これからは彼女を信じて、彼女とお腹の中の子供を大切にしていこうと思います。そんな気持ちになれたのは、探偵社の方がきちんと調査してくださったおかげだと思います。僕の背中を押してくれたような気がします。

5

私には付き合って5年になる彼がいます。
彼は大変モテます。まず、顔が大変格好良く、長身でスタイルも良く、モデルにスカウトされた事もある程です。そして、大変マメですし、優しいのです。
毎日必ず連絡してくれ、誕生日や付き合った記念日は忘れずにお祝いしてくれます。学生の頃はファンクラブまで在ったそうです。そんなモテモテの彼とは同じ会社の同僚でした。
私の一目ぼれです。私も見た目はそんなに酷い方ではありませんが、ごくごく普通の容姿をしています。だから私から告白した時は彼がよくOKしてくれたなぁ~と思った程です。
それから彼とは5年間付き合ってきました。振られない様にとデートは私が払ったり、プレゼントをしたりと色々貢いで来ました。彼は会社では付き合っている事を内緒にしておこうと付き合った当初から私に言ってきましたので、会社では誰も付き合っている事は知りません。
会社に知れると色々と面倒ではあったので、内緒にする事は直ぐに了承したのです。
しかし、付き合い初めてから女の影は常にありました。携帯電話は2台持ちしており、常に鳴りっぱなしでした。同じ会社の女性と噂になる事も一度や二度ではありません。
可愛い女性や綺麗な女性とは殆ど噂になっていました。薄々、女性にだらしない人だと気付いていましたが、別れる事がイヤで知らないフリをしてきたのです。女性の事を問いただすと直ぐに別れ話になるでしょう。私と別れても何も問題は無いからです。貢いでくれる女性は次々と現われます。そんなある日、彼から200万円貸して欲しいと頼まれました。
こんな大金どうすのかと聞いたところ、母親が病気だそうです。これは怪しいと思いました。
いろいろ悩みましたがネットで調査をしてくれるところを探し、お願いしました。探偵社から直ぐに調査結果の報告がありました。簡単に判明したそうです。私の他に女性は7~8人程いるそうです。しかも、その中に本命の方がいて、その方と旅行に行くのにお金が必要だったのです。探偵社の方は申し訳なさそうに貸して欲しいと言った200万円はおそらく旅行に使用するお金だろうと言ったのです。多分、沢山いるんだろうなぁ~と予想はしていましたが、実際に結果を聞くと正直ショックでした。そして、もう彼とは別れようと決めたのです。
探偵社の調査結果のお陰で200万円を貸さずに済みました。悲しいですがよい人生勉強になったと思ってこれからは違う出会いを探したいと思います。

 

不倫と浮気の違い

みなさんこんにちは。今日は久しぶりに張り込みがはいっていないため、探偵のつぶやきを書こうと思います。たいした情報ではありませんが。。。(笑)

みなさん、不倫と浮気の違いってご存知ですか?よく、山ちゃんの知り合いの独身女性が「わたし、同じ大学の○○くんと不倫してるの~」とか、既婚者男性から「おれ、人妻と浮気してるんだよね。。。」などの言葉を聞きますが、こやつら、不倫と浮気の違いわかってしゃべってるのかな~とイライラしてしまうのです。

今回は不倫と浮気の違いについてお話いたしましょう。。。

と思ったら、張り込みの依頼がきました!!!続きはまたのちほど!!!

とあるサイトでは、「浮気とは本命の恋人と交際関係を持ちながら、本命の恋人に無断で他の異性とも交際をすること。」また「不倫とは、配偶者がいながら配偶者以外の異性と恋愛し、さらには体の関係を持つこと。または配偶者のいない男女が配偶者がいる男女と恋愛し、体の関係をもつこと。」と説明しております。ということは、配偶者がいる男女が配偶者のいる異性と恋愛し、体の関係を持つことをダブル不倫というんですね。

しかしながら、言葉や意味が違うだけでも相手をひどく傷つける行為には間違いありません。なので、不倫・浮気はしないに限ります。ばれたら世にも恐ろしいことがまっているに違いありません。。。

山ちゃんあるあるでした。

新たな調査がきたのでその張り込みがんばるでぇ。

 

さて今回のご依頼は、中年夫婦のお二人から。35歳の嫁の素行調査です。

まず、その嫁の情報としまして。。。

結婚10年目の嫁は義理親と同居しており、バリバリ化粧品会社の営業マンとして毎日働いております。収入もそれなりにもらっているよう。

よって、子供二人(小学4年生女の子と小学1年生の男の子)の面倒は、基本、同居している義理親が食事の用意やお風呂など全般をしているそう。旦那(義理親の長男)は、介護士をしており三交代ありとのこと。夜勤などもあるそうです。

そんなバリバリ働く嫁ですが、その旦那が夜勤でいないときも、嫁は子供を置いて残業やら飲み会やらで週二回毎週と言っていいほど外出をするんだとか。

まあ旦那と嫁の夫婦仲は悪くはないので、嫁の言い分としては、旦那がなにも言わないから別にいいでしょと開き直っているそう。しかしそのような母親の夜間の外出は子供の教育にもよくないし、嫁が帰って来るまで子供たちも寝ないで待っている。それをそばでみている義理親は子供たちがとてもかわいそうで見ていられないらしいです。

義理親も悩んでおられるようです。

義理親の思いとは。。。

もし、嫁の素行調査で浮気や不倫という結果があれば、それらの浮気証拠を息子につきつけて離婚を進めようと考えているみたいです。。。しかし、嫁としてはまったく育児放棄をしているのではないし、嫁の仕事が休みの日は子供たちとの時間を一緒に過ごしてくれているのも事実。

離婚もできれば子供たちの事を思って避けたい。この調査報告書の結果を踏まえ、息子と義理親で嫁の行動を改善していければというのが本当の願いらしいのです。

山ちゃんとしては、実はその旦那がだめなのではないかと思います。。。

だって、旦那が嫁をしっかり教育じゃないが、しっかり釘をさすと言うか、まずは子供たちのことを一番に考えないとだめということを伝えないとだめでしょうよ。義理親がそれを自分の息子に前もってちゃんと説明をしないからこのような嫁になってしまったのでは?と山ちゃんは思いました。しかし、依頼者様なのでそんなことは口が裂けても言えませんが。。。この世の中、同居をしてくれる息子夫婦に遠慮しているんでしょうか。もしかしたら、息子夫婦の中も冷め切っているのかもしれないな。

さて、嫁の素行調査を開始致しましょう。。。

嫁は、名古屋の繁華街・栄にある化粧品会社にて勤務しております。

嫁の会社の化粧品を営業でまわってエステ店などに卸している仕事だということです。なので、仕事で帰りが遅くなるという件は、致し方ないような気がしますが、義理親にしては本当に仕事なの?という頭があるそう。

なので、嫁の休み以外の調査を行います。土日は子供たちとちゃんと過ごしているようですし、調査の必要はないと思われますな。基本、嫁は土日が休みということなので、月~金までの五日間の素行調査でまいりましょうか!!!

嫁の勤務時間はAM9時からPM18時ということなので、退社以降の尾行にします。

さていよいよ本日月曜日から張り込み開始です。

PM18:00

とりあえず、山ちゃんは会社近くの車の中で張り込みを開始します。義理親から嫁の写真をみせていただきましたら、なんとも派手な嫁で。。。(笑)写真を手かがりに、嫁が会社からでてくるのをひたすら待ちましょうか。

PM19:15

仕事を終えた嫁がでてきました!嫁の横には40代くらいのスーツ姿の男性が一緒の様です。同期かはたまた上司か。。。見た目エッチそうなフェロモンがたくさんでているイケメン男!!!しかし、寄り添ったり手をつないだりといった行為はないようなのでいまのところシロでしょうか。帰りも各々帰られました。

PM19:35

嫁帰宅。多分この帰り時間が通常時間なのだろうな。。。

本日はこれにて張り込みを終了します。

また明日!!!

さてその後の不良嫁の尾行にまいりましょう。最近は暑くもなく寒くもなく。張り込みをするにはちょうどいい気候でとてもやりやすいです。なので山ちゃん、張り切って張り込みましたよ~。が、しかし。。。昨日の火曜日もまったくおなじ感じでございました。残念。。この嫁いつになったら本性をだすのやら。。。

さて本日は水曜日となります。とある情報からの聞き込みから、この化粧品会社、水曜日はノー残業デイとのこと。しかし、ノー残業デイに関わらず、水曜日も嫁の帰りは遅いと義理親は嘆いていたな。。。もしや本日、有力な証拠が手に入るかも!?

水曜日PM17:45 さて本日は不良嫁の会社、ノー残業デイということで多少早めの時間から張り込みを開始致します。嫁よ。早く帰れる水曜日くらい、直で自宅に帰ってほしい。。。そして子供たちとの時間を大切にしてほしい。。。

PM18:30 嫁が会社からでてきました。やはりあのスーツ姿の40代男性と今日も一緒。奴はいったいなんなんだ。念のため写真撮影します。すると、嫁は驚く行動にでました!その男性の車に乗り込んだのです。あららら。。。これはまさか。。。すぐさま化粧品会社のホームページを検索します。それを閲覧すると。。。あの40代男性は取締役社長。。。てことは会社上司か。ならまだ不倫相手と決まったわけではない。引き続き尾行を続けます。

引き続きPM19:05 不良嫁とスーツ男性が向かった先は、会社近くのおしゃれなイタリアンレストラン。これはおしゃれだな~。山ちゃんが入れるような店ではありません!!!2人は仲睦まじく入店完了。窓側に2人はとおされた模様。これはラッキー!!!店内を高性能高機能の望遠カメラでみてみると。。。嫁・男性・みたこともない知らないこれまたお綺麗な女性が3人で談笑しているぞ。2人っきりでの食事ではなさそうだ。

ということは、仕事の延長の接待なるものか?とりあえず引き続き張り込みしましょうか。

このあとがどうなるかわかりませんしね。しかし山ちゃんもお腹が空いてきました。。。

引き続き

PM21:15

嫁とスーツ男と女性三人がイタリアンレストランからでてこられましたよ。2対1でなんだか挨拶をしている模様。(嫁・スーツ男対女性)ぱっと見、仕事上の打ち合わせかはたまた営業か。。。

PM21:35

嫁とスーツ男は一緒に車に乗り出発しました。女性はタクシーでどこかへ帰って行かれました。さてここからが正念場です。嫁とスーツの行き先は。。。とあるBAR。会員制のようでスーツ男の行きつけのBARみたい。嫁はにこにこ顔でスーツ男に手を回されながら

BARに入っていきました。これはまだ不貞行為かわからないので、引き続き張り込みします。

PM23:45

嫁とスーツ男がBARからでてきました。スーツ男の車はコインパーキングに停めたまま、二人は歩いて移動します。どこに向かうのか。。。

PM23:55

すぐ近くのラブホテルに入っていきました!!!不貞行為が証明されました。お仕事あとのご褒美なのか。。。なんとまあ、嫁は子供たちを義理親に押し付けて自分は会社の社長と不倫をしていたとは。。。ホテルから出てくるのを今か今かと待ちます。

AM1:20

奴らがラブホテルからでてきましたよ。。。←すいません、夜中になると言葉使いが荒くなるもんで。。。(汗)

その後、二人は酔いが覚めたかなんかで、嫁はスーツ男に乗せされて会社で降ろされて車で自宅へ帰って行かれました。

残り、木曜日金曜日の張り込みを続けていきましょう。

さて、木曜日になりました。PM18:00~張り込みを開始します。嫁は水曜日のノー残業デイには不貞行為を確認しましたので、本日にも確認ができるかどうか。。。

PM18:10

嫁が会社からでてきました。お帰りのようです。と思いきやまたもやスーツ男と一緒。。。スーツ男の車に乗り込みます。またなのか。山ちゃんもすぐさま尾行する。

PM18:40

とあるエステ店にスーツ男の車が到着しました。たぶん営業廻りだな。2人はエステ店へと入っていきました。しばらく張り込みだなこれは。。。

PM19:50

2人がエステ店からでてきました。それから、2人はとある高級割烹料理店に入っていきました。さっさと家に帰って子供たちとごはん食べろやーーー!!!

PM21:20

2人が店からでてきたところをすかさず撮影。すると、車の中で2人は熱い抱擁。。。その後二人は別れを惜しむかのようにその場を別れました。この嫁やりたい放題だな。。。

PM21:40

嫁帰宅。。。本日の調査は終了。明日の金曜日が最終日なので山ちゃん頑張ります!!!

さて金曜日になりました。今日が調査最終日ですよ。lこの一週間、嫁の素行の悪さがすごかったです。今日は花金なので、またまたなにかありそうな予感がしてならない。。。

PM18:28

嫁、やはり自宅へは帰らずにとあるフレンチの店に到着しました。しかし一人だし。しばらく山ちゃん外で様子をみます。

PM18:45

すると、スーツ男が当然のように到着。。。はぁぁぁぁぁぁ。やっぱりな。。。スーツ男はどでかいアレンジメントフラワーを抱えている。嫁にプレゼントでもするのか。なにかの記念日とかなんかか。とりあえず張り込んでみます。

PM20:50

待ちに待った二人が店からでてきた。嫁はあのどでかいアレンジメントフラワーを抱えているし(笑)その後二人はやはりラブホテルに向かいました。。。

さてと事務所へ戻ってさっそく調査報告書作成だ!!!

PM18:05

嫁の張り込みを開始します。さてどのようなことになるのかね。と思っていた矢先、嫁がでてきました。スーツ男、今日は一緒ではないな。。。嫁が自分の車に乗り込みます。山ちゃんすかさず尾行開始です。嫁はどこへ向かっているのか。頼むから今日ぐらいまっすぐ自宅へ帰って子供たちとの時間を過ごしてほしい。。。

さて、嫁の素行調査が終了したので、依頼者である義理親を事務所へお呼びしました。

さっそく調査報告書を提示すると、もう義父の怒りにふるえる顔がそりゃもうおそろしいものに変っていきましたよ。義母はため息をついてうなだれているし。

義父は、「私たちは少なからず嫁のことは信じていました。毎日毎日残業や仕事の付き合いで帰りが遅いんだと思って、孫たちにもお母さんは仕事だから帰りが遅いのは仕方ないと説明してきました。しかし、それを騙してこの男と浮気だなんて。。。私たちはいいんです。孫がかわいいから面倒みるのも別に苦じゃないんです。しかし、この嫁は子供たちと息子を裏切っている。それが許せない。」と怒りをあらわにしていました。調査報告書を息子にみせて今後のことを話し合うといって事務所を後にされました。

やっぱり母親も女なんだよな。。。と妙に納得した調査内容でした。

さてまた明日から張り込みがんばるよ。

さて、嫁の素行調査が終了したので、依頼者である義理親を事務所へお呼びしました。

さっそく調査報告書を提示すると、もう義父の怒りにふるえる顔がそりゃもうおそろしいものに変っていきましたよ。義母はため息をついてうなだれているし。

義父は、「私たちは少なからず嫁のことは信じていました。毎日毎日残業や仕事の付き合いで帰りが遅いんだと思って、孫たちにもお母さんは仕事だから帰りが遅いのは仕方ないと説明してきました。しかし、それを騙してこの男と浮気だなんて。。。私たちはいいんです。孫がかわいいから面倒みるのも別に苦じゃないんです。しかし、この嫁は子供たちと息子を裏切っている。それが許せない。」と怒りをあらわにしていました。調査報告書を息子にみせて今後のことを話し合うといって事務所を後にされました。

やっぱり母親も女なんだよな。。。と妙に納得した調査内容でした。

さてまた明日から張り込みがんばるよ。

 

さて今回は、ご近所トラブルがあってのご依頼です。

ご近所さんの素行調査といいますか、身辺調査といいましょうか、ご近所さんの嫌がらせの調査といいましょうか。

区分けが難しいのですが、とにかく困っている人からの調査依頼です。

閑静な住宅街にお住まいの40代のご夫婦がいらっしゃいました。

お隣に住む、50代の女性が嫌がらせを行ってくるというもの。

ご夫婦は半年前に建売住宅を購入し、住みだしました。

その三か月後に、依頼者がお庭でバーベキューをしていたそうです。

すると、お隣の女性がものすごい剣幕で怒鳴ったきたそうです。

「庭に干してあった洗濯物に匂いがついた!こんなところでバーベキューするなんてイカレてる!クリーニング代をよこせ!」と。

すぐにご夫婦は謝りましたが、クリーニング代を払うまではおかしいと思い、金銭の支払いを拒否したそうです。

すると、「弁護士にいって裁判してやる!」と捨て台詞を吐いて、帰って行かれたそうです。

それからです。お隣から嫌がらせが始ったのは…。

庭に自分たちがだした生ごみがぶちまけてあったり、朝刊が破り捨てられていたり、飼っているペットの犬にからあげをあげていたり…。

証拠という証拠がないのですが、間違いなく隣の女なんです。なので、証拠を掴んで、警察に相談したいと言うことでした。

了解しました!さっそく調べてみましょう。

 

ご近所トラブルは年々増加しております。

騒音がひどくて注意をしにいったら相手がものすごくキレ出し、しまいにはケガやそれ以上に殺されてしまうなんてことはニュースでよく目にします。

だから今回の依頼者は、すぐさまわたしたち探偵に依頼して、ご近所トラブルがひどくならないように対処をするのも一つの手だと思います…。

さてご近所調査が終了しました。

お隣の女は歌いながら嫌がらせを行っている姿に山ちゃんは恐怖を覚えました。

悪びれていないのです。ちょっとでも申し訳なさそうにするなら…

証拠の嫌がらせ映像もばっちり手に入れましたので、依頼者にお伝えしました。

すると依頼者たちも女の様子をみて、本当に怖がっておりました。

わたしたちはいったいどうすればいいのか?警察にこの証拠を手に入れたら動いてくれるのか?という不安もございました。

なので、まずは警察に身の危険を感じるため動いてほしいとしっかり説明して、弁護士さんにも相談するのもいいかも。

とにかく先手先手で動いていくほうがよいでしょうね!

さてこれで調査も終了です。

また依頼入りましたらご報告しますね!

 

 

 

 

素行調査 1名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

さて今回は素行調査が入りました。

若い男性からのご依頼です。とある女性とコンパで出会いそしてお付き合いをし、なんとその女性が妊娠をしたので結婚して欲しいと言われたそう。その子供が本当に自分の子なのか、その女性の素行調査をしてほしいとのことでした。

その女性がなかなか派手目な感じの子で、周りのダチたちも素行が良くない方ばかり。。。

その依頼者は某有名大学に通う2年生。親もなかなかの経歴をもつ方なので、親にも相談できないということです。その彼女とは、本当に自分の子を妊娠しているのであれば、両親を説得して結婚しようとは思っているそう。でも、もし別の人の子の可能性があるのなら別れようと思っているらしいのですが、これは妊娠したという現実からそして彼女から逃げたいという気持ちがあるんですよね。んんんん。。。まあこんな若い男の子がいきなりあなた父親になるのよ、なんて告げられたら逃げだしたくなる気持ちになるのかも。なんだかの理由をつけて別れる気なのかもしれないな。

とりあえずその彼女の素行調査を進めていきましょうか。

さて、今日は妊娠した彼女の素行調査となります。依頼者の大学生からはその女性は別の大学に通う子で、コンパで知り合ったそう。女性は一人暮らし。アパートにも行ったことあるそうですので、その在学している大学とアパート住所を教えて頂きました。

彼女の顔写真をみせていただいたので、それを頭に入れ、大学付近で張り込みます。すると、彼女が5人の男女たちと楽しそうにでてきました。5人みなさまなんとも派手目で素行がよろしくない方ばかり。。。さて尾行開始です。

パッと見た感じ、彼女のお腹はまだ大きくない模様ですね。

まずやんちゃ坊たちが向かわれた場所は、とあるカラオケ屋。彼女たちの部屋の隣へ山ちゃんも一人で部屋の予約をとります。(さびしーが仕事だから仕方がない)ちらちらとトイレや喫煙風を装い、彼女たちの部屋の前をうろうろしながら中の部屋の様子をみると、彼女はタバコを吸っておりました。生中もぐびぐびと飲んでいたし。妊娠中なのになぜ?なんだか怪しい雲行きになってきましたよ。

3時間のカラオケも終わったようで、次の場所へ向かわれるようだな。

まだまだ夜はこれからな感じ。

引き続き尾行を続けるぞっ。

彼女たちは向かわれた二件目は。。。(ちなみに一件目はカラオケで彼女、喫煙・飲酒をしておりました。)とあるダーツバーに着きました。みんな出来上がっているようで、ワイワイにぎやかです。すると、彼女はつくなりダーツを楽しみ、やはりビールを飲みながら口にはくわえたばこ。妊娠しているようには到底見えません!

そのダーツバーのマスターと仲が良いようで、彼女はマスターといちゃいちゃ。。。これは結婚するような相手じゃございませんね。

しばらく、山ちゃんはウーロン茶で彼女たちの様子をうかがっております。すると、一人の男性(マスターではない)と彼女が二人で仲良くトイレに入っていきますよ。すかさず写真撮影。

やはり、あの彼女なんかある。。。30分ほどしたら彼女と男性がトイレからでてきました。まったくなにしてんだか。。。マスターじゃないんかい!!!

すると、5人はダーツバーを後にして、各々帰って行きました。彼女もタクシーへ乗り込み、男性と一緒にラブホテルへ到着。ただいまPM23:10

これは二股か。まさかこちらが本命。ということはお腹の子の父親もこいつ。。。?それについては妊娠していること自体疑問でございます。

しかし、不貞行為はばっちり撮影できたので、いったん依頼者に結果を報告致します。

依頼者をお呼びし、調査結果を報告致します。すると、依頼者は満足そうに、この結果を彼女に突き出し別れを切り出すそうです。まあ、無難な結論ですな。

後日、依頼者が事務所にこられました。あれからの結果報告をしにきてくれました。

なんと彼女!妊娠していなかったそうです。中絶費用を依頼者からもらおうという狙いだったそう。おそろしや~。依頼者は、その彼女とはもちろん別れて今後一生自分に近づかないという誓約書まで書かせたとか。そして嘘の中絶費用も支払わなくてすんだということで、深々とお礼を言っていただき帰って行かれました。

山ちゃんの張り込みで、誰かに感謝されるととても嬉しい気持ちになるんです。だからこの探偵という仕事をやめられないんです。

さてまた明日から張り込みしますか。

 

みなさんこんにちは!

今日も新しい依頼がはいってきました。

50代のくたびれた(申し訳ないですが…)サラリーマンの男性からのご依頼です。

調査対象者はもちろん奥様。40代後半。写真をみせていただいたらまあまあお綺麗で若い感じですな。奥様の浮気を疑っての今回ご依頼となります。浮気調査も兼ねての素行調査。実際、こんなくたびれた旦那だと、奥様も浮気の一つもしたくなるのはしょうがないような…。

なぜ浮気を疑っているのかを御主人にお聞きしました。

なぜ浮気を疑っているのかをお聞きしましたら、奥様パートでお勤めらしいのですが、最近金遣いも荒いし、着ている洋服も以前とはまったく異なりとても若い様子。また夜やら日帰り旅行や一泊旅行など頻繁にしているんだとか。まあお子様も二人いますけど、もう高校生やらで手が離れてきたということで高校時代の友人たちとでかけるのは仕方ないということで、許してきたらしいのですが、御主人としてはもう限界らしいのですな。家事やらがおろそかになっているためです。

離婚は考えていないが、奥様がどんなやつとどんなことをしているのかを知りたいらしいのです。

くたびれた御主人からのご依頼を、了解しましたとお伝えしました。奥様の勤務時間や勤務先を教えて頂き、明日から張り込みを開始しましょうかね。

……さて、一週間の張り込みが終了しました。調査が終了しましたので、御主人をお呼びいたしました。

御主人が事務所へ来られました。まずは結果としては奥様はシロ!な、なんと奥様、韓流の若いボーイズバンドにはまっていたのです。ファンイベントで知り合った仲間と一緒に韓国までライブを見に行くという熱の入れようなんです。

しかし、奥様はそのボーイズグループに対して、まあとても大金をつぎこんでいるようです。ライブでも、SS席35000円とか。たっか~!御主人としては浮気ではないことが分かったことでホッとしていた模様。しばらく様子みて、あまりにも家事やらがおろそかになってくるようだったら少し考えようと思っているらしいですわ。

奥様としては、若い頃子育てやらなんやらで時間を費やしてきて、ようやく生きる気力になるものができたことはとてもいいことだと思いますよ。だから、御主人としては少し多めに見てほしいですね…。

さてさて、また新しい依頼です。

もうすぐサクラも満開になりそうな毎日ですがみなんこんにちわ。

やっと花粉も落ち着き、張り込みに支障をきたしていたくしゃみも落ち着いてきました。しかし、マスクは必須!

30代の御主人からのご依頼です。

対象者は奥様25歳。奥様はパート勤めで、子供はなし。御主人が仕事をしている日中、ちゃんとパートに行っているのか奥様が日中なにをしているか知りたい、という事で、浮気調査も兼ねての素行調査。

(なんか、続くね~。)

そして浮気を疑っているそう。なぜ疑ったのか…?理由をお聞きしました。

「僕の仕事はボイラー関連の仕事をしていて、勤務時間中はボイラーから離れることができないので、嫁が日中なにをしているのかまったくわからないんです。しかし、僕の親友から自分の嫁が名古屋の繁華街でよく見かけるというメールがきたんです。時間にしたら14時とか15時とか…。僕が聞いている嫁のパート時間は9時~16時と聞いているので、その時間帯に繁華街に嫁がいるというのがおかしいんですよね…。一度だけではなく何度も。親友は僕の嫁を知っているので人違いするはずないんです。嫁にさらっと聞いても人違いだよ!と言われて終わり。でもなんだか腑に落ちない…。前に一度16時半すぎに急ぎの用事があったので、嫁の携帯が繋がらなかったから自宅へかけたけど、まったくでない。夕方17時すぎに携帯から電話があったときは理由を聞いたら残業だったと…。パートなのであまり残業がなくてとても助かるとか言っていたのに。まあ少し疑問に思ったぐらいであまり気にはしなかったのですが。でも、親友が嫁を見かけたという話によりなんだか嫁に対してだんだんと疑いを持ってしまっているのは事実です。浮気をしているんではないだろうか…。どうか調べて下さい、お願いします。」

御主人の話が終わると、山ちゃんはこう思いました。まあよくある話だなと…。

とくかく了解しましたとお伝えしました。御主人から携帯の写真で奥様の写真を見せてもらうとまあ大人しそうな、浮気・不倫なんて縁のなさそうな見た目でした。いや、しかし不倫に、見た目なんて関係ねえ!山ちゃんの探偵業の経験から、今までこういった見た目とは裏腹な女が、浮気や不倫、詐欺などすることが激しいんです!どれだけこのような、大人しそうな守ってやりたくなる女に騙された男がたくさんいたことか…。

とにかく奥様のパート先から終日の張り込みを重点的におこなって行こう。

さて、翌日朝、奥様の勤務先のコンビニへ向かい、駐車場にて張り込みを致します。

9:00~16:00がパート時間と聞いていますが、それ以前の時間帯に繁華街での目撃情報があるので、こういった場合、当事者はいつ何時、行動に移すか分からないので、朝一から張り込みするのに限る!!しばらく、長時間の待機時間ですな。

すると、奥様が13:00過ぎに私服に着替えてコンビニからでてきました。裏の駐車場に停めてある車に乗り込んでどこかへ向かいます。

やはり朝一から張り込みしておいてよかった~。こういった職種は、先手先手で、前もって行動しないといけないんですよね。

さてと、尾行していきますと…。奥様の車は名古屋の繁華街に向かいました。やはり目撃情報は間違いなかったということか。月極め駐車場に車を停めました。とりあえず、相方に車の中で待っててもらい山ちゃんは探偵道具をバッグにいれて奥様の後を追います。繁華街ということでたくさん人たちが行きかっています。見失わないように気を付けなくては…。奥様はメガネにマスクとマフラーをまいて顔を隠しているように徒歩にてどこかへ向かうようです。

奥様、ヒールの靴を履いているに関わらず歩くのがはやい!山ちゃんの日頃の運動不足が身に染みました…。

するとやっと目的地についたのか、奥様とある雑居ビルに入っていきました。

時間は13:25そのビルでテナントにはいっているお店は…。

なんとまあ!地元ではなかなかの有名店である風俗店。ま、まさかそこで働いているのか?それかお客さんとしてなのか?ビルに入っていく様子は写真とれたが、証拠としては薄い。なので、山ちゃんがお客を偽って店内に潜入しよう。カバンの中の小型ビデオカメラの電源をオンにし、いざ出陣!

受付らしきコーナーにいくと、カーテンで顔が仕切られている男性窓口がいました。

「はじめてなんですが。。。」と答えると、「こちらがおすすめの子たちです。」…と写真を見せられましたら、奥様が掲載されている紹介写真を発見!

おーーーー、これは間違いなくこの風俗店で働いていることがわかる証拠です。ちなみにお店ではナンバースリーの子らしい…。「んん…ちょっと考えていいですか?」と紹介写真と手に取り、ビデオカメラに写せる位置にその奥様の紹介写真を位置つけします。間違いなく撮影できたであろうということで、一人芝居にて「あーーーお金を忘れた!」と演技をし、男性窓口に「ちょっとお金をとってきます。」、と言ってその場を離れました。もうこの店には二度と行きませんがね。

引き続き、相方の運転する山ちゃん号にて張り込み継続中。すると風俗店からでてきたのはまだ日も明るい17:00ちょいすぎ。ちょっとしたバイト感覚なんだろうな。その後奥様はスーパーで買い物をして自宅へ帰られました。

奥様の調査結果としては、浮気はシロだが、風俗店の子でナンバースリーという結果。両手離しでは喜べないな御主人は…。さっそく、御主人に連絡をして結果がでましたとお伝えしました。

後日、御主人が来られたので、奥様は浮気はシロだが、実は風俗店でバイトをしていたことを伝え、調査報告書を提出致しました。

御主人は、ぽかんとしていました。そりゃそうだ…。でも、御主人から出た言葉は…

たまに御主人のかせぎが少ないときは、奥様から食費やおこづかいなどを受け取っていることもあるらしく。奥様が風俗店で稼いできてくれるのはいやだけど…。問い詰めるに問い詰めることができないし、いまの生活があるのも奥様のおかげなんだと悩んでいました。

まあ、あとはどうされるかは自分が決めることなので、、、。

これにて調査は終了!

 

さて40代男性からのご依頼です。お見合い相手の40代女性の素行調査をお願いしたいというもの。最近このような依頼が多くなってきたような気がします。

お引き受けいたしましょう。

まずそのお見合い相手の女性の情報をお聞きしました。

年齢から40代ということですが、お見合い写真を見る限りではとてもお綺麗で上品そうですよ。そして初婚で子供もいないということ。依頼者はこれにとても疑問を感じているようです。だってこんな非の打ちどころのないような女性が今まで一度も結婚したことがないなんて信じられないというのです。見た目だけの判断が一番怖いので調査をお願いしたというもの。まあこれは正解だな。

なのでそこを重点的に調べてみましょう。

さてその女性を調べてみるといろいろなことが発覚しました。まずはその女性初婚ではございません!バツ3です。その女性の実家には女性の子供たちが上は20歳から下は5歳の4人もいます。そしてギャンブルが大好きで借金もそこら中にあるということがわかりました。

すぐさま依頼者にご報告致しました。すると、とても驚いた様子でした。だってお見合いをしたときもそんな様子はまったくなく、本当にお綺麗で上品だったそう。やっぱり調査をお願いしてよかったととても感謝されてましたよ。

結婚は一大事のイベントなんで、こういった素行調査は今後より一層一般的になっていくだろうね。

今回もの素行調査終了!ではまた!

と、思ったのですが、世間で驚愕の事件がまた起きましたね!!

40代の男性が路上で40代女性を何十か所も刺して殺害したという事件が発生しました。

その理由が、女が不倫ばかりしているから…というもの。この男性が不倫相手なのか、もしくは恋愛関係だったのかはいまだ不明ですが、不倫ばかりしていた代償が殺害だなんで、この被害者の女性も思ってもみなかったでしょうね。男も女も深い関係に陥ってなにもかも訳が分からなくなるととんでもない事件に発展してしまう事がよく分かりましたこの事件で。

不倫・浮気をするならそれなりの覚悟をきめて行動しましょう。

そんなこんなで、似たようなお話が沢山あるのですな。

こんなことがありましたわ。

35歳のOLの珠美ちゃん。付き合って5年の大好きな彼氏が浮気ばかりを繰り返して、ばれたときは泣いて土下座をしてくる。そんな様子にキュンときてしまいまたよりを戻すという繰り返し。このまま結婚をしたほうがいいのか、それとも別れて心機一転新しい男を探すべきか。いま迷っておられるようです。

まあ年齢も年齢だからとても難しい選択になるのだと思います。まずはオレ様の性格でそんな男が好きな尽くすタイプの女性であればまあまあ結婚生活は続くと良いですが、常に偉そうで横柄、 上から目線 の人の扱い方は非常に気を遣うので機嫌をそこねないように気を張ります。

それ以上にお金をせびってくるのはダメ男によくある 特徴で、将来無職のヒモ男になる可能性大です。 浮気性. 複数の女性に手を出すのはダメ男の代表なんです。なのでそれらをふまえて我慢できる!という自信がおありなら結婚してもいいと思いますが、わたしの見解は…。

「そんなダメ男はやめておけ。」というものです。

すると、珠美ちゃんはすっきりした顔で今から彼と別れてきまーす!とスキップをしながら帰っていきました。

めでたしめでたし。

さらには、このようなこともございます!

浮気・不倫バレは携帯から  という格言を残したいくらいのことでございます。

本日は、28歳のとあるジムでインストラクターをしている男性タカオ君です。とてもいい体をしており、自分のたぷたぷお腹をみてとても愕然としてしまいました。

タカオ君のご相談は…。

「付き合って3年の彼女の携帯をみてしまって問い詰めたら、勝手に携帯をみたということで彼女が怒ってしまい別れることになったそうです。

一旦配偶者や恋人に浮気を疑われてしまったら、普段から信頼関係があった間柄であっても、そう簡単には浮気疑惑を逃れることはできません。特に女性の場合、相手が優しくなった、冷たくなったなどの温度差でたちまち浮気に気づいてしまいますので、浮気相手に奥さんや彼女がいる場合には、自分がもしもこの人の彼女だったら、どんな事をしたら疑ってしまうだろうか?という想像力を働かせ、浮気相手と共に気をつけておく必要があります。

浮気は刺激的ですが、長く続けるとバレやすくなるのは確かですので、なるべく短期間で浮気を終わらせるようにし、浮気バレしない程度にLINE機能などをフル活用して、危険な不倫関係を楽しみましょう。

はたまた、このような事も世間にお伝えしたい!!

ストーカーに遭いやすい人とは…。

ストーカーに遇いやすい人には、いくつかのタイプがあります。

まず温厚な性格であること。

温厚な性格の人は、ストーカーの持つ異常な執着欲や支配欲を全て受け止めてもらえるのではないかと勘違いされてしまい、ストーカーに遇いやすいと考えられます。

次に優柔不断な人。

優柔不断の人は、なにか物事を決める時に他人に委ねる傾向にありますので、そうした態度がストーカーの支配欲をくすぐってしまうのです。

最後は誰にでもいい顔をする人です。

ストーカーになるような人は思い込みが激しいため、少しいい顔をしただけでも自分に好意があると思い込んでしまいます。俗にいう八方美人ですね。

ストーカーになる人も周りが見えなくて、暴走機関車のように突っ走るタイプに多いので、このようなタイプの人達と八方美人はぴったり合ってしまうのです。なのでいろいろ気を付けて行動しましょう。相手をみて態度を変えたりしましょうね。

こんな相談も受けることがあるのですよ。

実は山ちゃん、人生相談のようなものも行っているのです。いえいえ大々的にではなく、友達の友達から受けた相談とか、知り合いを通じての相談とかそういった軽いものです。

とある女性からのご相談です。

「わたしの大学生の彼氏がサークルの仲間内で卒業旅行に、男女2:2の四人で3泊4日の沖縄旅行にいくことになったそうなんです。でも、わたしはそれを聞いてとても嫌でした。でもせっかくの卒業旅行だし、気持ちよく彼氏を送り出してあげたいという思いもあるのです。沖縄でなにもないことを願っていますが…。探偵をつけることも考えましたがわたしも学生の身なので金銭的にきつくて…。とても悩んでいます。」といった内容の相談でした。

うーーーん、これは人数が微妙だよね。もっと大人数で沖縄旅行なら、彼女もそこまで心配はなかっただろうに、男女2:2というのはダブル旅行てきな感じだし。でも探偵つけることで間違いなくやましいことがないかを調べることは可能だけど、学生をいう身分の彼女にはきつい話だよね。なので、彼氏に正直に伝えてみたらどうだろう?と言いました。

「あなたのことは信じているけど、やっぱり男女の旅行はなにかあるかもという心配はしているの。でも楽しんできてね!」という感じで伝えてみてもいいのではないかな?

どこからどこまでが男女の友達なのか。これは永遠の謎なんですよね。

 

さて。新たな素行調査です。

39歳の女性からのご依頼です。

同じ職場に勤める20代の後輩男性をいろいろ調べてほしいというご依頼です。内容としましては、まずその後輩の住まい・女性関係・病歴があるかどうかというなかなかディープな内容のご依頼です。

直接お聞きすることはできないのかを聞くと、なんとこの依頼者は結婚されているんだとか。高校生の子供さんも持つ、れっきとした母であり妻なんです。そのうえ、社内恋愛禁止の職場らしく、それがばれた日にはどちらかが会社を辞めないといけないという規則があるらしく…。でも調査依頼の一番の理由はそんな自分が若い後輩男性にいろいろ聞くのは恥ずかしいし、ドン引きされたくないから…ということです。

 

しかしその後輩男性は依頼者にとても優しく接してくるらしく、前回の会社の飲み会で酔っぱらって、強引にキスを迫ってきたんだとか。依頼者は拒否はしたらしいのですが、それからその後輩男性を意識してしまい、仕事も儘ならないと言っていました。その上、後輩男性の優しい行動にますます気持ちがふくれあがってしまっている状態らしいです。

となると、その後輩男性と結果的にはどうしたいのかをお聞きしたところ、もし後輩男性に付き合っている女性がいないのであれば、今の御主人とは離婚して後輩男性に告白をするというのです。後輩男性にしたらかなりヘビーな内容ですね…。

 

こういったある特定の人物の素行や身辺を調べる調査については、もしかして依頼者がストーカーに変貌してしまう可能性があるのでは?という一抹の不安もあるにはあります。でもまあ後輩男性を調べて、その後その調べた後輩男性に危害を加えることはないですと言ってますし、依頼者もあくまでも結婚されているというので、多少は世間体があるといいますか事件性になるようなことはしないかな…。た、た、たぶん安心かなと思いますので、さっそく調査開始しましょう!

 

その後輩男性の写真を拝見しましたが、お笑い芸人にいそうなそこまでイケメンという感じではありませんでした。見た目も軽い感じですし、この男のために今あるご自分の家庭を無くしてまでも一緒になりたいと言う気持ちが山ちゃんにはどうしてもよく分かりません…。これが女心を分からない男だからだろうか…。

でも後輩男性の内面的なものに惹かれたという可能性もあるだろうし、もしかしたら見た目とは裏腹に、ものすごく真面目で誠実で、依頼者への気持ちに対してひとすじなのかもしれませんから。

 

月曜日 勤務終了して後輩男性を尾行しました。すると、後輩男性の住むマンションは名古屋市内の普通の二階建てのマンションでした。部屋番号は215号室。しかし、後輩男性が入っていった部屋にはすでに明かりが点いていたのです。もしかしたら先住人がいるのかも…。しばらく張り込みを続けよう。

朝7時になりました。後輩男性と若い女性が一緒に部屋からでてきました。腕を組んでいますので、これは兄妹とかではないはず。。。。とにかく証拠写真は手に入れましたし、聞き込み情報からはその後輩男性には同棲している彼女がいるというネタを手に入れたので間違いないですし、依頼者にご報告としましょう。

 

後日、依頼者が事務所へ来られました。調査報告書を提出すると、若い女性の写真をみてワナワナされていたのでした。山ちゃんがお知り合いですか?とお聞きすると、その若い女性はなんと。。。後輩男性のことを相談していた、同じ職場の後輩女性なんだとか。親身に相談に乗ってくれていて、依頼者が一番信頼していた人物が裏切り行為を行っていたということだったのですね。

女の友情は信用できない。今回の調査でよく分かりました。

これで調査終了しました。またご報告します。

 

彼とは学生時代のバイト先で知り合って以来、2年の付き合いになります。
最初に彼の異変に気付いたのは、今まで従来の携帯電話を使っていたのですが、突然スマートフォンに変えてからです。あまり携帯いじりをするのが好きな性格じゃない彼でしたので、メールなども滅多に送りあったりはしませんでした。ススマートフォンに持ちかえたとたん、2人で会っている時にさえスマートフォンに夢中なのです。何してるのか聞いても教えてもらえないので、何かやましいことでもあるか心配になりました。週末に彼のスマートフォンに電話をすると、長い時間話し中になっている事もあります。彼の職場は男性ばかりなので、出会いの場はないと思っています。そうなると、スマートフォンを持ってから出会い系を利用するようになった可能性があります。どうしても真実が知りたいのですが、何も教えてくれないので、調査してくれるところを探しました。探偵社で調査してもらえそうなので、お願いする事にしました。探偵の方から、素行調査をする方法を提案されました。
平日は仕事が終わるとほとんどまっすぐ帰宅しているそうで、何も問題はないそうです。
昼休みの外食中にも、スマートフォンに夢中になっている様子が確認できたそうです。
しかし、肝心の通話先に関しては、探偵社から意外な調査結果が返って来たのです。
通話している傍で内容を聞く限りでは、ほとんど実家に電話しているというのです。
探偵社の話では、母親がどうも入院しているような会話内容だという事です。私は一気に目が覚めた気がしました。それとなく実家の話をしたところ、ためらいがちに母親が入院した事を教えてくれました。出会い系を利用するかもしれないと思い込んで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。おかげで、本当に彼が誠実な青年だとわかりました。私の早とちりでしたが、探偵の方にも、何もなくて良かったですねと言ってもらえました。

さて、新たな素行調査の依頼です。

こんな依頼でした。

“そろそろ本格的に結婚を意識する年齢になってきたので、思い切って婚活パーティーに参加してみました。
それまではこうしたパーティーは躊躇していたのですが、いざ参加してみると、多くの人と知り合うことができ、楽しい時間を過ごすことができました。
そして、そのときの婚活パーティーで良い方と知り合うことができ、連絡を取り合うこととなったのですが、いざお付き合いとなると不安がありました。
婚活パーティーでは初めて会った人ばかりでしたので、相手の素性がよくわかりませんし、やはり付き合う場合は結婚を意識していくこととなりますので、身元のしっかりした人でないと困ってしまいます。
かといって、せっかくの出会いのチャンスを無駄にしてしまうのもどうかと悩んでいました。そこで素行調査を行い、安心できる相手かどうか見極めることにしました。
素行調査は素人では限界がありますので、やはりプロの探偵に素行調査を依頼することを検討することにしたのです。
信頼できる探偵社を選びたいと、いろいろと情報を調べたところ、こちらなら、評判もよく、安心して依頼できると思い、こちらの探偵社に依頼することにした次第です。”

まずはどんな経緯で探偵の調査を必要としているのかを、お聞きしましたら、先の話の事を話され、婚活パーティで知り合った人が何ものであるのかを探偵に調べて欲しいということでした。話しているうちに、うちの探偵社の事をよほど調べられたのでしょう、こちらは東海地方を中心に地域密着型で親身に応じてくれると評判ですなんですね。と、話して下さいました。

いやいや、実によく調べられたと思いますが、素直にみなさんにそのように評価されて有難いことですとお話したんです。
そして、婚活パーティーで知り合った人が気になっているものの、相手の素性がよくわからず、交際に踏み切れない事を相談されました。このような相手がどのよう人なのか調べるのも探偵の業務の1つなので、調査の流れと、料金の話などをさせて頂き、心配に感じておられることも何点かあったようですが、話を聞いて安心したようで、こちらで素行調査を依頼することにしました。
素行調査というと料金も気になっていたんですよね~と、おっしゃられていましたが、具体的な料金の希望も提示してくれていたのもあり、こちらも今までの素行調査の大体の金額をお伝えしていたので、依頼者さまも安心されたようです。
費用についても他の探偵社よりも良心的という印象を受けましたそうです。そしてしばらくして調査の結果を得る事ができたのですが、心配していたようなことは何もなく安心して付き合える相手とわかりほっとしたようです。
“調査をしていなかったら、婚活パーティーで得られたせっかくの出会いも無駄になっていたかもしれません。おかげで、安心して相手とも付き合えそうですし、メールや電話などにもより優しく接していくことができそうです。”と、おしゃっておられましたよ。

 

相続問題は、時代を問わず家庭のトラブルの元となっています。遺産相続により、交流が断絶となってしまった親兄弟は数多く存在します。親が元気な頃は、そんなトラブルは自分たちには降りかからないと高を括っていても、親が死亡した際にはどうなるか分からないものです。最近は贈与税の関係で、生前贈与をするお年寄りが増えてきました。少子高齢化や、年金問題も伴い、政府も一定の条件を満たせば生前贈与にかかる贈与税を減免する措置も考えているようです。相続問題は探偵ではなく、弁護士の仕事ではないのか、と思われがちですが、意外と相続に関する問題を探偵事務所に持ち込まれるケースはあります。

遺産を贈与する側が死亡した場合、遺産相続の権利を持つ人、つまり法廷相続人は配偶者と子供なのは誰もが知っていることだと思われます。遺書があれば遺書通りに遺産相続手続きが行われますが、遺書がない場合は、法廷相続人を明確にさせなければなりません。つまり、贈与者の現在家族とされる人物以外に、戸籍上に記載されている子供がいないかを調べなければならないのです。これを調べることは、弁護士自身が行う場合もありますが、探偵が請け負う場合もあります。

例えば贈与者の前妻との子供であれば、長年音信不通であっても、法廷相続人なので、相続の手続きに入れなければなりません。ですので、戸籍や住民票を頼りに子供と連絡を取る必要があります。また、贈与者が遺書できっちり遺産相続を決めていても、前妻の子、または認知した隠し子が現れて遺産相続の権利を主張すれば、遺留分として相続させなければなりません。そこは弁護士の仕事となりますが。探偵は、先述した通り贈与者の戸籍上にある子供で、音信不通になっている人を探し出すことが仕事です。所在調査ということが多いでしょうか。または、贈与者が生前贈与を行うので、連絡の取れない子供やその孫を探し出して欲しいという依頼も請け負います。遺産問題は周囲が思っているより根深く、今まで仲の良かった親類縁者が急に争うようになります。ですので、資産がある人ほど、生前贈与を秘密裏に行いたいと考えているようです。また、自分が死亡した場合に、隠し子や前妻の子が遺産相続にしゃしゃり出てこないようにするため、あらかじめ生前贈与しておくという人もいます。
素行調査は探偵にはお手のものですので、もし、生き別れとなった子供がいれば、探偵に調査依頼しておいた方が、後々のトラブルは回避されるかと思われます。

 

“恥ずかしながら、会社の上司と不倫の関係になってしまいました。”という相談を受けることもあるんですよ。その方曰く”不倫というと、相手の家族に対しても申し訳ないし、自分にとってもいいことは何もないというのが一般的な考え方ですよね。私も不倫なんてもうやめようとこれまで何度も思ったんです。でも、相手から自分の家庭はもう崩壊している、離婚するのも時間の問題だと言われました。そして、奥さんとの離婚が正式に決定したら私と結婚したい、私との将来のこともちゃんと考えているという言葉をもらいました。私の中には、不倫はいけないことだと思いながらも、彼のその言葉を信じたいという気持ちがありました。でも、もし、彼の言っていることが私と関係を続けるための嘘だとすれば、私は単に遊ばれているだけだということになります。しかし、私には相手の家族の家庭の状況など知りようもありません。ですがどうしても、これから先彼との付き合い方をどうしたらいいのか明確にしたかったので、探偵社に調査の相談をいたしました。”と言うことらしいです。

話を聞きながら、男性の家庭はもう破たんしているとか、君との結婚を考えているってよく聞く話だな…とは思ってはいたのですけれど。

彼女はこう続けました。”家族のある人と不倫をしている私ですので、本来は配偶者の立場にある方から、浮気調査を受け、証拠を掴まれて問いただされる側の人間なのかもしれません。そんな私が、探偵社に依頼人として調査をお願いするなど、してもいいのだろうかという迷いがありました。しかし、不倫相手の家族の状態を知りたいという恥ずかしい依頼ではありましが、調査をお願いしたいのです、と。なんとなく、展開は見えそうな気はしましたが、依頼は依頼です。もしかしたら、本当に家庭は破たんしているのかも知れない…。

事実は調べてみないと分かりません。

お受けしましようと、調査開始です。

探偵社が調査した結果ですが、相手の家族には特に大きな問題は見られず、ましてや崩壊しているとは言えない状態であるということがわかりました。彼女に伝えるのはとても残酷な気持ちはありましたが、調査結果は調査結果です。資料をもとに彼女に報告しました。”私は完全に相手から遊ばれていたことが決定的になりました。そしてそれだけではなく、自分のしてきた行為を相手の家族に対して申し訳なく思う気持ちでいっぱいになりました。私に家族との状態や将来のことについて、嘘をついた相手のことは許せませんが、そんな人の誘いに乗ってしまった自分のことも恥じています。今回の調査のおかげで、もうバカなことはしないという気持ちになると同時に、真実を知ることができたことで気持ちがすっきりしました。もう同じことは二度と繰り返さないという決意とともに、前に進んでいきたいと思っています。”とおしゃっていました。

 

 

 

探偵もつぶやきたくなります 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

20代の女性が事務所へやってきました。名古屋市内にある○○探偵事務所に彼氏の浮気調査をお願いしたらしいのですが、調査が終了したということで報告書をみたら、彼氏の顔は横顔だし、彼氏かどうかわかるのはいつも着けている鞄のキーホルダーで確認するぐらい。しかも、相手の女性は一体誰なのかなんなのか分からない様子。。。

高いお金を払ってこんなお粗末な調査報告書を提出するなんておどろきです。もしバッチリな顔写真が撮れなかったら、山ちゃんだったらやり直しますよ!というか、顔がバッチリわかる写真じゃないとおうちに帰れないぐらいです。

いい探偵、悪い探偵にあたるのは運なのかもしれません。

今の時代、SNSの口コミなんてあてにならないしね…。

名古屋市では山ちゃん探偵事務所へぜひどうぞ!

女性のタイプも様々なでめんどくさい女っているんだなって、この歌を聞いて改めて知りましたよ。

いま、西野か〇のトリセツという歌がユーセンで流れているんですが、ポップ調でとてもいい感じの音楽なんですが、歌詞をみるととてもとても面倒くさい女爆発ですよ。

定期的にほめろとか、サプライズでプレゼントしろとか、一点ものにつき返品は受け付けませんとか…。
こんなこと言う女性本当にいるの?こんな女性は付き合って、もし別れることになったらストーカーに変貌しやすいのではないかな。
これは山ちゃんの独断で思っているだけなのであしからず。

もっとさっぱりとした女性が好みの山ちゃんでした!
明日から本格的な世間はお盆休みですが、探偵にお盆休みなんてありません…でもお盆休みは基本家族で過ごす日なので、浮気調査もあまり入りません。
なので、別のストーカー調査とか人探しなどを行ってきます。

みなさま車事故や水難事故にはお気をつけてくださいね!

SMAPが年内解散という衝撃のニュースが入ってきました。これには山ちゃんも普段あまり芸能界には興味がないのですが、えーーーー!と大声を出してしまいました。国民的アイドルで25年もトップを走り続けてきたSMAPが解散なんて誰もが驚くでしょう。

別に浮気したやら不倫したやら薬物したやらでなく、グル―プ内の溝が深かったと言うもの。とても残念です。探偵をしていてアイドルの自宅所在地を教えてほしいという依頼も多少はありましたし、もちろん断ってましたが。アイドルも大変なんだと思いました。解散してもそれぞれ個々に頑張って芸能界でも活躍して欲しいですね。

お盆もすぎると、ようやく暑さも弱まりました。尾行も少しは楽になるはずです。一度車内で張り込みを灼熱の夏に行っていたら、熱中症になり倒れる寸前でした。しかも、一人での張り込みだったため、どうにもできず。

そして、その対象者がものすごく注意深くて、車内もエンジンをかけっぱなしだと気付かれてしまう恐れがあるため、エンジンもシャットダウン。窓も開けられないという過酷な状況でした。ふらふらに意識が遠のく寸前で、相方が来てくれて一命を取り留めました。

あそこで倒れていたら、調査もなにもかもだめになっていたでしょう。なので、それ以降は、必ず塩アメ、スポーツドリンク、冷えピタの三点セットを持参するようになりました。

さてそれらを持って張り込みに行ってきます!

探偵のつぶやき…

どうしても出ちゃいますね…。

またもやひどい事件が起こってしまいました。

埼玉県東松山市下唐子の都幾川河川敷で16歳少年の遺体が発見された事件が起こりました。全裸で下半身と片腕が埋まった状態で、手にはあざがついていたそうです。ありえない…。死因は溺死らしいのです。いったいなにがあったのか。そして逮捕された犯人は、みな未成年で16~17歳の少年たちでした。最近、このような大人でもできないような凶悪なことを未成年である彼らは簡単にやってしまうのです。

大人だからとか子供だからとか関係ないのかも知れません。

こうしたら、こうなると言うような想像力が先まで働かないから、その場の感情で行動を抑制することが出来ないで、犯行に及んでしまうのではないかと思うのです。結果、どうしようって…。なるんでしょう。

最初は面白がってやり、だんだんエスカレートしたら死んでしまった。仲間意識が強いのか、自分が止めると代わりにやられてしまうという恐怖心から、加担してしまうのだと思います。大人が止めないから、子供たちはなにも怖いものがなく、こんなおそろしいことをやってしまうのです。

山ちゃんも出来る限り、探偵業務時はやはりあまり目立つ行動をすると対象者にばれてしまう恐れがあるので、私用では少年たちがおかしな行動をしていたら注意するようにしています。でもやっぱり注意した事によって報復が怖くないといったら嘘になりますけどね…

とは言っても、感情がとっさに出てしまう事もあるんですよね。

非常識な親子相談もありましたね…。

みなさん、住居不法侵入罪をご存知ですか?

一般宅の場合、囲いが無い場所に対しての立ち入りについては、不法侵入にはあたらないんですが、壁などにより、外部と接していない庭など明らかに、専有部と接している場所においては立ち入りについては、住居侵入罪となります。
今回、山ちゃんの知り合いの奥様からこんな相談が入りました。

「自宅のガレージに子供達が遊ぶように、ビニールプールを出して、水を張って水を温めようと日光にあてていました。二時間ほどがたち、そろそろ暖かくなったかな~?と思い、外へでてみると、見ず知らずの2歳手前位の子供がプールの中に入って遊んでいました。その母親はしゃがんで気持ちいいね~などしゃべってました。わたしはびっくりして、しかも、ガレージ内のビニールプールだったので、敷地内で入ってきていたのでとても驚きました。しかも、その子供はすっぽんぽんで水遊びパンツも履かせていなかったので、とても不衛生に感じました。

わたしが家からでてきたのが分かったのか、その母親はすっぽんぽんの子供をさっと自転車の後ろに乗せて、なにも言わずに走り去っていきました。もうわたし言葉も出なくて…すると、後日ママ友にこの件を話したら、同じことをされた人がいるとのこと!間違いなく同一人物だと思いました!

ママ友からその親の自宅住所は確認できました。いちどこの親に一言物申したいのですが、逆切れされたらこわいし。。。警察にこの親を不法侵入罪で訴えることができるのですか?という相談でした。

今回の場合は、通常出入り口から玄関前については、不法侵入にはあたりません。ただし壁や柵などを乗り越えて入った場合は、不法侵入となります。なので、ガレージの前に高い柵をつけてそれでも侵入してきたら不法侵入罪で訴えてもいいと思いますとお伝えしました。

そうは言っても、明らかによその家のプールじゃないですか?

普通じゃない感覚の人っているだな…って感じです。

そういう人って、普通の概念が違うから、真正面から訴えた所で、のらりくらりとかわされることも多いんですよね。

だから、対処法を知っておかないとですね。

この世の中変な大人が多いんだと痛感しました。。。

またまた、探偵山ちゃん、つぶやいちゃいますよ。

先週、友人との飲み会でこんな相談をされました。

「俺の彼女が俺の携帯を勝手に見ているかもしれないんですが、証拠がなくて…。携帯を勝手に見る女とは付き合っていけないので。携帯を見たという決定的な証拠がほしいのです。山ちゃんなら良い案があるかと思いまして。」

なるほどね。みんな携帯電話の中身は秘密がいっぱいですな。携帯電話を見られたらプライバシーも、秘密もボロボロ全開ですよね。方法は簡単で、とある機能設定を変更するだけで、彼女が勝手に携帯をみたかどうかがわかります。その機能は、バックライトの証明設定です。携帯電話を操作すると自動的にバックライトが点灯し、液晶画面の文字が見やすくなりますよね。そして一定時間、何も操作をしないでいると、バックライトは自動的に消えます。通常は何も操作をしない状態で1分から2分くらいでバックライトが消える設定になっていますが、これを最大値に設定します。例えば、99分など。。。すると、一度携帯電話を触ると、99分間、バックライトが消えなくなります。電源を切って、再び電源を入れても同様にバックライトが消えないのです。もし誰かが勝手に携帯電話を触ってしまえば、その事実をバックライトが教えてくれるという訳です。これだとおちおち彼女は勝手に携帯電話を見ることができませんね。しかし、これまた電池の消耗を早めますので、彼女と会うときのみにしたほうがよさそうです。

これを友人に教えてあげたらとても喜んでいました。良い事聞いた!と…。男女の付き合いっていろいろ大変なんですね。

どんだけつぶやくんだよって思われるかも知れないですけど、探偵のつぶやきはまだ続きますよ。

こんなニュースが流れておりました。

婚活サイトで知り合った女性に「俺の父親はヤクザだ」などと言い、現金2万円入りの財布を脅し取ったとして、29歳の男が逮捕された。
警視庁によると、逮捕された男は先月14日、東京・杉並区のホテルで、婚活サイトで知り合った29歳の女性に対し、「俺の父親は山口組のヤクザだ」などと脅迫。さらに、その後、一緒に乗ったタクシーで、「人質代わりにカバンを置いていけ」などと言い、現金2万円が入った財布などを脅し取った疑いが持たれている。

調べに対し逮捕された男は、「すべて弁護士と会ってから話す」と話し、容疑を否認しているということだが、今年に入り、同様の手口による被害相談が警視庁などに数件寄せられており、関連を調べている。 という事件。

婚活サイトは結婚したい人たちが、手軽に登録でき、気軽に異性を知り合うことができるサイトとして、とても人気がありますよね。実際、山ちゃんのサイトに登録しようかな・・・と考えたこともありました。しかし、こんな事件があると、やはりSNSというのは一歩間違うと、犯罪と隣り合わせなんだなと痛感しました。登録する前に、なにか証明書のようなものを提出して、就職先とか間違いないかを調べてほしいですよね。でも、なんでも偽造できる時代ですし、これじゃますます結婚しない人が増えていくでしょうな。そして少子化。高齢化社会という悪循環になっていくのでしょう。あーあ、婚活サイトじゃなく、テレビドラマのように偶然に知り合うという出会いに憧れている山ちゃんでした。

さて今日もなんだか驚きなニュースが流れておりました。小学校の教頭が男子トイレで盗撮したというニュースでした…。

その逮捕された教頭は、男子トイレの個室の上からスマートフォンをかざし、隣の個室にいた男性(17)を盗撮した疑いがあるというものだった。男性が盗撮に気付き、立ち去ろうとする容疑者を図書館の外で問い詰め、署員に引き渡したという。

ひと昔前までは、性犯罪の被害者は女子が大半だったけど、最近は、男子へのわいせつの犯罪が増えてて、男の子だから大丈夫と安心出来ない世の中ですよね。

また小学校の教頭ということで子供たちを預かるものが、こんな事件を起こすなんてなにが安全で…というのがよく分からなくなっています。

気を付けなくてはいけませんね…

最近というか、昔からあったであろう猟奇的殺人とでもいうのでしょうか?人が行った犯行とはとても思えない酷い事件が起きたようです。

ニュースが流れておりました。実の姉が弟を殺害、死体をバラバラにしたというもの。まずこの事件にはいくつかの謎がありました。

1つ、まずこの姉と弟は一軒家に2人暮らし。父親は病死しており、母親は離婚してからは別のところで住んでいたそう。

2つ、弟が友人たちと連絡が取れなくなり、友人たちは自宅へ伺い、姉に弟と会わせてほしい、この目で弟を確認したい、という要望を伝えたそうです。友人たちはなぜそこまで姉に弟に会わせてほしいと懇願したのか。生前、弟からなにかを聞いてのことだったのか。

3つ、姉と弟は近所からの目撃情報によるととても仲良さげな姉弟だったそう。姉の供述からいくと、些細なことでけんかになり殺してバラバラにしたそう。。。

しかし歳の近い姉弟だったら、多少は喧嘩もするでしょう。でもいくら喧嘩をしたからって殺してバラバラにはしないでしょう。

でも骨肉の争いというように、他人よりも血のつながった親族・家族たちのほうがブレーキが利かなくなり、とんでもないことになりかねないのでしょう。

家族・親族だからって、安心なんてことはないのかもしれませんね。いつどんなタイミングでとんでもない事件に巻き込まれてしまうのかもしれないです。異変を感じたら、周りに相談しておくことも大事かもしれませんね。

またこんな、身の毛もよだつニュースが流れておりました。

横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物を混入された入院患者2人が中毒死したというもの。

4階ナースステーションに残されていた未使用の点滴袋約50個のうち複数の点滴袋で、ゴム栓部分に貼られた保護フィルムに細い針で刺した穴が見つかり、この中には2人以外の患者の名前が記された点滴袋が含まれていたことが捜査関係者への取材で分かったそうです。

神奈川県警は無差別に異物を混入させた可能性もあるとみて内容物を調べているという事件…。

このような無差別事件は海外でみたことがありますが、人の命を預かり、安心を与える現場でこんなおそろしいことが起こるなんて信じられません。

医療知識があり、内部犯行の可能性が高いということですが、白衣の天使が凶悪犯なんていうことがありませんように。

病院行くのがこわくなった山ちゃんでした。

世の中、とんでもなく多い事件が起こっていることに驚かされます。

大分県の24歳の女性が消息不明ということで、公開捜査になり顔写真が発表された。。。この女性、無断欠勤が一日あり、それ以前は勤務状態は真面目で、無遅刻・無欠勤だったため、会社側がすぐに両親に報告したそう。

そして、両親もすぐに警察に捜索願を出したそうです。

行方不明になるまでの時間がとても短いことから、無事でいてほしいですよね。。。こんな真面目な女の子が事件に巻き込まれたなんてとても悲しいし、本当に最近こんなストーカー事件が多くなった気がします。

そして、失踪直前までの足取りがSNSでわかる時代なんだと痛感します。失踪直前までLINEを交換していたそうです。となると、失踪した正確な時間が分かって来るのだと思います。

女性の一人暮らしはとても危険なんですね。

そして、両親は毎日娘である女性と毎日連絡をとっていたそうです。心配だったんですね。。。

どうにか、早く見つかりますように。。。

さて次の探偵のつぶやきは…。

芸能界のニュースをみてのつぶやきです。

歌舞伎役者である中村橋之助さんが不倫をしていたということ。奥様は三田寛子さんでとてもおしどり夫婦の印象があったのですごく残念でした。

そして釈明会見で橋之助さんが発していた言葉。

「不徳の致すところ」この言葉ばかりを発していました。なんて都合のいい言葉なのかと思いました。結局は不倫事実があったのかどうかはっきり言うのならまだしも、全ての答えが「不徳の致すところでした。。。」

なんて、視聴者としてはとても後味の悪い会見だったと思います。とても都合のいい言葉ですね。山ちゃんもなにかあったら不徳の致すところでした。。。と使ってみようかな。

歌舞伎役者の不倫は芸の肥やしだとか言われますが、そんなん今の時代に通用しないと思います。歌舞伎役者だろうが、家族を大事にしなくていい演技ができるとは思いません。

橋之助さんと三田さんの今後がどうなるか気になります。離婚だけはしないでほしいな。

あと、追伸ですが、乙武さんは離婚となりました。やはり不倫・浮気して最終的には離婚となる可能性が多いんですね。

まらしても、芸能界のニュースでこんなことを考えてしまいました。

こんなニュースが流れておりました。作詞家でプロデューサーの秋元康さん(58)を殺害するとツイッターに書き込んだとして、警視庁捜査1課は28日までに、威力業務妨害容疑で、塾講師米田昌訓容疑者(39)=大阪市西区北堀江=を逮捕したというもの。

「秋元さんを殺すと投稿したことは間違いない」と容疑を認めているようです。

逮捕容疑は6月8日午後11時40分ごろ、スマートフォンからツイッターに、「秋元康か、関わるアイドルを襲撃して殺してやる」などと投稿し、イベントを企画する制作会社の業務を妨害した疑いがあるとして逮捕されました。ツイッタ―などのSNSに殺害予告の記事に載せるなんてすぐにばれるに決まってるじゃないですか。

しかもなぜ予告をするのか。予告するということはそういうことをするつもりがないということでしょう。探偵業をしていると、本当にやばい人は予告なんてせずにちゃっちゃと行動に移すことが分かります。

SNSで発信させること自体が、かまってちゃんなんでしょうね。

これでつぶやきは終わりです。

また明日リアルタイムな依頼をご報告致します。

 

探偵のつぶやきはまだ続きます。

先日、とあるテレビ番組を見ていた。

桶川ストーカー殺人事件について放送されていた。桶川ストーカー殺人とは、被害者が事前に警察にストーカーの相談をしていたにも関わらず、警察のずさんな対応により、結果殺害されてしまったという事件。しかも、担当刑事が告訴を取り下げるよう依頼し、それを受け入れてもらえなかったので、勝手に被害届に改ざんしたというとんでもないことが行われていたのです。この桶川事件がきっかけで、ストーカー規制法安ができたのだが、今もなおストーカーによって命を狙われることが多々あります。

わたしたち探偵調査員もストーカー対策のためにしっかりと調査をしていかないといけないと思います。。。

 

またつぶやいてしまうけど。。。

またもやストーカーで若い女性が殺害されたというニュースをみた。

元交際相手の女性の遺体を遺棄したとして警視庁捜査1課は25日、住所不定、無職、佐賀慶太郎容疑者(50)を死体遺棄容疑で逮捕した。

「借金の話をつけに行ったが、騒がれたので刃物で刺して殺した。遺体をばらばらにして川に捨てた」と供述しているらしい。

佐賀容疑者は「中元さん方の浴槽でばらばらにした」と供述。

中元さんが佐賀容疑者から60万円を借りていたことが分かっており、同課は金銭トラブルがあった可能性があるとみている。という事件だそうだ。まずは50歳のおっさんが24歳の若い女性と付き合えることが少々驚いた。もしかしたら金目当てで50歳のおっさんと付き合っていたのだろうか。しかしそれは本人にしか分からないし、軽はずみには決めれない。

別れるという話から、殺されてしまう事件が本当に多くなったように思う。別れるとなり、すぱっと諦められない大人が増えているということか。ストーカー行為があったため、殺害された女性は、警察に相談もしていたそうだ。その矢先にバラバラにされてしまったということだ。

警察がもっとしっかり動いていれば殺されることがなかったのかもしれない。でも、それ以前に、自分が引っ越すとか実家に戻るとかできなかったのだろうか。もしかしたら、彼は殺すまではしないだろうと思っていたのかもしれない。生きている人間ほどこわいものはない。人をむやみやたらに信じるのはやめようと思った。本当に後味の悪い事件だ。

またまたつぶやいてしまう。。。

もう12月に突入しました。この時期は、クリスマス前後に夫・妻・彼女・彼氏を調査してほしいという予約がすでに入ってきています。

たぶん仕事だからクリスマスは会えない。。。バイトが抜けれないからクリスマスは会えないんだ。。。という言葉を言われて、疑っている方たちがさっそくクリスマスイヴやクリスマス当日に調査してほしいと事務所へこられるんですよね。なので、名古屋探偵事務所の調査員だけでは手がまわらないこともあるので、短期の調査員を増員することもしばしあります。元調査員だった人などに連絡をし、クリスマス時期だけお願いをするんです。やはり元調査員となると、昔の経験値が覚えているのか山ちゃんが言わんとする事もしっかりと調査してくれますし、新たな新人君を雇うよりもとても助かるんです。しかし、もう山ちゃんもいい年なので世代交代することになると、ちゃんとした若手を育てていかないとだめなんですよね。最近は、探偵調査員になりたい!という若者も減ってきてますし。いろいろ考えていかないと。。。

探偵のつぶやきは続く。。。

今日は本当に馬鹿らしいと言うかSNSの影響力を感じたニュースが流れていました。

とある28歳の男が動画サイトにアップしていた動画があまりにも低レベルすぎる…。とあるコンビニで売り物であるおでんにその男が指でつんつんしている動画。頭が悪すぎる。しかもこの男、このような悪ふざけの動画を自分で撮影し、自分で動画サイトにアップしていたのだ。自分の意思なのだ。そのおでん動画以外にも入院中の友人を訪ね、、マヨネーズや生卵をぶっかける。明らかに四人部屋のようだった。他に、自分の尻出し動画など、もう頭が悪すぎで信じられないような動画ばかり。その動画を不特定多数の人間が閲覧し、炎上したら反省を示すどころが、鼻をほじりながら、馬鹿にしたような態度でまた動画をアップしていた。炎上する事を楽しんでいるようだった。この男はなんと二児の父親。こんな父親もって子供たちが不憫だ。父親のような人間にはならないでもらいたい。

全国ニュースで流れたら男はこう言っていた。「こんな大事になるとは思ってなかった。」良い大人が自分の行動に責任を持てないなんて、大人失格だ。SNSの脅威を知らなかったなんて低レベルすぎる。

おでんをつんつんされたコンビニは、刑事告訴も考えているとのことだった。一度自分の犯した罪を償って反省したほうがいいだろう。

 

探偵のつぶやきは続く。。。

とあるニュースで保育園建設の反対する人はほとんどがお年寄りという調査結果がでたらしい。子供の楽しそうな声を聞くのがストレスになるらしい。

子供のちゃんとした成長が未来の日本を支えると言ってもいいのに…。外で遊ばさず、狭いホールだけで遊ばせる。周辺住民に気を使って大きな音を出さないようにする。そんなので、子供の成長を考えているのではないだろうに。

保育園が不足すると、待機児童が増える。待機児童がいると、働きたくても働けないお母さんがでてくる。とても矛盾している。結婚しろ、子供を産め、保育園に預けて働け、全てがおかしい。周辺住民に保育園を建設することを許可得ずに建ててしまえばいいのに…と思ってしまう山ちゃんでした。

また新たな調査が入ったので、報告します。

どんだけつぶやいているのだと、自分でも思うが、探偵はつぶやかずにはいられない。

またむごたらしいストーカー事件が発生してしまった。

長崎市内の市道に止めた車の中で、女性が刺されて死亡した殺人事件で、刃物で刺され女性の傷が10カ所以上に及んでいたことが、捜査関係者への取材でわかったそうだ。県警は30日、女性の死因を失血死と発表。強い殺意で襲われたとみて調べている。とのこと。

女性は28日午前11時40分ごろ、長崎市三景台町(さんけいだいまち)の市道に止まっていた軽乗用車の運転席で血を流して倒れているのが見つかり、搬送先で死亡が確認された。足元にナイフが落ちていたことなどから、県警は事件とみて捜査。元夫(30)が近くの自宅で首をつっており、県警は、元夫が女性を殺害後に自殺した可能性があるとみている。

捜査関係者によると、女性は昨年11月、地元の諫早署に「元夫が家に来るかもしれない」などと相談。署はストーカー事案として受理し、月に数回、女性と面会したり、電話連絡したりするなどして、対応していた。また、女性の電話番号を県警が登録し、緊急時の110番通報があった場合は、通信指令課から署に連絡する体制をとっていたという。

これは元夫がストーカーに変貌し、元嫁を殺害、そして自分も自殺というとても後味の悪い事件となってしまった。

なぜ元夫がストーカーに変貌してしまったのだろうか。離婚の際、ちゃんとした話し合いができずに、ほぼ強制的に離婚となり、子供のことでももめたのだろうか。しかし、真実を知る2人がもうこの世にいないということは事実が明らかにされることはもうないのだろう。

 

警察も被害者から以前にストーカーの相談を受けて、緊急の連絡が入れば通信指令課から署に連絡がいくという体制だったとしても、そんなので間に合ったのか。これにも謎が残る。

しかし元夫が自分を殺害するなんてもしかしたら被害者もそこまでは思ってなかったのだろう。一度は夫婦になり幸せだった結婚生活そして子供を授かり、幸せな時間もあっただろう。心のどこかで殺されるという危険性は考えになかったので、車に一緒に乗り込み話し合いでもしていたのだろうか。これはもうわたしの想像にしかないのでなんとも言えないが…。

今後こういう事件がなくなる事を祈ります…。

また依頼が入りましたらご報告しますね。

 

探偵をしていると、女性の涙を目にする機会が多いのですが、女の涙にはご注意を…

僕たち探偵業の職業病??というか身についた能力というか?!様々な案件に出会っているうちに分かってきたことをお伝えしたいと思います。 今回は、ちょっと視点を変えて男が浮気する時、女が浮気する時の行動をご紹介したいと思います。

依頼者の奥様と、浮気をした夫、そして僕と三者会談で嘘をついているなぁと見抜くのは世間でもよく知れた「目をそらして会話をする」という行動ですが、これは実は男性特有の物。女性の場合は全く逆の行動をとります。 「私は嘘はついていないの!本当よ!私を信じて」と言わんばかりにじっと、目を見つめて平気でうそをついてきます。この行動は、ウソがばれていないか確認し、またそのことをどこで知ったかを探ろうとし、次にどのように嘘をつけば収束に向かえるかを瞬時に判断している訳です。ちなみにこういう女性は浮気を繰り返します。こんな都市伝説があります。携帯の機種変更をしまくる女は浮気癖がある…。本当かどうかは分かりませんが…。タチが悪いですね。

またもや警察官僚の不倫報道がニュースで流れていました。

内容としては、40代の警察官僚が30代の女性と不倫関係となり、警察の機密情報をその不倫相手に漏らしていたというとんでもない内容でした。

しかも、その不倫相手が撮影していたというその警察官僚のおそまつな動画?もTVで流されてしまい、こんな人間がエリートである警察官僚なんて日本の警察は大丈夫なのか?と思わず思ってしまいました。まあ全ての日本警察官全てがこんなんではないと思いますが…。

そして、その不倫相手の女がなぜテレビでのインタビューを受けたのか。そしてなぜ不倫の様子を洗いざらい話したのか。理由としては、その警察官僚の男は以前風俗に通っていたのが奥さんにばれておこづかいなしになってしまったらしく、いつも貧乏アピールがすごかったというのです。不倫相手は会社役員だったので、二回目のデートからは全てのホテル代・食事代は不倫相手が出していたらしいのです。しかし、不倫相手の会社が経営状態が悪くなり不倫相手もあまりお金も使えなくなってきたところ、2人に別れ話がでたということでした。不倫相手曰く、警察官僚は毎日のように不倫相手に結婚しよう結婚しようと話していたらしいのです。なのに、不倫相手に使えるお金が無くなってきたらさっさと別れるなんて、不倫相手も黙って去るわけにはいかなかったのでしょうね。テレビを通じて復讐というわけですね。

女とお金に溺れてしまった警察官僚…。今後どのような処分が下されるのか。そして家族もどうなるのか。不倫はばれた時がリスクが高いのでもし不倫を今からしようかどうしようかと考えている方がいましたら少し思いとどまって考えてみましょう!

またつぶやかせてもらいますよ。

今日の朝、とても後味の悪い事件が報道されていました…。

義理の父(65歳)と娘(28歳)の間に子供ができてしまい、その生後間もない赤ちゃんの首を刃物で切り殺害し、その遺体を遺棄したというもの。

まず、山ちゃんは頭があまりよろしくないので、その関係性を理解するのに多少時間がかかりました。

まず、義理の父というのは、娘の母親の再婚相手。その再婚相手と性的関係を持ち、それによってできた子供を殺害したということ。

娘が28歳で、15年前から義理の父と同居生活が始まったということは、性的関係になったのは、娘が13歳のころからということではないか。

なんという鬼畜な父なんだろう。娘も殺害容疑で逮捕されたということだが、もしかしたら娘も被害者の一人なのではないだろうか。だから、娘は自ら自首したのではないか、このおかしな関係を断ち切る為に助けを求めて…。

そして、年頃の娘さんをもつシングルマザーの方たちに一言。

 

再婚する際は、娘さんのことをまず一番に目にかけて下さい。親の都合で子供たちを振り回さないでください。   以上。

 

探偵事務所での仕事は大変なことだらけです。しかし、いろんな人との出会いもありまして、出会いにより、依頼された案件がちょっと手こずったりすると、その出会った方々より協力してもらえたりといったことで、とても助かったことが多々ありました。

そんな出会いの中、協力してもらえたことは山ちゃんの調査内容がよかったと言ってくれた方たちなんです。その方たちは自分が大変お辛い思いをされて、わらにもすがる思いで弊社にご依頼されてこられました。そして、その調査結果により、とてもすばらしい未来が待っておられることを想像されてのことでした。

 

探偵業務は一人でもくもく行うように思えますが、そうではありません。

いろんな方たちの協力が必要なときもあるんです。協力してもらい、そこから真実が生まれるのです。枝分かれのように、縁を増やしていく。捜査が難航したときに、○○の知り合いや、以前に調査をさせていただいた○○さんに相談してみようかというふうに、証拠が集まり、調査が成功につながる可能性がでてくるのです。

なので、傲慢にならずに謙虚に調査をしていくことが探偵業務を成功させるカギだと山ちゃんは思っております。

1つ忘れられないお話しがありましたので、ご紹介いたしましょう…。

みなさんは結婚する前にあなたの妻・もしくは婚約者がどんな生活をしていたか知っていますか?
5年つきあった彼女とようやく結婚にこぎつけたTさん。

本当はもっと早く結婚するつもりだったのですが、Tさんの仕事の関係や彼女の親戚の不幸等が重なり、なかなか結婚式をあげられなかったそうです。 お互いいい年だったんですが彼女も結婚なんてすぐじゃなくていいよという感じだったのもあったので、気づいたら5年も経っていたということです。

幸せ絶頂である式の当日、Tさんにとんでもないことが発覚します。
Tさん側の控室に届いた一通の祝電と茶封筒を見てみるとそこには衝撃の内容が…。
なんと、彼女の5年間にわたる不倫の証拠と、慰謝料未払いの浮気相手の奥さんからの告発状だったそうで す。それをみたのは式がもう30分後にはじまる時間。

Tさんは式どころではなくなってしまい、号泣しながら家族にその郵送物を見せたそうです。
しかしすでに参列者は教会の中に整列し、式は途中で取りやめることもできずに、涙でパンパンに腫らした目のまま式を続行しましたが、終わった後に彼女に不倫の証拠写真と告発状をみせ問いただしたら、謝るどころか開き直ったように逆切れ!
彼女の両親もまさか自分の娘が不倫をしていて慰謝料まで請求されていたとは知らなかったようで、涙を流してTさんたちに土下座をしていたそう。もう地獄絵図そのものだったようです。

そしてその場で結婚は破断となったみたい。
不幸中の幸いで入籍は式後にすることになっていたそうで、それだけは救われたそうです。

結婚式のかかった料金もすべて彼女側が支払ったらしいが…。
それにしても、このTさんの不倫相手の奥さんはすごい制裁をしましたね。不倫したあげく、慰謝料請求を無視されたことに相当頭にきたんですね。

たぶん興信所かなにかを使って、夫の不倫相手がどこでなにをしているのか必死になって探し出したのかもしれない。浮気相手だけが幸せになるなんて許せないに決まっています。
またTさんは先に山ちゃんに彼女の素行調査を依頼していたら、結婚式などあげる前に別れられたのに…。

と後悔していましたが、それももう後の祭りです。

 

 

ストーカー調査 1 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

先日、またニュースで以前からストーカーされていた女性が殺害されてしまったという悲惨な事件が起きました。うちの事務所にもストーカー調査が増えてきているのも事実です。それは、軽い行為であろうがいずれはひどくなり取り返しのつかないような悲惨なことになってしまう可能性がある依頼ばかりですよ。

今回のご依頼は、19歳の女子大学生の一人娘様のご両親からのご依頼でございました。とても不安そうな様子のお二人でございました。お父様からお話をお聞きします。

「娘の様子がおかしくなってきたのは一週間ほど前からでした。娘が大学に行きたくないと言い出しました。外に出るのが怖いと。理由を聞いても答えず布団からでてこない。

2、3日すると少し落ち着いたのか、ある日の帰り道、知らない男に付きまとわれて、公園のトイレに連れ込まれそうになったというのです。その男の顔はわからずに娘は隙を見て逃げ出したようでした。

それからというもの、自宅には娘に対しての誹謗中傷の手紙や花壇の花はぐちゃぐちゃにされ、自宅や携帯には公衆電話からかかってくる無言電話もひどいのです。娘同様私たちの不安や心労もひどいもので。。。妻は夜も眠れずに今病院に通っています。警察に相談しましたが、週何回かのパトロールぐらいで、それが終わるとなにも動いてくれません。なので、今回こちらにストーカーの調査をお願いしようと、知り合いの口コミを聞いてお願いにまいりました。犯人を知りたいのです。」とのこと。

引き受けさせていただき、娘様あてに届いた手紙などをお預かりいたしました。

さてまた明日から山ちゃん張り込みしますよ。

お父様からお預かりした何者かから届いた誹謗中傷の手紙を確認してみます。すると、ワードで打ったA4のサイズ用紙で、娘様はありとあらゆる男をたぶらかして、誰かも分からない男の子供を妊娠して中絶したとんでもないひどい女だ!など数百枚に及び数がポストや玄関先に放置されていたそう。。。

まったくの事実無根の内容であるとのことでした。娘様もそんなこと言われる筋合いがなく、まったく身に覚えがないということです。娘様の交友関係に関係あるかもと思いましたが、やはり、深夜張り込みをして証拠をつかみ早々に犯人特定をしなくては。。。

このワードで打ちこんだ手紙がとても若い人物が作成したように感じます。

早急に張り込みをします!

すると、お父様から「もし張り込み中に犯人らしき人物が現れたら、山ちゃんが取り押さえてくれることはできますか?」とご質問がありました。もちろん可能でございますが、相手がナイフや銃などを所持している可能性もありますので、調査員も単独ではなく複数人で張り込むことになり、調査費用も多少かさみますがそれでも構いませんか?とお返事いたしました。

お父様はそれでも結構ですので、宜しくお願い致します。とのことだったので、すぐさま準備にとりかかります。本日の夜から張り込みを開始しますよ。調査員を増員します。

無事に調査が終了しますようがんばります。

本日夜9時ころから張り込みを開始します。お父様からできれば犯人を取り押さえてほしいと言うご依頼もあったので、山ちゃん合わせて3名の調査員で張り込みを致します。

張り込み先は、自宅前の車の中と、自宅の庭、自宅から少し離れた空き地の草むらの影の三人です。山ちゃんは車の中からビデオを準備致します。

深夜3時すぎに、空き地の草むらにて張り込みしていたA調査員から連絡が入りました。若い男性が鼻歌を歌いながら依頼者の自宅方向へ歩いているとのこと。山ちゃんと自宅の庭に張り込んでいるB調査員は、息をひそめます。

すると、向こうの方から歩いてくる人影を確認しました。もしかしたら犯人か。。。

気づかれないように動向を調べます。そいつは、依頼者宅の前を通り過ぎました。少しホッとすると、そいつは引き返して依頼者宅のポストに何かを入れました。そして、敷地内に侵入し、花壇の花を引きちぎったりしています。山ちゃんは車の中からその行為を確認し、「よし、いまだ」とA調査員,B調査員に連絡をとり、車内から飛び出しました!

B調査員はそいつをつかまえて、両手を後ろに引き上げて押し倒します。その様子を山ちゃんは撮影をし、A調査員もそいつが動けないよう押さえます。お父様に連絡をとり、娘様とお父様が自宅からあわててでてこられました。そいつがいったい何者なのかを確認していただくためです。娘様からでた言葉は。。。

「この人。。。むかしの元彼です。。。」

探偵に取り押さえられた男は、娘様の元彼で2歳年上の大学生とのことです。

しかし1年前にお別れしたんだとか。元彼は浮気がひどくて娘様から別れを切り出しますが、元彼は別れには応じてくれず。その為、娘様も連絡をとらないようにし、元彼からの連絡も全て無視し続けたそうです。元彼には少し罪悪感があったそうですが。。。するとピタっと連絡が来なくなり、娘様もようやく関係に終止符がうてたと安心していた矢先のことでした。

その押さえつけられている元彼に山ちゃんは聞きました。「なぜこんなバカなことをしたんだ?」すると元彼は。。。

元彼からでた言葉は。。。「自分のことを忘れてほしくなかった。」たったそれだけの理由で家族みんなを恐怖に陥れたのです。考えが浅はかすぎます。山ちゃんは言いました。「こんなことをしてますます彼女に嫌われたいのか?彼女にもう一度振り向いてほしいならこんなやり方はフェアじゃない。もっと他にやり方があるだろう。。。」と伝えました。元彼は泣きじゃくっていました。申し訳ない事をしたと。。。こいつまだまだ頭んなかは子供だな。すると、お父様は「警察に突き出す!」といわれたのですが、娘様は「それだけはやめてあげて!」とおっしゃっていました。娘様は元彼と二人きりで話をし、もう今後こんなことはしないと約束をしたそうです。もし破った場合は今回の証拠をもってすぐに警察に被害届けを出すからというもの。元彼は私たちに深々と頭を下げて帰って行きました。

今回は無事に終わりましたが、やはり取り押さえるとなると、護身術ぐらい習うべきかな?と思いました。

さて明日からまた山ちゃんが頑張って張り込むよ~。

 

みなさんこんにちは!本日名古屋はいいお天気です。また新しい依頼がきました。

依頼者は40代男性独身。とあるレストランのチェーン店で店長として働いているそうです。この店長さんの調査内容としましては、最近つきまといと非通知の無言電話の嫌がらせ・自宅にゴミなどが捨てられているなどがひどいらしく。しかしながら、店長さんは犯人がだれなのかまったく見当がつかないそうです。つきまといももしかしたら自分の勘違いなのかと思っていたが、ある事件があり。。。

この依頼者である店長さん。先日の帰り道、バス停でバスを待っていたところ、バスが到着したと同時に誰かに突き飛ばされたそう。あやうくバスにひかれるところだった。しかし、危機一髪で大事故にはならなかったそう。ひざと手のひらをすりむいた程度。バス停にはたくさんの人がいたためその突き飛ばした犯人も誰かわからず。しかし店長さん、今回の件で命の危険を感じたため、探偵にお願いをしてその犯人をつきとめてほしいという依頼でした。警察には念のため相談はしているそうですが、動いてくれているのかわからないのであてにはしていないそう。

店長さんは、基本バス通勤だそうなので、そこで山ちゃんも誰がつきまといをしているのか一緒に張り込んで調べてみましょう!!!

店長さんの勤務時間は11:00~22:00の勤務。お休みの日は水曜日。水曜日は店長さん、基本自宅からはでないそうなので、店長さんが勤務終了後の張り込みを重点的にしましょうか。

月曜日22:00 さて、張り込み開始です。山ちゃんは車のなかで待機です。店長さんが勤務を終えてレストランの裏口からでてきました。一緒に喋りながらでてきた隣にいる子は20歳くらいの若い男の子。バイトの子だろうか。。。2人はバス停でバスを待っているようだ。その後は店長さんだけがバスを降り、そのまま自宅へ帰られました。つきまといはありませんでした。

火曜日22:00さて張り込み二日目。今回も山ちゃんは車の中で待機です。すると、店長さんが裏口からでてきました。またもや隣にいる子は20歳の若い男の子。仲がいいんだな。。。すると、2人がバス停でバスを待っていると。。。まあ結構な人数の人がバス停にいたんですがね。

向こうからバスがきたのが分かりました。すると店長さんと若者は手をつないでいます!!なるほどそういう仲だったのか。。。(涙)と、ちょうどそのとき山ちゃんの相方から連絡が入りました。

いったい何が起こったのか。。。

山ちゃんとは別行動で店長さんの自宅を張り込みしていた相方が、犯人が店長さんの自宅の庭にごみを巻き散らかしているのを見つけたみたいです。さっそく犯人の顔を撮影できるかを聞くと可能であるとのことだったので、すぐに撮影をしてもらいました!!!しかし、相方がすぐさま後をつけようとしたところ、犯人は原付きバイクで裏道をスイスイ行ってしまい見失ったとか。。。これはまずいな。。。撮影した写真をまずは確認してみて、犯人の特長や横顔でもうつっていればいいが。

すぐさま事務所へ戻り、相方が撮影した写真をすぐさま確認すると。。。んー横顔か。。。そして間違いなく男性でしたな。見た感じはまあまあ若い感じの男。こいつは一体何者なのか。店長さんにこの写真を見て頂いて、人物が特定できなければ新たに張り込みですね。

後日、店長さんを事務所へお呼びし、嫌がらせの犯人であろう若い男性の横顔の写真をお見せしましたところ。。。なんと店長さん!この人物の横顔をみてピンときたそうです。

山ちゃんホッとしました。

そしてそいつはいったい誰なのか。。。

「こ、この写真に写っている人は、いつもうちの店に来る常連さんです!大学を浪人している予備校生のたかし君です!!そ、そんな。。。彼が。。。」

店長さんは、お店にくるたんびに仲良くなり、楽しくおしゃべりしていたたかし君がストーカーの犯人だったのを知って、とてもとてもショックな様子。。。とりあえず、そのたかし君とやらに、この証拠写真をみせてたかし君が罪を認めてくれてそして、もうこのようなストーカー行為を一切しないという約束を取り付けましょうか。その話合いの現場では、なんと山ちゃんも同席してほしいとの追加依頼も発生しました。まあいいでしょう。

本日、約束の日にちとなりました。店長さんとたかしくんと山ちゃんの三人でとある喫茶店で話し合い。。。念のためボイスレコーダーを用意しておこう。こういったちょっとした証拠が後々とても大事になってくることもあるんだな。

しばらくしてたかしくんらしき男性がやってきました。ほほう、細身でとてもきれいな顔立ちの好青年。あの横顔の写真とまったく同一人物であることも山ちゃん確認したし。

こんなすてきなたかしくんがなぜにこんな中年の平凡な店長さんに嫌がらせ行為に及んだのか。

たかしくんに証拠写真とみせると、たかしくんは静かにしゃべりだしました。まあ率直な結果としては、好青年は店長さんに好意を寄せていた。店長さんも常連客としてたかしくんに対してとても優しくしてくれて自分のことが好きだと思い込んでしまったそう。しかし、店長さんとその同じ職場にいる20歳くらいのバイト君2人がとても仲が良くて。嫉妬心からこのような嫌がらせに及んでしまったんだとか。たかしくんはゲイなんですね。しかし、山ちゃんはすかさず…

「店長さんとバイト君とはなにもないんですよ?」とすかさず山ちゃんが口出すと、店長さんは「いや実は、そのバイト君と僕は付き合っているんです。。。」とまさかのカミングアウト!店長さんもゲイだったのです!!!うわー!!!これには山ちゃんビックリ!!!全然気が付かなかった。。。私も探偵調査員としてまだまだだと痛感しました。

そして、店長さんとたかしくんはなんと、付き合うことになったのです。これまたえっ???その若いバイトの子との関係はどうするんだろうか。もしかして二股???まさか今度はバイトの子から浮気調査なんかこないだろうな~汗

たぶん、たかしくんがとてもきれいな青年だったからだな。良く分からない世界です。

さて、また山ちゃん張り込み頑張るで~!!!

ストーカー調査です。

みなさんお久しぶりです!気づいたらもう12月後半…すぐそばにクリスマスが近づいているということで、名古屋の繁華街もイルミネーションがキラキラときれいに輝いているんですが、山ちゃんは…というか探偵の調査員たちにはクリスマスも正月もなにも関係ないんです。みなさんがパーティやなんやらでどんちゃん騒ぎをしているときにも、やはり男女問題は関係なしに勃発しますし、浮気や不倫をしている人たちは、家族や愛する人に嘘をついて愛人に会いにいきますよね?家族はそれで感づくのです。あ。。。こいつ浮気してんな。。。と。

だから、至急対応で調査依頼がクリスマス時期に入って来ることが多いのです。山ちゃんにとってクリスマスはクルシミマスなんです。

さて調査依頼です。

みなさんこんにちわ!前回は多少愚痴ってしまいました。ごめんなさい。山ちゃんもクリスマスを楽しみたいというのが本音なんですよね。しかしやはり依頼が入れが最優先はもちろん仕事なんですよ!!さて気を取り直して、今回のご依頼は29歳独身男性。とある場所で知り合った(?)59歳のサツキという熟女というのでしょうか、女性から日々ストーカーまがいのいやがらせを受けているため、証拠集めのため調査をしてほしいというご依頼です。

まずは、29歳と59歳の年齢差に疑問を感じた山ちゃんなので、どのように知り合ったのか経緯をお尋ねしましたよ。

依頼者「あれは3か月前のことでした…。大学当時の友人だった仲間から披露宴に招待をいただいたので、出席したんですが。そのときが彼女との出会いですね。彼女がイベントコンパニオンで…僕の席の担当でお酒つぐ係だったんです…僕はお酒があまり強くはないのですが、彼女が呑ませ上手といいますか…僕も変な男らしさを出してしまったんです。彼女からつがれたお酒を無理して飲んでしまったら、いい感じに酔っぱらってしまったんです。」

依頼者「そこで意気投合といいますか。ノリで彼女と連絡先を交換しまして…他の客にも連絡先を聞いていたんですよ。その安心感もあって交換しました。するとそれ以降彼女から、頻繁にメールがくるようになりました。最初は僕も相手していたんです。無視も悪いかなと思って。でもだんだんと付き合って欲しいといった、趣旨がかわった内容のメールがくるようになりました。僕も実際は彼女がいるので、お断りをしていたんです…」

山ちゃんとしたら、お前の軽はずみな行動がこのような事態を招いたんだよ!!!と怒鳴ってしまいそうでした…

「サツキさんからのメールの内容が「付き合いたい」、や「彼女と別れてください」といったメールがくるようになりました。僕も最初はそんなことできないという返事を返していましたがだんだん、内容が「殺したい」や「あなたに何をするか分からない」という強迫めいたメールがくるようになってきました。僕は怖くなってきたので、サツキさんからくるメールや電話の着信を全て無視し続け、しまいには僕の携帯電話も解約しました。で、サツキさんとも連絡をとることもなくなりました。」

「しかし、ここ一か月ぐらいから、僕のマンションの住人たちのポストに僕を誹謗中傷する内容の手紙が入っていたり、披露宴で撮られたサツキさんと僕とのツーショット写真がでかでかと入っていたり。挙句の果てには、僕が出したごみ袋がずたずたに破かれ、ゴミを巻き散らかされたり…ついに最近、彼女の自宅ポストにも「僕と別れろ」や僕のありもしない内容の手紙が入っていたり、もちろんサツキさんと僕のツーショット写真も…。」

依頼者「なぜ、僕と彼女の住所がわかったのかそれもそれで恐怖なんです。僕としてもサツキさんに教えたわけでもないので…。

それで彼女も怖がってしまって、しまいには僕のことを信じられなくなったといって、別れ話を持ちかけられたり…もうさんざんです…。彼女にはサツキさんの話は、いちおうしました。サツキさんとは男女の関係は一切ないし、一方的な想いによる嫌がらせなんだということを伝えたら、彼女はなんとかわかってくれました。」

依頼者「が、しかし、僕としても今後、彼女と結婚も考えているので、いましっかり証拠をそろえて、代理人を立ててサツキさんに今後一切僕たちに近づかないでほしいという約束を取り付けたいのです。弁護士を雇ってでもいいので。最終手段としては警察にも被害届けを出そうとも考えています。なので、今回こちらの探偵事務所が口コミで評判よかったので、お願いしようと思い、今日伺ったわけなんです。引き受けてくれますか…?」

依頼者の話を聞けば聞くほどなるほどねって思いました…。

女性は年を重ねれば重ねるほど、相手に対して表現する愛情が歪んでいってしまうのなんだろうか。扱いも難しいんです。山ちゃんとしても、一番扱いづらいのが40代~50代の女性なんです。だって、経験も知識も豊富で、でも今となっては昔のようにちやほやされることもなく。だが、山ちゃんとしても、ちょっと優しくすると、勘違いされてしまって、山ちゃんに好意を抱いてしまう女性が過去に何人かいました。

…っと、話が脱線したので、依頼者に了解しましたとお伝えしました。そして、依頼者とその彼女に届いた誹謗中傷の手紙などの証拠品を全て保管しておいて下さいともお伝えしました。

翌日、山ちゃんは、サツキという女性を張り込むことにしました。サツキが働いていたイベントコンパニオンにちょっとした知り合いがいまして…そいつにサツキの住所を教えてもらいました。そして、すぐにサツキの自宅付近で張り込み開始です。

山ちゃんの顔の広さでサツキという女性がどういう人物かどうかすぐに知る事ができました。すると、あれとあれよという間にいろいろな証拠といいますかいろんな情報がでてきました。実際、サツキがなぜ依頼者と依頼者の彼女の住所を知ることができたのかも発覚しました。

そのサツキが明け方4時ころに依頼者に自宅に伺い、ポストに誹謗中傷の手紙を投函。そして、依頼者が夜に出したごみも同じ時間帯にあさっていました。こっそりと張り込んでみていたサツキの様子が、とても恐怖を感じました…。

そして、依頼者と彼女の住所を知ることができたのはなぜか…それはというと、サツキが自分でSNSを利用して、氏名検索をしてそこから依頼者と彼女の自宅住所を割り出したそう…。この時代、個人情報もなんもあったもんじゃないですな。

というわけで、すぐに事務所にもどり調査報告書をまとめて、依頼者に調査が終了したことをご連絡いれました。

翌日、依頼者が事務所に来られましたので、調査結果を提出しましたところ…依頼してよかったですと言っていただけましたよ。これらの証拠を手に、代理人をたてて今後一切近づかないという約束をこじつけるつもりだそうです。

よかったよかった。さて、また新しい依頼が入ったようなのでいってきまーす!!!

 

さてみなさんこんにちは。もう春ですね~。実はわたし、重度の花粉症なんです。もう、この時期は張り込みが大変で大変で。花粉症のクスリを飲んでも、眠気がひどくて、張り込みもままならない状態だし、くしゃみばかりしていると、対象者に怪しまれてしまう可能性があるし。でもいいこともあるよ!マスク、メガネをしていても不審者にみられない。だって、周りのみんなそんな恰好だからね。さて本日も調査が入ったのでご紹介いたしましょう。

季節に関係なくストーカーは危害を加えてくる訳です。

依頼者のA子さん。20代のシングルマザー。

お子さんは5歳と2歳の女の子二人。A子さんの勤めはパチンコ屋の店員。娘たちと三人でアパートに暮らしているそうです。

今回の依頼内容はここ最近、何者かにストーカーされているかもしれないというご相談。子供も小さいので、自分で犯人捜しをすることもできないし、もし犯人を見つけたとしても、その後なにか危害を加えられるのではないかということで、今回探偵に依頼をされたそうです。

シングルマザーさんからの被害内容はというと…。自分たちがいない間に、しっかり施錠されている部屋を荒らされているかもしれないといったこと。A子さんの下着がポツポツなくなったのはここ一か月付近。住んでいる部屋が1階なので、下着泥棒かな…と思い、怖くなって洗濯物は全て部屋干しにするようになったそうです。しかし、それでも下着が紛失する。おかしいですよね。仕事が終わって自宅へ帰ってみると、朝でていったときのリモコンの位置や写真たての位置が変わっているそう。

ふむふむ、それは恐怖だな…。鍵はしっかりかけているし、帰ってきてもしっかり鍵はかかっているので、最初はあれ、気のせいかな?と思い、あまり気にかけていなかったそうだが。しかし、だんだんエスカレートし、最近では冷蔵庫の中身もなくなっていたりと、確実に自分たちではない何者かが勝手に部屋に侵入して、そういった行動をしているのだと確信したそうです。すぐに警察に相談して、届けは出したものの、玄関のドアノブやリモコン、冷蔵庫の扉からは指紋など一切でないということで、調査もすぐに打ち切りになったそう。

警察に相談した以降でも、やはり下着の紛失や冷蔵庫の中身のなくなることがあるので、これはまずい、子供達になにか被害が及ぶと大変だと思い、今回わらにもすがる思いで、弊社に依頼をしたそうです。

パチンコ屋の店長(50代男性)に相談もしているそうなんですが、気のせいじゃないの?!でもなにか困ったことがあったらいつでも頼ってね、と優しいお言葉を言っていただいているそうで、とてもありがたいとA子さんは話していました。

A子さんには、早急に調査を行った方がいい旨伝えまして、お子様たちは数日どこかへ避難できませんか?と聞きました。すると、パチンコの店長に聞いてみます!というので、いや、それ以外でお願いできませんか?と言いました。(店長は男ですし、多少要注意人物なので…」すると、数日なら仲良しのママ友に聞いてみますとのこと。それならよし!

まずは、玄関先に小型ビデオカメラそして、部屋内には、全てが見渡せるように、リビングに小型ビデオカメラを設置したいことをA子さんに伝えました。

「自宅内をカメラまで取付るのは、あまり気が進まないんですが…。」

なので、A子さんが外出しているときだけの撮影ではどうでしょうか?と聞くと、それならOKがでたので、明日からさっそく5日間撮影をしてみましょう。

そして、A子さんにはビデオカメラを取り付けていること、探偵調査をしていることをどなたにも口外しないでほしいことを伝えました。仲のいいママ友や、パチンコ店の店長や彼氏など…。普通通りの生活をしてくださいとお伝えしました。

ビデオカメラ撮影を始めてから5日間。やはり、その5日間の間にも、侵入者が部屋を物色している形跡はあったそうな…。これは間違いなく、ビデオカメラに撮影されているはず!

5日間の撮影を終えて、玄関のビデオカメラとリビングに取り付けてあるビデオカメラを撤収し、まずは山ちゃんが先に事務所で見ることにして、その後の結果報告は報告書を作成してお話ししましょう。

さて、ビデオカメラの映像を相方と確認してみると…。

A子さんが朝9:00すぎに仕事に出かけるのを確認出来ました。こうやってみると、マンションってあまり人通りが少ないんですね。

すると、11:00すぎ…。中年のおやじがエレベーターから降りてきました。ここの住人かな?と思っていたら、その中年おやじがA子さんの部屋の前に立ち止まりました。

じっくり見ると、中年おやじはポケットから鍵らしきものを出して、鍵を開けてA子さんの部屋に入っていきました。

まさか、こいつが侵入者か!

玄関からおやじが入っていくのを確認した山ちゃんは、ビデオを切り替えます。

リビングに普通に入っていく様子が撮影されたビデオをみていくと、そのおやじはなんだか手慣れた様子。すると、驚きの行動に!おやじは冷蔵庫を開けて牛乳パックを取り出し、じか飲みしている始末!それから、クローゼットを空けて、下着入れを物色中。気にいったものをポケットに入れています。おやじは手袋をしている!手袋をしているから指紋が取れなかったんだな。

それからは、そのおやじはA子さんの部屋でやりたいほうだい。ソファでくつろいでテレビをみたり、ベッドに入り横たわったり。持ち込んだビールを飲みながら…。これはひどい…。約1時間ほど滞在して、部屋をきっちり片付けて、そのおやじは鍵をかけて帰っていきました。

すぐに、A子さんを事務所へ呼び、一緒に映像を確認してもらうと…。

「この男にご存知ありませんか?」と聞くと、A子さんは震えながら、「て、て、店長です…。」と。やっぱり…。

すぐ、A子さんはこの映像を警察に証拠として持っていき、パチンコ店の店長に任意同行してもらいました。しかし、A子さんは自分の生活もあるし、パチンコ店をやめたくないため大事にしたくないから、被害届は出さずに、誓約書を作成したんだとか。店長には店を退職してもらい、今後一切A子さん家族の目の前に現れないでほしいことを誓ってもらったそう。

そんな甘いことで大丈夫なのか?と山ちゃんは少し心配になったんだが、このようにシングルマザーであるA子さんの一番大事なのは生活だし、そして子供たち…。しかし、それらを優先にして万が一仕返しされる恐れもあるので、警察にはA子さん近辺をしばらくパトロールをしてもらうようお願いしたらどうかとアドバイスさせていただきました。

なぜ勤め先の店長がストーカーに豹変してしまったのか…。理由がわかりました。

店長は、A子さんが入社した当時からA子さんに好意を抱いていて、自分を頼ってほしいために侵入者を装いA子さんの部屋に勝手に出入りしていたそう。歪んだ中年男の愛情ですな。

しかし、大事件にならなくてよかった…。A子さんも、ようやく落ち着きを取り戻したそうで、お礼のため事務所に来られました。

山ちゃん探偵にお願いして本当によかったと…。とてもありがたいお言葉。またなにかあったら宜しくお願い致します。とおっしゃってくれました。

後日談ですが、なぜ店長はA子さんの自宅の鍵を持っていたのか…。それは、A子さんのパチンコ店の荷物入れのロッカーに勝手にスペアキーを使って空けて、A子さんの自宅の鍵の型をとって、キーセンターに持ち込んで、店長用に鍵を作ったそう。なんともおそろしい話です。

今回も無事に調査が終了しました。また新たな依頼が入りましたら、リアルタイムに報告します!

 

さて、明日からちょいと出張です。

名古屋を出発し、行き先は北海道へ!こちらも新たな依頼なんですが、脱サラをしたサラリーマンである20代の男性が家族4人をつれて、夢だった北海道でマイホームを建てるというものなんですが、その土地が問題ないかどうかを調べて来て欲しいというご依頼でした。

問題ないというのは、購入する土地のまわりに不審者はいないか、騒音などないか、といったもろもろを山ちゃんが直接いって自分の足でまわり、情報を集めるといったもの。あるいみ探偵業は何でも屋さんのようなものでもあります。依頼されたら、できることは全てお受けして、依頼者に喜んでもらえるような探偵事務所になっていきたいのです。

さて、その依頼内容はまた後日にアップします!

ではいってきまーす!

みなさんこんにちは。花粉もようやくおさまり、気候もとても過ごしやすいので、外で張り込みをする際にはとても助かってます!

今回、またもやストーカー関係の新しい調査が入ってきました。本当にストーカー依頼が多いな…。

依頼者は16歳の女子高校生とその母親です。娘さんが知らない男につけまわされたり、無言電話や誹謗中傷のメールがひどいらしいのです。母親は、娘さんに心当たりがないか聞くんですが、娘さんは知らないの一点張り。娘さんは比較的真面目そうな女子高生。交友関係からのストーカーではないのかも。。。

娘さんからどのような被害を遭われたのかを聞いてみると…。

・知らない男(みたこともない男で、中年男性50代くらい)が娘さんが行くとこ行くとこひょっこり現れ、声をかけてくる。そのときは友達も一緒のときもあるし、無視して逃げるらしい。

・非通知で携帯に無言電話が毎日50回以上ある。

・メールに知らないアドレスから、「男好き」や「尻軽女」といった事実無根の内容のメールが一日30通以上送られてくる。

このような出来事が始まったのは一か月前からだそう。娘さんも、だんだんと怖くなってそのとき初めて母親に相談してきたそうです。

さっそく張り込みをして、犯人を特定しなければ…。

まずは、娘さんの尾行をしているその知らない男がいったいなにものなのかを調べることにしようか。日中は娘さんは学校なので、学校が終わってからの行動を重点的に調べよう。

15:00すぎ。娘さんの高校付近で張り込み開始です。娘さんは自転車通学なので、それにあわせて、山ちゃんも自転車です。近くに止めてある車の中では相方が待機してくれています。しかし、学校付近で張り込みが結構気を張ります。やはり、警備員が常駐しているとわたしたちみたいなあやしい人物にはアンテナが働くようで…。職務質問されたりする場合があり、ひどいときは警察に通報されることもたまーにあります。なので、いかに自然にばれないようにするかが探偵調査員の腕のみせどころですよ~。

15:30に娘さんが友達3人と学校からでてきました。娘さんには山ちゃんが尾行していることは伝えてあります。すると、まず娘さんが向かったのは、近くのショッピングモール。山ちゃんもそのショッピングモールの中に入ります。すると、娘さんたちはフードコートでスイーツを食べております。すると、中年の40~50歳くらいの男が娘さんたちが座っている席のすぐ後ろの席に着席しました。他の席が空いているのに、なぜそこに座るんだ?もしかしたらそいつが娘さんにひつこく声をかける男なのか?

フードコートで、娘さんたちはそいつに気付いておらず、楽しそうにおしゃべりしてます。しばらくすると娘さんたちは書店に移動しました。すると、やっぱりそいつも少し時間をおいて席をたち、書店についていきました。間違いない!それからずっと、そいつは娘さんたちの後ろをずっとついておりました。

娘さんたちは、17:00になったので、ショッピングモールをでてそれぞれ解散しました。娘さ
んが一人になり自転車で走り出すと、そいつは少し距離を保って後ろをついて走っています。娘さんが途中にコンビニに寄りました。そこで、娘さんに声をかけました!娘さんは逃げるように、自転車をマッハでこいでいきました。やはりあの男がストーカーの中年男性だったんだな!

ストーカーの犯人は中年のおやじだった。

そいつの住居を発覚させないといけないので、山ちゃんはそいつの尾行を続けます。周りをすごく気にしているようなので、ちょっと遠目に距離をとり、感づかれないように後を追います。

すると、そいつが向かった先は、娘さんの自宅付近。娘さんの自宅前で3分ほど立ち止まり、娘さんの自転車があるか確認している模様。すると、動き出しました。なんなんだあいつは…。そして、そいつは娘さんの目と鼻の先にある古びたアパートの二階のはじの部屋にはいっていきました。なんと、そいつはご近所さんだったのです!

そいつの住居は分かったので、あとはなぜ娘さんのメアドや携帯の番号を知っているのか、そしてなぜ娘さんの行く先々で待ち伏せができるのか。

この二点の謎を解いていかなければ…。

いったん、山ちゃんは相方と事務所へ戻り、作戦を練りました。

まず、どのようにして携帯番号とメアドを手に入れたのか…。

もしかしたら、別の人間に偽って、SNSで娘さんと仲良くなり、易々とそれらの情報を手に入れたのではないか。それか、ハッキングをしてアカウントを乗っ取り、情報収集して手に入れたのか。これも可能性として濃いな…。

そして、なぜ犯人は行く先々で娘さんのことを待ち伏せすることができたのか…。

近所ということもあり、娘さんが玄関先に駐輪してあるタイミングを見計らって、娘さんが使用する自転車になんだかの細工をして、超小型GPSを取り付けたのではないか…。もしくは娘さん携帯をハッキングしGPS機能を悪用していたのか。

まず、母親に連絡して、娘さんの自転車を隅々までなにか取り付けられていないか確認してもらいました。

すると20分後、母親から連絡が入りました。サドルの裏に10円玉の大きさの正方形の機械が張り付けられていたそう!間違いない!それがGPSだ!

お母さんが娘さんの自転車のサドルの裏に取り付けられていた小型GPSを見つけました!

ビンゴ!それも証拠として保管させていただきます。

次の日、娘さんにお聞きしたいことが2、3点あったので、事務所にきていただきました。

まずは、男の写真をお見せしました。誰かわかりますか?と娘さんに問うと、

「この男です!こいつが付きまといの男です!」

そして、娘さんが利用しているSNSをお聞きすると、FBとLINEとのこと。FBで一か月ぐらい前に新たな友達になった人物はいますか?と聞くと、一人、たかしという県外の高校生の男の子から友達申請がきたのをきっかけに、フレンドになり、メッセージのやりとりをするようになったそう。しかし、そのたかしという人物と直接会ったことはないんだとか。

SNS中で知り合ったそのたかしとやらは、共通の友人がいないにも関わらず、いきなり友達申請があったのに娘さんは多少疑問があったらしいんですが、プロフィール写真もかっこよくさわやかだったので承認したらしい。そして携帯番号とメアドを教えてほしいとメッセージがきたので教えてしまったそう。

実際、たかしのFBの記事をみてみると、なんの記事も更新されていない…。もしかしたら架空の人物なのではないか?

娘さんと母親には、付きまといの中年男性は、ほんの近くのご近所に住む男だったことを伝えると、恐怖で怯えておりました。犯人がそんな近くにいたなんて考えてもみなかったらしい。そして、そのFBのたかしという男も中年男性がなりすまして、娘さんの情報を手に入れようとしたのだということ。

とにかく、証拠はそろったので警察に相談してみたらどうですか?とお伝えしました。大きな事件になる前に警察に相談してみたらいいかも…。母親はそうしてみます!と少し安心したような表情でした。

ここ最近、男性がかわいいから…という理由で、女子高生をストーカーしたり、何年にもわたって監禁したりと、おそろしい事件が増えてきました。自転車や傘に記載されているフルネームを確認したりと準備も計画的にしたりとおそろしいです…。

今回も無事に調査が終了しました。また新たな依頼がきましたらご報告します!

 

みなさんこんにちわ。地下アイドルをご存知でしょうか?

地下アイドルとは、比較的小規模なライブを中心に活動しているアイドルのこと。

ライブ会場でのグッズ販売などにより十分な収入をあげることができ、地下アイドルだけを多数かかえている芸能事務所もあるほどなんだとか。そのグッズ販売とは他に、CD購入特典として、握手券というものがついていることもあり、その握手券目当てにCDを大量に購入することで、CD売上を伸ばす地下アイドルも存在するのだ。TVに露出する大型アイドルより、より身近に会えるため、男性ファンにとってはたまらない存在なのだろう。

全国で5千~1万人とも言われる地下アイドルは今日もまた、表舞台ではなくビルの地下で一生懸命に活動しているのだ。

リアル女性にモテない男たち=犯罪者予備軍)をターゲットにした時点で、既に危険を生み出しているのは間違いないと思います。 問題なのはSNSや直接 物販によってファンが地下アイドル距離が近いと勘違いしてしまうモテない男たちが、地下アイドルに危害をくわえたり、ストーカー化してしまうことがあるのです。

事件性になったことも実際にあるのです。

いつかは表舞台へでるという夢をもって、地下で頑張るアイドルたち。しかし握手券を売ったり、距離が近い対応をするということがあわよくば自分を売るということなんですよね。

でもそういうやり方も無きにしも非ずなのでそれは仕方がない事なんですかね。

気を張って活動してほしいものです、地下アイドル…。
アイドル活動をしていると、どうしてもストーカーの被害を受ける確率もなきにしもあらずですよね。

夏到来!やはり夏になると、ストーカー調査がぼちぼち増えてきます。やはり露出した女性が街中にいると、ストーカーに変貌してしまう輩が増えるのです〰。

今回も20代の女性からストーカーされているかもしれないというご相談がありました。ストーカーの犯人を特定して欲しいという要望です。

了解しましたとお伝えしました。

その依頼者の女性は一人暮らし。マンションの一階に住んでいるようです。ベランダがありまして、そのベランダに干してある下着がポツポツと無くなったりしたので、怖くなって警察にもいちおう相談したようですが、パトロールを強化してくれただけで、今は特になにかしてもらっていることはないようですが、部屋干しにしてあった下着が無くなったということです。

当初は自分の勘違いかと思っていたらしいのですが、立て続けに続いたため、確実に第三者が部屋に侵入し、部屋干ししてある下着を盗っていったんだと分かったそうです。しかし、鍵も必ずかけるし、家族が出入りすることがあったとしても、勝手に部屋に入ることもないし、ましてや下着を持っていくなんてこともないそうなので、もう毎日が恐怖で仕方ないそうです。

とにかくその下着泥棒が誰かを調べましょうとお伝えしました。

 

調査結果としましては…

依頼者と隣の部屋の一人暮らしの60代の男が犯人でした。

玄関とベランダに防犯カメラを設置したところ、その男は合鍵を持っており、自由自在に依頼者の部屋に侵入しておりました。そして、下着などクローゼット内を物色している証拠映像もばっちり手に入れることができたので、それを証拠品として管轄である警察署へ提示しました。

すると、その男は警察の事情聴取にこう答えていたそうです…。

「娘と生き別れになって、娘ほど年の離れたお隣さんに当初は父のような気持ちがでてしまったのですが、だんだんとあいさつを交わすようになりそれが愛情へと変わってしまいました。そして、下着などが欲しくなるようになってしまった。とても申し訳ないことをした。」

と反省の弁を述べていたそうです。依頼者は、被害届を取り下げて、その男にはどこかへ引っ越してもらうという念書を取り付けたそうです。

ちょっと甘いような気がしますが…。

60代の歪んだ愛情がこんな事件を起こさせてしまったのです。

なんだかちょっぴり切ない案件でした。またご報告いたしますね。

20代の男性からのご依頼です。小学校のときに同じクラスだった女の子が忘れられなくてその子がいまどこでなにをしているかを調べてほしいという内容のご依頼がはいりました。人探しの調査との依頼ではありましたが、このあたりかなり難しい案件でして…。

聞きますと、その子は小学5年生までは名古屋市内に住んでいたらしいのですが、お父さんの仕事の都合で愛知県内のどこかへ転校したそうです。

しかしそれからまったく音信不通で、依頼者の周りでも友人から情報を聞くもだれも分からないんだとか。しかしどうしても女の子と再会したくて今回探偵を使ってお願いしようと思ったそうです。

しかし、やはりいくら淡い初恋での人探しだろうが、もしもその女の子がどこでなにをしているか特定できたとし、ストーカーに変貌してしまい女の子に危害が加えられるかもしれないのでお断りいたしました。人探し調査と称して、実はストーカーだったなんてことになったら、大変です。

するとその依頼者は、怒りをあらわにし帰って行かれました。よかった断っておいて…。いい人ぶって依頼をしてきて結果がわかると人が変わったようになってしまうタイプだったのだ。

ストーカーって意外といるようなんですよね。

20代の女性からのご依頼です。独身でOLさんらしいのですが、最近誰かにつけられているようで、自宅マンション付近でも何者かが張り込んでいるような気がするので、犯人を特定してほしいとう内容です。

最初は気のせいだと思っていたんですが、ストーカーだったらやはり大事になる可能性があるのではやめにしっぽをつかんで警察に通報しようと思っているらしいのです。

依頼者に対しての無言電話やいやがらせ電話などはないそうなので、つきまといの犯人を捕まえるようにしましょう。

依頼者は一人暮らしで、未婚者、付き合っている人はいるとのこと。すぐに調査に入りましょう。

ストーカー調査結果ですが、ストーカーがいったい誰なのかが判明しました。なんと、依頼者は不倫をしており、その不倫相手の嫁が雇った探偵調査員だったのです。依頼者が不倫相手と不貞行為を行っている証拠を掴むために、探偵調査員が張り込んでいたと言う事ですね。

しかし、対象者につきまといされていると感づかれてしまうなんて、あまりおすすめの探偵事務所ではないことに間違いありません。依頼者にお伝えしましたら、会社の上司と不倫関係があること、そしてその不倫相手の子供を妊娠してしまったことを白状しました。しかし、山ちゃんとしたらもうできることはないので、もし不倫相手の嫁になんらかの請求が来た時の為に弁護士を紹介させて頂きました。

依頼者は不安がりながら事務所を後にしましたとさ。自分のけつは自分でふかないとね!

さてみなさまこんにちわ。

名古屋となりますと、たくさんの地下アイドルがいるのをご存知ですか?

地下アイドルとは、表舞台にまで立てないアイドルたちが、まずは個人で売り込みやらSNSを通じて、ファンを増やしそして有名になる為にライブハウスで歌や踊りを披露していくということを頑張るいわばアイドルの卵たちのことですね。

しかしこの地下アイドルのファンたちがストーカー化してしまう恐れがあるのです。

今日も無名の地下アイドルの子からストーカー調査に依頼が入りました。

Aこちゃん「わたしは一年前から地下アイドルとして活動してます。

主な活動内容は、ツイッタ―やFBで交流のある方たちを呼んで、チケットを購入してもらい、ライブハウスで活動をしてます。

最近ようやくたくさんのファンの方たちが応援してくれるようになりました。でもある一人を除くとなんですが。

その一人がたかしという名前の男の人なんですが、最近わたしに対して異様な行動をしてくるのです。

もしかしたらストーカー?になってしまうのか不安なんです。なので調査をしてください。」

調査をして、もしもっとひどくなるようなら警察に届けをだそうということでした。了解しましたと伝え、すぐに調査開始しましょう。

調査結果]ストーカーの犯人が特定しました。遠い県外の○○という製造業で働く20代の男でした。

その男は、週末、依頼者のライブがあると、夜行バスに乗って出待ちをしたり、熱心なファンでした。しかし、高価なプレゼントを勝手に贈りつけ、それを身に着けていないとすぐにツイッタ―に書き込んで、「質屋に売ったのか?

そんなことするなんて最低な女だな」と勝手に書き込みをしてキレたりしていたそう。

一番怖いのは、出待ちしてずっと付きまとったりとにかくストーカー行為に間違いない行動をしていたのは事実です。

男のストーカー行為の証拠写真を手に入れたので、すぐに調査報告書を作成し、地下アイドルさんにご提出しました。

すると、やっぱりあの男だったのね!と、すぐに警察に被害届けを提出しますとおっしゃっておりました。

これで調査終了です。また依頼入りましたらご報告しますよ!

別件でストーカー調査が入りましたよ。

30代のママさんからストーカー調査の依頼が入りました。

依頼者は2児のママで、仕事はしておりません。専業主婦ですね。

そのママさん、見た目とてもお綺麗で上品そうでとてもすてきな方でした。

「最近、人につけられている感じがします。

そしてベランダに干してある洗濯物がよく無くなるのです。

なので部屋に干していますが…。

子供達が前に近所の公園で遊んでいたら、知らない男に声をかけられたそうで…。警察に通報しましたがしばらくのパトロールぐらいであとはなにもしてくれません。

玄関の郵便物が荒らされていたりということもあり、ちょっと本気で怖いので、犯人の特定をお願いします。」

ストーカーの調査結果ですが、犯人が分かりました。

なんと犯人は依頼者の子供達が通う保育園の真ん前にあるアパートの20代の住人でした。

その男は、アパートの中から、依頼者が保育園の送り迎えの際に、自分の好みだったのか目を付けて、自宅を見つけるために付きまとったり、子供達に声をかけたりと、一歩間違えれば犯罪になりかねない状態でした。

男は無職で、引きこもりでそんな危ない奴が保育園の前のアパートに住んでいたなんて、これはすぐに保育園の園長にも通報しないといけないと思います。

依頼者も怖くなって、警察・保育園の園長にすぐに報告しますとおっしゃっておりました。この世の中、危険は本当に隣り合わせなんですね。子供達を守れるのも大人しかいないですし。

依頼者も身の危険を感じて気をつけますとおっしゃっておりました。

今回も調査終了しました。またご報告いたしますね。

はたまたストーカー調査です。

30代の女性からのご相談です。パート先でストーカーのような人がいるそうです。相手は見た目老人のような人。

依頼者が駐車場に車を停めて、少し携帯をいじっていたら視線を感じてみたら、軽自動車の運転席からその老人がじっと依頼者を見ていたらしいのです。

気にせずに時間になったので、車から降りて会社に向かったらしいのです。

すると、その老人が乗っていた軽自動車が動き出し、依頼者の後ろをゆっくりとついてきたらしいのです。

依頼者はすぐに走り出し、会社に逃げ込みました。会社の窓からのぞくと、しばらく止まっていた軽自動車はものすごいスピードで走り去ったそうです。それから、会社に嫌がらせの電話がひどくなったそうです。

電話にでた事務員の女性にパンツが何色?や卑猥な言葉を聞かせるらしいのです。

間違いなくあの老人だとすぐに依頼者は察知しましたが、これといった証拠もなく、警察にも相談に行けないそうです。

会社の社長たちは気にしないでというが、やはり事務員さんたちは恐怖だそうで…。犯人を特定してもらって、証拠を集めてほしいということでした。了解しましたとお伝えしました。

調査結果ですが、ストーカーの犯人であろう老人がどこの誰なのか確認できました。近くの老人施設に入居していた老人でした。車は自宅に置いてある自分の車を乗って依頼者を付け回していたそう。

となるとその老人は認知症かなにかなのか?依頼者と老人に接点はまったくないのです。しかし一度だけ、依頼者が仕事でその老人施設に伺ったときに、もしかしたら依頼者になんだかの気持ちがでたんだと思われます。

年齢は70代。老人には奥様がだいぶ前にお亡くなりなられています。依頼者にご報告いたしました。すると、警察沙汰にはしないでおきます、老人施設に相談してみます…とおっしゃっておりました。

なんだか高齢化社会となると、こういったストーカー問題も高齢者が絡んでくることになるんですね。

今回も調査終了しました。またご報告致します。

また、ストーカーの調査依頼です。

20代のフレッシュな男性からストーカーをされているかもしれないから、一度調べてほしいという内容の依頼が入りました。

依頼者は名古屋の大手企業に勤める営業マンで、彼女も同じ職場にいるという幸せいっぱいの依頼者です。しかし、彼女とも婚約をして幸せいっぱいなのに、最近社内で変な噂が経っているようです。

どんな噂かといいますと…依頼者がそこらじゅうの女に手を出して、子供を作り、堕胎させているとんでもない卑劣な男だと言う噂です。

上司の耳にも入り、ある日呼び出されてしまいその噂が本当なら別営業所に異動も考えていると言われてしまい、依頼者もそうとうまいってしまっている様子。

そして彼女にもそんな噂が耳に入り、結婚も少し考えさせてほしいとまで言われてしまい、とくかくなぜこんな噂が立ったのかを調べてほしいという内容でした。

了解しましたとお伝えしました!

また、また、ストーカーの調査依頼ですよ。

会社でもおかしな噂が流れており、会社内での立場もおかしなことになってきており、噂を流した人を調べてほしいという依頼でした。

無事に調査が終了しました。噂を流した張本人が分かりました。それは…依頼者の後輩でした。その後輩は仕事もできない・彼女もいない・友達もいないというダメダメ人間でした。

その後輩は、会社の先輩でもある依頼者に嫉妬をし、一度仕事をミスしたときに依頼者が大きな声で怒ったことが原因でそれを根に持ち、たまりにたまってこのような嫌がらせを起こしてしまったのです。

依頼者にその結果を報告しましたら、依頼者はかわいがっていた後輩がこんな事件を起こしていたことにとても驚いてました。

そして、後輩をうまく育てられなかったということに落ち込んでおりました。すぐに、この結果を上司に報告して、できれば後輩を辞めさせない方向でお願いしようと思いますとおっしゃっておりました。

なんていい男なんだ…。

そして幸せな結婚生活を送れるよう祈っていますよ!!!

これで今回も調査が終了しました。またご報告します!

今回、40代のダンディズム満載の男性からストーカー調査の依頼が入りました。

後輩の女性事務員からストーカーを受けているのだが、最近目に余る行動が増えたため証拠を手に入れて、警察に届け出たいというものです。

なぜその後輩女性がストーカーに変貌したのか、理由をお聞きすると…やはり依頼者と女性は以前不倫関係だったそうな。

しかし、男性に第三子が産まれたため、このままではいけないと思い別れ話を切り出したら、別れるのはいやだということ。

もし別れるなら奥さんに不倫をしていたことを洗いざらい話すというものだった。そして、小学校や保育園に通う子供にもコンタクトをとるということだった。それはこわい…。

なので早急に手を打たないと家族に危害がでてくるかもしれない。そのため今回依頼されたということだった。

了解しましたとお伝えしました。

まずはその不倫相手であった女を調べてみましょう。

御主人と同じ職場に通うということで、御主人には探偵調査が入っている事は必ず言わないようにお願いしますとお伝えしました。

その女は有給をとって、御主人に嫌がらせをしていました。でも楽しんでいる感じはないのです。今にも泣きそうな様子。。。しかしその様子が男である山ちゃんにはよく分からないのです…。だめな男だ。

すぐに依頼者に報告し、女が嫌がらせを行っていた証拠を手に入れたことを伝えました。すると、すごく喜んでおり、女を解雇させるというもの。

なぜ依頼者がそこまで女を邪険にしていたのか、後日わかる事になりました…。

とある噂で、あの依頼者は、不倫相手であった女を5回も堕胎させていたという事実があったそうです。

自分の奥さんには子供を産ませて、不倫相手との間にできた子供は簡単に堕ろすなんて信じられん。不倫関係は6年間続き、昨年200万の手切れ金を渡して別れたそうです。とんでもない男だったんですね。

それにすら気がつかない山ちゃんは役立たず。あのときの女の泣きそうな顔は、その恨みもあったんだなといまさら気が付きました。

依頼者にも罰が下ればいいな…とひそかに思っている山ちゃんでした。今回も調査終了しました。またご報告致します…。

またもや、ストーカーによる事件がニュースで流れておりました。女性が元交際相手の男性にナイフで刺されて殺されたと言う事件…。

殺される前に女性は、警察に相談していたと言うのです。

またもや警察に相談したがなにも動いてくれずに殺害されてしまったのです。元交際相手は、気性が荒く、突然大声を出したりと結婚するには問題があったようです。元交際相手は結婚したがっていたらしいのですが、女性の方は結婚するのに首を縦に振らなかったようです。

そして二人は別れた。。。しかしまたよりをもどしたようで同棲生活をされていたそうです。

しかし、やはり別れてそこから元交際相手がストーカーに変貌したのではないでしょうか。女性は近くのコンビニに逃げこみ助けを求めたそうです。しかし、元交際相手がコンビニ店内に侵入し女性を襲ったそうです。

ストーカーというのは積もり積もった思いが爆発し、ストーカー行為に発展すると思います。

最初の対応がしっかりしていないとこんな大事になってしまうのです。

警察に相談するだけではいけないのですね。探偵に証拠を集めてもらってその証拠を提出し警察に動いてもらうしかないのです。

それか知り合いのいない土地へ引っ越す。もうこれしかないのかもしれませんね。。。

怖い世の中になってきていますから。

20代の独身女性からストーカー調査が入りました。その女性の話を聞いてみましょう。

「最近変な人から嫌がらせというか付きまといというか…。わたしの仕事は介護職です。彼氏は半年前にできまして、年上の彼氏がいます。実家住まいだったんですが、彼氏と同棲を考えているので、今はマンションに一人暮らしです。マンションは二階建てで、部屋数はそんなにありません。両隣さんと下の階の方には入居時挨拶をしました。両隣りはとてもやさしそうな一人暮らしの男性と若いご夫婦、下の階は一人暮らしの中年の女性でした。初めての一人暮らしだったので、どんな人達が住んでいるか心配だったのですが、みんな人の良さそうな人達だったので安心でした。」

そして、女性はこう続けました。。。

「ベランダがあるので、洗濯物を干していたら、気づいたのです。数枚の下着がなくなっていることを。。。最初は風に飛ばされたのだと思ってました。しかし、ある日ポストに便箋が入ってました。宛先不明でした。中身をみてみたらわたしの無くなったはずのパンティでした。もう怖くて…。それからというもの郵便物には便箋がはいっており、その便箋の中にはわたしの無くなったはずの下着たちでした。そして、洗濯物は中で干すようになり、便箋が届くことはないだろうと思っていたら、また便箋が届きました。すると、中身はわたしの隠し撮りされている写真が何十枚と入ってました。これでストーカーだと確信しました。でも心当たりがまったくありません。彼氏に相談しましたが、彼氏も面倒はごめんだという感じで、あまり親身になってくれません。なので、犯人を特定してください。結婚前なので、ごたごたはいやなんです。」

ストーカー調査は早めの対応が必要なので、すぐに調査を開始しましょう。

身に覚えのある人物がいないというので、依頼者を張り込んでいけば犯人と遭遇することになると思います。

すぐにストーカー犯人を特定することはなかなか難しかったです。しかし、調査3日が済んだところで、ようやく犯人を特定することができました。

灯台下暗しでした。隣のやさしそうで、しかもちょいイケメンの一人暮らしの男性だったのです。

ベランダに超小型防犯カメラを設置したら、日中依頼者が外出しているときに、ベランダにいとも簡単に侵入して部屋の中を覗いているお隣さんがばっちり映っていました。実際、通り沿いではないので、人目にまったくつきにくいので、お隣さんはやりたい放題といったところでしょう。

それ以外には、依頼者のつきまとい、そのつきまといの際に望遠カメラで撮影しているのも確認出来ました。

となると、下着を送り付けたのもお隣さんの可能性があります。

依頼者にすぐに報告し、警察に届けるかどうするかを尋ねました。

すると、なんと驚きの答えが返ってきたのです。

 

「え。。あの優しそうなお隣さんがストーカーだったのですか。。。でも実は私、最近彼氏と別れたのです。彼氏にふられました。私の彼を思う気持ちが重いと。。。お隣さん、顔もイケメンだしとってもやさしそうですよね。なので、実はお隣さんと仲良くなってお付き合いしたいと思っていたのです。お隣さんにストーカー行為を許す代わりに、わたしと付き合ってと言ってみます!」

これには驚きました。

ストーカーだった相手と付き合うなんて。。。でも依頼者も相思相愛でいるというほうが自分には合っていていいそうです。

相思相愛だとしても、今までの行為は許せるものなのでしょうか?

依頼者はルンルン気分で事務所を後にしました。。。

とにかくその後二人がどうなったかは分かりませんが、幸せであれ。と思います。

これで何だかこちらはふに落ちない感じではありましたが、ストーカの調査は終了しました。また報告しますね。

はい、またストーカー調査です。

30代男性からの依頼です。

男性は来年の春に結婚を控えている幸せそうな彼なんですが、二か月ほど前から誰か分からない人につけられたり、会社全員のパソコンに誹謗中傷のメールが一斉受信されたりとおかしなことが続いているようです。

依頼者の婚約者は同じ職場で、メールを見て以来、結婚を考え直そうかと思っているらしく。。。メール内容については一切事実無根なので自分を信じてほしいといったら、それなりの証拠がないと信じられない!と言われたそうです。

メール内容は、依頼者が今まで付き合った女性人数やその中には妊娠させて堕胎をさせていた女性などもいるという、依頼者にものすごい恨みを持った人間のように思いました。

堕胎については本当に事実無根とのこと。会社の上司にも、事実無根であることを訴えたので肩身のせまい思いをすることはなかったそうなのですが、彼女の気持ちを取り戻したいため犯人を特定したいということからうちに依頼されたそうです。

 

まずはメール内容を確認してみると、間違いなくメールの差出人は女だと確信しました。

これは元カノか、もしくは彼に好意を抱いていた女か。男のストーカーだと、つきまといといった行動にうつすことが多いのだが、女だと陰湿というか、なんというか。

メールの内容からも陰湿さが際立っている。これは女で間違いないと山ちゃんの長年の探偵調査員の経験からピンときたのである。となると、彼の周囲にいる女関係を調べていく必要がある。

少し聞き込みもおこなって行こう。

聞き込みをしたらこんなことが分かりました。

とある女が依頼者と同じ部署にいたそうです。見た目も性格もパッとしない女だったそうです。

とある日、依頼者である彼に大したことのないことで優しくされたことにより依頼者と自分は付き合っていると勘違いしたそうで、彼に付きまとっていた時期が一か月ほどあったそうです。

しかし、当時彼はすでに今の婚約者と付き合っていたので、迷惑だから、お弁当を作ってきたり手編みのマフラーを持って来たり、仕事が終わるまで外で待ち伏せしたりをやめてほしいと、同僚たちがいる前で大声で女に言い放ってしまったそうですその言い放った次の日に突然退職したらしいのです。

それ以降女の居場所は誰も知らないまま。。。依頼者も自分のせいだとしばらくは責任を感じていたそうです。となると、その女があやしいな。

 

とにかくその急に会社を退職した女の所在を突き止めてみよう。

聞き込み作業を行うと、女の居場所が分かりました。

女は名古屋市内のマンションに一人暮らしをしてました。しかしほとんど引きこもっていて、たまに外出するといったらやっぱり彼のストーカーでした。

メールの差出所の証拠も手に入れたのでさっそく調査報告書を提出しよう。

依頼者が事務所にこられました。

隣には婚約者である彼女もいました。

彼と婚約者に調査結果をお伝えすると、依頼者はもちろこん婚約者もホッとした様子でした。

ひとまず、警察にストーカーの相談をしようということでした。

来年無事に結婚式があげられるといいですな。

これで調査終了です。

また報告しますね。

はい、またまたストーカー調査です。

30代の独身女性からのご依頼です。最近おかしなことが起こり、もしかしたらストーカーがいるのかもしれないということで、調査をしてほしいというご依頼です。

その独身女性の勤め先は調剤薬局で受付をしているそうです。たくさんのご老人相手なのでその中にもしかしてストーカーがいるかもしれないという思いではないということです。依頼者には彼氏は現在おらず、先月のコンパでは連絡先を交換した男性は2人いるが、その後特に進展もないそうです。

依頼者におかしなこととはなにかをお聞きしました。

 

「わたしは仕事を始め出してから一人暮らしをしだしたのですが、職場からマンションまではバスで通勤しております。バス停を降りたら、徒歩5分ほどなんですが、ここ最近誰かにつけられているようなんです。でも仕事帰りの時間はけっこう人通りも多くてわたしの考え過ぎなのかな…?とも思いました。こんな違和感が一カ月続きました。しかし最近とんでもないことがあったのです。マンションのわたしのポストの中に男性の下着が入っていたのです。」

 

「わたしのポストに入っていた紺色のパンツできちんとたたまれていて茶封筒に入っていたのです。でも使用済のような感じもしたので、もうこわくてすぐに捨ててしまいました。その後も三回ぐらい、ポストに使用済みの下着が入っていました。さすがにこれはおかしいと思い両親に相談したら、一人暮らしの女性が殺害されたりという事件も全国では起きているのですぐに警察に相談しろと言うので、警察に相談はしました。でも警察も当初は頻繁にマンション周辺をパトロールしてくれていたのですが、嫌がらせがおさまるとそれまでしてくれていたパトロールもなくなっていきました。それはそれで仕方ないんですが、最近やはりまた嫌がらせが起きてきました。とにかく犯人を特定して、警察に被害届を出したいので調査をお願いします。」

 

依頼者のマンションのポストに使用済みのパンツが入っているというのが、ちょっと危険な感じがしますのでさっそく調査をしましょう。これといってこいつだというのがないのでこれはもうマンション付近を張り込みするしかないですね。よし!張り込み開始だ!

水曜日 特に動きなし

木曜日 特に動きなし

金曜日 深夜二時過ぎに全身黒づくめの男がマンション前に10分程たたずんでいます。こいつはなんなんだ…。しかしまったく何するんでもなくマンション前にたたずんでいるだけでした。これはこれで気になる。念のため、男を尾行します。

 

不審者は依頼者のマンションからほど近い一軒家に帰っていきました。表札はヨシオカとなっている。不審者の居場所は分かったのでこれまずいったん引き揚げます。

土曜日 特に動きなし

日曜日 深夜三時過ぎにまたあの黒づくめの男がマンション前に立っていました。二回目となるとなんだかの理由がありそうなんで今日もしかしたらこれからなにかあるかもしれない。この時間がとても緊張します。やはりへまをしてしまうと、証拠をおさえることもできなくなり、不審者が危険な行動を起こしかねないので…。無事に証拠をおさえることができますように…。

 

マンション前にたたずむ男をしばらく注視すると…。なんと、男はポスト前に移動しました。依頼者のポストになにかを入れています。投函している証拠写真もばっちり撮影できました。それを終えるとすぐに男はそそくさとその場を後にしました。

依頼者に連絡をしてポストの中を確認してもらいました。ビンゴ!茶封筒にきれいにたたまれた男性もののパンツが入っていました!よしこれであの男が嫌がらせの張本人ということなので相方が男の尾行を続けていたので男の身元を判明させよう。

 

男の身元が分かりました。なんと、男の年齢は70歳。一人住まい。依頼者との接点はいつも薬をもらう調剤薬局で顔なじみになった、ただそれだけです。しかし、依頼者としてはただのお客様だし、勝手にヨシオカが依頼者に対して恋心を抱いてしまったと言うことですね。

とにかく犯人が判明したのでさっそく依頼者に報告しよう。

後日、依頼者が事務所へ来ました。犯人がいつも薬をもらいにくるあのおじいちゃんだったということにものすごく驚いていました。しかし、使用済みの下着を置いていくという行為にやはり恐怖を覚えるので警察に被害届を出すつもりだそうです。

これで調査終了です。またご報告しますね。

こんな、手紙をを受けた事があります。

“私は以前に飲食店でアルバイトをしていたのですが、その時のお客さんからのストーカー被害に困っていました。初めのうちは私の思い過ごしかとも思っていたのですが、だんだんとストーカー行為がエスカレートしてきたために、お店の店長に相談をしてみました。しかし、このお客さんは当時の飲食店の常連さんであったことから店長は全く聞く耳を持ってくれませんでした。そこで、私は不本意ながらも警察に相談をしてみました。警察では店長よりも法律的な観点からしっかりと相談に乗ってもらうことができたので、十分に気持ちをおちつけることができました。警察ではストーカー対策のためにいざという時の警護を引き受けてくれるそうですが、日常生活の中ではあまり役に立ちそうもありませんでした。そうした中、インターネット上で探偵事務所のストーカー対策についての広告を発見したので、早速ウェブサイトを覗いてみることにしました。その探偵事務所では盗聴や盗撮などの対策にも応じてくれるということで、自宅に盗聴器などが設置されていることに不安を感じていた私は依頼を検討しました。私は探偵事務所という存在についてあまり知識を持っていなかったので、インターネット上の口コミサイトを利用して情報収集を行いました。私は首都圏に在住しているので、自宅の近くにストーカー対策専門の探偵事務所が点在していることはとても心強いと感じました。私は結局のところ探偵事務所への依頼を行うことはしなかったのですが、飲食店のアルバイトを辞めることや、夜遅く帰宅する場合には最寄り駅まで家族に迎えに来てもらうことにしました。私はストーカーの被害に悩んでいたのですが、こうした対策を取ったおかげでめっきりと被害から逃れることができました。私はストーカーという存在が心底嫌いなのですが、実体験からすれば、もっと法律的な面などでもストーカーを厳しく取り締まってほしいと思っています。”

女性が何者かわからぬものに、おびえながら自分の今までの生活を変えてしか守れない安全ってなんでしょう。何かが間違っていると、私は探偵であるのにその女性に対して何もしてあげられなかった事が悔やまれたのですが、探偵に調査を依頼しようか悩んでそれでも何とか自分で出来る対策をと頑張られた事や、依頼しづらいかもしれないが、警察と違う動きがとれる探偵の仕事について少し触れ、もしなにか困ったことが起きた場合には、是が非でも、力になりたいとお返事を書いたのでした。

また、こんな依頼もあったのです。

“以前から、なんとなくいつも誰かに監視されているような気がしたり、後をつけられているような気配がすることがたびたびあり、気味悪く感じていました。しかし、姿を見たわけではないし、もしかしたら気のせいかも知れないと思い、あまり気にしないようにしていました。そんな時に、自宅に何者からかの手紙が届くようになったのです。内容は前日着ていた洋服とか、帰宅時間とか、休日にどこかで見かけたとかそういった内容だったので、やはりこれはストーカーのしわざだと思い、怖くて外出することが出来なくなってしまいました。そんな時に心配してくれた友人が、ストーカーのことを探偵に調べてもらうことを勧めてくれたのです。そこで、ネット上で探偵に関するクチコミサイトにアクセスしてみたところ、満足度が高く良いクチコミが多いかなと思う、こちらの探偵社に相談させて頂いた次第です。”

ということでした。

これまで探偵に調査依頼をしたことが無く、最初は不安だったようです。

このような相談の後、こちらの探偵社から、調査プランや見積もりを提示して、ストーカーの調査の流れをお話したところ、料金も納得が行くものだったようで、その場でストーカー調査の契約することを決めてくださりストーカーの調査をすすめることになりました。その後、調査が終わり探偵社から報告書をもとに事実関係を説明させていただきました。

ストーカーの正体が前に勤めていた会社の同僚ということがわかり、依頼者は結構なショックをうけておられましたが、決定的な証拠も掴むことができましたので、きちんと話がつきました。調査したおかげで、これからは安心して生活することが出来そうですとおしゃっておられました。そして、ストーカーの被害というのは決して他人事ではないんだと感じたとおしゃられていましたし、探偵社側の相談員の方がとても親身になって話を聞いてくれたので、安心してストーカーについて相談することが出来ましたとも、おしゃっていました。

さて、最近の探偵が行う調査で多いものは何だろうか。

現代の日本で探偵の仕事といえば、まっ先に連想されるのは浮気調査らしい。
たしかにそれが大きな定番であることは否定しない。
だが最近は、それ以上に急速に依頼件数が増えた案件がある。
ストーカー被害の加害者を特定してほしい、という依頼だ。
当事者自身がどんなに注意警戒していたつもりでも、「いつのまにか」被害にあってしまうストーカー行為。電話番号は変えてもなぜかすぐ知られてしまうし、通勤路なり通学路なりをいつもと違うルートにしてみても、あっという間に突きとめられる。思いきって引っ越しまでしたのに、ストーカーの影から解放されることはない、というケースはざらだ。
相手がそこまで自分のことをまる判りでいるのに、自分には相手の姿が全く見えない。
これほどうす気味の悪いことはないだろう。
いや、多くの場合は「全く見えない」ということはなく、元カレもしくは元夫であることが多いと言う事は判っている。

勿論元彼でもなく、元夫という事もなく、全く面識のない人からのストーカー行為というのもあり得る話。前者のように相手にある程度の面識があれば、行動パターンの予測もしやすいし、対策の立てようもあるかもしれない。
それでも、たとえばその元カレなり元夫なりと別れて遠隔地に居を移し、それなりに手がかりとなりそうなものは残さぬ努力もした筈なのに、なぜか場所が知られてしまう、といった場合は、相手がいったいどういうルートを使ってそこにたどり着いたかが判らず、得体の知れない恐怖感を覚えることには変わりあるまい。
ましてや、そういう思い当たる相手がいない場合――毎日通勤路上の駅で顔を合わせていただけとか、もっと極端な場合は何かの拍子に一度すれ違っただけ、とかいった人物がストーカー化していたら、これほど厄介なことはない。素人である被害者が自分で相手を特定しようとするのは、かなり難しいといえるだろう。
こういう場合警察に頼ったところでさしたる解決にならないことは、ご存じのとおりだろう。
そこで探偵社の出番となるわけだが、探偵の仕事は、加害者を特定して報告するだけでは終わらない。もちろん契約内容にもよるわけだが、多くの場合は、その加害者と被害者とのあいだに立って、両者の関係性の改善をはかるところまで成し遂げてこそ、探偵の仕事を果たしたといえるのである。
そして、それがいちばん難しい。
「得体の知れないストーカー」の、その得体ってやつを知ることは、技術さえあればできる。
そこから先の対処の際にどうふるまうかが、いわば最も探偵力を試される局面だろう。それは技術や知識だけではカバーできないし、探偵の経験も、あればいい、というものでもない。ひとの抱える事情はさまざまで、あるケースで効果的だったことがほかでは逆効果、なんてことがしょっちゅうだからだ。
どんなときも、被害者の心情によりそって、血の通った解決をはかることができる、そういう探偵になる道に、終わりはないのかもしれない。

 

不倫調査 1 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

さて久しぶりの不倫調査が入りました。依頼者は45歳の主婦。介護職をされているそうです。子供さんは4人。御主人の様子が最近おかしいので、不倫をしているか調査してほしいという内容です。
お住まいは名古屋市内ですが、御主人は仕事の関係上、岐阜県に毎日高速に乗って通っているそうです。しかし、高速で一時間ほどの通勤時間なので特に奥さんとしてはなにも思っていなかったそうです。しかし、ここ最近会社の残業や接待で岐阜県に泊まるということが多くなったそうなんです。お酒も飲まないといけないし、居眠り運転して事故られても困るので、わかったよとあまりつっこまなかったらしいのですが。
しかし、ここ最近月4回も泊まりがあるようになったそうです。しかも、たまに家にいるときは携帯をずっと離さないし、なにしてるの?と聞くと、ゲームしているというだけ。
これが嘘だということが発覚したんだとか…

ずっとスマホを触っている御主人。ゲームをしているということだったが、たまたまテーブルに置いてあったスマホから、LINEの着信音がした。奥さんは覗いてはいけないと思いつつ、そのスマホを手に取った。すると、トークバーにはこう書いてあったそうだ。
「昨日の夜は本当にありがとう。次いつ会えるかな。はやく会いたい」という内容だった。宛先は高橋りょうすけという名前だった。名前からみると間違いなく男性だろうが、メッセージ内容がおかしい。御主人に聞こうと思ったが、スマホを勝手に見たと言って間違いなく怒るだろうから御主人にはなにも聞けなかったそう。

あのLINEのメッセージを見てしまってからも、御主人は相変わらず月4回の泊まりもあり、スマホもずっといじっている。しかし、これという証拠もないため、御主人が浮気・不倫しているということにはつながらない。そんなもんもんとした気持ちが一ヶ月続いたが、依頼者も精神的に限界だったそうです。ごはんも食べれないし、夜も眠れない。精神病院の先生に相談したら、いまの体調が悪い原因は御主人が浮気しているんではないかという疑いからきているからしっかり御主人と向き合って話合いしたほうがいいと言われたそうです。そのため、今回うちに依頼されたということです。
さっそく調査開始です。

さっそく御主人の調査を開始しました。すると、月4回の泊まりのうち一回は不倫を行っていたことが分かりました。相手は同じ職場の30代の既婚者でした。その相手もいろいろやっかいな相手で、いろんな男性と関係を持っているという女性でした。特にこれといって美人ではないのですが、男を虜にするというかなんというか。。。こういった女性が一番やっかいなんですよね。わたしはそんなつもりで御主人に近づいたんではないとかいって、逆にわたしは無理やり不貞行為を強要されたなんて言い出す女なんです。
そんなことで警察に被害届なんて出されたら、御主人そして家庭が全て壊れてしまう。そのためには穏便に話し合いを進めていくしか方法がないのです。

調査が終了し、山ちゃんの知り合いの弁護士さんを紹介する事にしました。なんせ、合意の上の不貞行為を無理やり、レイプされたなんて女から言われた日には、
大変なことになってしまうのですから。
となると、専門である弁護士さんに後は任せることが一番の下準備だと思われます。
警察も、合意の上での不貞行為だったとしても、女から不貞行為を強要されたということで、被害届だされたら、その相手を逮捕しなければならないのです。なので、世の男性に言いたいのは、酔っぱらって覚えてないとかお互い合意の上だったとか女を信じないことです。不倫するならちゃんとした女性を選びましょう。
これで調査は終了しました。
また依頼入りましたらご報告します!

最近はめっきり朝晩涼しくなって、張り込みをするのにもとてもやりやすくいい季節がやってきました。なんて、言っていたら、直ぐに不倫調査の依頼が入ってきました。

本当に最近は不倫調査が多いんです!!

さっそく不倫調査が入ったので、ご紹介しましょう。
40代男性からのご依頼です。37歳の奥さんの様子がおかしいということで、家にもほとんどいない。下着もハデ目になってきており、夜の生活もまったくなくなってしまったそうです。御主人としては奥さんと別れる気はまったくないので、もし他の男性と不倫をしているなら、すぐに別れてもらうつもりなんだとか。その男性ともし別れないというのであれば、別れさすのにいい方法がないかを教えてほしいそうです。
さっそく不倫相手が誰かを調べてみましょう。

前回のブログで紹介した不倫調査ですが。
最近家族の様子がおかしいということで、もしかして不倫?浮気?しているという思いがでてくるのは普通のことです。
あやしいと一度思ってしまったらこの疑いはなかなかぬぐえないものです。その結果、直接本人に聞くか、僕たちのところへ依頼をされるということです。
しかし、探偵に依頼するのは料金も発生するし、間違いなく不倫の現場の証拠を押さえることができます。なので、もう最終手段として(離婚とか泥沼の関係になってしまう)
覚悟を決められた方が依頼をされます。しかし、別れたくはないが不倫相手と配偶者を別れさせたいというなら弁護士に相談してみるのもありなのかと思います。

不倫調査がまたまた入ってきました。最近本当に不倫・浮気調査が多いんだよな。しかも、年齢問わず老若男女の依頼となっています。
今回は、40代の奥様からのご依頼です。御主人が不倫をしているようなので、調査をしてほしいという内容です。御主人は年下の30代。お子様は小学一年生の女の子が一人いらっしゃるそうです。ちなみに、奥様は学校の先生をされていて毎日帰りも遅く、稼ぎも多いということで御主人がパートにでて、お子様の面倒やら家事を御主人がされているといういわば主夫といった形です。

こういった夫婦の形もあるんですね。奥様がなぜ御主人の不倫を疑うようになったのかをお聞きしました。

主夫である御主人の一日の行動は、朝10:00~16:00までパートらしく、そのパートの先は、女性が多くいるパン屋さんでバイトをされているそうです。前ですと、パート先では残業がないということで、そのパン屋さんを選んだのに、たまたま奥様が熱で辛くて早く早退したときに、自宅に御主人がまだ帰っていなかったんだそうです。もちろん子供も居なかったらしく。すると自宅に児童館からお電話あったそうです。早くお迎えに来てくださいというお電話だったそうです。
すぐに奥様が児童館にお迎えに行くと、館長先生がでてこられて、こういわれたそうです。
「お母さん、初めまして、いつも御主人がお迎えに来られるんですね。その件で、最近お父さんのお迎えがとても遅いのです。大変申し訳ございませんが、もう少し早いお迎えをお願いしますとお父さんにお伝えください。」

普段から子供の面倒は御主人がほとんど見ていたそうなので、児童館の館長先生に言われた言葉はとても驚いたそうです。だって、奥さんはしっかり仕事をしていて、御主人はパートで子供の面倒をしっかり見ないといけないのに、むしろ、しっかり面倒をみてくれていると思っていたのに、児童館の迎えの時間が遅いということは、御主人に対してもそのすごく裏切られた気持ちが大きくなっていったそうです。その時間が遅いという理由が見当たらないと言うのです。残業もないのに…。
すぐに、浮気か不倫を思ったそうです。なので、依頼者も仕事が忙しいため、今回探偵に丸投げをして御主人の調査をしてもらおうと思ったそうです。

御主人はタクシーに乗り込みました。さっそくわたくしたちも追跡です。
すると、御主人はとあるマンションに到着しました。ちょっとおしゃれなデザイナーズマンションのようです。これで不倫は濃厚でしょう。
三階の角部屋に入っていかれました。しばし待機です。
すると、23時すぎ、御主人と若い女性がでてきました。タクシーを呼んだのでしょう。二人はマンション玄関先で抱き合ったりしております。これで不倫はクロでございました。
そして、御主人はタクシーに乗ってご自宅へ帰って行かれました。

若い女性の正体ですが、これまた大学生の20歳。親子ほど年の離れたカップルという訳ですね。知り合ったきっかけは御主人が以前、同僚に誘われて参加したコンパで彼女と知り合ったそうです。それぞれが期間限定の遊びだろうと思いきや、その彼女はなんとけっこう御主人に対して本気らしく、彼女のまわりの友達にも最近この人と結婚したい!という相手ができた!と言いふらしているそうです。もちろん彼には妻もいるということもばらしているそうで。そして、御主人の家庭を壊したいというおそろしいことまで言いふらしているそうだ…。一途な女が本気になるとまわりも見ずに怖いことになるんですよね。

不倫が分かったので、さっそく調査報告書を作成して依頼者に伝えなければ。。。しかしこれで離婚してしまえば、不倫相手のおもうつぼではないのだろうか。
奥さんに不倫相手がそんなことを言っているということも念頭に置いてもらって離婚するかどうかを決めてもらうほうがいいのかもな。

奥さんに事務所へ来ていただき、不倫相手がそのようなことを言っていることを伝えました。すると、奥さんは離婚を考えていたそうですが、不倫相手の言葉を聞いてぜーーーーったい離婚はしない!と心に誓ったそうです。
女と女との戦いですな。

いちお、弁護士さんを紹介して、奥さんが不利にならないように守ってもらわなくてはいけませんので。
これで調査が終わったので、次は嫌がらせ調査で沖縄に向かわなくてはいけないのでではまた!!!

不倫調査 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

みなさま明けましておめでとうございます。今年も名古屋探偵・山ちゃんを宜しくお願いします。

さて新年一発目の依頼今回は不倫調査です。依頼者は50代の奥様。見た目はすんごいマダム…やはり対象者は御主人。某会社社長ということです。奥様もお金持ちそうな感じです。お金には困っていないみたいです。首やら指やら手首やらにキラキラした貴金属がじゃらじゃらついておりました。

さてお話をお伺いしましょう。

依頼者の奥様「わたくしの主人は社長ということもあり、昔から女遊びが激しかったんですが、わたくしも我慢しておりました。収入もたくさんありましたしね…浮気をするのは男の甲斐性だと思っておりました。しかし、わたくしも我慢の限界なんです。主人は養子として入り、わたくしの実父の会社を継いで社長となりました。その恩も忘れてといいますか、女遊びばかり…もう離婚したいのです。主人を会社から退けたいのです。」

さて、今日はニュースで有名女性タレントが人気バンドボーカリストと不倫報道が発覚したということで、その女性タレントが記者会見をしておりましたよ。しかし、質疑応答といったものは全てシャットアウトで、女性タレントが一方的に思いを伝えるといったもの。

その中で、女性タレントは相手が既婚者ということを知っていて、相手と食事にいったりホテルに泊まったり、あげくのはてには相手の実家に訪れていたというもの。

それなのに、「親しい友人です…」親しい友人ていったいなんなの!?一番ずるい言葉ですよね。

さて前回の続きなんですが、その女性タレントは今までスキャンダルというものがでたことがなく、好感度ナンバーワンだったそう。そんな中、不倫報道がでたということで、週刊誌が発売される前に記者会見を開く…なかなか素早い対応ですね。

しかし、2人のLINEのやりとりも公にされたりと、個人情報もあったもんじゃないですね。そのLINEのやりとりは誰がリークしたのか。その内容で、離婚を卒論といってるのもなんだかアーティストっぽいですな。

とにかく陰ながらこの二人の行く末を見守りたいと思います。

みなさんこんにちわ。すいません、不倫調査の報告が途中となっておりました!

依頼者であるすごいマダムである社長夫人の相談内容の続きからです…。

「もうすでにわたくしの両親は他界し味方は誰もいません。今回おたくに証拠という証拠をかき集めてほしいのです。離婚・慰謝料請求・財産分与についてもわたくしにいい条件で進めていきたいため証拠が必要なのです。そしてわたくしが社長の座を奪ってやりたいと思っております。このままでは会社がつぶれてしまうので。どうぞよろしくお願いします。」

なんだかめんどくさいことに巻き込まれなければいいのだが…とりあえず依頼者には了解しましたとお引き受けし、明日から御主人の張り込みを開始していきます。

翌日の調査結果はなにも動きなし。会社から自宅へ直行で御主人は帰っていかれました。

御主人は高級セダン車で運転手付で移動されているようです。運転手付だと尾行するのにも結構気を張ります。運転手がなかなかの人だと、へたくそな尾行をしていると感づかれる恐れがあるんです。なので気をつけて調査をしていかなくては…

翌々日、御主人の会社付近からまたもや張り込みを開始しました。すると、なんだか山ちゃんつけられているような気がします。やはり自分が探偵調査員ということもあり、そういった感がするどく働くのです。そして、そんな疑問を感じてすぐのことでした。夜道、公衆トイレで用をすませ車に戻ろうとしたら、大柄な男3人に囲まれました。山ちゃん、ピンときました。悪い奴らだと…相棒は車の中で待機しているので、山ちゃんが今囲まれているのは知る由もなく…

大柄な男3人に囲まれた山ちゃん。一人の男が小型ナイフをだしています。そうきたかっ!しかし大声をだすと大事になってしまい、対象者である御主人の耳に不倫調査をしている事がばれてしまう。探偵にとってそれが一番致命傷なんです。なので、山ちゃんは静かに男たちに聞きました。「いったいなにが望みだ…」すると、ナイフを持った男がこう言いました。「いま扱っている調査から手を引け…そうしないと痛い目にあう…。」なるほど片言の日本語だったので、外国人でしょうな。

考えてみるとこいつら御主人が雇った輩たちかもな…

山ちゃん、こう言い返してやりました!「それは断る。依頼者から頼まれた以上、なにがなんでも調査を続ける!!!」かっこいい~我ながら…。

すると、ナイフの男がこちらに向かってきたので…護身術をひそかに習っている山ちゃん。そんなもの簡単に避けて、男を蹴り飛ばしてやりましたよ。ナイフの男が気を失って倒れると、残りの二人はワタワタし出して逃げていく始末…おいおいもう一人の仲間を置いていくなんて…ひどい奴らだ。

ナイフの男の意識が戻ると、山ちゃん手首を縛り男を問い詰めました。「誰からの依頼かは分かっている。○○(御主人の苗字)だろう。違うのか?正直に言わないと警察につきだしてもいいんだぞ。」すると、ナイフの男は「…い、いや△△だ…。こんなことして覚えていろ」といって逃げて行きましたよ。ナイフはいちおう証拠品として預かっておこう。

△△…?御主人ではないのか?謎が一つ増えた。この△△というものを調べる必要があるな。

ナイフの男が逃げた後、すぐに車にもどり相棒に今あった件を話すと、はい怒られました。危険を冒すのがいいんじゃないと…。そういうときはすぐさま逃げて下さいと…。しかし、探偵なんて恨まれるか感謝されるか紙一重の仕事なんです。こういった危険なときに対処できるように、日々護身術を習ってるんだし。毎週頑張って習いに行ってたお金と時間が無駄じゃなかったよ(笑)

とりあえず相棒に謝って、やつらのことを少し整理して考えていこう。

気を取り直して、とりあえず社長はまだ会社内にいる模様。引き続き、場所をかえて張り込み続けます。

時間は夜の8時半。さてさて、御主人が会社からお抱え運転手付のハイヤーからでてきました。すごい悪人面…これは一癖ありそうな感じやな~。

御主人の車を尾行すると、とある高級ラウンジに到着。御主人が降りてきました。しばらくは待機します。

一時間が経過しました。すると、御主人がでてきました。着物をきたママさんらしき人を引き連れて。尾行続けます。

さて到着したのはとある高級高層マンション。御主人とママさんがマンション内へ入っていきます。しかも、オートロックで管理人?らしき人が24時間在住しており、部屋に入っていくのを確認するのは不可能だ…これは困った…とりあえず二人の写真だけ撮影しておこう。

深夜2時を過ぎたところ、御主人が一人ででてきました。そのまま自宅へ帰っていかれました。これは高級ラウンジに潜入して聞き込み調査だな。

後日、ある筋の仲間に頼んで、高級ラウンジに潜入させてもらうことに成功したんだが…

あんな件があって、日々身の危険を感じているが、それは仕方のない事。探偵業というものはそういうこと。さて高級ラウンジに潜入すると、きらびやかな世界。まわりを見るとどこぞやの社長や医者、政治関係者、よくみると知り合いの弁護士なんかもいる…大物たちがいきつけのラウンジのようだな。身元がばれてしまうとすべてがおじゃんなので、ばれないようにカウンターに座りました。

カウンターにひっそり座ってまわりを見渡すと…

いたいた、着物をきたママさん。ママさんがぴったりとくっついてお酒をついでいるのは対象者の御主人。なんだかべたべたと仲良さげな様子。カウンター前にいた新人ぽいバーテンダーにあやしいそぶりをみせずにお店のことをちらりと聞いてみようか。まずは大物ぶりで話さないとあやしまれるであろうから、自分をどこぞやの社長だという感じを前面にだしていこう。今日は一人で飲みたい日もあるんだよという感じで(笑)

その新人バーテンダーと話がはずんできたので、ママさんのことに話を持っていくと。

簡単に聞き出せました。新人バーテンダーの心をがっちりつかんだ山ちゃん。

その内容としてはママさんかなりの女性らしい。マフィ○ともやく○とも関係をもっていてかなりバックにやばい人らがついているらしい。その隣についている御主人についても教えて頂きました。いま、ママさんが金づるとして関係をもっているとのこと・・・骨の髄まで吸い尽くして財産がなくなったらあとはポイ。とんでもない女だな。

ということは、あの3人組の男を依頼したのは御主人ではないと言う事か…もしかして、バックについてるやばいやつらが邪魔するな!ということで輩を雇い、おれに手をだしてきたというのか。そうなるとこれ以上の調査はきついな。△△が誰というのも深入りしない方がおれの身のためかも。もしかしたら今後もっといやがらせがひどくなる可能性がでてくるな。

しかし念のため、依頼者にはすべての真実を報告しよう。。。

調査を断念というわけではないが、自分の身の安全を守るのも必要だから。

1後日、依頼者である奥様をお呼びし全てを報告しました。すると奥様、怒りにふるえてすぐさま御主人と極悪ママさんを別れさせてやる!と怒鳴っていました。ああ、やっぱり奥様は御主人を愛しているんだな、御主人を守れるのは奥様だけなんだなとホッとした気持ちになっていましたら、ぼそりと、「会社のお金が奪われて、会社が潰れてしまったらあの人の存在価値がないじゃない…危ない芽ははやめに摘んでおかないとね。」なるほどね!女のほうが一枚上手です!!!怖い!!!

さて今回の調査は無事に?ではないですが終了しました。こんな危険な事はめったにないのですが、探偵上というものは危険と常に隣り合わせなんだなと思いだしましたよ。

 

さて、今回もまたもや新たな依頼が入ってきました。御主人の浮気を疑っての奥様の実のお父様・お母様からご依頼です。

あれ?奥様は?とお聞きすると、奥様は御主人の浮気を疑って自暴自棄に陥り、入院をされているそうです。

御主人は、以前から何度も浮気を繰り返し、そのたび奥様に泣きながら謝り浮気を許してもらう。その繰り返しをおこなっていたそう。しかし、今回また浮気の疑いがでてきたそう。その事により、奥様は信じていたのに裏切られたということに、とてつもなく傷ついてしまい、自傷行為(リストカット)をおこなってしまうとのこと。たちの悪い旦那だな~。

なので、依頼者である実両親が望んでおられることは、御主人の浮気の証拠をあつめて、離婚を言い渡し、今後一切娘に関わらないでほしいという誓約書を手に入れたいとのこと。御主人のほうは、奥様と離婚をするつもりはまったくないらしいのです。それは、奥様のことを愛してらっしゃるからでは?と聞きましたら、奥様の実家はとてもお金持ちらしく、その財産を狙っているんです…。とお父様がおっしゃっておりました。

これはなかなか大変な調査になりそうだな…。

なんにせよ、すぐにでも張り込みを開始しなくては…。早々に離婚をさせて奥様を救わなくては…。翌日、すぐさま御主人の張り込みを開始します。それがなかなかしっぽをださないあの旦那。奥様が入院してしまったということで、義理親が浮気を疑っていることを察知してなのか、かなり慎重に行動している模様。

すると、調査を続けていく中で、御主人の行動で平日に数回カラオケへ2時間ぐらい行っていることがわかりました。まあ見た感じチャラいので、カラオケぐらい行くでしょう。しかし、そんな週二回や三回も行くのであろうか…。

山ちゃんとしてはちょっと引っかかるので、カラオケ店内の様子を調べてみよう。

結構お店の中で浮気調査を行うことはこれまで多々あったのですが、カラオケ店内も受付をせずに店内に進入してあまりおかしな行動をとると、すぐに受付の者から「なにをしているんですか?」と注意を受けてしまうので、店内までは入らなかったのですが。

しかし、初日のカラオケ店の外で見張っていたのですが、人の出入りも激しいため、外で見張るだけでは証拠がまったく掴めない…。なので今回はカラオケ店にお客として入店し、部屋の中までチェックすることに決めましたよ。

しばらくお客のふりして廊下をウロウロしていると、御主人らしき人物がトイレに向かって歩いているのを発見しました。これで尾行すれば御主人の入っている部屋がわかるんだな。

トイレからでてきた御主人を尾行すると、216号室に入っていきました。しばらく時間をおいて、入り口ドアに透けガラスが付いているので、ちらっと覗き込むと、御主人ともう一人誰かいました。女です。ソファーで抱き合って横になっています。ビンゴ!!!

基本カラオケボックスの部屋のドアは擦りガラスなので、写真撮影が困難だ。

なので、2人が216号室からでてくるのを見張って撮影するしかない。しばらくすると、部屋の中でコトを終えた不倫相手が部屋から出てきました。トイレへ向かったようです。

そして、2人はそろって216号室を後にし、カラオケ店からでてきました。ラブホテル代わりにカラオケ店を利用するなんて、とんでもない御主人ですね…。しかし、このような輩は少なくはありません。

不貞行為をカラオケ室内で行っていることは、山ちゃんが直接見たことと、2人が同じ部屋からでてきた場面だけなので、不倫を間違いなくしているという証拠としては薄いでしょう。

すると、山ちゃんの仲間がここのカラオケ店のオーナーとパチンコ仲間だということを思い出しました!ナイス!なのでダメもとで、室内に取り付けられている防犯カメラを見せて頂くことは可能かを聞いてみよう!

室内の防犯カメラに写しだされている写真はれっきとした証拠になるにちがいありません!

すぐさま、山ちゃんの仲間にオーナーに連絡をとってもらい、カラオケ室内の防犯カメラを見せてほしいとお願いしたら、画像を世間に流出しないということを約束してくれるのならいいだろうということでした。

もちろん約束しますということをお伝えし、映像をみせてもらいましたら、、、。

やっぱり。やはり、不貞行為をカラオケ部屋で行っている事が確認できました!これはかなりの証拠となる!

そして、その映像を紙面に起こして、これでしっかりとした調査報告書となる。

オーナーにお礼を言い、カラオケ店を後にしました。

次の日依頼者をお呼びし、調査の結果をお伝えしました。すると、がっかりとした様子でした。娘がかわいそうだ…と泣いておりました。

個人情報のこともあり、カラオケ店内の防犯カメラの写真をお渡しする事が出来ないことをお伝えすると、依頼者は離婚を進めるためにお知り合いの弁護士に頼んでみるとおっしゃってました。

その際、証拠としてカラオケ店内の映像を頂きたいことになったら、弁護士経由でお願いしてみますとおっしゃっておりました。

無事に離婚ができますように。こんな思いがでてくるほどのくそ旦那にイライラしてしまいます。

今回も調査終了しました。また依頼が入りましたらご報告致します。

 

夫婦間のメール転送・LINEのアカウントなりすましについてみなさまどう思われますか?

ベッキー不倫騒動は、ゲスの極み乙女のボーカルである男とのやりとりLINE画像が週刊誌にて流出されてしまいましたよね。なぜ個人情報であるLINEの画像が世間に流出したのかといいますと、男の妻にLINE情報が見られるようになっていたのでしょうね。

LINEのアカウントさえ手に入れれば、その者になりすましてLINEも手に取るように見られるようになっていたのでしょうね。自分のLINEの中身全てが第三者に見られてしまうなんて思ってもみないから、気にせずバンバンとLINEを入力してしまいますよね。でもこれは勝手にアカウントを手に入れて本人になりすますということは、夫婦間であっても不正アクセス禁止法に違反する可能性があるかもしれません。
どうすれば、不正アクセス禁止法違反になるのかというと、転送設定をする際にIDやパスワードが必要で、それを本人に無断で入力して設定画面に入る行為が違反になるそうです。なので、ゲスの嫁ももしかしたら夫に訴えられてしまうかもしれませんね。

なんせみんなドロドロしててこわい…。

そんなこんなの世の中で、またまたとある35歳女性からの不倫調査のご依頼です。

「わたしの主人が不倫しているようなのです。その理由は夜急にでかける回数が増えたんです。といっても証拠はないんですが、わたしたち夫婦仲は何年も前から冷め切っていますし、別に離婚してもいいんです。でも子供がまだ3歳と小さいため離婚に踏み込めないのが現実なんです。でも、もし誰か他の女性と不倫をしているのであれば今すぐに離婚しますし、慰謝料と養育費、子供の親権を手に入れる為に今回不倫の証拠がほしいのです。宜しくお願い致します。」

さっそく御主人の不倫調査を行います。

御主人は40歳の高校の教員とのこと。こんなお堅い仕事の人が不倫なんて…というのはナンセンス。真面目な人ほど不倫にはまってしまう傾向があります。

周りが見えなくなってしまい、日頃の仕事のストレスのうっぷんを晴らすように不倫をしてしまうのです。

高校教員である御主人の不倫調査ですが、結果から言うと御主人クロでした。

同じ高校の未婚女教員29歳と不倫関係でした。この二人、学校内では結構気を張って不倫関係を続けてていたようですが、やっぱりプライベートになると脇が甘かった。教え子やその親たちに目撃される可能性があるに決まっているのに、一緒にネットカフェに行ったり、ジムに行ったりと関係がばれていいのかだめなのか…。すると聞き込み情報から、その女性教員、妊娠しているようであと3か月もしたら学校を退職されるようです。

となると、もしかしたら御主人の子を身ごもり、2人は再婚するのかも…。

この事実を依頼者にお伝えしました。

すると、淡々と冷め切った表情で、慰謝料・養育費・子供の親権を必ず手に入れたいのでどこかいい弁護士を紹介してほしいとのことでしたので、山ちゃんが信頼する弁護士さんをご紹介いたしました。依頼者は喜んで帰って行かれましたよ。

職業が真面目だからといって不倫をしない浮気をしないなんてことはないのです。男・女がこの世界にいる限り不倫浮気は無くならないでしょうね。

ではまた。

 

30代の女性から不倫調査の依頼が入りました。

単身赴任している御主人の不倫調査をしてほしいとのことです。単身赴任の夫の浮気調査はよくある話なんですが、よくよく聞くと単身赴任先は名古屋市となりのマンションを借りているらしいのですが、車で40分ほどなので毎日のように自宅へ帰ってきているらしいのです。

じゃあなぜ不倫を疑うのか?ちゃんと毎日自宅へ帰ってくる御主人なのに。すると奥様、こう言い切りました。

「女のカンです。主人とは学生時代からの付き合いなので主人のことは全てわかっているつもりですし、不倫をしていると思うのもわたしのカンなのです。」

なるほど~。これといった証拠はないけども、奥様としたらよほどの自信があるのでしょうな。奥様からの情報は、御主人は公務員で毎日自宅に到着するのは21時前らしいです。なので会社終わってからの尾行を開始しましょう。

単身赴任中の御主人の不倫調査が終了しました。

はい、依頼者である奥様の女のカンが的中した結果となりました!御主人は、公務員という事で仕事は17:30には終わり、すぐに職場を退社するんですが、そして車に乗って自宅へ向かうかと思いきや。。。その自宅へ向かう途中の大通り沿いに、なんと不倫相手のマンションがありました。そしてそのマンションに寄ってから、2時間という少ない時間を思う存分、逢引きをしてそして20:00すぎまで不倫を楽しみ、、それから自宅へ帰ると言う強行スケジュールになっておりました。その不倫相手は御主人がたまに行くパチンコ屋の店員でした。

奥様のカンのするどさに山ちゃんも驚きです!

奥様に調査報告書を提出し、クロでした。。。とお伝えすると、「やっぱりね。。。」とドヤ顔をしておりました(笑)御主人とは金銭的にも不満はないので、離婚は考えていないらしいので、不倫相手に慰謝料でも請求します。とおっしゃってました。

女は強い!と改めて感じた一件でした。

そう言えば、不倫調査をしている時に、一度だけすごいことがありました。

山ちゃんはとある女性の尾行をしていたのです。

依頼者は夫からなんですが、妻が浮気しているみたいなので調査をしてほしいということでした。

その夫は銀行員で40代なんですが役職についたりと、申し分ない夫なんですが、妻は一回りも年下の女性で夫からしたら心配なんでしょうね…。

妻を張り込みしていたら、ちょうど浮気相手との不貞行為の現場に遭遇できました。ばれないように撮影を行っていたら、むこーに山ちゃんと同じ雰囲気がした男が撮影をしておりました。まさか!と思い、じっくり見てみると、向こうは山ちゃんの対象者のお相手の撮影をしている模様。相手の奥さんが探偵を雇ったということですね。

こんなときは挨拶をするわけでもなく、気づかないふりをするのが一番です。たまにこんなことがあるので驚きです。

たまたま不倫調査のタイミングが同じってそういう事もあるのだな…。

探偵をしていると、こんな調査の依頼を受けることもあります。

山ちゃんは人捜しもストーカー調査も得意分野ではありますが、最近は男性からの「嫁を探してください」「彼女を探してください」という依頼は断るようにしています。

我々に嘘をついて、DVで逃げている嫁探しであったり、ストーカーの対象女性であったりする場合が多々あるからです。

もし、山ちゃんがその嫁か彼女を探し出し、依頼者に報告をしたら、その嫁か彼女が危険にさらされてしまうなんてことがあったら、事件になってしまう可能性があるからです。

ストーカーというのはなんとしてでも、対象女性を探し出そうと血眼になってどんな手を使ってでも探し出すことがあるそうです。

バカな探偵事務所はそんなことも知識なく、お金欲しさの為に探し出してしまうような探偵事務所もあるので、本当に気を付けてほしいもんです。被害者を増やさない為にも…。

そのような依頼もありますが、やはりダントツで多いのは、不倫の調査です。

さて、また不倫調査が入りました。30代の奥さんからのご依頼です。御主人の浮気を疑っての依頼なんですが、なぜ疑うようになったのかをお聞きしました。

・車の助手席シートの位置が微妙に違う

・ 家族を自分の車に乗せたがらなくなった

・車内に以前はなかったウェットティッシュなどの小物が充実している

・やたらと車を掃除している

・奥さんはショートカットなのに、後部座席にながーい茶髪が落ちていた

なるほど…。これは浮気を疑う要素たっぷりですね。たまに、浮気をしている人がホテルを使用せずに、車内で不貞行為をする人がたまにいるんですよね。お金がもったいないのか、もしくはそういう趣味があるのかは分かりませんがね。

さっそく調査を開始しましょう。

御主人の浮気を疑ってのご依頼でした。

不倫調査が終了しました。

御主人は20代の出会い系サイトで知り合ったM美と浮気をしておりました。

というか、そのM美以外にあと3人ほどの不特定多数の女性と知り合い、浮気を繰り返すというもの。そして少ないお小遣いでは、ラブホテルに行けないようなので、仕方なしに車内で不貞行為をされていたようです。

しかしただの体の関係のようで、欲求不満を満たしているようです。これが浮気になるのかどうか…。奥様にご報告しましたら、体だけの関係なら、離婚は考えていないようなので、御主人に証拠写真と調査報告書を見せつけて、別れさせるつもりらしいです。

そして主導権を握って、御主人を言いなりにさせてやる!とおっしゃっておりました。これは御主人、離婚したほうがいいかもね…。

これで調査も完了しましたので、またご報告致します。

 

40代の専業主婦の方からのご依頼です。結婚して15年、子供さんは四人おり順風満帆な暮らしをしておりましたが、御主人の車からかたっぽの一粒ダイヤモンドのピアスが後部座席に落ちていたのを見つけてしまったそうです。奥様はピアスは開いていないので間違いなく自分のではないらしいのですが、奥様は今の生活も壊したくないそうです。しかし御主人がもし浮気をしているなら、それなりの証拠を手に入れて今後なにかあれば…その時の為に保険として残しておきたいそうです。子供さんも四人もいるとのことなので、生活のためにはしっかりした証拠を手に入れておき、慰謝料・養育費・親権が手に入れるのは大事なことです。

不倫調査のほう了解しましたとお伝えしました。

不倫の調査結果ですが、御主人の不倫が確定されました。クロです。ピアスの持ち主は元カノでした。半年前の御主人の高校の同窓会で元カノと再会し、燃え上がってしまったという訳です。元カノも既婚者で子供が二人いるようです。夫婦仲は冷め切っているので、もしかしたら元カノの方は離婚も考えていたのかもしれませんが…。奥様に調査報告書を提出し、そしてある重要点をお伝えしました。

浮気の証拠自体に時効というものはありません。しかし浮気を理由に慰謝料請求をするのであれば、3年間という時効があるので注意が必要なのです。慰謝料請求というものは、損害賠償請求の一種です。 そして日本の法律では、不法行為に対する損害賠償請求の時効を3年間と定めています。ここで重要になるのが時効の起算点についてです。 基本的には「浮気の事実を知ったときから」3年間ということになります。しかし、いくら証拠を残しておいたとしても、3年間たってしまったから慰謝料請求が出来なくなってしまったのでは、ただ証拠を残しておくのはあまり意味がないように感じます。しかし、いくら時効が来ていないからといっても、法的に有効な証拠がないことには請求が認められないかもしれません。なら証拠なんて必要ないのでは?と思われがちですが、不法行為を立証する道具となりますので、手に入れておく必要があるのです。なのでこの調査報告書は御主人にばれないように厳重に保管しておくことをお勧めしました。

これで調査終了致しました。また依頼が入りましたらご報告致します。

終了といいつつ、また別件の調査が入りました。

40代サラリーマンの男性からの調査が入りました。御主人のお話はこのようなものでした。

御主人「嫁は専業主婦で、僕たちには子供はいません。僕はほしいんですが、嫁は子供はいらないという思いで、2人の生活でもいいかなと思い、作らずにきました。でも実際はさびしいのはあります。でも、嫁の気持ちもあるので…。すると、最近近所のおじさんからこんなこと言われました。最近お宅にグレーの業者用の車がよく停まっているけど、なんか工事でもするのか?というものでした。しかし、そんな工事は一切ないですし、勧誘とかの車かと思い、あまり気にせずにいたんですが、また別の日に言われたんです。これはちょっとおかしいと思いすぐに嫁に聞いたら、なにかの間違いじゃない?と言われました。でも日中は僕がほとんどいないため調べることもできないので、今回おたくにお願いしようと思い来ました。宜しくお願い致します。」

了解しましたとお伝えしました。

不倫の調査結果ですが、専業主婦の奥様の調査が終了しました。奥様はクロでした。そのグレーの車は電気工事の業者でした。その業者は20代の男でした。独身で、だいぶ昔にきた業者の男性で、そこで知り合ったらしく、それ以来奥様の家にきては不貞行為を自宅で行っていたということでした。すると、御主人にその男性の写真をみせたら覚えていました。あいつか…!という感じでした。御主人としては調査報告書を嫁に見せて今後どうするかを話し合いたいとのことでした。あとは、引っ越すかどうかも考えているとのことでした。

調査終了しました。またご報告しますね!

 

40代の男性から嫁が不倫しているかもしれないから調査をしてほしいという依頼が入りました。まずは話を聞いてみましょう。

「わたしは自営業で年中無休の時計屋を営んでおります。妻はたまに店を手伝ってはくれますが、基本は子供たちの世話や家事などで、日中は自由の身です。時計屋は修理も行っているので、店を開けておかないといけないので、わたしは日中はまったく動けないのです。すると、近所の顔見知りの人が、奥さんに似た人がパチンコ店の駐車場で男と待ち合わせをしてその男の車に乗り込んでいくのを見かけたそうなんです。でも、ちらっとした見ていなかったので、奥さんかどうか確証はないけれど…とは言われました。でも、実は最近わたしも、妻に対して不審な点があるのです。下着が派手になったり、髪も今まではあまり手入れしていなかったのに、パーマをかけたりカラーをしたりと、見た目が派手になったのは事実なんです。離婚は考えていませんが、不倫をしている証拠とその相手の調査をお願いします。」

了解しましたとお伝えし、さっそく調査開始だ!

奥さんの不倫調査が終了しました。

はい!クロでした!奥さんは、年配の男性と不倫関係でございました。その年配の男性も既婚者だったので、ダブル不倫ですね。男性の自宅住所もつきとめました。

御主人の調査報告書を見せましたら、御主人絶句しておりました。なんとこの年配男性は、時計屋のお得意さんだそうな。いつもいつも店に来ては、時計修理はもちろん、新しい時計を数回購入してくれていたらしいのです。

もしかしたらその時に、奥さんに目を付けて、連絡先を交換して、不倫関係に発展したのではなかろうか…。

でも御主人は一つ悩んでおられました。御主人のお店は、小さい時計店のため、このようなお客さんを失うのはお店にとってはなかなか痛手らしいです。このまま不倫を黙っておくか、とても迷っておりました。そうですよね、不倫が分かったとなると、この年配男性は、もうこの時計店には来なくなるでしょうね。。。

とりあえず調査報告書は、厳重に保管しておいたほうがいいでしょうとだけアドバイスさせていただきました!あとはお好きにどうぞ〰という感じですね。

今回も無事に終了しました。またご報告しますね!

世の中、浮気が多ければ、必然と不倫も多いという構図になりますわな。

どちらかが、結婚していたら不倫となる訳です。

片方が純粋にフリーしても、どちらかが特定の相手がいれば、浮気または不倫ということになるのですから。

20代の新婚ほやほやの女性から御主人の不倫調査が入りました。

新婚ほやほやで?とお思いでしょうが、結構あるんですよ。

御主人は中学校からの同級生らしく、新婚ほやほやだが長い付き合いのため新鮮さはまったくないそうです。しかし最近御主人の様子がおかしいんだとか。女の勘てやつらしいのです。長年一緒だったため、相手のおかしい動作、行動はすぐに分かってしまうんですよね。不倫をしている人は、事実とても態度が冷たくなるとかあると思われがちですが、実際のところ逆に、相手にはやさしくなることもあるのです。普段メールで入れてこないようなかわいい絵文字やらなんてとても解り易いですよね。

さっそく御主人の調査を行いましょう!

御主人の不倫調査が終了しました。御主人は、やはりクロでございました。20代の同世代の女性と不倫をしておりました。その女性とは、だいぶ前からの不倫関係でした。その女性は未婚ですが、彼氏はいるようでした。

どっちもどっち!って言いたいですが、一筋に彼を思ってきた依頼者の事を考えると、心ぐるしいばかりです。

依頼者に不倫調査報告書をお見せしました。すると、依頼者はとても驚いた様子だったので、どうしました?と聞くと…。不倫相手はなんと依頼者の親友とのことです。依頼者はなにかの間違いじゃないのですか?と山ちゃんに確認する始末。。。しかし、証拠写真もしっかりあるし、間違いじゃないのは依頼者が一番わかっているはずです。依頼者は、前から親友に御主人が不倫しているかもしれないという相談までしていたそうなのです。

でも親友は、考え過ぎだし、あんないい旦那さんを疑うなんてひどいよ。など言われたそうなんです。依頼者は意気消沈しておりました。大事な人達二人から裏切りに合うなんて…。とにかく今後どうするかは考えてみようと思いますとおっしゃっておりました。気づかないふりをするか…。

それにしても、そんな風なことをいう、親友は親友じゃない!!って山ちゃんは思うけどね。

そこは2人で話し合うなり、考えてもらうということで…。

絶対裏切らないような人も裏切る可能性があるので、山ちゃんはなにも信じれないのです。職業病ですね。ではまた依頼が入りましたらご報告しますね!

 

40代の専業主婦から不倫探偵の依頼が入りました。

御主人50代が不倫しているようなので決定的な証拠を手に入れて離婚をしたいと言うことでした。

奥様は長年、専業主婦で生活されており、御主人が名古屋で大手会社の役員ということで若い頃から現在までずっと仕事に追われており、子育て、家事など全て奥様がやってこられました。

自分の人生をかけて御主人のサポートをしてきたのに最後の最後で不倫という仕打ちにとても落ち込んでいられました。

今後は離婚をし、御主人から慰謝料を請求したいそうです。子供達もすでに成人しており、奥様は今後は自分のために生きていきたいとのことでした。

さっそく御主人の張り込みを開始いたしましょう。

御主人の不倫に関する調査が終了しました。御主人は自分についていた秘書20代女性と不倫関係でございました。

愛人となっており、マンションやら貴金属やらブランド品やらたくさんの貢物もされていたようでした。

御主人の不貞行為はバッチリ撮影することもできましたのでさっそく奥様に報告しましょう。

奥様に結果をご報告致しました。

すると奥様は鬼のような形相で、わたしにはプレゼントなんて何一つくれたことないのに、愛人に貢ぐなんて本当にひどすぎる!と叫んで、帰って行かれました。プレゼント!?そこ!?まあとにかく無事に調査終了したのでよかった。。。

後日談。。。風のうわさで、奥様は会社に乗り込んでいったようです。

調査報告書を片手に。

で、御主人は降格、愛人は退職。

とんでもない結末が待っていたのですね。奥様はとても満足されているようでしたとのこと。

さてこれで今回も調査終了しました。またご報告致します。

10

みなさんこんにちわ。

またもや不倫調査が入ってきました!30代女性、子供三人いるようです。

御主人は警察官というご職業で、今年の四月から初めての単身赴任をされているよう。その御主人の不倫調査をお願いしたいということでした。

まずは疑うようになったきっかけをお聞きしましょう。

”わたしの主人は職業柄、とてもまじめな主人でした。

いままで、他の女性とかとの付き合いもなく、わたしとは高校からの出会いで付き合いも高校からでした。それから結婚し、子供も三人に恵まれてとても幸せでした。

しかし、四月の単身赴任になったころから主人の様子がおかしくなったのです。まずは真面目が一番だった主人なんですが、LINEのメッセージの中身が絶対しない絵文字やスタンプが多くなってきました。ここから少しん?と思うことになるのです。

ここ最近は単身赴任先にはわたしは月に一度しか行かないんです。やはり子供達がいるので、なかなか主人の部屋のそうじに行こうと思っても行けなくて…。主人は基本、掃除洗濯は全然できなくて。

なので引越し当初は週一くらいでわたしが通っていたぐらいです。もう家のなかもバタバタで、洗濯物の山ですし。

しかし、この前久しぶりに主人のマンションに行ったら、部屋もとてもきれいで、洗濯物もとても丁寧にきれいにたたまれていました。

わたしはびっくりしました。主人に聞くと、一人暮らしも慣れればこれぐらいできるんだよとそっけない返事でした。

とにかく主人が不倫しているか調べてほしいのです。調べてもらい、今後どうするか考えたいのです。子供達も歳頃なので、子供達のことを一番に考えていい方向に向かえばと思ってます。。。”

了解しましたとお伝えし、すぐに御主人の調査開始しましょう!

警察官の御主人の不倫調査が終了しました。結果は。。。クロでした。

これまた御主人は真面目さがとても大変で、不倫の証拠写真をおさえるのにはとても苦労しました。

しかし、不倫をばれないようにする理由が一つあったのです。それは不倫相手がおなじ職場で働く警察事務の女性だったからです。

署内不倫というわけです。これはばれると、双方仕事上とても大変なことになりかねないと思います。

その不倫相手も既婚者で、ダブル不倫というわけですね。

不倫関係はやはり御主人が単身赴任をはじめたころにはじまったようです。その不倫相手が御主人のマンションに出入りし、掃除洗濯をやっていたのも分かりました。不倫相手の家庭もうまくいってないことがわかりました。

市民を守るであろう警察官もただの男ですし、ただの女です。不倫だってしてしまうでしょうね。

依頼者の奥様には調査報告書を提出し、今後どうされますか?とお聞きしました。子供さん三人もいて、御主人と別れることは、金銭的にも子供達の精神面的にもいいことではないのかもしれません…。

ととても悩んでいました。なので山ちゃんはこう伝えました。御主人に探偵をやとって調査をしたと言えば、離婚しようとなりかねません。しばらくお辛いでしょうが様子をみて、そして御主人が奥様・子供たちにとっていちばん大事な存在であることを知ってもらいましょう。その調査報告書は今後なにかあったときの証拠品として大事に保管をしておいてくださいとお伝えしましたよ。

奥様はわかりました。。。と涙をうかべて帰って行かれました。とても辛い心境でしょう。

今回の調査は終了しました。またなにかありましたらご報告しますね!

調査の間にこのような相談も受けることがあるのです。

とある女友達から相談がありました。

「なぜ男は妻よりも美しくない女性と不倫をするのか?」

不倫相手になるような女性は軽いから本命になれない。

ただ、気がいいことも確かかもね。奥さんとの夫婦関係の中で気持ちが疲れていて顔はぶすだけど、浮気相手の細やかな気遣いや癒されるところについ惹かれる。。。ということだろうな。

でも大抵は男性側がそのうち不倫関係に対して面倒に感じて長続きはしないもの。男とは自分勝手な生き物なんだよ。

そういうと、女友達はちょっとムッとして帰ってしまいました。女って、とても面倒くさい生き物だ。扱いが難しい。

気の利く男なら、いや、奥さんよりきれいな女性なんていないんだよ。ということでも言えるのだろうが。。。だから、ぼくは結婚できないんだろうな。。。

浮気相手が暴露してきて彼の浮気を知りました…。

わたしと彼氏は一年前からバイトで知り合い、付き合うこととなり、そのことを周囲(他のバイト仲間)も皆知っていました。

そして、ある日バイト終りに半年前からバイトに入ってきた女の人に呼び出され行ってみると 「私○○君(わたしのかれと付き合ってるの、いや付き合ってるって言えるかわからないけど、oo君から飲み会の帰りに告白されたし ホテルとか言っちゃったし…みさこさんはいい子だから彼に騙されていると思って言わずにいられなかったの」

って泣きながら暴露されました。
どうやら1か月前から彼と浮気していたようです。

ショックで呆然としました。

彼に問い詰めたところ、浮気の事実は認め、しかし、このままではだめだと思い浮気相手と別れようと強く言ったところ、浮気相手が暴走して私に直接言ってきたそうです。彼の中では浮気相手とは遊びだったと。わたしとの関係が本当なんだと。浮気相手と私と彼は同じバイト先です。ただ、浮気相手と私はあまり仲が良くなく、お店のみんなも感づいてしまいました。

彼が二股かけていたこと、そして彼女がわたしに暴露したこと。 浮気相手と彼が話したそうです。 私は、人に話せる話じゃないのに。。。と思いました。 もう彼とも浮気相手とも縁を切りました。
でも後悔してるんです。彼は浮気相手に騙されていたんじゃないかな?って。

こんなわたしってバカですか?

んーバカではないよ。

悪いのは彼と浮気相手だから。そんな男の君が一番だよっていう言葉も本当に信用性がないし、これでよりを戻してもまた同じ事を繰り返すと思います。

浮気と思っていたけど、どちらもが浮気で、実は結婚していて不倫だったと言う疑いもありますけどね。

なので、今は辛いだろうけど、自分の趣味などに心を向けて、彼と浮気相手のことを忘れましょう。絶対にいい恋に出会えるはず!

こんな相談もありました。

旦那の不倫相手の家に乗り込んで、不倫相手を罵ったり、殴ったりめちゃくちゃにしたことがある人はいますか。 その後、どうなりましたか。

旦那が不倫相手をかばってばかりで、「もう、連絡はとっていない。」と言っていますが、あんなに愛し合っていた2人がわたしにばれたからと言って、そう簡単に別れるはずがありません。

きっと、水面下で動いているはずです。 慰謝料請求をすると旦那に離婚を言い渡されるので、できません。 私は旦那と別れたくないのです。

でも、旦那が他の女性が好きなのは受け入れられません。 身勝手なことは分かっています。でも旦那に好きな女がいても目をつぶっていられる程、私はお人よしではありません。 もう、我慢も限界なので、不倫相手の家に乗り込んで言いたいことを言って、めちゃめちゃにしてやりたいです。

不倫相手の勤め先にもばらしてやりたいほどです。でも、そんなことをしてしまえば、私自身、自滅するのはわかっているので、躊躇してしまいます。

実際、連絡をとろうと相手の携帯に無言電話や、話がしたいと留守電に入れたことがありますが、無視され、自宅と私の携帯が着信拒否になっていました。

後で知った話では、旦那と一緒にショップへ行って着信拒否設定をしたそうです。 旦那に知られず、連絡をとりたいと思っていましたが、私が女性に行動を起こすと全て旦那に筒抜けです。

とりあえずは、子どもの前では普通の両親を演じています。
旦那は、もしこれが夫婦だけだったら、私を捨てていたそうですが、子どもがいるので、かろうじて家にいる様子です。

子どもと不倫相手が大切で、私のことは、二の次のようです。
旦那に「体の関係があったら即離婚だからね。」と告げていましたが、いざそうなり、旦那にもその覚悟があるとわかると旦那と別れるのがもったいないです。

子どもと2人でやっていく自信もありません。

やはり別れた方がいいでしょうか?

なぜもったいないのでしょう。そんな旦那と仮面をかぶって夫婦生活を続けても子供さんにはいずればれますよね。

子供の親権を取りたいのならば、弁護士にでもお願いして、しっかり裁判でも勝てるように努力することです。不倫相手の家に乗り込んでいいことはなにもありませんよ。

人の感情というのは本当に難しいものです。

世界が不倫で悩まない時代はくるのか、来ないのか…。

 

浮気調査ばかりだと思っていたら、不倫調査の依頼がありましたよ。

ま、浮気も不倫も結局はしている側の状況が違うだけで、していることは同じなんですけどね。

今回の不倫調査は50代の男性と結婚している女性からの依頼。

旦那が不倫をしているか調査をしてほしいという内容だ。

女性は、看護師をしており、夜勤などもあるため、基本は生活はバラバラなことが多いというもの。

それもあってか、旦那との会話もほとんどなく、たまに顔を合わせても必要最小限の会話しかないそうだ。

生活費も負担してもらってはいるから、生活には困っていないものの、本当に同居という感じらしい。

なら不倫調査なんてしなくてもいいのでは。。。?と思ってしまったのだが、離婚はしたくないし、旦那がが他の女性といちゃいちゃしているのが一番許せないから、確認のために調べてほしいということだった。

了解しましたということで、旦那様の調査を開始しましょう。

後日、依頼者である女性を事務所へ呼んで、結果報告しました。すると、浮気相手の写真をみて見覚えがあるというもの。

以前よく、御主人の計画で、御主人の同僚とその後輩女性が依頼者宅へ夜ご飯を頂きに来ていたそうです。

女性はてっきり、御主人の同僚とその後輩女性がいい関係なのかと思っていたそう。

しかしそれはまったくの想像違いだったということですね。

後輩を思いやる面倒見のいい男性を装い、自分がその若い女性と一緒に過ごしたかったという感じで後輩男性というのはもしかしたら、カモフラージュ?

計画性を疑います。

奥様は驚きとともに、どうすればいいのか。。。とても悩んでいるみたいです。

奥様の結論としては、御主人とは離婚をし、御主人と後輩女性それぞれに慰謝料を請求したいというものでした。

年月を考えると二年という不倫関係はとても長く、精神的にもつらいということ。頑張って不妊治療を行い、なかなかできない赤ちゃんのことで悩んでいたときに不倫を行っていたということにも、とても御主人に対して怒りを感じるということでした。

なので、山ちゃんの信頼する某弁護士さんを紹介させてもらうということで今回の調査は無事に終了です。

また依頼が入ったら報告します!

 

今回は不倫相手調査です。

30代女性からの依頼です。

自分は独身で普通に彼氏がいるのですが、40代の既婚者の男性を本気で愛してしまったそうです。その男性との不倫関係は10年にも及び、その男性は川田さんと言うそうです。川田さんには子供が一人。前々から奥さんと離婚して自分と結婚してくれるといってくれるそうなんでそれを待っているそうです。

でも彼氏にも結婚を迫られていて、でも別れを切り出すこともできないそう。自分は究極の寂しがり屋だとおっしゃってました。

川田さんと結婚ってなったときにさっさと彼氏と別れるのでしょう。

なんて身勝手な女なんだ。

長年不倫関係である相手を調査してほしいという依頼。

そして、今回の依頼内容は、川田さんが自分と会わない日は家庭でどのように過ごしているか知りたいんだそう。

実際川田さんからはこう言われているそうです。

もう夫婦仲は終わっているからあとはもめずに離婚をするには時間がかかる。もう少し結婚は待ってくれ。

そればかりを言うそうです。しかし川田さんの家庭状態を知ってどうするの?と山ちゃんは聞きました。すると依頼者はこういいました。

「もし川田さんが奥さんとお子さんを優先していたなら、奥さんとお子さんよりもっと自分を大事にしてほしい。と伝えたいのです。」

ということだそう。ますますめんどくさい女だ。。。

山ちゃんの不倫の考え方は、まず不倫相手というのは、常に二番目ということを承知して関係を続けていくのではないのか?

不倫をする女なんてこうです。

最初は奥さんを一番に考えてほしい、わたしは二番目でいいから。。。という悲劇のヒロインぶるんです。

しかし人間というのは欲がでてきてしまうのか、彼を自分だけのものにしたい、奥さんよりわたしを一番考えてほしいという独占欲がでてきてしまうのです。

それが人間っていうもんです。話が脱線しましたが、とにかく依頼ですので、さっそく川田さんとやらの家庭状況を調査してみましょう。

 

依頼者の不倫相手の名前は川田さん。

川田さんは奥さんと中学生の女の子の一人娘さんの三人暮らし。

川田さんの自宅へいってみましたが、絵にかくような大きなおうちでした。川田さんにつきましては、日々どのように家族を過ごしているかを重点的に調べて行こう。依頼者と会うのは週一回のみ。

週末の金曜日の夜のみ。土日は仕事が忙しいということで会ってくれないそう。土日の休みをなにしているか調べてほしいという要望だったので、土日を重点的に調査をやってみよう。

土曜日の明け方から張り込み開始です。

AM6:00 川田さんと奥さんがジャージ姿ででてきました。ランニングするようです。

時折笑顔もでたりととても仲が良い感じでした。

ランニングを終えて、しばらくすると川田さんと奥さんと娘さんがでてきました。三人は近くの喫茶店でモーニングを注文したようでした。

その後は、三人でアウトレットへ向かい、娘さん・奥さんにそれぞれクリスマスプレゼントと購入したようでした。

絵にかくような幸せな家族。。。日曜日は飼い犬の犬小屋と川田さんと娘さんでDIYしていました。横で奥さんが飼い犬のシャンプーをしたりと、川田さんは家族の時間をとても大事にしているようでした。

夫婦仲も良さそうだし、娘さんもパパが大好き!という感じがバシバシでていましたし。。。こんな素晴らしい優しいパパが10年もかけて裏で若い女と不倫関係を行っているという事実を知ったら奥さんと娘さんショックを起こしそうです。

この事実を知って依頼者はどんな行動を起こすのだろう。そ

してこの幸せな家庭をつぶそうとするのか。

調査が終了したので、調査報告書を作成し、依頼者を事務所へ呼びました。

依頼者は不安そうに「どうでしたか?」と事務所へ来るなり言いました。

調査報告書を見るなり、涙をポロポロと流し出しました。

そしてこう言いました。

「わたしは騙されていた。ずっと彼のことを信じていたのに。彼は奥さんとはもう夫婦関係も終わっているから、離婚の手続きが済んだらすぐに離婚してくれる。だからわたしも10年も待っていたのに…。10年の間に彼の子をなんども堕ろしたのに…。でもそれはその先に彼との幸せな生活が待っているから…。それだけを夢みていたのに。もうなにも信じられない。」と。

ちょいとおせっかいだと思ったんだが、山ちゃんからこう切り出しました。

「はっきり言わせてもらうと、川田さん家族の中にあなたの入る余地はないのです。川田さんに騙されたと思うかもしれないが、あなたに川田さんを責めることは筋違いなのです。あなたは人様から御主人を奪おうとしたのですから。もちろん川田さんもひどい男ですがね…。もう目を覚ましなさい。身近にいるあなたを一番大事に思ってくれる人のことを考えなさい。」

依頼者は泣きながらうなずいていました。

これで目が覚めてくれればいいのだが。。。

依頼者は調査報告書は持って帰らずに、もう川田さんとは別れますと言ってくれました。

不倫とは2人だけが幸せになる。

それ以外は全て幸せになんてならないものです。

全てを投げ捨ててまで不倫に溺れるなんてばからしい。

これで調査終了です。

また依頼が入りましたらご報告いたします。

不倫調査の依頼がまたありましたよ。

20代の女性からのご依頼です。保育園児のお子様が三人。依頼者はパート勤め。今回御主人が不倫をしているようなので調べてほしいとのことです。もちろん不倫相手も一体誰なのかを調べてほしいとのこと。

御主人の仕事は外回りの営業をされているようで、基本社用車で移動しているそうです。どこにでもある社用車。しかし、依頼者の友人が御主人が社用車ではなく、知らない女性が運転する車の助手席に乗っていたのを見たと言う目撃情報が入ったそうです。

さっそく御主人に確認してみると、ただの会社の女の子でお昼を一緒に食べただけだというのです。そのときは「ふ~ん」という感じであまり気にしていなかったのですが、それ以外にも目撃情報が入ったのです。やはり御主人が女性の運転する車の助手席に乗って走っていたのを目撃したというのです。

 

御主人と女。こんなに頻繁に目撃情報が入るので、これはもうただの同僚という関係ではないのでは?と依頼者は思ったと言う訳ですね。不倫の証拠を確実に手に入れて、ご主人と不倫相手にもそれぞれ慰謝料を請求し、ご主人からは子供の親権・養育費を請求したいとのご希望でした。もちろん離婚するという訳です。

さっそく御主人の尾行を開始しましょう。

まず御主人は営業まわりをされているということなので、さっそく仕事開始時間から尾行を開始です。

 

午前中は真面目に?営業まわりをしていました。すると、15時すぎになったところで、なぜだか大型パチンコ店の立体駐車場に入っていきました。まさか業務中にパチンコでもするのか???しばらくすると、ご主人の社用車の隣に一台のシロの軽自動車が止まりました。そして御主人はその軽自動車の後部座席に乗り込むと、その軽自動車はスピードを上げて出発しました。われわれも急いで尾行だ!

その軽自動車は付近のラブホテルに入っていきました。ただいま15時40分。よしこれで御主人の不倫が確定した。

 

御主人が不倫しているという事実が確認出来たので、その次はその不倫相手の身元を確認しないといけないからしばし待機するとしよう。

17:30にあのシロの軽自動車がラブホテルから出てきました。その後、2人が待ち合わせとなったパチンコ店の立体駐車場に到着。御主人は颯爽と社用車に乗り込みこれから仕事に戻られるようです。これから対象者をチェンジし、女の後を尾行します。女の身元を確認できればご希望にそえることができるでしょう。

 

女の住む家が特定しました。また聞き込み調査で女は既婚者で年齢は40代、中学生と小学生の子供二人いるそうです。旦那は単身赴任で事実上の別居と言う訳だ。しかし御主人と女の年齢差も気になる。どうすればこんな年の離れた女を不倫をすることになったのだろうか。もう少し女を調べてみる必要があるな。とにかく住まいは特定できたので、いったん事務所へ戻り、明日の朝イチもう一度張り込みだ。

朝6:00に女の自宅付近に到着しました。女のシロの軽自動車はあるのでまだ自宅にいることが分かりました。

しばし待機。。。

 

7:30過ぎると女の子供であろう男の子二人が自宅からでてきました。

8:40 女が出てきました。仕事に行くのだろうか。

女の車を尾行します。

女がついた場所は、自宅からほど近い保育園でした。ここで働いているということか…。山ちゃんちょいと気づいてしまいました。まさかこの保育園、依頼者の子供達が通う保育園ではなかろうか。。。?保護者とその通っている親との不倫関係はよくある話…。

さっそく電話で依頼者に子供達がどこの保育園に通っているか聞いてみると、ビンゴ!となると、ご主人と女の不倫関係になるきっかけは子供が通う保育園だろういうことか。

女の身元も働き先も分かったのでさっそく調査報告書を作成するのに取り掛かろう。

 

翌日、依頼者を事務所に呼び調査報告書を提出しました。すると、依頼者は御主人と不倫相手である年上の女が自分の子供が通う保育園で知り合い、不倫関係に発展したと言う事実にものすごい怒りを感じておりました。すぐにでも、保育園に乗り込み園長に報告し、子供を預かる保育士がその父親とダブル不倫なんて子供達にものすごく悪影響なので女をすぐに解雇してほしいと直談判するそうです。

お、おそろしや~

これで調査終了です。また依頼が入りましたらご報告しますね。

不倫に年齢は関係ないことを改めて感じた不倫調査です。

80歳の女性からのご依頼です。85歳の内縁の夫が浮気をしているようなので調査をしてほしいという内容です。女性はバツイチで結婚していた会社社長の夫には先に先立たれ、莫大な遺産を残してくれたそう。そして内縁の夫が家に帰ってこないらしく…内縁の夫は間違いなく浮気をすると家に帰ってこないらしいのです。今回も浮気だろうが、いったいどこの女のところにいるのかを調べてほしいと言うことです。そしてその女の住所をすぐに教えてほしいとのことです。依頼者は一体なにをしようとしているのか。もしかしたら女の家に乗り込もうと思っているのかも。

高齢者だからなにもしないとか、高齢者だから安全だという訳ではないのです。

 

依頼者自身はお金にはまったく困っていなくて、その内縁の夫とはとある結婚相談所で知り合ったとのことです。それぞれいい年なので籍を入れずに同居という形で一緒に生活をしていたそうです。な、なんと月に数回は夜の営みもあるほどの元気いっぱいの高齢者お二人らしいのです。さっそく内縁の夫がどこにいるのか調べてみましょう。内縁の夫がよく行くいきつけのスナックがあるらしいのでそこに来る可能性があるので、さっそくそのスナックで待ち伏せです。

月・火・水は動きなし。

 

木曜日動きがありました!夕方16時すぎに、内縁の夫が自分のよりも若干若いであろう女性を連れて行きつけのスナックへやってきました。ビンゴ!2人がスナックへ入っていきましたので、われわれはしばし待機します。この待機時間には当事者たちの情報を整理したり近場にラブホテルがないか、当事者たちが行きそうな場所を先に地図等で調べてたりという事前準備をしているのです。またカメラの調子をみたりもですね。ただ車の中でじっとしているわけではないのです。

2人が20:00過ぎにスナックから出てきました。

スナックからでてきたその後二人は、店の前に停まっていたタクシーに乗り込みました。われわれも尾行です。しばらく走ると、とある集合団地住宅に到着しました。調べると、生活保護を受給している人たちがこの団地に住んでいるそうです。ここが不倫相手の住んでいるところか。2号棟の315号に入っていきました。これで2人の隠れ家が分かりました。

調べた結果、不倫相手の女は年齢65歳、ホテルの清掃員、2人が知り合った先はあのスナックとのこと。完全に対象者は不倫相手のヒモになっているということですね。

さて依頼者に調査結果を報告致しましょう。

 

後日依頼者が事務務へ来られました。依頼者は調査報告書を穴のあくほどまじまじと読み、2人の隠れ家も分かり、ましてや女の勤め先やら全ての正体も分かったためとても満足そうでした。こちらからよかったら弁護士を紹介しますか?と言うと、「そんなものは必要ないです、あいつらの住処も分かったのですからわたしが自分でなんとかします…。自分で制裁を加えないと気が済みませんから…。」と満面の笑みを浮かべて帰って行かれました。

高齢者の嫉妬・憎しみは時にはとんでもなくおそろしい結果を招くことがあるので、明日最悪な結果のニュースが流れなければいいが…。

これで調査終了です。またご報告致します。

子供の習い事がらみの不倫なんて言うのもあるのがビックリ、スポ少不倫調査もあります。

30代の主婦の方からのご依頼です。御主人が浮気をしているようなので調査をしてほしいそうです。御主人の不倫相手はだいたい目星がついているので、その不倫の決定的な証拠がほしいそうです。小学生の男の子二人いるそうです。もし不倫が確定しましたら御主人とは離婚して、子供の親権と養育費、慰謝料を御主人と不倫相手双方に請求したいとのこと。御主人の不倫相手は子供たちが通うスポ少の中のどなたかのお母さんだそうです。そのお母さんが誰なのかも調べてほしいというのです。

 

依頼者より、いろいろ聞きました。息子さんたちが通うスポ少は野球なんですが、結構な強豪チームらしく、県外遠征が月に二回はあるそうです。もちろん泊まりの遠征です。泊まり遠征はお父さんだけがた来るというのが多いのですが、やはり子供たちの世話や食事を見ないといけないという言う事で、高学年のお母さんたち2人か3人も来られるそうです。その中のお母さんと依頼者の御主人が不倫関係である可能性が高いので調査をしてほしいということでした。

 

その3人のお母さんについても依頼者からお聞きしました。

まず1人目、さとこさん 年齢50歳 シングルマザーで6年生の男の子のお母さんです。

2人目、みちこさん 年齢48歳 泊まりの遠征には夫婦そろって来られるそうです。こちらは6年生のキャプテンの男の子お母さんです。

3人目、みよこさん 年齢29歳 今年の春から入団された2年生の男の子のお母さんです。この方もシングルマザーらしいです。お子さんが一番小さいのでやはりお母さんに来てもらわない困るということで遠征にはほぼほぼ行くそうです。

この3人が御主人の不倫相手だろうというお母さんがたです。

 

まあざっくり男として考えれば、29歳のお母さんと不倫したいですよね。しかし、女性は40歳から性欲も強くなるし、最近の40代50代も美魔女と言われるほどお綺麗な年齢不詳は女性が多いのも事実です。子供達も手が離れて夫とも関係が良くないので、不倫しちゃおっかな~という年齢でもあるのです。なのでこればっかりはしっかり調査してみないと分からないので、次の遠征予定を依頼者にお聞きしました。

次の遠征予定は来週の鳥取遠征とのこと。名古屋から鳥取は大型バスで4時間ほどかかるそうです。鳥取市内のビジネスホテルに一泊泊まるということです。宿泊先も分かっているので、調査としては簡単ですね。

 

遠征のスケジュールとしては、名古屋に明け方4時に出発して、鳥取に到着予定がAM8時30分。試合開始が9時ということですね。試合は終日行われるようで夕方16時に全ての試合が終わって、それからホテルに向かう。となると、試合中にいくらなんでも不貞行為はないだろうから、試合が終わる夕方ごろにビジネスホテル付近でわれわれは待っていよう。

16時前に対象者が泊まる鳥取市内のビジネスホテルに到着しました。野球部の大型バスは未だ到着していないようなのでしばし待機しましょう。

スポーツ少軍団は3階が子供達だけ、4階は指導者たちと親が宿泊するそうです。食事は1階のカフェで食べるようです。夕ご飯の時間になりました。スポ少軍団が19時ごろにカフェに集まりだしました。山ちゃんも隅っこに一人で食べる用意がされていました。さびしいけれど慣れていますから。

みんなの座る位置も特に問題がないように思います。しかし、アルコールが入ると指導者たちや親は騒ぎ出しました。もちろんすでに子供達は各自部屋に戻っているようです。

時間は20時です。すると、指導者たちと親は2次会ということで場所を移動するようです。徒歩で近くの居酒屋に向かうらしいので、山ちゃんもさっそく尾行です。

 

16時30分に大型バスが到着しました。夜ご飯はこのビジネスホテルで食べるそうです。となると、御主人とお母さんがたの絡みを見るのはホテル内に潜入しないとなかなか難しそうだ。よし、われわれもこのビジネスホテルで宿泊することにしよう。宿泊客としてなら、ホテル内をうろうろできるし。

幸い、このビジネスホテルはあまり人気がないのか、お客さんもガラガラで急きょ山ちゃんたちも宿泊することができました。さてまずスポ少軍団がどの階に泊まって、どの階で食事をしてという行動管理をしないとな

 

居酒屋へ向かったのは、指導者たちと親の人数は8人。居酒屋に入りました。山ちゃんも一人ですがカウンターで座る事としよう。

指導者と親たちはアルコールも入り、ものすごく盛り上がっていました。そしてあきらかにみんなの様子がおかしいのです。指導者は結構なご高齢なので問題ないんですが、お父さんが4人に、お母さんがあのメンバー3人です。そしてその7人の様子がちょっと?という感じでした。これもしかしてみんななんだかしらの関係なのか?

居酒屋での飲み会が終わりました。すると、指導者と50歳のシングルマザーがタクシーに乗ってどこかへ行かれました。え?いったん山ちゃんも居酒屋をでました。車の中で待機です。

 

となると、お父さん4人に48歳と29歳のお母さん2人が残っているということになります。時間はすでに深夜1時。すると、依頼者の御主人と48歳のお母さんが居酒屋からでてきました。手をつないでいるようです。外に待っていたタクシーに乗り込みました。48歳のお母さんとの不倫が濃厚になってきました。タクシーは近くの古びたラブホテルに到着。よしこれで2人の不倫が確定しました。まったく、子供の遠征できているのに、それを利用してこいつらはなにをやっているのか…。明け方4時に2人がラブホテルからでてきました。そしてビジネスホテルに到着しました。

 

翌日、スポ少軍団が朝8時に出発です。ホテル前では決起会のようにみんな叫んでいました。これで不倫の不貞行為と証拠写真を手に入れましたので、山ちゃんも名古屋へ帰ることにしましょう。

調査報告書を作成し、依頼者に提出しました。すると、まさかあのみちこさんと自分の御主人がスポ少も県外遠征を利用して、不倫していたなんて考えてもみなかったらしく、ものすごく驚いていました。そしてそれは怒りに変わり、御主人にはすぐに離婚を提示し、慰謝料と養育費を請求する事にするそうです。そしてこの事実を野球部の監督や親の会に報告して、みちこさんにもなんだかの処罰をしてもらうということにしてもらいますとのこと。山ちゃんの弁護士もご紹介しました。これで調査終了です。またご報告します。

奥さまの習い事がらみでの不倫調査もある。

35歳の公務員の真面目な男性からのご依頼です。依頼者の奥様が最近外出も増え、下着も派手なものになり、携帯をお風呂の中にまで持ち込み、最近では高額なお金をだして全身脱毛までされているそうです。当初は黙っていたが、やはりおかしいと思い、奥様に問いただしたら、逆切れ。自分のことをほおっておいて、好き勝手させてくれたっていいじゃない!とのこと。

もうこれはクロだろうということで、離婚を考えているらしく離婚を口にしたら、態度が豹変し、ごめんなさい!と謝るだけ。しかしなにもやましいことはないの!と言い訳ばかり。依頼者の気を引きたくて、自分磨きのために努力をしているということ。しかし、やはり事実が知りたいので今回調査をお願いしたいと言う事で、依頼されたそうです。

 

奥様が最近の様子がおかしいということで、不倫調査をご依頼された真面目な公務員の御主人。奥様の調査を開始しましょう。

奥様は専業主婦で、一日はほとんど外出しておりいったいなにをして過ごしているか御主人はまったく把握していないそうです。御主人も奥様としっかり向き合っていなかったということで、こうなってしまったのは多少御主人の責任もあるように感じますね。

月曜日 御主人が朝八時に自宅をでました。2人には子供さんはまだいないらしく、二年ほど不妊治療をしていたらしいのですが、御主人がお金もかかるしやめようと言い出したのでやめたそうです。それから夫婦仲がぎくしゃくしてきたのは事実のようです。AM10:00すぎ、奥様が買い物かごを持って出てこられました。買い物に行くのだろう。尾行開始です。

 

奥様が買い物先のスーパーにつきました。買い物を済ませ、自宅へ戻ってこられました。その後は動きがありません。しばし待機です。

動きがありました。13時すぎに奥様が大きな荷物を持って出てこられました。どこへ向かうのか。尾行開始です。

奥様の後を付けます。すると、奥様が到着した先はとあるダンスレッスンスクール。ダンスを習っているなんて御主人からそんな情報はありませんでした。本当に奥様のことなにも分かっていないんだな。

 

ダンススクールでダンスの練習をしていた奥様が二時間ほど経ってから出てきました。すると、そのままスクールからほど近い一本路地裏のイタリアンレストランに入っていきました。このレストランは個室があり隠れ家的なお店です。まだ開店してからすぐだったのでお客様のいなかったので、われわれも入店しました。

奥様が奥の部屋で誰かを待っているようでした。すると、一人のメガネとキャップをかぶり、マスクをした長身を男性がお店に入って来られました。すると、奥様の部屋に入っていきました。まさかこの男が不倫相手か…。個室なので、室内でなにをしているかはまったく分かりませんが、会話は耳をひそめると聞こえてきます。

 

二人の会話を聞いていると、いろいろなことが分かってきました。

男性は、ダンススクールのコーチでした。奥様がタイプだったみたいで猛烈アピールだったそうです。コーチには奥様がいるようで、ダブル不倫。なかなかの関係ですね。その後、二人は仲良くラブホテルへ向かわれました。これで不貞行為確定ですね。

さっそく事務所へ戻りまして、調査報告書を作成しました。

御主人に報告しました。御主人は落ち込んだ様子で、離婚を考えたいので弁護士を紹介して欲しいということだったので、山ちゃんの知り合いの弁護士を紹介しました。

これで調査終了です。男女の出会いなんてどこにでもころがっているんだな~と思いました。またご報告しますね!

こんな不倫調査の依頼もあります。

”ここ半年くらい夫の帰る時刻が不規則になってきました。 仕事が大変だとは知っていました。 でも夫が不倫してたなんて、こんなことが降りかかるなんて思ってもみませんでした。
どうしようと思い悩んでいました。 友人にも相談しましたがこれといっていい方法は見つかりません。不倫は疑いなので、確証があるわけではありません。
自分の妄想でこうなっているのかとも疑いましたが、ある日夫の携帯に電話がかかってきた のでそのやり取りを見ていました。わたしには見せない笑顔で話すその姿におかしいと感じました。 すぐに詰め寄ると問題が広がると思い、どうしたらいいのかと冷静に考えました。インターネットで検索し、不倫相手を特定するときは探偵を使うと書いてありました。
これだと思い、早速ネットで検索したくさんあるなかで、ある探偵社を見つけ早速相談したという次第です。”

トいう事で、不倫相手のことはわからないと言う依頼。

大体は何も分からないところからの調査になりますよ。

よっぽど、詮索好きな人なら、自分で旦那さんの行動パターンを調べて下調べして大体目星は付いているなんて人もいますが…。対象者を追跡するのが、探偵の仕事です。 慰謝料も請求もできる可能性もあることを伝え、即、 依頼ということになりました。

不倫調査の結果、不倫相手とは毎週会っていることがわかりました。 その相手は会社の取引先の女性でした。二人で食事をし男女の関係を結ぶところにいくところの写真をとれたということを探偵は捉えましたよ。女性の身元もわかり、年上のお金がある人だということもわかりました。浮気の事実がこうしてあるのだから、 慰謝料をとることも可能だと伝えましたが、奥さまは迷っておられました。
奥さまの意向で夫と不倫相手に接触しました。 そしてこの事実を伝えました。不倫相手は目に涙を浮かべていましたが、楽しいことが一変し悲しい事実と なりました。慰謝料の話はまた相談の段階ですが、話は進んでいます。慰謝料を相手の女性に請求すると言う事で話をしたところ、相手は驚いていたそうです。 知らなかったということですが、結婚している状態のものに対し、軽い気持ちで接し それが家庭を壊す要因になることもあり、自分の身も滅ぼすのです。
奥さまは、不倫は犯罪になるということも学びましたとおしゃっていました。 慰謝料もいただく方向でとおしゃっておられます。夫にもきついお灸のかわりとなり、心のうちを話すいい機会となりましたと、探偵に不倫調査を依頼することに、少し抵抗があったものの、依頼して良かったと、 思いきって探偵社にお願いしたことが、人生の流れを変えられて、良かったとおしゃっていました。

 

これは知りあいの、まだまだ若い夫婦の話です。

まだまだ新婚なのに、旦那が浮気しているかもと疑っているらしいのです。
これまではガラケー愛用者だったのに、突然スマホに換えて常に持ち歩くようになったとかで。私には絶対見せないようにしているのだとか。それは怪しいかもね。休日も一人で出掛けることが多くなり、これは絶対浮気だと思い旦那と同じ会社に勤務している幼馴染に聞いてみたそうで。そういうルートって、女性って結構大事にするものなのですね。すると、言いにくそうに不倫しているかもと言ったらしいのです。相手は同年代の同僚だと言います。確かではないよと幼馴染は言うのですが、私はもう絶対だと思い込んでしまったということで。とにかく証拠を揃えて突きつけてやろうってことで、探偵の私に相談することにしたそうで…。友達のルート使ってきくだけでは、かもしれないとか曖昧な情報だけしか入ってこないですからね。普通にどの位の料金かかるの?って言うところから、始まったのですが、料金も納得できる値段だったようで、結局のところ依頼を受けることに。知りあいというのもあってか、つい熱くなって愚痴っぽい事も長々話してしまいごめんねと、最後にいっていました。
そんなこんなで、愚痴っぽい話も聞き、かなりの時間相談に裂きましたが…。知りあいということもあって、話しやすかったのだそう。結局調査の結果、同僚との浮気ではないとこがすぐに判明しました。なんと、旦那さんは自分の母親と密に連絡を取り、会いに行っていたのです。忘れていましたが、旦那はかなりのマザコンだったということでした。浮気ではなくホッとしたのですが、もうちょっと私の事もかまってよと、旦那に忠告して、その件は収まったらしいです。

 

探偵は昼間だけ活動しているわけではありません。
真夜中でも尾行調査や素行調査、張り込みなどをしています。しかし真っ暗な中でも撮影などできるのでしょうか。
そこで活躍するのが暗視カメラです。
防犯カメラなどでもよく利用されているのですが、夜の闇でも顔がはっきりと撮影できるカメラなのです。顔の特徴もわかりますし着用している服もばっちりと見えます。
フラッシュをたいて撮影することもできますが、その時は光りますので撮影していることがターゲットにバレてしまいます。

しかし暗視カメラはフラッシュをたくのではありませんのでターゲットにバレないのです。
不倫調査の場合は撮影したものが裁判所では証拠になることもあります。しかし顔が暗闇に紛れていて個人を特定できない場合には証拠にできないのです。証拠にできなければ依頼者は慰謝料をもらうことができませんので全て水の泡になります。
こうならないためにも暗視カメラが必要なのです。はっきりと撮影できればもう相手は言い逃れできません。暗視カメラひとつだけで依頼者の人生がかわるといっても過言ではありません。それだけ重要なものなのです。
これは写真の撮影もできますが、動画の撮影もできます。
そして探偵はこのような目的で利用することもあります。それは追跡の方法です。暗闇ですとどこにいるのかわからなくなります。ですので暗視カメラを使ってターゲットがどこにるのかを確認するのです。
探偵にとっては必要不可欠なものですが電気屋筋などでも販売していますしネットでも販売しており割と簡単に手に入れられるものです。
不倫は大体夜に行われます。これがなければ探偵という稼業ができないも同然です。
探偵は万が一の時のために一つだけではなく複数のカメラを持つこともあります。
また、最近ではコンパクトサイズのものもありますので長時間の撮影にも耐えられるのです。
また小さいとあまり目立ちませんのでターゲットに気づかれにくくなります。
大切な道具のひとつです。

 

「探偵とは」とネットで検索すると、「他人の秘密をひそかに調査したり、罪を犯した者を突き止めたりする者、またはその行為である。現在の探偵は人(法人又は個人)からの依頼を受けて、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により、特定人の所在又は行動についての情報を収集し、その結果を依頼者に報告する。」とうたってあります。テレビドラマに出てくる探偵さんはカッコよくて面白いんだけど、生の探偵さんのイメージって、たとえ依頼されたとはいえ、人の知られたくない部分を穿り返すみたいな職業で、しかも、その方法は陰湿な感じがして、どうも馴染めない一面がある。しかし、悩みぬいた末、探偵事務所の扉をノックする人がいて、その人の話を聞き、力になろうと動く人がいる。ある意味人助けともいえる職業なのかもしれないですね。大げさに言えば、扉をノックする人の、人生の縮図に触れる、人生を請け負う、人とかかわっていく職業ということで、そんな一面も感じながら……いやいやそんなもんじゃないですよと言われるかもしれないですけどね。とまあ、探偵業についてよくわかってないですが、世間一般では浮気調査、金銭トラブル、人探しetc……の依頼が多いというイメージがあります。

今回、「不倫・浮気」から少々感じることを綴ってみたいと思います。浮気は、ごめんなさいと言えば元の鞘に収まり、浮気相手とも別れる、まあ火遊びという感じ。不倫は、配偶者が居るにも関わらず他の人と恋愛感情に陥り、離婚をして不倫相手と結婚することもあり得る。略奪婚っていうやつですね。浮気と不倫の違いは、遊びと本気の違い。ちなみに主婦の不倫の割合は14.8%、1割以上あるらしいです。今や不倫なんて、そこいら辺にゴロゴロ転がっているような、誰でもしてるって言ってしまう人がいるほど、珍しい話でもなんでもなくなっている感じがあります。

不倫や浮気を肯定するつもり訳ではないがけれど、こう考えることもある。

若い時、20代前半に結婚相手を選び、この人が最良の人として結婚式を挙げる。あの時は最良の人だった。それが10年、20年経つ間に変化してくる。それは、10年、20年経たないときっとわからないことなんだと思います。結婚する時にわかっていたら失敗することもないだろうし、それはどうしようもない、過ぎてしまった出来事なんです。だから不倫をするのか、してもいいのかということなんですが、それも人との巡り合わせで、20代の時には出会わなかった人に40代、50代になって出会ってしまったということもあるのでは…、と。

40代、50代になってもトキメクことはあってもいいのではないかと私は思うのですが…。50代、60代の熟年カップルが「新婚さんいらっしゃい」に出演してみえることがあるじゃないですか。ときめいた時にたまたま結婚していた、形的に不倫となってしまったみたいな…そんなパターンもあると思います。結婚しているからと言って恋愛してはいけないということはないのではないか。でも、それは一方的な考え方で、常識人間にとってはいけないこととしてしか映らないことなのかもしれませんね。不倫相手は単なる遊びかもしれないし、配偶者は裏切られた思いでいっぱいだろうし、みんながみんな同じ考え方、気持ちじゃないからいろんな問題が起きる。探偵の扉のノックをたたく人もいるというわけで、お金をもらって依頼を受ける以上、全力を尽くして調査をする、依頼者の幸せを考える。

きっと探偵業って思っている以上に大変だ。

 

 

 

 

 

浮気調査 4 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

探偵って悩み相談室的な所もあるんですよね。

例えばこんな相談から。

”会社の営業マンだった夫と会社の親睦会で出会い結婚して、今年で2年目になります。結婚してからも私は仕事を続けたのもあり、お互いに給料はそれぞれ自己管理をしていたのです。家賃や生活費はそれぞれ折半、交通費や交際費などはそれぞれの給与からとしています。貯金もそれぞれがしておりました。そしてこの前、妊娠が判明し、産休に入る前に今後の家計やりくりをどうしようかと思っているところ、ふと夫の通帳がリビングのテーブルの引き出しの中に入っていたのを見つけてしまいました。悪いと思いつつ中身を見てみると毎月決まった額が、どこかに振り込まれていたのです。それも結構な額でした。定期預金は別に引き落とされていたので、定期預金ではないはず。。。
帰宅した夫に、自分の妊娠の話よりも先に夫の通帳を見てしまった事。毎月決まった額(けっこうまとまった額)をどこに振り込んでいるのかを問いただしました。
すると、申し訳なさそうな顔をしてこういいだしました。なんと夫は人妻と不倫をしていた過去があり、その当時は夫とわたしはまだ結婚しておらずわたしもまったく気が付きませんでした。その不倫の結果、不倫相手の夫にばれてしまい慰謝料を請求されたらしいのです。その結果未だに慰謝料を払い続けているのだと告白してきました。結婚して2年たっているのにそんな支払をしていることに気づかなかった私も私ですが、その後に自分が妊娠した事を話すのをためらう程の衝撃でした。普通に考えて、これから子供が生まれるにつれ養育費が必要になっていくのに、毎月慰謝料を支払っている夫が力になってくれるのか。そもそもあとどれくらい慰謝料が残っているのかが分からず、どうしたら良いのか未だに悩んでいます。”

旦那さん、やってくれますね!!

しかし、良くあるタイプ!!隠すつもりはなかった、言い出せなかった…ってね。

いやいや、一番先に言えや!!って話。

夫には妊娠している事を伝えましょう。過去は過去として、夫とじっくり話し合いましょう。産まれてくる子供さんを一番に考えてあげてください。
今の体重計っていろんな機能がついていてかなり高性能ですよね。付き合って半年になる一人暮らしの彼氏の部屋に遊びに行った時、 脱衣所に最新の体重計があり、興味があったので自分の体重を計ってみることにしたのです。
起動させ、自分の情報を設定しようといじってみると、彼氏の情報の他に、女の名前で「まりこ」という登録がある事に気づいたのです。

その「まりこ」の生年月日は平成5年8月2日。。。彼氏は昭和63年生まれ。。。

しかも一番最近の記録が昨日の日付でした。昨日は、会社の親睦会があるから会えないと言っていたのに。。。

もしや…と思い、彼氏に体重計に登録されている「まりこ」は誰かと聞いてみました。
すると、彼氏はサラッと「姉貴」と答えたのです。姉貴が自分より若いはずないですよね。
その時、姉ではなく浮気だと確信しました。
でも、その日はちょうどわたしの誕生日だったので、一旦この件はスルーにしたのですが、婚約も考えていた彼氏だったので、その婚約も迷っている次第です。。。

はい、そのまりこは浮気相手だと思われます。

ただの友達が脱衣所にある体重計を使用しますか?使用するなら、お風呂入る前後に使用しますよね。ということは、彼氏のお風呂に入る仲ということです。

なのでもし婚約を考えている相手なら、一度探偵事務所に依頼してみてもいいかも。結婚してから浮気癖のある男だともっとめんどくさいことになりかねませんからね。

また、こんな相談も…

”私の兄夫婦は共働きでまだ小さい甥っ子を私の住んでいるマンション近くの保育園に預けています。わたしもたまにはお迎えに行ったりもするぐらいです。義理の姉はちょっと体が弱いというのもあり、義姉の仕事が終わって子供を迎えに行く前に、ちょっとした休憩をとりたいというので、私の部屋で休んでもいい?とお願いされました。
部屋を貸すことに特に嫌だと思わなかったのもあるし、義姉は私に気を使って夕食を作って冷蔵庫に入れておいてくれたりするので、一人暮らしで残業の多い私にはかえってありがたかったのです。 しかし、ある日兄が突然私の部屋を義姉に貸さないように、と渡していた合鍵を持って来ました。
いったいどうしたのかと聞いたところ、義姉は私の部屋で浮気をしていたというのです。子供を迎えにいく前に、私の部屋で浮気相手と落ちあい、そこで楽しんだ後に子供を迎えにいっていたそうです。
浮気に気がいって、甥っ子の迎え時間が遅くなることがずっと続き、保育園の園長先生のほうから兄に注意が入ったことから発覚したらしいのです。
驚きはもちろん、まさか義姉が浮気相手と使っていたベッドに、知らずとはいえ私が毎日使っていたことなんです。
そちらの嫌悪のほうが大きかったです。本当の姉のように慕っていたのでとてもショックでした。
程なく兄は義姉と離婚しましたが、その時の慰謝料の一部が私にも支払われて、私はそのマンションを引っ越しました。ベッドももちろん買い換えました。。。”

なんという義姉なんだろうか。そんなことが普通にできる義姉は浮気にはまってしまったんでしょうね。浮気にはまる人は周りが見えなくなるほどまで、はまってしまい人生を破たんさせてしまうのです。浮気・不倫はしないに限るが、するならほどほどに。。。

はたまた、このような相談も…

”妻(30代)が浮気してました。というか、浮気のようなものをしてました。これは浮気になるのかならないのか?妻と結婚して5年目。夫婦の会話も子供のことばかりで、夜の営みも回数もぐっと減り、お互いが家族のような関係でした。でも、それはそれで幸せでした。しかし、わたしの友人が名古屋の繁華街で妻と一回りも若い男が腕を組んで歩いていたのを見かけたと言う目撃情報が入りました。すぐさま妻を問いただしましたら、なんと、疑似恋愛というものをしていたらしいのです。不貞行為すらしていないらしいのですが、一緒に食事したり、手をつないだり、ドライブしたりという普通のカップルがすることを実際にするらしいのです。でも必ず不貞行為は絶対してはいけないというお約束があるらしく。だから許してください、離婚はしたくないですということでした。これで本当に不貞行為はなかったのかどうかは分からないのですが、妻を信じてもいいものでしょうか?”

うーん、その不貞行為があったかどうかは奥さんとその男性にしか分からないですよね。すでに御主人にはばれてしまったので、また会って不貞行為を行うかどうか調べるのはなかなか大変なことですし。しばらく、何事もなかったように過ごしてみて、しばらく奥さんを泳がせておきましょう。そして忘れたころに探偵を雇ってみて調べてみてもいいんじゃないかな。

そんなこんなで、探偵はこんなことを考えるのです。

浮気は無くならない。だから、ばれない方法は無いものか…。

探偵がこんなことを言っては身も蓋もないが…。

浮気が絶対ばれない方法その①

さてこんなご相談を頂きました。「絶対に浮気がばれない方法ってありますか?」探偵調査員にこんなことを聞く友人も友人ですが、プロであるわたしたちが言う絶対に浮気がばれない方法を少しですがお伝えいたしましょう。

まずは相手とのメッセージは全て削除してください。相手とはFacebookメッセージでやりとりをしたほうがいいかも。LINEだとアカウントを乗っ取られてLINEの内容がバレバレになってしまうおそれがあるので。いつ・どこで会うかといった必要最低限の情報の行き来にとどめておきましょう。

会ってからお互いの目の前でスレッドごと削除。徹底して痕跡を消していきましょう。『後でメッセージを見返して余韻に浸る』なんていうのも若干憧れると思いますが、それはリスクが高すぎます。

Gmailをプライベートで使う人は多いですが、Yahoo!メール派はマイナーな印象があります。だから、Yahoo!メールで新規にアカウントを作り、それで連絡を取り合うのもいいでしょう。Yahoo!メールならさすがに奥さんにもバレないみたいですよ。

あえてマイナーなものをセレクトするのは賢い選択。

浮気が絶対ばれない方法その②

たとえ相手と帰る方向が一緒でも細心の注意を払いたいので、基本的に現地集合・現地解散を徹底。お店や施設の中で合流し、その後は時間差を設けて別々に出るんです。

万一、お互いの知人に彼と一緒にいるところを見られると、決していいことにはならないので、街をふたり並んで歩くことは絶対だめです。

一旦待ち合わせ場所に入ってしまい、そこから別々に出て行けば、ふたりの関係性がバレる心配はかなり減らせます。絶対に人に見られたくない場合、この方法を使ってみては。

浮気が絶対ばれない方法③

夏はむしろ怪しくなりますが、秋冬は常にマスクを装着。ふたりともです(笑)。マスクを付けているだけで、だいぶバレにくくなると思いますね。一般的なアイテムですが、目立ちたくないときには重宝します。探偵調査員としたら、マスクが一番嫌なアイテムです。

自分や相手がもしなくしてしまったときのために、2〜3枚は持ち歩きましょう。

変装=サングラスを思い浮かべる人も多そうですが、それよりも手っ取り早い、かつナチュラルなのがマスク。常日頃から緊急時のために持ち歩くといいでしょう。伊達メガネと合わせるとより一層変装度がアップ。

できることなら安全な恋を普通に楽しみたい――と感じますが、必ずしもそう転ばないのが恋というもの。もし、リスクのある恋をするときは、気を張ってくださいね。

 

また、こんなことで相談が寄せられることもあるんですよね。

休日に仕事?っていう奥さまから探偵への相談。

最近、主人が携帯電話でコソコソと話す事が多くなり、トイレに行くときもお風呂に行く時も携帯をはなそうとせず、休日に仕事だと行って家を空ける事も多くなりました。私は主人の浮気を疑うようになり、何か証拠をつかんでやろうと思っていたある日、主人が携帯を忘れて会社に出かけました。私はチャンスとばかりに携帯を見てみると、ある写真を発見しました。そこには、若い女性を仲良く写っている主人の姿が。見た瞬間これは絶対に浮気だ。間違いないと確信しました。私はこれからどうすればいいか悩み、友人に相談する事に決めました。友人も昔ご主人に浮気をされ、今は離婚しています。友人に電話をすると早速アドバイスをくれました。「写真だけでは証拠として弱いから、探偵に頼んで浮気を決定づける証拠をつかんだ方がいい。私が以前頼んだ探偵社を紹介するからすぐに行きなさい」と。友人が電話をしてくれて、後日私は探偵社にむかいました。対応してくれたのは感じの良いスタッフの方で、私の話を親身になって聞いてくださいました。そして料金から調査方法まで丁寧に説明していただき、私は改めて探偵社さんに調査を依頼することになりました。そして調査を依頼してから数週間後、探偵社さんから事務所にきてほしいと連絡がありました。急いでかけつけると浮気の証拠がつかめたとのこと。証拠写真を見せてもらうと前に私が携帯で見た若い女性と主人がホテルに入っていくところでした。これで浮気に間違いまりません。私は事実を知った以上主人を許せる事ができず、離婚する事にきめました。将来の事等いろいろ考えるところもありますが、騙され続けるより事実を知る事ができて本当によかったと思います。探偵社の皆さんには本当に感謝しています。

はたまた、こんな相談的な話もあるんです。

友人が彼女のことで調べたい事があるそうで、本人ばりに、どの探偵事務所がいいのか調査したみたいで。その友人は何に悩んでいるのかというと…。

現在の彼女と交際して4年になるのですが、そろそろ婚約したいと考え初めていたのですが、最近彼女が携帯電話をずっと触ってメールをしていたり電話をしているので不審に思っているとのことだったのです。
彼女と交際して4年になるので、相手も婚約のことを考えていると思うのですが、プロポーズして断られるというのは絶対に嫌で、メールしたり電話している相手が男性だったりしたら結婚と思い上がっているのは私だけになるのは嫌だと言う事で、浮気調査のために探偵社に相談したいということなのだそう。
その友人も探偵会社など依頼してこともないし、知り合いもいないので自分もその気になっていろいろと調べていると、探偵業界は個人事業主ばかりで一人でやっている人がほとんどで、事業所の所在地を公開していない場合などは、転送電話を利用してあたかも事業所があるかのように装っていたり、実際に行ってみると事業所がなかったりすることもあり、契約書を交わさずに調査費用を前払いで請求してきてろくな調査をすることがなく、結果を報告してくるような悪徳探偵会社もあることがわかったのだそうです。

それで、結局、探偵は長年の実績があるところに相談しにきたって、話していました。

いろいろ調べてくれて、ここの探偵にたどり着いくれたんですね。有難いことです。
ある探偵社などは浮気調査の費用が完全成功報酬制と通常調査プランの2種類あり、完全成功報酬制は相談者と成功の定義をしっかりと打ち合わせした後に調査料金を提案し、成功の定義に達することができなければ調査料金はもらわないなど、通常調査プランは1時間2,500円から5時間65,000円と金額が明確になっていて、調査を依頼して調査が終わった後に莫大な調査費用を請求される心配もないのが安心できそうなところもあるって、話ししてくれました。

よく調べている人もいるものなのですね。

相談された友人にも話をして、私ども探偵社に彼女の浮気調査を依頼が来た訳です。最近彼女が携帯電話を触ってメールしていた相手がすぐにわかり、電話していた相手は男性だったのですが、彼女が昔からしっている男性で私よりもいろいろなことを相談している相手であることがわかり、相談の内容についても、友人との婚約についての相談で一緒にやっていけるかの相談をしていたことがわかって、 それを知った友人は浮気をしているのではないかと疑った自分を恥ずかしく感じたと言っていたそうです。
我が探偵社のスタッフは、浮気調査や離婚調査のプロで様々な事例をしっていて、友人の相談についても誠意をもって対応してくれ、結果浮気していないこがわかり、友人も不安な気持ちなく婚約を進めていけるので探偵社にお願いしてよかったとおしゃってくれましたよ。

それが大人なのかな…って思う事ないですか?
こんにちは!探偵さん!!
ある依頼人が、今日は「人探し」をお願いします。って相談に来たんですね。
その人は、年齢の割には身体能力が高く、若者に決して引けを取らないスポーツマンです。毎日のようにトレーニングルームで筋トレをして、週二のサークル「バドミントン」も休むことなくこなし、空いた時間には自転車走行、ウォーキングと体力増進に邁進していた人がある日突然姿をくらまし、消えてしまいました。私に会いたくなくて消えたのだと思うのですが、ただ元気かどうか、病気してないかどうかが気がかりです。とまあ、こんなような依頼も探偵さんの所には舞い込んできたりするんですね。

人生長く生きていればどうにもならないこともあって、それはそれで受け止めなければいけない。それが大人と言われるもの。ならば、私はまだまだ子供ですというのです。どうしても諦めきれない。いつか必ず思いは成就されると信じてしまいます。必ず神様はよき方向に導いてくださると。そう信じるのは浅はかでしょうか。そう考える私とは裏腹に、きっと彼はどうにもならないことは諦めて、今の生活を守る方を選んだのではないかと思うのだそうです。まあそれは私本位の考え方だと思いますがと客観的に考えてはおられましたが…。
今から思えば、それは単なる浮気だったのかもしれない。と、話しているうちに気持ちが整理されてきたのでしょうか。浮気=遊び。だから、安易にそうなった。結婚しているいい大人が別の人と再婚を考えて付き合うわけがない。という結論に至ったようです。(ってか、その人結婚してる人だったんかい?!)人の思惑なんてほんとはわからない。ああでもないこうでもないと思うだけ。いろんなことを想定しながら、自分を納得させる材料を並べ立てるのだと。今の現状を乗り切るためにそうしなくてはいられなかったようだ。そうして、探偵としてはなを調べることもなく、思いのたけをぶちまけて納得したのか、帰っていかれました。

浮気癖のある男性は少なからずいるようで…。
夫の浮気癖は結婚した当初からありました。ということでした。今まで私が我慢してきていたのですが、さすがに何回もされると、どうにも気持ちの整理ができなくて、離婚という言葉が頭をちらつくようになりました。結婚して数年が過ぎましたが、私も働きにでるようになったことで、夫と離婚という形になっても、なんとか一人で暮らしていく経済力はあることも背中を後押ししたと思います。今までの、精神的苦痛のことを考えて、有利な立場で離婚をしてやろうと思っていたため、探偵社に依頼することを考えたのだと言います。インターネットで探していくうちに、ある探偵社のサイトにいきついたのだそう。それが、ここってわけだ。その探偵社のサイトを最初見たときに、一番安心できたのが探偵業届出番号がしっかりと掲載されていたところだったのだそう。また、彼女が依頼しようと考えていた浮気調査についても、しっかりと料金が記されていることもあって、どの調査にどのくらい必要なのか、その相場を知らないだけに探偵社の親切なサイトに、ここでお願いすることに決めましたということでした。夫の浮気の信憑性があった彼女としては、浮気現場の確実な証拠が欲しかったこともあって、それほど長期間の調査は依頼されませんでした。この探偵社に限ったことではないですが、調査期間が長ければ長いほど費用がかさんでいくため、ある程度の行動パターンを自身で調べていたこともあって、短時間で効率的な調査を依頼することで、それほど費用はかからないで済んだという訳です。どのくらい浮気の確信があるかによっても違ってきますが、探偵社に依頼する費用はバカにならないため、自分で調べられることは調べておくことが依頼する際のポイントだと私自身も思います。依頼した探偵社のスタッフはとても優秀で、調査内容についても納得のいくものでしたとおしゃってくださいました。これからのことをしっかり考えていかなくては…と言っておられTたので、またいつでもご相談下さいねと声をかけました。

こんな依頼もありました。

奥さまについての依頼でした。奥さまはは出産をしてから、しばらくは専業主婦として家庭にいていつもおとなしい恰好をしていましたそうです。しかし、子供が2歳になったころから仕事に復帰し、半年ほどたったころから、奥さんの残業が増えるようになったのだそう。そして、それまでおとなしい恰好しかしなかった奥さまが、スカートばかり履いて、ピアスをしたり、化粧が濃くなるなどおしゃれに気を使うようになりました。そのころから常にどこに行くのにも携帯を持ち歩き、ロックまでかけるようになりました。もともと子供がおなかの中にいるとわかったときから、夫婦の関係は淡泊でしたが、依然にもまして近づくのも彼女は嫌がるようになったと言う事なのです。そこでもしかして浮気をしているんじゃないかと疑いをもちはじめたのだそう。そしてある日、意を決して私は探偵社に浮気調査を依頼したのだということです。
探偵社が浮気の調査を行いました。探偵社の調査によると、奥さまは毎週同じ曜日の仕事帰りに、職場の同僚とホテルへ行っていました。疑っていたものの、真実を突きつけられると目の前が真っ暗になりとてもショックだったそうです。探偵社からは複数の写真を撮影しました。写真に写っている男は、依然から妻の会話によく登場する人物で、信頼していた人だっただけにもショックをうけられたそうです。知らないままでこれから過ごすよりも良かったと思います。とも、おしゃって下さいました。探偵社に調査をしてもらったおかげで、相手の男を突き止めることができ、不倫をやめさせることができましたとも。このまま知らなければ、ずっと二人の関係は続いていたと思います。ここでわかっただけで、2人の関係に終止符を打つことができ、私たち夫婦の再出発ができるきっかけにもなりました。と、感謝の言葉をかけて頂いたのです。

妻の不貞が疑わしいので調べて欲しい。という、依頼。
妻と出会ったのは社会人になってからでしたということ。2年ほど付き合ったあと、恋愛結婚でみんなに祝福されて結婚されたそうです。当時は幸せの絶頂でしたが、やっぱり結婚して年月が経つと愛情や新鮮さがどんどん薄れていって、今ではすっかり冷え切った夫婦になってしまったそうです。結婚して7年が経ち、僕としてはもう妻と離婚して新しい人と人生を始めるのもいいと思っていました。幸か不幸か僕たちには子供がいなかったからその気になればすぐに離婚に踏み切れました。だけど、僕は慰謝料を払うことは絶対に嫌だったんです。だから探偵社に慰謝料を払わなくても離婚できる方法を相談しに来ましたということです。自分で言うのも何ですが、僕はいい夫をやってきたと思っています。妻に暴力を振るったり浮気をしたことは一度もないし、仕事も真面目にこなし、毎月決まった金額を家計に入れて何不自由ない生活を送れるようにしてきました。休みの日には家族サービスをし、家事も積極的に手伝いましたと主張されていました。そしてこう続けます。しかし妻は専業主婦のくせに家事は適当だし、家に帰っても夕飯がないことも珍しくありませんでした。そのうち夜も出歩くようになり、無断外泊も当たり前のようにするようになり、他に男がいるのは明白な状況でしたからね。そんな女と離婚するのに慰謝料を支払うのはまっぴらだったので探偵社に相談しにきたんです。そんなこんなで、探偵が妻の行動をしたら、面白いぐらいにいろいろ証拠が出てきました。これなら裁判になっても僕が慰謝料を支払わなければならないような事態には絶対ならないという安心感があるくらいです。逆に妻から慰謝料が取れるぐらいだと話もしました。このような結果が出せたことで、探偵社を使って情報や証拠を集めておいて正解でした。何もしないままだったら、専業主婦の妻にはそれなりの慰謝料を支払わなければいけませんでしたからね。探偵社のおかげで妻の不貞の証拠はしっかり掴めましたし、あとは自分に都合のいいタイミングで離婚を切り出せばいいだけです。探偵社の報告書はすごく早く仕上がってきたし、丁寧で見やすく、しかも詳細がすごく書かれていて丁寧なものでした。さすがプロだなと思う仕事ぶりでしたおしゃってくださいました。結婚生活が終わることに後悔もありませんし、妻の不貞の証拠を握れて、自分に有利に離婚が進められそうです。とも、おしゃっておられました。結婚生活もどちらかの意思の変化によっては、あっけないものです。

助手席のシート位置で浮気に気が付く人もおおいようです。
こんな依頼です。

”主人は車通勤をしているのですが、その車の助手席の様子がおかしいのです。
以前は助手席のシートの位置が変わることが無かったのですが、最近位置がずれているので私が乗る際に位置を直さなければならないのです。
一度主人に「助手席に誰か乗った?」と聞くと、「取引先に行くのに部下を乗せた」と言っていたので安心していたのですが、ここのところよく位置がずれているのです。
しかも思いっきり前にずれているので体型が小柄な人が乗ったんだと思います。
あまりにも何回も続くので「浮気をしているのでは」と思うようになりました。
そこで迷ってはいましたが探偵社さんに浮気調査を依頼することにしました。”

という依頼。
たまたま自宅の郵便ポストに探偵社さんのチラシが入っていたことから、相談をしに来たようなのですが、とても親身に相談にのってくれ、高額なイメージのあった浮気調査の料金が思ったよりも高くなかったのということで依頼をすること決めて下さったようです。
結果はやはり予想していた通りでした。若い女の子と浮気をしていたようです。
正直とても悲しかったとおしゃっていた奥さまですが、真実を知ることが出来たので探偵社さんには本当に感謝しています。地域密着型の探偵社だったので、急な調査依頼だったにも関わらず快く応じてくださって、とても感謝しています。とおしゃってくださいました。

こんな依頼も受けます。
主人が不倫をしているようです。どうも最近様子が変でした。急に身なりに気を遣ってみたり、家に帰っても携帯でメールをやりとりしていたり、出張や残業も増えました。また主人の悪い癖がでたようです。もう子供もできたというのに、あまりにも女癖が悪すぎます。少しとっちめてやろうと思います。そこで、身動きがなかなか取れない私は、探偵社に浮気調査を依頼しようと思ってということです。それいいと思います!いろいろ調べるのが仕事の探偵ですから。話を聞くと、調査してもらいたいのは、旦那さまの不倫の事ではなくて、あくまでも不倫相手の身元だと言うのです。浮気をする主人も主人ですが、それを相手にする女の方にも腹が立つらしいのです。最初は身元を調べて乗り込んでやろうかと思いましたが、探偵として止めました。「そんなことをしてもあなたが惨めになるだけです。仕返しがしたいとお考えなら慰謝料を請求してはいかがでしょう。」とそんな風にアドバイスしました。奥さまも冷静に考えてみれば、探偵さんの言う通りです。的確なアドバイスをして下さり、本当に感謝しています。と、言われました。しっかり調査することができたらお金を支払う成功報酬制なので、安心して依頼できましたし。とも。女から慰謝料をもらって、そのお金で支払いをするつもりなのだそうですよ。どうして男はこうも浮気ばかり…と思っていたら最近は女性も増えているのだそうです。寂しい人が増えているんでしょうか?

そんな事を思っていたら、今度はご主人からの調査依頼です。
妻は専業主婦です。しかし前までは毎日完璧に家事をこなしていた妻が最近では家事をおろそかにして、外出する事が多くなっている事に気がつきました。
最近は、化粧も濃くなって、服装も少し派手になってきている事も感じていました。わたしは、家事をおろそかにして、何をしているのかが気になって、妻を調査してもらう事に決めました。そこでいろいろ調べた所こちらの探偵社さんを見つけました。無料相談を受け付けていたので、ここで相談に乗って貰おうと思いましてと。まずは、対象者の話を聞いて、気になっていたという調査費用も希望の予算に合っていたようで、完全成功報酬制で調査依頼をうけたのです。調査した結果、御主人が出社した後に、妻がお洒落をして出かけて行く姿を探偵はみのがしませんでした。そのまま対象者の後を追いました。対象者は男性と待ち合わせをしていたようで、その男性と合流してから、食事に行き、そのままホテルに入って行きました。ご主人はもしかして浮気をしているのでは無いかとも考えていましたが、少しの望みをもってはいたようです。浮気が事実だと言う事を報告すると、ショックを受け落胆しておられました。ただもう少し事実の証拠を集めたいということでこのまま継続して調査依頼されたのです。その後も、ご主人が出社した後に、対象者はその浮気男性と会い、ホテルに入る姿と、数時間後に二人でホテルから出てくる姿の証拠を押さえました。
探偵社から、浮気調査の報告を受けてこの先離婚に向けて考えていますということでした。離婚するとしても十分な証拠が揃っているのでこの浮気調査をして良かったとおしゃっておられました。
家事がおろそかになった理由が、他の男性との浮気だったなんて本当に驚きましたともおしゃっていました。決定的な証拠を掴んで貰って感謝しているともお者ってくださいました。今回は完全成功報酬制で調査を依頼されいて、結果が出せましたので、最初の提示通りにお支払い頂くことになりました。迅速で確実な対応をしてくれたのでお願いして良かったとおしゃってくださいましたよ。

そしてまた別の浮気調査の依頼です。
”私には会社で仲良くしている同僚がいるのですが、その同僚が浮気をしているという噂を聞きました。同僚とは何でも話せるつもりでいましたので、その噂には大変驚きなんとか真実を知りたいと思うようになりました。しかし、非常にデリケートな問題でもあるので、どのようにしたらいいのかわからずにいました。会社の中でこの浮気についての噂ばかりが広がり、職場では相談できる人もいませんでしたし、1人で問題を抱えていたのです。そこで、思い切って、探偵社に調査を依頼することに決めました。”

ということなのです。

ホームページには、どのような事例に対応してくれるのかなどが詳細に書かれていたのでこの探偵社ならば、信頼して調査をお任せできるのではないかと感じたのだそうです。実際に浮気の調査なども沢山事例がありますし、料金についても明確に書いてあるので安心して相談してくださったそうです。
同僚と非常に仲がよかったこと、今後どうしていきたいのか、何を調査したいのかなどについても親身になって話を聞いてくれたことで本当に相談してよかったと感じることができたということです。さらに、こんなお手紙も頂きました。

”実際に調査をしてもらったのですが、報告書がとても早いことにも驚きました。さすがにプロの方たちの仕事だなと感激しました。結局、同僚の浮気は噂ではなく事実でした。真実は私にとっては残念な結果でしたが、本当のことを知ることができてよかったと思っています。噂話だけでは私はどうしても納得できませんでしたし、真実を知ることができたことで同僚にアドバイスなどをしてあげることもできるようになりました。相談していなければ、今もまだもんもんと1人悩んで、混乱していたままだったと思いますから。地域密着な業務をしている探偵社さんだからこそ、ここまでスピーディーに対応してくれたのだと思います。今後ももしなにかトラブルなどがあれば、相談していきたいと思っています。信頼ができるとうことは、今の時代とても大切なことです。”と。このような手紙を頂くと、浮気調査なんて人のいけないところを目の当たりにするばかりで、人間不信にもなりそうな所ですが、人間のいい部分にも触れられて改めてこの仕事頑張って来てよかったと思う訳ですよ。

こんな浮気調査もあるんですよね。

自分が見立てたものとは別なもので、気が付く事…。
”夫が仕事で単身赴任をすることになりました。私と子供と二人だけの生活で月に2回夫が帰ってくるという生活が続くことになりました。
夫が帰ってくると、真っ先に子供と一緒に遊んで、夫が帰ってくるときはいつも楽しいものでした。でも一年もすると少し気になることがありました。それは夫が帰ってくる度に、私が見立てたものとは別なものに変わっているのです。
ネクタイや靴下から始まって、背広やズボンまで、単身赴任のときに持っていったものとはぜんぜん違うものを着ていて、そんなことで夫のことを疑うのもどうかと思った私は何も言わないでおりました。
しかし、それから少しして、単身赴任から帰ってきた夫が、無意識に知らない女性の名前を語りました。夫は気が付いていなかったのですが、浮気を確信した瞬間でした。
万が一夫の浮気が私の思い違いだった場合に備えて、探偵社に調べてもらおうと考えた次第です”と。

探偵社にいらした奥さまは、ご主人浮気調査をすることにしました。
夫を疑いたくないという気持ちは大きかったそうですが、このままもやもやしていてもいやなので、しっかり調べてもらいたいと考えたようです。
それからしばらくして、探偵社から証拠書類をお渡ししました。ご主人が浮気をしている証拠を出されて、信じたかったけど、やっぱり浮気をしていたのかとがっかりされていました。しかし、探偵社に調べてもらいはっきりすることができたので、とても良かったといっておられました。それからご主人とは離婚を進めるたまに調停を行うことになったそうです。ご主人の浮気の証拠がしっかりとしたものだったので、どうにか勝って慰謝料も予想以上にもらえそうだと教えて下さいました。お子様と二人で仲良く暮らしていってほしいと願うばかりです。

 

単身赴任での浮気は多いのか?
こんな依頼もありました。

”夫が遠方に単身赴任に行っています。
はじめの頃は特に変わった様子が無かったのですが、この頃なんとなく夫の様子がおかしいのです。休日に電話をしても出なくなりました。昔であれば休日は家でゴロゴロしているタイプだったのに、どうやら家にいないのです。平日の夜に連絡しても電話に出なかったり。後から折り返し電話が来ることも少なくなったのです。単身赴任中に浮気をしているのではないか、と思うようになりました。そのため調査をしてもらいたいと思い、探偵社さんにお願いしました。探偵社さんを選んだのは、友人が以前に浮気調査をしてもらっていて、とても対応が良かったと言っていたからです。早速、探偵社さんにお願いしたのですが、他の探偵社さんに比べて格段に料金が安いことに驚いてしまいました。”ということで…。

どんだけ、単身赴任中の浮気って多いのよ?って突っ込みたくなる気持ち分かります?
そして、調査開始です。調査の結果はやはり黒でした。単身赴任先でしっかり浮気をしていました。
女で一人で子供の面倒を見てきたのに、この結果には本当にがっかりしてしまいましたと、奥さま。本当ですよね!子育てを任せきりにいておいて、自分は目の届かぬ所で浮気をしているだなんて!
しかしながらこのまま真実を知らないよりは、本当の事を知ることが出来て良かったと思っています。とも奥さまはおしゃっておられました。

 

探偵を知っていても、実際のところどのような依頼が来るのかは、探偵しか分かりませんよね。探偵さんの所にはどんな依頼が来るんでしょうか。と、相談に来られた人に聞かれたこともあります。もっぱら、探偵のイメージで多いのは浮気調査がナンバーワンに浮かんできますが。旦那さんに浮気されて、といっても、浮気されたんじゃなく、浮気されてるのかなあという疑惑に悩まされる。でも、それがわかったところでどうなんでしょう。浮気は止められ、奥さんの所に戻っても家庭円満に生活できるのでしょうか。一度裏切られた思いというのは消えるものではないと思うのですが。その辺のところの心理といいますか、気持ちは人それぞれなので何とも言えませんが。探偵さんは、そんな浮気で悩んでいる人の相談に乗り、旦那さん、あるいは奥様の浮気を調査し、証拠を上げる。そこで、浮気は終わり、まあ多額の慰謝料なんぞも発生するのでしょうか。いずれにしろ、解決の道へと事は終結される。そんな探偵屋さんという職業も、人の明暗、幸、不幸を見せられる、何とも煮え切らない職業だなあって。相談者さんにそんな気持ちをもってもらちゃって。

彼女曰く、探偵さんの所の依頼も結局は浮気調査がほとんどなんじゃないの?って。40代、50代に突入した夫婦は、なぜか夜の営み回数が少なくなってくる、あるいはゼロになるんですよね。まれにいつまでもラブラブの夫婦もいるかもしれないので一概には言えませんが。それには妻に問題があるのか、夫は妻に対して性欲を感じない?その辺の原因は追求してみないとわからないですけどね。ところがどっこい、男の人って何歳になっても「H」は好きな気がします。奥さんには興味が無くなったにしても、根本的には「H」は好きなんです。女性よりも男性の方が「H」は好きな気がします。なので、夫は浮気をするんではないか。妻は浮気ではなく不倫になるのではないかなあと私は思います。いやいや独身の男に走るかも知れないぞ?夫の浮気の場合は、ただの「H」だけですから、妻が夫の浮気調査を依頼し、発覚しても、「はい、ごめんなさい」で元の鞘に収まる。妻の場合はそうはいかない事が多いみたいですね。その人曰くですよ?日常の不満やら、夫に対する不満やら、現実の世界から目をそらしたい、現実逃避とでもいえるかもしれない。そこから不倫が始まるケースがあったりする。我ながら女性であるが故に、女性の方が複雑であろうと思ってしまいます。もう一つ感じることは、女性よりも男性の方が家庭を大事にする、子供を大切に思う、そんな気がします。まあ、私の周りの方たちがたまたまそうであったからということもあるかもしれませんが。
探偵さんも、人に合わせた、いろんなパターンでもって調査・報告をされるでしょう?ご苦労さまです。なんて言われて。

結局、世間話みたいな感じで終わったのですが、探偵に何しにきたん?って最後疑問が残りましたね…。

娘婿の外泊が増え…なんて、依頼もあるですよ。
依頼者は”少し前から気になることがあり、自分なりにも調べていたのですが、なかなか結果を得ることができませんでした。その悩みは娘婿のことです。
少し前から娘に相談されていたのですが、娘婿が毎週のように外泊するようになっているとのことでした。
そして、その理由もはっきりと話したがらず、とても悩んでいるようです。
今後もこのようなことが続くようであれば正常な婚姻関係を続けていくのは難しくなりますし、関係を改善させるためにもなぜ外泊をしているのかを確かめておく必要があります。外泊となるとやはり浮気なども心配されますし、そういったことがあれば、さらに関係が悪化してしまう可能性もありましたので、思い切って、娘婿の調査を調査のプロである探偵に依頼することにしました。
まずは信頼できる探偵社を探さなくてはいけなかったのですが、いろいろと調べてみたところ東海地方ではこちらの探偵社の評判が良かったので、探偵社に依頼することにしました。相談は無料で、電話や面会で行なってくれるらしいとのことで、まずは相談に出向き、最近娘婿の外泊が多くなっていることを相談したのです。”と。
そして、相談された後もこのようにおしゃっておられました。”探偵社では相談にも親身に対応してくださいましたし、これなら信頼できると確信しました。それからプロの調査となると費用についても心配があったのですが、こちらでは低価格で対応してもらうことができたのも安心して依頼できました”と。
その後、しばらくしてから本格的な浮気調査を行いましたが、間もなくして浮気の証拠となる写真を撮ることができました。”今後どうするかは当人同士で話し合いとなりますが、有利となる証拠を取ることができ、結果はショックでしたがよかったのかもしれません。お世話になりました。”ということでした。人生、本当にいろんなことがあるな…。

指紋認証、が怪しいなということで、浮気調査の依頼しようかと思いましたっていうのもあります。
相談内容はこんな感じです。”夫の様子がおかしくなったのは3ヶ月前からでした。休日出勤が増えて、身だしなみに気を使いだしたからです。それまでは土日祝日に仕事に行くなんてことはほとんどなかったし、ましてや身だしなみなんて気にする人ではなかったです。寝癖をつけたまま出勤するなんてことは日常茶飯事だったのです。その夫が出かける前に熱心に鏡の前で髪の毛を整え、香水をかけているのです。怪しいというのはもすぐに感じ、私は女性の気配を探りました。夫の鞄を夜中にチェックして、携帯電話もこっそりと見ようとしました。しかし、携帯電話を見ることができなかったのです。以前とどこにでも適当に放置していた電話でしたが、それにしっかりとロックがかけてあるのです。しかも指紋認証です。私は浮気を確信しました。朝起きた夫に、指紋認証のことを問い詰めると、「会社の仕事のことを外部に見られたらいけないから」との返答でしたが、私は見せるまでは会社に行かせないと玄関に立ちふさがりました。その日重要な会議がある夫は無理にでも通ろうとしましたが、私も譲りませんでした。夫はしぶしぶ携帯を出して、「降参しました」と私に誤りました。まだ身体の関係までいっていないと言っていましたが、真実は分かりませんが。携帯電話を指紋認証にしたら浮気を疑うべきだと確信しました。”ということらしいのですが、その女とその先別れたとしても、ご自身の将来に離婚という選択肢があるのなら、今回その行動が必ずしも吉と出るかというのは分からないものです。

現時点で浮気を阻止できたとしても、そういった癖のある人はその先も浮気をする可能性は高いです。なので、悔しいですが、泳がせておいて浮気の証拠をつかんでおくと言うの選択肢の中に入れてはどうでしょうかという話を探偵としてさせてもらったこともありました。

証拠残しておくのと、置かないのとでは後あと事の進みが違ってきますから…。

みなさんこんにちは。毎日毎日浮気・不倫調査が立て続けに依頼がきます。今回、とても驚いたことがありました。これだけの浮気・不倫調査を行っておりますと、、、あっ、以前にもご依頼いただきましたよね~という方もいらっしゃいます。理由としましては、山ちゃんの調査内容が裁判に提出した際すばらしかったらしく、また浮気調査をお願いしたいという依頼者がけっこういます。ということは、同じ相手を調査するということもあり、なんだか依頼者とは顔なじみになるというか。。。親近感がわくというか。。。しかし、いち探偵調査員としては山ちゃんは私情ははさまない主義なので通常通りの張り込みいたします。

さて山ちゃん思うのですが、同じ相手を浮気調査するということは、やはりその相手は前回の浮気を反省をしていない。もしくは、生涯浮気・不倫をやめられない人間なんですよね。「不倫は文化だ」みたいな頭ん中になっているのだろう。こんな相手とはさっさと縁をきったほうが依頼者のためだと思うのですが、こんな中年じじいに説教されてもいやだろうしね。なので、山ちゃんは前回に続きご依頼いただきましてありがとうございます~という感じですね。

今日も新たな浮気調査がはいってきました!ありがとう!!!

またリアルに報告します!!!

浮気調査 3 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

さて今回もまた浮気調査が入りました。50代の女性、パート勤めです。

子供はすでに成人しており、自宅では御主人との二人きりの生活だそう。

御主人が浮気しているかもしれないため、調査をしてほしいという内容でした。御主人は土木作業員で、日中はずっと外仕事です。

そこで、御主人がまったく帰って来なくなってしまったそうです。しかし、女性の影は薄々気が付いていたらしいのですが、気が付かないふりをしていたそう。

やっぱり二人で余生を過ごしていきたいと思っていたらしいのだが。

御主人がまったく帰ってこないなんて、どこに住んでいるのか。とにかく御主人の居所を探し出して、女の影があるのかないのか調べてみよう。

御主人が突然自宅へ帰って来なくなってしまい、所在調査と浮気調査をしてほしいと依頼が入りましたので、調査開始しました。

結構簡単に御主人の居所が分かりました。御主人は、浮気相手である30代の女性のマンションに半同棲というかたちで住んでおりました。

その女性は長年浮気相手として関係を持ち、最近その女性が妊娠したということで御主人は責任?を取る形で、同棲しているのでしょうか。

調べた結果、やはり浮気相手は妊娠しておりました。しかし、結婚という形はとらずに、認知して養育費を支払うということで話はついているそうです。

なんという結果でしょうか。

奥様に調査報告書を提出しました。浮気相手が妊娠しているという結果にとても驚いておりました。

そして、認知をして養育費を支払うなんて、その産まれてくる子供がかわいそうだとおっしゃるのです。やはり、子供には両親が必要だと言うのです。

「うちはもう子供は成人して立派に育ちました。それはやはりあの人がしっかりとした父親でいてくれたからだと思います。なので、わたしはあの人に離婚を伝えようと思います。そして浮気相手と再婚し、産まれてくる子供にしっかりと父親としての役割をしてほしいと思います。」

わたしはとても驚きました。浮気された人からこんな言葉がでてくるなんて…。すばらしい女性だと思いました。

今回の調査も無事に終了しました。またご報告します。

浮気調査は立て続けにくるんですよね…。

また今回も浮気調査が入りました。

20代の若い女性からの依頼です。見ると、お腹がふっくらしている。。。?

しかし男性からもしかして妊娠している?なんてやぼな質問をするのはナンセンスですよね。とにかくどんな依頼なのか聞いてみましょう。

「わたし、今無職なんですが、妊娠六か月でして。旦那も同じ歳の22歳です。いわばできちゃった結婚です。最初は妊娠にとても喜んでくれたんですが、最近帰りも遅く、土日もまったく家にいないんです。でも旦那の稼ぎで生活してるので、問い詰めることもできなくて。。。でもわたしの両親はわたしが小さい頃に亡くなっており、旦那の両親も所在不明で、頼れるのが旦那しかいないんです。でももし浮気しているのなら、離婚して旦那と浮気相手にそれぞれ慰謝料を請求したいと思ってるんです。またできれば料金のほうもお安くしていただけるとありがたいです。貯金を切り崩して今日は来たので…」

さて、私の予想はぴったんこ。

赤ちゃんがいたのですね。

身重の若いママからの旦那の浮気調査が入りましたので、さっそく調査を開始しました。まずは旦那の情報を奥さんから確認してみると…。

年齢は奥さんと同じ歳の22歳。

勤め先は、バリバリの土建屋の現場監督です。

現場監督は収入が結構いいらしく、金遣いは荒そうです。

乗っている車も、白色のセダン車でバリバリの改造車でありました。

これはやんちゃ坊だな。見た目も短髪の金髪で見た目三代目のような出で立ち。

しかし、身重の嫁さんをほっぽって遊び歩いているなんてありえません!さっそく浮気調査開始です!

さて土建やさんのやんちゃ坊の御主人の浮気調査が終了しました。

結果は「シロ」でした。御主人、産まれてくる子供のために友人を通じて紹介された日給のバイトをしていたのでした。

基本、現場監督なので、お給料は人並み以上にあるらしいのですが、御主人は後輩の面倒見がいいため、昼ごはんや飲みに行ったりのお金を出してあげているそうです。

これでは貯金もままならないでしょうね。

しかし、バイト行くなら行くと奥様に正直に話してくれればいいものの、男気の強い御主人は黙っていたのでしょう。

とにかくクロでなくてよかったとホッとした山ちゃんでした。

身重な奥さまに、クロって伝えるのがどれだけ苦しいことか…。

すぐに調査報告書を作成して依頼者に提出しなくては…

後日、依頼者に事務所に来てもらいましたよ。

なんだか以前よりお腹がおっきくなっていました。その後の御主人の様子を聞きましたら、やはり土日は家にいないということ。

行き先は仕事だしか言わないので、確実に浮気してます!と叫んでいました。

いやいや、本業とは違うけど、本当に仕事だったんだって!!

普通なら、そこそこ稼いだいてさらにバイトだなんて考えられないのは、理解出来ますけどね。

さて、調査報告書をお見せいたしました。

すると、依頼者は号泣しました。

そして、夫を信じれなかった自分が情けないと悲観してました。

この世の中には、不倫や浮気が蔓延してなにが正しくてなにが間違っているかなんて分からなくなっている人達がたくさんいると思います。

ちゃんと伝えることって難しいんですよね。

事実を伝えてそれを信じてもらいたいなら、日頃の生活態度をしっかりすることですよね。

これで調査終了しました。

また依頼が入りましたら、ご報告しますね。

 

30代の専業主婦の女性から浮気調査の依頼が入りました。結婚して3年の御主人が最近浮気をしているんじゃないかということ。

なぜ浮気を疑うようになったのかまず聞いてみましょうか。

「わたしは専業主婦ですが、最近は週に二日ほど、駅前の花屋さんでバイトをはじめました。子供もほしいのですが、なかなかできなくて…。不妊治療にはお金がかかるらしいので、主人には内緒で不妊貯金をしようと思いまして、バイトをはじめました。すると、ある日忘れもしない10/1、午後14:15、駅の入り口から主人が小さなスーツケースを持って出てきました。そういえば、昨日は名古屋市内に泊まりで出張があると言っていたので、その帰りかと思いきや、隣には若いロングヘアの女性も同じく小さなスーツケースを持って歩いていました。見た目はとても親密そうでした。だって。。。手をつないでいたのです。わたしでもわかりました、この二人はなんだかの関係があると。その日はわたしが先に家に帰って、夜に主人が帰ってきたので、駅でみかけたことは何も言わずに、出張おつかれさま、一人で出張だったの?と聞くと、そうだよ、一人だったから大変だったよ。と言ったのです。これで疑惑が確証に変わりました。わたしもいい年ですし、もし主人が浮気しているなら離婚を考えます。子供ができないのも、もしかしたら主人に原因があるかもしれませんから。なので、浮気調査をお願いします。」

了解しました!さっそく調査開始です!

その御主人と隣にいた女性が何者かも調べつつ、御主人の尾行を開始しましょう。

すると、さっそくわかってきました。

御主人と隣を歩いていた女性は同じ職場の後輩独身女性でした。その女性とは社内不倫をしており、かれこれ二年ほど不倫関係が続いているようで、その女性は御主人と結婚を考えているらしいです。

その泊まりの出張というのも、御主人と女性は同じ日に有給休暇をとり、一泊旅行を満喫していたということです。そんなことをしていると、会社内部に2人が不倫しているなんてすぐにばれてしまうだろうに。。。

しかし、その週は、たくさんの社員がそれぞれ有給休暇をとっていたため、あまり公に疑われることはなかったみたいですな。

そしてその女性は、周りの友人たちにいま付き合っている彼が奥さんともうすぐ離婚してくれるというから、それまでわたしは待つと言いふらしているそうです。

再婚を考えているということか。

あとは二人の不貞行為を証拠として写真を手に入れるぞ。

奥様からの情報では、御主人の帰宅時間は毎日だいたい夜の8時から遅くても10時とのことです。基本営業まわりなので、お客様から急に呼び出しがかかることもしばしばあるそうですが。。。

山ちゃん情報ですと、御主人の会社は毎週水曜日はノー残業デーを設けているそうなので、水曜日は定時の17:30には全社員は強制で帰らないといけないそうです。

17:30以降は社内の電気が全て消えるそう。となると、水曜日だけ早く帰ってくるなんてことがないそうなので、御主人と後輩女性は水曜日に浮気をしている可能性が大いにある為、今週水曜日に張り込みを行う事としよう。

少しでも奥様の調査料金を下げてあげることも僕たち名古屋探偵の器量と言いますか。。。

問題の水曜日になりました。水曜日は、基本ノー残業デーなので、全社員は一斉に17:30を過ぎると会社を出てきます。

会社のそばに山ちゃんと相方と車で張り込んでます。

17:50ごろ、御主人と同僚とその浮気相手である後輩女性とその同僚である女、計4人がでてきました、4人は仲良さげに、談笑しながら歩いています。

駅の方へ向かっています。すると、4人はタクシーに乗り込みました。

すぐに山ちゃん号もそのタクシーを尾行します。この時間帯はなんせ車が多く、渋滞もあるため、尾行が難しい。。。

もし見失ったときのために、相方がビックスクーターでついてきていますが。

4人が乗るタクシーは駅からほど近いオシャレ居酒屋へ到着しました。4人は店内に入っていきました。しばらくは待機としよう。。。

御主人・御主人の同僚・浮気相手である後輩女性・その後輩女性の同僚の女性、計4人が駅前で一台のタクシーに乗り込み、駅からほど遠いオシャレ居酒屋に入店してから一時間半が経ちました。

探偵っていうのは待機時間が長いから、それに我慢できる忍耐強さがないときついものがあるんだな。山ちゃんは忍耐強さには自信があります。

真冬の中、エンジンを止めた車の中で7時間待機した事もあったな~。あの時は一人だったため、携帯トイレを持参し、頑張りました。

すると、タクシー二台が店の前に到着した模様。しばらくすると、4人がほろ酔い気分ででてきました。

うん、もう見た感じ、それぞれ女性は男たちに寄りかかり、ただの同僚という関係ではないことは一目瞭然です。

すると、決まっているかのように綺麗に二対二に別れて、各々タクシーに乗り込みました。あ、もちろん御主人はあの駅で奥様が見かけたという後輩女性でした。

となると、あの4人組はそれぞれが男女関係であることが可能性あるということだな。とにかく、御主人が乗りこんだタクシーを尾行だ!

しばらく走ると、とあるデザイナーズマンション前で御主人と後輩女性が乗っているタクシーが止まりました。

御主人と後輩女性が抱き合いながら降りてきました。ということは、ここは後輩女性の住まいという事だな。現在の時刻、PM19:40。

二人は三階の一番奥の部屋に入っていくのをカメラでしっかり確認できましたよ。山ちゃんは、そのマンションの郵便受けを確認すると、三階の一番奥部屋、315号室となりますね。その315号室の苗字を確認出来ました。

「山下」あの後輩女性は山下という名前なんだな。

山下さんがいったいどういう人物なのかも少々調べておく必要があるな。とりあえず御主人が部屋から出てくるまでひとまず待機します。

また待機か。。。では少し探偵業についてお話しましょう。探偵業に憧れて入社したいと言う若者が最近めっきり少なくなったように感じますね。

いちおう求人募集はかけているんですが、まったくといっていいほど人が来ないです。

やはり、給料と労働時間が見合っていないという理由かもしれませんね。でも私たちは、給料や労働時間よりも探偵業そのものに魅力を感じる人に調査員をやってほしいと思ってます。

そして面接のときに、以前働いていた会社の悪口や内部事情をペラペラしゃべる人には探偵業は向いていないと思います。やはり探偵業は個人情報がをたくさん扱う業種ですし、いつ情報漏えいするか分かりません。

あっと、現場で動きがあったようだ。

すると、PM22:20頃マンション前にタクシーが一台来ました。

御主人が乗るタクシーだろうか。ビンゴ。御主人が315号室から一人で出てきました。

これで、御主人と後輩女性が浮気をしている証拠をバッチリとつかむことが出来た。御主人は、奥様が待つ自宅へタクシーで帰っていったとさ。

翌日、我々は山下という相手を調べることにしました。山下さんは、会社内では有名な既婚者キラーと呼ばれているそうです。

隣の芝生はよく見えるじゃないけれど、人様のものがほしくなるというやっかいな女らしいです。

そして、男性側の家庭が崩壊した事を確認すると、めんどくさいことに巻き込まれたくないからなのか、山下さんから別れを切り出すと言うとんでもない女だそうです。山下さんをよく思っていない元同僚からのしかし、今回は違って御主人に対しては本気らしいのです。

まあ御主人は背も高く、顔もまあまあイケメンだし。

後日、依頼者である奥様を事務所へ呼んで、結果報告しました。すると、浮気相手の写真をみて見覚えがあるというもの。

以前よく、御主人の計画で、御主人の同僚とその後輩女性が依頼者宅へ夜ご飯を頂きに来ていたそうです。

奥様はてっきり、御主人の同僚とその後輩女性がいい関係なのかと思っていたそう。しかしそれはまったくの想像違いだったということですね。

後輩女性はもしかしたら、カモフラージュでその御主人の同僚とご飯を食べに来ていたのかも知れません。計画性を疑います。

奥様の結論としては、離婚をし、御主人と後輩女性それぞれに慰謝料を請求したいというものでした。年月を考えると二年という不倫関係はとても長く、精神的にもつらいということ。

不妊に悩んでいるときに不倫を行っていたということにも、とても怒りを感じるということでした。

なので、山ちゃんの信頼する某弁護士さんを紹介させてもらうということで今回の調査は無事に終了です。

また依頼が入ったら報告します!

 

20代の妊婦の女性から御主人の浮気調査が入りました。

まあ、奥さんが妊娠中は御主人が浮気をするのは少ないことではありません。

奥さんとしては、主人が浮気しているのは女のカンというか、間違いないだろうから、浮気相手を特定してほしいという要望がありました。

まあ妊婦さんということでもし浮気相手が発覚したらおなかの赤ちゃんのことが心配だったので、浮気相手が発覚したらまずはどうするかを聞きました。

すると、離婚は考える。

精神的苦痛を与えられたということで、浮気相手に慰謝料を請求する。

主人と二度と会わないように念書を書かせる。

浮気相手がもし結婚していたなら、その家族にも浮気の事実を伝えるというものでした。

なかなかの制裁ですが、とにかく御主人の調査を開始しましょうか。

御主人の情報を聞きました。

御主人はタクシー運転手の30代。

基本給料もそこまで高くなく奥さんが身重ですが、パートで生活費を支えているそうです。

これまた厄介な相手だな。。。と思いました。

タクシー運転手は常に移動するし、時間も不定期なんです。なのでかなりの労力を要すると思いました。

となると、調査料金も多少多くなってしまいます。

その点を依頼者に伝え、それでも調査をしてほしいということだったので開始です。

調査料金は、浮気相手からの慰謝料で補てんするという考えだそうです。

常に移動するということなので、タクシーにGPSを取り付けてわれわれはその周辺で張り込むというやり方でやってみようということになりました。

名古屋市内にある居酒屋で食事を終えたわれわれは御主人のタクシー会社に電話し、御主人を指名してわれわれはお客として乗り込みました。

なにも知らない御主人は、お客様から指名されるなんて今までなかったので驚きましたと言ってましたよ。

見た目もイケメンでさっぱりとし、背も高そうな感じでよくしゃべり、とにかくしゃべりがうまい!走行中に、小型GPSを後部座席のすみに取り付けを完了しました。あとはGPSの位置を頼りに行くしかない。

御主人のタクシーにGPSを取り付けることに成功したわれわれは、何食わぬ顔でタクシーを降り、御主人の位置を喫茶店で確認です。

御主人のタクシーは名古屋駅のタクシー停車場所で停まったのを確認出来ました。お客待ちをしているのだろうな。

しばらく動きがないです。

しばらくたつと、タクシーが移動しました。

名古屋の繁華街へ向かっているのだろうか。われわれもそのGPS付近に向かいます。しかし今19:30という時間は、名古屋の繁華街の道路はとても混んでいるのだ。。。われわれの車もまったく動かない。

なので、奥の手で、相方に連絡し、ビックスクーターで追跡をしてほしいと連絡をした。相方にタクシーの位置情報をメールで送り、相方は現場に急行してくれた。相方とは電話で常に情報がわかるようになっている。

御主人のタクシーを目視で確認できたという連絡がきた。

タクシーの後部座席にお客が乗っているはずなのだが、誰も乗っていないというではないか。

となると、われわれのように指名で誰かに呼ばれて向かっているということか。相方には引き続き尾行をお願いした。

タクシーを尾行すると、タクシーとある場所につきました。

超高級建物でした。その車庫の中にタクシーは入っていき、シャッターが閉められてしまいました。この建物はいったいなんなのか。これは調べてみる価値ありそうだな。

まずはインターネットでみてみよう。

調べるとこの建物は名古屋で有名なデザイナーのオフィスということがわかりました。あ、もちろんそのデザイナーは女性ですよ。

その女性はとてつもない資産をもっており、もしかしたら御主人と不倫相手というかお遊びの関係を行っているのか。。。

これでは不貞行為の証拠を押さえるのはむずかしいな。

建物には何か所も防犯カメラが設置されているし、セコ〇も入っているようだ。これはなかなか手ごわい。。。しかし勤務時間中に業務そっちのけでこの建物内で長時間いるということはあやしい関係も可能性があるという訳だ。

いったん、依頼者にこの件を報告して今後の調査をどうするか確認してみよう。

依頼者に事務所にきていただきました。

以前よりもお腹が大きくなってきており、動くのも大変そうでした。まあとにかく、今の御主人が業務中に何をされているという件をお伝えすると。。。

依頼者も知っていたデザイナーと御主人が浮気している可能性があるなんて信じられない様子でした。

しかし、そんな資産家相手に浮気で訴えるなんてできない!とにかく、主人に調査をした件を伝えて、主人から穏便に別れてもらうように言います!と若干逃げ腰です。

そして、もう浮気調査は必要ないです!といって帰って行かれました。浮気相手がなかなかの大物だと、妻である女性も強気で行くことはできないのでしょうか。。。

志半ばといった感じではあるのですが依頼者が浮気調査をやめるとおっしゃるのでは、いやいや続けましょうなんて言える訳もなく。。。

これで調査は終了です。

またご報告します。

 

さて、みなさんこんにちは。

名古屋は今日はいいお天気です。尾行するにはもってこいの日ですね。

さて今日もまたもや浮気調査が入ってきました。

 

はい、そうこういっているうちに、浮気調査の依頼がありました。

 

 

また報告します。

さて、みなさんこんにちは。

名古屋は今日はいいお天気です。尾行するにはもってこいの日ですね。

さて今日もまたもや浮気調査が入ってきました。

クリスマスが近くなってくると不倫や浮気をしている男女がざわつきますからね。

イベント時期にいるはずの人がいないということに敏感な人たちがわれわれ探偵に浮気調査を依頼してくると言う訳です。

今回は35歳パート女性。

子供は小学生と保育園児の二人のお子様をお持ちという事です。御主人が仕事の都合で、今年四月から独身寮を借りて単身赴任をしているらしいのですが、最近御主人の様子がおかしいということ。

奥さんは子供もいるため寮に行ったのは引越しのときの一度だけ。あとはほとんど行くことがないそうです。

浮気を疑う理由を聞いてみると、単身赴任というが、車で片道40分ほどなので、平日はちょくちょく帰ってきていたそうです。

しかし、先月から仕事が忙しくなってきたからという理由で、ほぼほぼ自宅には帰って来なくなってきたそうです。

たまに帰ってくるとなると、月二回ほど。子供達に会いに帰ってくるという感じだそうです。

帰ってきても携帯を肌身離さずに持ち歩いており、ロックなんてかかっていなかったのに、指紋認証のロックをかけるようになったそうです。

これはあやしい。。。浮気を疑う第一段階です。

そして、単身赴任をすることになったということで、単身赴任手当がつくと思いきや、それもない。御主人に確認すると、会社の業績が悪いから、今年から手当はつかなくなったということでした。

そして、お金の使い方がひどくなった。

いちおう、一人暮らしということで食費として月に7万渡しているそうなのですが、月途中になるともう食費がなくなったから、少しお金がほしいと言うようになったそうです。

そして、たまに自宅に帰ってきてお風呂に入ると下着のパンツがないという始末。パンツなしで寝ることもあるそう。寮にもパンツがないということで、じゃあどこに置いてきているのか?と聞くと、ああ、寮にある!寮にたくさんパンツあるよ!としどろもどろになって言い訳を言うそうです。

もう奥さんとしては疑う理由がたくさんあるので今回浮気調査をお願いしたいということです。

 

了解しましたとお伝えし、御主人の仕事場と寮の住所をお聞きしました。さっそく明日から浮気調査開始です。

まずは、御主人の張り込みです。

さて、御主人の寮にいくといっけん普通のアパートのようでした。

そこで、夕方から張り込みを開始しました。すると、御主人らしき男性が帰ってきました。その横には。。。若い女性。

腕を組んで歩いています。

二人はアパートの部屋に入っていきました。これはもう浮気で間違いないです。

その若い女性がいったい何者なのかを調べる必要がありますね。

とにかく張り込みを続けましょう。翌朝、8:00過ぎに御主人がアパートからでてきました。

仕事へ行くようです。

その30分後、若い女性がでてきました。

こちらも仕事へ行くようです。

若い女性の尾行を開始です。

すると、若い女性が到着した場所。。。御主人と同じ会社でした。

社内不倫を行っていたと言うことか。

とりあえず引き続き張り込みをしましょう。

すると、夕方18時すぎに若い女性がでてきました。

そして、若い女性の張り込みを行いました。女性は自分のマンションに帰っていきました。女性は一人暮らしのようです。

すると、それから30分ほどしたとき、御主人が女性のマンションに現れたのです。お互いの部屋を行き来しているという訳か。

となると、彼女の部屋に御主人の下着がたくさん置いてある可能性が高い。だから、自宅へ帰ったときに自分のパンツが無いと言う訳か…。

御主人は女性のマンションに泊まって朝そのまま会社へ向かいました

これで御主人の不貞行為は確定です。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しましょう。すると、依頼者からこの調査報告書は証拠としてとりあえずわたしで持っていますとのこと。一度、御主人と不倫相手が御主人のアパートで逢引きしているところを子供達連れて乗り込んでやろうと思います。

とおっしゃってました。しかしそれは子供たちの教育上あまりよくないだろうから、おすすめしないでおきました。

やはり、奥さんとしては御主人の浮気を目の当たりにしたら、必ずしも平常心ではいられなくなると思います。

もしかしたら殺意までうまれてしまう可能性だってあります。

乗り込むのであれば奥さんだけで乗り込んだらどうでしょうか?

子供をまきこむのはダメです。

依頼者はそうですよね。。。とあまり納得されていないように帰って行かれました。

これで浮気調査終了です。

また依頼入りましたらご報告しますね。

はい、そうこういっているうちに、浮気調査の依頼がありました。

もうすぐでクリスマスということもあり、浮気・不倫調査が結構入って来るようになりました。女性側もなにか感づくんでしょうね。

はたまた、敏感に察知するシーズンなのかも?

今回の調査は40代の女性です。

御主人が間違いなく浮気をしているのですが、相手がだれかを調べてほしいと言うことでした。

御主人は、普通のサラリーマンで、月五万円のお小遣いを渡しているので、金銭的には余裕がないはずなのに、浮気の匂いがするというのです。

ここ最近、LINEの通知に山下さんという名前でLINEが入って来たのをたまたま見たそうです。

すると、中身が見えたので見ると…

夫の携帯のLINE通知が山下さんという名前で入って来た。

その内容は…

「昨日はすごくいい夜だった。。。❤」

という内容だったそうです。昨日というと、会社の取引先との急な接待で、帰りが明け方になった日じゃないか!

ということで、依頼者はすぐに夫は浮気している!

と察知したそうです。山下さんが女性なのか男性なのか名前だけでは判断できないですが、❤マークがはいっているということは女性でしょうな。

山下さんという名前に身に覚えもないそうですし、御主人の会社に電話して山下さんという女性はいますか?と聞いてみたら、いないという返事だったそうです。

となると、山下さんという人物は誰なのかを調べて、慰謝料を請求したいということでした。

さっそく御主人の浮気調査を開始しましょう。

御主人の会社は月~金曜まで19:00までで、基本土日は休みらしいのです。前回の山下さんからのLINEがきたのは木曜日。

となると、水曜日に会っていたということになります。

しかし、たまたま水曜日ということだったのかもしれないので、基本的に月からの張り込みを開始しようか。

それとも御主人が帰りが遅くなるという連絡が依頼者に入ってから動くことにしようか。。。となると、御主人の車にGPSを取り付けておくことがいいだろう。依頼者に御主人の車内の後部座席の下にGPSを取り付けることはできるかを確認してみたら、OKの連絡が入ったのでGPS取り付けてもらうことにしよう。

翌日、GPSを依頼者にお渡しし、設置の仕方を教えてあげました。

とても簡単に取り付けられるのに依頼者は驚いていました。後程、依頼者より無事に設置しましたと連絡がありました。

すると、さっそく御主人に動きがありました。

今週の土曜日は、会社のイベントで地方まで一日行かなくてはならなくなったというもの。

このような急な出張が多くなったそうです。

県外にも行ったりするそうですよ。うむあやしい。。。

休日出勤・終日不在ということですね。

名古屋から目的地の場所は高速道路で片道一時間ほどのところらしいのです。

となると、GPSで位置確認をしてなにかあってすぐに動くというにはちょっと無理があるかもしれない。。。となると、土曜日の明け方くらいから張り込み開始して、尾行するほうが間違いないな。。。と思い、せっかくのGPSがあるんだが、張り込みをさっそく開始です。

 

土曜日の明け方三時にご自宅へ張り込みを開始しました。

御主人の車がまだ停まっていることを確認しました。

すると、朝5時に動きがありました。御主人がスーツを着て車に乗り込みました。我々もさっそく行動開始だ!

御主人はインターに向かうようです。

すると、インター手前の無料駐車場に停まりました。するとなんと、そこですでに待機していた同年代の女性が御主人の車の助手席に乗り込みました。こいつが山下さん?確証はないのでなんとも言えません。

だってだって会社の仲間で一緒にイベント会場へ向かうのかもしれませんから。。。しかしその割にはひらひらの派手めはワンピースを着ている。

あたかも今からおデートのような…。

とりあえず彼らの行く先を突き止めないと。

車は高速道路をひたすら走ります。

すると、車内で助手席の女が御主人の肩に頭を置いているのが確認出来ました。グレーゾーンだな。

もしかしたら居眠りで頭が寄りかかってしまったのかもしれないし、もしかしたら車内でいちゃついているのか。

今の段階ではなんとも言えないのでしばし尾行を続けよう。

高速を40分ほど走らせると、インターを降りました。どこへ向かうのか。

すると、案の定、インター降りてすぐのラブホテルに直行しました。

わざわざ県外まででてラブホテルに行くなんて、ばれるのを警戒しているのか。もしくは浮気に慣れていて警戒心が強いのか。

とにかく、女性が一体何者なのかを突き止めないと。。。

御主人と女がラブホテルからでてきたのは、夕方16時すぎ。

そこからまたもや高速道路に乗り、待ち合わせした場所で女性が降りました。いったんここで対象者をチェンジです。

女性の住まいが分かりました。とあるマンションです。そこで一人暮らしをしているようでした。ポストの名前を見てみると。。。ビンゴ!山下さんでした。未婚なのかはたまたバツイチなのか。

その女性の勤め先も分かりました。御主人の会社の近くの中華料理屋さんで働いているようでした。

未婚ですが、内縁の夫のような男が中華料理屋を経営しているとのことです。その手伝いをしているのが女性というわけです。

そして驚愕の事実が分かりました!

御主人とその女性との浮気関係はなんと15年という年月なのです。

な、長い。。。15年前に御主人がその中華料理店に会社の同僚と食べに行ったのがきっかけで、奥様から色仕掛けで声をかけたということでした。

いままでだれも気付かなかったことがおそろしい。。。

調査報告書をすぐに作成し、依頼者に提出しました。

もちろんLINEの山下という宛先が浮気相手だったということも。

すると依頼者は御主人が浮気をしていたことについては、まあまあご立腹でしたが、なんと15年という年月の間、ずっと自分が騙しつづけられていたということにものすごく怒っておりました。

結果としましては、御主人とは離婚をし、御主人・その浮気相手の山下という女性から慰謝料を請求すると言ってました。

山ちゃんの知り合いの弁護士を紹介し、依頼者は納得の上帰って行かれました。

さて調査無事に終了しました。

また報告します。

また、別件の浮気調査です。

御主人と女が住んでいる自宅へ行くと、赤の軽自動車が止まっていました。

この車は女のだそうです。となると、今は自宅にいるということだな。しばし待機です。

しばらくすると、御主人と女がでてきました。

手をつないでいます。近所の目とか関係ないんでしょうねえ。近所の人に聞き込みをすると、近所の人みんな噂していました。女が入り浸り、奥さんは精神的におかしくなって家をでた。

女は年齢が40代らしいです。

しかしどこからやってきたのかは誰も分からない。。。やはり尾行して居場所を突き止めるしかないな。

二人は近くのスーパーへ向かいました。

買い物しているようです。はたからみたら夫婦のようです。若干女が若く見えます。いったいいくつなんだろう。

買い物を終えた二人が自宅へ帰ってきました。しばらくすると、女が一人ででてきました。赤い軽自動車に乗りました。さっそく追跡開始だ。

女は、とあるショッピングモールに到着しました。

裏の出入り口から入っていったのでもしかしたらこのショッピングモールのどこかで働いているのだろうか。

山ちゃんもショッピングモール内を歩いてみよう。

しばらくモール内を詮索していたら、女がいました、フードコートのうどん屋さんで働いているようでした。裏の出入り口で張り込みを続けます。

夕方、女が買い物袋を下げて出てきました。

どこへ向かうのか。すると、女はとあるアパートへ到着しました。一階の101号室。小さい子供が乗るような三輪車が置いてある。

女は子持ちなのか。

しばらくすると、とび職のような男が101号室に入っていく。もしかして女の夫か。となると、女は家庭もちで、御主人と女はダブル不倫ということか。

ダブル不倫ということで、女にも慰謝料を請求する事は可能だろうから、さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告だ。

後日、依頼者と息子さんが事務所にこられました。

なんと息子さんも自分の父親が女を自宅に入れている事にとても信じられない様子でした。

父親に一度そんなことはやめろ、母さんのことを考えろと言ったらしいのですが、まったく聞く耳をもたなかったそうで…。

なのですぐにお母さんを自分の自宅に避難させたそうです。

これで離婚が成立すれば、息子さんも父親とは親子の縁を切るつもりだそうです。

さっそく、山ちゃんの知り合いの弁護士さんを紹介してこれで調査終了です。

奥さんはよく我慢してきたな。

長年の我慢した結果がこんなことになってしまうなんて。でも離婚して奥さんの体調が良くなればいいなと思いました。

また依頼入りましたら連絡します。

 

さて今日は、30代の女性からの依頼です。

浮気調査をしてほしいということですが、御主人は依頼者と同じ職場で働いているいわば社内結婚というやつらしいのですが、その御主人が浮気をしているんじゃないかと疑っての依頼です。

依頼者と御主人は課は違うため、ビルの階も五階と六階でそれぞれ別々で仕事をしているそうです。

じゃあなぜ御主人の浮気を疑ったのか理由を聞いてみました。

「わたしと主人は課が違うため、お互いの仕事内容も仕事仲間もあまり把握してないのです。

社内結婚というやつなので、周りもわたしたち夫婦のことを話したりもしないのです。

とある日、主人と同じ課のわたしと同期の子とばったり廊下で会いました。すると、同期生はこういったのです。

「昨日おたくの御主人有給休暇とってたね。なになに夫婦二人でデートでもしたの?」わたしは耳を疑いました。主人は昨日私より先に得意先に行かないといけないからと朝早くにスーツ来てでていったんですから。わたしは顔が引きつっていたと思います。同期生は何かを察したのか、じゃあ。。。といってその場を後にしました。でも主人に嫌われたくないから主人に聞くこともできないんです。でもそれから主人に対して疑いの目しかないのです。仕事で遅くなる、休日出勤しないといけない、全てにおいて浮気を疑ったしまうのです。仕事もミスばかりで職場の誰にも相談できないのです。これではダメだと思い探偵にお願いしようと思いました。もし主人が浮気していたら離婚を考えています。まだ子供もいないし、やり直しがきく歳だし。。。どうぞ宜しくお願い致します。」

了解しました。さっそく調査開始だ!

 

同じ職場で働く夫婦。御主人のちょっとした嘘で今回浮気調査となりました。

御主人は奥様に仕事にいくふりをして自宅をでて、でも実際は有給休暇をとり会社を休んでいた。

とにかく、御主人の尾行を開始だ。

御主人の勤務時間は、朝八時~夕方六時くらいらしいのです。

職場環境は、御主人の課は女性が5人、男性が3人。課を統括している課長が40代の女性ということです。

女性が上司とは珍しいですね。女性が多い課らしいですな。その女性5人は失礼ながらみんなおばさまというかなんというか。。。浮気相手にはちょっと。。。という方たちです。

とにかく勤務終了後、御主人の帰りが遅くなる日もしくは休日出勤する日を重点的に尾行だな。

依頼者から御主人が明日の金曜日、会社の接待で遅くなるという連絡が入ったそうな。明日、夕方から会社付近で張り込みを開始しよう。

金曜日になりました。会社付近で山ちゃんと相方で待機中です。

会社の前は名古屋市でも有名なビジネス街なので人通りも車どおりもとても多いです。

となると、渋滞などを考えると、二人体制で張り込みをしたほうがいいかと…。

さっそく18:00になりました。

御主人が出てきました。一人のようです。

すると会社前でタクシーをつかまえてタクシーに乗り込みました。

タクシーでどこへ向かうのか…。さっそく追跡開始だ。この時間帯ものすごい車の数だ。見失わないように気を付けなくては。。。

 

御主人が乗るタクシーを尾行します。

すると、到着しました。とある高級和食料亭でした。

ここは一見さんお断りというお店。凡人の山ちゃんが入れるようなお店ではないので、しばし待機です。

二時間ほど経過しました。すると、御主人と小柄なストレートヘアの女性が一緒にでてきました。二人で過ごしていたことが分かりました。

あの女性は一体何者なのか…。

すると、呼んでいたタクシーに2人は乗り込みました。

また尾行開始です!名古屋の繁華街のタクシー追跡はかなりのテクニックがないと見失ってしまう可能性があるので、山ちゃんは車、相方はバイクにチェンジし双方で追跡です。

タクシーを追跡している途中、事故が起こったらしく、ものすごい渋滞していました。と、尾行していたタクシーが急に進路変更し、山ちゃん号で追跡することが不可能になってしまった。すると、すぐに相方のバイクで追跡開始です。

こんなとき、バイクって本当に優秀だ。相方のGPS機能を確認し、山ちゃんもすぐさま移動です。

相方から連絡が入りました。

名古屋のインターチェンジ付近のホテル街に御主人とストレートヘアの女性が乗るタクシーが向かっているそうです。

となると、ラブホテルで不貞行為ということか…。山ちゃんもその付近に向かいます!

しばらくすると、相方から連絡が。

二人の乗るタクシーはラブホテルに到着し、二人はホテル内に入っていったことを確認、もちろん証拠の写真も撮影できたとの報告がありました。

よかった~。すぐに現場へ山ちゃんも到着です!

相方とラブホテル付近で合流しました。

相方に聞いてみると、御主人よりもその小柄でストレートヘアの女性が御主人にぞっこんな感じがしたそうです。

しかも御主人よりも年上だろうとのこと。しばし待機です。

深夜一時すぎに、御主人と女性がホテルからでてきました。

二人は一緒にタクシーに乗り込み、名古屋駅で女性だけがタクシーを降りました。対象者チェンジだ。この女性の身元を確認しよう。

女性は名古屋付近の高級マンションに入っていきました。セレブなのか?すごいな。一旦事務所に戻って朝一女性の職場を調べることにしよう。

明け方、女性の高級マンション付近で張り込みです。

すると、朝六時にスーツを着たあの女性がでてきました。さっそく尾行開始だ!

すると、女性の到着したのはななななんと。。。御主人が勤める会社!という事は、あの女性は御主人と同僚という事か!

聞き込みをしていくと分かりました。

あの不倫相手の女性は御主人の課の上司の女でした。年上の上司と御主人は社内不倫を行っていたのです。

これは奥様も驚くでしょう。さっそく調査報告書を作成して、依頼者に報告です。

 

御主人の浮気相手が年上の女上司だったことが分かりました。

調査報告書を作成し、依頼者である奥様に事務所へ来ていただきました。

調査報告書に載っていた、御主人と浮気相手の写真を見るなり「こ、この人は!」ととても驚いた様子でした。

奥様も浮気相手である女上司のことを知っていたようでした。なんと、以前に奥様と御主人と女上司で食事に行ったことがあったんだとか…。

なにか御主人に不満があったらすぐに私に言いなさい。叱っておくから…という事まで言われて、連絡先も交換していたそうです。

今回の浮気の相談もしていたそうです。女上司からは、御主人は真面目に仕事をしているしあなたの考え過ぎよ。

御主人を信じてあげなさいという言葉が返ってきたそう。

まさかこの上司が浮気相手だなんて考えすらしなかったので、奥様はそれはそれは落ち込んでいました。離婚をし、慰謝料を女上司に請求し、会社の上層部にも社内不倫をしていたということをばらしてやるつもりです…と言ってました。

修羅場になりますね。

これで調査は終了しましたので、また報告します。

また別件の浮気調査です。

今週末はいよいよクリスマスです。名古屋は雪は全然降ってないので、ホワイトクリスマスにはならないかもとしれませんが、われわれ調査員にとって、雪は大敵なのです。このまま降らずにいってくれ。。。

さて今日は、浮気調査が入ってきました。

依頼者は、30代の女性です。同棲している彼が浮気をしているみたいです。依頼者は看護婦さんで、勤務時間も夜勤があったり日勤があったりとバラバラなようです。彼はというと、以前はサラリーマンだったのですが、上司ともめて会社を辞め

とある日、夜勤が終わって朝方買い物をして帰ってくると、彼はでかけてていなかったそうです。依頼者が部屋に入るとなんだか違和感がしたそうです。特に寝室。いつも彼は起きるとベッドの布団がぐちゃぐちゃのままらしいのですが、綺麗に整えられていたそうです。

彼女にしたらありえないのです。あんなズボラで自分の脱いだ服も脱いだままの彼が、ベッドの布団をきれいに直すなんて、同棲してから一度もなかったらしいのです。そこで彼女は彼が浮気をしているんじゃないかと女の勘が働いたそうで彼の浮気を疑い出したそうです。

そこから彼女は彼を監視するようになったそうです。しかし、看護婦の仕事が忙しいためずっと尾行する訳もいかず…。彼が浮気していたら問い詰めて別れを切り出そうと思っているそうですが、探偵を使わずに一度調べてみようと思ったそうです。彼がニートになってから、スマホを買ってあげたそうです。そのスマホについているGPSを使って調べてみることを試みたが、彼の行動範囲がコンビニかゲーセンか自宅のみ。これでは浮気している証拠にもならない。

彼女の決意は、お金ならあるので、彼が浮気しているという確実な証拠がほしいので調査して欲しいとの依頼でした。

 

さっそく明日からニートの浮気調査を開始しよう。しかし、ニートの分際で彼女に生活させてもらっている上に、浮気するなんてとんでもないヒモ男だ…。

依頼者の今週月曜日からのシフトは、夜勤です。夜21時に出勤し、朝方6時に帰宅となっているよう。よし、その夜勤の間、ニートをマークだ。

依頼者のマンション付近で張り込みます。すると、依頼者が出勤のためにマンションからでてきました。さあて今からニートの張り込みが開始です。すぐにしっぽをつかめればいいが。

 

夜22時すぎになりました。ジャージ姿のボサボサ頭のニートが出てきました。我々がついていきます。すると、近くのコンビニでお酒やお菓子やつまみを大量買いしていました。買い物を終えたニートがマンションに帰ってきました。しばらくすると、若い男と若い女性二人の三人がマンションに入ってきました。夜だと言うのに大騒ぎしています。すると、そのグループはニートの部屋に入っていきました。宅飲みが始まるのだろうか。

これはしばらく待機だな…。

深夜二時になりました。すると、さっきのグループが出てきました。あれ?女が一人いない。若い男と女がくっつきながら歩いて行ってしまいました。

となると、あの部屋にはニートともう一人の女の二人っきりということになる。女が出てくるのを見張らなくては。

 

明け方5時。女がニートの部屋から出てきました。これで不貞行為が行われていた証拠を手に入れることができました。しかし、宅飲みしていて、酔いつぶれてしまいただ寝ていただけとか言われてしまう可能性があるな…。なのでもう少し張り込みする必要があるため、明日も引き続き張り込みだ。

火曜日はマンションとコンビニの行き来だけでした。水曜日も同じく。

木曜日。依頼者が出勤のため家をでたあと、すぐにニートに動きがありました。しかしまあだんだん調査をしていくとこのニートに腹が立って仕方がないのです。依頼者は一生懸命仕事をしているのに、こいつといったら仕事もせずに毎日ジャージしか着ずに、そして浮気をするなんて…。さっさと証拠を掴んでやりたい!

掴みました…。

 

ニートが家をでたのは、22時前。徒歩です。ニートの向かった先は、とあるマンション。誰のマンションだろう。このマンションの住人はあの女か。しばらく待機としよう。そして、依頼者に電話。いま彼のGPSは動きがあるかを確認してもらうと…なんとGPS情報は自宅のままだそう。ということは、ニートは携帯を自宅に置きっぱなしにして行動しているということか。自分の持つ携帯にGPS機能がついているということが分かっていてあえて自宅に置きっぱなしにしているんだろう。となると、悪知恵だけはしっかりついているニートということになるな。確信犯だな…。しかし彼女が探偵調査員を雇ってまで調査をしているなんて思ってもないだろう。

 

あれからニートが誰かのマンションからでてきたのは、明け方の5時過ぎでした。そしてそのまま自宅へ急いで直帰しましたよ。我々はニートが向かったマンションの住人を調べる為に、引き続き張り込みです。朝9時すぎに住人がやっと出てきました。見覚えのある顔でした。やはりあの宅飲みしていて、ニートと一夜を共にした女の自宅マンションだと言う事が分かりました。結果としてはニートとあの女は浮気をしていたということです。彼女が一生懸命働いていた時に…。

その数日間はニートはやはり携帯を所持せずに、浮気女の家で不貞行為を行っていました。さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しましょう。

次の日、依頼者が事務所に来られました。調査報告書をみると、依頼者は笑っていました。こんな男に騙されていた自分が情けないと…。そしてこんな浮気を見抜けなかったことにも。

さっそく別れを切り出して、帰ってからすぐにでもニートの荷物をマンションの外に出しておこうと決意されたそうです。依頼者は、とても芯がしっかりしている女性で、ニートに同情もなにもないそうです。自分の稼ぎがいいから、ニートをこんな風にしてしまった。わたしが別れることによってニートもしっかりした男になってくれるだろうという思いもあるそうです。

す、すばらしい。。。しかしまあ別れて一番困るのはニートだろうな。

これで調査終了です。またご報告しますね。ではみなさま2017年もどうぞ宜しくお願い致します。!

また別件の浮気調査です。

さて2017年もやはりたくさんの依頼が入ってきております。

ありがたい限りです。今日は名古屋はいいお天気。張り込み日和です。

本日の依頼はこんな内容です。。。

35歳男性からのご依頼です。職業は自衛隊。結婚しており、子供は小学生の男の子が二人。奥様はパートをされているようです。自衛隊ということもあり、住んでいる市の隣に駐屯地があるため、ご主人だけ単身赴任をしているようです。まあ単身赴任といっても車で40分ぐらいで帰れるため、形だけの単身赴任らしいのです。業務が早く終われば自宅へ帰るし、遅くなったら独身寮に帰るという風な形をとっていたらしいのです。

 

単身赴任した当初は、奥さんは自宅にいつ帰って来るの?今日は帰れないの?とすごくひつこかったらしいのです。依頼者もちょっとうんざり気味だったそうです。なので帰れるときも独身寮に帰ったりしたりと、奥さんと距離を置いたそうです。

しばらくしてから奥さんの様子がおかしくなったみたいです。やはりあまり帰らないと子供たちが寂しがるそうなので、週5日ぐらい帰っていたそうです。すると奥さんからこんな言葉が…。「こんな毎日帰ってきても大丈夫なの?呼び出しされたらすぐに仕事に向かわないといけないのに…。しばらく帰るの控えたら?」と言われたそうです。

依頼者は驚いたそうです。当初はいつ帰って来るの?とすごく言ってきたのに、今ではまったく正反対のことを言うなんて…。もう一つ不信感を感じた出来事がありました。

単身赴任をしている自衛隊のご主人からの浮気調査のご依頼です。

御主人は、ある日子供達二人とランチに出かけたそうです。すると子供達二人が車の後部座席でこう話していたそうです。「明日もママ夜でかけるのかな…。ぼく寂しいよ…。」

御主人は、その会話に違和感を感じたため子供達に尋ねたそうです。「え、なんだい、ママは夜出かけているのかい?」すると子供たちはバツが悪そうに黙ってしまったそうです。御主人は優しくこう言いました。「ママには絶対なにも言わないからパパに言ってごらん」

すると子供達から驚愕のことを聞いてしまったのです。

 

子供さんたちからの話によると、御主人が自宅へ帰ってこない日は、奥さんは子供達のお風呂やご飯が済んだあとに、自分は一緒になにも食べずに、お風呂も子供達だけで入らせてそれが終わると、ママはちょっと買い物に行くからお留守番しててね。といって一時間から二時間ほどでかけるらしいのです。毎日ではないそうですが。週三回ほど。それは決まって御主人がいない日らしいのです。子供達はママからお菓子やDVDを与えられているのでしばらくは大人しくしているそうです。しかし下の子はまだ小学一年生のためやはりしばらくするとママがいない時間を過ごすことに、寂しいといってお兄ちゃんに泣きつくそうです。お兄ちゃんも不安の中弟を慰めてお母さんの帰りを待つそうです。

 

子供達から聞いた話で御主人は奥様の浮気を確信いたしました。しかし、これといった証拠がない…。一度だけ今日は自宅へは帰らないと奥様に伝えておいて、内緒で帰ったこともあったそうです。カマをかけたということですな。しかしそのときは奥様は自宅にいたらしく不発に終わった。浮気の証拠を手に入れることはできなかったそうです。

御主人としては子供二人をほったらかして他の男と自分がいない夜に遊び歩いている奥様を到底許すことはできないそうで…。もし本当に浮気をしていたという確実な証拠を手に入れたなら奥さんには離婚を提示し、子供たちの親権を手に入れたいそうです。そして奥様には自宅からは出ていってほしいとのこと。子供たちのことを考えると両親の離婚に加えて住まいも変わってしまうと相当なストレスになってしまいかわいそうなので、ひどい言い方かもしれないが、原因を作った奥さんには出て行ってもらうのがベストだと思っているそうです。

 

とにかく奥さんの浮気調査を開始しましょう。たぶん奥さんは御主人が帰ってこない確実な日を狙って不貞行為に及んでいるような気がします。なので、ご主人に目ぼしい日程を決めてもらい、奥さんにこの日は絶対帰らないということを伝えてもらい、ピンポイントでその日の張り込みを開始しましょう。

さてそのピンポイントの日になりました。自宅でしばし張り込みです。PM19:50、奥さんが動き出しました。車に乗ってどこかへ出かけます。我々も追いかけます。

着いた先は、閉店したとあるショッピングセンター。そのショッピングセンターはもう閉店しているが、同じ敷地にあるコンビニが空いているため、駐車場も解放されていてチラホラ車も止まっています。すると、奥さんがとあるミニバンの横に車を停めました。そしてそのミニバンの助手席に乗り込みました。運転手は若い男性。さっそく奥さんと男性は抱き合いいい感じとなっています。ビンゴです。その後二人は近くの古びたラブホテルに入っていきました。

 

ラブホテルに入っていった奥さんと若い男。でてきたのは二時間後。二人はショッピングセンターで別れて奥さんは途中コンビニでお菓子を大量に買って自宅へ帰って行かれました。子供達への口止め料か…。

相方はミニバンの若い男の尾行を行いました。男の素性が分かりました。近所のガソリンスタンドで働く男だったのです。その男と奥さんはガソリンスタンドの店員とお客さんという関係だったそうですが、店員の男から奥さんに近づき奥さんと浮気関係にもっていったそうです。同じ店員から聞き出した情報です。その男はお客に手を出すということで有名らしいのです。しかし男はガソスタの経営者の息子らしく、誰も止めることもできないということです。奥さんもどうしようもない男に引っかかってしまったということですな。

 

依頼者が事務所に来ました。お子さん二人も一緒です。お子さん二人は別室で相方とゲームで遊ぶことにしよう。

依頼者に調査報告書を提出しました。依頼者はとても怒りに震えていました。子供達二人を自宅に置いては自分は若い男と浮気だなんて、とても裏切られたような気分だと嘆いていました。すぐに離婚手続きを進め、奥さんにはすぐに出て行ってもらわなくては…と話していたので、山ちゃん少々おせっかいかと思いましたが、少し離婚は待ってみてはどうでしょうか?と言いました。依頼者は「なぜですか?」というので、相手の若い男の女癖の悪さを伝えました。浮気をする奥さんも悪いですが、その男の目に入ってしまったのも運の悪さかと…。本気では無く、ただの遊びの可能性もあるし、お子さん二人のためにも一度話し合ってみるのもいいかも知れませんが…と話をしました。

依頼者は少し考えて、子供二人のことを考えて今一度話し合ってみますと冷静さを保って帰られました。

これで調査終了です。また新たな依頼が入りましたらご報告致します。

浮気調査が終わったと思ったら、また浮気調査です。

さて、本日もまた浮気調査が入りました。依頼者は、60代のご夫婦です。奥さんは60代にしては若々しく、はっきり話す感じです。御主人はその横にそっと座りずっと奥さんの話をうなずきながら聞くと言う感じです。さっそく依頼内容を聞きましょう。

「今回調べてほしいのは次男の嫁なんです。わたしたちとは別居しており、小学生と幼稚園の孫がいます。次男は職業が警察官のため毎日忙しく、嫁は以前は主婦だったんですが、最近パートではありますが働くようになりました。すると、そのパート先で、飲み会とやらが大変頻繁にあるみたいで…。そのたびに孫の面倒をみてほしいと連れてくるのです。」

 

「もちろんわたしたちも孫がかわいいので、孫たちの面倒見たくない訳じゃないんですが、あまりにも頻繁に預けに来るので…。孫たちも寂しそうにしているのです。なので嫁には直接言えないので、次男にいいました。〇〇ちゃん最近飲みに行くの多いんじゃない?って。すると、次男は自分が仕事で忙しいから、飲みに行くぐらい許してやってくれと嫁の尻にひかれっぱなしで…。だからわたしたちも次男がそういうなら仕方ないのかしらと思い、嫁が子供達を連れてくるのにはもうなにも言わずにしようと預かっていました。」

 

「しばらくしたある日のことでした。最近近所の方から、おたくのお嫁さん、知らない男性と腕を組んで歩いていたのを見たという話がありました。その方は次男の顔ももちろん知っているので、次男ではないことは間違いありませんでした。となると、嫁は浮気をしているのか?とわたしたちは疑い始めました。それからもちょくちょく孫をうちに連れてくるので、嫁に一体誰とどこでなにをするのか?と問うと、嫁は決まって会社の飲み会だから仕方ないでしょ!わたしのことなにか疑ってるんですか?と逆に怒り出してしまいました。」

「わたしたちもあまり言うと、嫁が孫を連れてこなくなってしまうことが嫌なので嫁に聞いたのはそれが一回だけでした。でも、最近特に化粧や服装も派手になっていてやはり様子がおかしいのです。嫁が誰となにをしているのかを調べて下さい。もし他の男と浮気なんてことでしたら、次男に話をしてすぐに離婚してもらい、わたしたちで孫たちを引き取ろうと考えております。どうか宜しくお願い致します。慰謝料なんていりません。孫たちの親権を手に入れればそれでいいです。」涙ながらにおっしゃっておりました。

さっそくお嫁さんを調べましょう!

まずはお嫁さんの勤め先はガソリンスタンドです。現場確認してみると、なかなか平均年齢が若い感じがします。シフト制なのかもしれませんが、パッと見、店長らしき中年と男性とバイトであろう若い男性が二人とお嫁さんという感じです。四人はとても仲が良さそうです。山ちゃんは洗車とオイル交換をお願いしました。その間に店内で店員さんたちの様子を伺います。すると、店長らしき中年とお嫁さんがとても仲が良い感じがしました。気のせいではないような感じです。男女の仲と言いますか…。二人は隠しているつもりだろうが、目で会話をしているというかなんというか…。この店長、要注意人物ということで調べてみよう。

 

お嫁さんのパート時間は、9時~16:00 明後日に飲み会があるらしいので、だいたい18:00ごろに孫たちを実家に連れてくるので、その時間帯に張り込み開始しよう。

飲み会の日になりました。お嫁さんをさっそく、尾行だ!お嫁さんがパートを終えて、子供達を保育園に迎えに行き、その足で御主人の実家へ子供達を預けていきました。

さあてここからが尾行開始です。お嫁さんが向かった先は、お勤め先のガソリンスタンド。控室に店長が入ると、一緒になってお嫁さんも入っていきました。中で何をしているのだろうか…。30分ほどすると、お嫁さんが先に出てきました。そして、どこかに向かいました。とりあえず山ちゃんがお嫁さんを尾行します。相方には店長の張り込みを引き続きお願いしよう。

 

お嫁さんが向かった先は、20分ほど離れたパチンコ屋の駐車場に車を停めました。おそらくここで待ち合わせだな。相方から連絡が入りました。店長が業務を終了し、店を出発したそうです。ここで落ち合うだろうからしばらく待機だな。相方のGPSを確認すると、やはりここへ向かっているようです。10分ほどすると、店長がパチンコ屋の駐車場に入ってきました。お嫁さんの車の横に停止し、お嫁さんはすぐに助手席に乗り込み店長の車が走り出しました。向かった先は近くのラブホテル。これでお嫁さんの浮気が確定です。証拠写真を手に入れて事務所へ戻り調査報告書を作成しましょう。

ご夫婦が後日事務所へ来られました。調査報告書をみるなり、奥さんは号泣、寡黙で落ち着いた様子の御主人は、怒りに震えていました。息子にこの調査報告書を見せて、離婚を進め孫たちは自分たちが育てていく決意をしたんだそう…。

これで調査終了です。また新たな調査が入りましたら報告します!

終わるや否や、浮気調査再び!!

 

35歳のご主人からの浮気調査の依頼です。同じ歳の奥さんが勤めている会社の上司と浮気しているんじゃないかを調べてほしいという内容でした。その上司は42歳男性で、見た目も背が高くとてもおしゃれでモテ男らしいのです。なぜ浮気しているか疑うようになったのかお聞きしました。

「以前に奥さんがその上司とLINEしているのは知ってました。すると、画面にあがってきたLINEを見てしまったのです。すると、愛しているとか会いたいとか上司ではいれないような内容のLINEだったのです。すぐに奥さんに聞きました。すると、向こうが勝手に入れてくるだけ!わたしにはなんの気持ちもない!と一点張り。おかしい…」

「しかし、子供を置いて飲み会などが最近多くて…。飲み会も18:00に行って20:00すぎには帰って来るんですが、もしかしたらその上司と二人きりで会っているんじゃないかと心配なんです。奥さんのことは信じているつもりですが、あれだけ上司から愛の言葉のLINEが来ているのでもしかしたら心変わりするかもしれないし…。誘いにのってしまうかもしれない。とにかく奥さんと上司が浮気していないかどうかの証拠がほしいのです。どうか宜しくお願い致します。」

 

さっそく奥さんと上司が浮気していないかどうかを調べてみよう。

奥さんは仕事は9:00~15:00のパートらしいのですが、飲み会が二週間に一回はあるらしいのです。こんなに頻繁に飲み会がある会社自体おかしいよな。

奥さんの仕事が終わってからさっそく調査です。奥さんの尾行を開始しよう。奥さんが17:30ごろに車に乗ってどこかへ向かいます。奥さんの飲み会会場はどこか。。。すると奥さんが到着したのはとあるショッピングモール。

 

駐車場に車を停めて中で買い物をするようです。すると、買い物をしたのは飲み物や食材。飲み会なのにおかしい。すると、車の中に戻ってしばらくすると社用車が奥さんの車の隣に停まりました。その社用車に乗っていたのは噂の上司でした。上司が奥さんの車に乗り込みました。ということは、ここで上司と待ち合わせして落ち合い、2人はこれからどこかへ行くということか…。2人をさっそく尾行だ。すると、2人が向かった先はとある居酒屋。2人でお酒を飲むと言う事か。すると上司が酔っぱらっているような感じです。このまま何もない事を祈るが…。

 

2人は近くのラブホテルに入って行ってしまいました。

さっきの買い物もこのためだったのか。残念だ~。

となると、やはり2人は不倫関係に発展してしまっていたんだな。上司もなかなかの肉食な感じだし、奥さんも一時の火遊びくらいならいいんだが。二週間に一回会う時間を作っているということは、上司の奥さんにもバレナイし。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しよう。

御主人に調査報告書を見ていただいたら、「奥さんとは離婚する方向で考えてます。そして相手の上司にもそれなりの責任を与えたいと思います。そしてパート先でこんなことになってしまったので、会社の社長にもそれなりの責任をとってもらいたいと思います。部下の監督不行届といいますでしょう。なのでどなたかいい弁護士さんを紹介してくれませんか?」と淡々と話していました。こんなにも早変わりするもんなのか…。それかなにかに吹っ切れたのか。なので、山ちゃんの信頼する弁護士を紹介して依頼者は帰って行かれました。

これで今回の調査は終了です。またご報告しますね。

また別件の浮気調査です。

30代の女性からのご依頼です。結婚を前提に付き合っている彼氏がいるそうです。付き合って10年なんですが、ようやく婚約まで進んだ矢先、依頼者の友人が彼氏が女遊びが激しくて、あんな男と結婚するのはやめた方がいいという電話があったそうです。しかし、10年も付き合ってきた彼氏とはいそうですか。と別れることもできないので、彼氏に聞いたら、そんなことは一切ない!僕を信じてほしい!ということを真剣に言われたそうです。彼氏のことも信じたいけど、友人からの言葉にも引っかかる、、、このまま結婚へ進むことができないので、誰にも内緒で意を決して探偵に調査を依頼しようと思ったそうです。

 

彼氏は工場にお勤めということで、勤務時間も不規則とのこと。夜勤以外は毎日会っているそうなので、夜勤の日を重点的に調べてほしいということ。夜勤は日中は彼氏は基本寝ているそうなのですが、依頼者は仕事をしているため彼氏の行動をまったく把握していないそうです。来週が夜勤の週になるので、その日を調査しましょう。

夜勤である彼氏は、朝8時に自宅へ帰り、夜の21時すぎに自宅をでて会社へ向かうというサイクルらしいです。ので、その朝8時~夜21時までの間を尾行しましょう

 

月曜日、特に動きなし。

火曜日、特に動きなし。

水曜部、AM11時に彼氏が自宅からでてきました。われわれもさっそく追跡します。すると、コンビニに寄りました。そこにコンビニの中にいた女が彼氏の車に乗り込みました。この女はまさか。。。

さっそく二人の乗る車を追いかけます。2人が向かった先はラブホテル。彼氏は浮気していたのです。しばし待機です。。。

三時間後が経ちました。2人の車が出てきました。彼氏はとある一軒家に車を停めて女が降りて一軒家に入っていきました。ここが女の自宅か。

 

彼氏は自宅へ戻りました。これで浮気の証拠を掴めたので、さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告です。

翌日、依頼者が事務所へ来られました。

依頼者が調査報告書をみて、手が震えていました。理由を聞くとなんと、あんな男と結婚するなんてやめた方がいいと言っていた、依頼者の友人だったのです。

その事実に依頼者は震えていました。信じていた近くにいた友人が自分の彼氏と浮気をしていた。とんでもないですね。

たくさん涙を流したあと、依頼者は落ち着きを取り戻したようで、彼氏とはさっさと別れて、友人とも縁を切ります!とスッキリした顔でおっしゃってました。

これで調査終了です。またご報告しますね。

また別の浮気調査です。

60代の女性からのご依頼です。60代のご主人が浮気しているようなので、調査してほしいという内容です。

御主人はこの春に長年勤めて来た会社を定年退職されて、その後自分の趣味に没頭しているそうです。仕事一筋で一人娘さんを育て上げたのでなにか趣味を持ちたいということで習い事を始めたそうです。習い事も週五で通っているらしく、自宅にはほぼほどいないそうです。依頼者も退職金を全て渡してもらったので、ご主人に対してあまりきつくも言えないみたいです。なぜ御主人の浮気を疑うようになったのかお聞きしました。

依頼者からのお話。。。

「30代の一人娘がいるのですが、先月娘から父親を隣の県でみかけたという話がありました。若い女性が一緒だったと。。。調べてみるとその日は、習い事のオフ会みたいなものがあるから、帰りが遅くなると言うことだったのを思い出しました。習い事には若い女性も男性もいますし、定年退職した高齢者もいます。そう考えると、若い女性と一緒だったと言うのは特におかしなことではないと思いました。しかし、それからというもの、こづかいを増やしてほしいや、渡した退職金の一部を渡してほしいということが多々ありました。」

 

「主人と結婚して30年。今までの主人はお金を使う事を知りませんでした。しかしなぜ今になってこづかいを上げろや渡した退職金の一部を手に入れようとするのか。この時初めて主人に対して不信感が湧きました。一体何に使っているの?使い道が全然分からないのです。なのでわたしはこう聞きました。そんなお金ばっかり何に使うの?と聞くと、俺の退職金なんだからさっさとよこせ!とわたしに手を挙げたのです。驚きました。あんな温和な主人が人が違ったように暴力を振ったのです。大した怪我ではなかったのですが…。結婚して初めての暴力でした。わたしは主人が主人じゃないみたいでとても恐怖を覚えました。」

 

「それ以来、やはり習い事ということで、平日のほとんどは家にいなく、土日もいないことが多くなりました。もう仲が戻るとかは分かりませんが、とにかく主人がどうしてこうなったのか。それを知りたいのです。どうぞ宜しくお願い致します。」

御主人の一週間の行動を調査しましょう。

月曜日 朝九時に出かけて、習い事であるオカリナ教室へ向かいました。お昼ごはんはオカリナ教室の仲間と食べて、昼からは絵画教室に向かいました。絵画教室が終わるのが夕方で、それからは自宅へ帰っていきました。」

 

火曜日 朝九時に出かけて、近くの健康センターへ向かいました。お昼までプールやジムをしたあとは、友人の男性と近くのそば屋に入りました。そしてそば屋でお酒を呑みだし、夕方になるとその友人と名古屋市内の居酒屋に移動しました。その居酒屋はこじんまりとしており、女将さんが一人で切り盛りされているようです。そして友人は21時ころに帰りました。御主人だけが残っているということか。すると、居酒屋は電気が消えて暖簾が中に片づけられました。おい、ご主人がまだ残っているのにもうお店を閉めると言うのか…。

しばらくすると、一台のタクシーが居酒屋の前に停まりました。

 

すると、ご主人と女将さんがタクシーに乗り込みました。女将さんは着物を普段着に着替えて出てこられました。着物を脱ぐとまた印象が変わりますね。さっそく尾行だ!

2人が乗ったタクシーは少し離れた高級焼肉店に到着しました。2人は一時間半ほど過ごし、またタクシーに乗り込みました。次の行き先は。。。ちょっとお高めのラブホテルでした。御主人と女将さんは男女の仲ということでした。これで不貞行為の証拠写真は手に入れたのでさっそく調査報告書を作成します。

あと女将さんのことを少々調べてみよう…。

調べてみると、ご主人と女将さんは二年ほど前に御主人が会社の仲間に紹介されてお店に行かれたことが知り合うきっかけだったらしいです。当初は、親父さんと女将さんの二人で切り盛りされていたそうですが、親父さんが病気で亡くなり、お店を閉めようと考えていた時に、支えてくれたのが御主人だったそうです。そこから2人の関係は変化していったようです。しかし女将さんも御主人が既婚者というのは知っていたので、やはり不倫関係になるのはとても後ろめたかったらしいのですが、側にいて支えてくれた御主人に惹かれていくのも時間の問題でした。

 

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に報告だ。

後日、依頼者に結果を報告しました。

「そうだったんですね。わたしのでる幕はなさそうですね。主人は真面目にずっと仕事だけの人間でした。でも娘も成人し親の努めは果たしたんですから、第二の人生をこの女性と過ごしていって欲しいです。私の方から離婚を切り出します。調査して頂きありがとうございました。」

恋をするのに年齢は関係ないんですね。依頼者自身にも第二の人生がいいものであるといいなと思いました。

これで調査終了です。また依頼が入りましたら報告しますね!

はい、また別件の浮気調査です。

30代の主婦の方からのご依頼です。御主人が浮気をしているようなので調査をしてほしいそうです。もちろん離婚する意向はありまして、お子様は3歳と5歳の女の子がいるのですが子供の親権、毎月の養育費、慰謝料がほしいというのです。御主人は40代。お勤め先はタクシー会社で運転手をされているそうです。毎月のお給料は本当に少なくて、その浮気相手からも絞れるだけ絞って請求したいというのです。なーんかガツガツした依頼者だな~とちょっと不審に思いながらも、依頼されたら調査するしかないのが探偵調査員の辛いところです。

さっそく御主人の調査開始しましょう!

御主人はタクシー運転手ということで、勤務時間はバラバラなんですが、依頼者側で把握していた勤務時間、今週は月~土までは16:00~翌朝の6時までが勤務らしいです。さっそく御主人のタクシー会社へ向かいましょう。タクシーの運転手なので、探偵車とバイクで尾行が必要になるかも…。

月曜日は雨。雨だとバイクの尾行は難しいので、車のみの尾行になります。

御主人のタクシーを確認することができました。御主人は名古屋市内を走行中です。名古屋駅で待機したりしていました。時間は23時になりました。お客を乗せていないのに御主人のタクシーは名古屋駅を出発しました。呼び出し?どこへ行くのか~?

すると、とあるマンションにつきました。すると、タクシーをマンションの駐車場に停めて御主人はマンションの一室に入っていきました。この部屋の住人を調べる必要があるな。

時間は深夜2時になりました。御主人と若い女が玄関先で確認することが出来ました。よし不貞行為確定です。とりあえずあの若い女の正体を掴まなくては。

女の正体があっさりと分かりました。御主人のタクシー会社の事務員の女でした。その女は20代。独身とのこと。自身が勤めるタクシー会社の社長の愛人ということですが、御主人とも浮気関係があったとは…。

 

翌日、調査報告書を作成して、依頼者に報告致しました。

すると、依頼者は「よかった~、これであいつと離婚できて、かずくんと一緒になれる♪」ととっても喜んでいました。ということは依頼者も夫には内緒で同時にかずくんと浮気をしていて、離婚の原因を御主人の責任にして円満離婚するために浮気調査を依頼されたということか!流石、女は考えることがなかなかえげつないです!

山ちゃんの知り合いの弁護士さんを紹介しまして、今回の調査を終了します。

また依頼が入りましたらご報告します。

また別件の浮気調査

50代の既婚者の男性からの依頼です。自分の30代の妻が浮気をしているようなので、調査をしてほしいという内容でした。

やはり20歳も年下の妻だと寄ってくる男にとても心配らしく、奥様には専業主婦でいてもらっているそうです。しかし、夫婦には子供がいないので奥様も日中することもなく、とても時間を持て余しているのも事実なので、近所のパン屋さんでバイトを始めたそうです。パン屋さんに勤める従業員さんは全員が女性なので安心して御主人もバイトを許したそうですが、そのパンを買いに来るお客さんと浮気をしているんじゃないかと疑っているそうです。

 

その理由としては、バイトをし始めてから携帯を常に触っている時間が増えたし、なんせ下着のパンティの色が派手になったんだとか。普段は白ばかりだったのに、バイトをし始めてからは、紫やら赤やらピンクやらと180度変わってしまったそうです。下着のパンティが白から奇抜な色に変わるのは、浮気をしている兆候である可能性は高いのですが…。経験からいくと、下着などに変化があるときは要注意ですね。

 

奥様のバイト時間は、朝の10時~お昼の14時の4時間です。実際にそのパン屋さんに入って山ちゃんがお客のふりをして潜入、店内の様子を見てみると、なんとパンを作る職人さんで一人男性がいるではないですか。年齢は40代前半と結構若い感じがします。このパン職人さんが男性であったという事実は、依頼者は知っていたのだろうか。となると、このパン職人も浮気相手の可能性があるかもしれないということで調べてみることとしよう。聞き込み情報で、このパン職人がパン屋さんのオーナーであることが分かりました。もちろん、既婚者で奥さんもパン屋さんで働いているとのこと。となると、身近に奥さんがいるのに、その御主人と浮気すると言うのは、奥様はなんともいえない好きものですね…。

 

パン屋のお店前で張り込みをしていると、動きがありました。奥様がパン屋の裏にあるゴミステーションにごみを捨てに外へ出てきました。山ちゃんはすでにパン屋のお店周辺の下見をしていたため、裏にあるゴミステーションのことも事前チェックしていたのです。そのゴミステーションは若干見えづらくなっていますが、ある場所では中を見ることができます。すると、その後を追うようにパン職人も出てきました。すると2人はイチャイチャし始めました。はいこれで2人が浮気しているということが確定しました。いくらお店から2人が見えなくても、このように壁に耳あり障子に目ありなんですよね。

 

さっそく奥様の浮気調査を開始致しましょう。

 

さっそく事務所へ戻り、結果報告書を作成しましょう。

後日、依頼者が事務所へやってこられました。

調査報告書をみるなり、怒り出しました。しかし、やっぱり浮気をしていたのが自分より若い男だったと言う事にショックを隠し切れない様子でした。離婚まではまだ考えていないそうですが、まずは奥様にパン屋さんを辞めさせて、もう今後一切そのパン屋に出入りしない・その浮気相手でもあるパン職人にも今後一切2人が会う事はしないという誓約書を書かせたいとおっしゃっていたので、山ちゃんの知り合いの弁護士さんをご紹介させて頂きました。

しかし、浮気・不倫をしているという事実を知ってしまってから元の夫婦関係に修復できた夫婦はあまりいないんですよね…。やはり、日々生活を共にすると、裏切られた方はふとその悪夢を思い出すのです。元の夫婦関係に戻りたいと努力はするものの、やはり時間が経つと修復できずに結局離婚してしまったという方たちをたくさん見てきましたから…。

とはいえ、今回の調査も無事に終了しました。またご報告します。

はたまた、違う浮気調査です。

30代の名古屋市在住の男性からのご依頼です。結婚を約束している20代の彼女が最近様子がおかしいということで、浮気調査をしてほしいという内容の依頼です。

彼女は婚活パーティで知り合い、お互い惹かれて付き合う事になったそうです。しかし彼女は最近会社を上司のパワハラで辞めて今は入院中のお母さんの看病をしているそうなんです。しかし、会う時間も減ってし、会う時間も減ってしまい、携帯しまい、携帯もかけてもでてこないことも多く…。一度入院している病院に内緒でいったら、受付の事務員さんにそんな人は入院していませんと言われました。おかしいと思い彼女に確認したら、転院したということでした。しかし内緒でこそこそと調べるようなことをするなんて信じられないと怒ってしまい、一カ月連絡取れていないのです。もちろん会う事も出来ていない状態。。。。

 

まず山ちゃんが一番確認したいことは、彼女に金銭の貸し借りはありませんか?と聞くと…。300万円貸しているとのこと!そんな大金をなぜ貸したのか聞くと、入院しているお母さんの治療費が保険がきかず実費になるそうで…。その治療をしないと命の危険があるからどうしよう。。。。風俗でも働こうと思っているの。。。と泣きながら相談されたそうで、そんなことを聞いたら彼氏として貸さないわけには行かないと思い300万貸してしまったそうです。しかしその彼女とは結婚を考えていたし、風俗に勤めさせることは絶対させたくなかったので、もうお金を貸す以外方法がなかったそうです。それはそうだな…。自分の婚約者が風俗に勤めるなんて言われたら、普通の男だったら助けてあげたいと思い、金銭を貸してしまうんだろうな。

とりあえず今彼女がどこにいるかを突き止めて、彼女の正体を調べてみないと…。

彼女の携帯に連絡しても留守電になるため、まったく足取りが分からない状態のなか、聞き込みから開始だな。

彼女の知り合いであろうA子さんに連絡をとってみました。すると、A子さんからこんなことを聞きました。A子さんが彼女と連絡をとったのは先週の火曜日。そのときA子さんからこんなことを言われたそうです。「もしわたしを探している人がきたら、名古屋市内のマンションにいるから探さないでと伝えてほしい。」という話だったそうです。

 

20代の婚約者が300万を持ち逃げして消息不明になったのでその婚約者がいまどこにいるかの調査を開始しましょう。これといった情報がないため、聞き込みを行い彼女がいまどこにいるかを調べるしかないのです。

すると、有力情報を手に入れることができました。婚約者が名古屋、栄にあるとあるキャバクラ店に婚約者が勤めているというではないですか!なので、すぐにそのキャバクラ店に向かう事にしよう。そのキャバクラ店は栄ではそんなに勤めている女の子が多くないお店でこじんまりしているお店でした。とにかくそのお店の前で張り込みを開始しましょう。
でも、一体誰が探しにくるかなんてわからないし、誰に恐れているのかもA子さんは分からないまま分かったと返事を

 

情報が入ったキャバクラ店へ張り込みをすると…。

婚約者がいました!これからご出勤のようです。300万も借りてそれにまたキャバクラ店で働くなんてお母さんの治療費がものすごく高いということか。

しかしその話も本当なのかどうか不明なので、もう少し婚約者を調べてみる価値はありそうだな。

一度このキャバクラ店に潜入してみておしゃべり好きのキャバクラ嬢に聞き出してみるか。店内に潜入すると、婚約者がお客様に隣に座って楽しそうにおしゃべりをしていました。ただの客といった感じでもない。しかしその横にいる男だがなんだか見たことのある顔だ…。しかしこれが思い出せない…。しばらく様子を見よう。

 

婚約者と見覚えのある客が二人でトイレに向かった。しばらくしてもでてこないから、わたしはトイレに行くふりをして2人を探した。すると、一番奥のトイレで2人がいたのを確認できた。2人は薬をやっているようだった。もしかしたら、婚約者はこの男から薬を手に入れていたんではないだろうか。

しばらくすると2人がトイレからでてきたので、わたしはそのトイレに入りなにか手がかりがないかを調べてみると、トイレのごみ箱から注射器が一本捨てられていた。これが2人が使用した注射器かどうかは分からないが、念のため写真におさめておこう。

 

わたしの隣についてくれた女の子の名前は「まき」という子だった。その「まき」に婚約者の話を聞いてみた。すると、こんな話をしてくれた。

「あの子はお金が大好きな子なの。いまも惚れているホストがいてそのホストに何千万という金額を貢いでいるみたいで…。しかもホストとシャブ漬けになっているという噂…。腕にはたくさんの注射跡があるみたいだし…。その噂はこの店でも有名なの。ホストとは健全な付き合いをしているって自分で言っているし、クスリもしていないっていうけど、そのホストがみんなに言いふらしているの。そしてあの子以外にたくさんの女性がいることも確かなの。ホストから聞いたから間違いないはず。でもあの子は目を覚まさなくて…。だからもうみんな止めることもせずにほおっている感じ。最後には廃人になってしまうんでしょうね。」

 

婚約者のまわりはなんだかやばいことになっているんだな。トイレで見つけたあの注射器も繋がった。クスリを手に入れるのにもそれなりの大金が必要だし、それらはどのように工面しているのか「まき」に聞いたら、そのお金の出どころは、やはりいろいろなモテない男を騙し、最近ではてっとりばやいt婚活パーティに登録して、お金をだまし取るための男を捜し歩いているということだった。だから勤めているキャバクラも点々とし、身元がばれたらキャバクラを辞めてまた他の土地へ移るという生活をしているらしい。なんという女だ。

 

とにかく、婚約者が身元を晦ます前に依頼者に報告しなければ。

すぐに報告書を作成し、依頼者に急がないとまた婚約者が身元を晦ましてしまう恐れがあるので、対処したほうが良い旨伝えなくては…。

翌日、依頼者が事務所へ来られたので、すぐに結果を報告しました。そして依頼者は我々が教えたキャバクラへ向かうようです。しかし単独で行動するのは少し危険な気がしますので、弁護士かなにかにきてもらってもいいと思いますと伝えました。婚約者たちはクスリもやっているかもしれないので、その件については警察にリークすると言ってました。これで芋づる式に悪い者が処罰されればいいなと思いますね。

これで調査終了しました。また依頼が入りましたら報告しますね。

 

といいながら、また浮気調査です。

40代の男性からのご依頼です。名古屋市内の飲み屋で知り合った20代の女性と付き合いはじめたらしいのですが、その女性が急に別れたいと言い出したそうです。来月結納で結婚式場も半年後の予約をし前金も支払い済みや招待状なども近々発送するつもりだったのだとか。なぜなのか理由を聞くのですが、好きな人ができたからもう別れたいというだけで、どんな相手を好きになったのかどうかもまったく分からないし、依頼者としてはここまで来て別れることはまったく考えていないそうなのです。とりあえずその好きになった相手を調べてほしいのと、どんな関係なのかを調べてほしいということです。なのでさっそく調査開始です。

 

結婚をもうすぐ控えた20代の婚約者が急に好きな人が出来たといって別れたいと言い出したので、その好きな人を調べてほしいと言う40代の男性からの依頼です。

さっそくその婚約者を尾行しましょう。婚約者は看護婦さんということで、不規則な生活をされているようです。こういった場合、なかなか調査が簡単にいくとは思いません。しかし、依頼者からシフトの分かる情報をもらったため、それに合わせて病院に張り込みをする予定でした…。が、いくら張り込みしても婚約者は現れず…。これは長丁場になりそうだ。

 

婚約者が勤務しているという病院を張り込みするが、一向に婚約者は現れず。。。これはおかしい。なので、病院内に潜入し、婚約者がいるかを聞いてみました。前に接してくれたということでお礼を言いたいという理由をつけて…。すると、医事課のほうで確認してくれたら、驚きの回答がありました。そんな人は勤務していません。退職したとかそういったこともなく、当初から勤務していたという情報がないそうなのです。これは騙された。。。。もっと早く潜入すればよかったと後悔。しかし後悔しても後も祭りなので、いったん対策を練り直さなければ。。。

 

婚約者にまんまと騙されたわたしは、いったん事務所へ戻り、対策を練る事とした。音信不通の婚約者…。しかし、泣き言は言ってられないので、婚約者の顔写真をありとあらゆる知り合いに送ることとした。もしかしたら、名古屋の繁華街でキャバ嬢でもしている可能性もあるため、そちら方に情報をお願いした。翌日、ビンゴ!名古屋の栄のキャバクラで勤めているアカネという子から連絡が入った。こいつは口も堅く知り合いも多く、我々の仕事にたまに有力な情報を流してくれるとても頼りになるやつだ。アカネ曰く、婚約者は小さな違法でもある風俗に勤めているということを聞いた。風俗店の名前と住所と聞き、われわれはさっそくその風俗店へ向かった。

 

アカネから聞き出した婚約者の勤める風俗店へ向かった。名古屋の繁華街から一本裏には行った路地にその風俗店があった。

客のふりして風俗店に入ってみる。そして婚約者を探してみると、そこで勤める女の子たちの顔写真が載っていた。それを見ると、婚約者がいた!ビンゴ!ナンバーワンの女の子らしい。受付の男にこの子はいるのか?と尋ねると、午後からの出勤になりますとのこと。なのでいったん、店をでる事にした。午後から出勤ということなので、しばらく店の前で張り込みだ。

 

アカネから聞いた風俗店の近くで、出勤してくる婚約者を待つこととした。しばらくすると、すっぴんの婚約者であろう女が店の中に入っていった。女ってのは、化粧するのとしないのとでは、だいぶ変わるため何気に人間違いをしていないか不安になることがある。なので、30分ほど経ってから、店内に入り婚約者が間違いなく入店したかを調べた。すると、婚約者で間違いなかった。これさえ押さえればあとは外で張り込みをし、婚約者の居所が分かれば調査は終了だ。しばらく待機だな。。。

 

PM18時になった。婚約者がお勤めを終えて店から出て来た。かなりまわりを警戒しているようだ。こんな対象者は、なかなか面倒くさい。ここまで、まわりを警戒するには、敵を作るような行動をしているからなのだろうか。

気を引き締めて、婚約者の後を追った。すると、婚約者はとある喫茶店に入っていった。誰かと待ち合わせをしているようだ。先に入店していた男となにやら相談しあっているようだ。男はなかなかの中年でどういった相談をしているのか、喫茶店内の席が空いていなかったため、聞くことができなかった。

 

喫茶店内で2人がなにやらこそこそと相談し、一時間ほどが経過し2人が店内からでてきた。

尾行を開始すると、二人はラブホテルへ入っていきました。これで2人が浮気をしているという証拠を手に入れることができました。

そして、その相手の男の身元を確認しなければ。すると、2人がラブホテルから出てきました。2人はそれぞれ別れましたので、我々も2人の身元を調べる必要があったので、それぞれで別れました。

相方が婚約者の尾行。山ちゃんが浮気相手の尾行。すると、浮気相手の向かった先は、とある弁護士事務所でした。相手は弁護士だったのです。この弁護士は名古屋ではまあまあの知名度だったので、この事実には自分もびっくりしました。

 

婚約者の浮気相手が弁護士ということで、なかなかのパンチ力のある事実だと思いました。しかも、その弁護士は知名度は高いが、ゲス弁護士という裏の顔も持っているようでした。それにはこちらもとてもびっくりしました。なので、この弁護士についてもう少し調べてみよう。

すると、3日後にあの浮気相手であった弁護士から文書が届きました。婚約者が依頼者より精神的苦痛を受けたと言うことで婚約破棄と慰謝料の請求をしてきました。これで繋がりました。婚約者とあの弁護士は肉体関係もありグルだったということが。2人は男女の関係となり、そして二人が一番いい結末に終わるには、こういうことだったのか…。

 

婚約者とその弁護士がグルになって、依頼者を悪者にして慰謝料などを請求しようとしていた事実を知り、わたしの友人である弁護士に相談をした。グルになっていた弁護士の悪評は有名らしく、顧客とそういったいけない関係になるということも多いみたいです。友人はやっぱりか…というリアクションだった。そんな悪評の弁護士はなんとかしないといけないと、友人が動いてくれるそうだ。

依頼者に、結果を報告した。すると、依頼者はショックを隠し切れない様子だった。新居の頭金を取り返したいのと、婚約者と弁護士をなんとかギャフンと言わせたいということだったので、友人の弁護士を紹介しました。

今回の調査はこれで終了です。またご報告します。

 

 

浮気調査 2 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

梅雨に入り、今週はずっと雨模様です。本当に張り込み尾行する際気を張ります。傘が当事者の顔を隠してしまうので、尾行する当日の朝に雨が降っていたらとても気が滅入ってしまう山ちゃんです。

本日の浮気調査依頼をご紹介します。

ご依頼主は、60代の独身男性。いきつけのキャバクラの40代のママと付き合っているそうなのですが、新しいお店を出したいということから、300万をママに貸したそうです。ちなみにその300万はご依頼主の退職金とのこと。

すると、その日から、ママの携帯に電話をしても不在が多く、折り返しでかかってはくるらしいのですが、今忙しいからしばらく電話しないで。とか言われたり。お店に行ってもママは忙しいため会えないやらで態度がガラッと変わってしまったそう。もしかしたら浮気をしているのかもしれないということで、浮気をしていた場合は貸した300万を耳揃えて返してもらいたいとのこと。

キャバクラのママは職業柄、男と一緒にいる現場を多く確認出来るであろうから、やはりラブホテルに入っていく様子を証拠として手に入れないと、同伴だとかなんとか言われてしまう恐れがある。キャバクラのママだから、口も達者だろうし。気が抜けない相手でございます。

調査開始しましたら、やはりママということでそれはまあたくさんの男性とのツーショットが多くて、なかなか証拠という証拠が手に入りません。どうしようか…。

すると、ご依頼主からママが土日店を休みにして、姪っ子の結婚式のため東京へ行くというじゃありませんか。で、本当に姪っ子の結婚式なのかどうか尾行してほしいというもの。おーっと、実は山ちゃん土日、どうしても抜けられない調査が入っているので、相方にママの東京尾行をお願いするとしよう。

土日の東京尾行が無事に終了しました。やはり、姪っ子の結婚式なんてまったくのウソ。ママは名古屋でも有名な企業の社長様と不倫旅行を楽しんでおりましたとさ。

そこから、その社長様とママの不倫関係が浮き彫りとなってきました。

社長様は既婚者なので社長様も御盛んな人なんでしょうな。

すぐさま、依頼主に連絡をし、事務所へきていただきました。そして、ママが不倫旅行をしており、不倫をしている事実をお伝えしました。

別れるつもりだし、貸した300万は必ず返してもらうと、裁判を起こすとおっしゃておりました。今回も調査完了!またね!

 

山ちゃんの相方からこんな話がありました。

「僕の友達が不倫ばっかりしてるんです。歳は30歳で、見た目もまあまあイケメンなんですが、本命の彼女を作らず結婚もせずに、人妻と不倫ばかりしているんです。やめておけ!って言っても、聞く耳もたずに…。不倫てそんなにいいもんなんですかね?調査員の僕にしたら理解できません。結局不倫をしていたという事実が発覚してもその後修復したなんてまれじゃないですか。友達は別に不倫相手の家庭を壊そうと思っている訳でもないし。でもやっぱり何かあってからじゃ遅いし、なんとかして不倫を辞めさせたいのですが…」

うーんなるほどね、でも不倫をやめることは無理なんです。だって、不倫て一種の麻薬みたいなものなんですもの。そして、自分たちが悪い事をしているというドキドキ感を感じたいというおかしな思考回路になっていくんです。たぶんその友達は、不倫といっても相手は人妻だし相手にも家庭があるから、後腐れなく別れられるのも一つの要因なのかも。でも不倫といっても、相手にはまり過ぎて泥沼化になることも多々あるのでそういったことを友達がまだ未経験だから不倫を続けているんじゃないかな。一度、不倫で泥沼化になってみて不倫をして後悔してみるのが一番の薬になるんじゃないかなと相方には伝えました。すると相方は分かりました、一度言ってみます…。といってました。友達思いなんだな~と相方をほめてやりました。

さてまた調査が入りましたらご報告致します!

さて今回は浮気調査の依頼が入りましたのでご紹介しましょう。

会社員のTくん名古屋在住、彼女(婚約者)は関東でOLをしているそうです。まあ俗に言う遠距離恋愛です。 秋に披露宴予定だそうです。

今回浮気調査を依頼された理由をお聞きしました。

「急な仕事で関東に行ったので、彼女に夕食だけでも、もしくは一目でも会えればと思い電話をしたんです。まあ遠距離なので早々会えることもできないし。本当に急なことだったんで。僕たち月2回会っている状況です。すると、彼女電話にはでてくれたんですが、仕事のトラブルで残業しないといけなくなったから食事は無理と言われました。 仕方がないと思い、買っておいたプレゼントだけ郵便ポストに入れておこうと思い、彼女のマンションに行きました。

すると、部屋の灯りがついていたので帰っているのかと思って、ピンポンと同時に玄関の扉を開けたら、玄関に男物の靴があったんです。すぐに気付いた彼女が部屋からでてきて、「ごめんなさい、会社の人と今打ち合わせをしているので部屋にあげられない」と言うので、プレゼントだけ渡して帰宅しました。

名古屋に戻り、夜中に彼女からLINEで、「誤解しないで」というメールがきたんです。 その返事についてはなにも返していないじんですが、僕は間違いなく浮気だと思います。彼女が浮気しているのなら婚約破棄するつもりで今回、おたくへ依頼をしましたので、どうぞ宜しくお願い致します。」

といった内容です。さっそく調査開始しましょう!

遠距離恋愛の彼からの依頼で、婚約中の彼女の浮気調査を行いました。彼は名古屋、彼女は東京ということで、東京まで調査しに行きましょう!

しかし、前回彼が彼女のマンションで男物の靴をみてしまったという時点で、彼女は浮気がばれないように今以上に気を張ると思われます。なので、すんなり浮気現場をキャッチできるかどうか心配なところです。

とにかく一週間の調査期間を設けて、東京へいざ!

月曜日の朝、彼女のマンション前で張り込みを開始します。朝という事で通行人たちがとても多いため、彼女を見落とさないように気を張ります。

月曜日 AM7:50:彼女がマンションから仕事に向かうためでてきました。会社はバスに乗って向かいました。彼から聞いている彼女の勤務時間はAM8:30からPM18:00という時間帯。すると、PM18:20に彼女が会社からでてきました。バスに乗ると思いきや、バス停の前に停まっていたタクシーに乗り込みました!急いでそのタクシーを尾行します。

彼女が乗ったタクシーを追いかけます。東京ということで、車が多いしとても尾行しづらい!しかし、見落とさないように、事故らないようにしっかりと距離感を保って尾行し続けます。

すると、

PM19:20

ジムにタクシーが到着しました。彼女がジムの中に入っていきました。しばらく待機時間だな。

PM21:10

彼女がジムからでてきました。またタクシーに乗って、途中、コンビニで自宅マンションへ帰っていきました。

すると、火水木金と特になにも動きがありませんでした。これは気を張っているのだろうか…。残り土日なんとか浮気の証拠を掴めることができるのか…。

やっぱり、若干浮気がばれてしまったかも?という前提で浮気調査をするのはなかなか対象者はしっぽをださないんですよね。なにも知らない前提での浮気調査のほうがよっぽど楽といいますか、やりやすいんです。

残る調査も土日となりまして、ここでちゃんとした証拠を掴まないと、この調査長丁場になる可能性があるので、しっかり張り込みまっせ!

彼女は基本土日会社が休みなので、なにか動きがあるはず。朝から張り込みいたしましょう。

すると、さっそく動きがありました!土曜のお昼にスーツと革靴を履いた長身の男性がマンションに入っていきます。もしや!と思い、マンションの住人を装って、山ちゃんもマンションロビーを通過します。すると、彼女の部屋に入っていくのを確認しました。ビンゴ!しばらく、マンションの外で待機です。

すると、夕方私服に着替えた男性と彼女が手をつないでマンションをでてきました。間違いない証拠となります。それから二人は近所のコンビニで買い物を終えてマンションへ戻っていきました。それから二人の動きはありませんでした。

日曜日の朝。二人がマンションからでてきました。都内のデパートでウィンドウショッピングして、夜にはラーメン屋さんで食事をしてから、マンションに戻ってきました。それからの動きはありませんでした。

ついでと言いますか、どうせならと月曜日の朝まで張り込みをしましたら、スーツに着替えた男性が一人ででてきました。そのまま会社へ行くようです。男性の会社名もしっかり調べることができました。

後日、依頼者をお呼びし、調査報告書を提出しました。まず、彼女は週末のみ浮気を行っている。そしてその男性は彼女の勤める会社の得意先の営業マンであること。男性は未婚。彼女が婚約中ということを知りつつ、男性が自宅に泊まったりしているのかどうかは不明。

依頼者はやっぱりな…という表情をしてました。そして、結婚式の招待状を発送する前でよかったと多少安堵の表情をしてました。彼女にこの調査報告書をみせて、別れることを伝えるとのことでした。

これで調査終了です。また依頼が入りましたら報告しますね!
お付き合いありがとうございました。

じめじめとした梅雨も終わり、夏がやってきました!

夏といえば海!山!川!BBQ! そして浮気!

やはり夏になると、人も心も開放的になるのか、浮気が増える時期でもあるのです。理由としては夏に会社の同僚などとビアガーデンやBBQといった機会が増えるので、浮気のタイミングがバッチリ合ってしまうのです。

開放的な空気、肌の露出が男性を浮気へと走らせるのでしょう。男は単純だからね。しかし、だからといって夏に浮気調査の依頼がぐっと増えるわけではありません。夏はお盆や大型連休がありますし、家族と過ごす時間が増えるため、夫に内緒でこっそり探偵に浮気調査の相談へいく…というのがやりにくいのです。そのため、夏以降、9月頃から、夏の間に夫が浮気をしはじめたようなのですが…といった奥様からのご相談が増加します。なので、夏以降の為に、山ちゃんはうなぎをたくさん食べてスタミナ・体力をつけて夏を乗り切ります!

浮気男の友達もやっぱり浮気男だった…。

前回、浮気の依頼が入って、無事に完了したんだが…。その対象者の男の友達が、まったく別の件で、浮気調査が入った。山ちゃん、今までの調査対象者のことはずっと覚えているんだけど、前回の浮気調査はT君で、調査をしていくといつもつるんでるのがO君だったんだ。で昨日、O君の浮気調査が入ってきて…。依頼者から預かった写真をみて一発でわかったよ。お前もかいっ!って思わず叫びそうになった。。。

やっぱり類は友を呼ぶんだな~と改めて感じました。でもこういう輩たちがいるから探偵業が成り立っているという事実はありますから、ありがたいというかなんというか…。浮気をしてだれも幸せにならないんです。でもやっぱり浮気を好んでする輩たちもいるし、なかなか難しい問題ですな!

さてまた新たな依頼が入りましたら報告しますね!

 

名古屋市の30代女性より浮気調査の依頼が入りました。

40代夫の携帯電話に怪しいメールをみつけてしまった奥様が「3歳の子供の寝顔を見ながら、いつ帰るかわからない旦那を待ち続け、今頃どんな女性と一緒に過ごしているのだろうと考えると毎晩とても辛くて眠れない毎日を送ってまして……。

子供にもお母さん大丈夫?と心配されてしまい。。。」と涙を流しながら話されます。今は睡眠薬を服用しないと眠れなくなっているそうです。

そうとう思い込んでおられるようでした。

早速、探偵2名による浮気調査を開始しますと、ご主人には一人ではなく、二人の女性が浮上しました。よくまあ二人の浮気相手を相手できるな~と感心してしまいましたから。

一人の女性とは、名古屋市に住む、女性のマンションへ毎週末仕事帰りに通い、外出することなく部屋に入り浸っています。

そして明け方、マンションをでて自宅へ帰るというスケジュールです。

もう一人の女性とは、浮気調査中に週末土日に関東地方へ旅行に出掛け、仲睦まじく歩く様子は恋人同士のようであり、男性が子持ちの既婚者であるとは想像が尽かないくらい堂々とした遊びっぷりでした。

ここまで堂々だと一瞬、この男じゃないのか?という思いがありました。

ご主人は子煩悩な方なので、一層、奥様を悩ませているようでした。いっそのこと、とことん悪人であってくれたらスッパリと踏ん切りがつき、気分的にも楽なことだろうに。結果、奥様のご希望により、優秀な弁護士を紹介しました。

浮気調査が続きます。

60代の女性からのご依頼です。定年退職前の60代の御主人が浮気しているかもしれないというご相談です。

御主人が平日の帰りがおそいし、土日も仕事がたまっているといって、外出することが多くなってきたそうです。

しかし仕事一筋の御主人だったのでそれに関しては信じていたらしいのです。

とある日、依頼者のフラダンスの仲間の一人が、おたくの御主人、この前女の子と歩いているの見たわよ~というのです。

目撃場所は名古屋IC付近のサービスエリアだったそう。しかもその女の人は一回りも二回りも下のようなとても若い子だったそうです。

でも夫婦に娘と息子がいるので、もしかしたら娘さんだったのかも~と言っていたそうです。

依頼者はそれはあり得ない!とのこと。なぜですか?と聞くと、娘はアメリカ留学してあと1年も帰ってこないんですと。じゃあその娘と同年代の女は一体誰なんだ?という訳ですね。

では一度調べてみましょうと、依頼を引き受けました。

60代の御主人の浮気調査の結果を報告しましょう。

まず、サービスエリアで腕を組んだ歩いていた女の子は、会社の新入社員の20代の女でした。同じ部署で、御主人がその女の指導する立場だったため、仕事を教えたり悩み相談を聞いたりしていくうちに恋愛関係に発展したようです。

女は、御主人との子供を妊娠しており、産むようです。御主人も認知するようです。もしかしたら、御主人は依頼者と離婚をし、その女と結婚することも考えているかもしれません。

聞き込み情報としては、その女は、親しい友人にいま妊娠し、その相手は事情があって誰かは絶対言えないし、すぐに結婚はできないけど、産んでしばらくしたら結婚するかも…と言いふらしているようです。

そのことを依頼者にお伝えしましたら、奥様泣いていました。そりゃそうですよね…。娘と同じくらい歳の離れた女と浮気し、あげくのはてには妊娠させてしまい、その女と結婚するなんて、長年連れ添ってきたお返しがこれだなんてひどすぎます!

山ちゃんおせっかいかもしれませんが、御主人と浮気相手に慰謝料を請求してもいいかも…とお伝えしました。すると奥様、でもどうしていいか分かりません…と途方に暮れていたので、山ちゃんが知っているしっかりした弁護士さんをご紹介いたしました。

奥様が少しでも傷つきませんように…。少しでも明るい未来になりますように…。

 

さてもう梅雨も明けまして、夏まっさかりですね!夏になると、会社の同僚とBBQやプールに海、山登りなど行事が盛りだくさんになりますよね。

それに相伴って、不倫・浮気調査もぼちぼち入って来るんです。

今回もそんなパターンの調査依頼なんですが、30代主婦のA子さんよりご依頼ありまして…。

御主人が週一ぐらいで会社の集まりやなんやかんやで出かけることが多くなり。不審に思っていたら、御主人のスーツのポケットから、ラブホテルのライターがでてきたそうな。

問い詰めたら、会社の同期の男がもってたのをもらっただけだという言い訳めいた返事だったそう。

それからは出かけることもめっきり減ったそうなんですが、また最近になって、週一で会社の集まりという理由で出かける回数も増えたらしく…。

携帯もロックがかけてあり、これといった証拠がないため御主人を問い詰めることもできないので、今回うちに依頼に来られたそうです。

まず、奥さんに調査をしてももし不倫をしていたらどうしますか?と聞くと、御主人の収入がけっこういいそうなので、すぐに離婚とは考えていない。御主人と不倫相手を別れさせたいのが一番の希望らしいです。

調査報告書は今後もしなにかあった際に、有利に事を進めるために証拠品として手に入れておきたいというもの。

了解しましたとお伝えし、さっそく御主人の張り込みを開始いたしましょう。

御主人の浮気調査が終了いたしました。

[調査結果]御主人、会社の後輩の20代未婚女性と不倫関係でございました。御主人は、週一彼女と会っているようで、彼女のマンションに入り浸り。基本、金曜日の夜に職場から一緒に帰り、彼女宅で一泊。

土曜日のお昼に自宅へ帰るというスケジュールです。し、しかも、会社内ではもっぱら不倫関係がばれているらしく、会社内でも堂々とイチャイチャしているらしいです。なぜそんなことが可能なのか…。

その女性は、会社のお得意先の社長令嬢ということです。なるほどね…。

すぐさま、依頼者に調査報告書を提出致しましたら、奥様今日にでも子供二人を連れて会社へ乗り込んで、御主人と不倫相手に別れるように言うそうです。

調査報告書は離婚調停になった際に、証拠品として大事に保管しておきます…とおっしゃっておりました。

今回も無事に調査が終了しました。またね!

今日朝一にとんでもないおそろしいニュースが流れてきました。障害者施設に刃物を持った男が押し入り、19人もの人を刺した事件でした。その男は元職員で、辞めさせられた腹いせに、施設に入り、なんの罪もない人を刺し殺したというもの。

防犯カメラはもちろんついていたが、こんな事件に発展してしまったのはなぜか。防犯対策はしっかりしていたのかが今後の調査でわかってくるのでしょう。この障害者施設には知的障害者の方たちが多く入居していたとのこと。

とてつもない恐怖だったに違いありません。防犯カメラを設置しただけでいいというのはだめなんだろうな…。セキュリティーをしっかり厳重にしないといけないんですよね。

これ以上の被害者がでないことを祈ります…。

悲しいニュースが多いなか、依頼は変わらず入って参ります。

みなさん、自分の嫁さんがフーゾクやソープで働いていたらどうしますか?男としたらいやに決まってます。しかし、金銭的な面で家庭が大変だったら仕方ないのかな…とも思ってしまいますか?

名古屋という土地柄、フーゾクもソープもたくさんありますしね。店側からしたら人材確保も大変だと思います。だから人妻でもなんでもOKというお店も多いんです。

実際、御主人からの依頼で、奥さんがフーゾクに働いているかもしれないから調査をしてほしいという依頼が以前にありまして…やっぱりクロだったんですが、そのフーゾクに働いていた40代の奥さんから話を聞く機会があったんです。すると、こんな答えが…。

「わたしがフーゾクに働く理由はお金のためじゃないんです。お金はあります。じゃあなぜかって?出会いを求めに行ってるんです。

わたしたち夫婦はセックスレスで毎日つまらなかったのです。実際、フーゾクにくるお客さんはわたしのことをとても大事にしてくれます。主人なんかよりもよっぽど…。実際お客さんに深入りすることはないのですが、お客さんから最後にありがとうなど言われるととても幸せな気持ちになります。

なのでフーゾクでわたしの欲求を吐き出しているので、家庭仲は順調なんですよ。」とのこと。

フーゾクで働いて出会いもとめるなんて、そこらじゅうである浮気や不倫よりもよっぽどさっぱりとした関係でいいんじゃないかな?と感心してしまったのは内緒です。

30代の御主人からご依頼がありました。20代の妻が浮気をしているようだから調べてほしいという内容です。なぜ疑い出したのか聞いてみましょう…。

「最近コンビニのバイトをはじめた妻が、コンビニ仲間との飲み会の回数がとても多くて…しかし付き合いもあるから仕方ないかなと思って、快く飲み会に行かせてたんですが、とある人からSNSを通じてメッセージがきたんです。あなたの奥さん不倫してますよ…って。しかも知らない男といちゃついている妻の写真も添付されていて。それをみて間違いないと思ったんですが、妻に聞いてもそんなことするはずない!CGに決まっている!といって話が進まなかったのです。なので、探偵に依頼して調査をしてもらい証拠を手に入れたいと思ってます。だって、いちゃついてる妻の顔が僕の知らないうれしそうな顔だったのであれ見たら僕ってなんなんだろう…と思ってしまいました。調査宜しくお願い致します。」

了解しました、すぐに調査に入りましょう。

調査が終了しました。結果はクロでございました。バイト中に愛をはぐくんでいたという驚愕の事実も発覚しましたよ。バイトを始めてすぐに奥さんはコンビニの店長と不倫関係に発展したようです。

実は店長(60代)も既婚者で、そのコンビニには店長の奥様(60代)も働いているじゃありませんか。

じゃあ、誰が依頼者にダイレクトメッセージを送っていたんですか?なんとその店長の奥様でした!奥様は店長である夫とバイトの女が不倫しているのを知っており、依頼者に知らせようと思い、ダイレクトメッセージを送ってきたのでしょう。依頼者は証拠を手に入れてコンビニに出向き、皆と話をしてみようと思いますと言ってました。

そしてすぐに妻にはバイトを辞めてもらう!と言ってました。

身内が同じコンビニで働いているのにバイトの女に手を出す店長はとんでもない鬼畜野郎だってことですね!

今回も調査が終了しました。またご報告します!

 

社内不倫になるきっかけでダントツに多いのが会社の飲み会です!

単なる会社帰りの飲み会というよりも、忘年会や新年会、歓迎会といった二次会まで用意されているような飲み会の時に、不倫関係に陥る可能性があります。

飲み会ではお酒も入っていつもより開放的になってしまうから、という理由もありますが、二次会から三次会となれば当然、人数もそれなりに減ってきて気がつけば終電もない時間になってしまいますよね?

もしその数人の中に気になる人がいたとします。終電がなくなればタクシーを使う他ありませんので、途中まで相乗りという事もあり得るわけです。最後まで残っていた相手がもしその気になる人だとしたら、いけない関係と分かっていても狭い車内の中、今にも手が届きそうな距離に相手がいるとしたら当然、気持ちも高ぶってしまいます。

お互い二次会、三次会のあとともなれば、相当お酒が入った状態になっているので、その勢いで雰囲気にのまれてホテルに行って一夜を共にし、不倫関係になるという可能性は高いでしょう。

思わぬ落とし穴にお気を付け下さい!

とある女性から浮気調査の依頼が入りました。その依頼内容といいますのは、夫が浮気しているかもしれない。。。その浮気を疑った理由が、とある女性のLINEのアイコンが夫とのツーショット写真だったというのです。その女性の名前は「ゆか」というのですが、もちろんLINEのトークを見ようとしたら、コーク内容は全て削除されており、トーク内容は確認出来ませんでしたとのこと。しかし、そのアイコンはころころ変えることができるので、御主人としては浮気相手と自分のツーショットの写真がアイコンになっていたらすぐさま非表示にしますよね?でも直近でアイコンが変えられていたら非表示する間もなく、奥様にそのツーショットアイコンを見られてしまい浮気を疑われるきっかけとなったんです。

しかし、浮気相手とのツーショット写真をアイコンにするなんてなんという女なんでしょうね。バレナイとでもいいますか、ばれてもいいと思うのでしょうか。ひどい女です。すぐさま調査に入った方がいいと思います。。。

そんな話をしているうちにまたしても、浮気調査の依頼が入りましたよ。

30代の男性から浮気調査が入りました。20代のパート勤めの奥様が最近、何百万もするハリーウイストンのダイヤのリングを持っていたことが分かったらしく、奥様を怪しむようになったそうです。日中はパート勤めしているため奥様がどのように過ごしているかも分からないらしく。携帯もチェックするもなにもないそうです。これといって浮気の証拠もないそうですし、でも何百万もするリングを購入できるような金銭事情でもありません。不妊治療をしており、まだ子供はいませんが、もし妻が浮気をしているなら離婚を考えております。。。とのことでした。

そんな高価なリングを購入できるなんて、それなりの財力を持った浮気相手なのだろうか。。。ハリーウィストン・・・一度みてみたい。

さて奥様の調査を開始しましょう。。。

浮気調査の結果ですが、不貞行為は確認出来ませんでした。一緒に食事に行ったりバーに行ったりというぐらいです。その相手はパート先である印刷会社の社長でした。その社長は女好きで有名で、自分の会社の若い子たちを遊び相手の食い物にしているらしいのです。しかもハリーウイストンのリングをつけている若い子たちがわんさか会社で仕事をしているらしいですよ。。。

社長の奥様は経理で仕事をしているらしいのですが、社長の女遊びには見て見ぬふりらしいのです。お好きにどうぞってかんじらしい。しかし、不倫や浮気という類ではないような。。。社長の女遊びに付き合ってあげている感じもしないでもないです。なので御主人にはシロではないが、クロでもない。グレーですね。とお伝えしました。しばらく、奥様の様子を見てみますとのことでした。

調査終了しました。また!

と思ったら、まらまた浮気調査です!!

どんだけ、浮気調査が多いのだ?!

これだけ続くというのはどういうことなのだ?
やはり、世の中が浮気にあふれているということなのか?

40代の女性からご依頼が入りました。御主人の浮気を疑っているらしくその理由をお聞きしました。

「わたしの主人は出張が多いため、月の半分が出張の場合もあります。出張先はいろいろあります。とある日、自宅に旅行の予約受付票とホテルのパンフレットが送られてきました。主人宛の郵便物だったのですが、わたしもその月に丁度友人と旅行の話があり、パンフレットを希望していたので間違って空けてしまったのです。場所は沖縄。わたしが旅行で行くのは北海道。あわてて宛名をみたら主人だったので、しばらくどういう意味なのかわかりませんでした。でも沖縄出張に行くことが過去も3回ぐらいあったし、もしかしたら出張なのかも、でもこんな予約受付票とパンフレットが自宅に郵送されたのは初めてでした。なので、もしかして浮気で女と旅行に行くのか?と疑い出してしまい、今回依頼をお願いしようと思い来ました。」

今回の浮気調査結果と言えば。。。

御主人はキャバクラで知り合った20代の女性と不倫関係でありました。そして、その女性と沖縄旅行に行く予定だったそうです。その不倫相手の女性にはかなり熱をあげており、高額なプレゼントや毎月の生活費まで渡している始末。しかもその不倫相手には、夫と小さい子供がいるんです。それは御主人は知らないらしく。完璧なひもになっていたのです。しかし、奥様にそれをお伝えするとあきれておりましたが、御主人にこの証拠とともに、不倫相手が既婚者で子供がいることを伝えるつもりですとおっしゃっておりました。

目を覚まさせてあげることが奥様は自分の努めだとおっしゃってましてわたしはとても驚きました。なんと懐の大きい奥様なのじゃ。。。こんな奥様がいるのに、若い女に走る御主人最低ですね。

さて学生が夏休みということもあり、子供がたくさんいますね~。しかもポケモンGO!が日本上陸してから、公園や人気スポットにはたくさんの子供や大人がおり、探偵の尾行もなかなか大変です。

本日浮気調査が入りました。

30代の男性からのご依頼です。奥様30代が男と浮気をしているかもしれないから調査してほしいということ。内容をお聞きしました。

奥様は最近ダイエットのために、ボクシングを習い始めたそうです。すると、週5日ボクシングに通っているそうです。子供の世話も家事もせずに。すると体型も引き締まりダイエット成功したようでしたが、体型が変わっただけでなく、服装や下着が変わったそうです。下着なんて今までつけたことないような、Tバックやドピンクに紫といった、ケバイ下着になったそう。。。

御主人の趣味?とはまったく違っていたので奥さんに問い詰めたら、ほっといて。。。という返事だったそうです。子供の面倒もみずに、家事もしなくなったそうなので、御主人もほとほとあきれているらしく、浮気しているのならば、子供の親権を手に入れて離婚をしたいと思っているそうです。さっそく調査しましょう。

奥様が浮気しているかどうかの浮気調査結果がでました。奥様、ボクシングジムの20代のコーチと不貞行為を行っておりました。しかもジム内で。。。ボクシングを2時間ほど行った後に、ジムの関係者控室で不貞行為を行っていたんです。なかなかのつわものですね

しかもそのコーチは女好きで有名なコーチらしい。下着の趣味もそのコーチの趣味で間違いないと思われます。

御主人に奥様はクロだったとご報告致しました。御主人は離婚を視野に入れて、子供の親権を必ず手に入れることが希望とのことでしたので、山ちゃんの知り合いの有能な弁護士を紹介いたしました。

さて今日も無事に調査が終了しました。またリアルに伝えますよ!

 

50代の男性からの浮気調査依頼です。依頼者は独身で、いまお付き合いをされている女性がいるとのこと。年齢は30代、名前はなおみさん。結婚相談所で知り合ったらしく、もちろん結婚前提に付き合っているらしいのですが、最近会う時間も減り、なかなか結婚の話まで進まないそうです。しかし、その女性には300万という大金も貸しているらしくもしかしたら騙されているんじゃないかという疑問も最近になってでてきたらしいのです。浮気調査というより素行調査に近いかんじですね。

さっそくなおみさんの調査を開始しましょう。

浮気調査結果ですが、なおみさんの調査が完了しました。さっそくわかったことがありました。なおみさんは日本人ではなかったのです。アジア系の方でした。それは依頼者はまったく分からなかったそうです。日本に出稼ぎにきている外国人は日本名を名乗れるんだとか。そしてなおみさんは、同じ国の男性と結婚しており、子供も5人くらいいるという事実が判明。そうです、依頼者は騙されていたんです。すぐに依頼者に調査結果を報告しました。やはり…ときおりそっち系の人なのか?と疑問に思ったそうです。すぐさま結婚相談所に連絡して、結婚詐欺にあったことを連絡しておりました。300万のお金は戻って来るかどうかわかりませんがそれだけですんだのがよかったのかもしれません。

みなさまもお気を付けください。

またまた、浮気調査の依頼です。

さて今日は名古屋市でも有名な花火大会があります。とんでもない観客数になると予想されるんですが、よりによってその花火大会に対象者が行く予定で、尾行をお願いしたいというご依頼でした。

依頼者は20代の女性で、OLさんです。そして、婚約者の彼が前々から約束していた花火大会を急に仕事が入ったと言うので、断ってきたらしいのです。必ず彼は浮気相手と花火を見に行くらしいのです!

しかし彼の怪しい行動は三か月前からなんだとか。急に約束をキャンセルしてきたり、週末は必ずデートしていたのに、仕事が忙しいからと二週間に一回とか回数も減ってきたらしいのです。LINEもなかなか既読にならなくて、疑問に思ったそう。でも結婚を前提に付き合っているので、もし浮気をしているのなら、すぐに別れたいんだとか。

本日の花火大会で彼を見失わないようにしなくては…。

浮気調査結果ですが、花火大会の浮気調査とても大変でした。もう人がすごくてしかも、山ちゃんと相方の二人で尾行だったんですが、なんせ携帯のなかなか繋がらなくてあやうく対象者を見失うところでした。

結果としましては、彼は浮気をしておりました。相手はなんと、依頼者の親友だったんです。親友はもちろん彼が自分の大事な親友と婚約していることなんて知っていたんです。これは彼も親友も2人が共謀して裏で浮気を行っていたと言う事ですね。

依頼者は自分の婚約者と自分の親友が浮気をしているなんてとても信じられない気持ちでいっぱいだったと思います。婚約が決まったときも一番に喜んでくれたのは親友だったそうです。とんでもない女だ…。でもそんな婚約者と親友は早く決別したほうがいいと思います。そして新たに明るい未来をスタートしてほしいと思います。

はい、また浮気調査はいりました。

20代後半の男性から浮気調査の依頼がはいりました。話を聞くと、男性は新婚ほやほやの今まさに幸せ絶頂期なのに、なぜ…?といったものでした。話を聞きましょう。

「僕と妻は高校からの付き合いで、半年前に結婚しました。妻は見た目は派手なんですが、とても女性らしく家庭的だったので、結婚しても大丈夫だと思ってました。しかし最近、夜に友達と飲みに行くや食事に行くと言った行動がとても多くて…。もしかしたら浮気してる?と聞いたら、やきもちやく男はきらいと言われてしまい。僕も妻に嫌われたくないのでそれからは何も言えなくなってしまって。でも、最近精神的に不安定というか、仕事も失敗ばかりで夜もろくに眠れないのです。妻が浮気しているかしていないかだけ知りたいのです。離婚は考えていないです。宜しくお願い致します。」

離婚は考えていなくて、妻がどんな相手と浮気をしているのかをただ知りたいという人もいますからね。了解しましたとお伝えしました。

さっそく妻の調査を開始しましょう。

浮気調査結果ですが、新婚ほやほやの妻の浮気を疑っての調査が無事に終了いたしました。家庭的で女性らしい妻は高校時代から浮気や不倫などをするとんでもない女だったのです。それに気づかなかったのは御主人だけ…。周りの友人からは妻の奔放的な性格は有名だったのです。浮気相手は一人ではありませんでした。山ちゃんが調査しただけで4人の男性がわかりました。その中には、けっこうな年配のおじさまもいたし、年下の草食系の男性もいました。あと高校の元彼もいました。こんな結果を知っても、妻との離婚は考えられないという御主人。妻の浮気相手が知れただけでも今夜はぐっすり眠れそうです。ありがとうございました…といって帰って行かれました。御主人がよかったなら山ちゃんもホッとしました。しかし、これから将来、妻の浮気を黙認していく御主人、大丈夫なのか?とも思ってしまいました。もしかしたら、自分の子供じゃない子を妊娠してしまったらどうするのだろうか。など余計な心配ばかりをしてしまう山ちゃんなのでした。

また、浮気調査ですが、今回少し例外的な浮気調査で…。

だいぶご高齢(70代前半)の男性から浮気調査の依頼が入りました。長年連れ添った奥様(60代後半)が浮気をしているかもしれないというもの。奥様はお勤めにもでたことのないような専業主婦だったそうで、最近はオカリナを習うために夜や土日に出かけることが多くなったそうで…。すると、奥様は家事やらもおろそかになってしまっているらしく、一度浮気をしているかどうかを調べて、離婚かどうかを決めようと思うとのことでした。歳いくにつれて、愛情が歪んでしまうお年寄りも多いんですよね。

熟年離婚は本当に最近多いんですが、70代にもなって離婚となると少し考えてしまいます。自分の介護とか…。さっそく奥様の浮気調査を行いましょう。

浮気調査結果ですが、奥様の浮気調査が終了しました。奥様はオカリナ教室で知り合った70代の男性と浮気をしておりました。その男性は早くに奥様を亡くしており、ずっと一人で生きてこられたらしいのです。奥様はそん真面目でやさしい男性に惹かれてしまい、奥様も御主人と離婚をしてその男性と一緒になりたいという思いがあるそうです。

男も女もいくつになっても恋をしますし、全然おかしいことではないのです。しかし、何十年と連れ添った相手が自分を見捨てて、他の人と一緒になるなんて、御主人としたらものすごくつらいことですよね。調査結果をみて、御主人はこう言いました。

「いままで、ずっと私を支えてくれたあいつに最後くらいはあいつのためになにかしてやりたいと思います。この結果の写真のあいつの顔をみたら、わたしには見せたことのない笑顔です。わたしといるより、あいつはこの人と一緒になったほうがいいんですよね。離婚します。」とおっしゃりました。

今回の調査はなんだかとても切ない気持ちになった山ちゃんでした。

さてみなさんこんにちわ。

今日は浮気調査が入りました。30代の女性とその母親からのご依頼です。

お腹を見ますと、妊娠しているようです。まずはお話をお聞きしました。

「私たち夫婦は不妊治療の末、ようやく赤ちゃんを身ごもることができました。主人も妊娠が分かった時は、それはそれは喜んでくれました。最近は妊娠中期ということもあり、お腹も大きくなり、胎動も分かるようになりました。すると、それ以来お腹を触ってくれることがなくなりました。そして仕事も忙しいということで、自宅へ帰ってくるのも遅く、たまには朝帰りなんてこともあります。でもわたしは仕事もしておりませんし、主人がわたしのために夜遅くまで働いてくれているし、わたしもなにも言わないようにしているんです。でも最近わたしの体調もよくなく、もう不安しかないのです。主人はまったく赤ちゃんに興味を示さずに、休日もどこかへ出かけてしまい、出産準備もなにも進めないのです。この状態で産むのはとても不安なんです。もしかしたら浮気しているのかと思い、今回依頼させてもらいました。どうぞ宜しくお願いします。。。」

お母さんも涙を流しながら、娘さんの話を聞いておりました。

嫁の妊娠中の浮気は本当に多く、よく依頼も入ってきます。たぶんクロの可能性が大きいような気がしますが…了解しましたとお伝えし、すぐに調査開始です!

浮気調査結果です。

嫁が妊娠中の、御主人の浮気調査が終了しました。

はい、クロでございました。御主人は、周りにこう言いふらしていたそうです。「妊娠中の嫁が女に見えない、もうあいつは女じゃなく、母ちゃんなんだ。

お腹もありえないくらい大きいし、見ていられない。」というふざけたことをぬかしていたらしいです。そして浮気相手は20代の女子大学生とのこと。

もちろん不貞行為の証拠も確認いたしましたし、女子大学生の身元も確認出来ました。御主人はキャバクラに出入りしており、そこでその女子大学生と知り合ったそうです。そして、貢ぎまくってその女子大学生のために産まれてくる赤ちゃんのために…と貯めておいた貯金にまで手をだして貢ぎまくっている始末。

この事実を伝えるのは、妊娠中の依頼者にはちょいと酷かな…と思いまずはお母さんに連絡を入れました。すると、娘はそんなにやわじゃないですし、わたしから話してみます、そして調査報告書をいただきに2人で参りますとのことでした。

後日、娘さんとお母さんが事務所へ来られました。前とはうってかわってお腹も大きくなっていて、娘さんの顔色もよく体調もよさそうで山ちゃんは安心しました。そして、まず調査報告書を見せる前に、御主人とはどうしようと考えているのかをお聞きしました。すると、娘さんはしっかりした口調でこう言いました。

「主人とは離婚をします。妊娠中の浮気はよくあることだと思っていましたが、2人で産まれてくる赤ちゃんのために貯金しておいたお金を浮気相手に使い込んだという事実に、とてもショックをうけましたし、主人に対していい父親になってくれるという希望は一切なくなりました。でもありがたいことに、わたしの父母妹がわたしの赤ちゃんを一緒に育ててくれると言ってくれました。なので離婚します。」

そうですか…。でしたらこの調査報告書は証拠として保管しておいた方がいいでしょう。今後、離婚請求・慰謝料請求をするときに、重要な証拠となりますので。

娘さんとお母さんは晴れ晴れとした表情で事務所を後にしました。

今回の調査も終了です!また報告しますね!

別件で、今日は浮気調査が入りました。今日はというより、今日もと言う感じですが…。

10代女性からのご依頼です。とても若く大人しい感じです。話を聞いてみましょう。

「わたしの彼氏は30代と一回り以上年上です。でも最近、わたし妊娠したみたいで…まだ産婦人科に行けてなくて。でももしできているなら産みたいし、彼とも結婚を考えています。でも彼に赤ちゃんができたかも…と打ち明けてから、わたしを避けるようになったのです。彼の携帯を見ようとしてもロックかかってみれなかったんですが。もちろん、彼が結婚をしてくれなくても、赤ちゃんは産みたいと思っています。友達には、わたしが騙されていたんじゃ?まで言われる始末でした。。。もし彼が他の人と浮気をしているかどうか調べてほしいのです。その証拠を彼に突き付けて、彼がどういう行動をするかを知りたいのです。」

了解しましたと伝えて、とにかく体を大事にしてくださいと伝えましたよ。

さっそく明日から彼氏の張り込みをしましょう。

浮気調査結果です。

30代の彼氏の浮気調査が完了しました。彼氏はなんといろんな女と遊びまくるチャラ男でした。結婚はしていないものの、そこら中の女と結婚しようなど、調子の良い事行って女の子を引き留めておくというやり口をしておる模様です。

たぶん彼氏の女遊びのせいで、心も体も傷ついてしまった女の子がたくさんいるはずです。しかし、口のうまい彼は、彼氏の友人でとんでもない悪徳弁護士とつながっており、なにか訴えられたら、その弁護士にいろいろ相談して事なきを得ているそうです。だれかこんなバカ男に制裁を加えてくれ。。。

依頼者の彼女にこの事実を伝えることは大変酷なように感じますが、彼女はどんなことにも動じませんと強い言葉をいってくれましたので、お伝えしました。すると、やはり赤ちゃんは産みたいので、この彼氏に慰謝料を請求し、子供を認知してもられないかとのご相談がありましたので、山ちゃんの知り合いの大変有能な弁護士を紹介しました。すると、彼女は本当にありがとうございますと頭を深々と下げられて帰って行かれました。

無事に元気な赤ちゃんを産んでほしいと親心がでてしまいました。。。

はたまた、こうしているうちにも40代のサラリーマンの男性から浮気調査が入りました。40代の奥様が浮気をしているかもしれないので、調べてほしいという内容でした。まずは御主人からお話を聞きましょう。

ほう。今回は奥さまに疑いを持たれているとな。

「妻は子供が小学校に入るまでは専業主婦でした。

しかし子供が小学校に入学したのをきっかけに短い時間でパートをすることになったのです。残業もないし、実際生活に困っていたわけではなかったと思います。

でも家にいる時間ももったいないということで、イタリアンレストランのパートで働くようになったのです。ランチの時間だけということでわたしもOKしました。

すると、最近ランチの時間が過ぎたのに、パートの帰りが六時とかになってしまうことが多々ありました。でも妻に聞くと、オーナーがどうしても夜の仕込みも手伝って欲しいとお願いされたら断られない。

の一点張りでした。わたしが聞いてからしばらくは帰りは早かったみたいですが、最近また帰りが六時過ぎとかという話を子供から聞きまして・・・。

もしかしたらパート先で浮気デモしているんじゃないかと思うので、今回調査をお願いしたいのです。もし浮気をしていたのなら、離婚するつもりですし、子供の親権を手に入れたいのです。どうぞ宜しくお願い致します。」

了解しました、すぐに調査を開始しましょう!

気になる奥さまの浮気調査結果です。

奥様、結果はクロでございました。

奥様は、パート先のイタリアンレストランのオーナーと不倫関係になっておりました。オーナーはシェフもしており、50代でバツ3という経歴をお持ちであり、女関係は激しいとのこと。ランチの時間が終わってから、奥様とオーナーは二人でラブホテルで不貞行為を行っており、そしてまたお店にもどり、仕込みに取り掛かるというスケジュールでした。

奥様は不貞行為が終わったらさっさと自宅へ帰るという。。。仕込み手伝えよ!って感じですが。。。

御主人をお呼びし、調査報告書をお見せいたしました。御主人はやっぱりな…という様子で、これで離婚を決意できそうですとのことでした。山ちゃんの知り合いの有能な弁護士をご紹介し、これで今回の調査は終了となりました。

勤め先での浮気・不倫率はやはり高いな。。。

さて、今日は20代の女性からご依頼が入りました。

今回は、別居中の浮気調査というものです。

御主人とは若くしてできちゃった結婚で一緒になった夫婦ですが、子供が生まれてから、夫婦仲は冷め切ってしまい、御主人は最近家を飛び出し一人でアパートを借りて住んでいるようです。御主人も同じ歳です。でも子供が生まれてからそんな家を飛び出すなんてとても無責任な男だな。

奥様としては、まだ子供もちいさいため離婚はどうしても回避したいそうなんですが…。しかし、奥様のご友人から思わぬ目撃情報が入ったそうなんです。

御主人が年配の女性と手をつないで歩いていたと。

奥様の希望は、まず御主人がその年配の女性とはどういう関係なのか、もし今回の別居をした原因が、その年配の女性が原因ならば、離婚をし、子供の親権を手に入れ、御主人と年配女性に慰謝料を請求したいために、不倫をしている証拠がほしいということ。

今回の浮気調査結果ですが…。

御主人の浮気調査が完了しました。浮気はクロでございましたし、その浮気相手は会社の上司の奥さん(たぶん40歳後半)という驚愕の事実も分かりました。

その上司は御主人を自分の息子のようにかわいがってくれるというとても素晴らしい人なんですが、その奥様と不倫関係に陥ってしまうなんて、御主人はあまり頭がいいとは言えないと思いました。

上司は、自分の妻と息子のようにかわいい部下が不倫関係になっているなんてまったく気が付いていないようです。御主人の借りているアパートもその上司の妻が払っているようなんです。いわばヒモ男になってしまっているわけですね。

奥様にこの事実をお伝えしました。すると、上司の妻は御主人に本気ではないはずなんで、一度上司の妻に直接話をしてみるとのことでした。そして、不倫関係をバラされたくなければ、すぐさま、わたしの夫と別れて下さいと言ってみますとのことでした。

小さい子供のことを考えると、やはり御主人には目を覚ましてもらって、奥さんと子供さんを一生懸命守っていってほしいですね。こういう事情があるときは、すぐに離婚!ではなく、話し合いが必要なこともあるもんです。もしかしたら、今以上にいい夫婦関係になることもあるのですから。

世の中、こんなに、浮気あるものなのかと、本当に考えさせられる世の中でございます。

30代の男性からのご相談です。嫁がスナックで働いているらしいのですが、男の影が見えるので浮気調査をしてほしいというご依頼です。しかし、スナックで働いている以上、男の影はみえて当たり前のような気がしますが。。。

しかし、ただのスナックの常連客ならいいんですが、ちょっと様子がおかしいというのです。理由をお聞きしました。

「嫁はスナックで働いて一年になります。日中は家事をしたり、わたしの父の介護をするというので日中は働きに出ることができないのです。

でもやはり金銭的に苦しいためならスナックで夜だけ働きたいという嫁からの頼みだったので、いいよと言いました。すると、日中父の介護もヘルパーさんにまかせっきりで、嫁はなにをしているのかまったく把握できない状況なんです。

介護をしてもらっている負い目で、スナックで働くのをOkしたのに。。。僕としたらスナックで働くことも本当は嫌だったんです。とにかく浮気をしているかどうか調べて下さい。そして、浮気相手も判明させてください。」

了解しました。すぐに調査しましょう!

今回の浮気調査です。

奥様の浮気調査が終了しました。

結果はクロでございました。浮気相手はスナックの常連客でした。しかし、不貞行為期間も長く、浮気相手は某大手建設会社の常務でございました。

様はお父さんの介護もおろそかに、その浮気相手との逢引きに日中過ごしておりました。しかもその常務は御主人の建材屋の得意先とのことで、御主人とも仕事の面で関係のある人でした。これはやりづらいな。

スナックや飲み屋の常連客と女の子が親密になり、浮気や不倫関係に陥ることはよくある話です。だからそのような関係はビジネスなんだという人もいるでしょう。我々から言わせると、不貞行為を確認したところで、浮気・不倫関係である証拠になるのです。でもそれがビジネスがどうかは、お互いの話し合いで決めるしかないでしょうね。

御主人にもその旨お伝えし、調査報告書を証拠品として奥様と話し合いをしたほうがいいかと…とお伝えしました。御主人も分かりましたと事務所を後にされました。

今回も浮気調査終了です。またご報告致しますね。

と、言った矢先の浮気調査…。

どんどん押し寄せる調査に、目が回りそうです。

3年付き合っている彼氏が浮気をしているんじゃないかということで、20代の女性から浮気調査の依頼が入りました。彼氏とはそろそろ結婚も考えているらしいのです。彼氏は同年代で、とある建設事務所で働いているそうです。

最近入社したと言う事で、残業も多くとても忙しそうで、会う時間もめっきり減ったそう。しかし、ここ最近、土日全て仕事で会えないと言い出す始末。そんなことありえないため、もしかしたら浮気しているんじゃないかということで、浮気調査をしてほしいということでした。ちなみに彼氏には内緒でGPSでは彼氏の居場所がほとんどが事務所になっているそうなので、自分の思いすごしかもしれないから、一度調べてもらってスッキリしたいんだとか。

ちょっとその職場があやしいので、一度調べてみましょう。

彼氏の浮気調査が終了しました。

やはり彼氏はクロでございました。会社の女社長と浮気を行っていたのです。しかも不貞行為の現場は会社事務所!ご近所から、へんな声がたまに聞こえるという情報もありまして…。

その建設事務所は女社長とその弟と御主人の三人しかいないらしいのです。その女社長、年齢は40代後半。見た感じ、ちょっとたくましいショートカットの女らしさはあまり感じられないのですが、彼氏はどこに惚れたのか…?謎は深まるばかり。それかもしかしたら、女社長からの誘いは、新人の彼氏に断る勇気はなかったのかもしれない。とにかく、調査報告書を彼氏に見せて、女社長と一生共にするというつもりかどうかを確認した方がいいのかも。

性的関係を、職場の権利を使って強要している場合もあるので。

依頼者は、一度彼氏と話してみますと言ってました。

今回も無事に調査終了!またご報告しますね!

30代の女性からの調査依頼です。

御主人の浮気調査をお願いしたいということです。御主人と奥様はとても仲が良く、浮気なんて言葉想像もしなかったらしいのですが、あることがきっかけで御主人が浮気しているのかも?と思うようになったそうです。

御主人の書斎の机の引き出しの中に、某ブランドの紙袋がはいっていたそうです。あのオレンジ色の紙袋したお高いブランドです。

(〇ルメス)大きさからしたらジュエリーだと思ったそうです。奥様の誕生日が近かったので、サプライズで誕生日プレゼントを用意してくれたんだと奥様もテンションあがったみたいです。

誕生日当日、奥様あてに御主人からもらった誕生日プレゼント。。。もちろんあのジュエリーだと思っていたら、なんと花束だったそうです。

え?っと思ったそうですが、もしかしたら後で渡そうと思っているのかな?御主人にあの紙袋は?と聞かなかったそうです。

しかし3日経ってもあの紙袋をくれない。。。すると御主人が金曜日の夜、会社の飲み会があるから帰りが遅くなるという日があったそうです。

金曜日当日すぐに、書斎の机の引き出しを開けると、あの紙袋がなくなっていたそう。会社の人にあげるような安いジュエリーではないはず。

その飲み会はうそで、誰かにプレゼントしたんだと、御主人は浮気していると確信したそうです。

しかしそれ以外にこれといった証拠もなく、証拠を手に入れて、離婚するかどうかはそれから考えるとのことです。

さっそく調査致しましょう。

御主人の浮気調査が終了しました。

御主人、高校時の元カノと浮気をしておりました。その元カノは奥様とお友達だったのです。とんでもない女ですね。

浮気がはじまったのは、ここ半年ほどで、御主人は少ないお給料でこつこつお金をためて、元カノにエルメスのリングをプレゼントしてあげたそうです。

しかし、元カノはその御主人から頂いたリングをすぐさま質屋にいれてしまったのです。となると、元カノには別に本命の彼氏がいるということか。。。

調べていくと元カノは10個上のIT関係会社に勤める彼氏がいることが分かりました。となると御主人は遊びということか。。。

その件を含めて奥様にご報告致しました。

すると、奥様は、高校の友達が御主人の元カノだったことも知らなかったようです。なんとまあ。でも元カノは御主人に本気ではないことなので、調査報告書を元カノに突き付け、これ以上わたしたち夫婦をゴチャゴチャにしたいのならば、訴えると言うそうです。

それぐらいしてもいいと思います!山ちゃんの知り合いの弁護士さんをご紹介いたしました。これで調査終了しました。またご報告いたしましょう!

どんだけ浮気が多いのか、またしても浮気調査です。

40代の女性から浮気調査が入りました。

御主人が浮気しているかもしれないので調査をしてほしいというもの。

名古屋のビジネスホテルの明細が大量に御主人のポケットからでてきたそうで…。

御主人に聞くと、出張だとかなんとかではぐらかされてしまったそうです。でも頼むから信じてほしいと泣きながら訴えて来たんだとか…。

これはあやしいと疑いがひどくなったそうです。

しかしそれからは、今までと同じようにとても優しく、子供達の面倒もよく見てくれる御主人なので、調査までする必要がないかな~と思いつつ、出張があるからと言われるたびに御主人を疑ってしまう自分にも嫌気がさしてきてしまったそう。なので、調査してもらってスッキリしたいということでした。

了解しましたとお伝えし、さっそく御主人を調べてみましょう!

御主人の浮気調査が終了しました。

御主人はなんと本当にただの仕事でした。

会社の営業マンが次々と辞めてしまい、残っている営業マンで仕事をこなしていっているそうです。

しかも会社の経営状態が悪く、自分たちが泊まるビジネスホテルの明細も、会社から未払い状態で、御主人は今のままでいいのか悩んでいるそうです。

奥様に調査結果をご報告致しました。御主人は浮気はしておらず、しっかりと仕事をされていました。それを聞いた奥様は涙を流してました。

あの人のことなにも分かっていなかった…。嫁失格だと…。でもこれからもっとあの人を支えていきたいとおっしゃってました。

探偵をしていて、浮気調査が夫婦仲をよくすることもあるんだと久しぶりに思いました。これからもしっかりと調査をしていきたいと思います。

また調査入りましたらご報告致します。

終わったと思ったら、また浮気調査が入りましたよ。

20代の男性から、付き合っている20代の彼女が浮気をしているかもしれないから浮気調査をしてほしいという依頼が入りました。

このカップルは社内恋愛を行っているらしいのですが、なんせ会社側が社内恋愛禁止らしくバレるとやっかいなので社内で2人が付き合っているということは誰も知らないらしいのです…。

しかし、彼女が書いたであろうメモ紙が落ちていたらしく、たまたま彼が拾い読んでみると、

”「たーくんへ 昨日は本当に素敵な時間をありがとう。とってもよかった…❤次はいつ会える?〇〇(彼女名)”

と書かれていたらしいのです。彼がそんなメモを受け取った記憶がなく、ましてやたーくんではないのです。

間違いなく浮気をしているということに気が付いたらしいのです。

彼女とは結婚も考えており、依頼者側の親もなかなか厳しい親らしいので、一度彼女が浮気していないかを調べてほしいと言う依頼でした。

彼女の浮気調査が終了いたしました。同じ会社で働く彼女は、クロでございました。浮気相手はといいますと、なんと依頼者の後輩のたかしという男でした。たかしは依頼者と彼女が社内恋愛をしていることを知っており、彼女に近づき二股を勧めたそうです。

たかしはちょっと気にいった女に手を出しまくりで、いい噂をききません。

たかしと彼女が二股関係だったことは、依頼者はまったく気が付いてなかったらしくとても驚いておりました。そして、彼女に一度話をしてみて、自分とたかしをどちら選ぶのかと問いてみたいといっておりました。

山ちゃんだったら、そんな二股女はこちらから願い下げだ!と三行半つけるんだた。。。このご時世男が弱くなってきていますな。

これで調査終了です。

また新たな調査は入りましたらご報告致します。
◆◆◆◆◆◆
世の中、どれほど浮気が多いのか、浮気調査が続いております。

今回の浮気調査は、40代の男性からの浮気調査のご依頼です。

結婚相談所で知り合った女性といい感じで付き合っているらしいのですが、最近会う機会もめっきり減ってしまいもしかしたら浮気をして他に好きな人ができたのか?疑うようになってしまっているそうです。

その女性は年上の50代前半。

見た目はとてもお綺麗で、子供もいなく今まで結婚もしたことなかったらしいのです。依頼者はそれについてはなぜだか信じれなかったらしくて。

でもとてもいい女性ですし、他に好きな人ができてしまったのならそれはそれで仕方がないので、調べて下さいという依頼内容でした。

50代前半のお綺麗な熟女。。。気になります!さっそく浮気調査開始致しましょう!

さてお綺麗な50代の女性の浮気調査を行ないました。

すると女性は浮気はしておりませんでした。それはそれはお綺麗でしたよ。しかし、1つ問題がありまして。。。

その女性は女性ではなかったのです。おかまちゃんでございました。基本、名古屋にあるオカマバーを経営されていて、身も心も女性になっておりますので、知らない人は本当の女性であること、前は男性だったことにまったく気が付かないでしょうな。

しかし、依頼者のことはとても大切な存在だと周囲に話しており、結婚はできないけどずっとそばにいたいと話しているそうです。

依頼者にこの事実をお伝えいたしましたら、浮気じゃなかったことにとても安心されておりました。そしてオカマだろうがなんだろうが彼女を愛していく!といっておりました。

世の中さまざまな愛の形があると思い知らされます。

さて、本日は30代後半の女性から浮気調査の依頼が入りました。

理由は、なんだかおかしくなった理由でした。

御主人は40代なんですが、メガネフレーム関係の営業マンなんですが、とにかく県外出張が多いんだとか。でも、ちゃんとその出張先のお土産も買って来てくれていたんだとか。

しかし、ここ最近は出張先のお土産を忘れたとかで買ってきてくれなくなったらしいのです。

すると、沖縄の出張が二泊三日であるということなので、依頼者が大好きな大好きな紅イモタルトをお土産で頼んだそうです。

すると、出張先から帰ってきたら紅イモタルトをくれたそうです。その数日後、なんと御主人のスーツのポケットから、ネットショッピングの明細書が入っていました。

紅イモタルトをネットショッピングで購入していたのです。となると、沖縄出張というのは嘘で、しかし紅イモタルトを買わないと怪しまれるのでネットで購入したと言うことか…。

紅イモタルトの送り先は御主人の会社になっていたそうです。これはあやしい…。しかし、これだけではもし御主人が浮気をしていてもこれといった証拠にならないし…ということで今回弊社にご依頼してきたというわけです。

御主人の浮気調査が終了しました。

沖縄出張にいくと二泊三日うちを空けて、なのにネットショッピングでお土産の紅イモタルトと注文していたということが分かり、ご依頼されてきたということで、御主人はなんと沖縄出張は行っておらずに、浮気相手の独身女性と北海道旅行へ行っておりました。

その浮気相手は高校の元カノでした。高校の同窓会で再会し、若かりし頃のあの思いがよみがえり、浮気に奔ったと言うところです。

元カノはバツイチで子供が一人いました。御主人と再婚したいと願っているらしいです。となると、御主人は依頼者と離婚を考えているのかもしれません。

とにかく、奥様に調査報告書を提出致しましたら…。とても悲しんでおりました。出張と偽って、元カノと旅行に行くなんて信じられないと…。

すぐに御主人と話し合ってみようと思っているそうです。そして、離婚となれば、御主人と浮気相手に慰謝料を請求したいと思っているようでしたので、山ちゃんの知り合いの弁護士をご紹介いたしましたよ。

今回も調査終了です。またご報告致します。

紅イモタルトで浮気がばれるなんてなかなかおもしろい…。

浮気調査の内容で面白がってはいけないと思いつつ、紅イモタルトで、浮気を勘ぐられるとは…。何がきっかけになるのか分からないものですね。

さてなんだかんだ、今日も浮気調査が入りました。

40代の男性…。なんだか見たことがある顔だな。

あーあ!一年前に奥様の浮気調査を行った方でした。あの当時は、結局奥様は浮気をされていて、でも御主人は自分にも責任があったということで、離婚はせずに様子をみるということで完了していたんだが…とにかく話をお聞きしました。

「一年前はお世話になりました。浮気が発覚した時は子供がまだ小さかったこともあり離婚せずに夫婦やり直していこうと新たに決意したのに…。

最近また嫁が浮気をしているようなのです。一年前は、もう浮気相手とは会わないという約束で誓約書も書かせました。

もしまた浮気相手と関係を持つと言う事なら、離婚し親権は自分に、そして慰謝料と双方に請求すると言うものです。

子供のことを考えると離婚は回避したいのですが、もう自分が無理です…。お願いします、浮気調査お願いします。」

二回目の奥様の浮気調査、向こうももうバレたら後がないことがわかっているはず。。。なので、すぐに行動にうつすのはなかなかこわいので、少し前準備が必要である。

基本、尾行は山ちゃんだけで行なう事はありません。

なぜなら、いくらまったく知らない人がずーっと尾行すると、誰でもおかしい?と思うはずです。なので、複数名で尾行を行います。

対象者には浮気調査が入っている事を知られては一貫の終わりなんですよね。

しかも女って、鋭い勘が働くことがあるので、今回の調査は女性調査員たちにお願いしようと思ってます。

女性だと女性しか行かないような場所でもすぐになじむはずですし。

基本は、男性対象者には男性調査員、女性対象者には女性調査員がつくようにはなっています。

さてさっそく奥様の調査を開始してもらいましょう…。

了解しました。が、二回目の調査となると、相手方はとても注意深くなるはずです。なのでこちらも気を張って調査開始致しましょう!

奥様は一年前は専業主婦だったのですが、現在はパートをされているらしいです。パート先は、ビデオ屋さんです。時間は10時から16時までです。

なので、ビデオ屋さん店内へ潜入し、パートが終わったあとも引き続き尾行をしましょう。

店内では、奥様より若干若い人達が働いています。

すると、奥様はとある男性ととても仲がよろしいようです。そのお相手はビデオ屋の店長らしき年配の男性でした。この店長をターゲットにしようか…。

16時に奥様は業務を終了して、止めてあった車に乗って出発しました。

保育園にいるお子さんを迎えにいくと思いきや…。

なんと、パチンコ屋の駐車場に車を停めました。まさか今からうつのか?

 

パチンコ店の駐車場に車を停めてどうするのかを見届けると…。

白のセダンに乗った車が奥様の停めた車の隣に車を停めましたよ。

これは待ち合わせだな。と、奥様はすぐにセダンの助手席に乗り込み、そのセダンは発進しました。

とにかくこのセダンを尾行しなくては。しかし、結構なスピードで走るんですよね。だからあまり車間距離が遠すぎるのもだめだし、近すぎるのもだめ。

これがなかなか難しいんですよね。

でもここができる探偵調査員の腕の見せ所なんです。

すると、そのセダンはやっすいラブホテルに入っていきました。

はい、ビンゴ!ただいまの時刻16:32 保育園のお迎えはいいのか?

2人がラブホテルに入って二時間…。

時刻は夕方六時。保育園のお迎えが気になってしゃーない山ちゃんです。すると、出てきました。浮気相手の顔を確認すると、やはり前に浮気が発覚してもう一生会わないと誓約書を書いた浮気相手でした。

まだ関係が続いていたのか…こいつらはちょっとした時間を作っては浮気行為に及んでいたんだな。

その後二人は別れて、奥さんは保育園のお迎えに向かいました。こんな浮気相手と不貞行為を行ったあとの女が普通に子供を迎えに行く。

女って闇が深い。

これで奥さんの浮気が確定されましたので、すぐに事務所へ戻り調査報告書を提出しましょう。御主人に伝えるのがきつい…。

しばらく待機です。

前回、浮気調査で浮気が発覚し、その浮気相手とは会わないという誓約書を書いた奥さんがまたもやその同じ浮気相手と浮気をしていたという事実が分かりました。

御主人にその事実を伝えると、御主人は泣いておられました。

小さい子供もいるのになぜ浮気をするのか、自分に至らない点があったのか、もし離婚をしても子供が一番かわいそうだろう。。。とかいろいろな思いだったでしょう。

御主人のご両親もお元気なので、子供は自分が育てたいということで、離婚・慰謝料請求・子供の親権を手に入れたいと言う事でしたので、山ちゃんの知り合いの弁護士をご紹介いたしました。

浮気癖はなかなか治らないのですよね。一種の麻薬と一緒なのかと思います。。。

さてまた新たな調査が入りましたらご報告いたしますね。では。

 

では、といいつつまたもや浮気調査の依頼が来ましたよ。

30代の女性からの浮気調査のご依頼です。

婚約している彼が浮気をしているみたいなので調査をしてほしいという内容です。来月には結婚を控えているため、早めの調査をお願いしたいということです。

彼の情報を聞きました。彼は35歳、某医療薬品会社勤務です。病院に出入りする営業マンなのですが、その病院で知り合った看護婦と浮気をしているのではないか?というもの。

しかし、その証拠はないらしいのです。1つあるとしたらLINEを受信したときに待ち受けにでたLINEの内容があやしかったから。。。というもの。

内容は、

「みさこ この前は病院にきてくれてありがとう。今度はゆっくり会いたいです。結婚しても私は全然かまわないですから。。。」

なんとも意味深げな内容ですねこれは。実のところ、看護婦と医療薬品会社のつながりはとても多いですし、そのつながりが浮気や不倫につながることもあるんです。看護婦さんはお金もたくさんありますし、日々の大変な仕事でストレスがものすごいらしいのです。

彼の浮気調査開始です。

婚約中である彼が浮気をしているのではないかという浮気調査を開始しましょう。彼は営業ということで、ほとんど外回りが基本ですし、病院内を行くことも多々あります。なので、山ちゃんと数名調査員を用意して、バレないように変わる変わる調査員を変えていかなくてはいけません。

病院内はなんせたくさんの人がいるため調査しやすいのはしやすいのでありがたいですよね。

一日数件まわる病院の中から一つだけおかしな病院が分かりました。

名古屋市内にある結構大きな病院なんですが、彼はそこの整形外科の一人の看護婦と二人だけで薬剤置場の部屋に入っていきました。

そこはあまり人通りがこないので二人でその部屋になにか行っているのは間違いありません。その看護婦の名前を調べなくては…あの彼に入って来たLINEの名前と一致すればこの看護婦と彼は浮気している可能性があると言う訳だ。

 

さて彼ととある看護婦が勤務中に、薬剤置場に2人で一時間ほど密会している事実は手に入れたので、その看護婦の名前を判明させなくては!

2人は密会が終わると、それぞれの場所に戻っていきました。

結構年配の女性調査員が整形外科の看護婦に聞き出してくれました。

その看護婦の名前はみさこ。。。ビンゴ!あのLINEの差出主はこの看護婦という事も分かりました。

となると、2人の不貞行為をしっかり証拠として出せるということはちょいと難しいんですよね。やっぱり二人でラブホテルに入っていく証拠が欲しい…。このままだと薬剤置場には業務でこもっていたとかなんとか理由つけることができる。

あとLINEも結婚しようが仕事の仲間としてはそのままの関係でいてほしいという理由をつけることなんていくらでもできる。あの看護婦もバカではないだろうから…。

とりあえず依頼者に今後もう少し調査を続けるかを確認してみようか。

決定的な証拠がつかめていないので、とりあえず浮気調査を続行するかどうかを依頼者に確認とってみました。すると、依頼者はもう少し調査をお願いしますとのこと。

やはり結婚を控えていて、旦那様になるであろう彼が勤務中に看護婦みさこといちゃこらしているなんて依頼者にしたらとてもナーバスな問題なのでしょう。

とにかく二人の不貞行為ばっちりの証拠写真がいるため引き続き張り込みをしよう。

年配おばちゃん調査員のおかげでみさこのシフトを確認することができました。

明日の月曜日からは夜勤なんだそうな。ということは、夜勤明けの日中はフリーになることからこの時間になんだかの動きがある事を願っています。。。

しかし夜勤明けということはやはり睡眠も必要だし、浮気なんてできるのかな。ましては彼は営業マンだし。

 

さて月曜日になりました。みさこが夜勤の勤務体制になりましたよ。朝から病院前で張り込み開始です。午前九時すぎ。裏口からみさこがでてきました。

さて尾行開始だ。

みさこは車に乗りどこかへ向かいます。自宅へ帰るのか。。。すると、近くのスーパーにつきました。

買い物をしている模様。朝ごはんの調達だな。お惣菜、ビールなどを大量に買い込んでいるよう。

買い物を終えると自宅へ向かうと思いきや…。

少し離れた場所にあるパチンコ屋へつきました。ここのパチンコ屋の駐車場、立体駐車場のためうす暗く、しかもまだ朝のため車の数がなんとも少ない。

これは、みさこにバレる恐れが高いため、わたしたちは離れた場所に車をとめてみさこの車が確認できる位置にいよう。

しばし待機。。。

みさこの隣に社用車の車が止まりました。

ビンゴ!彼です。彼は思いっきりスーツ姿で仕事中のように思います。

すると、彼がみさこの車に乗り込みました。そりゃそうだ。彼の社用車に乗り込むなんて、間違いなくバレるに決まってる。彼はみさこの助手席のシートを思いっきり倒して、外から見えない小細工をしやがった。

しかし大丈夫。こちとらは、彼がみさこの車に乗り込む瞬間の写真をばっちり手に入れたからな。

みさこの車は、パチンコ店付近にある、やっすいラブホテルに入っていきました。このときの写真もばっちりです。

あの彼、ホテルに入る前に助手席のシートをもとにもどしたので、顔ばっちりに写真を撮ることができました。あいつバカだ。。。笑

ここでもしばらく待機。。。

とにかく明日証拠を手に入れますように。

ラブホテルからでてきた二人を尾行します。

すると、パチンコ店の立体駐車場で2人は別れて、みさこは自宅へ帰っていきました。彼は、営業の仕事に戻っていきました。

彼は、営業まわりを悪用し、みさことの浮気を楽しんでいたのです。

彼は、もう人間的にだめだというが分かりました。

仕事をせずに浮気相手と不貞行為を行っているなんて言語道断!依頼者にはこんな男とは結婚しないほうがいいとしっかり伝えなければ…。

でも来月に結婚式を控えているのにこんなことを伝えるなんてとても重い。。。彼女は立ち直れるのかどうか分からない。でも入籍する前に分かったのでよかった。。。

さっそく調査報告書を作成し、依頼者に提出しなければ。。。

 

彼とみさこの浮気が発覚したので、すぐに調査報告書を作成し、依頼者にきていただき報告致しました。

依頼者は事実を知り、泣いていた。。。そりゃそうだ。

来月には披露宴も執り行い、そして入籍する予定だったのだから。でも入籍する前で本当によかったのだ。

もし知らずに結婚をして男がボロを出して、浮気に気付き離婚をするはめになったなんて、×がついてしまうじゃないですか。そんなことなら、早めに知って、彼とみさこに慰謝料を請求して、また新たな出会いに向かって頑張ってほしいなあと思います。

そのことを依頼者にお話しすると、そうですよね。。。わたし彼とその浮気相手に慰謝料を請求して、結婚披露宴に今現在かかっているお金も全て請求しようと思います。もしまたなにかありましたら、山ちゃんに相談してもいいですか?と言われたので、もちろん!と答えましたよ。

探偵は調査して終わりではなく、アフターサービスもしっかりしてこそ良質の探偵事務所だと思います。

また依頼がありましたら、ご報告いたします。

 

はい!みなさんこんにちわ!名古屋は大雨でこんなときの調査はなかなか大変です。

そして浮気調査が入ってきました。30代の男性からです。

婚活パーティで知り合った女性と付き合う事になり、半年がたったそうです。しかし、結婚しようと言っても、うまくはぐらかされるし最近態度が冷たいんだとか。間違いなくその女性は浮気をしているだろうから、調査をしてほしいということでした。名古屋の女はどえりゃーかわいい子が多いですからね。

婚活パーティで知り合う相手はたまに結婚詐欺みたいな人もいるので、気をつけて相手を吟味しなくてはいけません。もちろん身辺調査をお願いしてもいいかもしれませんし!

さて彼女の浮気調査を開始しましょう!

婚活パーティーで知り合った彼女が最近冷たい・結婚をなかなかOKしてくれないということで浮気調査が入りまして…。

調査が終了しました。

はい!シロでした。

浮気調査で白と結果が出ると、世の中捨てたもんじゃないと思いますね~。

彼女は結婚のために料理教室や華道・茶道を習いにいっておりました。そして、人生最大の結婚披露宴でウエディングドレスを着るためなのでしょうか…。ジムにも短期で通っていることが分かりました。

こんな努力している彼女を疑っていた依頼者…。

どう感じるだろうか。

すぐに依頼者にご報告致しました。すると、依頼者は半泣きでこう言いました。彼女を疑っていたことに自分の愚かさを思い知りました。

僕も彼女に見合うように、努力します!とスキップで帰って行かれました。

彼達の幸せを願っております…。さてこれで調査終了です。またご報告しますね。

 

さてさて、探偵の調査依頼で断トツ多いのでは?!と思えるほどの調査数の浮気調査。

今回、単身赴任をされている御主人から嫁が浮気しているかもしれない。

調査をしてほしいというご依頼が入りましたよ。

御主人からのお話をお聞きしましょう。

”わたしが単身赴任をして一年が経とうとしてます。基本週末の土日に自宅へ帰ります。平日は仕事も終わる時間が遅いために、職場の独身寮を借りて月から金はその独身寮にいます。しかし、近所のパパ友に久しぶりに会った時にこういわれました。平日の結構な遅い時間に一台のセダンが止まっているけど、一回ではなくて結構な数だよ?知ってた?という内容。うちは子供が小学生の男の子二人いるんで、息子たちにそれとなく聞いてみたら、誰か来ているなんて知らない。という答えでした。もしかしたら息子たちが眠っているときに来ているのなら、分からないのも仕方がない。妻にそれとなく聞いてみたら、わたしも知っている妻の友達のゆかりちゃんだということ。白いセダンを乗っているなんて知らなかったんだが。。。ゆかりちゃんの連絡先がまったく知らないので確認とることもできず。。。でも妻は土日はずっと家族と過ごしていますし。。。でもわたしが平日仕事を頑張っているときに妻に浮気されているなんて絶対許せないのです。子供達も歳頃なのですぐさま妻の浮気を調べて下さい!”

了解しましたと伝え、さっそく妻の浮気調査を開始です!

妻の行動は基本平日の夜があやしいということですので、夜のみの調査を行います。

白いセダンがゆかりちゃんという友達なのなら問題ないのだが。。。

月曜日0時に張り込み開始です。

山ちゃんと相方の二人で自宅付近に車を停めて待機です。すると、明け方近くまでは動きはなし。白いセダン来なかったな。

火曜日0時に張り込み開始です。

この日も動きなし。

変則的に現れるようだな、白いセダン。

水曜日0時。この日も動きがないかと思っていたら。。。0:15すぎ、噂の白いセダンがやってきました。きたーーーー!!セダンに乗っていたのは、ゆかりちゃんという女性ではなく、ヒゲツラのいかつい男でした。

その男は、車から降りて家に入っていきました。

子供部屋が二階にあるので、二階の電気は消えたまま。リビングの電気点いたままです。これは隠しビデオカメラで家の中でなにが行われているか調べる必要があるな。。。そのヒゲツラ男は4:00すぎに帰っていきました。

引き続き今週末まで調べてみよう。

木曜日は動きなし。

金曜日の0:15にまたもやあの白いセダンが来ました。

ヒゲツラのあの男です。ゆかりちゃんではなさそうです。

今日は男の所在確認も行う予定です。

同じく4時すぎにヒゲツラは帰って行かれました。

おいおい、ゆかりちゃんはどうなったんだ?

よし!尾行だ!

ヒゲツラは家の近くの一軒家に到着しました。

けっこうなおんぼろ。生活感がまったくない感じの一軒家です。

明日にでもこの一軒家のことを調べてみよう。

今週のヒゲツラ男が家を訪れた曜日は、水と金曜の二日でした。

家の中でなにが行われているかまったく見当がつかないし、奥さんとヒゲツラの関係性もよく分からない。

そしてヒゲツラの正体も確認出来ない。なので、もう少し調査をして、依頼者に自宅内に監視ビデオカメラを設置するかどうかを確認したいところだ。

白いセダンのヒゲツラの住まいと思われる一軒家の周辺に聞き込み調査を行いました。

ヒゲツラは看板屋の一人親方らしく、バツイチ子供なしだそうです。

今現在は一人で暮らしているそう。年齢は奥様と同じ40歳。となると、同級生かなにかか?しかし、それを裏付けるものはなにもないため、関係性はよく分かりません。しかし、奥様とヒゲツラはなんだかの関係があるため、依頼者に今現在までの結果をお話しいたしました。

すると、やはり夜中に男が自宅内に出入りしているということは恐怖でもあり、子供達もいるためなにかあったらでは遅いのです。

早急に監視ビデオカメラを設置して欲しいということなので、御主人が奥さんと子供達が出かけるであろう土日の日に監視ビデオカメラを設置することになりました。

子供たちは少年野球に入っているため、土日は不在が多いそうです。

御主人から連絡が入ったらすぐに自宅へ伺い、ビデオカメラを設置することになりました。

土曜日は子供たちの野球の練習試合があるそうなので、御主人は自宅で仕事を片付けてしまうといい、自宅にいてくれるそうです。連絡を待つとしよう。。。

土曜日の午前九時。御主人から山ちゃんの携帯に連絡が入りました。

奥さんと子供たちはお弁当持って野球の試合に出かけたそうです。

場所は隣町のグラウンド。予定としては夕方まで帰ってこないので、監視ビデオカメラを取り付けるには今が絶好のチャンスです!

すぐにご自宅へ向かいました。

御主人にいてもらい取付に取り掛かりましょう。

調査の結果から、二階の子供部屋には必要がないと思いますので、夜中まで電気がついているリビングダイニングに一台設置でもいいかと思います。

が、御主人は寝室にも取り付けてほしいという要望がありました。山ちゃんの経験からいくと、ビデオカメラを取り付けるのに寝室は取り付けるのはあまり気が乗らないんですが、なぜだか御主人は寝室に取り付けてほしいという理由をお聞きしましたら。。。

御主人がなぜ自分たち夫婦の寝室にまで監視ビデオカメラを取り付けたいのか理由をお聞きしました。

「最近、わたしのパジャマなんですが変わった匂いがするのです。洗濯の柔軟剤ではないんです。誰かの体臭のようなものなんです。わたしは匂いに人一倍敏感でして。。。ここ最近それがひどくて。なので、もしかしたら浮気相手の匂いなのかもしれない。とにかく寝室にビデオカメラを取り付けて中でなにが起こっているのか調べてほしいのです。宜しくお願い致します。」

なるほど。それはよく分かります。

もしかしたら事が終わってから、ヒゲツラが御主人のパジャマを着てくつろいでいる可能性があるんですものね。寝室は一階なので、リビングダイニングに一台、寝室に一台取り付けることにしました。

御主人のご要望どおり、寝室とリビングダイニングに一台ずつ監視ビデオカメラを取り付けました。

一週間の録画で大丈夫だと思いますので、しばらく待機ということになりますね。

そして、御主人にはまた土日の奥様たちが不在のときに撤去させていただきますとお伝えしました。

また、先に映像チェックするのはわたしたちがしますのでとお伝えしました。御主人はすぐにでも見せてほしいとおっしゃいましたが、やはり映像内にどのような映像が写っているか分かりませんし、ましてや不貞行為ががっつり写っているのを御主人が見てしまうと、どんな行動にうつすか分かりません。

なので、一度ビデオカメラはこちらで預かり、中身をチェックしてから御主人にお見せしますので。。。と納得して頂きました。

平日のビデオカメラ撮影が終了しましたので、奥様と子供たちが外出している間にまた御主人にご連絡を頂いて、ビデオカメラを撤収致しました。

とりあえず事務所へ一旦もどり、中身チェーーック!御主人には確認後、改めてご連絡しますと事務所へ戻りました。

まずはリビングダイニングに設置したビデオカメラ。

火曜日の午前12時14分。奥様がリビングでくつろいでいます。

すると奥様の携帯がなりました。

奥様が立ち上がります。

玄関に向かったようです。

ヒゲツラのあの男が自宅に入ってきました。

どこがゆかりちゃんや!!ゆかりちゃんどこ?!

奥様はそのヒゲツラに缶ビールとおつまみを出しました。このヒゲヅラいったい何様なんだ。。。ヒゲツラは缶ビールを三本あけて、さっそく奥様とソファでいちゃいちゃ。

二階では子供たちが寝ているのに。。。

すると、2人は立ち上がり、寝室に向かったようです。寝室に取り付けたビデオカメラを見てみよう。

二台めの寝室に取り付けたビデオカメラをチェックしました。

なんと、やはり御主人の考え通り、ヒゲツラと奥様は夫婦の寝室で不貞行為を行っておりました。

これはあかんやつや。。。事が終わると、ヒゲツラは奥様が用意してくれた御主人のパジャマを着ているではありませんか!

御主人の考えが当たっていたと言う訳か。

そのパジャマを着て、またたばこや缶ビールを飲んで、明け方4時にヒゲツラは帰っていきました。

この映像見せても大丈夫か?

とにかく奥様とヒゲツラの不貞行為は証拠として手に入れることができたので、御主人に精神的にきつくない映像をピックアップして、御主人に見てもらおう。

御主人にビデオカメラの映像を書面に起こして、きわどいところはモザイクをかけました。

もちろん、奥様とヒゲツラの顔はばっちりわかるようになっていますが。

御主人は報告書をみて泣いておりました。

子供達がかわいそうだと。。。ヒゲツラまったく知らない人物らしいです。とにかく、離婚するかどうか奥様と話し合ってみてから決めるそうです。

やはり子供達のことを考えると離婚はなるべく回避したいそう。なので、もしよかったら山ちゃんの信頼している弁護士さんをご紹介し、事が円満に終わればいいなと思います。

御主人は離婚したいのはやまやまだが、子供達のこととなると、奥様が浮気しても我慢しないといけないなんて、酷ですよね。

さて今回も調査が終了しました。また新たな調査が入りましたらご紹介しますね!では!

 

浮気調査 1 名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします!

浮気調査が入ってきました。依頼者は名古屋からほど遠い岐阜県に在住の女性からでした。
御主人が毎回毎回名古屋出張といい、浮気をしているんじゃないか、それを調査して欲しいという内容でした。名古屋の探偵を調べたら、うちの口コミが結構よかったという訳です。
出張ということで泊まるホテルは聞いているらしく。毎回同じホテルではないので、今回がどこのホテルに泊まるかはまだ決定していないそうです。さっそく調べてみましょう!

名古屋出張の多い旦那様の浮気調査ということで、今回宿泊する名古屋のビジネスホテルにて調査となりました。

そのホテルは結構な宿泊客が多くとても調査するにはなかなか大変だろうな…。
いったん、旦那様の顔写真などをしっかりみておきましょう。

依頼者からさっそく連絡がきました。なんだかぱっとしない旦那だな~。こんな男が浮気なんてするのか!でも浮気する人間にこの男はしないとかするとかまったくないんです。
しばらく、今回泊まるであろうホテル付近にて待機です。

名古屋のビジネスホテルにて御主人を発見!さっそく調査開始です。御主人は15時9分にビジネスホテルにチェックインを行いました。しばらく待機です。すると、2時間ほどすると、御主人がTシャツにデニムにジャケットという格好でホテルからでてきました。あきらかに仕事じゃないよね~。

さっそく、タクシーに乗り込んだ御主人を調査です。
タクシーを尾行するのはなかなかのテクニックがいるのですが、名古屋の道は基本渋滞が多いので、見失う事はあまりありません。
どこへ行くのかと思ったら、名古屋の繁華街から離れた住宅街でした。

スーツ姿から着替え、とてもラフな格好でタクシーに乗り込んだ御主人が向かった先は、繁華街からほどよく離れた閑静な住宅街でした。
もうこれはクロでしょー!
御主人が乗るタクシーが向かった先は、三階建てのマンションでした。

御主人はタクシーを降りると、慣れた様子で三階の一番端の部屋に入っていきました。
これはもう出張ではありませんな~。
なので、しばらく待機です。浮気相手が一体どんな人物かを調べてみることにしましょう。

御主人がとあるマンションの一室に入ってからすでに4時間。。。。長丁場になりそうな感じです。
こんなとき、一体調査員はなにをしているのか?そんな素朴な質問にお答えしましょう。
携帯のアプリのゲームをしている。。。なんてことはありません!基本、車内での調査は二人体制です。なにか、あったときにどちらかが対応できるようにする。例えば、トイレ。。。それが一番のなにかです。これは生理現象なのでもうどうしようもないですし、我慢する事もできません。あとは、周囲の目から警戒心を解き、目立たず、顔を見られずに張り込まないといけません。いつ何時対象者が動くか分かりませんし。気が抜けません。
車の中ならエアコンもあるし、シートも倒せるし快適なのではないの?
いえいえ、車のエンジンは停止させます。冬場は快適ですが眠くなり、夏場は外よりも猛暑です。かなりの忍耐が必要です。
あ、御主人がでてきました!

マンションからでてきたのは、御主人一人でした。すると、御主人はタクシーに乗り込みどこかへ向かうようです。さっそく尾行開始です。すると、御主人は予約してあったビジネスホテルに戻っていかれました。それから朝まで御主人に動きはありませんでした。
御主人は朝から夕方まで仕事をこなし、夕方18時に仕事を終えてビジネスホテルに戻っていかれました。

今日も、名古屋は灼熱の暑さです。最高気温が36度ということで、張り込みの際は熱中症にきをつけなくては。

さて、今回のご依頼は30歳の奥様。生後半年のお子様が一人いらっしゃいます。最近、急に御主人の帰りが遅くなったと言う事で、気にはなっていたみたいなのですが、御主人が浮気するようなタイプではなかったので気にしないようにしていたそうです。

先日、奥様のお友達から連絡がありました。あるブログに御主人と思われる写真が載っていたと。多少ぼかしは入っているので知っている人しかわからないであろうという写真。

そのブロガーは20歳の短大生。御主人と思われる男性をダーリン?とブログ上で呼んだり、ダーリンと旅行に行っただの、いきつけのBARでダーリンと一緒だとか、たくさんのダーリンとの日常記事をアップされていたそうです。そのお友達は、その短大生にメッセージを直接送ったそう。「そのダーリンて○○さんではないですか?もしかして不倫してるんですか?」と。すると、その記事は全て削除されてしまったそうです。怪しい!と思ったお友達は奥様にご報告したということです。

奥様はちゃんとした証拠もないまま、黙っていられなかったこともあり御主人にこの出来事をお話しされたそう。しかし、「たいした証拠もないのに人を疑うんじゃない!!!ボカシがされている男はおれじゃない!!!」とけんかになったそうです。いわゆる逆切れ。奥様はまだお子様も小さいため離婚までは考えていないそうですが。しかし、そんな浮気しているかもしれない人のごはんを毎日作って帰りをずっと待っている自分がとても辛いそう。ストレスで母乳もあまりでなくなってきたみたいです。ちゃんとした事実をしって御主人とともに今後のことをどうするか考えたいそう。子連れということで自分で張り込みもできないため、意を決して弊社に浮気調査のご依頼をされてきました。

山ちゃんが明日から張り込み致します!!!

まずは、その疑惑にあがったブログとやらを調べます。奥様から多少なりとも情報を頂いたので、ネットで検索し調べてみると、とある女性のブログにたどり着きました。その女性はブログを全て削除をしていましたが、プロフィールが残っていました。名古屋市在住の短大生。名前はMIHOとありました。プロフ写真をみてみると、幼くてとてもかわいらしい女性のようです。こんな蚊も殺せないような女性が妻子持ちの男性に手を出すなんて。。。女性はおそろしいですね。

この女性の顔しっかり覚えましたよ。

さて、次は御主人の張り込みを開始です。御主人は、平凡なサラリーマンです。御主人の会社帰りを重点に張り込み致しましょう。

夕方5時15分に御主人の仕事が終わります。そして張り込んでいると、御主人が徒歩にて会社を出発します。御主人は、基本、徒歩とバス通勤とのことでした。どうやらバス停に向かっている模様です。

すると、御主人はいつも使用するバス停とはまったく逆の方向へ歩き出しました。ついた先は某パチンコ店。その駐車場をうろうろしております。すると、御主人はある車に向かって走り出します。そして助手席へ乗り込みます。運転手をみるとあ、あの短大生ではないですか!!!やはりこの二人浮気をしているのか!!!

車の中で抱き合ったりなどの行為をいったん済ませた後、車を発進させます。山ちゃんもすぐさま車を出発させます。逃がすものか~!!!

夕方6時20分にラブホテルに到着しました。さっそうと車が入って行き二人の姿を撮影致します。

夕方7時50分に仲良く出てきました。それもしっかりとパチリ。ラブホテルでの写真はしっかりとした不貞行為の証拠となります。

御主人たちは、いったん御主人の会社へ送ってもらい御主人だけ降り、ご自分の車に乗り込んでご家族が待つご自宅へとなにくわぬ顔をして帰って行きました。こんな時間帯なら残業だったという言い訳も不自然ではないですしね。

さっそく事務所へもどり、奥様と明日お話させていただきましょう。。。

元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

当日朝一に奥様がお子様を連れていらっしゃいました。神妙な面持ちだったので、山ちゃんは調査報告書をお出しするのをためらいました。すると奥様、覚悟はできておりますので。。。と力強いお言葉が。以前に弊社にお越しになられたときよりは、なんだか精神面で強くなられてきたのか。

奥様、結果をご覧いただいて、こんな年の離れた女性と浮気なんて、主人もお遊び程度だと思いますので、調査報告書を主人に提示して、浮気相手ときっぱり別れをお願いするつもりです、だそうです。やはり、離婚という手段は奥様のなかではいまのところ考えておられないそうです。がしかし、いつかまた浮気をされた場合は、きっぱりと離婚をされるそうです。仏の顔も三度までということですね。あ、二度までです。その際は、また山ちゃんさんにご依頼させていただきますね。と、とても嬉しいお言葉を頂きました。探偵冥利につきるというもんです。

浮気した御主人には、一刻も早く目をさまして奥様とお子様を大事にしていただきたいものですね。

さて元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

すると、18時半すぐにスーツケースを持った御主人がでてきました。もうチェックアウトされたようですな。
タクシーに乗り込み、駅に向かうと思いきや…。

タクシーに乗り込んだ御主人が向かった先は…。あのマンションです。ほうほう。これは最後の出張なので浮気相手に会いに来たんだな。さっそく浮気相手の部屋に入っていきました。こちらもしばし待機です。
その後御主人がでてきたのは、翌朝5時!すると、御主人はタクシーに乗り込み駅に向かい、そのまま会社に出社したとさ。

あとは、浮気相手がいったい誰なのかを調べようと思います。まあこれに関してはすぐに調べがつくだろうから、あと少し頑張ろう!

マンションの住人は、名古屋のとあるスナックのママでした。

御主人が出張先で名古屋で飲み会があったときにそのスナックに行くことになり、そこで行ったお店がそのママでした。それから男女の関係になり、以後御主人が名古屋に出張のたびにそのママに会いに行くという関係なんだとか。御主人が行かなくてもいいような、名古屋での出張も率先して名古屋出張に行くようにしているようです。
なので、御主人の会社の名古屋出張はほぼほぼ御主人が行っているようです。
これで、浮気相手がどんな相手かもわかったし、さっそく調査報告書を作成しましょう。

御主人がスナックのママと浮気をしているのが分かりましたので、さっそく調査報告書を作成し、依頼者にご報告です。しかし、岐阜県にいらっしゃるというので、一度ご連絡し、調査報告書は山ちゃんの相方が岐阜にお持ちすることになりました。やはり直接お会いして、しっかりと結果をご報告しなければいけませんよね。
なので、これで今回の調査は終了です。すると、また浮気調査が入ってきました!新年度を迎えて、この時期いろいろ浮気や不倫に発展していくようになってくるんでしょうね。
また、ご報告します!

名古屋は連日の猛暑で張り込みをしている調査員達は頑張って熱中症に気を付けて今日もどこかで張り込みをしています。確実な証拠をつかむために!!!

さて、今回の調査は娘様(23歳)からのご依頼です。その対象者はなんと同居している実のお父様(53歳)。娘様からのお話と致しましては、娘様のご友人からお父様が若い女性と繁華街を腕組んで歩いているのを見たと言う目撃情報が入りました。一度ならまだしも二度もあったそう。しかし娘様としたら、お父様は本当に昔から生真面目で、浮気のうの字も知らないようなお方だそうです。ご職業も大学を卒業してからずっと公務員ということで毎日定時にはちゃんと帰ってきているとのことです。そして、役職がついておられるため、週一の会議があるのでそれで帰りが遅くなるくらいとのことなので、娘様としてはその目撃情報は信用できないと思っていたそう。しかし山ちゃん、その週一の会議があやしいな~と心の中でつぶやきます。

娘様、お母様にそれとなしに聞いてみると、お父様に変わったこともないし、週一の会議も帰宅時間はPM10:00すぎとかなのですが、それは昔からのことでありますし、特に怪しんでいる様子もないそうです。しかし、娘様としましては、長年信じていた父親がもし浮気なんかをしていたら、お母様にばれるとお母様が辛い気持ちになる。そうなる前に別れてほしい、お母様とお父様を思ってのご依頼でした。

さて元気な山ちゃんが明日も張り込み致します!!!

さてさて翌日の調査です。

名古屋の繁華街といえば栄。お父様はこの栄で目撃情報があったそうです。娘様にお父様の週一の会議がいつあるのかを教えてもらい張り込みを開始します。

その張り込みは木曜日ということでしたので、木曜日にお父様の勤務先から張り込みを開始致します。とりあえずは定時帰社の17:15からスタートです。

山ちゃんともう一人の調査員(おばちゃん)で車内から監視します。基本、お役所なので、お父様はバス通勤ということを娘様から聞いております。お父様がお役所からでてきたのを確認したらすぐに山ちゃんはお父様を徒歩で尾行し、おばちゃん調査員と山ちゃんは常に連絡をとりながら、おばちゃん調査員は車で移動するということです。

お役所でしばらく張り込みをしておりますと、娘様からお見せ頂いたお父様の写真とおんなじ人物がでてきました。時間は18:45。会議をしていたのか微妙な時間帯でございますが。。。ノー残業ディなのか、たくさんの職員の方々がでてこられます。お父様に近寄ってくる40代の男性と少し若そうな20代半ばの女性がいます。三人仲良さげにおしゃべりしながら歩いていかれます。部下たちの様です。すぐさま山ちゃんも、お父様たちを尾行致します。

三人はバス停につくと、40代男性は手を振りお父様と20代女性にさよならしてその場を去って行かれました。残ったお父様と女性は同じバス停で待っています。これはまさかなのか!?!?!?

すると、バスがきました。バスにお父様たちが乗り込んだのを確認して、山ちゃんも同じバスに乗り込みます。お父様と女性は隣同士に並んでイスに座っています。ぱっとみ、仕事帰りの何気ない状況のようですが。よーくみると二人が密着しているのが分かります。その様子をバッチリ撮影できるベストポジションに山ちゃんも座ります。余談ですが、対象者をバッチリ撮影できる場所を瞬時にみつけて確保することが、探偵業にとってはとても大事なことなのです。

さて2人はバスの中でどのような行為をするのか。。。人ごみを避けて浮気をする人と、あえて人ごみの中でいちゃいちゃする人、本当にいろいろですみなさま。

 

ただいま、山ちゃんバスの中で尾行中でございます。お父様と女性がバッチリみることができる席に座っております。2人は仲良くおしゃべりしていますね。特にただの仲のいい上司と部下ってところでしょうか。。。もしかしてこれはシロなのかなー。

と、ふと目線を移動させるとあらあらどうしましょ!お父様と女性がお互いの右手と左手をからませ、ふとももなどをお互い触り合っているではありませんか!お互いのバッグを目隠しして誰にも目につかないように。。。しかーし、山ちゃんが座ったベスポジはそんなこと問題なくしっかりと隠しビデオカメラで撮影しております!

しかし、はたしてこれが浮気の不貞行為に当てはまるのか。。。悩むところです。この証拠を娘様にお渡しして、はてしてそれをお父様が証拠として受け入れて浮気相手と別れるという約束をするかどうか。。。

もう少し張り込みしてみる価値はありそうですので、続けましょうか。

二人が○○バス停で降りました。そして、つないでいた手はしっかりと離しております。山ちゃんも少し距離を保ちつつ時間差でバスを降ります。すると、そのバス停から徒歩で3分ほどにある月極駐車場に女性の車が停めてあるようで、二人はその車に乗り込みます。しかし、お父様は助手席ではなく後部座席に。なかなか分かってらっしゃる。

山ちゃんは事前に連絡を入れてあった女性調査員に車で来てもらいすぐにその女性の車を尾行します。

しばらく走っていますと、やはりラブホテルに着きました。やっぱりね。。。2人がラブホテルに入る姿をしっかり撮影します。娘様はこのお父様の不貞行為を目の当たりにしてなにを思うのでしょうか。裏切られた気持ちになるのでしょうか。

二時間もすると2人が出てこられました。すると、女性の車に乗って、お父様は道中に車をとめてバス停で降りました。そうです、週一あたかも会議が終わってからバスで帰ってきたかを装って浮気相手とお父様は不貞行為に及んでいたのですね。

そうとは知らず、娘様とお母様はお父様を待ち続ける。。。この裏切り行為を許すことはできるのか。すぐさま事務所にもどり、調査報告書を作成しますよ!!!

翌日、依頼者である娘様をお呼びいたしました。娘様に、先日の調査結果をお渡しいたしました。すると娘様はぽろぽろと涙を流してこうおっしゃりました。

「心の中では父を信じていました。父は昔から生真面目で、仕事一筋で母以外愛することをしたことが無い人でした。わたしの事も本当に大事に育ててくれました。父にこの調査報告書を突き付けてその女性と無理やり別れさせるのも。。。どうしたらいいのかまだ整理つきません。母のことを思うと今すぐにでも浮気相手とは別れてほしいのが本音ですが。父の事も考えてしまう。。。」とのこと。

娘様はご両親がとても大切なのですね。浮気というものは、周りを巻き込んでしまうやっかいなものです。娘様が一人で悩まれ、今後どうしたらいいか分からなくなったら、また山ちゃんに相談でもきなさいとお伝えしました。すると娘様は少しホッとした表情で事務所を後にしました。

さてまた明日から山ちゃん張り込みがんばるど。

 

今回の調査も浮気でございます。本当に浮気調査が多い!!!みんな、挙式のときに、神父様から「一生この人を愛する事を誓いますか?」と聞かれ、神様の前ではい!!!と答えてますよね。。。 みんなうそつきだ。。。

新婚ほやほやのおとなしそうな30代御主人からのご依頼です。奥様の浮気調査の依頼でございます。その奥様40代とかなりの姉さん女房。しかも奥様はバツイチで子連れ。御主人はその奥様が浮気をしているのではないか?とのことでご依頼頂きました。子供はもう高校生ということもあって、御主人としては二人で新婚生活を楽しみたいのだが、奥様が最近、元気もなく自分と話したがらない、そして週末も留守にするようになりました。下着がTバックとか赤色パンティなどの変化があったとのことです。

御主人は、どうしていいか友人たちに相談をしたら「なんなら探偵に依頼してみたら?」といわれ弊社に来られたそう。

しかし御主人、山ちゃんに最初に言われたことは奥様に探偵なんか雇って調べたことがばれると離婚されてしまわないかとても心配されていました。でも、奥様が誰となにをしているかは絶対に知りたいとのこと。ちょっと奥様に依存している感じがしますね~。このような依頼者はもし裏切られた場合、どんな行動を起こすかがちょっぴり心配です。

明日から山ちゃんが張り込むよ~

御主人より奥様の勤め先・勤務時間などをお聞きいたしました。奥様は介護職をされています。勤務体制は三交代なので、御主人は夜勤明けの奥様の行動を調べてほしいとのことでした。夜勤は夜9時から翌日の朝8時まで勤務となります。朝8時からの奥様は家で仮眠したり、炊事洗濯などをされているそうなのですが、御主人としては、その時間帯があやしいのではないかといっております。御主人も会社を抜けて見張ることもできないらしく。。。御主人が会社から帰宅するのは夜7時とかになるみたいです。浮気・不倫をするには奥様の夜勤が終わってから御主人が帰宅するまでの時間のようですね。。。

さっそく、その時間帯で張り込みをいたしましょう。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

朝8時に奥様の会社で張り込み開始します。すると、奥様が夜勤を終えてでてこられました。すると、まずはスーパーへ寄られましたね。朝食を買いに来たのか。。。

朝8時半に奥様が、買い物を終えて自宅へ帰られました。しばらく張り込みを続けます。お子様が学校へ行かれました。すると、それを見計らったかのように中年の男性が自宅へ訪れました。奥様が玄関のドアを開けて笑って男性を自宅へ入れました。あれは誰だ。。。修理業者か?念のためカメラにおさめました。

なんだか雲行きがあやしくなってきたなーーーー。

しばらく張り込みを続けていたら、その男性が自宅からでてきたのは、夕方4時!

二人っきりで今まで自宅で何をしていたのか。。。最初はなにかの修理業者かと思っていましたが、それにしては服装がカジュアルすぎたし。。。上下ダルダルのジャージだったよ。。。

念のため、男性の写真を御主人にみていただきますか。。。その男性が何者かによっては自宅内にビデオカメラを設置したほうがよいかも。。。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

一度きりならまだしも、次の日も上下ジャージの男性が自宅へきて、長居をされておりましたので、これは確実になんかあるな。。。と思い、御主人にその男性の写真をお見せして、長時間ご自宅の中で奥様と二人っきりでなにかをされている旨お伝えしました。

すると御主人から驚きの言葉が!!!このジャージ男性は奥様の元夫だそうです。結婚当時はとんでもないダメ男だったので、離婚以来は連絡とっていないと奥様がおっしゃっていたそうです。

御主人もその言葉を信じていたのに。まさかまだ関係が続いていたとは。。。と絶句されてしまいました。

さて奥様とダルダルジャージ男の二人にて自宅内でなにかが行われているのは確かです。しかし自宅中はどうしてもみることができないため最終手段ですね。しっかりとした証拠を突き詰めないといけないので、御主人に小型ビデオカメラで、自宅内を撮影してもいいかお尋ねしました。すると、御主人は「。。。。お願いします。。。。」とのこと。そりゃこわいでしょうね。なにがうつるか分からないが、たぶん不貞行為だろうな。

では奥様がご不在のときに、御主人と山ちゃんとでビデオカメラを設置致しましょう。

明日も山ちゃんが張り込むよ~

御主人が奥様が外出中に、山ちゃんを呼び出していただき、一緒にビデオカメラを設置しました。場所としましては、リビングと夫婦の寝室。明日から奥様の夜勤ということなので、夜勤が終わってから御主人が帰宅するまでの時間に合わせてビデオ録画をしましょうか。

さていよいよこの日が来ました!御主人が会社へ行く前に、ビデオカメラのスイッチをお願いしました。山ちゃんは車の中でリアルタイムにビデオカメラの映像をみます。御主人と子供さんは会社・学校へそれぞれ出発します。しばらくすると奥様が夜勤を終えて自宅へ帰ってこられました。買い物袋をもっている様子。すると、10分も経たないうちにさっそく上下ジャージの男性が自宅へ来られました。奥様は笑顔で迎え入れます。

さて、さっそく寝室に向かうかと思いきや、上下ジャージはリビングで缶ビールかなにかを飲んでいます。すると、奥様が下着姿で上下ジャージに抱き着きます。はい、これで不貞行為の証拠ばっちり撮影することができました。あっけないですねワラ

す、すると御主人から連絡が。。。いまどのような状況かと。はい、不貞行為真っ最中です!と山ちゃんも正直に答えてしまった。すると、御主人が「了解しました!!でしたら乗りこみます!」と電話を切ってしまいました!あわわわわあわ

やばいやばい、御主人が乗りこんでしまう!そうなるとこれはかなりの修羅場になるのでだめだ。とりあえず御主人が自宅へ乗り込む前に、山ちゃんが阻止しなくては!はやく不貞行為終わらせなさいよ~とひやひやしながらしばらく待っていると。御主人が息を切らして走ってこられました。

はいストーーーーーーップ!!!御主人を落ち着かせて車に乗せます。すると、御主人も少しは落ち着いたようで、小型ビデオカメラをみると言い出すので。。。動画はちょっと御主人の精神状態にはきついので、静止画でお見せしました。(まだ調査中の段階ですのでという理由で)

御主人、無言になってしまいました、すると、自宅には帰りたくないので事務所に連れてってくださいということですので、一緒に事務所へ向かいましたよ。ずっと御主人のグチを聞きながら。。。奥様とは離婚を申し出るつもりらしいです。まあそれは致し方ない結果ですね。とりあえず不貞行為の証拠はばっちり手に入れることができたので、御主人も奥様と元旦那二人に慰謝料を請求するつもりらしいです。まだ30代なのでいくらでもやりなおしがききますし。

 

さて、今回もまた浮気調査のご依頼がありました。依頼者は、30代の御主人・会社員三交代です。ということは、奥様の浮気を疑ってのご依頼です。奥様は保母さんで30代。結婚5年目で子供は二人の意向として作らないということらしいです。保母さんだが、あまり子供が好きではないらしく。。。

なぜ浮気を疑っておられるのかその理由をまずお聞きしました。すると、奥様はここ数か月毎日遅くまで働いているらしく。その保育園行事の準備やらなんやらで帰りも午前様の時がある。そしてよく自宅に電話があり、その電話の相手というと保育園の父兄からかかってくるのだと。その父兄は保護者会の会長をしており、なにかしら用事があると奥様に電話がかかってくるらしいのです。しかし最近は自宅に電話がかかってくることもピタっとなくなり特には気にはしていなかったみたいですが。。。とある日、御主人がどうしても奥様に渡したい書類があったため、奥様には連絡せずに直接保育園に寄って渡そうとしたところ。。。みてしまったのです。。。

御主人がみてしまったものとは。。。

奥様とその会長の父兄が保育園の駐車場の陰でいちゃいちゃしていたらしいのです。保育園と父兄が停める駐車場は少し離れているらしく。この時間は誰も保護者もいなかったみたいで、目撃していたのは御主人のみ。ただならぬいちゃいちゃ感だったので、御主人も奥様に声をかけることができなかったそう。黙って保育園を後にしたんだとか。しかし、御主人も奥様の帰りが遅いのももしかしたあの父兄と浮気をしているからなのか。。。と今週はずっと悩んでおられたそう。

奥様と父兄のただならぬイチャイチャ場面を目撃してしまった御主人は、ちらっと奥様にその父兄とのことを聞いてみたそうです。すると、奥様からは「父兄との関係をだめにすると保育園でいろいろとやりづらくなるので少しの仲良しは仕方のない事なの!なんなの?なにか疑ってるの???」と少し逆切れだった。

御主人としては、やはり父兄とそのような関係になるのはなんとしても止めなくては!と思い、探偵にお願いしてその浮気の証拠を突きつけてなんとか穏便に2人を別れさせたいとのこと。御主人の意地なんだろうな。了解しましたと依頼を引き受けました。とりあえず、その奥様と父兄の不貞行為を手に入れないと。。。

翌朝7時に奥様がお勤めされている保育園に向かいました。なるほど。。。保育園と駐車場がけっこう離れているため張り込みがしやすいですな。やはり、保育園付近で張り込みしていると保護者や関係者があやしんだりする可能性が高いので、山ちゃんは駐車場付近で張り込みをします。

AM7時45分くらいになると、ぞくぞくと園児と親が駐車場に車をとめて保育園に向かっていきます。保母さん3人ほどが園の玄関先にでてきて笑顔で迎えています。奥様の写真をみせていただいたので、どれが奥様かは一目瞭然でわかりました。

こんな平和な保育園で不倫たら浮気たらのドロドロな展開があるなんて想像つかない!

園児と保護者たちのピークが過ぎ去ったとき、1台の車が駐車場に停まりました。一人の男性と男の子の二人が降りてきました。ん、もしかしてこいつか?と思いました。なぜなら、保護者のほとんどはお母さんだったから。お父さんの送り迎えはこいつだけだ。山ちゃんは見張ります。

玄関に3人いた保母さんたちはいつの間にか園内に入って行った模様。すると、気が付いたのか奥様が園内からでてきました。そして、父兄と男の子と仲良くしゃべっています。男の子が走って園内に入っていきました。すると、父兄と奥様は手を握りました。なんともいえない瞬間でした。男の子の荷物を渡すときの一瞬の出来事だったので、山ちゃん以外誰も気づきもしないでしょう。これは匂う。。。

とりあえず、奥様の勤務時間は17時までと御主人から聞いているのでそれまでどうしようか。。。いったん事務所へもどり17時前に再度張り込みするか。。。駐車場で悩んでおりましたら。。。

15時ちょいすぎに奥様が私服で園からでてきました!不意打ちでしたので、山ちゃんテンパってしまいましたよ。なになに早退。。。?

奥様が車に乗り込みましたのでさっそく尾行開始です。奥様の車が向かった先は。。。保育園から20分ほど離れたショッピングセンター立体駐車場へ車が入っていきました。さてさて。奥様の車から少し離れたところへ山ちゃんの車も止めます。

奥様が向かった先は、とあるショッピングセンター立体駐車場。そこに誰かが待っているのか。それともただの買い物???。。。と、奥様が駐車した隣にあの父兄の車が停めてあるではありませんか!運転席にはあの父兄が乗っております。山ちゃんすかさずシャッターチャンス。奥様はその父兄の車の後部座席に乗り込みました。あららら。ここを待ち合わせにしたのもなんだかわかる。立体駐車場は暗いし、なんせ人の数がまばらである。

2人が乗る車を尾行します!

奥様と父兄が乗った車の行き先は。。。さて。

はい、着いた先はラブホテル。しっかり2人の顔が分かるように撮影します。奥様が後部座席に座ってようが、山ちゃんのカメラテクニックにかかればおちゃのこさいさい。ちなみに現場についたらベストポジションを確保。これ探偵調査員としては当たり前!!!

これで不貞行為確実です。一時間ほどして2人が出てきました。やはり、奥様は後部座席に座っている様子。顔も多少は確認できるし、その車に乗り込む様子も撮影できている。りっぱな証拠写真になるでしょうな。

さて帰りはもちろんショッピングセンターの立駐で2人はさよなら。奥様のその後は買い物を済ませてご自宅へ帰られました。奥様がなぜ15時帰られたのかは謎のまま。。。

もう少し調べてみますか。

さて奥様の退勤時間が17時だったのに、15時に退勤してそれから浮気タイム。

気になるので山ちゃんの好意で少し調べてみました。調べた結果。。。。。。。。。。。。。。。奥様、正職員ではなくパートだったのです。パート勤務だと15時には業務が終わるみたいです。ということは、御主人には17時までの勤務と嘘をついて15時から17時までの空いた2時間は浮気の時間にあてているのでしょうか。子供はいらないが、浮気相手はほしいということか?

とんだ御盛んな奥様だなこりゃ。

御主人を事務所へお呼びし、調査結果をご報告します。御主人は、「やっぱりそうでしたか。。。これらの証拠を保育園にも突き出して、妻と浮気相手に制裁をくわえてやります。そして保育園にも子供たちを預かるという厳粛な場所でこのような不謹慎な行為が行われていた。それを見つけることもできない保育園にもそれなりの責任を取って頂きますわ。」

男を怒らすとこわいですね。。。

さてまた新たな依頼が入りましたよ。

もう2015年もあっという間に終わり、すでに2016年がスタートです。まあ探偵調査員にはまったく関係ありませんが…。

さて今回の調査は奥さんの浮気調査。依頼者は50代の会社員なんですが、奥さんが40代後半のスーパーの店員さん。子供は4人いらっしゃるそうですが、最近その奥さんが妊娠されたそう。夫婦仲はそんなに悪くはないのですが、奥さんから妊娠したという報告をされてから、本当に自分の子なのか?という疑問がでてきたとのこと。

実際、御主人からすると夫婦の営みも月に一回あるかないかなので、それで妊娠したというのが実は驚きだったみたいですね…。ちなみになんですが、もしかしたら今の4人の子供たちも本当に自分の子供なのかという疑問まででてきてしまっているみたいです…。

まあ最近、芸能人が自分の子供と背格好が全く似ていないということに疑問を感じ、DNA鑑定をしたらその結果、自分と子供とはまったくの赤の他人だったという結果をしってしまい、涙ながらに会見をしていたのを思い出します。

御主人としては、奥さんの浮気調査の結果がもしクロなら妊娠中の子供のDNA鑑定をし、そして4人のすべての子供たちのDNA鑑定をしたいというもの。ん?、なんとも難しい問題ではなかろうか…。奥さんが浮気をしていたからといって、子供たちが自分の子供ではないかまでを調べる必要性があるのだろうか。これは山ちゃんには答えを出すのは難しい…。しかし、依頼がきた以上、しっかり調査をするのが探偵というものなんですよね。

まずは奥さんの浮気調査を先に進めて、その結果を踏まえて、お子様たちのDNA鑑定をするか否や御主人と山ちゃんで考えたいと思います。まずは奥さんの情報から…

奥さんスーパーの店員。スーパーに勤め始めたのは15年も前から。主といったところですな。年齢は49歳。見た目はちょいと太目。しかし、気が利きとてもはつらつとしている。お子さんは4人。22歳男、19歳男、12歳女、7歳女。そして現在妊娠7か月。まずは、奥さんの張り込みから開始しましょう。

さて対象者の奥さんはと。。。

勤務時間は9時~18時まで。スーパーでは主な仕事は事務、店が忙しくなるとレジ打ちをしている模様。山ちゃんそのスーパーから少し離れた駐車場で張り込みを開始します。

15時ころに張り込んでいると。。。奥さんの仕事ぶりをチェック。なかなか機敏に働いております。本当に妊婦さんなのか?というほど…。しかし、特にこれといって怪しむ様子はありませんでした。まあたくさんお客さんもいるしそれはないに等しいよな。

さて、張り込みを続けていると、18時20分ごろに奥さんが勤務を終えてスーパーからでてきました。

勤務を終えて奥様がでてきました。すると、隣には中年のおじさんが一緒です。誰だ同じ会社仲間か…?引き続き張り込みます。二人は中年のおじさんの車に普通に乗り込みました。友達?同僚?

よくわからないので、とりあえず尾行しましょか。

しばらく車を走らせると、すでに19時近くになってきたので、人気がまったくない公園の駐車場に奥様を乗せた車が停まりました。こんな夕方暗くなってきたのに公園?あきらかにおかしいので、気づかれない距離で山ちゃん号は停まります。

公園駐車場近くに車を停めて張り込みをしています。この距離感がとても難しい。暗いので暗視カメラがとても活用できます。ばれないように近づきすぎず、遠すぎず…。すると、車の中で2人が抱き着いていたり、キスをしているのが確認できました。もちろん写真にもおさめます。しばらく張り込みをすると、2人の甘い時間は終了のようで、それぞれ夜の7時頃には帰宅しました。ホテルにはいかずに。

まずこの浮気相手のおじさんが一体誰なのかを特定しなくては…。

浮気相手のおじさんについて調べてみる。。。それは容易に分かりました。その奥さんが勤めるスーパーの店長でした。だから、あんなに堂々と二人が一緒にいることができたんだな。他の従業員にしたら暗黙の了解なんだ。てことは、他におしゃべり好きな従業員に軽く聞き込みするとなにかわかるかもしれない。

こんなときはベラベラおしゃべりしそうな年配の女性従業員を見極めていろいろ聞き出せるとありがたい。山ちゃんも怪しまれないように気をつけなくてはな。

おしゃべりが好きそうな従業員を探してみると、こちらも容易に分かりました。おしゃべりが大好きなパートのおばちゃんがいろいろと教えてくれました。奥さんと店長はそれはそれはもうだいぶ昔から男女の関係らしいです。その年月はかれこれ15年前からだそう…。その店長と言っても、もう本社から全てを任されているお偉いさんのため他の従業員はなにも店長に文句も言えずに奥さんとの不倫に対しては知らんぷりといった具合。

奥さんと店長の不倫関係がかれこれ15年以上前から続いていたという情報を手に入れることができました。

ということはまさか、奥さんの子供のうち誰かしらは店長の子供ということがありえるのか?!なかなかやっかいなことになりそうだな。とにかく、奥さんの浮気はクロで間違いないから、それからのDNA鑑定調査は依頼者と相談してみようか。

DNA鑑定したところで誰も幸せになんかならないはず。一番かわいそうなのは子供たちなんだから。

翌日、依頼者の御主人をお呼びしました。そして、奥さんが働いているスーパーの店長が浮気相手であろうことを伝え、調査報告書をお渡ししました。すると、御主人はこの調査報告書を読みながら、「やっぱりな…12歳の長女と次女がわたしにまったく似ていないし、嫁にも似ていない。この店長にそっくりじゃないですか!!あなたどう思われますか!!今妊娠している子供もこいつの子供ということだな!!!」と怒り爆発。DNA鑑定は、別の会社にお願いするそうで、これにて調査は終了となりました。

その後がどうなるのか気になりますが、あまり深入りしないでおこう。

さて本年も名古屋探偵 山ちゃんをよろしく!

一月も終わりに近づきまだまだ寒い気候になっております。そんなとき、長年愛用していたダウンジャケットがやぶけてしまいました。なので、新しいダウンジャケットを新調しようとショッピングモールにでかけたのですが…。

これといったダウンが見つからない。カラーで迷うんですが、山ちゃんオレンジが大好きで。しかし、探偵調査員ということもありオレンジのハデハデなダウンジャケットを着て調査をするともしかしたら対象者に見つかってしまう恐れがあるため、やっぱり黒を選んでしまうのです。ならプライベートで着ればいいじゃん!というお言葉もでてきそうですが、急な依頼が入ると着替えに戻るということができない場合もあるし。なので、やっぱり黒のダウンジャケットで落ち着こうと思いました。

さて新たな調査が入りましたので、いってきまーす!

今日の朝のニュースで、パートナーの携帯電話をみたことがあるか?という内容でした。見る人は見るし、見ない人は見ない。そりゃそうだ。しかしそのパートナーの携帯をこっそり見る行為というのはもしかしたら不正アクセス行為の禁止等に関する法律に関わる可能性があるのです!訴えられる可能性があるということです。しかし、それはただ付き合っている関係のみ。結婚をしてその不倫証拠を集める為に携帯を見るのは罪にはならないらしいのです。なるほど…。

結果としてはただの恋人同士の方たちは携帯を盗み見してはいけません。

ということは、結婚をしている夫婦間では携帯は証拠集めでしたら罪にはなりません。なので、知らない方が良かったという人は見ない方がいいですが、それ以外の方でしたら携帯見てみましょう。知らなかった事実が発覚することでしょう。調査員としてもこの携帯にある情報は信ぴょう性もありますし、証拠として意味があります。調査もスムーズに進むことでしょう。

しかしなんでも見られたくないものはすぐさま消去しましょうね!!!それに限る!!!

こんにちは!少し寒さも弱まり、探偵調査員としてはとてもありがたいです。またまた浮気調査が入ってきましたので、ブログにアップします。

依頼者は30代の女性、A子さんとしましょう。A子さんからのご依頼は、御主人の浮気の証拠を集めて、そしてまさに不貞行為を行なっている現場に依頼者であるA子さんを連れて行ってほしいという驚きの依頼。むむむこれは…。事件性になると困るので、その現場でなにをなされるつもりなんですか?と山ちゃんは依頼者にお尋ねしました。

「いえ、これといって理由はないんですが、主人の驚く顔がみたいだけなんです。」はっ?この嫁なんだかおかしいな。しかし、小柄な女性だし、もし現場で暴れれば山ちゃんと相棒が押さえつければいいし。依頼者の要望となるとできるだけ聞いてあげたいと思ってしまいます。「その現場に行かれるということはわたしとしては賛成いたしかねます。状況をみてからでもいいでしょうか。それはこちらで判断させていただきます。おかしな行動をとられると大変なことになりかねませんのでお気を付け下さい。」とお伝えしました。

依頼者は山ちゃんの返答に対して気に食わなかったのか、とんでもなくブスっとした様子。なのでまず、なぜ浮気調査を依頼されたのかその理由をお聞きしました。

「はい、わたしと主人は高校生からの付き合いでして。結婚してからこれといった事もなかったんですが…。子供のお世話も手伝ってくれたりと本当によい主人だったんですが、最近行動がおかしいんです。残業から帰ってくるとシャンプーの匂いをさせて帰ってきたり。消費者金融でお金も借りてるみたいで…。」

「主人に聞いたらパチンコにはまってしまったと。許してほしいの一点張りなんです。でも女の勘といいますか。女の影がちらちらするんです。なので携帯の指紋認証ロックで主人が寝ている時にこっそり主人の指を使ってロック解除させたら、着信履歴はしっかり残っていました。女からの着信は会社の若い女性のみ。LINEもメールも怪しいことはなにもないのです。携帯にはこれといった証拠はありません。なので、今回こちらの探偵事務所で証拠と不貞行為の現場をおさえてください。お願いします…。」

依頼者の奥様からお話をお聞きしました。なるほど…。女のカンほどするどいものはない。了解しましたとお伝えしました。

御主人の情報といいますと。・建築士として個人事務所を営んでいる・40代・車は高級外車。

なるほど経営者ということはお金の面でも時間の面でも余裕があるということですね。ならなんで消費者金融なんかにお金を借りるのか…。疑問点だな。

謎だらけなのでとりあえず、御主人の張り込みを開始いたしましょうか。

とりあえず御主人の張り込みを開始いたしましょう。

ご自宅から車で20分ほどの高層マンションの一室を借りて建築事務所をされているということなのでそのマンション付近で張り込みを開始です。

朝9:00 すると、高級外車に乗って出勤された御主人を確認しました。建築事務所のFacebookをみてみると、従業員は御主人と二級建築士の男性と事務の若い女性の計三人でやっているみたいです。なかなか小規模ですが会社の雰囲気はよさそうですね。

会社の仲間の雰囲気もよさそうですな。マンションの一室なので山ちゃんが事務所に足を踏み入れることは難しいので、隠しカメラでも設置できるととてもありがたいですな。依頼者が事務所に出入りできるのであれば相談してみようか。

さっそく依頼者にお電話で確認してみると、事務所に出入りするのは可能とのこと。よし。山ちゃんおすすめの超小型監視カメラを設置してもらおう。これでマンション内でなにが行われているか発覚するであろう。

お昼13:15 御主人と若い女性がマンションからでてきました。御主人の車に乗ってでかける様子です。山ちゃんも尾行します。

二人が到着したところは、事務所近くの高級イタリアンレストラン。ランチということですね。まあ、経営者と従業員の人とランチというのはよくある話。そのとき御主人は真紅の箱を女性に渡していました。見た限り、高級ジュエリーブランドのカルティ○です。従業員にそのような高級ジュエリーをプレゼントするなんてなんてふとっぱらな経営者なんだ。それから二人はランチを終えてそのまま事務所へ戻っていかれました。

夕方18:45 FBでみた二級建築士の男性が事務所からでてきました。ということは、事務所には御主人と若い女性の二人っきりということか。んんんん、事務所の中を確認するのは難しい。これははやいところ、監視カメラを設置しないとな。

二人がそろって事務所からでてきたのは夜の21:00すぎ。二人はそれぞれ別々に帰宅していきました。すぐさま依頼者に連絡をして監視カメラの設置できるのはどの時間帯かお聞きしたら、深夜、御主人が就寝したのを確認してからなら可能であるとの事。よし、奥様からの連絡を待つとしよう。。。

プルルルルルルル。山ちゃんの携帯が鳴りました。深夜一時。依頼者は御主人に赤ワインをたくさん飲ませて酔わせたらしい。今がカメラ設置するチャンスです!

奥様と建築事務所で待ち合わせをします。そこで奥様に鍵をあけてもらい、監視カメラの設置を急いで進めます。

設置したのは、事務所はワンフロアなので、全てが見渡せる玄関に一台、あとは死角になるお茶室。これで2~3日の間、録画をしてそこで事務所内でなにが起こっているかすぐにわかるはず。

3日が経ちました。その日は御主人は東京出張ということで、深夜に監視カメラを撤去に向かいました。まずはわたしだけで画僧チェック。奥様には後日にでも調査報告書にまとめてお見せいたしますとお伝えしました。

すると、画像の中身というと…。はい!クロでした。御主人とあの従業員の若い女性は不倫関係にあったのです。事務所内での不貞行為も動画でバッチリうつっていました。大きなソファをベッドかわりに使用して。彼らは事務所内で愛をはぐくんでいたのです。動画を見る限り、御主人のほうが女性に対して熱をあげている感じがしました。

そして、もう1点。御主人はその女性にたくさん貢ぎこんでいたのです。CHANE○のカーボンバッグや、超高級腕時計。毎日のようにプレゼントを渡しているのです。だから、消費者金融にお金を借りなければならなかったのですな。とんでもない女だ。

。。。。。。。。。。。翌日奥様を弊社にお呼びしました。

さすがに奥様には、御主人と浮気相手の不貞行為の動画をみせるのはちょっと酷なので、山ちゃんなりにギリギリの範囲である動画をチョイスして奥様にお見せしました。

すると…。

奥様、むせび泣いておりました。大学時代からいっしょに2人で苦労してお金を貯めてやっとの思いで建築事務所を立ち上げたのに…。この女に貢ぐためにわたしは仕事をかけもちしたり頑張ってきたんじゃない!と…。でも、今回調査していただいて感謝してます。とお礼を言って帰っていかれました。

その後奥様からご連絡がきまして、御主人とは弁護士をいれて、離婚・財産分与をするらしいです。またその従業員の女性にも慰謝料を請求したいということ。なので、おせっかいながら山ちゃんの知り合いの弁護士を紹介しました。

以上で調査を終了しました。

また新しい調査が入りましたので、ご報告しますね。

さてみなさんこんにちは。さてまたもや今回、依頼を頂いたのは34歳のパート店員の女性。小学生6年生4年生1年生の子供3人いる肝っ玉お母さんです。

もちろんのごとく、対象者は35歳の御主人。御主人の浮気調査をしてほしいとのこと。そして、調査料金もできればお安くしてほしいとの要望あり。まあ、まずはなぜ御主人の浮気を疑うようになったのかをお聞きしました。ここでの情報があとから大事になることもしばしばあるんです…。

「私の主人は、食べることが大好きで大好きで。なので、お腹もメタボリックのようにでていますが、わたしもそんなよく食べる主人が大好きでしたし、お腹もなにも気になりませんでした。実際わたしもお腹でていますし。しかし、最近、ワンダーコアを自分のおこづかいで購入してお腹をへこませようと必死にしているのです。白髪も全然気にしていなかったのですが、最近は自分で白髪染めをしたりと行動がすることすることおかしいのです。昨日も、なにか二人でできる趣味をもとうよ。なにかしたいことない?とか訳の分からないメールが入ってきたりと。問いただすも何も、証拠がないのでわたしも主人に対してなにも言えません。もし浮気をしていたら、わたしは子供を連れて実家へ帰るつもりです。その際、莫大な慰謝料をもらうつもりです。なので、探偵を雇ってまでも証拠を集めてほしいのです。宜しくお願い致します。」

了解しましたとお伝えしました。

しかし、お腹をひっこめたいと思っただけで浮気と疑われて旦那さんも大変だなこりゃ。

さっそく調査を開始しましょう。

すると、さっそく御主人、仕事が終わってから女の子がいるキャバクラに行くのでもなく、スナックに行くのでもなく。とあるスポーツジムに週五で通っていることがわかりました。しかし週五のジム通いはちょっと多くないかい。痩せたいという思いが強いのか。このジムになんかあるということを察知して山ちゃんもスポーツジムの会員となって、内部調査をしましょう。それが一番手っ取り早し。

すると、わかってきましたよ。御主人、スポーツジムのインストラクターの女性Aさんとやましい関係であることがわかりました。だいぶ年上の女性ですな。そのインストラクターの女性は、見た目は40歳だが実年齢は50歳。しかし大人の女性の色香があるとかで、会員の男性陣からは人気があるんですよね。お腹のでた男は大嫌いというのが口癖ですし。ジムのシャワー個室で2人っきりであやしい行動もばっちり写真におさめることができましたしね。

さっそく、山ちゃんジムもさっさと退会して調査報告書の作成に取りかかりましょう。

翌日、奥様をお呼びして結果を報告致しました。すると、奥様、そのジムに乗り込んでやるたらなんたら…。これは地獄絵図をみそうだな。慰謝料もしっかり両者にいただいて子供三人を引き取り、再スタートするらしいですよ。さすが母は強し。

というわけで今回も無事に調査終了しました。

また依頼が入りましたら、ご報告いたします。

 

とあるイケメン議員が、育休宣言、育休推進という中で、不倫疑惑が浮上したというとんでもないニュース。しかも嫁が妊娠中で体調がよくないということで病院に入院しているときに、女性タレントを自宅へ招き入れ不倫をしていたという始末。

あらら~やってしまいましたな。なんせこのイケメン議員、男性の育児休暇を取得するたらなんたらで時の人となっているさなかこの不倫報道。とんでもない男です。またその不倫相手には一日400通というLINEメールを送っていたのだとか…。

400通なんて、計算すれば2分おきにlineをしていたことがわかる。いやいやあなた、議員活動はどうしていたんだ?高いお給料を税金でもらっているだろうに。

国民の全奥様を敵にまわしたであろう。そして議員を辞職して、奥様とは離婚になるのかどうか…。このイケメン元議員の今後が見逃せません!

みなさんこんにちわ。また新しい依頼が入ってきました。外も春のような過ごしやすい日になってきて、とても調査をするには助かります…。

さて今回の依頼者は、見た目も話し方もハデハデしいお嬢様がた二人からのご依頼です。お二人はキャバクラに勤められているようですが、そのうちの一人であるA子さんの彼氏を調査してほしいとのこと。しかし、もう一人のM美さんは「無理ですよね~ややっぱり探偵なんてやめときなよ?」とA子さんに持ちかけています。探偵を信じていない様子。

お嬢様がた二人から調査依頼の対象者についてお聞きしますと…

その彼氏とはホストクラブナンバーワンのイケメンホストとのこと。付き合いは3か月前から。そのイケメンホストが最近店に行っても避けるかのように会ってくれず、連絡もとれない状態らしく…お店に会わせろと直談判しに行くと、ボーイや支配人に無理やり締め出される始末。浮気をしているに違いないので、そのイケメンホストがいまどんな女と浮気をしているのか、その浮気相手を特定してほしいとのこと!そしてそのイケメンホストに貢いだ・貸したお金500万円を耳揃えて返してもらうとのこと。そしてその浮気相手にたぶん報復するつもりなんだろうか。

彼女であるA子さんから頂いたホストの彼のいろいろな情報を聞き、自宅マンションとホストクラブの張り込みを開始致します。

すぐさましっぽを出すと山ちゃん少し買い被っていました。すると、この彼。なかなかしっぽを出さないんですよね。ここ3日ぐらいじっくり張り込みをしているんですが、ホストクラブで仕事が終わってから自宅へ帰る、そしてまた夕方にホストクラブへ向かうという優等生ぶりを発揮。携帯についている彼のGPSもホストクラブか自宅かその二か所でしか確認できないし…。彼女から聞いていた話を全然違うじゃないかい?

ホストの彼氏の浮気の足取りがまったく掴めまくなってしまった…。

まるでこちらが浮気調査しているのが分かってしまったような…。そんな気さえします。A子さんから聞いていた情報とまったく異なっているから。これは裏があるな。もしかしたら第三者がこの調査を邪魔しているのではなかろうか。

とりあえず、三日間の調査結果をA子さんに提出することとしよう。その際はA子さんのみ事務所に来てもらうと伝えなくては…。

火曜日の午前中に、A子さんは一人で事務所へ来られました。誰にも内緒で。そして調査結果を提出しました。特に浮気らしい行動はない旨お伝えしましたら、A子さんは豹変し、そんなはずはない!あいつは絶対に浮気しているに違いないの!と言い張るばかり。じゃあなぜそう思われるのかを聞きましたら、「仲良しのホストから彼が知らない金髪女と歩いているのを見たという情報が入ったの。わたしももうキャバクラを辞めて夢を叶えたい。だからもう一度調査をしてほしい。」なるほどね。ならA子さんにこう伝えましたよ。

「とりあえず、この前一緒に来られたM美さんにはもう調査は終わった、特にあやしい証拠もでてこなかったとお伝えください。そして今回浮気調査をしたことを知っている全ての人に調査が終了した事をお伝えください。

それから、わたしとA子さんだけで極秘でもう一度浮気調査を行いましょう。そのことは誰にも口外しないでほしいです。わたしとA子さんだけが知ることです。それが約束できるのであれば、もう一度調査をしてみますが…。」

A子さん、「お願いします。絶対誰にもいいません。でも親友のM美にも言ったらダメなんですよね…?」

山ちゃん「はいそういうことになりますね。もう誰にも言わないでください。しっかりと結果を出したいのであればご協力のほどよろしくお願いします。」

A子さん大丈夫かな…。ペラっと親友に口外しないかが心配だ。

後日、A子さんに連絡をとり、以前説明したとおりしっかりとまわりを固めて頂き、浮気調査が終了したと言うことを伝えたということを確認をして、張り込みを再開することとしました。

後日、改めて彼の調査を再開すると…まあ、彼。おもしろいぐらいに普段の生活が変貌しましたよ。毎日、ホストクラブの仕事のあとはいろんなキャバクラの女の子たちととっかえひっかえでラブホテル三昧…。やっぱり誰かから浮気調査が入るというリークが入っていたんだと実感しました。調査が終わったと安心しきって本性を丸出しにしたんだろうな。じゃあそのリークの犯人はというと…。そこが一番重要だな。でも山ちゃんはすぐに誰かを特定できました。

初日に事務所にA子さんと一緒に付き添いできたM美ちゃんだった。その彼とM美ちゃんともよからぬ関係になっていたのです。まあ真剣な関係という訳ではなく、体の関係というかなんというか。でもM美ちゃんは本気だったのかもしれない。だから、初日に事務所きたときにもA子さんに調査をすることをやんわりと止めていたんですな。

山ちゃんの勘は当たっていました。M美さんが匂っていたんですもん。これにて調査が終了しましたので、A子さんにご連絡し明日にでも事務所へ来ていただきましょう。

A子さんに調査報告書とそして、M美さんが調査の情報をリークしていたこと。彼氏とM美ちゃんはよからぬ関係であったと言う事も、一緒にご報告しましたら…、A子さんショックだったようです。仮にもM美さんを親友と思っていろいろ相談に乗ってもらっていたりと信頼していたようです。やはり男が絡むと女の友情も消えてしまうのか…。こわいこわい…。今後の貢いだお金やら貸したお金やらを返してもらうのは、チーママに頼んで協力してもらうそうです。

今回の調査はこれで終わり!またがんばろう!

 

さてもう三月に入り、浮気・不倫の調査がぞくぞくと入ってきました。ホワイトデー前後に相談と浮気調査が増えるんです。また、月末になると引っ越しのシーズンに入るので、浮気調査だけではなく、盗聴器調査などの依頼も増えます。
若い女性はやはり盗聴器が不安なようで…。とても怖いですよね。

例えば賃貸のマンションには、前回住んでいた住人が盗聴器を仕掛けて引っ越していくこともたまにあります。なので、一人暮らしに関わらず、家族でももちろん賃貸のマンション・アパートを新しく借りようと考えている人がいましたら、盗聴器調査をしていてもいいかと思います。ひどい結果にならないように…。

さてそんなこんなで、もうすぐ春も近づいてまいりましたね。探偵調査員は冬がやはり苦手といいますか、調査を進めるうえで、雪が一番大敵なのです。道の渋滞やらで対象者を見逃してしまうという恐れがありますので…。なので雪も解け、春が近づくとホッとしております。

今回調査の依頼者は、40代の女性薬剤師。子供はいないらしい。50代旦那の浮気を疑っての調査依頼となります。

なぜ依頼をされたのか理由をお聞きしました。

「主人とはいい夫婦関係です。夜の営みもそれなりにあるんですが。でも最近、残業だと言って、帰りも遅いんです。22時近くなんです。わたしもそれなりに貯蓄もあるし、もし主人が浮気をしているんなら、一人で生きていきたいんです。主人のこと信じたいという反面、本当に浮気をしていないのか知りたい。なので、調査をお願いしたいのです。主人が浮気をしていないという証拠がないと、主人のことを嫌いになってしまうから。」

なるほど、御主人を愛しているからこそ浮気をしていないという証拠がほしいということですね。そんな理由でご依頼される方もいますしね。しかしもし結果がクロだった場合はどうするのだろう…。離婚を考えていたり、慰謝料を手に入れるつもりなら浮気調査をしてもいいかと思うが、愛しているなら浮気調査をするよりも、修復に力をいれたほうがよいかと思うが。

それを奥様にお伝えしたら、やはり事実が知りたいと言うので、了解しましたとお伝えしました。

さっそく調査を開始致しましょう。仕事の帰りが遅いと言う事なので、アフターを重点的に張り込みます。

奥様からの情報では、御主人は某役所にお勤めのお堅い職種のようです。なので、役所は17時30分には業務終了になるので、朝帰りも多々あるなんて疑うにきまってるじゃないですか!

役所付近に山ちゃん号をとめて、しばらく張り込みします。すると、18:00前に御主人が職場からでてきました。基本、電車通勤らしいので、相方に御主人の尾行をしてもらいます。そして、山ちゃんは相方からリアルタイムに情報をいただいて、車両にて写真撮影に動きます。

相方から連絡が入りました。○○駅で御主人が電車を降りたそう。自宅の近くの駅よりも3本も早めに降りたんだな…。どこへ行くのやら…。すると御主人はタクシーを待っている様子。相方は御主人を目視できる場所でじっと身をひそめて、山ちゃんもすぐに相方のいる現場に向かい、相方をひろいました。

御主人がタクシーに乗り込んで、どこかへ向かいます。山ちゃんはタクシーを尾行しますよ。なかなかタクシーを尾行するのは、気が張りますが。

尾行を続けること20分。すると、御主人がついた先は、とある会員制の高級ジム。時間19:00前。

ここのジム、個室があったりジャグジーがあったりととってもよさそうなジム。とても有名なんですここ。しかし、山ちゃんは会員じゃないので、中には入れない…どうしようか…。すると、相方が、事務員の○○さんがこのジムの会員らしいという情報を思い出しました。おっ、ならその○○さんを呼んで、ジムの中を調査してきてもらおうじゃないか!

○○さんとは、元は探偵調査員だったんですが、事情がありいまはちょっと事務員さんでやっておられる方。あっ、女性ですよ。こんなときに○○さんが事務員でいてくれてよかった~。

すると、相方がすぐさま○○さんを連れて来てくれました。仕事がはやいな~。元調査員なので、ノウハウはわかっているはず。○○さんも潜入調査なんて久しぶり?!!!といって、なぜだかウキウキな様子。○○さんにあとはまかせて、山ちゃんと相方は車の中で待機としましょう。

○○さんがジムに潜入して一時間が経過しました。すると、ジムで一汗かいた○○さんがでてきました。山ちゃんの車と合流しました。すると、驚きの一言が…。

「お疲れ様です!あ、証拠写真はバッチリとれました!でもなんというかクロというかなんというか…」

とはっきりしない様子。え?はっきり言ってくれないかな…。と山ちゃんが問い詰めると…。「対象者は、ゲイでした…」はっ、今なんと???

これは予想外の発言!そりゃクロというかグレーというかなんというか。

潜入捜査をしてくれた○○さんの調査結果によると、御主人はジムのむきむきなインストラクターと個室でイチャイチャ。もう○○さんもなにか見てはいけないものをみてしまったという気持ちだったそう。隠しカメラでの撮影もバッチリでした。すると、御主人がさっぱりとした顔でジムからでてきました。時間は21:30すぎ。ジムの営業時間はめずらしく明け方4時までやっているらしい。後をつけると、御主人はそのまままっすぐ自宅に帰っていかれました。

今日はこれでいったん引き揚げて、明日もう一度引き続き御主人を張り込みましょうか。

さて、翌日は御主人はジムに行かずにおうちへ直帰。次の日に張り込み持越しです。

そして、翌日。御主人を張り込んでいると…やはりあのジムへ向かいました。事務員の○○さんには現場にきていただいて、さっそく再度ジムへ潜入してもらいましたら…。

やはり、むきむきインストラクターの男性と個室でイチャイチャ。ジャグジーのお風呂でイチャイチャ。すると、清掃員のおばちゃんに聞いてみると、あのインストラクターは男性が好きで有名という情報を掴みました。

ジム内の証拠写真も手に入れて、スッキリした様子で事務員さんがジムから出てきましたのですぐさま事務所へ戻りました。写真をチェックすると、もうなんだか禁断の花園みたいな感じでとても見ているこっちが恥ずかしくなる写真でした。というよりは、気持ち悪い…。

浮気や不倫にもいろいろな形があるんだな~。と事務員さんと話していたら、事務員さんはわたしが奥様の立場だったら、自分の主人が男と浮気なんてしていたら、とても落ち込みますわ。。。とのこと。男に負けたなんて恥ずかしくて誰にも言えない。。。ですと。

さっそく調査報告書を作成して、奥様に連絡し翌日事務所へ来てもらいました。