名古屋不倫徒然日記

ごちそうを作り終えて、子供達と主人が帰って来るのを待ったが、九時になっても帰ってこないし、しかも連絡すらない。

子供たちは明日学校だし、もう眠い様子だったので、さきに子供達だけ食べさせてわたしは主人が帰って来たら一緒に食べようと思っていた。

子供達がお風呂に入り、眠りについた。しかし主人は待てど暮らせど帰ってこない。時間は深夜1時になった。すると、主人が帰って来た。めずらしく酔っぱらっているようだ。

すると、主人はお水を一杯飲むとわたしに向かってこう言ったのだった。。。。