カテゴリー別アーカイブ: パパ友

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

身辺調査

12.その最中に相方から電話がはいりました。

彼氏の勤務先が尾行の末判明したとの事。やっぱり彼氏の勤務先は外資系でもなんでもなく、ただの小さい町工場だそう。あららら。なにもかもを作り上げて理想の男性を演じていたってことだな。。。朝の出勤時の御主人の恰好がとても小汚い作業着だったから、その時点で山ちゃんは薄々は感づいていたがね。

これで調査を終了して依頼者に結果報告いたします。

依頼者には全て事実をお話しいたしましょうか。

続きます。

浮気体験談

6.正直なところ、私は多少なりともYのことを恋愛対象としてみていた部分もあったので、私の方が奥様に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。奥様には「気にしないでください」とだけお伝えしました。Yは愛されているんだなと、私の入る余地なんてまったくないことに改めて気づかされました。

大きな代償を伴う前に気付いてよかったです。それ以来Yとは、個人的に連絡をとらずに家族ぐるみでよい近所付き合いをしています。

つづく

浮気体験談

5.後日、Yの奥様から私にLINEが来ました。あの二人で飲みに行った日に探偵を雇ってYと私を張り込みしていたそうです。そのLINEをわたしは読んですぐに奥様と直接会ってお話することになりました。

実は、奥様も次第にYと私たちの仲が良い関係、LINEする頻度が多くなってきたのを不安に思っていたそうで、「探偵を使って調べてしまった。そして二人にはなにもないことを知って、探偵に依頼したこと、私に対して申し訳ないことをしました。。。」と謝ってこられました。

奥様を不安にさせてしまってとても申し訳なかった気持ちでいっぱいになりました。。。

浮気体験談

4.Yとはたくさんのお酒を楽しみました。まずはビールから。それからはワインや焼酎、最後には冷酒。Yも私も最後はふらっふらになってしまいました。

とりあえずYがお会計を済ませて私たちは店をでました。私の車に乗り込みこれからどうするかを話しました。私の中ではまだ帰りたくない、もっと一緒にいたいという気持ちがこみ上げてきました。こんな抑えきれない気持ちになることは最近はなかったので、ドキドキが半端なかったのを覚えています。でも私からはYにそんなこと言えないし。

そのときYが、「もうそろそろ帰ろうか、御主人と子供たちも待っているし。。。」と。このとき、ふと我に返りました。私は既婚者で家には大事な主人、かわいい子供たちが帰りを待っているのに。そしてYは私に対してなんの感情もないのだと確信しました。

浮気体験談

3.ある夜、YからLINEがきました。「今度二人で飲みに行かない?」という内容でした。実際、主人は一滴もお酒が飲めませんし、Yの奥さんも弱いし。私とYは大の酒好き。それだけが理由だと思いますが、私はYからの誘いがとても嬉しく、すぐにOKの返事をしました。主人には、会社の仲良し女子たちと飲み会があると子供たちをお願いしました。

いよいよ約束の日。午前中からそわそわしてしまい心ここに非ずでした。主人と子供たちの夜ご飯の用意をして出かけました。Yとは現地集合。Yが予約してくれたいい雰囲気のダイニング居酒屋に向かいます。少し早くついてしまったので、車の中でYを待ちます。YからLINEがきました。「いまどこ?」駐車場の車の中にいることを告げると、Yが車の助手席に乗り込んできました。心臓の鼓動が早くなるのが自分でものすごく分かりました。いったい自分はどうしてしまったのか。いつもの自分じゃないみたい。Yと一緒にお店に入ります。個室を予約してくれたみたいで少しほっとしました。もし誰かにみられたら。。。

浮気体験談

2.しばらくしてYとLINEをするようになりました。最初は野菜をいただいたときのお礼だけをさせていただいていました。しかし、たわいもないLINEをするようになり、わたしはとても嬉しくYからの返事を待つようになりました。わたしも、おはようやおやすみ、今何してるの?など自分から入れたりしていました。

だんだんとYに対して気持ちが変わっていきました。主人が家にいるときはYとのLINEを見られないようにロックをかけたり、いつもは放置していたのですがお風呂場まで持ってきたり。。。LINEの内容は特にあやしいものではないのですが、私とYとの関係を知られたくない、誰にも邪魔されたくないという思い一心だったのでしょう。

朝、ゴミ捨てでYに会うと少しのおしゃべりもとても嬉しく会えるのを楽しみにしている自分がいます。子供を理由につけて、バーベキューやピザパーティなどの集まりでYに会いたくてたまらない自分がいます。最低な親だと思いながらYに対しての気持ちがおさまりません。それどころかますます気になる存在になっていました。

つづく

浮気体験談

1.わたしは名古屋に在住する30代前半のパート主婦です。子供は二人。小学三年生と一年生の男の子が二人です。主人は会社員で職業柄勤務時間もバラバラ。寂しくないといったらうそになります。でも、主人が家にいるときは会話もありますし、スキンシップもなくはないです。

下の子が小学校へ入学したのですが、近所で一緒なクラスになった男の子ととても仲良くなりました。そして、そのご両親とも家族ぐるみで仲良くなりわたしの家の庭でバーベキューをしたり、一緒に公園へ遊びにいったりととても楽しい毎日でした。その御主人が農業をやられているということで、形が悪いお店に出荷できない野菜などをよくうちにくれたり本当に良くしてくれる御主人でした。また、御主人はうちの息子たちにも優しくて息子たちも本当に懐いていました。御主人をYとします。

つづく