カテゴリー別アーカイブ: 嫌がらせ

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

嫌がらせ調査を進めていくと、パート先での不倫関係がひっかかりました。不倫関係を長年続けていきますと、なにかしら周囲にバレルもんです。
そこから調べていくことにしました。すると、とあることがわかりました。不倫相手である店長にはもう一人不倫相手がいたのです。同じパート先のお局的な存在の中年の主婦でした。もしかしたらこの主婦が嫌がらせの張本人である可能性があるので主婦を調べてみることにしました。
すると、嫌がらせの行為は全てその主婦だったのです。
内容としては、店長が自分より若い女と不倫関係になり自分は捨てられると思ったんだとか。それにより恨みがたまり、数々の嫌がらせを行って、パート先を辞めさせようと計画したそうです。
これで調査は終了なので、依頼者にご報告です。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

依頼者に対しての嫌がらせが日に日にひどくなってきたので、不倫相手である店長に相談のために嫌がらせ内容を話したところ、「考え過ぎだよ!僕たちの関係は誰にも気づかれていないんだし、僕は恨まれるようなことしていないし、ましてや恨まれるようなことしているのは君なんじゃないの?」という訳のわからない事を言われたそうです。なので頼る人もいないので、今回弊社に調査の依頼をされたと言う訳です。
さっそく調査に入りましょう。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

その後の嫌がらせはこうでした。自宅の前に生ごみが置かれている。会社に自分あてに電話がくるも、無言で切られる。携帯の着信にも非通知が一日で30件程ある。子供の写真や自分の写真が隠し撮りされたものが郵便で送られてくる。こういった嫌がらせをされると、だんだんと恐怖を感じるようになってきます。ましては、自分以外の家族の隠し撮り写真が送られてくるということは、自分の子供が特定されていて、もしかしたら直接危害が加えられたらこわいですしね。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

嫌がらせの内容としましては、自宅のポストに宛先不明の郵便が入っていたそうです。見せてもらうと、広告の文字を切り貼りしたもので、内容としては「おまえがふりんしているのはしっている。ばらしてほしくなかったらいますぐわかれろ」という内容でした。依頼者としては、店長との不倫がばれたのかと思い、パート先に行っても、みんな普段通りだし、店長も相変わらず不倫関係を楽しんでいるし。ただのいたずらだと思ったそうです。その郵便事件から一ヶ月はなにもなく、平和だったそうです。しかし、また嫌がらせが始まりました。。。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

今回依頼された依頼者は40歳のパート勤務の女性。独身と言う事ですが、パート先の店長と不倫関係にあるそうです。しかしそれを知っているのは誰もいないそうです。店長も不倫をするような人には見えないらしいのでバレることもないそうですし。
不倫関係は3年目とのこと。まあこれらも大事な情報なので置いておいて…。
嫌がらせされていることに気付いたのはここ数か月前からとの事。どのような嫌がらせなのかお聞きしました。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします

嫌がらせ調査

みなさんお久しぶりです。最近めっきり忙しくなってきまして、なかなかブログもアップできませんでした。まあそれは言い訳ですが、なるべく更新できるように努力します。

さて、今回ご紹介する依頼内容は、嫌がらせ調査です。嫌がらせとは、誹謗中傷の印刷物を送られたり、あることないことの噂を流されたり、付きまとわれたり、そういった行為をされて精神的に病んでしまうこともある嫌がらせ。こういった犯人はなかなか、まさかこの人が!?という犯人であったということもありました。
今回の嫌がらせ調査もそういった感じです。
ではご紹介しましょう。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

嫌がらせ調査

その会社の隣人がなぜ嫌がらせを行ったのかというと…。
会社の社用車が自分の家の前に停めてあったのがじゃまになったから…というもの。
それは何年も前からずっと思っていたらしく、一番のきっかけが社員があいさつをしなかったから、もう我慢できなくなってきたんだとか。
たったこれだけの理由で人をかえてしまうんですね。見た目は温和そうな男性だったのですが、人は見た目で判断できないと言うことがまざまざと分かりました。
男性から、依頼者に謝罪したいというのと、今後一切このような嫌がらせをしないということで念書を取り付け、今回の件で警察に被害届を出すと言う事はしないということで
話し合いで解決しました。
依頼者もこれから、会社の社員に徹底的に指導し、ご近所さんとうまくやっていけるように社長としてやっていくとおっしゃってました。
これで調査は終了です。
またご報告します。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

嫌がらせ調査

会社の経営に関わる誹謗中傷となると、依頼者である社長としては、しっかりと犯人を調べてほしいということでした。
しかしこれがなんと簡単に犯人が分かってしまったのです。
まずは誹謗中傷が書かれた手紙。沖縄というのはカモフラージュだったのです。犯人の親戚が沖縄に住んでいるからその親戚に頼んだというもの。犯人はいったいだれかというと…。
なんと、会社の隣りに住むただのおじさんでした。なぜそのおじさんがこんなことをしたのか。おじさんと接触する機会があったので聞いてみました。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

嫌がらせ調査

依頼者はとある会社の社長。名古屋ではまあまあの規模の社長さんです。年齢は59歳。既婚者。子供は5人。会社の景気はまあまあ右肩上がりだったんですが、ここ最近お得意先から「おたくの会社から変な噂が流れているから、取引を中止したい」というお話が多々あるそうです。その噂というのは、会社が多額の借金をし、経営不振に陥っているというものや、会社の中では社内不倫だらけだというものやいろいろ。依頼者としてはなんとしてもこの噂が流れた出どころを知りたいんだとか。この依頼者も結構なワンマンらしく、いろいろ敵を作っているだろうから、その周辺を調べてみる価値がありそう。

名古屋探偵・山ちゃんが調査実態をリアルにお伝えします。

嫌がらせ調査

山ちゃんはとりあえず消印が押された郵便物に指紋が残っていないかを調べてもらうため調査会社へ郵便物を提出しました。
沖縄には、その郵便が出されたであろう住所に行ってみる予定でした。飛行機も予約し、やっすいやっすい民宿も予約し、準備万端でした。
すると依頼者から一本の電話が…。なんと次は名古屋から消印が押された誹謗中傷の手紙が送られてきたのです。内容も以前のよりとてもひどいものとのこと。
いったい犯人はどこのものなのか。複数いるのか。
依頼者に聞くと、実はひとつ気になることがあるというお話しを聞きました。